モンサンミッシェル旅行記(ブログ) 一覧に戻る
初めてのフランスは、先ず北部!と、計画を練り、真夏のフランスへ!<br />フランス、そしてパリが日本人にダントツ人気というのも納得できるなぁ!<br />と思える驚きの多い旅になりました。<br /><br />      === 全日程 ===<br />2011年<br />◇8/5(金)<br /> 10:55 関空発  フィンランド航空<br /> ↓<br /> 15:10 ヘルシンキ バンター空港着<br /> 16:05 ヘルシンキ バンター空港発<br /> ↓<br /> 18:10 パリ シャルルドゴール空港着<br /><br />◇8/6(土) <br /> 《 パリ街歩き① 》<br /> 副都心→シャンゼリゼ→コンコルド→マレ地区→バスティーユ<br /><br />◆8/7(日)、8(月) →今ここ<br /> 《 ロワール・ノルマンディー地方 2日間バスツアー 》<br />シャルトル大聖堂→ロワール古城巡り→モンサンミシェル泊→オンフルール <br />◇8/9(火)<br /> 《 ヴェルサイユ宮殿とパリ街歩き② 》<br /> ヴェルサイユ宮殿と庭園→パリ オペラ地区<br /><br />◇8/10(水)<br /> 《 パリ街歩き③ 》<br /> エッフェル塔→パシー地区→モンマルトルの丘→ルーブル美術館<br /><br />◇8/11(木)<br /> 《 パリ街歩き④ 》<br /> シテ島→パンテオン→リュクサンブール公園→サンジェルマン・デ・プレ→オルセー美術館→セーヌ川クルーズ→ムーランルージュ<br /><br />◇8/12(金)<br /> 12:20 パリ シャルルドゴール空港発 <br /> ↓<br /> 16:15 ヘルシンキ バンター空港着<br /> 17:20 ヘルシンキ バンター空港発<br /> ↓<br />◇8/13(土)<br /> 8:55 関空着

パリを拠点に北フランスを巡る旅【4】モンサンミシェル→オンフル-ル→パリ バスツアー2日目

20いいね!

2011/08/08 - 2011/08/08

321位(同エリア1830件中)

MIUMIU

MIUMIUさん

初めてのフランスは、先ず北部!と、計画を練り、真夏のフランスへ!
フランス、そしてパリが日本人にダントツ人気というのも納得できるなぁ!
と思える驚きの多い旅になりました。

      === 全日程 ===
2011年
◇8/5(金)
 10:55 関空発  フィンランド航空
 ↓
 15:10 ヘルシンキ バンター空港着
 16:05 ヘルシンキ バンター空港発
 ↓
 18:10 パリ シャルルドゴール空港着

◇8/6(土) 
 《 パリ街歩き① 》
 副都心→シャンゼリゼ→コンコルド→マレ地区→バスティーユ

◆8/7(日)、8(月) →今ここ
 《 ロワール・ノルマンディー地方 2日間バスツアー 》
シャルトル大聖堂→ロワール古城巡り→モンサンミシェル泊→オンフルール 
◇8/9(火)
 《 ヴェルサイユ宮殿とパリ街歩き② 》
 ヴェルサイユ宮殿と庭園→パリ オペラ地区

◇8/10(水)
 《 パリ街歩き③ 》
 エッフェル塔→パシー地区→モンマルトルの丘→ルーブル美術館

◇8/11(木)
 《 パリ街歩き④ 》
 シテ島→パンテオン→リュクサンブール公園→サンジェルマン・デ・プレ→オルセー美術館→セーヌ川クルーズ→ムーランルージュ

◇8/12(金)
 12:20 パリ シャルルドゴール空港発 
 ↓
 16:15 ヘルシンキ バンター空港着
 17:20 ヘルシンキ バンター空港発
 ↓
◇8/13(土)
 8:55 関空着

旅行の満足度
5.0
同行者
カップル・夫婦(シニア)
交通手段
観光バス 徒歩
旅行の手配内容
個別手配

PR

  • 【8/8】<br />ロワール地方からノルマンディーを巡るバスツアー2日目。<br />今日は昼過ぎまでたっぷりモンサンミッシェルを観光し、<br />その後オンフルールへ行き、パリに戻るというスケジュール。<br /><br />これが一泊したホテルの入口。<br />昨夜は到着した時すでに暗かったので写真を撮っていなかった。

