旅行のクチコミと比較サイト フォートラベル

fmi(ふみ)さんのトラベラーページ

fmi(ふみ)さんのクチコミ全1,151件

条件をクリア
エリア
カテゴリ
並び順

  • ホテル
  • ショッピング
  • グルメ・レストラン
  • 交通機関
  • 観光スポット
  • 基本情報
  • 雄大な磐梯山が車窓の友

    投稿日 2024年07月12日

    JR磐越西線 郡山

    総合評価:4.0

    会津若松から郡山までの電化区間を快速に乗車。
    急行型車両を使っていた時代から何回か乗車している。今はE721系の2両ワンマン編成が基本で、郡山付近は結構混み合う。
    会津若松から猪苗代の間は車窓も車内も長閑で、雄大なオメガカーブを往くため、磐梯山も車窓の左右に見える。
    従来は会津若松から喜多方の間も電化されていたが、現在電車は走っておらず、設備も今年夏から順次撤去していくとのこと。JR各社が計画してる「逆電化」のモデルケースになっている。
    実は、車窓は阿賀野川沿いの非電化区間の方が良いのだが、運行本数が減り所要時間も長く、日帰りスケジュールだときつい。一泊して只見線走破のほうがいいかもしれない。
    電化区間は快速電車が主体で大体1時間毎の運転だが快速の停まらない中山宿、上戸、関都、川桁、翁島といった駅は2時間くらい列車が停車しない。会津若松をベースに高速バスがいわき市、郡山市、福島市、仙台市、新潟市、はてには新宿まで走っており、対抗策として一部の快速にリクライニングシートの指定席を設けている。

    旅行時期
    2024年07月
    コストパフォーマンス:
    3.5
    人混みの少なさ:
    3.0
    郡山・新津付近は混む
    バリアフリー:
    4.0
    乗り場へのアクセス:
    4.5
    会津若松駅ホームは階段昇降がない
    車窓:
    5.0
    電化区間は磐梯山

  • 小荷物輸送も行っている

    投稿日 2024年07月12日

    会津鉄道 会津若松

    総合評価:4.0

    観光輸送が主体で、浅草からの東武特急との連絡輸送を主眼に置いたダイヤ。会津高原尾瀬口から会津田島の間は電化されており、実質野岩鉄道の一部となっている。浅草から東武特急が会津田島まで乗り入れてくるほか、朝に浅草を出発する鬼怒川温泉行東武特急に接続し、鬼怒川温泉から会津若松(休日は喜多方までz)までロングランする快速列車もある。浅草から会津若松まで最速で4時間21分だ。
    観光としての利用者が多いのは、芦ノ牧温泉や湯野上温泉への利用客のほか、東武や野岩線から会津まで乗りとおす人も多い。
    平日は会津若松市内や周辺での利用が目立つが、最近は外国人の乗客も目立ちます。
    各駅で、職員数名が荷物や書類の入ったカゴや小箱を臨時に乗り込んだ乗務員とやりとりしてたので、何事かと思ったら、「小荷物輸送」を行っているのね。サイトに掲載されている。日中に会津田島から西若松の間で全列車対象に行っているらしい。また、列車によっては輪行も可能。基本ワンマンのはずが乗務員が乗っていたのはこれが理由だったか。
    観光主体なので各種企画乗車券や割引乗車券も豊富にそろえている。多いのは東武からの往復切符やフリー乗車券。詳細はサイト参照。
    東武やJRと共同企画でのビッグイベントが、下今市から会津若松まで往復運転するDL牽引の客車列車の運行、6月におこなったばかりだが、多分、またやると思う。これは団体扱いなので旅行会社へ申し込む必要あり。

    旅行時期
    2024年07月
    コストパフォーマンス:
    3.5
    人混みの少なさ:
    4.0
    平日は比較的すいている
    バリアフリー:
    4.0
    乗り場へのアクセス:
    4.5
    駅ホームへの連絡が踏切の駅が多い
    車窓:
    4.0
    長閑な風景と大川沿いの渓谷

