ミャンマー 旅行

ピックアップ特集

ミャンマー旅行の比較・予約

ミャンマー 観光ツアー

最安ツアーを比較検索

成田発 ミャンマー ツアー 羽田発 ミャンマー ツアー 大阪発 ミャンマー ツアー名古屋発 ミャンマー ツアー

ミャンマー ホテル

クチコミで選べる

ホテル数は日本最大級

Wi-Fiレンタル

エリア最安プラン

1日あたり686円~

人気都市ランキング12

エリア名で検索 :

※ミャンマーで旅行者の多い都市順に表示しています。

旅行記 4,509 件

  • 1999年子ども達のバックパッカー・デビュー北タイ旅(2)ミャンマーのタチレクへ入国、メーサイからチェンマイへ

    • 同行者:家族旅行
    • 関連タグ:

      • 旅行時期: 1999/01/07 -  1999/01/17 (約22年前)

      前回の旅行記「カンボジア子連れ旅」の1年前、1999年1月に北タイを訪れました。20年以上前の写真をスマホで撮ったため見づらいし、曖昧なことも多く、スミマセン…。また以前に作ったタイの子ども達をまとめた旅行記と、写真がダブる部分もあります。事前に子ども達に伝えた事は「今回の旅からは、お父さんもお母さんも、君達の荷物は持たないよ。着替えや身の回りの物は、自分で持ってね。」自分達のスキー用リュックに、荷物を詰め込み、背負って旅へ。子ども達のバックパッカー・デビュー旅(^^♪きっと日本では見られない風景や光景が広がるよ。いろんなことを体験し、心で旅を感じてほしいと願う(*^-^*)結局は自分達が訪れ... もっと見る(写真68枚)

    • ミャンマー駆け足 旅日記  5/6     チャイテーヨ ⇒ ヤンゴン

      • 同行者:カップル・夫婦(シニア)
      • 関連タグ:

        • 旅行時期: 2011/12/19 -  2011/12/19 (約9年前)

         朝食後、朝日に輝くコールデンロックを見に再び山頂へ行った。チョーさんに教わってロックに金箔を貼った。ロックに近づけるのは男性だけで、女性は入ることが出来ない。横から眺めると、ほんの僅かな部分が乗っているに過ぎないのだが、これで2000年も留まってきたのだろうか。 ホテルを9:45分に出て歩いてトラックバス乗場のヤテタウンに下った。再度トラックの最後列に乗り左右に激しく身体を振られながら40分でチャイティーヨーに着き、待っていてくれた車に乗りバゴー近くの植物園に隣接したレストランで昼食を摂った。 昼食後、バゴーのシュエモード・パヤーに行き地震で崩れたレンガで造られた塔の先端部分などを見た。この... もっと見る(写真28枚)

      • ミャンマー駆け足 旅日記  6/6     ヤンゴン

        • 同行者:カップル・夫婦(シニア)
        • 関連タグ:

          • 旅行時期: 2011/12/20 -  2011/12/20 (約9年前)

           今日でミャンマーとお別れだ。ヤンゴンの街では神奈川中央交通のバスが走り、殆どの車が日本の中古車である。ガイドによれば中古のトヨタコロナクラスでも200万円ぐらいするそうだ。  まず、市内中央にあるミャンマー最大の聖地と云われているシュエダゴオン・パヤーに行った。このシシグッダヤの丘に建てられた仏塔は、紀元前585年に仏陀の聖髪を奉納したのが起源と云われている。エレベータに乗り丘に上がり仏塔とその周囲を参詣した。仏塔の外周に沿って所々に小さな祭壇があり、これが生まれた曜日毎の守護神となっている。因みに俺は「獅子」でカミさんは「ネズミ」だった。これが日本の干支に当る。 此処から巨大な寝仏(全長7... もっと見る(写真17枚)

        • ミャンマー駆け足 旅日記  1/6     ヤンゴン ⇒ バガン

          • 同行者:カップル・夫婦(シニア)
          • 関連タグ:

