旅行のクチコミと比較サイト フォートラベル

キートンさんのトラベラーページ

キートンさんへのコメント一覧全332件

キートンさんの掲示板にコメントを書く

  • わ~!凄い!

    キートンさん

    度々のお返事ありがとうございます(ペコリ)

    時間ごとに耳は良くなってきて、流石キートンさん^^v

    スイスのスキー場はそんなに雪質がいいんですね。
    国内でも標高が高い場所はいい雪質だなと思っていましたが、
    もう国内では滑れないほどだなんて‥

    その風景も、想像しただけで、ブルっとします^^
    ゲレンデに行くまでに運搬用の車両を繋いだ登山電車と上っていくのも
    乗り物大好き人間としては、いいなぁ‥と。
    うー、羨ましい!

    だからと言ってスキーは私はもう無理無理。
    もうすぐ71才なのですもの^^;
    そうそう、海外旅行は70才までだろうからと、
    他のコメント欄にお書きになっていらっしゃいましたが、
    いえいえ、キートンさんならゆうに80才までは行かれるんでは?
    と、思ってしまいます。

    ご入院中の所、何度も有難うございました。
    おやすみなさい。
    ニコニコ
    2021年06月19日21時48分返信する 関連旅行記
  • すっごいご意見、拝読させて頂きました。

    キートンさん、こんにちわ。

    入院されているとの事、どうか、お元気に回復される事を、切に願っております。

    私も現在働いているので、お気に入りさん達の旅行記は、さ~~~っとしか、読まないで「良いね」させて頂いていますが、今回の表題に惹かれて、休日の起きがけに、すばらしい長文を拝読させて頂きました。

    この状態での「東京オリンピック開催は、」私は反対意見だったのですが、書かれている文章を読むと、考えさせられる意見だなぁ~と実感いたしております。
    ただ、都内に住む、80代後半の両親や、弟夫婦、娘家族などは、やって欲しくないとの事、地元ですから、現在、都内でも、過去よりどんどん、外人客が多くみられるらしく、電車が怖いと言っております。
    私自身も、コロナ発生から、2年間、東京には行けない状況で、私の住む地元(三重県での選手団の事も無く成ったので、ある意味安心、と隣の名古屋でさえ、これも怖くて2年間行っておりません)などから、開催される東京は、たまったもんではないなぁ~と、常々感じておりました。

    今回のコロナ騒動で、私も時々精神不安や、鬱積した精神状態に成り、時々体調に不快さを感じておりますし、周囲でも、不調や、癌が発見など、病気が多く成って居ます。

    特に旅行好きにとっては、何処にも行けない鬱積感が強く、ストレスフルに成り、このままでは、おかしくなりそう!!の状態は、身体にも悪影響だと充分感じております。

    キートンさんも、ある意味、そういうお気持ちが、体内で鬱積して、今回の病を発症させているのでは?とも、勝手ながら、考えてしまいます。

    クリスチャンである私の場合は、神の意向も、今回の疫病蔓延で、色々教えられている部分も有ります。正直、参って居ます・・・

    人は生きていくうえで多少なりとも様々なリスクにさらされている。
    どうしてもやりたいことやるべきことがあれば、ある程度のリスクは覚悟でやるものである。とのキートンさんのご意見、なるほどと思いました。

    私は未だギリギリ50代ですが、旅友などは、70~80代に成りかけており、自分がいつ、出掛けられない身体に成るか心配でと言う話も聞いております。
    私自身は、年齢的には大丈夫ですが、持病も有り、人生は70歳で終わりと思って居ますので、あと11年、コロナが収まらないと、何処にも行けなくなる!と不満は同じうように思って居ます。

    また、病院入院時に腕に着けるバンドは、過去に何度も経験して居ますが、これは看護師さんや、お医者様、検査の担当者などが、人間違いを起こさない為の物であり、勝手に外出や、病院を抜け出して逃走などの際には、全く役立ちませんので、追跡調査は出来ませんが、外人入国者に、そういう機能付きのバンドが着けられれば、一番良いのだと思います。(まだ開発されていないらしい)