  • 二俣川駅、鶴ヶ峰駅バスターミナル発着便紹介

    投稿日 2024年07月05日

    相模鉄道 (バス) 海老名・座間・綾瀬

    総合評価:4.0

    相鉄沿線を網羅する系列路線バス。主なターミナルは海老名駅、二俣川駅、鶴ヶ峰駅、横浜駅西口だが、JR東戸塚駅西口発着、横浜線中山駅発着も多い。
    とはいえ、どのターミナルも、なぜか神奈中バスが幅を利かせてるような感じがする。実際神奈中と路線がかぶってる区間も多い。
    ズーラシアや武相国境に広がる大池公園へ行く場合に重宝する。
    二俣川駅から東戸塚駅へ抜ける路線は10分から15分間隔と利用しやすく、武蔵と相模の国教をなす稜線沿いを通ることもあって意外と楽しい路線。
    ズーラシアへは鶴ヶ峰駅と中山駅双方からバスが出てる。白根地区への地域輸送も兼ねてるので本数が多い。
    一部、横浜新道を経由する路線がある。

    旅行時期
    2024年06月
    コストパフォーマンス:
    3.5
    人混みの少なさ:
    3.0
    バリアフリー:
    4.0
    乗り場へのアクセス:
    3.0
    鶴ヶ峰駅はバス停まで遠い
    車窓:
    4.0

  • 定着した都心直通電車

    投稿日 2024年07月05日

    相鉄本線 横浜

    総合評価:4.0

     ネービー色の編成が増えている相鉄。昨年始まった、東急との直通運転もすっかり定着し、利用者も増加している。
     二俣川駅と鶴ヶ峰駅は、日中、JR新宿駅か、東急東横、目黒線直通のいずれかが10分間隔で運転され、西谷駅で横浜行と接続する。日中は、相鉄線内は普通列車になるものが多い。
     朝ラッシュ時は、瀬谷駅から新宿駅まで1時間、都営三田駅までも1時間で行ける。ただ、朝ラッシュ時に大和駅や湘南台駅から新宿へ行く場合は、複々線のおかげで速くなった小田急の急行の方が、所要時間が短い。
     東京都内から相鉄の直通列車に乗る場合は本数がばらけて少なくなるため事前に時刻を調べる必要がある。
     本数の増加により、西谷駅から二俣川駅の間は地下化工事が始まっている。10年後には鶴ヶ峰駅は地下駅になる。

    旅行時期
    2024年06月
    コストパフォーマンス:
    4.0
    人混みの少なさ:
    4.5
    バリアフリー:
    5.0
    乗り場へのアクセス:
    4.0
    車窓:
    4.0

  • 桜やつつじ、紫陽花めぐりに意外と重宝した

    投稿日 2024年06月23日

    路線バス (東急バス) 渋谷

    総合評価:4.0

     銀色に赤いラインの東急バスは、都内大田区や世田谷区だけでなく、川崎市や横浜市にも超密な路線網を持つ。小田急の向ヶ丘遊園駅や柿生駅発着路線もある。
     今回、川崎市内の寺社巡りや、世田谷区内の紫陽花めぐりに利用した。
     藤子ミュージアムや長尾のつつじ寺や紫陽花寺、二ケ領用水の花見に使うと便利。多摩川台公園など多摩川沿いのお花の名所を巡るのにも使える。大体1系統15分から20分間隔の路線が多い。
     二子玉川、溝の口、武蔵小杉、日吉、綱島、梶が谷、たまプラーザ、あざみ野に発着する路線が多い、
     港北ニュータウンや川崎市内はバス以外公共交通の不便な所が多く、そのような所は利用者が終日多く、交通量も多いのでやや遅れ気味に走る。

    旅行時期
    2024年06月
    コストパフォーマンス:
    4.0
    人混みの少なさ:
    3.5
    混雑する路線が多いです
    バリアフリー:
    4.0
    乗り場へのアクセス:
    4.0
    車窓:
    4.0
    世田谷区や川崎市を走る路線は景色がよい

