旅行のクチコミと比較サイト フォートラベル

まみさんのトラベラーページ

まみさんのクチコミ全240件

条件をクリア
エリア
カテゴリ
並び順

  • ホテル
  • ショッピング
  • グルメ・レストラン
  • 交通機関
  • 観光スポット
  • 基本情報
  • ぞうさんショーでぬいぐるみを買う方が楽しくてお得!

    投稿日 2019年09月19日

    市原ぞうの国 市原

    総合評価:5.0

    赤ちゃんゾウに会いたくて2度行きました。ぞうさんショーは必見です。午前と午後の両方あります。大雨の場合は中止ですが、小雨くらいなら、開催されます。
    ぞうさんショーでは、ぞうさんからぞうのぬいぐるみの買い物ができます。
    2018年9月と2019年9月に訪れたときは、りり花ちゃんをモデルにしたぬいぐるみで、2000円。ぞうさんにお札を渡すと、ぞうさんはそれを料金箱に入れて、袋に入ったぬいぐるみを渡してくれます。そうしたら、ご褒美に、近くにいる職員からぞうさんのおやつを受け取って、それをあげます。
    同じぬいぐるみは売店にもありましたが、2200円でした。
    どうやら、どうせ買うならぞうさんから買う方がお得で楽しいようです。

    旅行時期
    2019年09月
    利用した際の同行者
    一人旅
    アクセス:
    4.0
    人混みの少なさ:
    4.0
    施設の快適度:
    3.0
    動物・展示物の充実度:
    4.0

  • アエロフロート利用者にとっては便利なアンピール・ベロルスカヤ・ホテル

    投稿日 2019年08月01日

    モスクワ

    総合評価:3.0

    モスクワの駅周辺は混雑しているのでタクシーを利用しない方が無難です。
    でも、徒歩でスーツケースを引きずって歩く場合、歩道がなく地下通路を通らなくてはならない経路は大変です。
    その点、アンピール・ベロルスカヤ・ホテルは、アエロフロートからのアエロエスクプレスの終着点であるベロルスカヤ駅から徒歩5分、横断歩道を2回渡るだけですみます(1つはスクランブル交差点)。
    小規模なホテルで、ロシアの三つ星ホテルとしては十分快適でした。
    朝食バイキング会場であるカフェ・レストランのソファはふかふかで、朝一番で一日はこれからっていうのに、うっかりくつろいでしまいそうになりました。
    詳しくは旅行記にまとめました。

    旅行時期
    2019年07月

  • クレムリンはネットでバウチャーを買っておくのとおかないのとでは大違い

    投稿日 2019年07月16日

    クレムリン モスクワ

    総合評価:3.0

    「地球の歩き方」ではウェブサイトで教会広場だけの共通券が購入可能とありますが、実際にウェブサイトで購入できるのはチケットではなく、切符売り場で交換しなければならないバウチャーですが、決済はクレジットカードで済ませられます。また、ウェブサイトでは、共通券だけでなく、オーディオガイド付きの共通券や武器庫の入場券のバウチャーも購入できます。
    バウチャーを購入し、支払いをすませた場合は、切符売り場の窓口は6・7・8番です。
    一般窓口の場合はたいてい切符売り場の外まで行列ができていますが、それは無視して、切符売り場の中に入ってしまえば、6・7・8番窓口は外にはみ出るほど行列ができていませんでした。
    ただし、6・7・8番窓口は団体やレクチャーグループ向けの窓口でもあるので、前に並んでいる人が団体の代表の場合は1人1人分のチケットが発行されるので非常に時間がかかります。私の時は、代表の人がそう教えてくれたので、別の窓口に並び直すことができました。
    ただ、並んでいる人が10人足らずなのに、身分証明書との照合と領収書へのサインなども必要なので、やはり1人分のチケットを発行するのに時間がかかり、その人数でも30分くらいかかりました。でも、外に並んでいた行列を思うと、バウチャーを買っておいてよかったと思いました。
    ちなみに、バウチャーを持っていないけれど、空いているからと6・7・8番窓口に並んでいた人は、一般窓口に並び直すように言われていました。もしかしたら6・7・8番窓口では決済ができないのかもしれません。

