カンボジア 旅行

ピックアップ特集

カンボジア旅行の比較・予約

カンボジア 格安ツアー

このエリアでは
取り扱いがありません

カンボジア ホテル

クチコミで選べる

ホテル数は日本最大級

Wi-Fiレンタル

エリア最安プラン

1日あたり290円~

人気都市ランキング5

エリア名で検索 :

※カンボジアで旅行者の多い都市順に表示しています。

旅行記 10,399 件

  • アンコール・ワット中央祠堂往時は王のみ入ることが許されたアンコール・ワット中央祠堂は第三回廊の中心、ヒンドゥー経典における世界の中心地「須弥山」を模した祠堂。ここは王と神とが交信する場所でアンコール・ワット内最高位置。地上からの高さは65mで、天に一番近く神に一番近い場所として聖地でもある。中央に涅槃像があるが後世に運び込まれたもので最初からあったものではない。元々は黄金のヴィシュヌ神を祀っていたとされているがヴィシュヌ神像は未だに発見されてはいない。祠堂の中心には深さ22mの大穴があり、中にスーリヤヴァルマン2世の墓があると言われている。そんなアンコール・ワット中央祠堂から眺める周辺。 もっと見る(写真5枚)

  • カンボジア・シェムリアップ 「アンコール・ワット堂内池周の回廊前で」

    • 関連タグ:

      • 旅行時期: 2013/04/04 -  2014/04/20 (約9年前)

      往時の色彩を鑑みながら。 もっと見る(写真1枚)

    • アンコールワットの日本人観光が再開されます

      • 関連タグ:

        • 旅行時期: 2022/06/08 -  2022/06/10 (1ヶ月以内)

        カンボジアは33日間連続してコロナの感染者がおりませんので、次のようになりました。カンボジアの入国管理に、コロナのワクチン接種証明書が必要あります。又、コロナの検査も必要なくなりました。カンボジアの自由旅行が可能になりました。アンコールワットの入場券については次のようになりました。2022年12月31日までは1日券の購入者は、2日間の遺跡の観光が出来ます。3日券を購入者は、5日間の遺跡の観光をするすることができます。7日間のチケットを購入者は、10日間の遺跡観光をすることができます。アンコールワットの「一日のオススメコース」を案内いたします。8時に宿泊ホテルを出発アンコールワットのチケットを購... もっと見る(写真18枚)

      • アンコールワットの植物園が新しくオープンしました。

        • 関連タグ:

          • 旅行時期: 2022/05/18 -  2022/05/20 (約2ヶ月前)

          [Angkor Botinacal Garden]アンコールワット遺跡群の世界遺産により、遺跡の他にアプサラ機構は、新たに植物公園を開きました。シェムリアップ市内から約4キロ離れており、面積は15ヘクタールあります。500種類の植物と土物、また鳥がいます。アンコール植物園は、2022/05/19にオープンしました。アンコールワットに行く前に記念写真撮影をしたい場合は、入ることができます。遺跡代わりに植物に興味があれば、アンコール植物園に是非いらしてください。公園内には大きな池があります。いろいろの美しい花々が咲いています。自然が好きな方には、この公園に入ると満足できると思います。カンボジアはコ... もっと見る(写真15枚)

        • 2019カンボジア 遺跡はアンコールワットだけじゃない

          • 同行者:一人旅
          • 関連タグ:

            • 旅行時期: 2019/02/09 -  2019/02/13 (約3年前)

            2/9~13でカンボジアへ行ってきました。目的はもちろん、アンコール遺跡群。素晴らしいところでした。さすが、某サイトで世界遺産No1.東南アジアはあまり行ったことがなかったのですが、これからもっと目を向けようと思います。 もっと見る(写真58枚)

          旅行記を投稿してみよう!

          旅行記を投稿する

          基本情報

          どんなとこ?

          カンボジアは大河・メコン川とアジア最大の湖・トンレサップ湖付近を中心とした農業国で、人口の約80%が農業に従事している。この国の見どころは何といっても世界遺産に指定されているアンコールワットだ。トンレサップ湖北岸のシェムリアップ周辺に立つこの遺跡は、9世紀から15世紀前半に栄えたアンコール王朝の石造寺院。12世紀前半に30年以上を費やして建てられた。そのほかにもシェムリアップ周辺には石造寺院や都城など60余りのヒンドゥー教遺跡が立ち並び、当時の栄華を偲ばせる。首都プノンペンは整然と区画された町で、王宮などの見どころが点在する。カンボジアは100年近くの間フランスによる支配を受けてきたが、1953年にシアヌーク国王のもとで完全独立を果たした。しかし独立後にベトナム戦争のあおりをうけ、国内ではクーデターなどの内乱が相次いだ。国連の援助を受けて内紛を収め、1991年にシアヌーク殿下がカンボジアに帰還、1993年には新生カンボジア王国が誕生した。現在は国の復興と平和維持に努めている。アンコール遺跡の観光地としての発展も追い風となり、経済状況や治安の面でも着実に復興と発展の歩みを進めている。

          気候

          季節は雨季と乾季に分かれる。4〜10月の雨季は湿度が90%まで上がり、1日1〜2時間程度の強いスコールがある。11〜2月の乾季は涼しく比較的過ごしやすい。3〜5月が最も暑く、40℃を超えることもある。

          言語

          クメール語、フランス語、英語

          宗教

          仏教

          時差

          日本との時差は-2時間。カンボジアの方が遅れている。サマータイムはない。

          名物・お勧め料理

          アモック(白身魚のココナッツ蒸し)、コンカェップバォク(カエルのスパイス詰焼き)、クイティウ(カンボジアヌードル)

          土産品

          アンコールクッキー、クロマー(カンボジアスカーフ)、銀製品

          電圧

          120/220V

          カンボジア 地図

          カンボジアトラベラーランキング

          投稿数が多いトラベラー

          クチコミの多いトラベラー

          旅行記の多いトラベラー

          Q&A回答の多いトラベラー

          4Tポイントを貯めよう

          チャンスは一日一回。
          エリアに隠された宝箱を探せ!お題はTOPページにて発表! 本日のお題はこちら!

          4Tポイントとは?


          おすすめの都市

          PAGE TOP