  • 港北ニュータウンをアップダウンしながら軽快に走る

    投稿日 2024年06月23日

    東急田園都市線 渋谷

    総合評価:3.5

    横浜市の港北ニュータウンと都心を結ぶ路線。沿線イメージが極めてよい一方、地下鉄東西線と並ぶ我が国最悪の混雑路線でもある。
    バブルの時代に220%を超えていた混雑は、10両編成化、本数の限界までの増発、一部複々線化による大井町線の乗り入れで何とか180%台まで下げてきたが、急行を中心に日中でも結構混雑する。
    路線そのものは便利で、大井町直通以外はほぼ全て半蔵門線に直通、日中は全ての列車が終点の中央林間駅まで走破する。急行と準急も走り、急行は全区間通過駅のある運転。
    日中のダイヤパターンは20分パターンで、1時間当たり急行3本、大井町線急行3本、準急3本、普通6本、計15本が中央林間駅を発着し、小田急江ノ島線を圧倒してる。東横線と違い退避駅は多く、桜新町、梶が谷、江田のように急行の停まらない駅で追い抜かれる普通も多い。
    半蔵門線を通り抜けて東武線伊勢崎線に入り埼玉県まで走破する列車が1時間当たり6本ある。
    起点の渋谷駅はホームも乗り換え階段も乗降客の割に狭く常に混雑しており、特に副都心線の乗換階段は距離が短い割に遠く感じる。
    沿線は坂が多く、掘割区間も多いため、前線立体交差にも関わらず、意外と沿線で撮影できるポイントがある。

    旅行時期
    2024年06月
    コストパフォーマンス:
    4.0
    人混みの少なさ:
    3.0
    今も我が国屈指の混雑路線
    バリアフリー:
    4.0
    駅周囲が坂道だらけという場所が多い
    乗り場へのアクセス:
    3.5
    巨大すぎる駅が多く、始めて来る人は迷うかも
    車窓:
    4.5
    高架、掘割、トンネルが多く急坂も多い

  • 急行は20分間隔になっていた

    投稿日 2024年06月21日

    東急大井町線 大森・大井町

    総合評価:4.0

     京浜東北線大井町駅から神奈川県の武蔵溝ノ口まで走る路線。
     全ての列車が、武蔵溝ノ口まで走破する。
     急行電車、以前は15分毎の運転だったが、各駅停車より空いている場合があるためか、田園都市線とダイヤを合わせたのか、現在は20分間隔運転となり、逆に各駅停車が1時間当たり9本となっている。急行は日中はすべて田園都市線の終点、中央林間まで乗り入れる。
     急行を減らし各停を増やしたのは、実情に合った施策だと私は思う。朝夕は急行の本数は増える。
     都営浅草線との乗換駅である中延駅は、急行は停車しないのだが、上り大井町行の場合、旗の台で各駅停車に乗り換えるダイヤだと、、浅草線の京成成田空港行快速に同期しており乗り換えられる。やや速足で乗り換える必要があるが、意外と知られているらしく、その電車で成田へ行く旅客も良く見かける。
     逆に、大岡山駅での乗り換えでは、15分間隔の目黒線急行とはダイヤが同期しなくなった・

    旅行時期
    2024年06月
    コストパフォーマンス:
    4.0
    人混みの少なさ:
    3.0
    利用者は増えた、大井町寄りが特に混む
    バリアフリー:
    4.0
    乗り場へのアクセス:
    4.0
    乗り換えしやすい駅が多い
    車窓:
    3.0