    長く成りましたが、普段は海外在住の日本人の友人は、帰国の際、実際はかなりザルだと言っておりますし、まさかのばかやろうの知り合いが、なんと海外観光に行って帰ってきています。その後も、普通にバイトに出てる!と言う、都内の知り合いも居て、知った時から、もう知人でも友人でもない奴だと思っていました。

    とにかく、こんな時期ですから、正直、普通病棟に入院されておる方が、ある意味安心だと思いますが、当然お辛さも有ると思いますが、どうか、お元気に成られて、退院できます事を祈っております。
    では、また~~~。                夏子
    2021年06月19日11時03分返信する 関連旅行記

    RE: すっごいご意見、拝読させて頂きました。

    こんにちは、夏子の探検さん。
    書き込みありがとうございます。

    旅行記でもない長文を読んでいただき感謝します。
    東京五輪開催に賛否両論あるのは自然なことだと思います。
    五輪を論じる前に、訪日外国人の水際対策が日本は甘すぎますよね。
    都内で外国人客が増えているとすれば驚きです。

    高齢者は2度のワクチン接種ができれば一安心できるのではないかと思います。アレルギーで接種できない人は心配でしょうが。
    自国開催の五輪は今後当分ないでしょうから高齢者の中にも東京五輪を見たいと思っている人は少なからずいると思います。
    体の健康も大切ですが精神的な健康も同様に大切だと思いませんか?
    楽しめる娯楽が制限されて発散する機会もなくなれば精神も病んで、鬱やDVや最悪自殺者が増えてしまうことになりかねません。(実際昨年女性の自殺者が増えた)
    娯楽や飲食も可能な範囲で復活させていかないと精神的に良くないし、過ごしている時間も充実しないように思うのです。
    東京五輪はアスリートのためだけでなく、日本のためだけでもなく、娯楽が制限される中で世界中にステイホームで楽しめる娯楽になるということが最も重要で、それを日本が担っているということではないでしょうか。
    確かにリスクはあるけど、決して無意味なお祭りではないよということが伝われば幸いです。

    私も同年代の58歳ですが、海外旅行は70歳まででそれ以降は行くとしても飛行機でせいぜい5時間以内の範囲かなと思っています。
    なのでこの状況下で2年以上海外に行けないのは結構痛手です。
    さらに耳の回復が悪いと、今後は海外の一人旅は厳しいかなと思ってます。
    まあその場合は、旅仲間を作るか、パッケージツアーを利用するか、いろいろ工夫してでも行く気でいますが。

    私の退院日は21日と決まっていて、それ以降は薬と人間の治癒力に頼ることになりそうです。
    完治するとしても数か月かかるかもしれないし、どこまで回復するかも不明ですが、昨日あたりから小さいながらも少しずつ聞こえるようになりつつあります。

    良い報告ができそうなら旅行記に追記します。

    では、また。

    キートン
    2021年06月19日13時34分 返信する
  • こちらにお邪魔しています^^

    キートンさん

    おはようございます!

    ビックリしました。突発性難聴で入院中でいらっしゃるのですね。

    キートンさんというと、ペトラ行きのアンマン・jettオフィスのことを
    つい思い出しちゃうんです。
    たった3年の差でオフィスも近代的になり、
    あの時泊まっていたインターコンチからもバスが出ていたなんて!!
    ペトラ行きのバスのネット予約も未だできなかった頃だったので
    本当に行かれるのか不安でした。
    キートンさんでさえ不安に思っていらしたんですものね。

    今回は来春旅予定のスイス観光でベルン近郊フリブール編にお邪魔しています。
    この時はお仲間とスキーにいらしたんですね。
    道具はレンタル?それとも担いで??
    我が家もスキー大好き家族だったので(既に過去形)気になって^^
    会社の山荘が志賀・焼額にあったので毎年行ってました。

    阪神淡路大震災のことにも触れていらっしゃいましたが、
    我が家もあの前年まで神戸在住でした。
    西宮、宝塚あたりの友人たちは被害を被った方も何人かいて心が痛みました。

