旅行のクチコミと比較サイト フォートラベル
福島×
旅行ガイド
観光
グルメ
ショッピング
交通
ホテル
ツアー
航空券
旅行記
Q&A

福島県 旅行 クチコミガイド

(クチコミ:19,286件/旅行記:8,196件)

東北地方の玄関口である福島県は、自然の景勝地や戊辰戦争の歴史舞台、温泉郷など魅力的な観光スポットが数多くあります。アウトドアや伝統工芸、郷土料理など観光の目的も幅広いのが特徴です。

人気観光スポット

ピックアップ特集

エリア別みどころ

  • 坂内食堂 1

    坂内食堂

    グルメ・レストラン

    エリア:喜多方

    KENZO

    本店の実力

    東京にも多数展開していますが、やはり本店は雰囲気がいいです。日本三大ラーメンの代表的存在なだけあります。ここはなんといってもチャーシューがおいしい。ふつうのらーめんでもチャーシュー5枚入ります。次回はもっとゆっくり滞在し食べ比べしたいです もっと見る

    by KENZOさん

  • 三澤屋 2

    三澤屋

    グルメ・レストラン

    エリア:田島・南会津

    ヤムヤムにゃん

    蕎麦屋として有名だが、大内宿限定地酒の販売もあり

    大内宿の入口近くにある三澤屋では、座敷で本格的な十割そばを食べゆっくりできる店で有名で他の店より値段は高いが本格的な「ねぎそば」をいただける。 隣の蔵「大内宿三澤屋久右衛門」ではオリジナルの地酒や会津の地酒を売っている。ここで醸造しているわ... もっと見る

    by ヤムヤムにゃんさん

  • いわき ら ら ミュウ 3

    いわき ら ら ミュウ

    お土産屋・直売所・特産品 グルメ・レストラン

    エリア:いわき市

    春待風

    アクアマリンふくしまの近く

    小名浜港アクアマリンふくしまから5分程の商業施設です。アクアマリンのレストランは洋食が中心なので途中退館して、ここのレストラン街へ。竹むらという地魚の店で、いくら丼とホタテ串焼きいただきました。美味しく安いが出来上がりが実に遅かったのが残念で... もっと見る

    by 春待風さん

皆さまの助言と息子との協議により、以下の通り、青森県陸奥湾を頂点として、東北道利用、首都圏往復、温泉宿宿泊旅行に行くことになりました。既に宿はgotoを利用して予約済です。ついては、途中で高速道から外れても結構ですので、昼食場所(道の駅、SA等)と立ち寄り湯をご推奨下さい。
特に、5日目福島県会津東山温泉 向瀧(宿泊)と栃木県鹿の湯(立ち寄り)の走行距離74kmしかなく、時間つぶしに困ってしまうので昼食場所と立ち寄り湯又はドライブルートをご推奨下さい。
青森県と首都圏間東北道往復温泉旅行6泊7日
初日
首都圏発 6:00
福島県;
高湯温泉安達屋旅館(宿泊)走行距離 307km
http://www.adachiya.jp/
2日目
岩手県
夏油温泉観光ホテル(宿泊)走行距離240km
http://www.youihome.co.jp/geto/kannai.html
3日目
青森県;
酸ヶ湯温泉(立ち寄り) 走行距離244Km
http://www.sukayu.jp/inside/bathing.html
青森県;
浅虫温泉 南部屋・海扇閣(宿泊)走行距離39km
https://www.kaisenkaku.com/
4日目
岩手県
世界遺産の隠れ宿 果実の森(宿泊)走行距離279km
https://www.kajitsunomori-iwate.jp/
5日目
福島県
浄土平ビジターセンター(立ち寄り)走行距離197km
会津東山温泉 向瀧(宿泊)走行距離67km
https://travel.yahoo.co.jp/dhotel/shisetsu/HT10020325/
6日目
栃木県
鹿の湯(立ち寄り)走行距離74km
http://www.shikanoyu.jp/
日光国立公園・那須温泉/栃木にごり湯の会の宿旅館清水屋(宿泊) 
https://nasu-shimizuya.net/
7日目
首都圏着17:00着 200km