  • 地元ボランティアの底力、必見の価値あり

    投稿日 2024年06月21日

    上郷あじさいの丘 戸塚・いずみ野・港南台

    総合評価:5.0

     横浜市栄区の南はずれ、鎌倉市との境目が近い所に「桂台」という新興住宅地がある、かなり大きな住宅地でそのさらに南はずれ、ゴルフ場の北斜面一帯を、地元有志の皆さんが紫陽花群落にしてしまった。
     三千株もの紫陽花が、標高差10mくらいの斜面一帯に埋め尽くされている様は圧巻。
     紫陽花群落内は、小路が幾筋かあり(一方通行)、毎年6月の盛期に一週間ほど行われる「あじさい祭り」の時だけ、その群落敷地内に入ることが出来る。
     普段は、斜面下の道沿いから眺めることになるが、それでも色とりどりの紫陽花が見れる様は圧巻。
     おまつり中は、出店、パンフの配布などを地元の方が行っている。また、紫陽花群落頂上には、バラ園もある。
     アクセスなのだが、港南台駅か、大船駅からバスで20分から30分。最寄りのバス停は「犬山」バス停(港南台駅と大船駅両方から出てる)。バス停を降りてから坂道を10分ほど歩く必要。駐車場は無い。

    旅行時期
    2024年06月
    利用した際の同行者
    一人旅
    アクセス:
    3.0
    バス停から現地までが、遠い..
    景観:
    5.0
    必見の価値あり
    人混みの少なさ:
    3.5
    地元の人が大半
    バリアフリー:
    3.0
    狭い坂道階段だらけ

  • 北半分は混雑する

    投稿日 2024年06月20日

    都営地下鉄 三田線 目黒

    総合評価:3.5

     新車がどんどん入っている都営三田線。
     相鉄線とも直通するようになったせいか、混雑も目立ってきている。ただ、現在も特に混むのは北側の巣鴨駅周辺。朝は巣鴨駅でかなり乗客の入れ替えがあるが、そこから大手町までは高い混雑率のまま。
     ラッシュが一息ついたと思ったら、今度は学生が多く乗ってくる。沿線は慶応大、東洋大、日大、専修大、そして東大も近い。ちなみに乗り入れ先の目黒線日吉駅も慶応大の最寄、さらにその先の相鉄線湘南台駅から先の延伸予定区間にも、慶応大のキャンパスがある。
     大学は神保町より北側に集中してることもあり、南半分は嘘のように空いてしまう。
     相互乗り入れの進展で東京の地下鉄のなかでは混雑する路線となった三田線だが、新車は全て8両編成であり、近いうちに全列車が6両から8両に増車される。
     他路線への乗り換えだが、神保町での新宿線、白銀高輪駅、それ以外に便利な駅はない。三田駅は歩く距離は少ないが登って降りてが距離感を増している。

    旅行時期
    2024年06月
    コストパフォーマンス:
    3.5
    人混みの少なさ:
    3.0
    日中も学生が多く乗車
    バリアフリー:
    4.0
    乗り場へのアクセス:
    3.0
    深い駅が意外と多い
    車窓:
    4.0
    実は北側は高架区間がある

  • 称名寺の滝

    投稿日 2024年06月13日

    称名寺 鎌倉

    総合評価:4.5

    大船駅からバスで行く。鎌倉湖への最寄バス亭でもある今泉不動バス停から歩く。
    道は一本道でそのどんずまりにあるので分かりやすい。砂押川という川の谷沿い。
    称名寺は通称今泉不動と呼ばれ、こじんまりとしているが見どころの多いお寺。境内の裏は鎌倉っぽい山々だが、その上はゴルフ場。そのゴルフ場が横浜市と鎌倉市との境である。
    何よりも砂押川の「滝」と渓流があるのがポイント。
    滝は陰陽の滝とも呼ばれ、大きな雄滝と小さい筋の雌滝の二つがある。
    境内そのものには霊園もあり、お堂や霊園をすぎたいちばん奥に滝はある。
    滝そのものは大きくはない、というか、保土ヶ谷鶴ヶ峰にある白根公園の滝に似ている。

    旅行時期
    2024年06月
    利用した際の同行者
    一人旅
    アクセス:
    4.0
    バス停から登り坂を10分歩く
    人混みの少なさ:
    4.5
    バリアフリー:
    3.5
    見ごたえ:
    5.0

