フィンランド 旅行

ピックアップ特集

フィンランド旅行の比較・予約

フィンランド 観光ツアー

最安ツアーを比較検索

成田発 フィンランド ツアー 羽田発 フィンランド ツアー 大阪発 フィンランド ツアー名古屋発 フィンランド ツアー

フィンランド ホテル

クチコミで選べる

ホテル数は日本最大級

Wi-Fiレンタル

エリア最安プラン

1日あたり600円~

人気都市ランキング21

エリア名で検索 :

※フィンランドで旅行者の多い都市順に表示しています。

フィンランド 人気都市ランキングをもっと見る

旅行記 5,611 件

  • ヘルシンキでの給油

    • 関連タグ:

      • 旅行時期: 2021/11/25 -  2021/11/25 (1ヶ月以内)

      ヘルシンキでの給油 もっと見る(写真2枚)

    • 2016年夏休みのスウェーデン~フィンランド旅行9日目。今回の旅の実質最終日のこの日は、ヘルシンキ市内の見どころを巡ります。ユニークな教会であるカンピ礼拝堂、テンペリアウキオ教会と回っていき、フィンランド国立博物館、ヘルシンキ市立美術館とはしごしてフライトの時刻に。10日間にわたったスウェーデン・フィンランドの旅、最初は中国国際航空のフライトキャンセルでどうなることかと思いましたが、その後はほぼ予定通り進み、日本と違ってさわやかで動きやすい、涼しい夏休みを満喫することができました。西欧や南欧の観光大国と比べると、ひとつひとつの見どころはパンチ力に欠けるものの、自然と調和した美しい街並みや独特の... もっと見る(写真64枚)

    • マドリードを出発して約4時間後、4日ぶりのヘルシンキに到着。当初はこのまま日本へ帰国するつもりでしたが、旅行前に行先をモスクワに変更したので、約2時間のトランジットでモスクワへ行きます。それで今回はモスクワ到着までの移動について振り返ります♪航空券はフィンエアー公式サイトで購入しました。◆往路 HEL(ヘルシンキ)⇒MAD(マドリード)◆復路 MAD⇒HEL、HEL⇒SVO(モスクワ・シェレメーチエヴォ)一括で283.96ユーロ(税込35.435円)でしたが、往復HEL⇔MADの運賃よりもSVOまで行った方が安い運賃でした!※本文で予約経緯と購入について掲載しています。ヴァンター国際空港(ヘル... もっと見る(写真53枚)

    • 2016年夏休みのスウェーデン~フィンランド旅行7日目後半。フィンランドの首都ヘルシンキにて、世界遺産のスオメンリンナ島を訪問した後は、本土に戻って美術館巡り。デザイン博物館、アテネウム美術館、現代美術館キアズマと回っていきます。特にアテネウム美術館では、フィンランド独立前の民族主義が高まりを見せる時代に活躍したアクセリ・ガッレン=カッレラやエーロ・ヤルネフェルトらの作品を鑑賞。どの作品もフィンランドの民族叙事詩カレワラや、静かな自然の風景が美しい筆致で描かれており、まさにフィンランド美術の殿堂というにふさわしい美術館でした。<旅程表> 2016年 8月12日(金) 羽田(フライトキャンセル)... もっと見る(写真60枚)

    • フィンランドの世界遺産 スオメンリンナ要塞

      • 同行者:一人旅
      • 関連タグ:

        • 旅行時期: 2019/04/21 -  2019/04/21 (約3年前)

        フィンランドの世界遺産 スオメンリンナ要塞。ヘルシンキからフェリーで15分。ヘルシンキ市内から楽に日帰りできます、キングスゲートは一番奥にあります もっと見る(写真58枚)

      旅行記を投稿してみよう!

      旅行記を投稿する

      基本情報

      どんなとこ?

      北ヨーロッパに位置するフィンランドは、国土の4分の1が北極圏内にある。「森と湖の国」と呼ばれ、国土の68%が森林、10%が湖沼や河川に覆われている。夏至のころには一日中太陽が沈まない「ミッドナイト・サン(真夜中の太陽)」が続き、北部のほか南部でも一晩中薄明るい白夜となる。逆に、冬の北部ではまったく太陽が昇らない「カーモス(極夜)という状態が続き、南部も日照時間が短い。この時期、ラップランドではオーロラが観測できる。公用語はフィンランド語とスウェーデン語。1155年以降、フィンランドはスウェーデンの支配下に置かれ、スウェーデンの法律や社会体制が導入された。後にスウェーデンからロシアに割譲され、独自の憲法と自治権を獲得。1917年12月6日のロシア革命において独立を宣言した。第二次世界大戦では敗戦するものの、1952年にはヘルシンキオリンピックを開催して復興を印象づけた。1995年にEUに加盟し議長国も務める。国内産業においては、19世紀中ごろまで農業を主体としていたが、第一次世界大戦の前に工業化が進み、金属工業が著しく発展。紙、パルプ、製材などの産業において世界をリードしている。

      気候

      5月初旬から日毎に日照時間が長くなり、白夜の季節がくる。6月になるとヘルシンキの昼間の時間は19時間にもなる。10月からは雪の季節が始まり、長い夜がくる。暗い日が2月頃まで続き、やがて春がくる。

      言語

      フィンランド語、スウェーデン語

      宗教

      キリスト教(福音ルーテル派92.5%、フィンランド正教1.2%)

      時差

      日本との時差は-7時間。フィンランドの方が遅れている。サマータイム期間(2014/3/30〜2014/10/26)は-6時間。

      名物・お勧め料理

      トナカイの肉やサーモンを使ったラップランド料理、夏のザリガニ料理など。

      土産品

      ムーミングッズ、トナカイをモチーフにした工芸品、木工製品など

      電圧

      230V

      フィンランド 地図

      フィンランドトラベラーランキング

      投稿数が多いトラベラー

      クチコミの多いトラベラー

      旅行記の多いトラベラー

      Q&A回答の多いトラベラー

      4Tポイントを貯めよう

      チャンスは一日一回。
      エリアに隠された宝箱を探せ!お題はTOPページにて発表! 本日のお題はこちら!

      4Tポイントとは?


      PAGE TOP