東松山 旅行記(ブログ) 一覧に戻る

ゴールデンウイーク中の動物園の混雑はあなどれません。<br />しかも、どの動物園でも年間で一番混むこどもの日の5月5日に出かけることになってしまったのですから。<br />なので、ふだんなら我が家から1時間かからず行けるので、混雑でいろいろ不便でも、また出直せばいいやと思える地元の埼玉こども動物自然公園に出かけました。<br /><br />ただ、埼玉こども動物自然公園は、最寄りの高坂駅からの路線バスが一時間に4~5本あるので便利ですが、ゴールデンウィーク中は、動物園の駐車場入りの車で渋滞にはまって動けなくなってしまいます。<br />それを避けるため、去年2016年同様、ゴールデン期間中はいつもより30分早くなった開園時間よりもさらに30分早く8時半頃には到着するように向かったので、路線バスの方は大丈夫でした。<br />ただ、入園前の行列には驚きました。<br />正門前の広いスペースを使って蛇行した行列が歩道まで伸びていて、私自身が入園出来るまで開園から25分もかかってしまいました。<br />5月5日は開園記念日で、先着1,000名にオリジナル・ピンバッジのプレゼントがありましたが、それが私よりも何十人か前で終了したので、開園前から待っていたのは、おそらく2,000人近くいたろうと思います。<br />でも、開園直後は、まだ駐車場に十分空きがありましたし、路線バスの渋滞もひどくなかったでしょうが、あと30分もしたら、入園するのに行列に並ぶ必要はなかったとしても、駐車場は満車で、バスも渋滞にはまったろうと思います。<br /><br />しかし、埼玉こども動物自然公園は広大ですし、東京の上野動物園や多摩動物公園ほどアクセスが良いわけではなく、都心から見たら埼玉のはじっこにあるので、いったん入園してしまえば、エサやりや飼育員のトークなどのイベントを除けば、人々は適度にばらけ、それほど混雑感を覚えずにすみました。<br />ゴールデンウイーク中は長蛇の列が出来るコアラ館も、朝一番に入れば良いと気付きました。<br />コアラたちは寝ているかもしれないけれど、赤ちゃんの名前投票がしたかったのです。ある意味、この時期に敢えて訪れたのは、5月7日までのこの投票がしたかったからです。<br /><br />こどもの日の混雑ゆえ、いろいろダメ元で構わないつもりで訪れ、夕方には東松山ぼたん園とはしごするために9時30分から14時すぎまで過ごした埼玉こども動物自然公園ですが、そう思っていたせいか、思った以上にラッキー続きでした!<br /><br />まず、コアラたちは、ドリーちゃんと赤ちゃんはずっと寝ていましたが、他の子たちは、短い時間ですが目を覚まして、顔が拝めた子たちが思った以上に多かったのです。<br />屋内では、エミちゃん、クインちゃん、ジンベランちゃん。<br />そしてさらに、ふだんはほとんど見られない、個室のコアラたち、すなわち、飛び出すコアラで見られるチャンスが多いコタロウくんだけでなく、多摩動物公園から預かっているミライちゃん、それから個室に移動したピノっちにも、窓が開いていたので顔が拝めました<br /><br />動物の赤ちゃんでいえば、ワオキツネザルの赤ちゃん、それから他の動物園ではほとんど見られないヒメマーラの赤ちゃん、そして屋外展示場にいたプーズーの赤ちゃんに会えました!<br />ワオギツネザルの赤ちゃんには会える確率が高いと思っていましたが、プーズーの赤ちゃんのラピスくんとヒメマーラの赤ちゃんは、はじめて木陰や見えづらいところで休んでいたので会えませんでしたが、出直した2度目に会えました!<br />この一度目はダメだったけど出直したら会えた、というのは、さらにラッキーな気分になります。<br /><br />それから、公式フェースブックで、ここのところ毎日羽を広げているというインドクジャクが、まさに羽を広げているところに出会えました。<br />いくら毎日羽を広げているといっても、私自身がそのタイミングで居合わせなければ見られないので、ほんとにラッキーでした。<br /><br />それから、今回はコアラ館に行くのを優先させたので、起きているレッサーパンダたちに会えないかと思っていましたが、これもなんとか、少なくともソウソウくんが起きているところに居合わせることができました。<br />まさか14時前に起きてくるとは思わなかったのですが、小腹が空いたらしいです。<br />ハナビちゃんと屋内のミンミンは寝ていましたが、可愛い顔はなんとか見られました。<br /><br />ほかに、いつも楽しみにしている子たち、ヤブイヌとか、動くナマケモノ、シマオイワワラビー、ミナミコアリクイ、カピバラやベネットアカクビワラビーなども見られました。<br />それから、鳥インフルエンザが収束しはじめたことを受けて、ペンギンヒルズも半分入れるようになりましたし、飼育員さん自身の手によるものですが、ペンギンの給餌タイムも見学できました。<br />ちゃんと餌がみんなに行き渡るように、魚をゲットしたペンギンの名前を読み上げながらの給餌タイムはなにげに面白かったです。<br /><br />ただ、思った以上にラッキー続きの本日でしたが、痛恨の失敗もありました。<br />入園直後、写真を撮ったくせにまともに見ていなかった本日のトクトクタイムの写真を自宅できちんとチェックしてみたら、ゴールデンウィークのサービスか、なんと本日、レッサーパンダのおはなしイベントがあったではないですか!<br />この動物園では不定期でしか見られないレッサーパンダの貴重なリンゴタイムです!