    【8/8】
    ロワール地方からノルマンディーを巡るバスツアー2日目。
    今日は昼過ぎまでたっぷりモンサンミッシェルを観光し、
    その後オンフルールへ行き、パリに戻るというスケジュール。

    これが一泊したホテルの入口。
    昨夜は到着した時すでに暗かったので写真を撮っていなかった。

  • 小さなかわいいホテル。

    小さなかわいいホテル。

  • 私達の部屋は、窓がやけに小さい三階だった。

    私達の部屋は、窓がやけに小さい三階だった。

  • ホテルのレストランで朝食後、<br />9:00にモンサンミッシェルに向けて出発。

    ホテルのレストランで朝食後、
    9:00にモンサンミッシェルに向けて出発。

  • モンサンミッシェルがきれいに見える場所でバスが停車し、<br />降りて撮影タイム。<br />少し前に、写真撮影していた観光客が車にはねられた事があるそうで…<br />なるほど、結構飛ばす車が多いので怖い。<br />

    モンサンミッシェルがきれいに見える場所でバスが停車し、
    降りて撮影タイム。
    少し前に、写真撮影していた観光客が車にはねられた事があるそうで…
    なるほど、結構飛ばす車が多いので怖い。

  • サン・マロ湾の南東の岩でできたこの島は、かつては、満ち潮の時には海に浮かび、<br />引き潮の時だけ干潟を渡って辿り着けたという。<br />多くの巡礼者たちが激しい満ち潮に遭遇して命を落としたというのも納得できる、<br />そんな光景です。<br /><br />にわかに雲行きが怪しくなってきた。

    サン・マロ湾の南東の岩でできたこの島は、かつては、満ち潮の時には海に浮かび、
    引き潮の時だけ干潟を渡って辿り着けたという。
    多くの巡礼者たちが激しい満ち潮に遭遇して命を落としたというのも納得できる、
    そんな光景です。

    にわかに雲行きが怪しくなってきた。

    モンサンミッシェルとその湾 史跡・遺跡

  • 再びバスに乗って、モンサンミッシェル下のバス駐車場で下車。<br />「アヴァンセ門」という一番最初の門を入ると、観光案内所や両替所、トイレがある。<br />この写真は、その次にある「大通り門」という門をくぐったところ。<br />最後に、「王の門」と呼ばれるこのアーチ型の門をくぐる。

    再びバスに乗って、モンサンミッシェル下のバス駐車場で下車。
    「アヴァンセ門」という一番最初の門を入ると、観光案内所や両替所、トイレがある。
    この写真は、その次にある「大通り門」という門をくぐったところ。
    最後に、「王の門」と呼ばれるこのアーチ型の門をくぐる。

    モンサンミッシェル 王の門 寺院・教会

  • 王の門を入るとすぐに、唯一のメインストリート「グランド・リュ」。<br />参道のようなものですね。<br />小雨が降り出した。

    王の門を入るとすぐに、唯一のメインストリート「グランド・リュ」。
    参道のようなものですね。
    小雨が降り出した。

    グランド リュ 旧市街・古い町並み

  • ミュージアム、土産物屋、レストラン、カフェなどが35軒ほど、ずらりと並んでいる。<br />昨夜歩いたが、全く雰囲気が違う。

    ミュージアム、土産物屋、レストラン、カフェなどが35軒ほど、ずらりと並んでいる。
    昨夜歩いたが、全く雰囲気が違う。

  • 郵便局。 <br />ここから投函するとモンサンミッシェルの消印を押してくれるというので<br />帰り際に絵はがきを買って、日本宛てに数枚投函した。

    郵便局。 
    ここから投函するとモンサンミッシェルの消印を押してくれるというので
    帰り際に絵はがきを買って、日本宛てに数枚投函した。

  • グランド・リュは人がいっぱいで歩きにくいので、城壁を歩くこともできるそうです。

    グランド・リュは人がいっぱいで歩きにくいので、城壁を歩くこともできるそうです。

  • いつのまにか雨がやんだ。<br />日本語表記のある店もあり、日本人観光客が相当多い事がわかる。

    いつのまにか雨がやんだ。
    日本語表記のある店もあり、日本人観光客が相当多い事がわかる。

  • メインストリートの突き当たりまでいき、<br />城壁に上がりモンサンミッシェルを見上げるとこの光景!<br />

    メインストリートの突き当たりまでいき、
    城壁に上がりモンサンミッシェルを見上げるとこの光景!