    もう30年以上前のことですが、
    堺にあった社宅に、突発性難聴になった方がいて、
    その方と話すときは、その耳と反対側の耳の方に座り、
    いつもお喋りしていました。

    キートンさんがまたいつか、素敵な温かな旅行記をお書きになる日が
    来ます様に心から願い祈っております。

    ニコニコ
    2021年06月19日10時10分返信する 関連旅行記

    RE: こちらにお邪魔しています^^

    こんにちは、ニコニコさん。
    書き込みありがとうございます。

    ヨーロッパは今のところ収束に向かっているようなので、このまま落ち着いてくれれば来春の予定も期待できそうですね。
    1995年のスイスはスキー道具も持って行きました。
    その前年にカナダのウィスラーにもスキーに行きましたが、スイスの方が登山電車で登って滑り降りたり、観光も楽しめたので思い出深いです。

    突発性難聴の方は、昨日あたりから小さいながらも少しずつ聞こえるようになりつつあります。
    突発性難聴は40%くらいが回復しないということですが、今朝の主治医の話では今の状況から考えるとその40%には当たらないだろうということです。
    完治するとしても数か月かかりそうですが、多少なりとも回復の期待はできそうです。

    また、良い報告ができそうなら旅行記に追記します。

    コロナが収束して来春の旅が実現することを祈っています。

    では、また。

    キートン
    2021年06月19日11時55分 返信する

    (*^▽^*)バンザーイ

    キートンさーん
    嬉しくなりました!!!!!
    かなりいい方向に、ワーイ^^v
    頬が緩んじゃっています^^
    良かったーー!!
    早速のお返事をありがとうございました。


    やっぱりスキー道具は持っていらしたのね。
    流石に別料金かかるのでしょう?

    1996年、ハワイでゴルフするのにハーフセットを持ち込んだのですが、
    何と当時の飛行機ではスチュワーデス(懐かしい響き)が
    機内で預かって保管しておいてくれました。
    今なら、凶器にもなりそうだし、考えられないけれど。

    雪質はどうなのでしょう?
    海外のゲレンデは日本の様に雪上車を駆使して
    朝から整備されているわけではないのでしょう?
    ゴロゴロしているとか‥。
    それとも山スキーの様にそれが自然との闘いで醍醐味なのかしら?

    そちら関西は晴天のようですね、関東は朝から雨降りですよ。
    でもキートンさんのハッピーなご報告を伺って
    心はウキウキしてきました~!
    日課のウオーキング行ってきまーす!

    ニコニコ
    2021年06月19日13時45分 返信する

    RE: (*^▽^*)バンザーイ

    ニコニコさん、再び書き込みありがとうございます。

    記憶にはありませんが飛行機の預入荷物にスキー板の追加料金はかかったと思います。

    スイスのグリンデルワルドとその周辺で滑りましたが、雪質は日本とあまり変わりなかった印象です。
    でも風景はいかにもヨーロッパアルプスといった感じで素晴らしく、日本では味わえない絶景の中でスキーを楽しむことができました。
    スキー運搬用の車両をつないだ登山電車で登っていくのも日本ではないユニークな方法で山岳観光とスキーが同時に楽しめ、主要なコースは圧雪され滑りやすかったです。
    実はスイスでのスキーがあまりにも満足したので、国内でのスキーはもういいかと思ってしまい、その後スノーボードを始めました。
    スイスでスキーをしてしまったら国内でのスキーが物足りなくなるかもしれないのでご注意を。
    ただ、天候に恵まれるかどうかで印象はかなり違ってくると思いますが。

    耳の調子は今朝と比べても聞こえ方がまた少し良くなった気がします。
    この調子で回復すればありがたいのですが・・・

    では、また。

    キートン
    2021年06月19日19時51分 返信する
  • アルル&ポン・デュ・ガール

    キートンさん、こんにちは~

    アルルの街はゴッホゆかりの街で、行きたいと思いながらまだ行けていなくて、旅行記を楽しく拝見しました。

    サン・トロフィーム教会は初めて見るような気がします。回廊は2列の柱が並び、柱頭彫刻の装飾は見応えがありますね!