この回答は1人の人に役立ちました

ワンダラー

回答者:ワンダラーさん

回答日:2020-09-14

温泉めぐりの旅、羨ましいですね。

立寄り湯は、新しい施設ではなく、古くからの共同浴場や、老舗旅館の日帰り営業(時間帯が限定される)が好きなので、泊まりはFIXとして、ご参考に候補地を入れてみます。
理想は、午前中に長距離移動を済ませ、午後に(体調と時間が許す限り)立ち寄り湯や観光を入れるのが良いと思います。悪天候なども想定して予備ルートも。


ホームページやクチコミで研究なされ、お好みに合いそうで、時間も合えば、お立ち寄りください。
浄土平ビジターセンター(立ち寄り)が、どの温泉か存じませんが、すいていれば初日にいらしては如何でしょうか?

なお、コロナ下では日帰り営業などに制約(不可とか事前予約とか)や、地震や水害で道路通行規制がある場合もあるので、直前にご確認をお願いします。


初日
首都圏発 6:00
福島県;東北道二本松ICから「岳温泉の旅館」459号土湯峠、混んでいなければ磐梯吾妻スカイライン 浄土平ビジターセンター(立ち寄り)経由、混んでいたら115号、ショートカットし県道70号経由
高湯温泉安達屋旅館(宿泊)

2日目
岩手県
東北道を花巻南ICまで行き、花巻周辺の温泉を探訪、お薦めは鉛温泉藤三旅館少し戻りますが、県道37号で夏油温泉へ 

夏油温泉観光ホテル(宿泊)


3日目
青森県;(紅葉最盛期など混雑日でなければ)東北道小坂ICから十和田湖、奥入瀬経由有名な「蔦温泉」かマイナーな「猿倉温泉」に入浴
酸ヶ湯温泉(立ち寄り)

混みそうな日や悪天候なら黒石ICまで行き、温湯温泉協同浴場や青荷温泉経由で酸ヶ湯温泉へ。 

青森県;
浅虫温泉 南部屋・海扇閣(宿泊)

4日目 
東北道ばかりでは面白味がないので、例えば東北道鹿角八幡平ICから国道341号で大曲ICに行き秋田道に乗って湯沢IC、国道398号で途中左折し「栗駒山荘」と「須川温泉」に入浴、狭いが国道342号線を東に降りて一関近くの
世界遺産の隠れ宿 果実の森(宿泊)

5日目
福島県 初日に浄土平など済ませていれば、東北道から東北中央道に入って米沢八幡原ICで降りて、山越えで会津に入られては?
晴れていれば西吾妻スカイバレー経由「白布温泉や新高湯温泉など」
天気が悪ければ国道121号経由(熱塩あたりに共同湯や立ち寄り湯あり)

会津東山温泉 向瀧(宿泊)

6日目
国道121号で湯野上温泉、その先から国道289号で甲子温泉大黒屋の深い内湯につかり、那須甲子道路で那須連峰中腹を横断すれば
鹿の湯(立ち寄り)
日光国立公園・那須温泉/栃木にごり湯の会の宿旅館清水屋(宿泊) 

7日目
のんびり回るなら塩原温泉から奥塩原温泉から鬼怒川温泉を回る

沢山回るなら(積雪前が前提ですが)塩原温泉から国道121号、川路ダムから川俣温泉、さらに奥日光湯元温泉を回る

首都圏着17:00着 

福島について質問してみましょう。

質問する

福島県の旅行ガイドまとめ

福島の人気ホテルランキング

福島のホテルをもっと見る

福島へ行くツアー情報

出発地

福島のツアーをもっと見る

フォートラベルポイントをためよう

宝箱を探せ!

エリアに隠された宝箱を見つけてフォートラベルポイントをゲット!チャンスは一日一回。お題はトップページで発表されます。

本日のお題はこちら