旅行のクチコミと比較サイト フォートラベル

薔薇の咲く庭さんのトラベラーページ

薔薇の咲く庭さんへのコメント一覧全15件

薔薇の咲く庭さんの掲示板にコメントを書く

  • フォートデラッシー

    初めまして。

    ワイキキ周辺にも、見所はたくさんありますね。

    日本から官約移民として渡った移民は、18万人ではなく3万人弱です。その後、私約移民、自由移民、呼び寄せ移民と変遷し1924年の移民終了までに20万人が海を渡り、一部は米本土に移り、一部は日本に帰りました。

    薔薇の咲く庭さんが「フォート・デルッシュ公園のメモリアルです。」と紹介した碑ですが、それは日系二世部隊「第100大隊」「第442連隊」「MIS陸軍情報部」「第1399工作大隊」を顕彰した碑です。

    第二次大戦時、移民の子である多くの二世が軍に従事しました。特に陸軍部隊として欧州戦線に赴いた第100大隊、第442連隊は、大きな功績を挙げると共に、多くの犠牲を払いました。

    フォートデラッシーは、ワイキキの米陸軍エリア全体を表した名称ですが、緑の芝が敷かれた公園は「クロダフィールド」と言います。第442連隊として欧州で戦死し、戦後、議会栄誉賞(最高位の勲章)を授けられたロバート・クロダに敬意を表して名付けられました。

    戦後まで一部の白人が富や政治を独占していたハワイを、彼ら二世が「すべての人々のハワイ」に変えて行きました。そのために、ハワイでは二世に対してとても敬意を持っています。その最たるのが、ホノルル空港の名称に表れていますよね。

    今、私たちがハワイを愉しめているのも、彼ら二世のおかげです。

    長々と失礼しました。

    2020年08月21日15時01分返信する 関連旅行記

    Re: ありがとうございます。フォートデラッシー様

     ご指摘ありがとうございました。お教えくださいました内容に基づいて訂正いたしました。誤った内容を記載してしまい申し訳ございませんでした。
     「地○の歩き方」という旅行案内書によると官約移民は18万人と表記されていますが、調べてみるとフォートデラッシー様のおっしゃる通り約3万人でした。「地○の歩き方」の出版社に連絡をいたします。
     フォートデラッシーの中にあるメモリアルもご指摘くださりありがとうございました。訂正いたしました。ありがとうございます。
     次のホノルル史跡巡りの旅行記を作成する予定でおります。また間違った内容がございましたらご指摘いただけると幸いに存じます。
     今後もよろしくお願い申し上げます。
                               
    2020年08月21日17時20分 返信する
  • ご投票ありがとうございます。

    イベリア半島クルーズ旅行記へのご訪問ありがとうございました。
    お礼が遅くなり申し訳ありません、夏の旅行なのに年を越してようやく仕上がりました。

    今回の旅はパラドールから始まりジブラルタルを抜けてリスボン再訪という私にとって夢のようなコース。
    ここ最近、船の大型化で教育がイマイチに感じることも多かった船旅ですが、今回は久しぶりに至れり尽くせりで笑顔に溢れた最高のサービスに感動!
    ショーが秀逸なロイヤルカリビアンですが、今回はちょっと知的に星空観測なんかもしたりして今までとはまたちょっと違うクルーズとなりました。

    やっぱり船旅はやめられません!
    今は1日も早くCovid-19が収束してくれるのを願う日々です。
    今後ともよろしくお願いいたします。
    2020年04月21日15時55分返信する

    ご連絡ありがとうございます。

    お礼のお便りをいただきありがとうございます。
    お返事が遅くなり申し訳ございません。
    KRN様はずいぶんたくさんの船旅をされているのですね。訪問国も48ヶ国とかなり多い数だと思います。

    ジブラルタルは私は船で海峡を渡りました。
    メリダでパラドールに宿泊し、銀の道を旅しました。
    ステキな旅でした。マイページの表紙写真にしております。

    実は、今頃はクイーンエリザベスに乗って弘前城の桜を見ているはずでしたが、やむなくキャンセル。それどころではない状態が続いております。

    今年の2月にホノルル港からプラウドオブアメリカでハワイ四島巡りの船旅をして参りました。船旅の楽しさが分かってきましたので、今後は船旅を多く取り入れて旅をしたいと存じております。