<br />それを見逃したなんて、レッサーパンダ・ファンにあるまじき!<br />その時間帯に動物園内にいなかったならともかく、予定通り先にコアラ館に行っても、時間を合わせることができたはずなのです。<br />でも、見逃したものは仕方がありません。前回と前々回の春休み中の期間の訪問時にはじっくり見学することができましたから。<br />それに、ゴールデンウイーク中のイベントなんて大混雑していて、時間前に場所取りをしたとしても、いい場所の見当はつかないので、前回と前々回に比べて見づらかったり、写真が撮りづらくて、消化不良気分になるに決まっています!<br />と、自分を納得させた私は、まさに、イソップ童話のすっぱいブドウのキツネのごとく、ただの負け惜しみですが、一番自宅から通いやすい動物園だけに、きっとまたチャンスがあるはずです。<br /><br />それから、おそれていた哀しいことがついに起きてしまいました。<br />小動物コーナーから、ひいきのリチャードソンジリスの展示がなくなっていました。<br />一匹だけだったリチャードソンジリス。<br />その子が亡くなってしまったら、リチャードソンジリスの展示は終わりになるだろうとおそれていましたが、ついにその時が来てしまったようです。<br /><br /><2017年のゴールデンウィークの地元埼玉めぐりの旅行記のシリーズ構成><br />□(1)智光山公園こども動物園:GW中の県道の渋滞と駐車場を甘くみて車で向かったけど、コツメカワウソ親子のむしゃむしゃタイムに間に合った!&羊の毛刈りでポポちゃんお疲れさま<br />□(2)森林公園のお花畑編:西口広場の絶好調のネモフィラから早くも見頃を迎えたルピナスと見頃ぎりぎりのびっしりポピーまで<br />□(3)森林公園の都市緑化植物園編:思った以上に素敵だった江戸さくらそう展から春と初夏の花で輝くハーブガーデンと途中までのボーダーガーデン<br />■(4)埼玉こども動物自然公園:ダメ元でラッキー続き!~意外に顔が見られたコアラとレッサーパンダたち&Hello!ワオギツネザルとヒメマーラの赤ちゃん!&お外プーズーの赤ちゃん&羽根を広げた孔雀~ただし貴重な不定期のレッサーパンダのおはなしイベントを逃す<br />□(5)東松山ぼたん園:夕方でもたっぷりの日差しの下でさんさんと輝くぼたんたち<br /><br />埼玉こども動物自然公園の公式サイト<br />http://www.chausuyama.com/<br /><br /><タイムメモ><br />07:50 家を出る<br />08:19 高坂駅に到着<br />08:27 高坂駅前発の鳩山ニュータウン行きのバスに乗車<br />08:40頃 動物公園前に到着(多少の渋滞あり)<br />09:00 動物公園開園<br />09:25 動物公園に入園<br />(1,000人以上の行列待ち)<br />09:30-09:50 コアラ館の大部屋&個室のコアラ<br />09:50-10:05 コアラ館のミナミコアリクイからシマオイワワラビー<br />10:20-10:35 カピバラ&ベネットアカクビワラビー<br />10:40-10:55 太麺やきそばとホルモン焼きの朝食兼ランチ休憩<br />11:00-11:45 ワオキツネザルの赤ちゃん<br />(11:45からレッサーパンダのおはなしイベントがあったのに気付かず)<br />11:50-12:00 ヒメマーラ(赤ちゃん見えず)<br />12:05-12:10 ヤブイヌ<br />12:10-12:25 レッサーパンダ(全員お昼寝中)<br />12:25-12:30 小動物コーナー<br />(リチャードソンジリスの展示がなくなった!)<br />12:30-12:35 屋内プーズー<br />12:25-12:50 ペンギンヒルズ(一部開放)<br />12:50-13:00 屋外プーズーの赤ちゃん<br />13:05-13:30 羽を広げたインドクジャク<br />13:30-13:40 ペンギンの給餌タイム見学<br />13:45-14:00 レッサーパンダ(ソウソウ目覚める)<br />14:05-14:15 ヒメマーラの赤ちゃんと両親<br />14:25 動物公園を出る<br />14:30 高坂駅行きのバスに乗車<br />14:40頃 高坂駅前に到着<br />14:46 高坂駅発の森林公園行きに乗車の予定がダイヤ乱れ<br />14:50頃 東松山駅着<br />15:00 東松山駅西口発の臨時シャトルバスでぼたん園へ<br />15:15-16:25 東松山ぼたん園散策<br />16:35頃 臨時シャトルバスで東松山駅に戻る<br />16:50 東松山駅発の東武東上線に乗車<br />17:20頃 帰宅<br /><br />※これまでの動物旅行記の目次を作成済。随時更新中。<br />「動物/動物園と水族館の旅行記~レッサーパンダ大好き~ 目次」<br />http://4travel.jp/travelogue/10744070<br /><br />※そのうち、これまでの埼玉こども動物自然公園の旅行記のURL集は、この旅行記の末尾にまとめました。<br />

ゴールデンウィークは地元埼玉で過ごそう!(4)埼玉こども動物自然公園:ダメ元でラッキー続き!~意外に顔が見られたコアラとレッサーパンダたち&Hello!ワオギツネザルとヒメマーラの赤ちゃん!&お外プーズーの赤ちゃん&羽根を広げた孔雀~ただし貴重な不定期のレッサーパンダのおはなしイベントを逃す

11いいね!