    ところで、教会広場は、午前中は団体客が多くて、1つの教会に入るのに時間がかかるようです。教会広場だけなら午後からの方がスムーズに入れそうです。あるいは午前中に武器庫に行き、午後に教会広場に回れば良いかと。
    また、教会広場では、教会に入るたびにチケットの提示を求められるので、教会広場に入れたからといって、チケットをなくしたりしないように。
    あのセキュリティーからしたら、共通券を買わずに教会広場に行けるような潜りはいないと思うのですが、いちいちチケットを確認するんだなぁと思いました。
    チケットは確認するだけで、入った教会にチケットに何か印をつけられるわけではないので、共通券をちゃんと持っていれば、その気になれば同じ教会に何度も入れると思います。

    旅行時期
    2019年07月
    利用した際の同行者
    一人旅
    観光の所要時間
    半日

  • モスクワのヤキトリヤに焼き鳥はない

    投稿日 2019年07月16日

    モスクワ

    総合評価:3.0

    ベラルースカ駅のそばのホテルに泊まったので、観光で帰りが遅くなった時、駅の近くのヤキトリヤが開いていたので夕食を取りに入ってみました。
    メニューの一部の写真を掲載しましたが、焼き鳥は特になくて、ロシアによくある日本料理中心のロシア風のアジア料理の店でした。
    特にロシアンアレンジの寿司が美味でした。
    他にトムヤムクンとか、タイ料理みたいなのもありました。
    ロシアで食べる寿司は日本の寿司とは全く別物なので、寿司と思わなければよく、試す価値はあります。

    旅行時期
    2019年07月

  • スターリン様式高層建築のひとつの文化人アパートの撮影スポット

    投稿日 2019年07月12日

    モスクワ

    総合評価:3.0

    文化人アパートはモスクワ動物園の正門ゲートの向かいにあります。
    動物園の正門から入ると、水鳥の池があります。
    池とゲートと文化人アパートのコラボ写真はすばらしいです。
    ほかにも動物園から文化人アパートが見られる箇所が何箇所もあり、動物園内のいろんなスポットでのコラボ写真をねらうのはとても楽しいです。
    もっともやはりそれだけのために動物園に入るのはもったいないですから、あくまで動物を見る楽しみの合間の楽しみとした方がよいでしょう。

    旅行時期
    2019年07月

  • モスクワ動物園にジャイアントパンダがやってきた

    投稿日 2019年07月12日

    モスクワ

    総合評価:3.0

    モスクワは3年ぶりで、またモスクワ動物園に行こうと思って公式サイトでニュースをチェックしたのですが、公式サイトでは日本の動物園のように、新しい動物の導入や、赤ちゃん誕生のようなニュースは掲載されていませんでした。
    動物園の地図も、主な動物のシルエットと名前が示されていますが、ごくごく一部だったりして、目当ての動物がいる場合、どこにいるか探すのが大変です。
    3年ぶりに訪れたモスクワ動物園にジャイアントパンダがいてびっくりしました。以前の熱帯雨林エリアの動物舎がジャイアントパンダ舎に改装されていて、2頭のパンダが、それぞれ屋内と屋外の4面で暮らしていました。増えた場合を想定しているのかもしれません。
    ジャイアントパンダ・グッズもたくさん販売されていました。