    旅行記を拝見させていただき今後の船旅の情報をいただきたいと存じております。
    このような状況ですのでくれぐれもお体ご自愛くださり、また楽しい旅ができ、どこかの船上でお目にかかれる日を楽しみにしております。




    2020年04月24日12時15分 返信する

    RE: ご連絡ありがとうございます。

    薔薇の咲く庭さん、こんにちは。

    トップのお写真のような青空の景色を求めていたのですが、残念ながら適わず。
    それでも素晴らしい眺めで、コンパクトな街と陽気なジブラルタリアンのお陰で短いながらも楽しい滞在でした。
    なかなか行くチャンスのないところなのでとてもラッキーだったと思います。

    実は、叔母が先月プライドオブアメリカでのハワイクルーズに行くはずだったのです。
    ハワイで買ってきて欲しいものリストを作ろうかなという矢先のコロナ騒ぎ。
    まさかここまでになろうとは・・・

    そして私も同じく今頃はクイーン・ビクトリアに乗船しているはずでした。
    QEもQVも運航停止が長引く発表もあり、船にとどまったままのクルーから不安で心細いとの連絡もあり居た堪れない気持ちです。

    今までのように自由に船旅や海外旅行が出来るまでになるにはしばらく掛かりそうですが、それまでは私も情報収集と妄想クルーズに時間を費やしたいと思います。

    いつか船上でお会いしましょう。
    2020年04月27日15時37分 返信する
  • ホテルニューオータニですれ違ったかも?

    私たちは、19日からホテルに宿泊しました。ロビーですれ違ってたかもしれませんね。交通規制は、地元の人たちも直前まで知らされていなかったようです。帰国日に胡同の輪タクツアーを早朝予約していましたが、キャンセルされてしまいました。とにかく、大変な思いをしましたね。お互いに。でも長城の建物には私たちも感激しました。中国にはまた西安のほうに行って ぜひ兵馬俑を見たいです。お疲れさまでした。
    2019年09月26日16時57分返信する 関連旅行記

    RE: ホテルニューオータニですれ違ったかも?

     ご連絡いただきありがとうございます。本当に大変な交通規制でした。21日の夜は慕田よく長城から交通規制で3時間かかってホテルの近くまで行きましたが、タクシーは中には入れず、裏の道を歩いてホテルの裏口から入りました。22日は地下鉄の最寄り駅の建国門が封鎖されていて、隣の朝陽門駅から2,2km歩いてホテルまで帰りました。予定していた天津は見られたので良かったのですが、ニューオータニまで行くのが大変でした。
     きっとホテルですれ違っているかと存じます。同じ時期に同じように大変な思いをされた方がいらして、「本当にお疲れ様でした」と労をねぎらうことができて嬉しいです。
     10月1日に派手に70周年が行われたようですが、リハーサルで交通規制を受けた私たちは本当に大変な思いをしました。こんな旅行もあるのかと思い出になります。
     私も長安の兵馬ようはまだ行っていませんのでいつか訪ねたいと思っております。ご連絡ありがとうございました。
    2019年10月05日22時56分 返信する
  • 懐かしいニュールンベルグ

    私達夫婦は以前にミュンヘンから鉄道でローテンブルクに行く途中に寄りました。トランクを引っ張って道を歩くのは大変と、リュックを背負ってずっとフュッセンまで移動しました。リュックを背負ってニュールンベルグの城砦まで登ったので流石に疲れました。下りでソーセージ店に寄り、駅近くの要塞
    の横の工芸村に寄っただけで駅にもどりました。
    2019年02月13日15時53分返信する 関連旅行記
  • 紹介有り難う御座います

    フランクフルトには行ったことがないので参考になりました。特にゲーテハウスは良かったです。
    私もベルリンのアレクサンダープラッツのホテルで夜中に火事で起こされ、寒いのに1時間ほど外で待たされました。日本と違って何の説明も謝罪もなく。中央駅で目的のプラハ行き列車が1時間半程待たされた時も同じです。ドイツ風土なんでしょうね。でも駅のホームに荷物を忘れた時はちゃんとインフォメーションセンターに預かって有りました。トラブルがあった時国柄が分かりますね。
    2019年02月13日13時34分返信する 関連旅行記

