モンサンミッシェル旅行記(ブログ) 一覧に戻る
モンサンミッシェルに到着しました。第一印象は「日本人が多い」。最近は何処でも日本人以外のアジア人に勢いがありますが、ここ、モンサンミッシェルだけは日本人に元気がありました。<br /><br />前の旅行記・・・パリからモンサンミッシェル移動編<br />https://4travel.jp/travelogue/11431831<br /><br />□9月8日 名古屋から香港<br />□9月9日 香港からパリ、パリ散策<br />□9月10日 ルーブル美術館、エッフェル塔<br />□9月11日 モンマルトル散策、ムーランルージュ<br />□9月12日 ベルサイユ宮殿、凱旋門、シャンゼリゼ通り<br />■9月13日 モンサンミッシェル(泊)<br />□9月14日 モンサンミッシェルからパリ・モンパルナス<br />□9月15日 ルーブル美術館、オルセー美術館、エッフェル塔<br />□9月16日 パリから香港<br />□9月17日 香港から名古屋

フランス旅行記2018 Part25(モンサンミッシェル前編)

52いいね!

2018/09/13 - 2018/09/13

67位(同エリア1829件中)

旅行記グループ フランス旅行2018

0

102

くわ

くわさん

この旅行記スケジュールを元に

モンサンミッシェルに到着しました。第一印象は「日本人が多い」。最近は何処でも日本人以外のアジア人に勢いがありますが、ここ、モンサンミッシェルだけは日本人に元気がありました。

前の旅行記・・・パリからモンサンミッシェル移動編
https://4travel.jp/travelogue/11431831

□9月8日 名古屋から香港
□9月9日 香港からパリ、パリ散策
□9月10日 ルーブル美術館、エッフェル塔
□9月11日 モンマルトル散策、ムーランルージュ
□9月12日 ベルサイユ宮殿、凱旋門、シャンゼリゼ通り
■9月13日 モンサンミッシェル(泊)
□9月14日 モンサンミッシェルからパリ・モンパルナス
□9月15日 ルーブル美術館、オルセー美術館、エッフェル塔
□9月16日 パリから香港
□9月17日 香港から名古屋

旅行の満足度
5.0
観光
5.0
同行者
カップル・夫婦(シニア)
交通手段
高速・路線バス 徒歩
旅行の手配内容
個別手配

PR

  • 13:03、モンサンミッシェルのバス停に到着。そのままホテルに直行してもいいのですが、先ずはビジターセンターに行ってみましょう。

    13:03、モンサンミッシェルのバス停に到着。そのままホテルに直行してもいいのですが、先ずはビジターセンターに行ってみましょう。

  • 他の観光客に着いてぞろぞろと。

    他の観光客に着いてぞろぞろと。

  • この先か。

    この先か。

  • 13:05、ありました、ビジターセンター。

    13:05、ありました、ビジターセンター。

    モンサンミッシェル観光案内所 散歩・街歩き

  • 入りましょう。

    入りましょう。

  • 中はこんな感じ。

    中はこんな感じ。

  • 立体模型などがありましたが・・・

    立体模型などがありましたが・・・

  • ガイドブック以上の情報はナシ。外に出ます。

    ガイドブック以上の情報はナシ。外に出ます。

  • 外に出ると・・・おお、モンサンミッシェル。

    外に出ると・・・おお、モンサンミッシェル。

  • ホテルへの道すがら、馬車が行きかいます。

    ホテルへの道すがら、馬車が行きかいます。

  • モンサンミッシェルまではシャトルバスが出ていますが、料金を支払えば馬車で行くこともできます。

    モンサンミッシェルまではシャトルバスが出ていますが、料金を支払えば馬車で行くこともできます。

  • さて、ホテルは・・・

    さて、ホテルは・・・

  • これは別のチェーンホテルの看板。<br />その先は教会のようです。

    これは別のチェーンホテルの看板。
    その先は教会のようです。

  • こちらが北側、モンサンミッシェルの方向です。

    こちらが北側、モンサンミッシェルの方向です。

  • シャトルバス(ル・パッサー)が追い抜いていきました。

    シャトルバス(ル・パッサー)が追い抜いていきました。

  • 今日予約しているホテルは&quot;Vert&quot;。どこでしょうか?