    モンサンミッシェル ファニの城壁 建造物

  • 昨夜は幻想的で、ハリーポッターの世界のように感じた街並みです。

    昨夜は幻想的で、ハリーポッターの世界のように感じた街並みです。

  • サン・マロ湾に目を向けると、美しい干潟が広がっている。<br />

    サン・マロ湾に目を向けると、美しい干潟が広がっている。

  • これらの建物は多分ホテルでしょうか。<br />島内には小さなホテルが結構ありますが、料金はお高いそうで。

    これらの建物は多分ホテルでしょうか。
    島内には小さなホテルが結構ありますが、料金はお高いそうで。

  • 全ての建物は主に19世紀のものとか。<br />天候の変化が激しく強風にさらされる為、頑丈な石造りとなっている。

    全ての建物は主に19世紀のものとか。
    天候の変化が激しく強風にさらされる為、頑丈な石造りとなっている。

  • 今まで見たこともないような光景。<br />どこまでも続く干潟の美しさは感動的!  <br />この時点で、多分潮が引いている最中ではないかと。

    今まで見たこともないような光景。
    どこまでも続く干潟の美しさは感動的!  
    この時点で、多分潮が引いている最中ではないかと。

  • このあたりはノルマンディーの南端にあたり、ヨーロッパでも潮の干満が最も激しい所として有名だという。<br />城壁からサン・マロ湾の潮の満ち引きを観察する人も多いそう。

    このあたりはノルマンディーの南端にあたり、ヨーロッパでも潮の干満が最も激しい所として有名だという。
    城壁からサン・マロ湾の潮の満ち引きを観察する人も多いそう。

    モンサンミッシェルとその湾 史跡・遺跡

  • この石段を登って修道院に向かう。<br />

    この石段を登って修道院に向かう。

  • 途中見かけた穴ぐら。侵入者を攻撃する為のものか?

    途中見かけた穴ぐら。侵入者を攻撃する為のものか?

  • 280段もあるので、結構しんどい!

    280段もあるので、結構しんどい!

  • 時々干潟のほうを見ながらゆっくり登った。

    時々干潟のほうを見ながらゆっくり登った。

  • 中間地点くらいかな。

    中間地点くらいかな。

  • あと少し、というところで突然の雨。それも土砂降り! <br />急いで修道院入口を目指す。<br />

    あと少し、というところで突然の雨。それも土砂降り! 
    急いで修道院入口を目指す。

  • 修道院の入口に入ると、人がいっぱい溜まっていてワンワンと声が反響している。

    修道院の入口に入ると、人がいっぱい溜まっていてワンワンと声が反響している。

  • 雨が弱くなり、今度は高い壁に囲まれた90段の石段をひたすら上がっていく。<br />まず最上階まで行き下に降りていきながら見学するというルートだ。<br />随所に侵入者を攻撃する為の工夫がされている。<br />日本の城と同じですね。

    雨が弱くなり、今度は高い壁に囲まれた90段の石段をひたすら上がっていく。
    まず最上階まで行き下に降りていきながら見学するというルートだ。
    随所に侵入者を攻撃する為の工夫がされている。
    日本の城と同じですね。

  • モンサンミッシェルの変遷を表す島の模型が並んでいた。<br />これは8世紀頃。元々は先住民ケルト人が信仰する聖地で、墓の山と呼ばれていたという。<br />708年に司教オベールが夢の中で、大天使ミカエルから「この岩山に聖堂を建てよ」というお告げを受け、小さな礼拝堂を建てたのが起源だと言われている。<br /><br />モンサンミッシェルとは、「聖ミカエルの山」を意味するそうだ。

    モンサンミッシェルの変遷を表す島の模型が並んでいた。
    これは8世紀頃。元々は先住民ケルト人が信仰する聖地で、墓の山と呼ばれていたという。
    708年に司教オベールが夢の中で、大天使ミカエルから「この岩山に聖堂を建てよ」というお告げを受け、小さな礼拝堂を建てたのが起源だと言われている。

    モンサンミッシェルとは、「聖ミカエルの山」を意味するそうだ。

    モンサンミッシェル修道院 寺院・教会

  • その後、増築、崩壊、修復を繰り返した為、建築様式もさまざま。

    その後、増築、崩壊、修復を繰り返した為、建築様式もさまざま。

  • 13世紀には、ほぼ現在の形になっていたが<br />14世紀の百年戦争中には城塞となり、18世紀、フランス革命後には監獄として使用されていた。<br /><br />