    Re: 紹介有り難う御座います

    チェロ爺さま
     ドイツは先進国で、EUの中心となっている国なので不測の事故等の事態が起きたときには適切な説明があるように思いましたが、いい加減な対応で残念に思いました。政治経済とホテルの経営とは別のようです。外国に出てみると日本では到底許されないだろうと思うことがまかり通っているいるので驚くことがあります。国民性は親切で優しいと思うのですが。
     日本人のパスポートをもっていると信頼される場面に出会うと、「日本に生まれてよかった」と思います。日本は世界の中で最も安全で便利な国だと思います。海外では日本人感覚で旅することは無理であることを覚悟して出かけていますが、それでも怒りたくことがあります。しかし、親切な方に助けていただけたり、会話をしたりすることができると嬉しくなり、また次の旅をしようと思う動機付けになっています。
     私の旅行記をお読みいただきありがとうございます。次の旅行記を書こうと思うきっかけになります。今後もよろしくお願い申し上げます。

    薔薇の咲く庭
    2019年02月13日15時56分 返信する

    ドイツの一般市民は優しい

    勤め人は素っ気ないですが、個人としては優しいです。ミュンヘンの駅地下からホテルへの出口を探して居たら、通り掛かりのご婦人が出口まで案内して下さるし、有名なビヤガーデンのホーフブロイハウスを探して居たら連れて行って下さったり。私達は飛行機の中で暇潰しにお礼用の折り紙を沢山折って、バックに常に入れて居て、そんな時はお礼に差し上げて喜ばれて居ます。向こうの人はまず、中国人か?と聞いてきます。日本人です、と言うと途端に優しくなります。なので欧州に行くときは必ず日本国旗のピンバッチを何処かに必ず付けて旅行して居ます。
    2019年02月13日16時37分 返信する

    Re: 紹介有り難う御座います

    返信ありがとうございます。折鶴とはなかなかいいプレゼントですね。持って行くことは思いつきませんでした。親切にしていただいた時のお礼にはとてもよいプレゼントです。10年以上前ですがイギリスで折鶴を折って見せましたら「マジック!」と言われたのを思い出しました。日本にしかない文化のようです。
     私は以前は日本人に見られましたが最近は中国人に見られるようになって来ました。欧州の方は中国も日本も同じ東洋人で見分けはできませんが中国人の方が圧倒的多数です。しかしながら、どうも中国人は評判がよくありません。日本人と聞くと安心するのでしょう。信用がありますから。
     ドイツの市民の方はおっしゃる通りだと思います。ナチスのイメージからよい印象を受けませんが一般市民はまじめで勤勉だと思います。ドイツへ行ってみての感想は「ヒットラーは極悪であるが一般市民は善良」という感想です。
    2019年02月14日17時20分 返信する
  • グアム島(大宮島)

    今日は 説明に誤りがあります。
    B29に関して、米軍がマリアナ諸島(サイパン・ロタ・テニアン島)を占領した(1943年7月)あと、日本本土への爆撃が可能になった〔航続距離の関係)ということです。グアム島からではありません。
     2連装の対空砲(おそらく20ミリ)は、下の写真です。
     なお、グアム島や比島は、スペイン(キューバを巡る戦い)とアメリカとの(米西)戦争の後、米国の領土〔現在も、キューバに米軍基地あり)になったということです。
     では
    2019年01月23日11時03分返信する 関連旅行記

    RE: グアム島(大宮島)日にち訂正

    > 今日は 説明に誤りがあります。
    > B29に関して、米軍がマリアナ諸島(サイパン・ロタ・テニアン島)を占領した(1944年6月15日上陸ー1944年7月7日サイパン陥落)あと、日本本土への爆撃が可能になった〔航続距離の関係)ということです。グアム島からではありません。
     現在でも、サイパン島アスリート飛行場、テニアン島に3000メートル滑走路が残っています。

     グアム島には マリアナ沖海戦で日本海軍に大打撃を与えたあと、グアム島タモン湾に米軍が上陸、水際戦略は失敗し、後退しました。その後のサイパン島も上陸阻止に失敗。
     1945年4月1日沖縄に抵抗も無くらくらくと上陸し、内陸部での戦闘に切り替えた。

    >  2連装の対空砲(おそらく海軍の20ミリ)は、下の写真です。
    >  なお、グアム島や比島は、スペイン(キューバを巡る戦い)とアメリカとの(米西)戦争の後、米国の領土〔現在も、キューバに米軍基地あり)になったということです。
    >  では
     最後に、親父はサイパン島で戦死しました。
    2019年01月23日21時26分 返信する

    RE: グアム島(大宮島)

