旅行のクチコミと比較サイト フォートラベル

fmi(ふみ)さんのトラベラーページ

fmi(ふみ)さんのクチコミ全675件

条件をクリア
エリア
カテゴリ
並び順

  • ホテル
  • ショッピング
  • グルメ・レストラン
  • 交通機関
  • 観光スポット
  • 基本情報
  • 広い駐車場と豊富なお土産

    投稿日 2019年08月31日

    道の駅 たけゆらの里おおたき いすみ・大多喜

    総合評価:4.0

     国道297号線大多喜バイパス沿いにある道の駅。上り車線側にあるので、勝浦方面へ行く場合は、右折することになる。
     公共交通は不便だが、東京と勝浦を結ぶ高速バスの停留所が併設されている。
     駐車場は結構広く大型車も楽に停まれるほか、お土産物や地域の物産も豊富。売り場も広い。
     周囲は小山の多い農村だが、すぐそばにコンビニがある。
     千葉方面へ帰る場合、この先の船子交差点は渋滞しやすいので、ここでトイレを済ませた方が良い。

    旅行時期
    2019年08月
    バリアフリー:
    4.0
    トイレの快適度:
    4.0
    お土産の品数:
    4.5

  • 砂浜の真ん中に建つ

    投稿日 2019年08月29日

    月の沙漠記念像 御宿

    総合評価:3.0

     団体旅行で行った。
     御宿駅から近く、博物館も目の前。
     2頭のラクダに乗った人物象が、こんもりとした丘の上にある。傾斜があるので、ややバリアフルか、お年寄りが若干足をとられていた。
     現在ある像は、2代目で、90年代にたて直したとのこと。
     まわりは砂浜一色で直射日光が降り注ぐ、真夏はつらいかも。

    旅行時期
    2019年08月
    利用した際の同行者
    社員・団体旅行
    アクセス:
    3.5
    駅から至近
    人混みの少なさ:
    4.0
    バリアフリー:
    3.0
    見ごたえ:
    3.0

  • 海岸のすぐそば、こじんまりしてる

    投稿日 2019年08月29日

    月の沙漠記念館 御宿

    総合評価:3.5

     そばは海。御宿駅から近く、御宿ビーチとラクダの像は橋を渡った目の前。
     「月の砂漠」という歌の作詞家が、御宿由来なのでこの博物館があり、その作詞家に関する展示が主。館内は小ぶりですぐ廻れる。ただ、2階部分は撮影禁止エリアがある。
     入場料は、65歳以上は割り引かれる。館内玄関には、小さいが物産や土産物コーナーもあるので買い物も可能。

    旅行時期
    2019年08月
    利用した際の同行者
    社員・団体旅行
    アクセス:
    4.0
    駅至近
    コストパフォーマンス:
    3.5
    人混みの少なさ:
    4.0
    展示内容:
    3.0
    バリアフリー:
    4.0

  • 台湾、トイレ関連いろいろ

    投稿日 2019年08月03日

    台湾

    総合評価:3.0

     台湾のトイレ関連情報
     トイレットペーパー--台北のホテルでは、基本的に流せる。駅などでは、個室に大きめのごみ箱が据え付けてある場合は、流さずにそこに捨てた方が良い。
     清潔さ--駅や百貨店などは、清潔。
     乗り物の場合--台湾鉄路の車両は、区間車(普通電車)も含めて、編成内に必ず1両はトイレが設置されている。男子用便所がついてる場合も多い。ただ、やや古い車両は、いわゆる「中国式便所」、ようするに洋式ではない。高速バス(国道客運)も、長距離系は基本ついている。台北から九分行きなど短距離系はついてない。
     注意点--台北駅前の「京站」という百貨店で気づいたのだが、全個室とも「和式」だった。こういう所が多いんじゃないかと思う。洋式じゃないと嫌だという人は、なるべくホテルで済ませた方がいいかも。