2017/05/05 - 2017/05/05

224位(同エリア494件中)

    112

    ゴールデンウイーク中の動物園の混雑はあなどれません。
    しかも、どの動物園でも年間で一番混むこどもの日の5月5日に出かけることになってしまったのですから。
    なので、ふだんなら我が家から1時間かからず行けるので、混雑でいろいろ不便でも、また出直せばいいやと思える地元の埼玉こども動物自然公園に出かけました。

    ただ、埼玉こども動物自然公園は、最寄りの高坂駅からの路線バスが一時間に4~5本あるので便利ですが、ゴールデンウィーク中は、動物園の駐車場入りの車で渋滞にはまって動けなくなってしまいます。
    それを避けるため、去年2016年同様、ゴールデン期間中はいつもより30分早くなった開園時間よりもさらに30分早く8時半頃には到着するように向かったので、路線バスの方は大丈夫でした。
    ただ、入園前の行列には驚きました。
    正門前の広いスペースを使って蛇行した行列が歩道まで伸びていて、私自身が入園出来るまで開園から25分もかかってしまいました。
    5月5日は開園記念日で、先着1,000名にオリジナル・ピンバッジのプレゼントがありましたが、それが私よりも何十人か前で終了したので、開園前から待っていたのは、おそらく2,000人近くいたろうと思います。
    でも、開園直後は、まだ駐車場に十分空きがありましたし、路線バスの渋滞もひどくなかったでしょうが、あと30分もしたら、入園するのに行列に並ぶ必要はなかったとしても、駐車場は満車で、バスも渋滞にはまったろうと思います。

    しかし、埼玉こども動物自然公園は広大ですし、東京の上野動物園や多摩動物公園ほどアクセスが良いわけではなく、都心から見たら埼玉のはじっこにあるので、いったん入園してしまえば、エサやりや飼育員のトークなどのイベントを除けば、人々は適度にばらけ、それほど混雑感を覚えずにすみました。
    ゴールデンウイーク中は長蛇の列が出来るコアラ館も、朝一番に入れば良いと気付きました。
    コアラたちは寝ているかもしれないけれど、赤ちゃんの名前投票がしたかったのです。ある意味、この時期に敢えて訪れたのは、5月7日までのこの投票がしたかったからです。

    こどもの日の混雑ゆえ、いろいろダメ元で構わないつもりで訪れ、夕方には東松山ぼたん園とはしごするために9時30分から14時すぎまで過ごした埼玉こども動物自然公園ですが、そう思っていたせいか、思った以上にラッキー続きでした!

    まず、コアラたちは、ドリーちゃんと赤ちゃんはずっと寝ていましたが、他の子たちは、短い時間ですが目を覚まして、顔が拝めた子たちが思った以上に多かったのです。
    屋内では、エミちゃん、クインちゃん、ジンベランちゃん。
    そしてさらに、ふだんはほとんど見られない、個室のコアラたち、すなわち、飛び出すコアラで見られるチャンスが多いコタロウくんだけでなく、多摩動物公園から預かっているミライちゃん、それから個室に移動したピノっちにも、窓が開いていたので顔が拝めました

    動物の赤ちゃんでいえば、ワオキツネザルの赤ちゃん、それから他の動物園ではほとんど見られないヒメマーラの赤ちゃん、そして屋外展示場にいたプーズーの赤ちゃんに会えました!
    ワオギツネザルの赤ちゃんには会える確率が高いと思っていましたが、プーズーの赤ちゃんのラピスくんとヒメマーラの赤ちゃんは、はじめて木陰や見えづらいところで休んでいたので会えませんでしたが、出直した2度目に会えました!
    この一度目はダメだったけど出直したら会えた、というのは、さらにラッキーな気分になります。

    それから、公式フェースブックで、ここのところ毎日羽を広げているというインドクジャクが、まさに羽を広げているところに出会えました。
    いくら毎日羽を広げているといっても、私自身がそのタイミングで居合わせなければ見られないので、ほんとにラッキーでした。

    それから、今回はコアラ館に行くのを優先させたので、起きているレッサーパンダたちに会えないかと思っていましたが、これもなんとか、少なくともソウソウくんが起きているところに居合わせることができました。
    まさか14時前に起きてくるとは思わなかったのですが、小腹が空いたらしいです。
    ハナビちゃんと屋内のミンミンは寝ていましたが、可愛い顔はなんとか見られました。

