旅行のクチコミと比較サイト フォートラベル

ノーーウォリーズさんのトラベラーページ

ノーーウォリーズさんへのコメント一覧全45件

ノーーウォリーズさんの掲示板にコメントを書く

  • すごいですねー!殆どマスクしていない!

    豪州は凄いですねー!歩くときに街の殆どの人がマスクしていないんですね。
    当地メキシコはラテン気質なのでCOVID注意報がgreenになった今、皆マスクを外すかと思いましたが、今でも6,7割はしていますよ。
    全国の1日当りの新規感染者が3000人程度まで下がり死者も随分減ったので、米国よりも渡航制限が緩いかと思いましたが、豪州から見ればまだまだ感染者が増えている米国よりも厳しい渡航先に指定されているんですね。多分こっちの方が米国よりもゼロが一つ少ない筈なんですが・・・。アングロ同士の忖度なのでしょうか?
    でもメキシコへの海外からの入国には殆ど制限が無くて、先週のハロウィン休暇には米国からの観光客でカンクンは一杯だったそうです。
    此れだけユルユルでもCOVIDはどんどん減っています。
    ワクチンのお陰と云う人も居ますが、ワクチン接種済でも感染入院している人も結構居るので、何か別の要因なのではないでしょうかねえ?
    2021年11月10日07時59分返信する 関連旅行記

    RE: すごいですねー!殆どマスクしていない!

    日本在住の人にはノーマスクの人々が沢山歩いているのには驚きでしょうが、メキシコから見てもそうですか。

    確かにロックスのカフェが並ぶ場所だけ見ると誰もマスクしていないですが、シティ全体では半分位はマスクしている印象です。NSW州政府は屋外でのマスク義務を全部撤廃したので、これでも問題ないのです。マスク嫌いの国民性で、自粛とか同調圧力という言葉もないですし。3回目のロックダウンで学んだことは、コロナの大波が来たらマスク義務もロックダウンも全く機能しない事です。抵抗しても無駄なんで波が低い間はマスクなしで楽しみましょうという感じです。なぜ今は波が減っているのかは専門家も説明できていないですから。

    メキシコがアメリカより色が濃いのはCOVID以外での理由かと。Smartravellerではメキシコ陸路移動は昼間のみにして有料道路を使う様にと書いてあります。現地在住の人には大げさに聞こえるかもしれませんが。メキシコでも「死者の日」のパレードが賑やかに開催されたと、こちらのニュースで報道されていましたよ。

    今後またコロナの大波が来るかは分かりませんが、もし来たら3回目のワクチン接種と新開発の飲み薬で乗り切るしかなさそうです。それがコロナと共存の世界なのでしょう。
    2021年11月11日06時44分 返信する
  • マチュピチュ山山頂

    ノ--ウォ-リ-ズさん、マチュピチュ山山頂は私が2003年に登った時に比べると随分広くなりましたね。
    2003年の山頂は2㎡ぐらいでペル-国旗がはためいていて印象深かったです。
    当時はマチュピチュ遺跡の何処にでも入れて大きな木の木陰で寝そべって空を見上げたのが懐かしいです。
    今現在はコロナ禍でまだ閉鎖中なのかな。

    イグアスの滝の旅行記に訪問頂き有難うございます。
    迫力満点でとっても楽しいアクティビティでした。

      travel
    2021年10月29日09時36分返信する 関連旅行記

    RE: マチュピチュ山山頂

    travelさん、こんにちは

    マチュピチュ山の山頂は比較的に平坦なので、木を伐採して広くしたのでしょう。2003年と比べたら2017年は世界中で観光客は増えて有名観光地はいつも混雑していますね。2021年コロナ禍では旅行できませんが、これが終わったら世界中で旅行ブームとなりまた激増するのではないでしょうか。

    イグアスの滝やギアナ高地など、travelさんの旅行記で行きたいところが沢山あります。また行ける時期になったら参考にさせて頂きます。
    2021年11月01日22時10分 返信する
  • LGBT...