    旅行時期
    2019年04月

  • 早朝の羽田空港行はかなり混む

    投稿日 2019年08月26日

    都営地下鉄 浅草線 浅草

    総合評価:4.0

     羽田空港へ直通するようになって20年くらいたったが、10分間隔で空港まで行く便利さのおかげで、時間によっては両方向ともかなり混むようになってしまった。
     特に朝方9時までに空港に着く列車(都営線内を7時台から8時台前半に通る)の混雑が目立つ。京成からくる直通特急は、浅草あたりからどんどん空くくのだが、空港行く列車は降りる人より乗る人のほうが多く、京急の蒲田からダメ押しに乗って来て、もう乗車できない状態になる。
     空港まで行かず京急の空港線内(特に大鳥居)で下車してしまう通勤客も多く、通勤客と空港旅行客双方が都営線内から乗りとおすのが混雑の最大の原因。朝ラッシュ時でも都営線内から空港へ行く直通電車が10分間隔と明らかに少ないのも理由だろう。

    旅行時期
    2019年08月
    コストパフォーマンス:
    3.5
    人混みの少なさ:
    3.0
    混むようになってしまった
    バリアフリー:
    3.5
    映像案内充実、4か国語対応
    乗り場へのアクセス:
    3.5
    車窓:
    3.0

  • 土日にも存在、12両編成快特!

    投稿日 2019年08月22日

    京急本線 (空港線) 品川

    総合評価:5.0

     時速120kmで疾走する湘南のロマンスカー、快速特急。人気が高いので混雑する電車であるが、土日も「12両編成」で運行する快特があるのが分かった。
     土日の朝方下りの、「A運用快特(平たく言うと、泉岳寺始発2100型使用の快特)」は品川から金沢文庫の間で4両増結、12両で走る。品川9時台発のA運用はみんな12両だった。調べると、土日朝9時台の金沢文庫発車の快特も12両のようである。
     始発の泉岳寺駅から乗る人が増えてきてるので、どうしても快特に座っていきたい人は、品川駅の増結車が停まるあたりで並んでいた方が良い(案内は表示機や音声で頻繁に行ってる)、ただし、増結車の4r等編成は人気のロマンスカー2100型ではなく、ロングシート主体の1000型や600型である。
     都営直通京成青砥発着の快特(SH運用)は、この時間は増結を行わない。
     「みさきまぐろきっぷ」を握りしめた乗客を満載し、今日も2100系快特12両編成が、20分ごとに時速120キロで神奈川県を疾走する。

    旅行時期
    2019年08月
    コストパフォーマンス:
    4.5
    JRより安い
    人混みの少なさ:
    3.0
    快特と空港直通は混んでる
    バリアフリー:
    4.5
    乗り場へのアクセス:
    4.0
    品川はちょっと面倒
    車窓:
    5.0
    前面に展望席

  • 松並木の小さな半島、カニが歩き回る

    投稿日 2019年08月18日

    琵琶島神社 八景島

    総合評価:3.5

     平潟湾につきでた小さな半島。弁財天が祭ってある。
     岸は石組みで、足元までカニが歩き回っている。かなり小ぶりな神社だが、視界に広がる平潟湾はことのほか綺麗。潮風に当たりながらまったりとできる。すぐ真上を、シーサイドラインの電車が走っていく。
     ちょっとした駅前散策に最適だ。

    旅行時期
    2019年08月
    利用した際の同行者
    一人旅
    アクセス:
    4.5
    駅からすぐ
    人混みの少なさ:
    4.0
    バリアフリー:
    2.5
    見ごたえ:
    3.5

  • 金沢八景発着路線の紹介

    投稿日 2019年08月18日

    路線バス (神奈川中央交通) 平塚・大磯

    総合評価:4.0

     神奈中バスのうち、三浦半島付け根を横断する路線(船08系統)の紹介。
     金沢八景駅から、大船駅へ抜ける路線があり、日中は20分間隔で運行されている。
     県道23号(環4)をひたすら走り、朝比奈インター・相武トンネルで三浦半島の尾根を越え、公田交差点で鎌倉街道に合流し大船に至る。とちゅう、横浜霊園、上郷市民の森(金沢や釜利谷、氷取沢につながってる)、いたち川(源流部が整備され自然が豊か)を通るので行楽にも使える路線だ。
     ただ、金沢区の六浦近辺、大船に近い公田交差点は、渋滞が発生しやすく、意外と時間がかかる。また、大船のバス停は、大船駅からやや離れている(ルリエ大船むかい)。