     旅行記をお読みいただきありがとうございます。また細部までお読みいただきご指摘いただきましてありがとうございます。

     私は戦争に関する知識は教科書程度ほどしかなくご指摘いただいた内容をWikipediaで調べさせていただきました。Wikipediaが正確な情報であるかは不明ですが、マリアナ諸島、サイパン島、テニアン島、と並んで一応グアム島も「日本本土ほぼ全域への戦略爆撃を開始した」と 記載されていました。
     いずれにせよ太平洋戦争国立歴史博物館できちんと聞き取ることができなかったために正確な記載ができなかったことは事実です。博物館に記述された内容の文の掲示はなかったと思いますので根拠はありません。訂正させていただきました。
     しょうちゃんさんは専門的な細部(月日)まで知識をもっていらっしゃり、誤りを指摘することができて素晴らしいと存じました。ありがとうございました。今後もよろしくお願い申し上げます。

    薔薇の咲く庭



    2019年01月25日07時00分 返信する

    RE: グアム島(大宮島)

     旅行記をお読みいただきありがとうございます。また細部までお読みいただきご指摘いただきましてありがとうございます。

     私は戦争に関する知識は教科書程度ほどしかなくご指摘いただいた内容をWikipediaで調べさせていただきました。Wikipediaが正確な情報であるかは不明ですが、マリアナ諸島、サイパン島、テニアン島、と並んで一応グアム島も「日本本土ほぼ全域への戦略爆撃を開始した」と 記載されていました。
     いずれにせよ太平洋戦争国立歴史博物館できちんと聞き取ることができなかったために正確な記載ができなかったことは事実です。博物館に記述された内容の文の掲示はなかったと思いますので根拠はありません。訂正させていただきました。
     しょうちゃんさんは専門的な細部(月日)まで知識をもっていらっしゃり、誤りを指摘することができて素晴らしいと存じました。ありがとうございました。今後もよろしくお願い申し上げます。

    薔薇の咲く庭



    2019年01月25日07時13分 返信する

    RE: RE: グアム島(大宮島)返信

    >  旅行記をお読みいただきありがとうございます。また細部までお読みいただきご指摘いただきましてありがとうございます。
    >
    >  私は戦争に関する知識は教科書程度ほどしかなくご指摘いただいた内容をWikipediaで調べさせていただきました。Wikipediaが正確な情報であるかは不明ですが、マリアナ諸島、サイパン島、テニアン島、と並んで一応「グアム島」も「日本本土ほぼ全域への戦略爆撃を開始した」と 記載されていました。

     残念ながら 防衛省の公刊戦史にも、グアム島からという記事はありません。
      海外の記事を、翻訳している知り合いがいますが、アマチュアレベルです。
     また、朝日新聞(ww1イープル)や、第一次世界大戦の本・ポケット版(城西国際大)を書いている人がいますが、間違いがあります。本人が現場(戦場)にでかけておりません。その程度のレベルです。
     Wikiは70%ぐらいの信用度しかありません。
     元軍事史学会会員 これでもアカデミックの分野(経営教育)で働いていましたから。
     1次データ(インタビューなど)を使った実証史学(例,秦氏)なら信頼できます。
     元 C 大学大学院(博士課程)教員
     では

    >  いずれにせよ太平洋戦争国立歴史博物館できちんと聞き取ることができなかったために正確な記載ができなかったことは事実です。博物館に記述された内容の文の掲示はなかったと思いますので根拠はありません。訂正させていただきました。
    >  しょうちゃんさんは専門的な細部(月日)まで知識をもっていらっしゃり、誤りを指摘することができて素晴らしいと存じました。ありがとうございました。今後もよろしくお願い申し上げます。
    >
    > 薔薇の咲く庭
    >
    >
    >
    >
    2019年01月25日11時29分 返信する

    RE: RE: RE: グアム島(大宮島)返信

    しょうちゃんさん様

     再三のご指摘ありがとうございます。
     Wikipediaの信憑性は問題があることは存じておりましたので、ご指摘いただいた内容で再度訂正させていただきました。元 C 大学大学院(博士課程)教員をされていたとのことでその道の専門家であるしょうちゃん様の内容を記述させていただきました。私の夫も元Y大学で教授をしており、彼の専門的な知識に脱帽させられることが度々です。
     ご指摘ありがとうございました。今後もよろしくお願い申し上げます。
     私は今ワイキキにおります。真珠湾を再訪する予定です。
     