    そして古代ローマ遺跡の円形闘技場、2枚目の構造体を撮影した写真は圧巻だと感じました。続く1階、2階の写真もとても美しいですね~~。上から闘技場を見下ろした景色も素晴らしいですが、私は内部の写真にとても惹かれました。

    アルルではないですが、アヴィニョンからポン・デュ・ガールへバスで短時間訪問も可能だという情報もメモしました。いろんな角度から撮影されたポン・デュ・ガール、とても壮大で素敵です!
    水源地から50kmも離れた町までこのような見た目にも芸術的な橋を通し、その土木建築も目を見張るものがあるとのこと。こんなものが紀元前に建設されたなんて、驚き以外のなにものでもありませんね!日本では確か、その頃は弥生時代ですよね?

    行きたいところがたくさんありますが、また南フランスへも行きたい気持ちが増しました。ご紹介ありがとうございました。

    akiko
    2020年09月18日10時00分返信する 関連旅行記

    RE: アルル&ポン・デュ・ガール

    こんばんは、akikoさん。
    書き込みありがとうございます。

    アルルでは雨も降って最低限の観光しかできなかったのですが、一番良かったのはサン・トロフィーム教会だったと思います。
    円形闘技場はやはり半分工事中だったのが残念でした。
    ローマのコロッセオに比べると規模が小さいですが、アルルの円形闘技場は闘牛など現役で使用されていたのは凄いことです。
    動物愛護の観点から闘牛は廃止されたかもしれませんが・・・
    ポン・デュ・ガールは、今まで見た古代水道橋の中では最も重厚で見ごたえがありました。
    水道橋単体で世界遺産になっただけのことはあります。
    バスの時刻表については、もう10年近く前の情報なので、あてにしないでくださいね。

    話は変わりますが、つい先日札幌3泊の旅行をしてきました。
    特に小樽の観光ではakikoさんの旅行記を大いに参考にさせていただきました。
    現地では天候が不順で、行きたかったところを断念したりで少し残念でした。
    旅行記は時間がかかるかもしれませんが、また見に来ていただければ幸いです。

    では、また。

    キートン
    2020年09月18日19時50分 返信する
  • 心に響く旅

    キートンさん、こんにちは(*^▽^*)

    感動しました!!←毎回、キートンさんのお写真は、お見事と思っています(*^▽^*)
    今回のマジックアワーの数々、1冊のフォトブックが完成しますね。
    あったら、欲しいです~(笑)
    大都会、自然、建造物、国内外など、様々なジャンルのお写真が登場するのが、また素晴らしいです!(^^)!

    この時間帯の風景に出会うまで、キートンさんは遠い所まで移動なさり、沢山歩かれ、空を見上げながらお待ちになったり。
    美しい時間は短く、ほんの一瞬で色が変わる、そんなはかなさも良いですね。
    世界をかけまわられたキートンさんが、沢山の中からお選びになった今回の風景。
    どれも圧倒されるほどで、心に響く旅が伝わりました。

    摩周湖YHが仲間入りも、嬉しかったです(笑)
    私は真冬の日の出ツアーに参加し、帽子からはみ出た髪の毛が凍ってました。
                   町子
    2020年09月14日17時35分返信する 関連旅行記

    RE: 心に響く旅

    ご無沙汰してます、町子さん。
    書き込みありがとうございます。
    返事遅くなり、申し訳ありません。

    実は、この13日から16日にかけて札幌に行ってました。
    札幌といえば、町子さんのもと地元だったのでは・・・
    出発前1週間を切ってから、go toキャンペーンを利用して急遽決めた旅でした。
    というわけで、先ほど帰宅したところです。

    今回の旅で、北海道のマジックアワーの風景が見れたのか・・・
    それは、そのうち旅行記で明らかにする予定です。
    町子さんにとって懐かしい風景が多々あるかも。

    楽しみにしていただければ幸いです。

    キートン
    2020年09月17日01時13分 返信する
  • ワクワクする朝景・夕景・夜景の数々

    キートンさん、こんばんは!