    こんにちは
    LGBTパレードなどは、こちらでは絶対無理でしょうねえ。
    近頃は、益々統制強化のようで、CMや男性の長髪、ジャニーズ系の容姿にもいちゃもんをつけてるようです(坊主頭推奨か?(^_^;))。
    まあ、我が街辺りでは、ジャニーズ系に出逢うことはそれ程多くないですが、けっこういます。
    ゲイバーなんかがあるのかは、知りませんが、上海のSNSなんかによると上海はゲイバー盛んなようです。

    ところで、こちらは、またまたデルタコロナが広がってしまいました。
    国慶節の国内旅行者が広めてしまったようです。
    けっこうな広がりになるかもしれない感じがあります。
    大型イベント(武漢マラソン、北京マラソンなど)は中止され、とにかく北京五輪まで厳戒態勢でいくようです(現在、北京には相当な理由が無いと他省から入境できません)。
    3回目接種を始めるという話も聞きます。
    とりあえず、私は近々インフルエンザワクチンを打つ予定です。

    スイカ
    2021年10月26日13時51分返信する 関連旅行記

    ゲームチェンジャー

    スイカさん、こんにちは
    LGBTQパレードは日本や中国などアジア諸国ではこんなに堂々と開放的にはできないでしょう。中国では障害者扱いですか?逮捕されないだけマシかも知れませんが。中国はイケメンだけでなく不動産やエネルギーなど不可解な統制も最近進めていて、いったいどこを目指しているのでしょうね。

    北京五輪まで厳戒態勢ということは、あと4ヶ月は不自由な生活ですか。。世界が開放に進む中での自粛は辛いのは分かります。中国もワクチン接種80%超えたなら、もう開放すれば良いと思うのですが、いつまで続けるのでしょう。私はゼロコロナとウィズコロナ両方の生活を経験しましたが、ゼロコロナは絶対安全でノーマスクで近場に旅行へ行けますが、突然ロックダウンや隔離が起きて安心ではなかったです。ワクチンでウィズコロナとなって安全性は僅かに落ちて日常生活にマスクが要りますが、突然ロックダウンはなくなり海外渡航も解禁されました。政府としても休業保障しなくて良いので安上がりだと思います。なのでワクチン接種がゲームチェンジャーになりゼロコロナの国もウィズコロナに転向したのでしょう。中国製ワクチン効果が十分でないなら、日本が開発した飲み薬を中国へ供給してもらうしか他に開放への道がないのでは。ただ再度ウイルスが進化してゲームチェンジャーとなる可能性もありますので、どちらが正しいのかはまだ分かりませんねー。
    2021年10月28日00時02分 返信する
  • こんばんは

    こんばんは。そちらの状況は、いかがですか?

    こちらは、入国厳格管理でゼロコロナ政策を続けていますが、どうしてもポツポツと1~数人の陽性者が市中で見つかり部分的ロックダウン・全員検査の繰り返しです(発生する場所は、やはり国際空港市や国境市)。
    陽性者の動線は、ホテル・鉄道・航空機の便名等がニュースで発表され、移動先地域全員に広報(アプリ)されます。
    (旅行先で陽性者が発見されると、全市(区)2週間はロックダウンなので旅行先から戻れない[ホテル隔離費は自腹、例えば14泊80000円位]。
    同地域に近日往来歴がある市民、同便利用者は、報告とPCR、数日間の健康報告が必要)

    ということで、旅行に出かけることは一応できるんですが、前記のような状況に巻き込まれる可能性があることを覚悟しなくてはなりません。

    一方、最近の日本は陽性者数が減少傾向ですね。

    今まで、「なにやってるんだ日本...もっと厳格入国管理や全員PCR実施してとっととコロナ抑え込めよ」と思ってましたが。。。あれれ?

