トラベルマガジン - 思わず旅に出たくなる!旅ガイドまとめ

日常に旅の楽しみをお届け!友だち追加

喜多方ラーメンのおすすめ店特集!坂内、喜一、来夢など本場の味13選

喜多方ラーメンのおすすめ店特集!坂内、喜一、来夢など本場の味13選

photo by asikaponさん

今や日本の立派な国民食となっているラーメン。なかでも喜多方ラーメンは、しょう油味をベースにした万人ウケする味で、日本三大ラーメンの1つに君臨しています。今回は、絞りに絞った13選の喜多方ラーメン店をご紹介。どこもおいしそうで、うーん、胃袋が2個欲しい!

※新型コロナウイルスの感染防止のため、店舗が休業している場合があります。公式ホームページなどで最新情報をご確認ください。

グルメ 2020/04/28

4travel.jp

フォートラベル編集部

喜多方ラーメンとは?

札幌、博多と並ぶ、日本三大ラーメンの1つ「喜多方ラーメン」。福島県・喜多方のしょう油を使ったスープと、「平打ち熟成多加水麺」と呼ばれるコシのあるちぢれ麺が特徴です。その昔、中国から渡ってきた青年が木管楽器のチャルメラを吹きながら屋台を引いてラーメン(支那そば)を売り歩いていたのが始まりと言われています。以来、地元から愛され続け、今ではその味を求め全国各地から観光客が訪れるまでになりました。朝からラーメンを食べる“朝ラー”も、喜多方ならではの文化の1つ! 「喜多方観光物産協会」のサイトでは、朝ラーを実施している店舗一覧を確認できますよ。

約5万人と言われる人口に対し、100軒以上ものラーメン店がしのぎを削っているだけあって、市内で「喜多方老麺会」という団体が組織されています。黒いのぼり旗が目印なので、どこの店に行こうか悩んだら、店先にある旗を参考にしてみるのもよいかもしれませんね。

1. 坂内食堂

毎日食べても飽きない! 手作りにこだわった元祖“朝ラー”店

トップバッターは、JR喜多方駅から徒歩約15分のところにある「坂内食堂」。言わずと知れた有名店で、全国にチェーン展開もしています。あっさりしているのに味わい深いコクのある透き通ったスープ、分厚く、でもトロけるほどにやわらかくボリューミーな特製チャーシュー、そしてもっちりシコシコ、スープとの相性抜群な平打ち熟成多加水麺。“手作り”と“できたて”にこだわっているだけあり、思わずうなってしまうほどのうまさ! 何度でも食べたくなる、極上の味をぜひ。

肉そば:1,000円

クチコミ:人気の喜多方ラーメン店

マリー88さん

宿泊した山形のホテルから車を走らせ、朝8時に着きました。お店の前にはすでに10人以上は並んでいました。30分ほど待ってやっと店内へ。せっかくなので肉そばとネギラーメンを注文しました。豚骨の透き通るスープはあっさりしていながら、ちぢれ麺……もっと見る

2. あべ食堂

中華そばと呼ばれていたころから不変の味でリピーター続出

お次は、JR喜多方駅から徒歩約17分の「あべ食堂」。昔ながらのやり方を守り、頑ななほど麺やスープにこだわり続ける店です。とんこつと煮干しのダシが見ごとにマッチしたしょう油ベースのスープは、あっさりしていながらコクのあるうまさ。しょう油から麺まで、オリジナルブレンドのものを使用しています。朝7時半からオープンしていて朝ラーできることでも有名。行列必至ですが、その期待を裏切らない、それ以上と言える納得の味です。

中華そば:700円

クチコミ:喜多方ラーメンの人気店

イケタクさん

喜多方ラーメンは東北では最も有名な人気ラーメンだ。札幌、博多と並んで3大ラーメンとも呼ばれる。とんこつベースの醤油スープだが、あっさりした味わいで東京でも多くの人気店やチェーン店がある。学生の頃に一度本場で食べたが、久しぶりに喜多……もっと見る

3. まこと食堂

変わらぬ味がよろこびの味! マザー・オブ・喜多方ラーメン

初代ウメばあちゃんの時代からの味や技を代々受け継いできた「まこと食堂」は、JR喜多方駅から徒歩約17分のところにあります。喜多方ラーメンと言えばしょう油スープですが、その基本となっているのがこちらのラーメンと言われています。開店当初より材料を変えることなく、濃厚なしょう油スープが自慢。店内の居心地も最高で、まるで喜多方の我が家に帰ってきた気分になります。福島に来たなら一度は足を運びたい、そしてひと口食べれば虜になってしまう一級品。