    朝景・夕景・夜景は普段の生活ではあまり意識はしませんが、
    旅に出ると、一番惹かれる時間帯ですね!

    普段なら考えられない夜明け前に起き、マジックアワーには
    一番のフォトスポットに出かけ、綺麗な夜景を撮るというのが
    ルーティン。

    こうしてキートンさんの写真を見せてもらうと、
    どの朝景・夕景・夜景の写真もワクワクするほど素晴らしく、
    こんな光景を見られたら本当に幸せだなと思いました。

    キートンさんはいろんな素敵な景色を見てこられたのですね。
    まだ見ぬ場所がたくさんあり、今はまだ海外旅行は難しい
    ですが、また旅に出たい気持ちが強くなりました。

    akiko
    2020年07月20日21時23分返信する 関連旅行記

    RE: ワクワクする朝景・夕景・夜景の数々

    こんばんは、akikoさん。
    いつもコメントありがとうございます。

    きれいな風景写真を撮りたいと思う旅行好きの人にとっては、マジックアワーはまさにゴールデンタイムですよね。
    天候に左右されるものなので、期待した光景が見れるかどうかは運しだい。
    ハズレの時もあるけど、当たった時は旅の喜びを感じる瞬間です。
    特にサンライズは、早起きして鑑賞するポイントまで移動するという行動をしないとなかなか見れないので、その努力が報われて素晴らしい光景を見れた時の感動は、旅の思い出の中でも特別なものになるのだと、この企画で改めて思いました。

    akikoさんの旅行記の写真はとても美しく惹かれるものが多いので、どんなふうに旅の美しい光景を切り取るのか、これからも楽しみにしてます。

    では、また。

    キートン
    2020年07月21日22時11分 返信する
  • 映画ロケ地巡りは旅行の王道ですね。


    昨年イタリアに行きました。あの時行かなかったら暫く機会はなかったかも知れません。自分の年齢を考えるとラストチャンスだったかも知れませんのでラッキーでした。
    早くコロナ禍が終息して皆が旅行できる様になればと願っています。
    2020年07月19日02時09分返信する 関連旅行記

    RE: 映画ロケ地巡りは旅行の王道ですね。

    こんにちは、sanhaoさん。
    書き込みありがとうございます。

    イタリアは都市だけでなく海や山も美しくていろいろ楽しめますよね。
    映画好きにもロケ地が多くて魅力的な国です。

    > 早くコロナ禍が終息して皆が旅行できる様になればと願っています。

    今のような海外どころか国内でさえ安心して旅行できない状況は、早く過ぎ去ってほしいですね。

    キートン
    2020年07月19日09時53分 返信する
  • 感動しました

    キートンさん おはようございます。

    どれも驚くばかりの風景です。すべて印刷してカレンダーにしたい写真ばかりですね。
    キートンさん、ご自分の目でご覧になったのですね、すごいです。

    世界中を旅した歴史が凝縮した写真集でした。

    pedaru
    2020年07月11日06時50分返信する 関連旅行記

    RE: 感動しました

    おはようございます、pedaruさん。
    身に余るお言葉、ありがとうございます。

    今までの旅行記の中からお気に入りの写真を厳選したので、
    言わばサンライズ・サンセットシーンの総集編みたいなものです。
    旅行記の表紙に使った写真も多く、この時間帯は特に印象的な写真が撮れる、
    まさにマジックアワーですね。

    また自由に気兼ねなく旅行できる日が来れば、そんな印象的な風景を撮りながら
    旅のひとときを楽しみたいものです。

    では、また。

    キートン
    2020年07月11日08時12分 返信する
  • 素敵な映画のロケ地めぐり

    キートンさん、こんにちは!