    ほかに、いつも楽しみにしている子たち、ヤブイヌとか、動くナマケモノ、シマオイワワラビー、ミナミコアリクイ、カピバラやベネットアカクビワラビーなども見られました。
    それから、鳥インフルエンザが収束しはじめたことを受けて、ペンギンヒルズも半分入れるようになりましたし、飼育員さん自身の手によるものですが、ペンギンの給餌タイムも見学できました。
    ちゃんと餌がみんなに行き渡るように、魚をゲットしたペンギンの名前を読み上げながらの給餌タイムはなにげに面白かったです。

    ただ、思った以上にラッキー続きの本日でしたが、痛恨の失敗もありました。
    入園直後、写真を撮ったくせにまともに見ていなかった本日のトクトクタイムの写真を自宅できちんとチェックしてみたら、ゴールデンウィークのサービスか、なんと本日、レッサーパンダのおはなしイベントがあったではないですか!
    この動物園では不定期でしか見られないレッサーパンダの貴重なリンゴタイムです!
    それを見逃したなんて、レッサーパンダ・ファンにあるまじき!
    その時間帯に動物園内にいなかったならともかく、予定通り先にコアラ館に行っても、時間を合わせることができたはずなのです。
    でも、見逃したものは仕方がありません。前回と前々回の春休み中の期間の訪問時にはじっくり見学することができましたから。
    それに、ゴールデンウイーク中のイベントなんて大混雑していて、時間前に場所取りをしたとしても、いい場所の見当はつかないので、前回と前々回に比べて見づらかったり、写真が撮りづらくて、消化不良気分になるに決まっています!
    と、自分を納得させた私は、まさに、イソップ童話のすっぱいブドウのキツネのごとく、ただの負け惜しみですが、一番自宅から通いやすい動物園だけに、きっとまたチャンスがあるはずです。

    それから、おそれていた哀しいことがついに起きてしまいました。
    小動物コーナーから、ひいきのリチャードソンジリスの展示がなくなっていました。
    一匹だけだったリチャードソンジリス。
    その子が亡くなってしまったら、リチャードソンジリスの展示は終わりになるだろうとおそれていましたが、ついにその時が来てしまったようです。

    <2017年のゴールデンウィークの地元埼玉めぐりの旅行記のシリーズ構成>
    □(1)智光山公園こども動物園:GW中の県道の渋滞と駐車場を甘くみて車で向かったけど、コツメカワウソ親子のむしゃむしゃタイムに間に合った!&羊の毛刈りでポポちゃんお疲れさま
    □(2)森林公園のお花畑編:西口広場の絶好調のネモフィラから早くも見頃を迎えたルピナスと見頃ぎりぎりのびっしりポピーまで
    □(3)森林公園の都市緑化植物園編:思った以上に素敵だった江戸さくらそう展から春と初夏の花で輝くハーブガーデンと途中までのボーダーガーデン
    ■(4)埼玉こども動物自然公園:ダメ元でラッキー続き!~意外に顔が見られたコアラとレッサーパンダたち&Hello!ワオギツネザルとヒメマーラの赤ちゃん!&お外プーズーの赤ちゃん&羽根を広げた孔雀~ただし貴重な不定期のレッサーパンダのおはなしイベントを逃す
    □(5)東松山ぼたん園:夕方でもたっぷりの日差しの下でさんさんと輝くぼたんたち

    埼玉こども動物自然公園の公式サイト
    http://www.chausuyama.com/

    <タイムメモ>
    07:50 家を出る
    08:19 高坂駅に到着
    08:27 高坂駅前発の鳩山ニュータウン行きのバスに乗車
    08:40頃 動物公園前に到着(多少の渋滞あり)
    09:00 動物公園開園
    09:25 動物公園に入園
    (1,000人以上の行列待ち)
    09:30-09:50 コアラ館の大部屋&個室のコアラ
    09:50-10:05 コアラ館のミナミコアリクイからシマオイワワラビー
    10:20-10:35 カピバラ&ベネットアカクビワラビー
    10:40-10:55 太麺やきそばとホルモン焼きの朝食兼ランチ休憩
    11:00-11:45 ワオキツネザルの赤ちゃん
    (11:45からレッサーパンダのおはなしイベントがあったのに気付かず)
    11:50-12:00 ヒメマーラ(赤ちゃん見えず)
    12:05-12:10 ヤブイヌ
    12:10-12:25 レッサーパンダ(全員お昼寝中)
    12:25-12:30 小動物コーナー
    (リチャードソンジリスの展示がなくなった!)
    12:30-12:35 屋内プーズー
    12:25-12:50 ペンギンヒルズ(一部開放)
    12:50-13:00 屋外プーズーの赤ちゃん
    13:05-13:30 羽を広げたインドクジャク
    13:30-13:40 ペンギンの給餌タイム見学
    13:45-14:00 レッサーパンダ(ソウソウ目覚める)
    14:05-14:15 ヒメマーラの赤ちゃんと両親
    14:25 動物公園を出る
    14:30 高坂駅行きのバスに乗車
    14:40頃 高坂駅前に到着
    14:46 高坂駅発の森林公園行きに乗車の予定がダイヤ乱れ
    14:50頃 東松山駅着
    15:00 東松山駅西口発の臨時シャトルバスでぼたん園へ
    15:15-16:25 東松山ぼたん園散策
    16:35頃 臨時シャトルバスで東松山駅に戻る
    16:50 東松山駅発の東武東上線に乗車
    17:20頃 帰宅