    今日予約しているホテルは"Vert"。どこでしょうか?

  • こんなところにピンクの牛がいます。

    こんなところにピンクの牛がいます。

  • 13:20、ありました、Hotel Vert(ホテルヴェール)

    13:20、ありました、Hotel Vert(ホテルヴェール)

    ホテル ヴェール ホテル

  • 13:25、チェックインはまだできないので荷物だけ預かってもらいます。

    13:25、チェックインはまだできないので荷物だけ預かってもらいます。

  • パンフレットも多数。ここにWi-Fiの情報が書かれています。

    パンフレットも多数。ここにWi-Fiの情報が書かれています。

  • さて、身軽になったところで、モンサンミッシェルへ行く前に腹ごしらえ。<br />付近にはレストランがありますが、昼は軽めに。

    さて、身軽になったところで、モンサンミッシェルへ行く前に腹ごしらえ。
    付近にはレストランがありますが、昼は軽めに。

  • 何故か色とりどりの牛がたくさんいます。

    何故か色とりどりの牛がたくさんいます。

  • 13:30、そんな牛がいるところにお土産店とカフェ。ここで昼食にします。

    13:30、そんな牛がいるところにお土産店とカフェ。ここで昼食にします。

  • ここがカフェ。

    ここがカフェ。

  • このカウンターで注文。

    このカウンターで注文。

  • 買ったのはクロワッサンとサンドイッチ、飲み物はペプシ。<br />テラス席に陣取りかぶりつきます。天気になって良かった~。

    買ったのはクロワッサンとサンドイッチ、飲み物はペプシ。
    テラス席に陣取りかぶりつきます。天気になって良かった~。

  • 14:00、お腹が膨れたところでモンサンミッシェルへ行きましょう。

    14:00、お腹が膨れたところでモンサンミッシェルへ行きましょう。

  • 途中にあったレストラン。

    途中にあったレストラン。

  • メニューを見ると日本語のメニューがあるようです。さっき食べたところですが、夕食はここで食べようかと算段します。

    メニューを見ると日本語のメニューがあるようです。さっき食べたところですが、夕食はここで食べようかと算段します。

  • 更に先に進むと、モンサンミッシェルが見えてきました。

    更に先に進むと、モンサンミッシェルが見えてきました。

  • その向かいにもホテルがあります。

    その向かいにもホテルがあります。

  • そんなところからこの階段を登ると・・・

    そんなところからこの階段を登ると・・・

  • 14:05、このような橋が架かっています。

    14:05、このような橋が架かっています。

  • その右側を見ると・・・おお素晴らしい、モンサンミッシェル。これが見たかったのです。

    その右側を見ると・・・おお素晴らしい、モンサンミッシェル。これが見たかったのです。

    クエノンダム 建造物

  • この写真では分かりませんが、これ、常時陸続きではなく潮の干満で陸続きになったり島になったりするそうです。

    この写真では分かりませんが、これ、常時陸続きではなく潮の干満で陸続きになったり島になったりするそうです。

  • 川の上流はこんな感じ。いたって普通です。

    川の上流はこんな感じ。いたって普通です。

  • 橋を渡り切りました。手前は牧場で、写真には写っていませんがヒツジさんが草を食べています。

    橋を渡り切りました。手前は牧場で、写真には写っていませんがヒツジさんが草を食べています。

  • のどかな光景です。

    のどかな光景です。

  • ヒツジさんが出てきました。お約束の記念撮影。

    ヒツジさんが出てきました。お約束の記念撮影。

  • 農家の方が作業もされていました。

    農家の方が作業もされていました。

  • 結構ヒツジさんがうろうろしていますね。

    結構ヒツジさんがうろうろしていますね。