    旅行時期
    2019年08月
    コストパフォーマンス:
    3.5
    人混みの少なさ:
    4.0
    バリアフリー:
    4.0
    乗り場へのアクセス:
    4.0
    車窓:
    4.0
    三浦半島横断路線は景色が良い

  • 事故の影響で、本数を減らしてるのが残念、座席は良好。

    投稿日 2019年08月18日

    金沢シーサイドライン (横浜シーサイドライン) 八景島

    総合評価:4.0

     横浜は金沢の新交通システム。車両は新型にすべて置き換わり、クロスシートになったので眺めは最高である。前面からも展望が可能。全線高い所を走るので見晴らしがよく、八景の海が良く見える。眺めが一番良いうのは、市大医学部から金沢八景の間、平潟湾は海の上を通る。
     ただ、シーズン中なので結構混んでいた。混んでる理由は、夏だからというだけでなく、本数を減らしてるから。新杉田の駅で衝突事故を起こし、安全のために本数を減らしてるのだ。休日は、日中10分間隔の運転、以前の6割くらいの本数。
     金沢八景から混んでいた車両は、八景島で結構乗客が降り、あとは座ることが出来た。

    旅行時期
    2019年08月
    コストパフォーマンス:
    3.5
    人混みの少なさ:
    3.0
    本数が少なくなったので混んでいる
    バリアフリー:
    4.0
    駅は高架だがエレベータ、エスカレータがある。
    乗り場へのアクセス:
    4.0
    ようやく完成した金沢八景駅
    車窓:
    5.0
    野島、平潟湾、八景島、高いとこからベストビュー。

  • シーズン中でもすいてる「こだま」

    投稿日 2019年08月15日

    東海道新幹線 名古屋

    総合評価:4.0

     お盆の時期にこだまに乗車。
     9時前の列車でお盆の時期なのに、東京出発の時点でガラガラ、新横浜を出たところでも半分以上空席だった。同じ自由席でも1号車の方向に集中する傾向があり、後ろの14号、、15号車は空いているのである。
     最近目立つのは、外国人(特に白人)旅行者が、「試乗」すること。東京と小田原の間を、箱根などへ行き来する際についでに乗るようだ。小田原駅は、白人のトレインスポッターや撮り鉄を結構目にするようになった。そういった外国人は、ジャパンレールパスで乗車でき、各駅停車の「こだま」に乗る。ぴったり30分間隔で来るのもウケがいいようだ。
     車内販売がなくなってだいぶたち、駅構内の弁当屋さんはどこも混雑していた。
     ほぼすべての列車がN700系になったため、急加速急制動の連続でカーブもスピードをおとさない鋭い走りが楽しめる。特に京浜東北線や東海道線の電車を上回る加速性能は必見。この鋭い走りのおかげで、東京と小田原の間は40分かからない。
     新幹線の座席は、飛行機やバスより明らかに広いので、荷物を持ってる場合に良い。

    旅行時期
    2019年08月
    コストパフォーマンス:
    3.0
    高い
    人混みの少なさ:
    3.5
    こだまはすいている
    バリアフリー:
    4.0
    乗り場へのアクセス:
    4.0
    品川駅は便利
    車窓:
    4.0

  • MRT終点、バスターミナル併設、渓流がすぐそば

    投稿日 2019年08月12日

    新店駅 新北

    総合評価:4.5

     MRT新店松山線の南の終点。ここを出る列車はすべて松山まで行く。日中は8分から10分間隔の運行。台北都心部まで20分かからないが、周囲は山がせまり、駅のすぐ西側には渓谷美が広がる。
     バスターミナルが駅に併設され、長距離ガスと空港バスのほか、一部の路線バスも出ている。有名なウーライへ行くバスは、ここではなく、駅東側の大通りから出ているので注意。ウーライへ行くバスは15分から20分ごとに通る。
     駅ビルになっており、改札などは1階、上の階に飲食店が入り、さらに真上を高速道路(国道3号、通称福高)が通る。ホームは地下。

    旅行時期
    2019年04月
    アクセス:
    4.5
    人混みの少なさ:
    4.5
    終点なので空いている
    施設の充実度:
    4.0
    大きめの駅ビルがある