    ※これまでの動物旅行記の目次を作成済。随時更新中。
    「動物/動物園と水族館の旅行記~レッサーパンダ大好き~ 目次」
    http://4travel.jp/travelogue/10744070

    ※そのうち、これまでの埼玉こども動物自然公園の旅行記のURL集は、この旅行記の末尾にまとめました。

    同行者
    一人旅
    交通手段
    高速・路線バス 私鉄
    利用旅行会社
    個別手配

    PR

    • こどもの日の開園20分前の入場待ちの行列<br /><br />5月5日の本日はこどもの日にちなんで、小学生以下は無料です。<br />おそらく動物園で1番来園者が多い日ではないでしょうか。<br />いつもより30分早まった9時の開園時間よりさらに30分前に到着するつもりで家を出たので、最寄りの高坂駅からの路線バスは、動物園の駐車場入りの車による渋滞の影響はさほど受けずにすみました。<br />しかし、この入園待ちの行列がこれほどとは……!<br />入園ゲートが彼方です。<br />私の後ろにさらに行列が歩道の方まで続いたようです。<br /><br />ただし、ここに並んでいたのは、すでにチケットを持っている人たちの列なので、チケット売り場は比較的空いていました。<br />なので、先月切れた年間パスポートの更新手続きはスムーズにできました。<br />

      こどもの日の開園20分前の入場待ちの行列

      5月5日の本日はこどもの日にちなんで、小学生以下は無料です。
      おそらく動物園で1番来園者が多い日ではないでしょうか。
      いつもより30分早まった9時の開園時間よりさらに30分前に到着するつもりで家を出たので、最寄りの高坂駅からの路線バスは、動物園の駐車場入りの車による渋滞の影響はさほど受けずにすみました。
      しかし、この入園待ちの行列がこれほどとは……!
      入園ゲートが彼方です。
      私の後ろにさらに行列が歩道の方まで続いたようです。

      ただし、ここに並んでいたのは、すでにチケットを持っている人たちの列なので、チケット売り場は比較的空いていました。
      なので、先月切れた年間パスポートの更新手続きはスムーズにできました。

    • 正門前広場のニュースをチェックする<br /><br />本日は、最低、コアラの赤ちゃんの名前投票ができれば良いと思っていましたが、お外デビューしたプーズーの赤ちゃんのラピスくん、ワオキツネザルの赤ちゃん、ヒメマーラの赤ちゃんに会えました。<br />ヒメマーラに赤ちゃんが生まれていたことは、実はこの写真を撮った時点では気付いていなかったので(写真を撮った安心感から、ちゃんと見ていなかったのです)、ほんとにラッキーでした。<br />

      正門前広場のニュースをチェックする

      本日は、最低、コアラの赤ちゃんの名前投票ができれば良いと思っていましたが、お外デビューしたプーズーの赤ちゃんのラピスくん、ワオキツネザルの赤ちゃん、ヒメマーラの赤ちゃんに会えました。
      ヒメマーラに赤ちゃんが生まれていたことは、実はこの写真を撮った時点では気付いていなかったので(写真を撮った安心感から、ちゃんと見ていなかったのです)、ほんとにラッキーでした。

    • 正門前広場のトクトクタイムをチェックする<br /><br />本日はゴールデンウィークの混雑ゆえ、イベントははなからあきらめていたので、この写真を撮りはしたけれど、ちゃんと見ていませんでした。<br />なんとなんと、11時45分からレッサーパンダのおはなしイベントがあったなんてーっ!<br />帰宅後、パソコンに写真を読み込ませたときに気付きました。<br />もーっ、レッサーパンダ・ファン、ハナビちゃんファンの名折れ!<br />ここの動物園ではレッサーパンダのイベントは不定期なのに、逃したなんてもったいない!<br />その気になれば、11時45分にレッサーパンダ展示場に間に合いました。<br />夏のナイトズーのときに行われるのと違って、屋外展示場で行われるはずなので、早めにスタンバイしていれば、それなりに写真が撮れるポジション、あるいは少なくとも見学できるポジションがとれたはずです。<br />だからなおさらくやしいです。<br /><br />とはいえ、今月初旬と先月末の春休み期間中にもこのイベントがあり、リンゴをねだる可愛いハナビちゃんとソウソウくんはばっちり見学できたし、写真もたっぷり撮れたことを思い出して自分を慰めました。<br /><br />関連の旅行記<br />・2017年4月2日<br />「行楽日和の春休みの満開の小川町カタクリ詣と埼玉こども動物自然公園(1)動物園編(前)なかよしコーナーの可愛い子ヤギや子ヒツジたちに会いたくて~春休み期間開催中だったレッサーパンダのおはなしタイム」<br />http://4travel.jp/travelogue/11229462<br />・2017年3月26日<br />「春の冷たい雨降る埼玉こども動物自然公園(前編)不定期レッサーパンダのおはなしイベントの絶品おねだりハナビちゃん&フォトジェニックだったヤブイヌ・カップルと夜行性動物のスローロリスやモモンガほか」<br />http://4travel.jp/travelogue/11227341<br />

