旅行のクチコミと比較サイト フォートラベル

Cover_10186610

コタ(Kota)1号さんのトラベラーページ

コタ(Kota)1号さんの写真全14,086 »

  • Lrg_53586337 イチオシ写真

    【Casa da Cultura 文化の家】

    エリア: レシフェ

  • Lrg_53339088 イチオシ写真

    【Casa da Cultura 文化の家】ぎょえぇぇ~~~!た......

    エリア: レシフェ

  • Lrg_53576922 イチオシ写真

    【Casa da Cultura 文化の家】上から見下ろす現在の牢屋は...

    エリア: レシフェ

  • Lrg_53576924 イチオシ写真

    【Casa da Cultura 文化の家】ふ~っ...やっと出れた....

    エリア: レシフェ

  • Lrg_53401665 イチオシ写真

    「最近、ホットドックが...やたらに旨めぇぇ~!」な~んて、昔は考えた...

    エリア: サンパウロ

  • Lrg_53482567 イチオシ写真

    【.....サンダルでした~】一枚のぺったんこのスチロールが....サ...

    エリア: サンパウロ

  • Lrg_53482602 イチオシ写真

    【This is Brasil!!】ブラジル、アぁぁぁぁ.....ぶら...

    エリア: サンパウロ

  • Lrg_53182107 イチオシ写真

    【ブラジル南部、白人文化のサンタカタリーナの田舎町を堪能する】の~んび...

    エリア: ジョインビレ

写真をもっと見る

コタ(Kota)1号さんのクチコミ全750 »

  • ホテル
  • ショッピング
  • グルメ・レストラン
  • 交通機関
  • 観光スポット
  • 基本情報

クチコミをもっと見る

コタ(Kota)1号さんのQ&A

回答(54件)

  • グアルーリョス空港の国内線への乗り換え時間について

    成田からエミレーツ航空でサンパウロに行きます。
    そのまま、LATAM航空でサルバドールに行きたいのですが、サンパウロでの乗り換え時間はどれぐらいを見ておいたらよいでしょうか。
    サンパウロには15:...もっと見る

    この回答は5人の人に役立ちました

    コタと申します。サンパウロを拠点に仕事をしています。

    確認ですが、サルバドール行の飛行機は、グァルーリョス(国際)空港発となっていますね?

    北へのアクセスは大部分がグァルーリョスですが、たまに国内専用空港のコンゴーニャス空港発なんかもあります...ので、チケット再確認しておいてください。

    もし間違いなく、グァルーリョス空港発ならば、問題ありません。

    エミレーツは、第三ターミナルに到着します。15:55着だとしても、遅くとも17:00には、出口まで出れます。

    そこから空港の中の廊下をトコトコと10~20分歩いて行けば、第二ターミナルに着けます。

    19:35発ですと、国内線なので一時間前チェックイン、という事は18:35にチェックインすれば十分だとすると、19:35便大丈夫だと思います。

    ただ、不確定要素としては、エミレーツが遅れた場合(殆ど聞いた事は無いですが)ヤバいので、用心するなら20:15の方が無難だとは思います。

    取り急ぎ ご参考までに~

    グアルーリョス国際空港 (GRU)

  • ブエノスアイレスでのワインショップからワインの空輸について

    今月、個人旅行でブエノスアイレスに行きます。
    ワインが好きなので、
    現地のワインショップで試飲をして、
    気に入ったワインがあれば12本程、空輸したいと考えておりました。

    ですが、手配先の旅...もっと見る

    この回答は8人の人に役立ちました

    ブラジルに住むコタと申します。

    ご質問の件は、(自分ではいつも出張の度に数本だけを手荷物で持ってくるだけで、日本までの空輸はやったことが無いので、余り無責任な事は言えないのですが)、現状のアルゼンチンの状況を考えると、全然問題ないと思います。

    と申しますのは、

    以前の輸出入管理が厳しかったクリスティーナ・キルチネル大統領政権のときでさえ、ワインは輸出しまくっていました。現在のアルゼンチンは、ビジネスマンであったマクロ氏が大統領になり、輸出入や外貨送金規制も可也緩和され普通の国に戻りつつあります.....という堅い話は....置いておいて、

    たぶんお店次第でしょうね。

    観光客を沢山受け入れているショップやワイナリーでしたら、その様なサービスもしていると思います。

    以前、浴びるようにワインを飲んだマルベックの里:メンドーサのワイナリーでも、同様のサービス(試飲+郵送)はしていました。

    ....ということで、どこのお店で出来るかを事前にネットで探しておくか問い合わせてみるのが賢明かと。

    ただ...ただですね、注意事項としまして、もも様も良くご存知の通り、ワインは保存状態が命ですので、どのような梱包で、どのぐらいの温度下、どのぐらい揺らさない状態を保ったまま輸送できるかが、味に大いに影響を与えますので、特にこの距離のある日本⇔アルゼンチン間を、まったく見ず知らずの第三者に委ねることに関しては、なんの補償もありません....

    日本と違って南米の流通は本当にレベルが低いんです。現地で飲んだときは美味しかったのに、日本についたら味が壊れていたでは苦労した意味が無いですし.....

