旅行のクチコミと比較サイト フォートラベル

エフサさんのトラベラーページ

エフサさんのクチコミ全77件

条件をクリア
エリア
カテゴリ
並び順

  • ホテル
  • ショッピング
  • グルメ・レストラン
  • 交通機関
  • 観光スポット
  • 基本情報
  • 御手洗池

    投稿日 2024年06月10日

    鹿島神宮 鹿島

    総合評価:5.0

    御手洗池の写真を2枚だけアップします。
    撮影はもう少し緑が濃くなってからの方が良かったかもしれません。できれば直射日光が射し込ままない日がよかったかな?
    鳥居の左右にある玉垣と言うか瑞垣と言うか、そこに水平に置かれている貫(ぬき)?で、池の縁石や正面のひら地、立て看板を覆い隠すアングルでしゃがんで撮りました。
    偉そうな事言ってるけど、これは撮った後で気づいた事で、撮っている時は出来るだけ同系色でまとめようとアングルを探っている内に、結果的にそうなったと言う感じです。
    画像的に貫が旨く結界の役目を果たしてくれたみたいですが、玉垣の向こう側にある池の奥行き感が損なわれるのでいいんだか悪いんだか。
    ※iPhone 12proMAXで撮影
    レンズが26mm f/1.6
    正面の明るい方が ISO200 1/60s
    背面の暗い方が ISO125 1/75s
    です。と言っても全部iPhoneおまかせですが。

    旅行時期
    2024年05月

  • 青い渚を歩きながら 日傘をさす女性

    投稿日 2024年06月10日

    七里ヶ浜 鎌倉

    総合評価:5.0

    青い渚を撮るには、青い空と強い波のうねりが必要だと感じた。理由は空を映しだす波に濡れた渚が目一杯広がるからだ。

    この日は台風の接近に伴い、波が高い日だった。

    旅行時期
    2024年05月

  • 雨の夜の赤レンガ駅舎は アメージング・ステーション

    投稿日 2024年06月10日

    東京駅 赤レンガ駅舎 丸の内・大手町・八重洲

    総合評価:5.0

    雨の夜、丸の内広場に鏡の様に反射したライトアップされた赤レンガ駅舎を撮るためには、本降りの雨の日が狙い目です。ある程度、広場に水が溜まる必要があるからです。

    しかし空が灰色で雨にけぶる駅舎では本末転倒。理想的には夕方まで土砂降りで、トワイライトタイムに雨雲が抜けると言うのが一番いいかもしれません。空はやっぱり限りなく透明に近いブルーが良い。

    旅行時期
    2024年05月

  • 4トラでは未だにこの地を【イスラエル>その他の観光地】として放置している。

    投稿日 2024年04月19日

    ヤーセル アラファト廟 その他の観光地

    総合評価:4.0

    アラファトさんの廟は、まるで砂漠迷彩色の様な薄い土色でキューブ状の建物だった。
    マシンガンをぶら下げ、弾帯と防弾チョッキで武装した衛兵が廟の前に立っていた。「入ってもいいですか?」と恐る々々声をかける。彼は無表情のまま軽く頷いた。ボディチェックはなかった。(2016.2.25 訪問)

    廟の中は冷房が効いていた。棺の前では両手を広げたアラブ人の男性が二人、大きく深呼吸をしながら瞑想している。まるでアラファトさんの霊気を全身で吸収するかの様に。

    廟の四方は大きなガラス窓で囲まれており、日の光が差し込んでいた。アトリウムの様なその造りに、ちょっとばかり拍子抜けしてしまった。ご遺体を安置する場所としては荘厳さ、霊験さ、そして神格化とかに欠けるのではないかと思ったからだ。実にシンプルで飾りっ気のない四角い空間だった。

    でもこの雰囲気は戦争の悲惨さや憎悪、不条理とかを連想させずに済む。身構えながら かしこまる必要もない。明るくてい~んじゃないかなとも思った。
    何よりアラファトさんがパレスチナの地をぐるっと見渡すことができる。

    この廟はパレスチナの実質的な首都、ラマッラにある。でも4トラでは未だにこの地を【イスラエル>その他の観光地】として放置している。
    4トラはいつまで怠慢を続けるのだろう。それとも何らかの作意からなのか。このご時世、本当に大丈夫なのかな。
    昨日(2024.4.18)、日本は国連安保理でパレスチナの国連正式加盟を勧告する決議案に賛成した。
    ひょっとして4トラにはユダヤ資本が入っていて、イスラエルに忖度してるとか?