      正門前広場のトクトクタイムをチェックする

      本日はゴールデンウィークの混雑ゆえ、イベントははなからあきらめていたので、この写真を撮りはしたけれど、ちゃんと見ていませんでした。
      なんとなんと、11時45分からレッサーパンダのおはなしイベントがあったなんてーっ!
      帰宅後、パソコンに写真を読み込ませたときに気付きました。
      もーっ、レッサーパンダ・ファン、ハナビちゃんファンの名折れ!
      ここの動物園ではレッサーパンダのイベントは不定期なのに、逃したなんてもったいない!
      その気になれば、11時45分にレッサーパンダ展示場に間に合いました。
      夏のナイトズーのときに行われるのと違って、屋外展示場で行われるはずなので、早めにスタンバイしていれば、それなりに写真が撮れるポジション、あるいは少なくとも見学できるポジションがとれたはずです。
      だからなおさらくやしいです。

      とはいえ、今月初旬と先月末の春休み期間中にもこのイベントがあり、リンゴをねだる可愛いハナビちゃんとソウソウくんはばっちり見学できたし、写真もたっぷり撮れたことを思い出して自分を慰めました。

      関連の旅行記
      ・2017年4月2日
      「行楽日和の春休みの満開の小川町カタクリ詣と埼玉こども動物自然公園(1)動物園編(前)なかよしコーナーの可愛い子ヤギや子ヒツジたちに会いたくて~春休み期間開催中だったレッサーパンダのおはなしタイム」
      http://4travel.jp/travelogue/11229462
      ・2017年3月26日
      「春の冷たい雨降る埼玉こども動物自然公園(前編)不定期レッサーパンダのおはなしイベントの絶品おねだりハナビちゃん&フォトジェニックだったヤブイヌ・カップルと夜行性動物のスローロリスやモモンガほか」
      http://4travel.jp/travelogue/11227341

    • 今回は朝一番でコアラ館に向かう<br /><br />コアラたちが目を覚ましている可能性が高いのは、13時からのユーカリ交換タイムと、夕方です。<br />朝一番ではコアラたちが起きていないかもしれないと思いましたが、ゴールデンウィーク中の昼間のコアラ館は長蛇の列ができてしまい、入るまでに待たされます。<br />でも、今回はぜひコアラの赤ちゃんの名前投票がしたかったので、それなら朝一番ならまだ行列ができていないだろうと思い、朝一番で向かうことしました。<br /><br />そして案の定、朝一番のコアラ館前にはまだ行列はできておらず、中での見学者もそれほど多くなかったので、行ったり来たりできました。<br />

      今回は朝一番でコアラ館に向かう

      コアラたちが目を覚ましている可能性が高いのは、13時からのユーカリ交換タイムと、夕方です。
      朝一番ではコアラたちが起きていないかもしれないと思いましたが、ゴールデンウィーク中の昼間のコアラ館は長蛇の列ができてしまい、入るまでに待たされます。
      でも、今回はぜひコアラの赤ちゃんの名前投票がしたかったので、それなら朝一番ならまだ行列ができていないだろうと思い、朝一番で向かうことしました。

      そして案の定、朝一番のコアラ館前にはまだ行列はできておらず、中での見学者もそれほど多くなかったので、行ったり来たりできました。

    • 本日のコアラ館情報<br /><br />行楽日和のゴールデンウィーク中だったので、とびだすコアラは開催中でした。<br />でも、主役のコタロウくんが必ずしも部屋の外にいてくれる(飛び出してくれる)とは限りません。<br />

      本日のコアラ館情報

      行楽日和のゴールデンウィーク中だったので、とびだすコアラは開催中でした。
      でも、主役のコタロウくんが必ずしも部屋の外にいてくれる(飛び出してくれる)とは限りません。

    • クインちゃん朝ご飯中!<br /><br />起きているコアラがいるではないですか@<br /><br />クインちゃんは2015年3月23日生まれで、2才になったばかりの子ども。<br />なのでまだまだ食べざかりなのかも。<br />

      クインちゃん朝ご飯中!

      起きているコアラがいるではないですか@

      クインちゃんは2015年3月23日生まれで、2才になったばかりの子ども。
      なのでまだまだ食べざかりなのかも。

    • ドリーちゃんはガラス面におしりを向けて熟睡中<br /><br />ドリーちゃんがあの体勢では、まだおなかの袋にいる赤ちゃんは見られません。<br /><br />ドリーちゃんは2015年1月にクイーンズランドから3頭来園した子のうちの1頭で2012年10月24日生まれ、現在4才半です。<br />クインちゃんのママで、いまの赤ちゃんは2頭目です。<br />

      ドリーちゃんはガラス面におしりを向けて熟睡中

      ドリーちゃんがあの体勢では、まだおなかの袋にいる赤ちゃんは見られません。

      ドリーちゃんは2015年1月にクイーンズランドから3頭来園した子のうちの1頭で2012年10月24日生まれ、現在4才半です。
      クインちゃんのママで、いまの赤ちゃんは2頭目です。