  • 修道院をアップ。このあとここに行くことになります。

    修道院をアップ。このあとここに行くことになります。

  • この左側の塔、灯台としての役目があるそうです。しかし、後から分かったのですが、この辺は潮が引くとほとんど陸地なので船はいませんでした。

    この左側の塔、灯台としての役目があるそうです。しかし、後から分かったのですが、この辺は潮が引くとほとんど陸地なので船はいませんでした。

  • この城壁のようなところも後から歩きます。

    この城壁のようなところも後から歩きます。

  • このモンサンミッシェル、こうして川越しに見ると水面に浮いているようで神秘的です。

    このモンサンミッシェル、こうして川越しに見ると水面に浮いているようで神秘的です。

  • さて橋を戻って、モンサンミッシェルに行きましょう。

    さて橋を戻って、モンサンミッシェルに行きましょう。

  • モンサンミッシェルへはこの遊歩道でも行けますが・・・

    モンサンミッシェルへはこの遊歩道でも行けますが・・・

  • 馬車でも行けますが、これは有料。

    馬車でも行けますが、これは有料。

  • 無料のシャトルバスで行くことにします。このプラットフォームのようなものがバス停。

    無料のシャトルバスで行くことにします。このプラットフォームのようなものがバス停。

  • 14:40、バスはピストン運行されていて、すぐにやってきます。乗り込みましょう。

    14:40、バスはピストン運行されていて、すぐにやってきます。乗り込みましょう。

    ル パッサー (シャトルバス) バス系

  • シャトルバスの車窓から。歩いてモンサンミッシェルへ行く人もたくさんいます。この道はビジターセンターからの道です。

    シャトルバスの車窓から。歩いてモンサンミッシェルへ行く人もたくさんいます。この道はビジターセンターからの道です。

  • 車内は満員。なんとか乗り込めました。

    車内は満員。なんとか乗り込めました。

  • 14:45、バスはモンサンミッシェル手前の橋の上で停まります。<br />このバスは電車のように前後に運転席があるので、ここで折り返してビジターセンターの方に戻っていきます。

    14:45、バスはモンサンミッシェル手前の橋の上で停まります。
    このバスは電車のように前後に運転席があるので、ここで折り返してビジターセンターの方に戻っていきます。

  • おお、モンサンミッシェルです。バスから降りた直後で、かなり混雑しています。

    おお、モンサンミッシェルです。バスから降りた直後で、かなり混雑しています。

  • 今度はこちら側に運転手さんが乗ります。なのでUターンする必要がありません。

    今度はこちら側に運転手さんが乗ります。なのでUターンする必要がありません。

  • さっきは遠目だったモンサンミッシェルが、目の前にドーン。

    さっきは遠目だったモンサンミッシェルが、目の前にドーン。

  • 人がだいぶはけてきました。

    人がだいぶはけてきました。

  • 全景です。青空になってきました。<br />真ん中の円柱が王の塔、右側が自由の塔と呼ばれています。

    全景です。青空になってきました。
    真ん中の円柱が王の塔、右側が自由の塔と呼ばれています。

  • このお城のような円柱にはこの後行くことになります。

    このお城のような円柱にはこの後行くことになります。

  • あれま、こんなところに人がたくさん歩いています。潮が引くと歩けるようです。<br />この人たち、小学生で学校の遠足のようです。この後陸上に上ってきたのですが、足はドロドロ、満足に悪を洗うところもなく、そのまま靴を履いていました。

    あれま、こんなところに人がたくさん歩いています。潮が引くと歩けるようです。
    この人たち、小学生で学校の遠足のようです。この後陸上に上ってきたのですが、足はドロドロ、満足に悪を洗うところもなく、そのまま靴を履いていました。