    まさか‥

    旅行時期
    2016年02月

  • サマセット・モーム 行きつけのバー

    投稿日 2024年04月18日

    ライターズバー シンガポール

    総合評価:4.5

    ライターズバー(Writers Bar)はラッフルズホテルにあるバーの内の一つ。サマセット・モームをはじめとする多くの著名な作家(Writer)がホテル滞在の執筆の合間に利用したバー。

    入店して磨き抜かれた真鍮のバーカウンターに座り、先ずはインスタ映えをたくらみつつ、ミリオンダラーをオーダー。

    サマセット・モームが元MI6の諜報部員だった事を思い出し、2杯目はボンドマティーニをお願いした。

    バーテンダーから概ねのレシピを確認される(一口にボンドマティーニと言っても複数のアレンジがある)。
    意外にもサーブされた器は、映画で馴染み深い逆三角形のカクテルグラスではなく、シャンパングラスだった。

    ? このバーにカクテルグラスを置いてない訳がない。何か意味があるはず。残念ながらバーテンダーさんにそれを確認する事ができない。(稚拙な英語で野暮な質問はできなかった)

    後日 家に帰り、イアン・フレミングの小説 カジノロワイヤルのページをめくる。
    ジェームズ・ボンドが「 深いシャンパングラスで‥」と言っている箇所が見つかる。
    最初に器が指定されていた。その後で細かいカクテルレシピ、そしてあの決めゼリフへとつながる。
    シャンパングラスはバーテンダーさんの原作へのこだわりだったのだ。
    自分はこだわりもせず読み流し、すっかりと頭から消えていた。

    添えられたレモンピールも原作では ”a large thin slice of lemon peel”。ダニエル・クレイグのカジノロワイヤルでは螺旋状に細くカットされたレモンピールが逆三角形のカクテルグラスにそって広がっていた。(毒を入れられる瞬間、ズームアップされている)
    映像的には映画の方がスマートでジェーム・ズボンドに相応しい。
    でもバーテンダーさんはイアン・フレミング スタイルをリスペクトしたようだ。

    旅行時期
    2024年03月

  • ロングバーと言えばシンガポールスリング

    投稿日 2024年03月29日

    ロングバー シンガポール

    総合評価:4.5

    シンガポールスリングはロングカクテル。だからゆっくりと味わって飲める。
    ジンベースのカクテルで、ソーダ水で割っている分をあかね色のチェリーブランデーでアルコールを補っている。
    それに砂糖とレモン&パイナップルジュース。ほんのり甘くてレモンの酸味に炭酸のさわやかさ。
    これは是非、女性に飲んでほしいカクテルだ。

    旅行時期
    2024年03月

  • 中国ラオス鉄道 ルアンパバーン駅のセキュリティチェックは空港なみ

    投稿日 2024年03月29日

    ルアンパバーン駅 ルアンプラバン

    総合評価:3.5

    駅舎へ入るには以下の順に3つのセキュリティチェックが必要です。
1. 乗車券(QRコード)と旅券のチェック
2. 手荷物のX線検査
3. 体の金属検知

入口は駅の正面左右に1つずつの計2つ。混雑はしてるが、比較的流れはスムーズ。
各所の審査官は全て女性。1、2、3の順に若くなる。一番肉体運動するボディチェック係が一番若いお嬢さんたち。

YKKのプラスティックバックルベルト武装で、今まで空港の金属検知で一度も引っかからかったワシが、ピンポ~ン!