    旅行記を拝見していて、映画に触れておられることがよくあるので、きっと映画通でいらっしゃるのだろうと思っていましたが、今回のロケ地めぐりの総集編のような旅行記を見せてもらって納得!映画マニアの領域に入っていらっしゃるのですね!

    いわゆる誰もが知る鉄板の映画だけでなく、アクションものから恋愛映画まで、ジャンルを問わず精通されていて、しかもそれぞれの映画のロケ地に足を運ばれているのですから、凄すぎます!!! 本当にびっくりポンでした(笑)

    掲示板の豚のしっぽさんとのやりとりも楽しく見せてもらいました。”中途半端な人間” というくだりは信じられません!メッセージは書かせてもらっていないのですが、毎回美しい写真満載の素晴らしい旅行記で、まだ行けていないところが多いのですが、同じルートを旅してみたいと思っていました。

    私の好きな映画もたくさんありましたが、特にベネチアが舞台の「旅情」は何度も見て、結局DVDも買いました。旅先であのような恋愛をするのはあまり現実的ではないですが、擬似体験をしたような気になり、胸がキュンとするとても素敵な映画でした。

    映画に触発されたり、1枚の写真がキッカケで旅をしたくなることもありますね。
    残念なことに今年は海外旅行ができそうになく、いつ行けるかわからない状態ですが、また海外に安心して行ける時が早く来ると良いですね~~

    akiko
    2020年06月08日15時07分返信する 関連旅行記

    RE: 素敵な映画のロケ地めぐり

    こんばんは、akikoさん。
    書き込みありがとうございます。

    身に余るお言葉の数々で恐縮します。
    お気付きかもしれませんが、私のトラベラー名は、チャップリンやハロルド・ロイドとともに「世界三大喜劇王」と呼ばれたバスター・キートンの名を拝借させてもらってます。
    残念ながらバスター・キートンの映画はほとんどサイレント期と古くて、ロケ地などわからず訪問はできていませんが・・・
    >
    > メッセージは書かせてもらっていないのですが、毎回美しい写真満載の素晴らしい旅行記で、まだ行けていないところが多いのですが、同じルートを旅してみたいと思っていました。

    いえいえ、美しい写真といえば、akikoさんにはかないませんわ。
    >
    > 私の好きな映画もたくさんありましたが、特にベネチアが舞台の「旅情」は何度も見て、結局DVDも買いました。

    ベネチアを観光したのは10年以上前のことで、当時はロケ地めぐりという意識はあまりなく、今回「旅情」を加えたのは後付け的なものになりました。
    「旅情」を見たのはかなり昔で、もう一度見返そうと思いツタヤでレンタルしようと思ったのですが、置いてなくてガッカリです。
    ベネチアなら「リトル・ロマンス」という作品も浮かんだのですが、やはり全編ベネチアロケと大女優が主演したことから「旅情」は外せないと思いました。
    DVD見つけたら購入しなくては・・・

    旅の目的も様々ですが、ロケ地を訪問して、過去に有名な俳優がそこで撮影していたと思うと、少しその映画に近づけた気分になりますね。

    海外旅行は当分無理そうなので、またほかのテーマで過去の旅を振り返ってみようと思います。

    では、また。

    キートン
    2020年06月08日18時55分 返信する
  • なんて罪作りなキートンさん 笑

    こんにちは、ご無沙汰しています

    なかなかの大作ですね
    時間かかったんじゃないですか!

    同世代だから
    当然どの作品にも思い入れがあり
    全ての映画にコメントしたい所をグッと我慢(^^;;

    だけどコレだけは言っておきたい

    ローマの休日、あそこで終わるなんてあかんでしょ
    どうせなら、ラストシーンも載せんか~い!!
    って、思わずボヤいたよ 笑

    何回も何回も何回も何十回も観た映画だけど
    中途半端に終わられたら、なんかモヤモヤ

    なので自分でYouTube検索して観ました
    あースッキリした

    シッポ
    2020年05月31日13時22分返信する 関連旅行記

    Re: なんて罪作りなキートンさん 笑

    ご無沙汰です、しっぽさん。

    中途半端な人間なんで、ロケ地めぐりも中途半端なんですわ。
    未見の人にはラストシーンはバラさない方がよいかな?
    と思ったんですけど、まあ都合のよい言い訳です。
    今度ローマに行く機会があれば、ジョーのアパートと真実の口とラストの記者会見のコロンナ宮殿の訪問をノルマとさせていただきます。(いつになることやら・・・)