    陽性者バリバリの英国も含め、日本などウイズコロナ国を見てると。。。あれれ?
    もしかすると、こりゃ世界はウイズコロナで完結していくんじゃないか?。。と思い始めました。

    すると、ゼロコロナの中国は完全にガラパゴスになってしまうんじゃないか?

    日本がこのまま1~2ヵ月、そしてこの冬を緊急事態宣言など無しに乗り越えられたならば、のろのろと亀のようだと思っていたウイズコロナ日本は、コロナ収束で先頭を走っていたゼロコロナ中国を抜き去って、一気に海外との渡航制限解除に向かっていけるのではないかと。。。。そんな気がしてきたしだいです。

    ゼロコロナは、普段の生活は極めて安全・容易ですが、海外との渡航制限解除の未来が思い描けない。。。(-_-;)

    ニュージーランドがゼロコロナを諦めてウイズコロナに舵を切ったことはニュースで見ました。
    オーストラリアもゼロコロナでしたよね。
    現状はいかがでしょう。
    世界のウイズコロナ国に対して、ゼロコロナ国はどんなふうになっていくんでしょうか・・・

    スイカ
    2021年10月21日22時00分返信する 関連旅行記

    Re: こんばんは

    今、旅行記に追記(...10/11まで)があることを知りました。
    ずいぶんと長いロックダウンだったようですね。
    そして、陽性者まだまだ多数のようですが、11月に海外往来解禁とのこと。
    この解禁とは、海外からの入国者に隔離期間が必要なくなるということでしょうか。
    多分、入国者のPCR陰性・ワクチン証明必須とかでしょうね(ワクチン証明必要諸外国は私の知る限り全て、中国製ワクチンは対象外(^_^;))

    このことからすると、オーストラリアは中国のような完全ゼロコロナとは違うようですね。
    これが現実でしょうねえ。。特効薬がない限り、完全ゼロを維持することなどできんでしょう。
    2021年10月21日22時12分 返信する

    RE: Re: こんばんは

    前返信コメントで、オーストラリアも8月にゼロコロナ断念したとありました。
    すみません、忘れてしまっていたようです。
    同じようなことなんども聞いてしまって申し訳ありませんでした。
    2021年10月21日22時24分 返信する

    鎖国を解除します、豪州はウィズコロナ派になります。

    すいかさん、お元気ですか。

    中国はゼロコロナを頑張っていますね。豪州(NSW, VIC, ACT州)は2021年8月にゼロコロナを断念して、今はウィズコロナを前提に感染者数ではなくワクチン摂取率でロックダウン解除の基準にしています。VIC州は2日前10/22、過去最大級の感染者数(2000人超)にも関わらずワクチン70%を超えたのでロックダウンを解除しました。NSW州は10/11にロックダウン解除した時点で最多から1/4ほどに減少(400人)していたので、VIC州は全く減らないのに解除したのは約束通りとはいえ驚きです。豪州には8州ありますが州境はクローズされ、コロナ状況は各州で大きく違うので、州が違うと別の国の感覚です。ゼロコロナを豪州5州が現在も維持していますが、今後はそれぞれです。観光収入が重要な州はワクチン80%でゼロコロナを転換して年末までに鎖国を解除する計画です。鉱山収入で自立できるWA州は永遠と鎖国しそうです。シドニーから国内WA州のパースより国外のパリへ先に旅行に行けると言われています。ちなみに中国製ワクチンでも豪州は入国を認めるそうです。

    豪州はワクチンが普及するまで1年半ゼロコロナを引き伸ばし、国民に普及したらウィズコロナに急遽転向して、犠牲者も最小限に済んで自由にも近づきつつあり、個人的な意見ですが良いタイミングと思っています。ゼロコロナの維持は永遠と心の平和が訪れず疲れました。2021年中旬まで豪州も中国と同じく、一人のコロナ感染で大騒ぎしていましたから。国内旅行は安全とはいえ全く安心でなく不自由でしたね。中国は今後どうするのか懸念するお気持ちわかります。中国も近く鎖国を続けるかの難しい選択を迫られるでしょう。中国製ワクチンの本当の効果が問われます。ただウィズコロナ国の将来はコロナの気まぐれで大きく変わりそうで、中国のゼロコロナがやはり正しかったと言える日が来るかも知れませんが。