    薔薇の咲く庭


    2019年01月28日17時23分 返信する
  • 優しさの国

    薔薇の咲く庭さん こんばんは♪

    > どうしても理解できないのは、トラムストップが道路を隔てた道の中にあることです。道路を渡らなければ、トラムに乗ることができません。危険を伴います。

    確かにちょっと違和感はありますよね。

    ただぼくも世界中あちこちを車で走りましたが、ポーランドを走って思ったのは、この国ほど安全運転で、歩行者に優しい国はないということです。横断歩道が見えれば遠くから減速し、渡ろうとする人がいれば必ず止まる。日本も法規上はそうなんですが、全くと言っていいほどそうはなっていません。

    日本の感覚で走ると前の車が急に止まって追突しそうになります。見ると歩行者を通してあげている。ポーランドに惚れました♪

    ももであ
    2018年11月29日20時00分返信する 関連旅行記

    RE: 優しさの国

    ももであ様

    >旅行記をご覧いただき、お便りをいただきましてありがとうございます。

     私もポーランドの交通ルールはとても良いと思います。日本では絶対に車が止まってくれないと思うような横断歩道を車が止まってくれ、渡ることができて驚きました。感激しました。
     ポーランドには優しいドライバーがたくさんいると思います。

     トラムストップの問題は行政の問題なのでまた別なのですが・・・。
     ももであさんは国際免許を持たれて世界各国を車で旅していらっしゃるのですね。素晴らしいです。
     私は車を運転することはできないので車窓からの景色をタクシーでしか見ることはできません。
     これからも書かれる旅行記を楽しみにさせていただきます。
                               
    薔薇の咲く庭



    薔薇の咲く庭さん こんばんは♪
    >
    > > どうしても理解できないのは、トラムストップが道路を隔てた道の中にあることです。道路を渡らなければ、トラムに乗ることができません。危険を伴います。
    >
    > 確かにちょっと違和感はありますよね。
    >
    > ただぼくも世界中あちこちを車で走りましたが、ポーランドを走って思ったのは、この国ほど安全運転で、歩行者に優しい国はないということです。横断歩道が見えれば遠くから減速し、渡ろうとする人がいれば必ず止まる。日本も法規上はそうなんですが、全くと言っていいほどそうはなっていません。
    >
    > 日本の感覚で走ると前の車が急に止まって追突しそうになります。見ると歩行者を通してあげている。ポーランドに惚れました♪
    >
    > ももであ
    2018年11月30日13時53分 返信する
  • お礼

    薔薇の咲く庭さん おはようございます。

    いつも私のつたない旅行記に訪問いただき、そしてフォローまでいただきありがとうございます。
    今後とも、よろしくお願いいたします。

    もりもり
    2018年11月06日06時45分返信する

    RE: お礼

    >もりもり様  

     こちらこそ私の旅行記を訪問してくださりありがとうございます。また、フォローしてくださり感謝申し上げます。
     フォートラベルの会員になりまして2年が経ちました。「旅行記を書こう」と思うと今までとは違った旅行ができるようになり旅の楽しさが倍増した感じがします。また、訪問してくださる方がいらっしゃることは大変な喜びです。
     今後もよろしくお願い申し上げます。

    薔薇の咲く庭


    薔薇の咲く庭さん おはようございます。
    >
    > いつも私のつたない旅行記に訪問いただき、そしてフォローまでいただきありがとうございます。
    > 今後とも、よろしくお願いいたします。
    >
    > もりもり
    2018年11月06日10時24分 返信する
  • 投票お礼

    ポーランド旅行記に投票有難うございます。43カ国も行かれたのですね、私は58です。
    薔薇の咲く庭 さんが行かれた国で私が行っていないのは、アイスランド、ウクライナ、
    リヒテンシュタイン等です。最近は結構海外旅行に疲れています(60歳半ばすぎ)。来年度はツアーですが、妻とヨルダンを予約しました。関西からは東京と違って色々不便です。
    追伸:
    薔薇の咲く庭 とは綺麗なペンネームです。花がお好きなのでしょう。私達夫婦は不精者で
    手入れが下手です。
    2018年09月03日16時29分返信する