    13世紀には、ほぼ現在の形になっていたが
    14世紀の百年戦争中には城塞となり、18世紀、フランス革命後には監獄として使用されていた。

  • フランス革命後、文豪達がモンサンミッシェルの美しさを賞賛し始めたことにより、ついに修道院としての役割を取り戻し、現在もカトリックの聖地として絶対的な存在である。<br /><br />修道院というより要塞か堅牢な城に見えるのも、そういった長い複雑な歴史があるからなのかも…

    フランス革命後、文豪達がモンサンミッシェルの美しさを賞賛し始めたことにより、ついに修道院としての役割を取り戻し、現在もカトリックの聖地として絶対的な存在である。

    修道院というより要塞か堅牢な城に見えるのも、そういった長い複雑な歴史があるからなのかも…

  • 西のテラス、と呼ばれる教会に面した広いテラス。<br />まず、教会に向かった。<br />

    西のテラス、と呼ばれる教会に面した広いテラス。
    まず、教会に向かった。

  • テラスから教会に入った。

    テラスから教会に入った。

  • 正式には「修道院付属教会」という。<br />

    正式には「修道院付属教会」という。

    モンサンミッシェル修道院 付属教会 (聖堂) 寺院・教会

  • 11世紀から12世紀に建てられたノルマンディー・ロマネスク様式の身廊と<br />1523年に完成したゴシック様式の内陣が見事だ。<br />

    11世紀から12世紀に建てられたノルマンディー・ロマネスク様式の身廊と
    1523年に完成したゴシック様式の内陣が見事だ。

  • 鮮やかなステンドグラスもなく、質素で厳しさを感じる。

    鮮やかなステンドグラスもなく、質素で厳しさを感じる。

  • 最上部が少し尖った形のアーチ。<br />この形のアーチは珍しいという説明があった。

    最上部が少し尖った形のアーチ。
    この形のアーチは珍しいという説明があった。

  • これは普通のアーチ。

    これは普通のアーチ。

  • ゴシック様式の天井。

    ゴシック様式の天井。

  • 教会の正面。<br />雨がやんだので、西のテラスに出た。<br />

    教会の正面。
    雨がやんだので、西のテラスに出た。

  • 西のテラスからの南側の眺め。 微妙に揺れる波紋が美しい。

    西のテラスからの南側の眺め。 微妙に揺れる波紋が美しい。

  • 湾沿いの草原では羊が放牧されているそうだ。<br />

    湾沿いの草原では羊が放牧されているそうだ。

  • 南西の方に小さな島も見える。

    南西の方に小さな島も見える。

  • アップ! 無人島?<br />引き潮がきれいな波紋を作っている。

    アップ! 無人島?
    引き潮がきれいな波紋を作っている。

  • 西のテラスから北側を見る。<br />特にここは「ラ・メルヴィユ」と呼ばれているらしい。<br />三層のゴシック建築で、居住スペースとして13世紀に造られた。<br />メルヴィユとは、驚嘆という意味だそうで、<br />修道院全てを、ラ・メルヴィユと呼ぶこともあるようです。<br />

    西のテラスから北側を見る。
    特にここは「ラ・メルヴィユ」と呼ばれているらしい。
    三層のゴシック建築で、居住スペースとして13世紀に造られた。
    メルヴィユとは、驚嘆という意味だそうで、
    修道院全てを、ラ・メルヴィユと呼ぶこともあるようです。