    • クインちゃん、ユーカリを食べるのをやめて移動中

      クインちゃん、ユーカリを食べるのをやめて移動中

    • 場所を変えたらドリーちゃんの顔がかろうじて見えたけど<br /><br />おなかを抱えているので、赤ちゃんは見えません。<br />それにママが寝ているときは、赤ちゃんもおなかの袋の中でおとなしくしているでしょう。<br />

      場所を変えたらドリーちゃんの顔がかろうじて見えたけど

      おなかを抱えているので、赤ちゃんは見えません。
      それにママが寝ているときは、赤ちゃんもおなかの袋の中でおとなしくしているでしょう。

    • エミちゃん、おめめぱっちり!<br /><br />エミちゃんも起きていたなんて、ラッキー!<br /><br />エミちゃんは、2013年8月8日の微笑みの日生まれで、現在3才半。<br />私が4択で何百人のうちの一人とはいえ、初めて名付け親になれた子であり、赤ちゃんのときから見守ることができた最初の子ゆえに、ひいきしている子です。<br />そして春休み後に一人立ちしたピノっちのママです。<br />

      エミちゃん、おめめぱっちり!

      エミちゃんも起きていたなんて、ラッキー!

      エミちゃんは、2013年8月8日の微笑みの日生まれで、現在3才半。
      私が4択で何百人のうちの一人とはいえ、初めて名付け親になれた子であり、赤ちゃんのときから見守ることができた最初の子ゆえに、ひいきしている子です。
      そして春休み後に一人立ちしたピノっちのママです。

    • まるくなって寝てしまったクインちゃん(上)と目覚めなかったハニーちゃん(下)<br /><br />私が到着してからクインちゃんが起きていた時間はわずかでした。<br />ぎりぎりラッキーでした。<br /><br />ハニーちゃんの方は、あの体勢だったので、寝顔すら拝められませんでした。<br />ハニーちゃんは2014年8月3日のはちみつの日生まれで、現在2才半。<br />まだ完全に一人立ちする前にライチ・ママが亡くなってしまった子ですが、同室のお姉さんコアラたちにもまれながら、立派に成長しました。<br />

      まるくなって寝てしまったクインちゃん(上)と目覚めなかったハニーちゃん(下)

      私が到着してからクインちゃんが起きていた時間はわずかでした。
      ぎりぎりラッキーでした。

      ハニーちゃんの方は、あの体勢だったので、寝顔すら拝められませんでした。
      ハニーちゃんは2014年8月3日のはちみつの日生まれで、現在2才半。
      まだ完全に一人立ちする前にライチ・ママが亡くなってしまった子ですが、同室のお姉さんコアラたちにもまれながら、立派に成長しました。

    • ジンベランちゃんが数秒だけ起きた!<br /><br />ジンベランちゃんの寝顔か見えたーと思ったら、ちょっとだけ起きてくれました。<br />ジンベランちゃんは、2013年2月23日生まれで、現在4才。<br />2015年1月にクイーンズランドからドリーちゃんと一緒に来園した1頭で、去年2016年4月に1才になったばかりで亡くなってしまったランディくんのママです。<br />屋内女子コアラの中でジンベランちゃんは1番寝ている時間が長いようなので、朝一番に、ちょっこっとだけでも顔が見られたのは、ますますラッキーでした。<br />

      ジンベランちゃんが数秒だけ起きた!

      ジンベランちゃんの寝顔か見えたーと思ったら、ちょっとだけ起きてくれました。
      ジンベランちゃんは、2013年2月23日生まれで、現在4才。
      2015年1月にクイーンズランドからドリーちゃんと一緒に来園した1頭で、去年2016年4月に1才になったばかりで亡くなってしまったランディくんのママです。
      屋内女子コアラの中でジンベランちゃんは1番寝ている時間が長いようなので、朝一番に、ちょっこっとだけでも顔が見られたのは、ますますラッキーでした。

    • ドリーちゃんの2子目の赤ちゃんの名前投票箱<br /><br />これまで、エミちゃん、ハニーちゃん、クインちゃん、ランディくんと、全員の名前投票ができました。<br />レッサーパンダの名前投票や応募は外してばかりの私ですが、コアラたちは全員私が選んだ名前となりました。<br />それもあって、ドリーちゃんの今回の赤ちゃんも、ぜひ名前投票がしたかったのです。<br />

      ドリーちゃんの2子目の赤ちゃんの名前投票箱

      これまで、エミちゃん、ハニーちゃん、クインちゃん、ランディくんと、全員の名前投票ができました。
      レッサーパンダの名前投票や応募は外してばかりの私ですが、コアラたちは全員私が選んだ名前となりました。
      それもあって、ドリーちゃんの今回の赤ちゃんも、ぜひ名前投票がしたかったのです。

    • コアラの赤ちゃんの名前候補<br /><br />私は27日生まれのニーナに投票しましたが、今回も当たりました!<br />赤ちゃんはニーナちゃんに命名されました。<br /><br />「コアラの赤ちゃんの名前が決まりました<br /> 昨年9月27日にうまれた、コタロウとドリーのメスの赤ちゃんの名前が決まりました。ゴールデンウィーク中、来園者のみなさんに5つの候補から選んで投票していただき、一番得票数の多かった「ニーナ」に決定しました。誕生日(27)にちなんだ名前です。<br /> 体が大きくなったため、お母さんのお腹のふくろから出て、背中やお腹にしがみついている姿を見かける事が多くなりました。 ユーカリも少しずつ食べるようになり、どんどん成長しています。ぜひ、会いに来てくださいね。」<br />(埼玉こども動物自然公園公式サイトの2017年5月14日のニュースより)<br />http://www.parks.or.jp/sczoo/news/20170514/index.html#detail3<br />