  • 台湾では人より蛇や蚊の方が恐い

    投稿日 2019年08月12日

    新北

    総合評価:3.0

     台湾では人間より車やバイクに注意とはよく言われるが、それ以上に注意なのは、動物。
     特にヘビ。台湾にはハブやヒャッポダという猛毒を持った蛇が普通にいる。日本にいるマムシとちがってハブの類は性格も獰猛。顔も見るからに凶悪。ハブだけじゃない。コブラもいるぞ。
     山地や水辺の草むら、茂みにいるので、特に地方で列車の写真を撮るときは注意。活発になるのは梅雨時(雨季?)4月から5月らしい。毒蛇に注意といった看板がある場所では、列車の写真とかはとらない方がいい。
     同様に、蚊もたくさんいる。鉄道の「お立ち台」には、藪になってる場所も多く、そういった場所で張り込んでいる間に、結構刺されたとかいう体験談も、ブログとかで出てくる。日本の蚊よりも毒が強いのか、刺されると腫れも大きくなるしかゆみもひどいとのこと。それ以上に、デング熱とかマラリアを媒介してるので危険。
     私は幸いにまだ刺されたことはない。

    旅行時期
    2019年04月

  • 万世橋にも上陸、台湾スイーツ

    投稿日 2019年08月12日

    東京豆花工房 神田・神保町

    総合評価:4.0

     以前、アメ横の台湾スイーツ店を紹介したが、今回は、万世橋に登場した台湾スイーツ店を紹介。
     位置はちょっと分かりずらいし説明しづらいので、アプリなどで検索した方がいい。小川町駅からだと、信号や大通りを渡らずに行ける。徒歩10分以内。もっとお、アキバやお茶の水からも十分徒歩圏内だ。小さな寄席小屋と高そうな蕎麦店が目印。
     ここで扱ってるのは、「豆花」のみ。豆花というのは豆腐にいろいろなデザートをトッピングをするもので、デザートの種類は選べる。値段は650円。
     おしるこに、もちの代わりに豆腐が入ってると考えればいい。
     意外と人気があるのだが店内が狭く、数人程度しか店内で食べれないのが残念。テイクアウトも可能。台湾スイーツ好きなら並んでみる価値はある。
     11時から開店。

    旅行時期
    2019年07月
    利用した際の同行者
    一人旅
    一人当たり予算
    1,000円未満
    利用形態
    その他
    アクセス:
    3.0
    小川町駅が一番近いかも
    コストパフォーマンス:
    3.0
    まあこんなものでしょう
    サービス:
    3.0
    雰囲気:
    3.0
    店内狭すぎ
    料理・味:
    4.0
    あっさり甘み
    バリアフリー:
    3.0
    観光客向け度:
    3.5

  • 貴重な客車列車、筥光号を紹介

    投稿日 2019年08月03日

    鉄道 (台湾鉄路) 台北

    総合評価:4.0

     アジア全体の傾向だが、台湾からも古き良き「汽車旅」は急速に失われつつある。
     今回は、その「汽車」の風情を残す、「客車急行」、筥光号を紹介。
     機関車が列車を牽く客車列車は、日本ではもう行楽列車でしか見られなくなったが、台湾では現在、「復興号」、「平快車」そして「筥光号」の3種類の客車列車が残っている。(PP自強号は動力集中式だが除く)
     その中で一般的に利用できるのはもはや筥光号だけになった。
     車両は旧型都心型に大別、新型は自動ドア。
     座席は自強号とさして変わらず快適だが、スピードは遅く、列車によっては区間車と所要時間が変わらない。
     来年以降、日本製の新型電車が導入され、自強号への置き換えが進む予定。
     古き良き汽車旅を台湾で楽しみたいなら、今のうちに。

    旅行時期
    2019年04月
    利用目的
    中・長遠距離
    コストパフォーマンス:
    4.0
    遊悠カードだと立ち席ながら割引適用で乗車可能
    利便性:
    4.5