    シドニーの2021年中旬ロックダウンのニュースは以下の旅行記の順に記載しています。最近は新たな旅行をしていないので、下2つは過去の旅行記を新規作成する時に少しだけ現在のニュースを追加しています。
    https://4travel.jp/travelogue/11698931
    https://4travel.jp/travelogue/11711593
    https://4travel.jp/travelogue/11717898
    2021年10月25日00時22分 返信する
  • 素晴らしいリポートありがとうございます

    素晴らしい旅行記ありがとうございます。
    Abbey Medieval Festival は知っていましたが、シドニーでもこれだけの規模のフェスティバルがあるのですね!
    いづれ本格的なジョストを間近で見たいなと思ってます。
    2021年09月18日15時54分返信する 関連旅行記

    本格的なジョスト

    コメントありがとうございます。
    Abbey Medieval Festivalをご存知とはかなり詳しいですね。2021年7月にイベント開催予定が、直前にQLD州内で数人のコロナ感染者が出て地域全体がロックダウンされて、急遽中止になりました。残念ですが、こちらではよく起きる事です。

    今回の旅行記掲載以外でも、シドニーでは WinterFestとSt Ives Medieval Festival でジョストが見られます。私もさびびさんの旅行記の様にヨーロッパでジョストを見てみたいです。
    2021年09月26日23時20分 返信する
  • 先が見えませんねぇ...

    こんにちは
    中国もニュージーランドもオーストラリアも、
    ロックダウンと全市民PCR絞り込みでゼロにはできるんですよねぇ。
    この方策で国内は抑え込めますが、自由な海外渡航になるには、全世界が終息するしかないのでしょうか...
    中国入国は現在2週間完全ホテル隔離+1週間自宅(もしくはホテル)で行動制限です。
    日本への一時帰国が以前のような状態に戻るのには、全く先が見えません。

    来年2月には北京冬季五輪が予定されています。
    実施するのでしょうか...
    3週間隔離覚悟で北京に来る選手や観光客はいるんでしょうか...
    入国したって移動や宿泊、施設入場には健康アプリが必須。
    その場でQR読み込む必要があるため中国内での通信可能なスマホが必要。Wifiが全ての場所にあるわけではないし、場所によってはSMSで確認コードを受け取るための中国電話番号も必要です。

    今悩んでいます。
    北京五輪がどうなるかわかりませんが、五輪でバタバタする前に、日本2週間、中国3週間の隔離覚悟で日本一時帰国しようかと。
    (1年前から個人的用事があって帰国しないと毎月損害が生じています)
    ただ、日本帰国で陽性もらってはシャレにもなりません。
    先月中国ニュースで日本一時帰国者が中国再入国で陽性→隔離の報がありました。
    外国人が陽性の場合、どういう対応をされるのかも不安です。
    どうしたもんかと...

    そちらの様子は、いかかですか?
    一時帰国など考えておられるでしょうか。

    スイカ
    2021年09月05日17時08分返信する 関連旅行記

    ゼロコロナ断念しました

    スイカさん、こんにちは

    最近の中国がどうなっているか気になっていましたが、デルタ株も収束させたとは恐るべし中国です。残念ながらここシドニー(NSW州)は2ヶ月間のロックダウンでも全く減らす事ができず、2021年8月下旬にゼロコロナを断念しました。ゼロコロナ維持の国は世界中でもあと僅かになりました。ただオーストラリア内でデルタ株の収束に成功した州もあります。8州の内2州がコロナ共生派で他の6州がゼロコロナ維持派に分断され、国としてどうするか今大きく揉めている状況です。豪首相が言うには80%の国民がワクチン完了したら国外渡航を解禁したいそうですが、ゼロコロナの州の反対・ワクチン拒否派・アメリカでの再拡散の状況から難しいかもしれません。確かに先が見えませんね。。