    モン サン ミッシェル ラ メルヴェイユ 建造物

  • 付属教会はラ・メルヴィユの中枢にあたるのかな。<br /><br />

    付属教会はラ・メルヴィユの中枢にあたるのかな。

  • 教会の隣に進むと回廊がある。<br />修道院の僧たちが休憩したり瞑想したりした空間。

    教会の隣に進むと回廊がある。
    修道院の僧たちが休憩したり瞑想したりした空間。

    モンサンミッシェル修道院 回廊 寺院・教会

  • この四角の中庭を囲む回廊だ。<br />整然と円柱が並んでいる。<br />

    この四角の中庭を囲む回廊だ。
    整然と円柱が並んでいる。

  • 木組みの船底天井。

    木組みの船底天井。

  • 土をここまで運びあげて中庭を造ったんですね。<br />ここには薬草なども植えられ、巡礼者たちの治療も行っていたという。

    土をここまで運びあげて中庭を造ったんですね。
    ここには薬草なども植えられ、巡礼者たちの治療も行っていたという。

  • 交互に配置されている2列の円柱が美しい。

    交互に配置されている2列の円柱が美しい。

  • この柱頭部のレリーフはノルマンディー派の特徴だそうです。

    この柱頭部のレリーフはノルマンディー派の特徴だそうです。

  • 尖塔がこんなに間近に見える。<br />先端に黄金に輝く大天使ミカエルの像がある尖塔だ。

    尖塔がこんなに間近に見える。
    先端に黄金に輝く大天使ミカエルの像がある尖塔だ。

  • ここより上は観光客は入れない。

    ここより上は観光客は入れない。

  • 回廊から奥へいくと、もの凄く広い空間に入った。<br />なんとここは「食堂」。<br />どんだけ広いんだ! 何人の僧侶がいたのか…!

    回廊から奥へいくと、もの凄く広い空間に入った。
    なんとここは「食堂」。
    どんだけ広いんだ! 何人の僧侶がいたのか…!

    モンサンミッシェル修道院 食事室 寺院・教会

  • 簡素な造りだが両側に縦長の窓が59もあり、とても明るい。

    簡素な造りだが両側に縦長の窓が59もあり、とても明るい。

  • ここで僧たちは、聖人伝などを聞きながら沈黙したまま食事をとったという。<br />

    ここで僧たちは、聖人伝などを聞きながら沈黙したまま食事をとったという。

  • 中階へ移動する途中にあった見事な彫刻。

    中階へ移動する途中にあった見事な彫刻。

  • 「貴賓室」 食堂の真下にある。<br />大切な客をもてなす為の部屋で、食事もここで提供されていた。<br />天井のアーチが美しいゴシック最盛期の様式。<br />それにしてもこの広さ、大切な客がそんなにたくさんやってくることがあったのか…?

    「貴賓室」 食堂の真下にある。
    大切な客をもてなす為の部屋で、食事もここで提供されていた。
    天井のアーチが美しいゴシック最盛期の様式。
    それにしてもこの広さ、大切な客がそんなにたくさんやってくることがあったのか…?

    モンサンミッシェル修道院 迎賓の間 寺院・教会

  • 教会の内陣の真下にある、「巨柱の間」と呼ばれる礼拝堂。<br />一度崩壊した為、巨大な柱に作り変えたとか。

    教会の内陣の真下にある、「巨柱の間」と呼ばれる礼拝堂。
    一度崩壊した為、巨大な柱に作り変えたとか。

    モンサンミッシェル修道院 太柱の礼拝堂 寺院・教会

  • 天井。

    天井。

  • ロマネスクの石組天井が特徴の「サンマルタン礼拝堂」<br />教会南側の下にあたる、 壁の厚さもすごい。<br />

    ロマネスクの石組天井が特徴の「サンマルタン礼拝堂」
    教会南側の下にあたる、 壁の厚さもすごい。

  • 更に進むと車輪のようなものが見えてきた。

    更に進むと車輪のようなものが見えてきた。

  • ここは元々納骨堂があった場所。<br />これは「大車輪」と呼ばれている。<br />10世紀から16世紀にかけて続いていた増改築に使用されていた貨物用昇降機。<br />車輪の中に人が入って回転させる仕組みだ。<br />この車輪は19世紀の牢獄時代のものとか。<br />

    ここは元々納骨堂があった場所。
    これは「大車輪」と呼ばれている。
    10世紀から16世紀にかけて続いていた増改築に使用されていた貨物用昇降機。
    車輪の中に人が入って回転させる仕組みだ。
    この車輪は19世紀の牢獄時代のものとか。

    モンサンミッシェル修道院 大車輪 寺院・教会

  • なるほど、素晴らしい知恵!

    なるほど、素晴らしい知恵!