  • 6月中旬から本数が減る

    投稿日 2024年06月10日

    川崎市営バス 川崎

    総合評価:4.0

     川崎市内の、鉄道が通っていない地域、特に向ヶ丘遊園駅周辺から東急溝の口、梶が谷などへ行く途中のスポットへ行くときに重宝するのだが、いわゆる2024年問題で、結構な本数削減がこの6月から始まった。使いこなすと便利だけに残念だ。春につつじ寺こと等覚院に行く際にも重宝した。

    旅行時期
    2024年06月
    コストパフォーマンス:
    4.0
    人混みの少なさ:
    3.0
    バリアフリー:
    4.0
    乗り場へのアクセス:
    4.0
    車窓:
    4.0

  • 大船駅発着路線の紹介

    投稿日 2024年06月10日

    路線バス (神奈川中央交通) 平塚・大磯

    総合評価:4.0

     横浜市西部にも緻密な路線を持つ神奈中バス、今回は、大船駅を発着する路線を紹介。
     大船駅はバス乗り場が3か所にバラけているが、栄区など駅より東側、東北側に行く路線は笠間口のバス乗り場から出ている。
     笠間口から出る代表的な路線は、上大岡駅経由桜木町と金沢八景駅まで往く長距離路線。どちらも日中は30分毎の運行、ただ、鎌倉女子大前までは多くの路線が重複し本数はかなり多い。
     もう一つは栄区南部の住宅地、桂台へ行く路線で、こちらは15分から20分間隔。桂台は、鎌倉市との市境になる山の稜線が近く、周囲に「市民の森」や「小川アメニティ」といった横浜市特有の「谷戸の里山」を縦走し、鎌倉の明月院や建長寺まで縦走できるハイキングコースが多く、そこへの入口となるバス停が多い。
     今回は「あじさいの丘」へ行くために利用した。全体的に利用客が多く、混雑気味、また、経由する道路、鎌倉街道や環状4号線が交通量多く流れが悪い、特に公田交差点がネックで大体数分から10分近く遅れるのが玉に傷か。
     神奈中を乗りこなせると、ハマの観光がぐっと効率よく出来る。

    旅行時期
    2024年06月
    コストパフォーマンス:
    4.0
    人混みの少なさ:
    3.0
    混雑する路線が多い
    バリアフリー:
    4.0
    乗り場へのアクセス:
    3.5
    戸塚、大船とも乗り場がバラけている
    車窓:
    4.5
    区間によっては意外や景色が良い

  • 鎌倉湖行路線に再び乗車

    投稿日 2024年06月10日

    江ノ電バス (路線バス) 藤沢・江ノ島

    総合評価:4.0

    今回は、今泉不動の滝を見に行くために利用した。
    乗車区間は行は岩瀬下関バス停から今泉不動、帰りは今泉不動から大船駅まで。
    運行本数が、他の経由便も含めると1時間当たり5本前後あるので便利。「散在が池(鎌倉湖)」へ行く場合も、称名寺(今泉不動)の滝へ行くのも、今泉不動バス停で下車する。
    本数は多いのだが、混雑気味。また、途中鎌倉街道を少し経由し、そこで渋滞に巻き込まれる場合が多く、休日は大体5分から10分は遅れる。
    以前も乗車したが、やはり今泉の道が狭い、そのかわり風景はいかにも鎌倉の谷戸という感じで長閑だ。

    旅行時期
    2024年06月
    コストパフォーマンス:
    4.0
    人混みの少なさ:
    3.0
    鎌倉湖行は混んでいた
    バリアフリー:
    4.0
    乗り場へのアクセス:
    4.0
    車窓:
    4.5

  • 小田急の駅から徒歩10分のあじさい寺

    投稿日 2024年06月07日

    浄慶寺 登戸・新百合ヶ丘

    総合評価:5.0

     川崎市内にある、「もう一つのあじさい寺」。
     多摩区にある妙楽寺と違い、こちらは小田急の柿生駅から徒歩で10分程度と交通の便が良い。また、お寺の敷地の裏山は散策路があり、周辺の里山や緑地にも行ける。
     駐車場は小さいし道は広くないので車では来ない方がいい。
     境内も広く、お寺の東側裏山斜面一帯が紫陽花とモミジの山になっている。
     私が行ったときは、まだ五分咲きだったが十分楽しめた。