    旅行時期
    2019年07月

  • 3年ぶりのモスクワは腹が立つくらいフリーWIFIが使えない

    投稿日 2019年07月12日

    モスクワ

    総合評価:3.0

    モスクワには何度も旅行しているため、3年ぶりでしたが、セキュリティ関連や出入国についての復習をした以外はあまり下調べしなかったため、WIFI事情がだいぶ変わっているのを知りませんでした。
    3年前の2016年は、博物館ではパスワードなしでアクセスできましたが、いまはそういうのはセキュリティ上、安心できないので、そういうアクセスができなくなったのは仕方がないにしても、WIFIが使えるとうたっているカフェやレストランのほとんどが、ログイン画面で電話番号を登録しSMSで送信された認証番号を登録しなけれがネットにつながらないタイプになっていて、どうも大半の場所でロシアの電話番号がなければつながらにようです。
    今回の旅行はベラルーシとモスクワだったため、ベラルーシでもほとんどそうでしたが、初めて訪れた国だったので、そんなもんかと思いましたが、モスクワは以前はカフェなどでパスワードを入力する方式が圧倒的に多かったのを覚えているので、あてがはずれていらいらしてしまいました。
    私のスマフォはドコモで、SIMフリー手続きはできたはずですが、旅行前にわりとばたばたが多かったので、IT音痴の私は後回しにしてしまい、3年前の記憶から、SIMフリーにして現地のSIMカードと入れ替えなくても十分間に合うと思ってやめてしまいました。こんなことならSIMフリーにするんでした。
    ホテル内ではさすがにベラルーシでもモスクワでもその国の電話番号がなくてもネットにアクセスできました。

    旅行時期
    2019年07月

  • ミンスクあるいはベラルーシでのフリーWIFI接続方法

    投稿日 2019年07月05日

    ミンスク

    総合評価:3.0

    ミンスク空港とミンスク・ホテルでの例です。
    アクセスポイントから選択すると、最近の傾向でネットワークでログインが必要で、電話番号を登録しなければなりません。
    登録した電話番号宛にショートメールが送られ、それで次の画面で必要なアクセスのための認証番号がわかるようなのですが、ミンスク空港では何度やってもショートメールは届きませんでした。ベラルーシの電話番号でなければならないようです。
    ミンスクでの宿泊先であるホテル・ミンスクでは、チェックイン時に番号をもらえたので、電話番号を登録するのでなく、すでに認証番号があることになるので次の画面に進み、番号を入力しました。
    ところがこの番号はモバイル1台につき1つずつらしく、スマフォではできたのに、タブレットではダメでした。
    レセプションに聞きにいったら、あっさりともうひとつ認証番号がもらえました。
    なのでモバイルやパソコンをもっていて、複数のでWIFIにアクセスしたい場合は、チェックイン時に必要な数の認証番号をもらっておいた方が2度手間になりません。
    ちなみにパスワードを入力してアクセスする場合は、複数でもアクセスできるようです。

    旅行時期
    2019年07月

  • ベラルーシ(ミンスクやビテブスク)のメジャーな博物館は開館時間が遅い

    投稿日 2019年07月08日

    ミンスク

    総合評価:3.0

    東欧旅行で国立歴史博物館や国立美術館を訪れるのを楽しみにしているのに、ミンスクではどちらも11時開館。
    博物館はつかれるので観光の最初に行きたかったのですが、なかなかそうはいきません。
    逆に閉館時間は遅めで、19時です。
    屋台の店なども全般的に開始がのんびりでした。

    旅行時期
    2019年07月

  • ベラルーシはべらぼうにクレジットカード社会

    投稿日 2019年07月07日

    ミンスク

    総合評価:4.0

    ミンスクが圧倒的ですが、観光客が利用しそうなところは、クレジットカードの利用率が高いです。
    どんなに少額でも。
    極めつけは、世界遺産のミール城のトイレでした。たったの30コペイカ(1ベラルーシ・ルーブル=55円くらいだとして、16.5円!)でもカードで支払い可能でした。
    理由は、ツアー客はリトアニアやウクライナなどを組み合わせた旅程で、1日だけベラルーシの著名な観光地を寄るようなケースが多いので、そのために換金したくない外国人旅行者が多いため、その便宜のためだそうです。
    なのでここまですごいのはミール城という世界遺産の観光地だからだと思いますが、中央バスターミナルのトイレも30コペイカでしたが、カードOKでした。
    10ルーブル未満の観光地の入場料でもカード払いはOKです。
    ただし、外国人があまり訪れなさそうなところは、確信がもてません。