お嬢さんのボディチェックは痛し痒し。

    旅行時期
    2024年03月

  • イポーの朝は カヤトースト と ホワイトコーヒー で

    投稿日 2024年03月25日

    南香 イポー

    総合評価:4.0

    カヤトーストとはカヤジャムを塗って2枚のトーストで挟んだ物。
    カヤジャムはココナッツミルク、卵、砂糖、香り付けのニオイタコノキの葉(パンダン・リーフ)、それらを煮詰めてキャラメル状のペーストにした物。だから甘い。
    ニオイタコノキの香りは良く分からなかった。
    トーストは中まで均一にサクサクと仕上がる様、考えられた薄さで食感が良い。
    一口食べると先ずはこの食感、次にカヤジャムの甘味と言った感じで、これが中々旨い。

    ホワイトコーヒーはコーヒー豆のロースト方法が通常と異なりマーガリンで、店によってはそれに砂糖、小麦粉を加えて焙煎される。

    カフェオレのような茶色で、きめ細かい泡がのっていている。練乳入りで提供されるので、程よい甘味がある。

    ※Wikipediaには「イポーホワイトコーヒー」でUPされている。

    イポーの朝食はこのカヤトースト と ホワイトコーヒーで是非一度。

    旅行時期
    2024年03月

  • ビエンチャンからタイのノンカーイへ鉄路で入国、最初は検疫で検温

    投稿日 2024年03月19日

    国際列車 (タイ~ラオス間) ノーンカーイ

    総合評価:3.5

    ビエンチャンからタイのノンカーイへ鉄路で入国。審査の順は以下の通り。

    1. 検疫:
     検温(赤外線)と軽い問診
      何言ってんのか分からなかったので「ノー」と一言いったら、はい、行ってよし!
    2. 入国審査:
     ビエンチャン(ターナレーン駅)で作成した出入国カードの提出
     ・地元民への審査は一人当たり2~3分
     ・日本人のワシへは超フレンドリー。コニチワ、オハヨゴザイマス、アリガトゴザイマス。チャチャっと終了。
     ・出国カード(半券)を渡される。
    3. 税関:
     荷物の中身を目視検査
      ほとんど衣類なのを見て笑ってた。二人の管理官の内、お一人はお嬢さん。パンツ見られなくてよかった。

    旅行時期
    2024年03月

  • タイからマレーシアへ鉄路で越境の際、MDACの提示が必要だった。

    投稿日 2024年03月18日

    パダンブサール駅 その他の都市

    総合評価:4.0

    パダンブサール駅でタイからマレーシアへ越境の際に分かった事です。
    ・タイ出国の際、出国カードの提出は求められなかった。
     (空路in 以外は出入国カードの記入・提出が必要。陸路inだったので半券を持っていた)
    ・タイ側の出国ゲートを抜けてマレーシア側の入国ゲートへ向かう途中の通路上で、マレーシアのオフィサーに声をかけられ、MDAC:Malaysia Digital Arrival Cardの提示を求められた。でもスマホのスクショをぱっと見ただけで完了。
    彼は視力3.0の様だ。
    オフィサーは、懇切丁寧、ま丁寧に聞いてくるので、最初何言ってるのか分からなかった。そんな時は「アライバル・カード?」と一言たずねてみるのもい~かもです。

    旅行時期
    2024年03月
    アクセス:
    5.0

  • バリアアリー

    投稿日 2024年01月24日

    萩焼の宿 千春楽

    総合評価:3.0

    ホテル裏がすぐ菊ヶ浜となっていて景色は最高です。近くにコンビニはありません。800m 先に24時間スーパーのキクヤ菊ヶ浜店があります。

    建物は新館・旧館が連なる造りになっています。エレベーターは新館・旧館に一基ずつありますが、旧館側のエレベーターは使用停止(ずっと故障?)となっています。
    新館・旧館の接続通路は1Fに1ヶ所あるのみで、その部分が堤防(中二階の段差)の様にはだかり、階段の登り降りが必要です。
    客室、大浴場は旧館側にあり、長い廊下を歩き一旦新館側エレベーターにて1Fへ降り、新館・旧館を隔てる“堤防”を超える必要がああります。
    旧館側から大浴場へ降りる階段がありますが、とても急です。
    いずれのルートもバリアフリーではなく、バリアアリーとなっていますので、お年寄り向きとは言いがたいです。

    旅行時期
    2023年12月
    利用目的
    観光
    利用した際の同行者
    カップル・夫婦(シニア)
    アクセス:
    3.0
    コストパフォーマンス:
    4.0
    客室:
    3.5
    入室時刻が事前に分かっていても直前にエアコン(ON)。せめて1時間前に入れておいて欲しかった。部屋が底冷えしていて中々暖まらなかった。
    風呂:
    3.0
    既存のサウナが使用可だったら⭐︎4つ
    食事・ドリンク:
    3.0
    フグの唐揚げが冷え切っていなければ⭐︎3つ半