  • ここにも人が。

    ここにも人が。

  • 王の塔にトリコロールがたなびきます。

    王の塔にトリコロールがたなびきます。

  • だいぶ近づいてきました。

    だいぶ近づいてきました。

  • 修道院の先頭には大天使聖ミカエルが金色に輝いています。

    修道院の先頭には大天使聖ミカエルが金色に輝いています。

  • 14:55、橋から島に上陸しました。

    14:55、橋から島に上陸しました。

  • あまり記憶に残っていませんが、この日は風が強かったのですね。

    あまり記憶に残っていませんが、この日は風が強かったのですね。

  • この左に写っている塔はガブリエル塔。灯台の役目を果たしているようです。かといって周りは浅瀬なのであまり船は走っていませんが。

    この左に写っている塔はガブリエル塔。灯台の役目を果たしているようです。かといって周りは浅瀬なのであまり船は走っていませんが。

  • 王の塔

    王の塔

  • 記念撮影、58歳、すっぴん。

    記念撮影、58歳、すっぴん。

  • この建物はホテルのようです。<br />この島内にも何軒がホテルがありますが、やや強気な値段設定です。私たちビンボー旅行者は対岸のホテルが似合っています。

    この建物はホテルのようです。
    この島内にも何軒がホテルがありますが、やや強気な値段設定です。私たちビンボー旅行者は対岸のホテルが似合っています。

  • 島内に入ると尖塔が高くて高くて、見上げると首がだるくなってきます。

    島内に入ると尖塔が高くて高くて、見上げると首がだるくなってきます。

  • この変わった形の塔はファニル塔。帰りに寄ります。

    この変わった形の塔はファニル塔。帰りに寄ります。

  • 王の塔がすぐ目の前に。人がいるのがわかります。

    王の塔がすぐ目の前に。人がいるのがわかります。

  • 15:00、さて、ここからモンサンミッシェル島内に入ります。

    15:00、さて、ここからモンサンミッシェル島内に入ります。

    モン サン ミッシェル 前哨門 寺院・教会

  • この左手に観光案内所とトイレがあります。<br />トイレはこの奥にももう一箇所ありました。

    この左手に観光案内所とトイレがあります。
    トイレはこの奥にももう一箇所ありました。

  • 大通り門をくぐると左にオムレツで有名なレストランがあります。<br />私たちはオムレツには全く興味が無かったので初めから食べるつもりはありませんでしたが、この後出会った日本人観光客によると「まずくて高くて二度と行かん」だそうです。<br />この4トラの旅行記の評価を見ても同じ感想をお持ちの方が多いようで、そういう意味では「有名」なのかもしれません。<br /><br />この先に見えているのが王の門です。

    大通り門をくぐると左にオムレツで有名なレストランがあります。
    私たちはオムレツには全く興味が無かったので初めから食べるつもりはありませんでしたが、この後出会った日本人観光客によると「まずくて高くて二度と行かん」だそうです。
    この4トラの旅行記の評価を見ても同じ感想をお持ちの方が多いようで、そういう意味では「有名」なのかもしれません。

    この先に見えているのが王の門です。

  • 王の門に隣接している王の塔。

    王の門に隣接している王の塔。

  • 王の門をくぐります。手前には上下できる跳ね上げ橋が架かっています。敵が襲ってきたらこの橋を上げるのでしょう。

    王の門をくぐります。手前には上下できる跳ね上げ橋が架かっています。敵が襲ってきたらこの橋を上げるのでしょう。

    モンサンミッシェル 王の門 寺院・教会

  • 王の門の橋の上からオムレツが「有名」なラ・メール・プラール。行列ができています。

    王の門の橋の上からオムレツが「有名」なラ・メール・プラール。行列ができています。

    ラ メール プラール (レストラン) フレンチ

  • 上階はホテルの客室のようです。

    上階はホテルの客室のようです。

  • 王の門をくぐり、島内の奥へ。

    王の門をくぐり、島内の奥へ。

  • ここは郵便局ですね。

    ここは郵便局ですね。

  • 振り返るとマリア像。

    振り返るとマリア像。

  • 郵便局前あたりから道が狭くなり登りになります。<br />この右手にトイレがあるので済ませておきましょう。<br />それにしてもすごい人出。午後からは日帰りのツアー客が押し寄せるようです。