  • 瑞芳駅と福隆駅で利用、新北市東部は交渉制・定額運賃が基本か

    投稿日 2019年08月03日

    タクシー 新北

    総合評価:3.5

     新北市で2回利用。
     台北と違うのは、運賃が定額か、もしくは交渉制であること。
     新北市の宜蘭線沿線は、普通列車の本数が意外に少なく、山間の「お立ち台」に速く行きたい場合は、結構利用できる。
     福隆駅、瑞芳駅ともタクシー乗り場が常設されてるので、そこで泊まってるタクシーに乗る。なお、台湾ではタクシーは「計程車」と呼び、黄色一色のボディカラー。
     福隆から大里のお立ち台まで10キロ余り利用した時は600元(約2000円)もかかったが、県境(大里は隣の宜蘭県)を越えるので回送の必要があったうえ、道路経由だと三㹦角沿いのやや迂回したルートを通るためだと思う。ただ、北宜公路からは真っ青な太平洋が良く望め快適ドライブだったのは意外な発見。
     瑞芳から猫の村まで使ったときは、200元と4km程度のわりにやや高額だった。このあたりは九分などの有名観光地があるので、運賃は定額運賃になっている。
     福隆で利用したときは、県境を超えるためか、「列車で行った方がいいよ」と、断られそうになったが、急いでる旨を身振り手振りで伝えると乗せてくれた。

    旅行時期
    2019年04月
    利用目的
    市内・近距離
    コストパフォーマンス:
    3.0
    交渉料金で、高額になりがち
    支払額の安心度:
    3.0
    下手に値切らず、言い値を支払った方がいい
    利便性:
    3.5
    時間を金で買うようなものか。日本語が片言ながら通じた場合があった

  • ナイアガラ、というより、原尻の滝じゃない?

    投稿日 2019年07月29日

    十分大瀑布 九分

    総合評価:4.0

     噂には聞いていたが、今回の旅行で初めて訪れた。
     十分の駅からは、まず、あの列車道の老街の人込みをかき分け、表通りをビジターセンターまで歩き、そこから、未舗装アップダウンの多い遊歩道をひたすら歩く。30分(ビジターセンター、旅客中心からは15分くらい)歩くが、それ以上に長く歩いたような気になる。4月から5月でも気温は30度にたっするから汗だくだ。
     そこまでして、行く価値はあるかと言われれば、川好きな人だったら、見る価値はある。比較的近くから観瀑出来るし、周囲には休める所や売店、食堂も整っている。ただし、ナイアガラは言いすぎかな、個人的には、昔、九州は大分県で見た「原尻の滝」を連想した。
     この瀑布以外も基隆河の渓谷は綺麗だし、吊り橋の横をディーゼル列車が走るしで、歩き回る値打ちはある。
     吊り橋を渡るのに階段の昇り降りがあるし、狭い歩道のわりに観光客が多く、結構歩くのはストレスになります。余裕をもって歩きましょう。

    旅行時期
    2019年04月
    利用した際の同行者
    一人旅
    観光の所要時間
    1-2時間
    アクセス:
    2.5
    駅からでこぼこ道を30分.... しかも混んでる
    コストパフォーマンス:
    3.5
    景観:
    4.0
    必見の価値はある
    人混みの少なさ:
    2.5
    平日でも結構混んでます

  • ホームドアの整備進む。

    投稿日 2019年07月24日

    東京メトロ 銀座線 浅草

    総合評価:4.0

     東京メトロは、ホームドアの設置を急速に進めているが、銀座線は、整備が順調に進み、実際に見たところ、浅草から日本橋までは整備が完了していた。渋谷駅以外は完備したらしい。 
     ホームドアは可動式ホーム柵とよばれる、我が国で一般的なタイプで、ソウルのようなフルスクリーン式ではない。ドアと柵自体は、透明アクリル板を多用してるので、JRのものより開放的で明るい。
     同時に、発車メロディーも導入が進み、なじみのあった「営団ブザー(矩形音)」は消えつつある。

    旅行時期
    2019年07月
    コストパフォーマンス:
    4.0
    人混みの少なさ:
    3.0
    日本橋から上野は時間によって空いている
    バリアフリー:
    4.0
    新車に統一、バリアフリー車。
    乗り場へのアクセス:
    4.0
    浅いとこにある駅が多い
    車窓:
    3.0
    地下です。

  • 夏になると、メニューが変わります。

    投稿日 2019年07月24日

    みはし 東京駅店 丸の内・大手町・八重洲

    総合評価:4.0

     上野に本店のある、甘味処。新幹線ホーム直下の地下一階、キャラクターグッズの店が並ぶ地下街にある。
     おしるこなどの暖かいものから、夏場はメニューが変わり、あんみつや白玉、くずもちといった冷たいものがメインになる。
     値段は、標準的、高くも安くもない。
     都内に何か所かあるがチェーン店なので、メニューとかはみな一緒。