    旅行時期
    2019年07月

  • 日没時の夜景の美しさ

    投稿日 2019年07月06日

    ベラルーシ国立図書館 ミンスク

    総合評価:4.0

    7月の日没は21時半ごろですが、ホテルから出直してベラルーシ国立図書館に着いたのは22時20分になってしまいました。
    でもちょうど空がの彼方に日没のオレンジ色を残しつつ、群青色から闇色に変化する一番美しい時間でした。23階のアクリルガラス越しに眺めるのですが、その台のような折り返しのところにも空が写ってすばらしい効果を出していました。
    この日は昼間はずっと小雨が降っていたのですが、夕方は天気になり、ドラマチックな雲が残っていました。
    展望台は屋根がないので、雨だとちょっとつらいです。
    最終入場は、22時20分でも入れたので、おそらく22時30分。でも、22時45分には降りてくるように言われました。
    展望台はエレベーターで23階。エレベーターはダイヤモンドの形の裏手にあります。
    22階にはカフェとアートギャラリーがあるようですが、そちらに寄る時間はありませんでした。
    建物のイルミネーションは22時過ぎから始まったようです。ただ、文字パターンばかりなので単調でちょっと残念でした。前日が独立記念日だったので、時期的なものか、それとも通年そうなのかはわかりませんでした。
    入場料は3.50ベラルーシ・ルーブル。ベラルーシはクレジットカード(VISAが多い)オッケーなところが多いです。

    旅行時期
    2019年07月
    利用した際の同行者
    一人旅
    観光の所要時間
    1-2時間
    アクセス:
    5.0
    景観:
    5.0
    人混みの少なさ:
    5.0

  • モスクワ経由でミンスクへ行く場合(シェレメチェボ空港での乗り継ぎで)

    投稿日 2019年07月05日

    ミンスク

    総合評価:5.0

    アエロフロートでモスクワ経由でミンスク入りしました。
    この場合はベラルーシ・ビザは免除にならないし、乗り継ぎは国際便扱いですが、なんといったんロシアに入国審査を受け、すぐに出国審査を受けるという面倒くささ。
    そのときにロシア入国審査でもらうイミクレーションカードの半券は、ベラルーシから戻ってきて最終的にモスクワから日本に帰宅するまで確保しておかなければならないことは、外務省の海外安全ホームページのベラルーシの基本情報にも書いてあります。
    ベラルーシに乗り継ぐためのロシアへの入国審査は激混みで1時間かかりました。
    ちなみにパスポートコントロールやインフォメーションの職員はミンスク行きの場合、入国審査を受けてから出国審査を受けなければならにことはわかっていますが、ふつうの職員は知らないらしく、国際乗り継ぎカウンターへ行けと言われてしまいました。
    入国したら、そのまま出口で出てから出国審査に向かったらそこも激混みでしたが、なんとか1番空いていた窓口に潜り込めたら、ミンスク行きの場合は2番カウンターだと注意されてしまいました。さすがに並んでやっと番がきたのに、並び直せとまでは言われませんでした。
    とにかく出国審査も激混みだったし、ミンスク行きのカウンターが決まっているだなんて知りませんでした。出国審査カウンターに並ぶ前に誰かに聞くチャンスもありませんでした。
    この手の手続きは今後変わるかもしれませんが、参考としてクチコミに挙げておこうと思います。
    ちなみに、入国審査では、中国人の団体カウンターだけ列が分けられていました。
    ロシア人カウンターはさくさく進んだけど、他は全然進まないので、並んでいる人数が少ない中国人団体カウンターに思いきって並んでみたら、むしろ中国人団体の一人一人の入国審査の方が時間がかかっていました。添乗員さんらしき人はもっと時間がかかっていて、並び直した方が早かったです。