    旅行時期
    2024年06月
    利用した際の同行者
    一人旅
    アクセス:
    5.0
    人混みの少なさ:
    4.0
    境内が広い
    バリアフリー:
    3.0
    見ごたえ:
    5.0

  • 1時間毎の運転

    投稿日 2024年03月14日

    弘南鉄道 弘南線 弘前

    総合評価:3.5

     青森県津軽地方、弘前市と黒石市を30分余りで結ぶ。
     弘前駅はJR駅のはずれから出るが、駅舎は供用していない。日中から夕方は1時間毎の運転で、下校時間帯は結構乗車する。黒石まで乗りとおす人も多い。
     列車はゆっくりと走るが意外と揺れが大きい。田んぼアートとかもある長閑な車窓なのだが、3月に乗車したのであたり一面雪景色、りんご倉庫が各所にあるのが目を引いた。
     終点黒石駅は大きめの駅舎があるが、これが何か昭和レトロという感じだった。

    旅行時期
    2024年03月
    コストパフォーマンス:
    3.5
    人混みの少なさ:
    3.5
    バリアフリー:
    3.0
    乗り場へのアクセス:
    3.0
    駅舎はJRと共用ではない
    車窓:
    4.0
    雪景色一色

  • 中百舌鳥から南はのどかな風景

    投稿日 2023年12月22日

    南海電鉄 高野線 ミナミ(難波・天王寺)

    総合評価:4.0

     高野山参拝輸送より南河内、泉北への通勤路線としての比重が大きい。
     難波から三国ヶ丘までは下町風景で電車の本数も多いが、泉北線が分岐する中百舌鳥で一気に本数は半減する。
     狭山市内から先はは準急や区間急行が各駅に停まり、日中でも1時間当たり6本程度の列車が停まるが、運転間隔はまばら。
     大阪市内は各駅停車が1時間当たり4本しか停まらない駅が多く、逆に不便だったりする。
     現在は高野山まで直通する列車は数えるほどしかなくなり、橋本駅で乗り換えになる。有料の特急が走ってるが朝夕に集中して運行し本数がまばら。
     白鷺あたりから先は沿線風景が開け、田畑、そして狭山市から先は丘陵、山岳地となる。
     どうでもいいけど、中百舌鳥駅には急行とか停めて欲しい。阪和線との乗換駅である三国ヶ丘も急行などは停まらないし。

    旅行時期
    2023年11月
    コストパフォーマンス:
    4.0
    人混みの少なさ:
    4.0
    本線より空いている
    バリアフリー:
    3.5
    乗り場へのアクセス:
    3.5
    なんば駅、各駅のホームが遠い
    車窓:
    4.0

  • 涼宮ハルヒゆかりの名刹

    投稿日 2023年12月11日

    神呪寺(甲山大師) 西宮・芦屋

    総合評価:4.0

    西宮のシンボル、甲山の中腹にある有名な寺院。
    甲山大師は通称で、正しくは「武庫山神呪寺」という真言宗のお寺。
    「涼宮ハルヒシリーズ」というアニメの舞台になったことでも有名。舞台になったのは特に、本堂横の展望所で、ここからの西宮中心地、甲東地区の風景は絶景。遠く阿倍野ハルカスや生駒山まで見える。
    西宮市の中心から「大師みち」という道路一本で行くことができ、ちょうどその道が仁王門と参道の間を通っている。境内へはそこから階段を登って行くが、意外とキツイ。
    寺院の背後はもう甲山。裏手から、甲山の頂上へ登山道が伸びる。

    旅行時期
    2023年11月
    利用した際の同行者
    一人旅
    アクセス:
    3.0
    人混みの少なさ:
    4.5
    バリアフリー:
    3.0
    見ごたえ:
    4.0