            • 旅行時期: 2011/12/14 -  2011/12/15 (約9年前)

                         【 旅の概要と経緯 】 ミヤンマーは1989年6月18日、この国の英語による対外呼称が「Burma」から「Myanmar」に変更され、更に2010年には「ミャンマー連邦共和国」に変更された。国土は日本の約1.8倍で人口約6000万人。バングラデシュ・インド・中国・ラオス・タイの5カ国と接している。  民族構成はビルマ族が約70%で135もの民族が居住しており、国民の85%が仏教徒とガイドブックに書かれている。ミャンマーはごく最近まで軍事政権で様子も判らずJTBならば安心度が高いだろうと考えて、2名から催行されているJTBのツアーを利用することにした。 ミャンマーでは... もっと見る(写真34枚)

          • ミャンマー駆け足 旅日記  2/6     バガン ⇒ マンダレー

            • 同行者:カップル・夫婦(シニア)
            • 関連タグ:

              • 旅行時期: 2011/12/16 -  2011/12/16 (約9年前)

               今朝のモーニングコールは5時半で昨日より1時間ほど遅いが外はまだ暗い。特にイラワジ川を部屋の中から眺められる気持ちの良い部屋なので、一泊だけで発ってしまうのが勿体ない気分だ。大きく枝を張った木の下のオープンテラスには、既に10名近い人達が朝食を摂っている。同じ飛行機に乗る人なのかも知れない。準備をして部屋を出る頃に陽が上がってきたのか明るくなってきた。 バガン空港を7:50分に発ち30分ほどでミャンマー第2の都市マンダレーに着いた。今朝まで居たバガンもマンダレーも国のほぼ中央に位置しており、近いのだが車で移動すると、道が整備されていないために6~7時間掛かるという。 マンダレーは、当時東方へ... もっと見る(写真42枚)

            旅行記を投稿してみよう!

            旅行記を投稿する

            基本情報

            どんなとこ?

            国土は約68万平方KM(日本の約1.8倍)、人口は約6,242万人(2011年)で国民の90%が仏教徒。国民の70%をビルマ族が占め、その他少数民族が居住。以下記載の公定レートの他に実勢レートが存在するので注意が必要。

            気候

            暑季(2月下旬〜5月中旬)、雨季(5月下旬〜10月中旬)、涼季(10月下旬〜2月中旬)の3季に分けられ、12〜2月が1年中で最も涼しく過ごしやすい(夜間はかなり肌寒くなる)。3〜4月は最も暑く、日中は最高40℃まで上がる。雨期には、1日中何回も強いスコールが降り、時に豪雨になることもある。しかし、日本の梅雨と異なり、雨天、晴天が繰り返され、曇天が続くことは少ない。この時期は湿気が非常に高く、カビも生えやすい。

            言語

            ミャンマー語、英語など。

            宗教

            仏教(90%)、キリスト教、イスラム教

            時差

            日本との時差は-2時間30分。ミャンマーの方が遅れている。サマータイムはない。

            名物・お勧め料理

            モヒンガー(ミャンマーのラーメン)、タマリンド(酸味のあるトロピカルフルーツ)ジュース

            土産品

            ロンジー(民族衣装の巻スカート)、操り人形、タペストリー、バガンの漆器、タマリンドの菓子

            電圧

            230V

            ミャンマー 地図

            ミャンマートラベラーランキング

            投稿数が多いトラベラー

            クチコミの多いトラベラー

            旅行記の多いトラベラー

            1 pal
            palさん
            2 *JY*
            *JY*さん

            もっと見る

            Q&A回答の多いトラベラー

            1 SHU2
            SHU2さん
            2 asamiy
            asamiyさん

            もっと見る

            4Tポイントを貯めよう

            チャンスは一日一回。
            エリアに隠された宝箱を探せ!お題はTOPページにて発表! 本日のお題はこちら!

            4Tポイントとは?


            PAGE TOP