    また、年に5-6回はアルゼンチンに出張していますが、仕事仲間のアルゼンチン人は、他国に一緒に出張に行った際に断言しておりました。

    「.....アルゼンチン人は、他国では絶対に自国のワインを飲まない....どうしてか?それは俺達はエゴイストなので、美味しいワインは絶対に外に出さない。自分達だけで美味しいワインを楽しむ為に...だから、外に出ているアルゼンチンワインは美味しくないよ...」と。

    従いまして、恐らく、ブエノスではもっと美味しいワインを沢山見つけることができるのでは、と思います。

    ちょっと、話が逸れましたが、結論、

    1.大きなお店なら送れる ⇒だけど、その場で買ったものはトランクに入れて持ってきたほうが良いのではないか?......でも、12本もどうやって...汗

    2.試飲もできます ⇒ただし、種類が限られる。これも大きな店ならば。

    なお蛇足ですが、ワイン好きな上、折角、日本の真裏のアルゼンチンまで来られるのですから、是非、メンドーサ(アンデス山脈の麓のワインの産地)まで、足を伸ばして下さい。美味しいワインを一生分浴びれますよ....笑)

    取り急ぎの情報までに。

  • 予防接種

    多くの外国人が訪れているのでそれほど深刻ではないと思いますが、アルゼンチンのイグアスの滝へ行くのに予防接種をした方がよいでしょうか(義務ではないことは知っています)。ボリビア、チリを経由してアルゼンチ...もっと見る

    この回答は6人の人に役立ちました

    そうですよね....。

    実は、黄熱病の予防注射は効果が強いので、接種の直後に発熱してしまう方もいるんです。

    私の会社の出張者たち、特に老齢の役員たちは、「本当に打たなきゃ駄目?」「そう言っても、大丈夫だよねぇ?」「もうこの歳で変なもの体に入れたくないなぁ~」と駄々をこねる方が多数....

    その様な場合は、現地側からは確かに注意喚起はしましたよ、会社内のドクターと相談した上で、あとは自己責任で来てくださいね、と申し上げるようにしています 笑)。

    確かに、人によりましては、体力やら体質が合う合わない等もありますので、強制もできません。注射して体がおかしくなったと言われても怖いですし。

    ただ、そうやって注射せず、こちらに来られ方で、これまで黄熱病に罹ったという事例は、私の周りでは現在までは、一人も出ていない事を付け加えさせて頂きます。

    まあ、今の世の中、どこへ行きましても、多種多様なリスクがゴロゴロしていますので、余り些細な事は気にせず、折角の南米大陸のご旅行を、お楽しみくだされれば、と思います。

    では。

    取り急ぎの追伸までに。


    コタ@

回答をもっと見る

質問(0件)

コタ(Kota)1号さんにとって旅行とは

海外にいると日本の良さがわかる.....。
でも..日本に長くいると....そんな日本が嫌いになる...。

それならば海外に身を置いてしまえば良いじゃん!と.....簡単に考え、即実行....アジア中心に活動していた筈が、とうとう地球の真裏(南米大陸)まで到達...そんな生活が、既に26年目....最近、ふっと物思いに耽る時間が多くなってきた....。

世界を股にかけるなんて...とてもそんな格好の良いものではない....現実の世界では、ドロドロよ...ほんとに..そもそも自分本位な外国人たちは、日本人の言うことなんか聞かねぇし.....

「沈まぬ太陽(山崎豊子著)」の恩地氏は10年で異常な左遷人事といわれる日本社会の中で、一体、俺は何なんだ?!という状態....。

そろそろ「日本人」としての霊が身から幽体離脱中.....もう無理!日本へ戻っても適応できない.....。

自分を客観的にみた第一印象

昔はバックパッカーだったような記憶が....あの時は本当に楽しかったなぁ~。

でも大学を卒業する時、現実的な選択肢を選んだ結果......もう既に何十年も へろへろのサラリーマン.....会社奉公は仮の姿のつもりだったのにぃ....。

企業勤めも悪くないなぁ、という時期もあったが.....もうダメ!......そろそろ勤続疲労が、全身だけでなく、脳味噌にまで及んできた........

あ~っっっ........いつまで働き続けなきゃいけないんだ.....!

...という....『根性も無し、気合も無し』.....今更 ガンバルという言葉が好きではない 糸の切れた凧おやじ。

でも自分の子供には『頑張れ!』という言葉を連発していても自己矛盾を一切感じていない......Zzzzzzzz......。

※ちなみに、トラベラーネームの「コタ」はインドネシアの首都:ジャカルタにある中華街の呼称。若い頃、ジャカルタに8年間いた時の思い出の地。よく学び、良く遊びました....

大好きな場所

昔、足跡を残してきたニュージーランド(ワーキングホリディしてた)/タイ(沈没してた)../ついでにアメリカのユタ州(遊学してた)....ただ私はモルモン教徒ではない...../あとブラジル(お仕事してる)も悪くは無い...。

大好きな理由

人生が変わってしまう程のディープインパクト......

行ってみたい場所

私は本当に老いた.......疲れる旅(冒険)はもうしない....歳相応の旅の形に修正中.。人が良い国がやっぱり一番!