旅行のクチコミと比較サイト フォートラベル

旅好きのottuさんのトラベラーページ

旅好きのottuさんの写真全1,152 »

  • 洞窟の中をずっと歩いて行き、外に出て一番端の展望台まで行く。まぁまぁ景...

    エリア: その他の都市

  • 以上で今日のツアーは終了。既に暗くなった道をパアンの市街地へ向けて戻る...

    エリア: その他の都市

  • 乾季には水量がかなり減るのではと思われる浅い沼地が眼下に広がっている。...

    エリア: その他の都市

  • 【10月20日(日)パアン2日目、日帰りツアーに参加】昨夜は一旦目を覚...

    エリア: その他の都市

  • 日焼けと疲労でヘロヘロだったが、すぐにシャワーを浴びて服を着替える。1...

    エリア: その他の都市

  • 16時40分サダン洞窟を出発。この後もう一箇所、小さな洞窟のある寺院コ...

    エリア: その他の都市

  • 自然に出来たとされる細長い岩山の上に仏塔が建っている。途中までしか登れ...

    エリア: その他の都市

  • 15時20分、六番目のスポット、サダン洞窟に到着。 今日入った洞窟の中...

    エリア: その他の都市

写真をもっと見る

旅好きのottuさんのクチコミ全105 »

  • ホテル
  • ショッピング
  • グルメ・レストラン
  • 交通機関
  • 観光スポット
  • 基本情報

クチコミをもっと見る

旅好きのottuさんへのコメント全0 »

掲示板に書く

旅好きのottuさんのQ&A

回答(0件)

質問(0件)

旅好きのottuさん

旅好きのottuさん 写真

5国・地域渡航

2都道府県訪問

写真 | QA掲示板 | 行ってきます | 掲示版 | コミュニティ | 行きたい

旅好きのottuさんにとって旅行とは

恥の多い旅を重ねてきました。私にはもはや旅とは何なのか、わからなくなりました。

初海外はかろうじて20歳台。1991年07月~08月の一人旅。
横浜~ナホトカ航路(2泊3日)で当時のソ連に入り、シベリア鉄道ではるばるモスクワへ。赤の広場、クレムリン、レーニン廟を見た。郊外の修道院の墓地には、作曲家ロシア五人衆の墓が。
レニングラード(当時)を経て、陸路(鉄道)でヘルシンキへ出国した。資本主義圏に入ってホッとしたのをよく覚えている。
シリアライン(バルト海航路)でストックホルム入り。そこから鉄道に乗って到着したコペンハーゲンでは、帰国するための片道航空券(モスクワ経由のアエロフロート便)を現地で調達。トルコ系の小さな代理店だった。片道9万円くらいだったかな。
余裕しゃくしゃくで、人魚姫像を見に行ったり、チボリで遊んだり。
この時の日本への帰国便が人生初のフライト。それまで国内線にも乗ったことがなかった。
私のソ連出国から約1週間後、ゴルバチョフ大統領(当時)が軟禁されるソ連保守派のクーデタが勃発!

二度目の海外は、1991年12月~翌年01月にロンドン、スコットランド、アイルランド、パリ。
これが唯一、友人との二人旅。
成田発ロンドン行きのアエロフロート便で出発したものの、モスクワのシェレメチェボ空港でトランジットするロンドン行きの便がソ連崩壊の影響から12時間以上も遅延。
友人と空港で夜明かし。1泊目のロンドンのホテルの予約は消滅し、無論返金なし。
この旅の途中に私が発熱するも、無事帰国。

三度目の海外は、1993年07~08月にタイでバックパッカー・デビュー。
異常な冷夏、細川内閣誕生など我関せずに、タイをほっつき歩いた。

レーニン廟見学から28年後の2019年04月、ハノイでホーチミン廟を見学した。レーニンとホーチミンの冷凍遺体を両方見た人は、今の世界の中で私のほかに、どれくらいいるのだろう?

自分を客観的にみた第一印象

大好きな場所

1 バンコク、コサムイ
2 ロイコー(ミャンマーの地方都市)
3 メーホンソーン
4 黒島(八重山諸島)

大好きな理由

1 初めてバックパッカーになった場所。
2 2019年夏に訪れた。ミャンマーという国の魅力を知った。
3 古き良きタイランドの良さを感じられる地方都市。
4 3とほぼ同じ。古き良き沖縄…。ぜひ行って下され。

行ってみたい場所

イスタンブール
イェルサレム
ワルシャワ
プラハ
バルト三国

前二者は、テロリズムが怖くて行けないビビリな私。
後三者は、高い航空券にいつも目眩がする私。誰か航空券プレゼントしてくれないかな。

現在5の国と地域に訪問しています

現在2都道府県に訪問しています

福岡 | 沖縄 |

参加中のコミュニティ(全0件)