中華そば:700円

クチコミ:喜多方ラーメンで有名なまこと食堂

mtatsuさん

出張で会津若松へ。出張先の方が、美味しいラーメンを食べに行こうとなり、本場の北方ラーメンを食べに行けました。おばさんたちが働いているとても良い雰囲気のお店です。味は醤油ベースでとても美味しい。麺がうまい。ラーメンが好きなら一度は……もっと見る

4. 源来軒

喜多方ラーメンの真髄を知りたいならハズせない店

本場の喜多方ラーメンを食べるならココ! JR喜多方駅から徒歩約6分のところにある「源来軒」は、大正末期に日本へ渡来してきた藩欽星(ばんきんせい)氏が屋台から始めた、喜多方ラーメンの発祥と言われる店です。ひと際目立つ看板がシンボルで、ガイドブックなどで一度は目にしたこともあるのでは? 老舗だけあってその味はオーソドックス、かつ絶品。コシの強い手打ち麺と深い味わいの鶏ガラスープがやみつきになります。店おすすめの「手打ちラーメン」と「手づくりギョウザ」は必食。

ラーメン:700円
餃子:550円

クチコミ:感動的にうまい中華そば

Katsumi1956さん

30数年ぶりに喜多方を訪れました。名物の喜多方ラーメンをどこで食べようかと迷いましたが、数日前のNHK-BS番組でこちらが元祖だと紹介されていましたので行ってみました。中華そば(650円)を注文、あっさりと澄んだ鶏ガラスープに手……もっと見る

5. 食堂なまえ

コシのある極太麺が食欲をそそると話題のラーメン店

JR喜多方駅から徒歩約7分のところにあるのが「食堂なまえ」。こちらも飾り気のない、オーソドックスな味で勝負しています。特筆すべきは、なんと言っても極太の麺! もちもちっとした歯ごたえは満足感を与えてくれます。透き通った色のスープは、コクがあって何杯でも飲めてしまうほどのうまさ。麺との相性も最高です。お楽しみのチャーシューはバラ肉を使用。福島旅行を彩るすてきな思い出作りにひと役買ってくれる、幸せの味です。

喜多方ラーメン中華そば:550円

クチコミ:極太い手打ち

bostonredさん

喜多方駅から徒歩10分圏内のお店を事前に調べてここに決めました。11時30分に着くと店外に5人の待ち人。立ち話をしていると極太手打ちが美味しいとのことです。極太手打ちを食べましたが麺はコシがありつるっとしていて喉越しもよくとても……もっと見る

6. 松食堂

チャーシュー好きにはたまらない! トロけるやわらかさが自慢です

JR喜多方駅から約14分歩くとたどり着く「松食堂」のお目当ては、ずばりチャーシュー。じっくり煮込んだチャーシューの香りが鼻先をくすぐり、食欲を刺激します。口に入れた瞬間とろける食感といったら! これはもう、食べた人だけが味わえる特権と言えますね。ガラや野菜がたっぷり入ったスープはやさしい味に仕上がり、すべてにおいてバランスのよいラーメン。ツルツルのちぢれ麺があっという間に胃袋に収まりますよ。お座敷席でくつろぎながら、リラックスして召し上がれ♪

チャーシューメン:900円

クチコミ:スープがマイルド

とりっこ☆あどばいざーさん

チャーシュー、メンマ、ネギが入った典型的な中華そばですが、ここのはスープがちょっと違いました。なんというか、マイルドでとがる味がまったくのこりません。万人受け、子供受けする味なんじゃないかと思います。もっと見る

7. 食堂 はせ川

進化し続ける味で人々を魅了! 週末には隠し玉も

今日の食材を一番おいしく——。その時々の食材を見極めラーメンと掛け合わせる「食堂 はせ川」は、JR喜多方駅から車で約10分と少し離れた場所にありますが、わざわざ足を運ぶ価値がある店。オリジナルの麺は食感を大切に作られていて、定番よりやや太めです。チャーシューは、脂身がおいしく食べられることをモットーに余計な臭みを排除。ご飯との相性も抜群ですよ。なお、週末には限定メニューが登場、のれんの色がチェンジします。平日に行くか、週末を狙うか、究極の選択!

端麗醤油中華そば:700円

8. らーめん一平

豚の背脂が味覚をダイレクトに刺激する熱々ラーメン

JR喜多方駅から車を走らせること約8分。全国的に知られている「らーめん一平」に来たならぜひ食して欲しいのが「じとじとラーメン」。豚の背脂をチャッチャとかけてあり、一見脂っこそうに見えて実は結構“あっさり系”。スープは、足の部分を使った「豚拳骨」がベースのしょうゆ味。ここでしか食べられない個性派ラーメンとして人気を誇っています。もちろん、普通のラーメンもおすすめ! 朝ラーもやっています。

じとじとラーメン:700円
ラーメン:600円

クチコミ:モチモチ麺でおいしい!

