旅行のクチコミと比較サイト フォートラベル
チュニジア×
旅行ガイド
観光
グルメ
ショッピング
交通
ホテル
ツアー
旅行記
Q&A
Wi-Fi

チュニジア 旅行

ピックアップ特集

チュニジア旅行の比較・予約

チュニジア 格安ツアー

最安ツアーを比較検索

成田発 チュニジア ツアー羽田発 チュニジア ツアー大阪発 チュニジア ツアー名古屋発 チュニジア ツアー

 チュニジア ホテル

クチコミで選べる

ホテル数は日本最大級

Wi-Fiレンタル

エリア最安プラン

1日あたり410円〜

人気都市ランキング40

エリア名で検索 :

※チュニジアで旅行者の多い都市順に表示しています。

チュニジア 人気都市ランキングをもっと見る

旅行記 1,523 件

  • 「サヘルの真珠」チュニジア第三の都市スースとマトマタ

    「サヘルの真珠」チュニジア第三の都市スースとマトマタ

    • 同行者:一人旅
    • 関連タグ:

      • 旅行時期:2018/02/07 - 2018/02/10(約1年前)

      「サヘル(=サハラ砂漠南縁部に広がる半乾燥地域)の真珠」の異名を持つスースはチュニジア第三の都市であり、旧市街は世界遺産にも登録されている歴史のある街です。 チュニスからエル・ジェム経由でこの街を訪れました。 そしてここからスター・ウォーズのロケ地としても知られるマトマタへ。時間の都合上マトマタには泊まりませんでしたが。。。逆に日帰りでも頑張れば行けるということが証明できて個人的に満足しています笑  もっと見る(写真22枚)

    • 地中海の風に吹かれて…マルタとチュニジアの旅【8】(オフシーズンの静かなリゾート地、ハマメットとナブール編/チュニジア)

      旅行6日目、シディブサイド→チュニスと移動後、 やって来たのは地中海沿いのリゾート地ハマメット。 オフシーズンという事でビーチには人影もなく、唯一の見所メディナも ほとんど人けがなく、静かな街を一人で練り歩くことに。 時間があまり急遽お隣の町ナブールへも遠出してみました。 行き当たりばったりでしたが、それなりに収穫もあり、 その後サンセットの時間にハマメットへ戻り、 地中海に沈む夕日にまったり〜。 11/08 関空朝発→ソウル→ローマ→マルタ深夜着(ラバト泊/マルタ) 11/09 イムディーナ→青の洞窟→ヴァレッタ(ヴァレッタ泊/マルタ) 11/10 ヴァレッタ→スリーシティーズ(ヴァレッタ泊/マルタ) 11/11 ヴァレッタ→マスサ... もっと見る(写真86枚)

    • 地中海の風に吹かれて…マルタとチュニジアの旅【7】(チュニジアン・ブルーが映える白い街、シディ・ブ・サイド編/チュニジア)

      旅行5日目、チュニスから憧れだった白い街シディ・ブ・サイドへ。 プライベート・ハウスのチェックインに手こずりましたが、 シディ・ブ・サイドはやっぱり私が訪れたチュニジアの街の中では、 断トツの美しさ。 アンダルシア風の白い壁にチュニジアン・ブルーの窓枠。 鉄鋲でデザインされた美しいドア、ジャスミンやブーゲンビリアが 咲き誇り、可愛い猫ちゃん達が寝そべっている光景。 細い階段上の路地が続き、そして目の前には美しい地中海。 マルタでは時間がなく駆け足旅になりましたが、その分チュニジアでは チュニジア時間に合わせてゆっくり散歩を楽しみました。 旅行6日目の午前中はハマメットへの移動編です。 11/08 関空朝発→... もっと見る(写真90枚)

    • 地中海の風に吹かれて…マルタとチュニジアの旅【6】(フランス統治時代の建築遺産巡り!チュニス前編/チュニジア)

      旅行5日目、マルタからのフライトは早朝6時頃、 チュニジアの首都チュニスへ。 本日の最終目的地シディブサイドへ直ぐに向うには早過ぎると思い、 少しチュニスの新市街を散策する事に。 新市街はフランス統治時代に建てられた建築遺産が多く、 アールヌーヴォー建築も目白押し。 他の国々と同じく独立を勝ち取ったチュニジアですが、 今もなお宗主国フランスが残していった香りが街に漂っていました。 4日後にチュニスへ戻ってメディナに滞在予定のため、 この旅行記は新市街の前編、後編はメディナとなります。 11/08 関空朝発→ソウル→ローマ→マルタ深夜着(ラバト泊/マルタ) 11/09 イムディーナ→青の洞窟→ヴァレッタ(ヴァレッタ泊/マル... もっと見る(写真57枚)

    • ベルベル人の民家訪問

      ベルベル人の民家訪問

      • 関連タグ:

        • 旅行時期:2018/09/16 - 2018/09/23(約5ヶ月前)

        数年ぶりに外務省の危険勧告が緩和されたので、念願のチュニジアへ。砂漠地帯のベルベル人民家訪問。電気もない家ですが携帯電話の電波はあり(笑)。手作り蜂蜜をつけて食べる手作りパンとミントティーをご馳走になりました。現地人との交流は楽しいものですね。チュニジアは物価も安く、人もおだやかな印象でした。 もっと見る(写真1枚)

      チュニジア 旅行記

      基本情報

      どんなとこ?

      北アフリカ、地中海エリアに位置し、人口10,276,000人の共和制の国。カルタゴ遺跡を始めとする遺跡が多く、観光資源に富む。ビーチリゾートを多く抱えることで多くのヨーロッパ観光客を惹きつけている。*禁煙:罰則あり。公共施設は禁煙。

      気候

      チュニスは夏季でもそれほど暑くなく、雨が少ない。冬季の10月から5月は降雨も多く、かなり寒いので暖房が必要。

      言語アラビア語、フランス語
      宗教イスラム教(国教)
      時差日本との時差は-8時間。チュニジアの方が遅れている。サマータイムはない。
      名物・お勧め料理クスクス、タジン(チュニジア風オムレツ)、ブリック(揚げ物)、ワイン、ブッハ(いちじくの酒)
      土産品シディブサイドの鳥かご、砂漠のバラワイン、オリーブオイル、アロマオイル民芸品(陶器、カーペット、銀細工、香水瓶)
      電圧127/220V
      Wi-Fi割引300円OFF フォートラベル GLOBAL WiFi

      チュニジア 地図

      チュニジアトラベラーランキング

      投稿数が多いトラベラー

      1 kayoさん
      kayoさん
      2 とろさん
      とろさん

      もっと見る

      クチコミの多いトラベラー

      旅行記の多いトラベラー

      1 WT信さん
      WT信さん
      2 suigo3さん
      suigo3さん

      もっと見る

      Q&A回答の多いトラベラー

      1 yasyasさん
      yasyasさん
      2 suigo3さん
      suigo3さん

      もっと見る

      旅行業界の皆様へ

      会社情報を掲載しませんか?無料で貴社の連絡先や旅行情報を登録できます!

      お申し込み・詳細はこちら

      4Tポイントを貯めよう

      チャンスは一日一回。
      エリアに隠された宝箱を探せ!お題はTOPページにて発表! 本日のお題はこちら!

      4Tポイントとは?