    旅行時期
    2019年07月

  • ススキノで温泉もあって朝食バイキングも豊富

    投稿日 2019年05月07日

    プレミアホテル-CABIN-札幌 札幌

    総合評価:4.0

    じゃらんで航空券とセットで予約しました。早割です。
    旭川や釧路に比べると、札幌のホテルは高めで、選択肢が多くて迷いましたが、今回はすすきの駅に近いところで、温泉があるところ、朝食バイキングのネタが豊富で、価格が適度なところを選びました。
    ついドーミーイン系列と比べてしまいますが、温泉そのものはよかったし、あかすりエステも利用できましたが、日帰り温泉を兼ねているわりには、更衣室が狭くて、アメニティがほとんどなかったのは残念でした。
    エントランスからフロントもややごちゃっとしていて、自販機やコインランドリーのすぐ近くに喫煙ルームがあったので煙かったです。
    すすきの駅からは徒歩10分くらい歩きましたが、飲食店が近いのは便利でした。
    ロケーションと物価からすると、十分満足できるホテルだったと思います。
    さらに詳しいレポートと写真は、旅行記にまとめました。

    旅行時期
    2018年11月
    利用目的
    観光
    利用した際の同行者
    一人旅
    1人1泊予算
    12,500円未満
    アクセス:
    4.0
    コストパフォーマンス:
    4.0
    風呂:
    4.0
    食事・ドリンク:
    4.0

  • マンモス博物館への行き方

    投稿日 2018年08月31日

    ヤクーツク

    総合評価:3.0

    ヤクーツク市内の観光みどころはほとんど徒歩で行けますが、マンモス博物館はやや離れているのでバスが便利です。
    市役所の前の「中央」バス停やレーニン広場のバス停から17番バスに乗るとよいです。
    マンモス博物館(ロシア語で「ムゼイ・マーモンタ」)はヤクーツク大学(略して「クフェン」)の中にあります。
    大学の建物の中でも向かって左端にあるので、バス停を降りたら、建物にそって少し戻ることになります。
    入口の写真を参照ください。
    マンモス博物館は4階ですが、その下の1~3階のヤクーツク地方考古学歴史民俗博物館も面白いです。
    マンモス博物館だけであれば、廊下の階段で3階まで上がると入口があります。
    博物館の展示室は1室で、入場料は部屋の入口にいる係員に払いました。

    旅行時期
    2018年07月

  • 湯上りカツゲンやヤクルトのサービスも嬉しい

    投稿日 2019年05月07日

    天然温泉 幣舞の湯 ラビスタ釧路川(ドーミーインチェーン) 釧路

    総合評価:5.0

    じゃらんで早割で取りました。
    予約時はツインルームでしたが、チェックイン時にツインルームが満員だったのか、ダブルルームにランクアップされました。
    ドーミーイン系列ということで、温泉・朝食バイキング・夜鳴きそば・全館内室内着とスリッパでOKというところが気に入っています。
    他のドーミーイン系列にないサービスといえば、湯上りに夜はカツゲン、朝はヤクルトがもらえることです(数には限りがあります)。
    朝食バイキングの海鮮丼のネタは旭川のドーミーインと同じでしたが、またネタをたっぷり盛った朝食を堪能しました。
    アクセスは、旭川から高速バス(サンライズ旭川・釧路号)を利用したので、フィッシャマンズワーフMOOで降りたら、すぐ目の前、徒歩5分くらいでした。
    釧路駅までは、徒歩圏内だと思いますが、ホテルで呼んでくれた無料タクシーが利用できました。
    さらに詳しいレボートと写真は、旅行記にまとめました。

    旅行時期
    2018年11月
    利用目的
    観光
    利用した際の同行者
    一人旅
    1人1泊予算
    10,000円未満
    アクセス:
    4.0
    コストパフォーマンス:
    5.0
    客室:
    5.0
    風呂:
    5.0
    食事・ドリンク:
    5.0
    バリアフリー:
    3.0