ゴンボさん

休日昼食時に訪問しました。駐車場はいっぱいで,お店の前のベンチに座って並びました。名前を書かないので,行列に並びます。喜多方ラーメンと言えば『醤油』ですが,味噌もあります。今回は『チャーシューメン』を食べました。チャーシューは柔……もっと見る

9. 老麺 まるや

長年守り抜いたやさしい味わいの澄んだスープを召し上がれ

昭和29年に開業した「老麺まるや」は、JR喜多方駅から車で約7分のところにあります。流行を追わない、シンプルなラーメンは定評があり、素朴な味わいの透き通ったスープは、古きよき時代をほうふつとさせる、どこか懐かしい味。誰からも好まれるあっさり味の「しょうゆラーメン」はもちろん、自家製合わせみそを用いた「味噌ラーメン」も定評あり。福島観光を終えた後の疲れた体に染みわたる、まるやの“1杯”で至福のひとときを。

喜多方ラーメン:770円

10. 喜一

シンプルながらも深みのある味はていねいな“ひと手間”のおかげ

JR喜多方駅から徒歩約20分。麺、スープ、チャーシューがそれぞれ引き立つ絶妙な味は、洋食出身の店主ならでは。素材のうまみを第一に考え、ていねいな調理を心がけている店です。とりわけ、特注の平打ちちぢれ麺と臭みを感じさせないチャーシューは、後を引くうまさ! 喜一の原点「熟成しょうゆラーメン」、素材の深みを引き立てるシンプルな「Sio(しお)ラーメン」、食数限定のご褒美ラーメン「喜びの一杯」など、どれも箸が止まらなくなります。

熟成しょうゆラーメン:500円(税別)
Sioラーメン:500円(税別)
喜びの一杯:1,450円(税別)

11. 来夢

とろけるチャーシューは脂抜きされていて女性からも圧倒的人気

JR喜多方駅から徒歩約15分のところに本店を構える「来夢」は、仕上げに3日間、熟成まで数か月かけて作るやわらかチャーシューが自慢のラーメン店。脂抜きされていて女性からも人気のチャーシューは、つるつるっとしたもっちり麺との相性もよく、これまたじっくり煮込んだ黄金スープと絶妙なハーモニーを奏でています。イチオシは「喜多方チャーシュー麺半熟煮玉子乗せ」。麺を覆うほどのチャーシューと見るからにおいしそうな煮玉子に、ごくり! 思わずのどが鳴ります。

喜多方チャーシュー麺半熟煮玉子乗せ:910円(税抜)

12. すがい食堂

王道のラーメン以外に定食メニューもあってビジネスマン御用達

昔ながらのシンプルな味を。JR喜多方駅から車で約9分の場所にある「すがい食堂」の喜多方ラーメンは、とんこつベースのしっかりしたしょう油味が特徴です。定番のしょう油味のほか、みそ、塩、あんかけなどメニューが豊富なのも人気の秘けつ。さらに「ラーメン定食(もつ煮込み)」など定食メニューもあるので、地元のビジネスマンからの支持も熱いのだとか。観光中はお腹が空くので、たくさん食べたいという方にイチオシの店です。

しょうゆラーメン:700円
ラーメン定食(もつ煮込み):890円

13. 赤れんが

絶品ブレンドスープと角煮のようなチャーシューを堪能

ラストを飾るのは、JR喜多方駅から車で約16分のところにある「赤れんが」。その名のとおりレンガの門構えが目を引く店で、テレビ番組などにもよく登場しています。角煮のようなトロトロのチャーシューが特徴的。味付けもスープに合わせてアレンジしてあります。動物系をはじめ野菜やキノコなど、さまざまな素材をブレンドしたこだわりのスープは、あっさりとした口当たりながらコクのあるテイスト。農家でもある店主が編み出した渾身(こんしん)のできです。

喜多方ラーメン:700円

行ってみたい喜多方ラーメンのお店は見つかりましたか?

毎日食べても飽きない味からパンチの利いた濃厚テイストまで。ラーメンの魅力は尽きることがありません。写真を眺めているだけで思わず、ズズズッと麺をすする自分の姿を想像しちゃいますよね。ラーメンが恋しくなったら、ぜひ福島県喜多方まで!福島のホテルを探す

この記事で紹介しているエリア

※メニューや料金、満足度の評点や施設データなどは、配信日時点のものです。

※当サイトに掲載された情報については、十分な注意を払っておりますが、その内容の正確性等に対して、一切保障するものではありません。

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!

\その他の公式SNSはこちら/

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

グルメの特集

グルメの特集一覧