    確かに、通常の旅行記を作成する倍くらい時間かかったかな?
    こういう状況の時でないとこんな特別企画しなかっただろうから、いい機会だったかも。
    「ローマの休日」以外に、お気に入りの作品は出てきたかな?

    今は充電期ととらえて、次回はちょっと贅沢な旅ができたらいいですね。

    では、また。

    キートン
    2020年05月31日19時15分 返信する

    Re: なんて罪作りなキートンさん 笑

    >「ローマの休日」以外に、お気に入りの作品は出てきたかな?

    そうだなぁ。。。
    「太陽がいっぱい」を始め
    超有名な映画は何度も見てるから、特別驚く事はなく
    そう!そう!そうやんね~って感じなのに対して

    すっかり忘れていたのが「転校生」

    そしてそして何よりもラストが衝撃だった「猿の惑星」
    あのラストは当時小学生だった私にはショックだったな

    シッポ

    2020年05月31日20時40分 返信する

    RE: Re: なんて罪作りなキートンさん 笑

    > 超有名な映画は何度も見てるから、特別驚く事はなく

    なかなかの映画マニアですね、しっぽさん。

    > そしてそして何よりもラストが衝撃だった「猿の惑星」
    > あのラストは当時小学生だった私にはショックだったな

    これは当時話題になった映画でしたよね。
    地球じゃない惑星の知的生物が英語をしゃべってたら、偶然にもほどがあるやん!
    いっぱい高層ビルとか建ってたはずなのに、なんで自由の女神だけ残ってたん?
    などとあらさがしして突っ込んでいた記憶があります。

    キートン
    2020年05月31日21時25分 返信する

キートンさん

キートンさん 写真

40国・地域渡航

16都道府県訪問

写真 | QA掲示板 | 行ってきます | 掲示板 | コミュニティ | 行きたい

キートンさんにとって旅行とは

非日常を楽しむこと。
自分なりの絶景を発見すること。

雄大で美しい自然の中でのトレッキング。
美しい古都の街歩き。
歴史的建造物やユニークな建築物の探訪。
映画のロケ地めぐり。

自分を客観的にみた第一印象

大好きな場所

むりやりランキングすると・・・
1.ロスグラシアレス(アルゼンチン)
2.ロフォーテン諸島(ノルウェー)
3.ドロミテ(イタリア) 
4.グレイシャー国立公園(アメリカ)
5.カッパドキア(トルコ)
6.ベルナー・オーバーラント&アレッチ地域(スイス)
7.アーチーズ(アメリカ)
8.ペトラ遺跡(ヨルダン)
9.アンコール遺跡群(カンボジア)
10.ドブロプニク(クロアチア)
11.カナディアンロッキー(カナダ)
12.マウントクック(ニュージーランド)
13.マチュピチュ(ペルー)
14.西ノルウェーフィヨルド群(ノルウェー)
15.ルクソール(エジプト)
16.シドニー(オーストラリア)
17.サンクトペテルブルク(ロシア)
18.ヨセミテ国立公園(アメリカ)
19.メテオラ(ギリシャ)
20.プラハ(チェコ)

大好きな理由

雄大で美しい風景、それにとけこんだ人々の生活や街並み、面白い街や建造物。

行ってみたい場所

アイスランド、スケリッグ・マイケル、アラスカフィヨルド地域、エベレスト街道、カラコルム・ハイウェイ、アジャンタ・エローラ石窟、ウズベキスタン、ケープタウン、ギアナ高地など

現在40の国と地域に訪問しています

拡大ボタンを押すと地図が
動かせます。

現在16都道府県に訪問しています

参加中のコミュニティ(全0件)