    RE: 投票お礼

    ふくろうの旅人様

     お礼状をいただきありがとうございます。
     今月(2018.9)の20日から25日まで、ポーランドを訪ねる予定で、行かれた方の旅行記を拝見しております。参考にさせていただいております。
     ふくろうの旅人様は58国を訪問されたとのことですばらしいですね。私が訪ねたことのない国が多く、どのような国なのかを知りたくなります。どの国も文化、文明、歴史、民俗が異なり、新しい発見をすることができるのを楽しみに旅をしております。
     東京は羽田国際空港ができてとても便利になりました。仕事が終わってからも出発できます。
     趣味と言えるかどうかわかりませんがガーデニングが好きで、庭の薔薇たちが咲くのを楽しみにしております。
                               薔薇の咲く庭

    > ポーランド旅行記に投票有難うございます。43カ国も行かれたのですね、私は58です。
    > 薔薇の咲く庭 さんが行かれた国で私が行っていないのは、アイスランド、ウクライナ、
    > リヒテンシュタイン等です。最近は結構海外旅行に疲れています(60歳半ばすぎ)。来年度はツアーですが、妻とヨルダンを予約しました。関西からは東京と違って色々不便です。
    > 追伸:
    > 薔薇の咲く庭 とは綺麗なペンネームです。花がお好きなのでしょう。私達夫婦は不精者で
    > 手入れが下手です。
    2018年09月04日10時22分 返信する
  • 有難うございます。

    薔薇の咲く庭さん、

    今晩は、以前一筆差し上げたことのあるベームです。
    この度私の旅行記に沢山ご訪問、いいねを賜り有難うございます。デジカメの写真を並べただけの取り柄のない旅行記のどこが気に入られたのか、かえって恥ずかしい気持ちです。

    私がドイツ、フランスにしか興味がなく訪問地が偏っているのに比べ、薔薇の咲く庭さんは広く世界中を廻っておられ好奇心旺盛とお見受けします。またそのお元気が羨ましいです。
    私は気力・体力の衰えからもう海外は半ば諦めており、この所国内派に移りつつあります。

    今後もお元気に世界中を旅してください。    ベーム
    2018年09月01日20時10分返信する

    RE: 有難うございます。

    べーム様

     お便りをいただきありがとうございます。
    以前にもお便りをいただきましたこと記憶しております。再来ありがとうございます。

     私の旅行記もご覧いただき、いいね!をたくさんいただきありがとうございます。
    3年ほど前に心臓を悪くしまして、「人生は思っているほど長くはない」と実感しました。
    それからは機会があれば、時間を有効に使いたいと旅行に出かけております。

     べームさんは大変詳しく調べられて旅行記を書かれてていて、行ったことのない方にもわかりやすい解説であると存じます。
     私は「猫に小判」にならないようにしたいと努力をしていますが雑な旅行記になりがちです。写真や文字が記録として残るので書かないよりは遙かに後に記憶が残っておりますが。

     4トラベルの会員になりまして、たくさんの方の旅行記を拝見させていただき世界観が変わりました。この2年間でずいぶん見る目が変わったと感じております。
     今後は国内を廻られる予定と伺いました。どうぞお体をくれぐれもご自愛くださり、べーム読者ファンの期待に応えられますことをお祈り申し上げます。

                                    薔薇の咲く庭


    > 薔薇の咲く庭さん、
    >
    > 今晩は、以前一筆差し上げたことのあるベームです。
    > この度私の旅行記に沢山ご訪問、いいねを賜り有難うございます。デジカメの写真を並べただけの取り柄のない旅行記のどこが気に入られたのか、かえって恥ずかしい気持ちです。
    >
    > 私がドイツ、フランスにしか興味がなく訪問地が偏っているのに比べ、薔薇の咲く庭さんは広く世界中を廻っておられ好奇心旺盛とお見受けします。またそのお元気が羨ましいです。
    > 私は気力・体力の衰えからもう海外は半ば諦めており、この所国内派に移りつつあります。
    >
    > 今後もお元気に世界中を旅してください。    ベーム
    2018年09月02日12時41分 返信する

薔薇の咲く庭さん

薔薇の咲く庭さん 写真

47国・地域渡航

4都道府県訪問

写真 | QA掲示板 | 行ってきます | 掲示板 | コミュニティ | 行きたい

薔薇の咲く庭さんにとって旅行とは

日常の生活を離れて、未知の自然・文化・歴史・芸術に触れ、新たな自分を見つける時間

自分を客観的にみた第一印象

大好きな場所

森林浴ができる場所

大好きな理由

空気が爽やかであるから

行ってみたい場所

フィヨルド

現在47の国と地域に訪問しています

現在4都道府県に訪問しています