  • 盛り放題の海鮮丼ができる朝食バイキングや温泉に惹かれて

    投稿日 2019年05月07日

    天然温泉 神威の湯 ドーミーイン旭川 旭川

    総合評価:4.5

    じゃらんを通じて早割で取り、2泊しました。
    旭川では定宿になりつつあります。
    ドーミーイン系列は、温泉・朝食バイキング・夜鳴きそばのサービス、それから館内すべて室内着とスリッパでOKでくつろげるところがとても気に入っています。
    朝食バイキングは、地元料理がたっぷりで、ドーミーイン旭川では、イクラも盛り放題の海鮮丼が楽しみです。ジンギスカンもあります。
    旭川駅からは昭和通りを10分くらい歩く先にありますが、近くに飲食店が多くホテルカードには周辺の飲食店の割引券やサービス券がついています。
    もっと詳しいレポートと写真は旅行記にまとめました。

    旅行時期
    2018年11月
    利用目的
    観光
    利用した際の同行者
    一人旅
    1人1泊予算
    7,500円未満
    アクセス:
    3.0
    コストパフォーマンス:
    4.0
    風呂:
    4.5
    食事・ドリンク:
    5.0
    バリアフリー:
    4.0

  • コストパフォーマンスが良く、思ったより朝食バイキングが充実

    投稿日 2019年05月03日

    コンフォートホテル新山口 山口市

    総合評価:4.0

    これまで秋吉台サファリランドに行くために新山口駅の新幹線口側のホテルに泊まっていましたが、駅前のパスターミナルが在来線口側に新設されたため、在来線口に近いコンフォートホテルに初めて泊まりました。
    ロケーションは在来線口側やバスターミナルに近くて抜群です。
    無料朝食は思ったより充実していました。
    さらに詳しいレポートと写真は旅行記にまとめました。
    コスパとアクセスの良さもあって、秋吉台サファリランドに行くときは、夜行バスで向かうのでない限り、また泊まると思います。

    旅行時期
    2019年01月
    利用目的
    観光
    利用した際の同行者
    一人旅
    1人1泊予算
    5,000円未満
    アクセス:
    5.0
    コストパフォーマンス:
    4.0
    接客対応:
    4.0

  • お気に入りのドーミーインで宮交仙台高速バスセンター前

    投稿日 2019年05月03日

    天然温泉 萩の湯 ドーミーイン仙台駅前 仙台

    総合評価:4.5

    温泉と朝食バイキングがお気に入りのドーミーイン系列。
    仙台のズーバラダイス八木山に行くために、その気になれば自宅から日帰りは可能ですが、ここに前泊しました。
    郷土料理を取り入れた朝食バイキングは抜群で、温泉も朝までやっているので、深夜でも入り放題です。
    仙台駅前付近にはドーミーイン系列のホテルは3箇所ありますが、宮交仙台高速バスセンター前のこのホテルがどうもホテルサイトなどで一番適度な価格で部屋が取りやすそうです。
    早めに予約しましたが、あっという間に高い部屋しか残っていませんでした。
    さらに詳しいレポートと写真は旅行記にまとめました。
    2回泊まっています。今後もきっと泊まると思います。
    初めて泊まったときは、宮交仙台高速バスセンター前で、秋田への移動のために乗った高速バスのりばが近くて便利でした。
    2回目に泊まったときは、手もみ処も利用しました。

    旅行時期
    2019年04月
    利用目的
    観光
    利用した際の同行者
    一人旅
    1人1泊予算
    10,000円未満
    アクセス:
    4.0
    コストパフォーマンス:
    4.0
    客室:
    4.0
    接客対応:
    4.0
    風呂:
    5.0
    食事・ドリンク:
    5.0
    バリアフリー:
    4.0