    日本一時帰国については、スイカさんの個人的状況でご判断すべきかと。中国は北京五輪だからと隔離を緩めるとは思えませんし、行くなら早い方が良いのでは。以前に日本帰国の費用をシミュレーションされていましたが、その費用と時間と感染リスクをかけても帰国する十分な理由があればそうすべきかと思います。他に中国帰国時に隔離や評判もあります。ちなみに6月シドニーにデルタ株を拡散させた原因とされる国際空港のリムジン運転手が、数日前に初めて実名を公開してテレビに出ていました。マスク着用義務違反があり$500ドルの罰金を払っただけで普段の生活に戻っているとか。コロナ拡散の原因である彼に対して世論は冷静でほとんど批判は見かけません。

    私は海外の生活拠点が長く日系駐在員でもないので、日本帰国する理由は今は特にないです。豪州が国外渡航を解禁して日本入国の隔離が数日位になり、お互い安心して移動できる時期まで待ちます。すいません、参考にならないお答えで。。私も海外へ1日でも早く行けることを願っています。
    2021年09月11日00時11分 返信する
  • マオリのタトゥーは日本の縄文時代の入れ墨に似ている様な気がします。

    縄文の人型土器の模様からの推測ですが、マオリや太平洋諸島の入れ墨は日本の縄文時代の入れ墨にパターンが似ている様な気がします。
    現代の日本の入れ墨は江戸期以降のものの様です。
    それにしても島毎に違うダンスや文化を一堂に見れるのは良いですね。
    そう云えば昔マリアナ諸島のシャカオ・バーでカヴァを飲んだ事を思い出しました。
    ヌルヌルした舌触りで暫くすると喉が痺れてボンヤリと酔った感じになりましたが、酒に比べると弱い印象だったのを覚えています。どちらかと云うとダウン系の酔いでした。
    日本でシャカオ・バーを開けないかと友人と調べた事がありましたが、カヴァは胡椒科の植物ですが日本へは持ち込めないと判って諦めた事が有ります(笑)
    2021年08月29日08時30分返信する 関連旅行記

    RE: マオリのタトゥーは日本の縄文時代に似ている様な気がします。

    polodaddyさん、日本では少し話にくい話題ですが、コメントありがとうございます。

    縄文時代のタトゥー文化(入れ墨は江戸時代の悪名高いイメージがある言葉なので使用を避けます)について、少しネットで調べてみました。確かにマオリとも似ていますし、私にはアイヌが盆に彫る模様に近いと思いました。アイヌとマオリの女性には、口の周りにタトゥーがあるのは共通していますし、もしかすると何か関連があるのかもしれません。日本を含むアジア太平洋地域では、縄文時代頃に伝統文化のタトゥーはどの地域でも見られた様です。その後日本では江戸時代に悪名高いイメージに変わったと思われます。現在の豪州では警官含めタトゥーしている人多いので(これもまた別の意味のファッションとして)、私には否定的イメージはないですが。

    カヴァはそうですね、バヌアツのカヴァバーには男たちが集まっていましたが、皆で飲んで騒いでいる訳ではなく、無言で静かな酒場の様な雰囲気でした。シドニーのカヴァはノンアルコール・ビールです。日本にはカヴァ持ち込み禁止なんですね。もし合法なら賛非両論ですがアルコールに替わる嗜好品として流行ったりするかもしれませんね。
    2021年09月01日22時39分 返信する
  • こんな旅行記を読みたかったのです。感激、感謝