    郵便局前あたりから道が狭くなり登りになります。
    この右手にトイレがあるので済ませておきましょう。
    それにしてもすごい人出。午後からは日帰りのツアー客が押し寄せるようです。

  • トイレ待ちに、一瞬だけ人が途切れました。

    トイレ待ちに、一瞬だけ人が途切れました。

  • 面白い看板ですね。<br />

    面白い看板ですね。

  • 15:10、トイレ前から振り返ると、王の門の左に階段が見えます。行ってみましょう。

    15:10、トイレ前から振り返ると、王の門の左に階段が見えます。行ってみましょう。

  • 階段を登ると王の塔に出てきました。さっきたなびいていたトリコロール。

    階段を登ると王の塔に出てきました。さっきたなびいていたトリコロール。

  • 王の塔の隣のアーケードタワー。

    王の塔の隣のアーケードタワー。

  • 王の塔からモンサンミッシェルの連絡協が見えますが、たくさんの人です。

    王の塔からモンサンミッシェルの連絡協が見えますが、たくさんの人です。

  • 眼下には例のオムレツ屋さんが見えます。

    眼下には例のオムレツ屋さんが見えます。

  • アーケードタワーの中を通って・・・

    アーケードタワーの中を通って・・・

  • 王の塔の反対側に出てきました。<br />人が歩けるようになっています。<br />翌日、この先まで歩いていきます。

    王の塔の反対側に出てきました。
    人が歩けるようになっています。
    翌日、この先まで歩いていきます。

  • アーケードタワーを振り返ります。

    アーケードタワーを振り返ります。

  • 中世の建物がひしめき合っています。

    中世の建物がひしめき合っています。

  • そんな建物の間にはこんな路地も走っています。

    そんな建物の間にはこんな路地も走っています。

  • 中世も信者さんで賑わったのでしょうね。

    中世も信者さんで賑わったのでしょうね。

  • こちらがメインストリートのグランド・リュ。この後修道院まではこの道を歩きます。

    こちらがメインストリートのグランド・リュ。この後修道院まではこの道を歩きます。

  • 左は郵便局。

    左は郵便局。

  • 15:15、グランド・リュに降りてきました。<br />修道院まで登りましょう。

    15:15、グランド・リュに降りてきました。
    修道院まで登りましょう。

  • 両端はレストランや、お土産屋さん、ホテルなどが並びます。<br />この辺りが道幅が一番狭く、混雑しています。

    両端はレストランや、お土産屋さん、ホテルなどが並びます。
    この辺りが道幅が一番狭く、混雑しています。

  • 看板が道に突き出しているのは、香港を思い出します。<br /><br />続きます・・・修道院編<br />https://4travel.jp/travelogue/11432555

    看板が道に突き出しているのは、香港を思い出します。

    続きます・・・修道院編
    https://4travel.jp/travelogue/11432555

52いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

旅行記グループ

フランス旅行2018

この旅行で行ったホテル

この旅行で行ったスポット

この旅行で行ったグルメ・レストラン

旅の計画・記録

マイルに交換できるフォートラベルポイントが貯まる
フォートラベルポイントって?

フランスで使うWi-Fiはレンタルしましたか?

フォートラベル GLOBAL WiFiなら
フランス最安 322円/日~

  • 空港で受取・返却可能
  • お得なポイントがたまる

フランスの料金プランを見る

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

この旅行記の地図

拡大する

PAGE TOP

ピックアップ特集