      コアラの赤ちゃんの名前候補

      私は27日生まれのニーナに投票しましたが、今回も当たりました!
      赤ちゃんはニーナちゃんに命名されました。

      「コアラの赤ちゃんの名前が決まりました
       昨年9月27日にうまれた、コタロウとドリーのメスの赤ちゃんの名前が決まりました。ゴールデンウィーク中、来園者のみなさんに5つの候補から選んで投票していただき、一番得票数の多かった「ニーナ」に決定しました。誕生日(27)にちなんだ名前です。
       体が大きくなったため、お母さんのお腹のふくろから出て、背中やお腹にしがみついている姿を見かける事が多くなりました。 ユーカリも少しずつ食べるようになり、どんどん成長しています。ぜひ、会いに来てくださいね。」
      (埼玉こども動物自然公園公式サイトの2017年5月14日のニュースより)
      http://www.parks.or.jp/sczoo/news/20170514/index.html#detail3

    • コアラ館のミナミコアリクイ<br /><br />コアラの尾内展示場を出てすぐのところにミナミコアリクイ展示場があります。屋外展示場のみです。<br />ミナミコアリクイは暖かい地に生息しているので、天気がよくないと外に出て来ません。<br />ちなみに、埼玉こども動物自然公園にいるミナミコアリクイは、つりズボンもようがなくて、背中はほとんど真っ白です。<br />

      コアラ館のミナミコアリクイ

      コアラの尾内展示場を出てすぐのところにミナミコアリクイ展示場があります。屋外展示場のみです。
      ミナミコアリクイは暖かい地に生息しているので、天気がよくないと外に出て来ません。
      ちなみに、埼玉こども動物自然公園にいるミナミコアリクイは、つりズボンもようがなくて、背中はほとんど真っ白です。

    • とびだすコアラのコタロウくん!<br /><br />部屋の中にいましたが、ガラス窓が開いていて、すぐ手前にいたので、よく見えました。<br />

      イチオシ

      とびだすコアラのコタロウくん!

      部屋の中にいましたが、ガラス窓が開いていて、すぐ手前にいたので、よく見えました。

    • かいかいしている姿が可愛かったコタロウくん!<br /><br />ドリーちゃんの第2子のお父さんです。<br />コタロウくんは、2011年7月28日生まれなので、現在6才。<br />これまで埼玉こども動物自然公園で生まれた子どもたちのお父さんは、東山動物園からブリーディングローンしていたティムタムくんや、ドリーちゃんやジンベランちゃんと一緒に来園したボウくんだったので(ともに現在お星さま)、コタロウくんがお父さんになったのはたぶんこれが初めてではないかと思います。<br />

      かいかいしている姿が可愛かったコタロウくん!

      ドリーちゃんの第2子のお父さんです。
      コタロウくんは、2011年7月28日生まれなので、現在6才。
      これまで埼玉こども動物自然公園で生まれた子どもたちのお父さんは、東山動物園からブリーディングローンしていたティムタムくんや、ドリーちゃんやジンベランちゃんと一緒に来園したボウくんだったので(ともに現在お星さま)、コタロウくんがお父さんになったのはたぶんこれが初めてではないかと思います。

    • イケメンと評判のコタロウくん<br /><br />コアラはなわばり意識が強く、オスの場合は同居させるとケンカしてしまうので、一人前になってからコタロウくんはずっと個室暮らしです。<br />その個室は、窓が閉まっているとガラスが反射して全然見えないのです。<br />

      イケメンと評判のコタロウくん

      コアラはなわばり意識が強く、オスの場合は同居させるとケンカしてしまうので、一人前になってからコタロウくんはずっと個室暮らしです。
      その個室は、窓が閉まっているとガラスが反射して全然見えないのです。

    • おしりかいかい、可愛い@<br /><br />コタロウくんの窓の外には大きな木が生えているので、窓が開いているとき(=とびだすコアラ開催中)は、コタロウくんがその気になれば、見学者のいるテラスのすぐ手前まで出てくることができます。<br />

      おしりかいかい、可愛い@

      コタロウくんの窓の外には大きな木が生えているので、窓が開いているとき(=とびだすコアラ開催中)は、コタロウくんがその気になれば、見学者のいるテラスのすぐ手前まで出てくることができます。

    • おしりかいかいしながら、あごかいかい@<br /><br />コタロウくんが外の木に出ているときは、手を伸ばすと届きそうなくらい近いです。<br />

      おしりかいかいしながら、あごかいかい@

      コタロウくんが外の木に出ているときは、手を伸ばすと届きそうなくらい近いです。

    1件目~20件目を表示(全112件中)

    この旅行記のタグ

      11いいね!

      利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

      この旅行記へのコメント

      ピックアップ特集

      東松山(埼玉) で人気のタグ


      PAGE TOP

      ピックアップ特集