    ノーーウォリーズさん 初めまして
    私のポーツマス軍港旅行記にいいねありがとうございました。
    てっきり、ケアンズの古い帆船に乗りたいと書いた旅行記をアップしたばかりなので、その反応でいいねを頂いたのかと思っていました。

    ノーーウォリーズさんはオーストラリア在住なのですか。
    この帆船旅行記には、とても驚き、感激いっぱい、この日を待っていましたです。
    欧州では古い帆船を多く見ることがありますが、オーストラリアも同じだったのですね。保存状態とかボランティア制度や有料クルージングなど欧州よりも進んでいるかもしれません。
    昔、シドニー湾遊覧をしたことありますが、子供が一人小さいディンギーで日本では考えられない沖で帆走しているのに驚いたことがあります。地図の②の辺り
    オーストラリアの根強いヨット文化は小さな時から鍛え上げられているのですね。

    興味深い話も多く勉強になりました。
    フランスもオーストラリア進出を狙っていたとか。
    帆船は追い風でしか走らないとか。ヨットではないのだ。
    レディネルソン号の年間維持費が年1,000万円!
    それにしても、あの小さな船で何を運んでいたのでしょうかね。
    ジェームズ・クレイグ号の修復作業が16年30億円かかったとか!

    私はコロナが収束したら、行きたい候補地がありましたがオーストラリアは入っていませんでした。この旅行記を読んで困ったことなりました。
    タスマニアは遠いので、せめてジェームズ・クレイグ号には乗りたい気分です。
    それと、もし行くとすれば、1月26日が狙いですね。いい事教えて頂きました。

    まだ他にも興味深い旅行記があるようですので立ち寄りさせて頂きます。
    帆船大好き人間同士として、これからもよろしくお願い申し上げます。
    2021年07月19日14時58分返信する 関連旅行記

    RE: こんな旅行記を読みたかったのです。感激、感謝

    Olive Kenjiさん、こんにちは。

    私の旅行記に共感いただき嬉しいです。
    この帆船旅行記を公開後、帆船に関する他の旅行記を探している時にOlive Kenjiさんの旅行記を読ませてもらいました。地球の裏のイギリスでも同じく歴史的帆船は保存されているのですね。ただ一般向けに帆走の機会は世界広くても殆ど見つかりませんでした。シドニーはヨットや帆船が好きな人には素晴らしい場所なのだと気がつきました。

    そうですね、ローズベイに有名なディンギークラブがありますね。子供の頃からセーリングの訓練していると思います。豪のセーリングは毎回五輪で金メダルを取っているので、東京五輪2020でも期待しています。

    コロナ禍が終わったら、また1月26日などシドニーで帆船に乗れる機会は多くあると思います。早く海外旅行ができることを願っています。
    2021年07月21日23時11分 返信する
  • またまたロックダウンですか、大変ですね。人気のないロックスってどんな感じなんでしょう?

    シドニーも大変そうですねぇ。国際線クルー、タクシーの運転手、ショッピングセンターの客達はマスクしてなかったんでしょうか?なんか米国もそうですがワクチン打ったらマスク無し、警戒サインが緑になったらマスク無し、って無警戒過ぎますよね。
    当地メキシコもグリンゴ(米国人)観光客が多い(今でも普通に隔離無しで受け入れています)カンクン辺りでは未だ未だ患者数が下がっていません。観光地やメキシコ市を除く地方都市では随分改善してきているんですけどね。
    それでもメキシコ人は比較的皆マスクしています。あまり効果が無いウレタンマスクや鼻マスクを含んでの話ですが。ワクチン打ってもマスクと手洗いは当分継続しないとダメそうですね。
    2021年06月29日03時39分返信する 関連旅行記