  • 阪急西宮球場跡地に出来たショッピングモール

    投稿日 2023年11月26日

    阪急西宮ガーデンズ 西宮・芦屋

    総合評価:3.5

     西宮北口駅の南東出口前に建設された大型ショッピングモール。
     その前身は、かつてのプロ野球球団、「阪急ブレーブス」の本拠地だったン四宮球場。
     オリックスに身売りし、本拠地を神戸西神ニュータウンに移転した後の跡地を再開発した。
     駅とはペデストリアンデッキで直結しており、北側からも自由通路が通じているが、意外と距離がある。今年で開業15周年らしい。
     内部は四つの館に分かれ、広大で、屋上には広々とした庭園がある。

    旅行時期
    2023年11月
    利用した際の同行者
    一人旅
    アクセス:
    4.0
    お買い得度:
    3.5
    サービス:
    3.5
    品揃え:
    3.5
    バリアフリー:
    4.0

  • 紅葉の時期は絶景

    投稿日 2023年11月23日

    JR高山本線 岐阜市

    総合評価:4.0

     紅葉の時期になると、沿線で鉄道写真の題材になるほどで、車窓からでも、紅葉と渓谷のコントラストは美しい。
     谷川だけでなく大小さまざまなダムや湖も車窓に展開する。
     18シーズン以外の平日は、絶景区間である下麻生から先は普通列車は空いていることが多く、ロングシート車にあたっても車窓は楽しめる。白川口から先は、何回か飛騨川を渡るので、座席は左右どちらに座っても景観は良い。
     下呂から南で運転するキハ75型普通列車は運用が固定され、鉄道ファンサイトで調べることが可能なので狙って乗車も出来る。
     里区間である美濃太田から岐阜の間も、日本ラインといった名勝を通るが、この区間は乗客も多く、朝夕はかなり混み合う。

    旅行時期
    2023年11月
    コストパフォーマンス:
    3.5
    人混みの少なさ:
    4.0
    バリアフリー:
    4.0
    乗り場へのアクセス:
    4.0
    車窓:
    5.0

  • 混雑する自由席

    投稿日 2023年11月23日

    特急 ひだ 名古屋

    総合評価:4.0

     新型ハイブリッド車に全車置き換えた後に乗車。乗車区間は飛騨金山から美濃太田。
     ハイブリッド車で機器が多く、目立たないが床上デッドスペースがやや増えており、定員も先代85型よりやや少ない。
     モバコンやwifが完備され、バリアフリーのため高床構造ではなくなっている。
     4両編成と2両編成が基本であり、先代のように一両単位では運用しないのが電車的。エンジン出力は全て発電にまわし、トルコンの代わりにモーターで駆動、冷暖房も電気式であり、キハ85特有の豪快なエンジン音からやや静かになり、モータや歯車駆動音、インバータの音などメカニカルな音がやや聞こえるようになった。
     ひだ号は4両が基本編成になり自由席は1両のみのため、インバウンド需要で下呂や高山へ外人が殺到する現在、自由席の混雑は恒常的、平日でも下呂から岐阜までは座れない。指定席もほとんど埋まっていた。
     高山や下呂から通しで乗車する人が多く、途中の飛騨金山や白川口での乗降は少なかった。

    旅行時期
    2023年11月
    コストパフォーマンス:
    3.0
    人混みの少なさ:
    3.0
    インバウンドの影響で絶望的
    バリアフリー:
    4.0
    乗り場へのアクセス:
    4.0
    車窓:
    5.0
    飛水峡、中山七里....

fmi(ふみ)さん

fmi(ふみ)さん 写真

5国・地域渡航

33都道府県訪問

fmi(ふみ)さんにとって旅行とは

旅行は趣味で、人生最大の楽しみです。

自分を客観的にみた第一印象

 冷静、おとなしい、物知り。

大好きな場所

韓国 千葉県 神奈川県

大好きな理由

韓国の鉄道が好きだから

行ってみたい場所

フランス パリ

現在5の国と地域に訪問しています

拡大ボタンを押すと地図が
動かせます。

現在33都道府県に訪問しています