  • かって飯や信州牛肉入りのカレーなどを最上階の見晴らしの良いレストランでいただく抜群な朝食付き

    投稿日 2019年05月03日

    ホテルJALシティ長野 長野市

    総合評価:4.0

    ふだん篠ノ井にある茶臼山動物園へは自宅から日帰りできるのですが、ウィークデー半ばの春分の日の祝日に職場から向かって前泊しました。
    東横インの方が駅に近くて宿泊代も安かったですが、公式サイトで紹介されていた朝食バイキングに惹かれてこちらを予約しました。
    往路は参道沿いまで出てしまったので、駅から徒歩でかなり遠く感じましたが、もっと近道がありました。
    建物は全体的に高級感があふれていましたが、部屋は他のチェーンホテルと大差はないようでいて、バスタブは広かったり、水道の蛇口が洗面台と風呂とで別々だったり、アメニティが少し多かったりしました。
    朝食は期待以上のラインナップでした。
    さらに詳しいレポートと写真は旅行記にまとめました。
    食いしん坊な私は、また長野に前泊するときはここに泊まるかもしれません。

    旅行時期
    2019年03月
    利用目的
    観光
    利用した際の同行者
    一人旅
    1人1泊予算
    10,000円未満
    アクセス:
    3.0
    コストパフォーマンス:
    4.0
    風呂:
    3.0
    食事・ドリンク:
    4.5
    バリアフリー:
    4.0

  • 朝食がおしゃれで大満足できるプレート

    投稿日 2019年05月03日

    ホテルリリーフ小倉駅前 小倉・北九州市中心部

    総合評価:3.0

    北九州市にある到津の森公園動物園に行くために2度前泊したきことがあります。
    東横インより佐世保駅に近いです。
    朝食が気にいっているので、だぶんこれからもここに泊まると思います。
    ただ、部屋は窓無しでした。玄関スペースがなく、いきなり部屋です。
    2度目に泊まった今回は、部屋の空気が悪かったのが残念でした。空気清浄機はありましたが、あまり改善しませんでした。
    さらに詳しいレポートと写真は旅行記にまとめました。

    旅行時期
    2019年02月
    利用目的
    観光
    利用した際の同行者
    一人旅
    1人1泊予算
    7,500円未満
    アクセス:
    5.0
    コストパフォーマンス:
    4.0
    客室:
    3.0
    接客対応:
    3.0
    風呂:
    3.0
    食事・ドリンク:
    4.0
    バリアフリー:
    4.0

まみさん

まみさん 写真

34国・地域渡航

29都道府県訪問

まみさんにとって旅行とは

ターゲットは海外ばかりですが、1年に約1回、心の洗濯の場です@
といいつつ、フォートラベルには花を求めての国内近場の旅行記もたくさんアップしています。
2012年1月2日に初めて一眼レフを買ってから、動物撮影にも少しハマり出しました。
レッサーパンダ、大好き@@

海外旅行は一人旅が多いです。
ここのところ中東欧や旧ソ連圏にハマっています。

これまでの中東欧&旧ソ連圏の旅行暦:
2018年ロシア・シベリア・サハ共和国、2016年ロシア黄金の環、2015年モスクワとカザン、2014年ドイツ再訪、2013年ロシア再訪、2012年はウズベキスタン・キルギス・カザフスタンの中央アジア3ヶ国、2011年はコーカサス3国とウズベキスタン、2010年はバルト3国と極東ロシア、2009年はウクライナ、2008年はブルガリア、2007年はルーマニア、2006年はハンガリー中心、2005年はポーランド、2004年はチェコ中心、2003年はオーストリア、2002年と2001年はドイツ、2000年はロシアです。

ブログはほかに、海外旅行のエピソード中心のものがもう一つあります。ニフティのココログです。
ブログが元は日記や日誌のようなものとして利用されていた、というところを利用して、わりと自由に書いています。

「まみ's Travel Diary」
http://mami1.cocolog-nifty.com/

1999年スペイン旅行、2000年ロシア旅行、2001年ドイツ旅行は内輪向けの旅行記があるので、いずれそれをフォートラベル公開用に編集して完成させたいと思っていますが、いつになるやら。
それと2015年ドイツ、2016年ロシアの黄金の環めぐりの旅も、まだ旅行記未完成の分があって、細々と作成中。

自分を客観的にみた第一印象

大好きな場所

大好きな理由

行ってみたい場所

現在34の国と地域に訪問しています

現在29都道府県に訪問しています