    ご心配ありがとうございます

    こんにちは。
    ロックスにも行きましたが、行止まりなので静かなシドニーでも特に無人でした。先週までマーケットで賑わっていたはずですが。この非現実的な光景は今しか見れないと思います(1年前もありましたが)。入国者を扱う職種は全員マスク必須でワクチン摂取も強く推奨と言っていましたが、運転手はマスクなしで未摂取なのが発覚して調査されています。ショッピングセンター内は最近までほぼ全員マスクなしでした。ここ数ヶ月ゼロコロナだったんで無警戒でした。なので一気に広がりましたね。。

    ワクチン摂取済のアメリカ人が沢山メキシコに来たら、ワクチン未摂取のメキシコ人にとっては恐怖・迷惑極まりないでしょう。それなら日本一時帰国した方が安全そう、と思いましたが五輪で世界中の人が日本へ行きますね。。安全に楽しく日本滞在をお過ごしください。
    2021年06月29日22時20分 返信する

    RE: ご心配ありがとうございます

    そうなんです、だから五輪前に既にメヒコに戻っています。
    こっちの方が未だデルタ株がないので。
    此方への入国には事前のPCR検査も不要、スマホアプリへの申告だけ、自主隔離は推奨されていますが、制度的に強制される訳でもないです。
    なのでこちらの空港に着いたら普通にタクシーで家に帰りました。
    カンクンのアメリカ人の問題は、多分屋内ではマスク使用を要求されますので屋外のオープンなレストランなどで大声でしゃべり散らしているからではないかと思います。この点では中国人に似ています(笑)
    カンクンへはデルタやユナイテッドの他にも多くのLCCが今でも普通に飛んでいますので、次の低地休暇はどうしようかと考えています。
    2021年06月30日00時03分 返信する

    メキシコの方が安全なんですか

    東京五輪の日本よりアメリカ人が押し寄せるメキシコの方が安全そうなのですね。日本滞在中にデルタ株以外にもそんな雰囲気を感じたのでしょうか。私のいる国(州)では未だに日に20人ほどのコロナ感染でロックダウンされて不自由な生活に戻りました。五輪を強行する日本とは対極の国です。もうすぐ東京五輪ですが、大きな問題なく終わることを祈っています。
    2021年07月04日22時33分 返信する
  • こんばんは

    なんだか、なかなか先が見えませんね。
    こっちも少し前から広州で国内発症があって区域制限が行われています。広州は国際便(日本便も)が開いているんです。
    中国の入国管理は相当厳しいですが、やっぱり漏れるんでしょうね。
    日本はオリンピックでどうなるんでしょうか…
    スイカ
    2021年06月28日04時36分返信する 関連旅行記

    中国は今でも厳しいですね

    こんにちは、
    愚痴の様な私の旅行記読んでいただきありがとうございます。西安の旅行記読ませてもらいました。国内移動でもワクチン摂取、陰性証明、どこでもQRコードって、相変わらず中国は厳しいですね。コロナに便乗して、国民の監視を強化している感じもしますが。

    2月時点で橋本五輪会長が全豪オープンを参考にすると言いながら全く反対の隔離対策にしたのは、厳しい中国や豪州でも漏れているので、日本ではとても隔離できないと考えたのでしょうか。豪州でも一気に数万人は無理です。正解は一つではないでしょうが、これが国民に「安心・安全」かは疑問ですね。選手村でクラスターが起きてコロナに罹らなかった選手が不戦勝で金メダルなんて大会なら、色々な問題になりそうです。
    2021年06月29日22時14分 返信する

    RE: 中国は今でも厳しいですね

    コロナ監視というか中国が監視カメラだらけなのは有名ですよね。
    相方が言うには、例えば新築マンションのショールームに行くと顔認証からその人の資産(講座残高とか)までデータが一瞬でわかっているはずだって言ってますσ(^_^;)
    日本だったら大問題ですよね。中国はニーハオトイレでお尻を出しても恥ずかしくない人達ですから気にしないんでしょう。資産を隠したい大富豪は別として、マンションのショールームに来るレベルの金持ちは逆に俺はこんだけ持ってるぞって見せたいかもしれません。