    旅行時期
    2019年07月
    利用した際の同行者
    一人旅
    一人当たり予算
    1,000円未満
    アクセス:
    4.0
    東京駅八重洲口地下、キャラクター通り
    コストパフォーマンス:
    4.0
    500円から600円は標準的
    サービス:
    4.0
    お茶無料、お代わり自由
    雰囲気:
    3.5
    料理・味:
    4.0
    バリアフリー:
    3.5
    やや狭い
    観光客向け度:
    4.0

  • 巨大な駅舎、乗り場は地下2階

    投稿日 2019年07月20日

    台北駅 台北

    総合評価:4.0

     台湾最大の駅。「台北車站(ツォーチャン)」が正しい名称。
     中央が吹き抜けになった巨大な中華風駅舎がシンボル。駅舎1階中央に広場がある。昔はここに出札口が並んでいた。列車のホームは台鉄、高速鉄路ともに地下2階にあり、どちらも地下1階に改札口と待合所、売店がある。
     切符売り場は1階に台鉄出札口、地下1階に高鐵出札口と台鉄自動販売機があり、地下3階にもある。
     昔は比較的単純な構造だったが、現在は、地下部分がMRTの駅とつながり複雑になった。台鉄、高鐵ともホームから地下3階に降りられ、目の前にMRT淡水線の乗り場がある(いったん改札を出る)。地下1階改札口も、MRTの駅、バスターミナル、空港MRTと通路でつながる。
     駅舎は真上から見ると四角形で、四方とも出口がある。2階部分はショッピングセンターと食堂街(微風台北車站)になっている。フードコートはミニ夜市といってもいいグルメスポット。

    旅行時期
    2019年04月
    アクセス:
    4.0
    バスターミナル、高速鉄道、空港鉄道、MRTが揃う
    人混みの少なさ:
    2.5
    常に混雑
    施設の充実度:
    3.5
    駅舎2階に食堂街、地下にも売店

  • 実は近くに媽祖様のお宮がある、お祭りをやっていた。

    投稿日 2019年07月20日

    士林観光夜市 台北

    総合評価:4.0

     夜市、屋台村で有名な士林。なにを食べようかなと屋台を覗こうと通りに出たら、「ババンバン」と爆竹の音。
     見ると基河路の大通りを閉鎖して、おかしな仮装行列をした集団と神輿?みたいなのが練り歩く。仮装は、なにやら三国志を連想させるもの。
     実は訪れたこの時期(4月末)は、台湾では、媽祖という道教の神様の生誕日で、そのお祭り。ここ士林夜市周辺には、道教のお宮が3か所もあるのだ。特に有名なのが媽祖を祭った慈誠宮。士林夜市はそもそも、このお宮に来る参拝客のために屋台が集まって出来たものなのだそうな。と、その由来が分かったのは帰ってきてからで、その時は、何の騒ぎなのか、全然わからなかった。
     「バババン、バン、バン!」仮装車からロケット砲みたいに爆竹が斉射される。すぐそばは屋台がずらっと並ぶ、ただただ呆然と、屋台で買った貝の串焼き(高いけどお勧め)を食いながら見ている私だった。
     そういや饒河街夜市も、道教のお宮の門前だったな。道教と、夜市の、意外な関係でした。

    旅行時期
    2019年04月
    利用した際の同行者
    一人旅
    アクセス:
    3.5
    MRT駅からやや歩く
    お買い得度:
    3.5
    サービス:
    4.0
    屋台でも日本語が意外や通じる
    品揃え:
    4.0
    多すぎて逆に選べない

fmi(ふみ)さん

fmi(ふみ)さん 写真

5国・地域渡航

23都道府県訪問

fmi(ふみ)さんにとって旅行とは

旅行は趣味で、人生最大の楽しみです。

自分を客観的にみた第一印象

 冷静、おとなしい、物知り。

大好きな場所

韓国 千葉県 神奈川県

大好きな理由

韓国の鉄道が好きだから

行ってみたい場所

フランス パリ

現在5の国と地域に訪問しています

現在23都道府県に訪問しています