  • 立地条件抜群の格安ホテルです

    投稿日 2023年12月07日

    ホテルダイヤモンド ミナミ(難波・天王寺)

    総合評価:3.0

    抜群の立地条件です。関空から一本の電車で最寄り駅の新今宮に着きます。
    三方を あいりん、飛田新地、新世界に囲まれていて、歩いてすぐです。

    部屋はカプセルホテルの3倍以上あります。天井に頭ぶつかりません。
    冷暖房ありません。暑さ寒さも推して知るべしです。

    窓は金網入りガラスで、外には飛び降り防止用の縦横鉄格子がはめられています。
    なので電波遮断効果でスマホのアンテナは一本です。

    見た目は古く薄汚れた感じですが、それは気のせいです。部屋はいたって清潔です。

    何より安いのが一番です。1泊¥1,100 で泊まれます。

    旅行時期
    2023年11月
    利用目的
    観光
    1人1泊予算
    2,500円未満
    アクセス:
    5.0
    コストパフォーマンス:
    5.0
    客室:
    2.5
    接客対応:
    4.5
    風呂:
    2.5

  • 昔ながらの懐かしい味

    投稿日 2023年11月27日

    末廣ラーメン本舗 仙台駅前分店 仙台

    総合評価:3.5

    ルーツは京都。昭和13年創業の屋台から始まったラーメン屋さん。下手な小細工なしの直球勝負の「中華そば」は唯一無二。猫も杓子も豚骨ラーメンに走る昨今、貴重な存在だ。

    醤油味、麺の太さはノーマル、ゆるいちぢれ。

    以前、札幌のラーメン横丁にあった、ドラム缶スープの「おぢぢ」を思い出す。懐かしい味だ。

    カウンター10席程度の小さな店で、ハピナ名掛丁のアーケード街にある。

    旅行時期
    2023年06月
    利用した際の同行者
    一人旅
    一人当たり予算
    1,000円未満
    利用形態
    ランチ
    アクセス:
    3.5
    コストパフォーマンス:
    3.5
    雰囲気:
    4.5
    料理・味:
    3.5
    観光客向け度:
    3.5

  • 意外や意外 チーズドーナツが美味い! 飲むチーズケーキ&ティラミスシェイクも美味しいよ

    投稿日 2023年11月27日

    町村農場 ミルクガーデン 江別

    総合評価:4.5

    町村さんと言えば、元北海道知事の町村 金吾さんとか、元外務大臣の町村 信孝さんとかとか政治色の強い家系だけれど、信孝さんの祖父に当たる町村 金弥さんは札幌農学校の二期生。町村農場はクラーク博士の教えにルーツを持つ酪農界のパイオニア的存在の農場なのだ。

    カミさんはここのモッツァレラチーズでしかカプレーゼを食べなくなってしまい、たまぁ~に買いにくる。その味はスーパーの既製品とは雲泥の差らしい。

    ヨーグルトやソフトクリームも さることながら、意外や意外、チーズドーナツが美味いのなんの。ミスドやクリスピークリームにはないオリジナルの味。
    飲むチーズケーキ&ティラミスシェイクも美味しいよ ^_^

    旅行時期
    2023年07月
    利用した際の同行者
    一人旅
    一人当たり予算
    1,500円未満
    利用形態
    その他
    アクセス:
    2.0
    コストパフォーマンス:
    3.5
    雰囲気:
    3.5
    料理・味:
    4.5
    観光客向け度:
    3.5

  • 田園地帯の温泉施設

    投稿日 2023年05月16日

    道の駅 サンフラワー北竜 増毛・雨竜

    総合評価:3.0

    日本一の面積のヒマワリ畑の横にある温泉施設で、町の第三セクターが運営するホテルが併設されている。便宜上、道の駅とした感がある。訪れた時は田植えが始まる前のシーズンオフ。
    ホテル客室のウエルカム茶菓子は「ひまわりゆべし」。くるみ柚餅子のひまわりの種バージョン。
    夕食は、一に彩り、二に品数、三四がなくて、五に??? 親方お役所なので、はなっから割り切って利用すべし。
    朝食には地元特産の黒千石大豆を使った黒豆納豆と黒豆豆腐を添えて差別化を図っている。市街地から離れた田園地帯の中の温泉は、それはそれで非日常。

