ベルギー 旅行

ピックアップ特集

ベルギー旅行の比較・予約

ベルギー 格安ツアー

このエリアでは
取り扱いがありません

ベルギー ホテル

クチコミで選べる

ホテル数は日本最大級

Wi-Fiレンタル

エリア最安プラン

1日あたり600円~

人気都市ランキング147

エリア名で検索 :

※ベルギーで旅行者の多い都市順に表示しています。

ベルギー 人気都市ランキングをもっと見る

旅行記 6,010 件

  • ベルギーVII ブリュッセル アール・ヌーヴォーの館めぐり3

    • 関連タグ:

      • 旅行時期: 2022/03/27 -  2022/03/27 (約3ヶ月前)

      やはり移動制限のあったロックダウン中、アール・ヌーヴォーの館めぐりは数少ない楽しみのひとつでした。図書館でCécile Duboisの『Bruxelles Art Nouveau』を借り、全行程制覇しました。文化財の大切さを痛感しました。今回はサン・ジョス地区の館を紹介します。時を経て今年3月文化団体Banadが主催するアール・ヌーヴォー/アール・デコ祭りに参加して数軒内部を見学したのでその時の記録を投稿したいと思います。イベントは毎年開催され、常に公開されている有名な建築物から個人の邸宅として使われている館まで数多く見学できるので、私は毎回参加しています。https://www.banad.... もっと見る(写真25枚)

    • ベルギーVI Viva Belgica!ベルギーより愛を込めて2 ブリュージュ

      • 同行者:カップル・夫婦
      • 関連タグ:

        • 旅行時期: 2020/12/10 -  2020/12/11 (約2年前)

        今から思えば過ぎ去ったことですが、ロックダウン哀歌第2弾。同年3月に布かれて以来一度は緩和されたものの、常時には生きがいとなっていたベルギー国外脱出が考えられなくなり、数少ない楽しみは買い出しのみ。おまけに自宅勤務となりワークホリックよろしく、気が付いたら年末に消化できないほどの休暇日数。山上りがワンパターンになっていたので、たまには海に行こうと宿を探したところ、普段は行かないブリュージュに興味深いB&Bを見つけ、博物館・美術館を回ることにしました。この旅行記のパワーワードは「羊亭」のマイケル氏。なぜ、バスタブの写真を選んだのかは後で書きます。ロックダウンの地元ベルギー旅行記は逆説的愛情に満ち... もっと見る(写真51枚)

      • ブリュッセル観光後半戦。限られた時間をフルに活用し,とにかく歩き回る。歩けば歩くほど見学したい場所が出てくる。ブリュッセル前半戦:https://4travel.jp/travelogue/11742063 もっと見る(写真42枚)

      • 所用で急遽ブリュッセルへ。コロナ禍にあってどこへ行くにも手続きが複雑な中,ベルギーは比較的緩く助かった。ただ,時間の都合で外へ出れるか分からない上,下調べする時間もなく…。ブリュッセル滞在最終日前日、何とか市中心部へ。ベルギーに関してはワッフルとチョコレートだけの知識しかないものの、街の雰囲気を味わってみた。 もっと見る(写真41枚)

      • お日さまのもとブリュッセルとアントワープの街を散策♪

        • 関連タグ:

          • 旅行時期: 2022/04/25 -  2022/04/25 (約2ヶ月前)

          4月、お日さまに誘われて無性に外に出かけたくなった。結果、復活祭休暇開けの週、4月23日~25日、ベルギーのブルッセル、ブリュージュ、ゲント そしてアントワープへ。最終日ブリュッセルとアントワープの街歩きの様子をゆるーく綴っていきます。 もっと見る(写真68枚)

        旅行記を投稿してみよう!

        旅行記を投稿する

        基本情報

        どんなとこ?

        ベルギーは、北海に面した面積約3万528平方kmの国で、運河や川が多く、おとぎ話に出てくるような可愛らしい町が各地に点在する。公用語はオランダ語、フランス語、ドイツ語。国内には10の州があり、主要言語の違いによってオランダ語圏の北部(フランドル地方)とフランス語圏の南部(ワロン地方)に二分される。そのルーツは5世紀に、ゲルマンのフランク族の侵入によって、ローマ帝国が北部を放棄し、南部へ後退したことによる。第2次世界大戦時にはドイツに占領されたが、解放後の1944年以降は比較的早く復興を遂げ、1980年の憲法改正により連邦制の国家となったことで、国内各地域の自治権が増大した。産業では、オランダ国境近くのアントワープが世界最大級のダイヤモンド集散加工地で、取り扱い高は全世界の70%。また、中世から続くベルギーの伝統工芸品といえばボビンレースで、18世紀には繊細さと美しいデザインがヨーロッパ各地で珍重された。リエージュのガラス工芸も有名で、ヴェネチアやボヘミアなどから技術を取り入れ、独自のクリスタル工芸を築いている。フランス食文化の影響を受けた料理や各地で作られる地ビールでも知られる。

        気候

        春は遅く4,5月でも肌寒い事が多い。6〜8月にかけてが他のヨーロッパ諸国と同じ様に最も快適な時期だが、気温はあまり上がらないので夏には暑さを求めて南フランス、イタリア、スペイン等の南欧に出かける人が多い。秋はアルデンヌ地方の紅葉が美しい。冬は霧と共にやってくる。曇天と雨天の暗い日が続き、雪も降るが年数回程度。気温は低いが室内の暖房が完備されている為、寒さで困る事はない。10〜4月位まで一年の半分はコートが必要。全般的に雨がよく降り子供はフード付きジャンパーやコートをいつも身につけている。

        言語

        オランダ語、フランス語、ドイツ語

        宗教

        カトリック約75%、プロテスタントとそのほか約25%

        時差

        日本との時差は-8時間。ベルギーの方が遅れている。サマータイム期間(2014/3/30〜2014/10/26)は-7時間。

        名物・お勧め料理

        ビール、ムール貝(MOULES)、ワーテルゾーイ(WATERZOOI)、ウナギのグリーンソース煮(ANGUILLE AU VERT)、フリット(フライドポテト/FRITES)、アスパラガス(ASPERGES)、アンディーブ(ENDIVE)、小エビ(CREVETTES)、ワッフル、チョコレートなど

        土産品

        チョコレート、レース編み、タペストリーなどの工芸品、EUグッズ

        電圧

        230V

        ベルギー 地図

        ベルギートラベラーランキング

        投稿数が多いトラベラー

        クチコミの多いトラベラー

        旅行記の多いトラベラー

        Q&A回答の多いトラベラー

        4Tポイントを貯めよう

        チャンスは一日一回。
        エリアに隠された宝箱を探せ!お題はTOPページにて発表! 本日のお題はこちら!

        4Tポイントとは?


        PAGE TOP