    ところで、そちらではオリンピックのCMとかやってますか?
    当の日本じゃ開催反対の意見が多くてCMなんてないようですが、中国ではコロナ前から東京オリンピック7月◯日開催!(日本人のくせに日付覚えてません)って中国チームの映像流してます。
    日本がコロナ真っ只中で開催なんて無理だろうって思ってた時もずっと流してるんで「こりゃある種の嫌味だな」ってな感じまでしたし、それとも「オイオイ日本よ、ちゃんと決まった通りオリンピックやれよな」って脅しか?ってなくらい流してました。まあ素直に「頑張れよ日本」って言ってるんでしょうけど。
    もちろん来年の北京冬季五輪CMもやってます。
    スイカ
    2021年06月30日01時46分 返信する

    現時点では東京五輪の盛り上がりは少ないです

    中国ではもう顔認証が始まっているんですね。数年後にはスマホとQRコードも時代遅れになるのでしょうか。ただ管理する側があれなんで、便利さより恐怖さの方が大きいかと思いますが。私が2019年に中国の田舎を旅行した時は、スマホのローミング接続も無しで全て現金払いでも不便は感じませんでしたが、僅か2年で隔世の感じです。

    オリンピックのCM、豪州では全くないです(私はテレビをあまり観ないし、五輪ファンでもないですが)。五輪関連はニュースで誰が出場権を取ったと報道される位で1ヶ月前の今はまだ静かです。始まれば盛り上がると思いますが(「競技で」であることを祈ります)。日本や中国では五輪は商業主義・愛国主義感が大きいのでしょうが、豪州では普通のスポーツイベントです。国民全員で盛り上がるスポーツイベントは、個人主義の豪州では五輪に限らず皆無ですね。2032年オリンピックが豪州に決まりそうですけど、これも現時点では大きな盛り上がりは聞かないです。東京五輪の混乱が影響しているのかは分かりませんが。
    2021年06月30日21時30分 返信する

ノーーウォリーズさん

ノーーウォリーズさん 写真

41国・地域渡航

3都道府県訪問

写真 | QA掲示板 | 行ってきます | 掲示板 | コミュニティ | 行きたい

ノーーウォリーズさんにとって旅行とは

旅のテーマは主に、1.世界の秘境 2.絶景登山 3.民族のお祭り です。世界は確実に狭くなっていますが、未知なる体験を求めて旅しています。
2020年からのコロナ禍では、オーストラリアで世界を感じる事・ロックダウン中の滞在記を発信しています。

自分を客観的にみた第一印象

旅を続けた結果(又は、旅を続ける為に)、海外に住んでいると言われます。本当は違うのですが。。

大好きな場所

すべての旅に個人的な思い出はありますが、秘境旅行家としては以下の旅が記憶に残っています。
1. (2017 中国) チベット横断・カイラス巡礼
2. (2019 ロシア) 冬のシベリア縦断
3. (2019 カナダ) カナダ北極圏
4. (2018, 2020 オーストラリア) 4WDオフロード冒険

世界一のXXXという場所も好きです。今まで訪れたのは、世界最北端の町(2015 スヴァールバル諸島)・世界最南端の町(2017 チリ)・世界最高の鉄道(2017 中国)・世界最高の峠(2012 インド)・世界最低の地(2016 ヨルダン)・世界一寒い都市(2019 ロシア)、でしょうか。

大好きな理由

秘境だから、訪れた人も少ないから、日本語の旅行情報も少ないから。ネット・SNS時代では世界に残る秘境は僅かです。インスタグラムで人気の場所とは、全く正反対のマニアックな趣向です。コロナ禍では非常に行く事が難しくなってしまいましたが。

行ってみたい場所

現在41の国と地域に訪問しています

拡大ボタンを押すと地図が
動かせます。

現在3都道府県に訪問しています

参加中のコミュニティ(全0件)