    旅行時期
    2023年05月
    バリアフリー:
    3.0
    トイレの快適度:
    3.0
    お土産の品数:
    3.0

  • 茶原郷の中の小さなカフェ・レストラン

    投稿日 2023年05月05日

    dandan cafe 木津・加茂

    総合評価:5.0

    バスを降りて、地図を見ながら茶畑の中をゆっくり歩いて、のんびり歩いて、たどり着いた小さなレストラン。見渡す限りひらき広がる茶葉の畝。山全体が茶畑で覆われる異郷の景色。窓辺でそれを眺めながらゆっくり頂くランチ。あ~癒される。まさに茶原郷だ。

    旅行時期
    2023年03月

  • 気の利いたツマミが揃う立ち飲み屋さん

    投稿日 2023年04月07日

    まついし 奈良市

    総合評価:5.0

    JR奈良駅近の立呑み屋さん。¥100からの気の利いたツマミが揃い、冷蔵庫に作り置きされた料理は物に合わせて、鍋、電子レンジを使い分けて温め直してくれる。
    まさにセンベロ。トリスに大吟醸、そして何と電気ブランまである。マスターが中々気さくな人で話し相手にもなってくれて、とても居心地の良い立呑み屋さんであった。

    旅行時期
    2023年03月

  • 稚内駅の辻向かいにあるゲストハウス

    投稿日 2023年04月03日

    THE STAY WAKKANAI 稚内

    総合評価:3.0

    稚内駅の辻向かいにあるゲストハウス。駅複合施設にはバスターミナル、セイコーマート等もあって、立地条件は申し分ない。キッチン、食器、冷蔵庫、電子レンジ、一通り揃っている。
    唯一の欠点はベッドがベニア板のハリボテ造りだという事。寝返りを打つと大きな軋み音。仕切り壁と木製ハンガーはまるで太鼓の膜とバチ。服を外すとハンガーの揺れが太鼓の連打へと変わる。全体の完成度が高い中、何故ベッドだけ手を抜いたのか。残念でならない。

    旅行時期
    2023年03月
    アクセス:
    5.0
    コストパフォーマンス:
    4.0
    客室:
    2.0
    接客対応:
    5.0
    風呂:
    3.5
    シャワーのみ。ゲストハウス標準

  • ウエルカム・アルコホーリック・ドリンク

    投稿日 2023年01月16日

    スーパーホテル弘前 弘前

    総合評価:3.5

    チェックインの際、フリードリンクとして一階のラウンジ謙ダイニングには、以下のアルコールが用意されていました。
    鏡月(焼酎)、ウイスキー(ノーブランド)、白神(日本酒)、シードル×2種、シロップ3種(レモン、ライム、梅)。それにコーヒー。
    温泉は男女入替制。立地はJR弘前駅と弘前城追手門の中間地点。無料の朝食付きのコスパの良いビジネスホテルです。

    旅行時期
    2022年12月

  • 土浦駅は常磐線のJR 15両編成北限の駅

    投稿日 2022年10月13日

    土浦駅 土浦

    総合評価:5.0

    道民にとって首都圏の鉄道ネットワークはかなり複雑で把握しきれない。中でも常磐線は自分に取っては特に疎遠。
    土浦駅は常磐線のJR 15両編成北限の駅。
    駅そばが上り下り両ホームに一つずつ。改札内にNewDaysあり。
    常磐線にとって節目の駅だったんだ。

    旅行時期
    2022年09月

エフサさん

エフサさん 写真

33国・地域渡航

29都道府県訪問

写真 | QA掲示板 | 行ってきます | 掲示板 クリップ

エフサさんにとって旅行とは

終活の一環
命短し 旅せよおやじ やわな足腰 萎えぬまに
人生は謳歌できる時に できるだけ

自分を客観的にみた第一印象

大好きな場所

イスタンブール

大好きな理由

コンスタンティノープル陥落の舞台
世界三大料理の一つトルコ料理
ミナレットから流れる歌うような祈りの声アザーン

行ってみたい場所

サンセバスチャン

現在33の国と地域に訪問しています

拡大ボタンを押すと地図が
動かせます。

現在29都道府県に訪問しています