  • 下を覗いてみた。 かなりの高さ!<br />巨大なチェーンを使って昇降していたんですね。

    下を覗いてみた。 かなりの高さ!
    巨大なチェーンを使って昇降していたんですね。

  • その隣には、こじんまりした「サン・エティエンヌ礼拝堂」がある。<br /><br />

    その隣には、こじんまりした「サン・エティエンヌ礼拝堂」がある。

    モンサンミッシェル修道院 聖エティエンヌのチャペル 寺院・教会

  • この礼拝堂は病院に接続しており、この壁画は病院を飾っていたもの。<br />かつては修道院のいたるところにこのような壁画があったそうですが<br />消失してしまったとのこと。<br />これも消えかかっているような・・・<br />

    この礼拝堂は病院に接続しており、この壁画は病院を飾っていたもの。
    かつては修道院のいたるところにこのような壁画があったそうですが
    消失してしまったとのこと。
    これも消えかかっているような・・・

  • この階段は、かつて巡礼者のメインの階段として使用されていた。

    この階段は、かつて巡礼者のメインの階段として使用されていた。

  • 階段を上がるとロマネスク様式の「散策の間」<br />

    階段を上がるとロマネスク様式の「散策の間」

  • ここは僧たちの生活の場だったそうだ。

    ここは僧たちの生活の場だったそうだ。

  • この下に降りていくと

    この下に降りていくと

  • 天井の高い広い空間「騎士の間」に出る。<br />修道士が写本や精密画の製作をしていた仕事場。

    天井の高い広い空間「騎士の間」に出る。
    修道士が写本や精密画の製作をしていた仕事場。

    モンサンミッシェル修道院 騎士の間 寺院・教会

  • 修道士の生活空間で唯一暖炉がある場所だとか。<br />それがこの暖炉。大きい。<br /><br />ここで修道院の見学は全て終了。

    修道士の生活空間で唯一暖炉がある場所だとか。
    それがこの暖炉。大きい。

    ここで修道院の見学は全て終了。

  • 外に出ると雨はやみ、明るくなっていた。<br />この庭の端を通って修道院を後にしました。<br /><br />丁寧な説明を聞きながらじっくりと見学できて満足!

    外に出ると雨はやみ、明るくなっていた。
    この庭の端を通って修道院を後にしました。

    丁寧な説明を聞きながらじっくりと見学できて満足!

  • 修道院を出たら13時頃までフリータイム、<br />メインストリートでランチタイムとなった。<br />前以て全員に「オトクなフルコースが利用できるレストラン」3店を紹介するプリントを渡されていたので(ツアー会社と提携しているらしい)<br />雰囲気と込み具合をみて『Auberge St Pierre』というレストランに入った。<br /><br />コース内容はどれも、<br />前菜・メイン料理・デザート・ドリンク。<br />メインは次の4種類からチョイス。<br />・ふわふわオムレツ→モンサンミッシェルの名物。<br />・子羊→ノルマンディーの羊は上質だとか。サンマロ湾沿いにも放牧されている<br />・ガレット(そば粉のクレープ)→ブルターニュ地方の名物。<br />・ムール貝→ブルターニュ、ノルマンディー地方の名物。<br /><br />オムレツコースとムール貝コースをシェアすることにした。<br />この写真が前菜。

    修道院を出たら13時頃までフリータイム、
    メインストリートでランチタイムとなった。
    前以て全員に「オトクなフルコースが利用できるレストラン」3店を紹介するプリントを渡されていたので(ツアー会社と提携しているらしい)
    雰囲気と込み具合をみて『Auberge St Pierre』というレストランに入った。

    コース内容はどれも、
    前菜・メイン料理・デザート・ドリンク。
    メインは次の4種類からチョイス。
    ・ふわふわオムレツ→モンサンミッシェルの名物。
    ・子羊→ノルマンディーの羊は上質だとか。サンマロ湾沿いにも放牧されている
    ・ガレット(そば粉のクレープ)→ブルターニュ地方の名物。
    ・ムール貝→ブルターニュ、ノルマンディー地方の名物。

    オムレツコースとムール貝コースをシェアすることにした。
    この写真が前菜。

  • ふわふわオムレツ半分とフライドポテトの盛り合わせ。<br />本来のふわふわオムレツはこのお皿いっぱいの大きさだ。<br />軽い塩味で甘味は全くなく、しっとりしたメレンゲを食べているような感覚かな?<br />中から卵のムースがトロリと流れ出るのを急いですくいながらいただく。

    ふわふわオムレツ半分とフライドポテトの盛り合わせ。
    本来のふわふわオムレツはこのお皿いっぱいの大きさだ。
    軽い塩味で甘味は全くなく、しっとりしたメレンゲを食べているような感覚かな?
    中から卵のムースがトロリと流れ出るのを急いですくいながらいただく。

  • 塩茹でムール貝がドーン!!<br />先ず貝殻を1枚外し、それを使って身を取り出すとラクと聞いて実行!<br />ホントにその通り、食べやすかった。<br />この時以降、ムール貝を食べる時はいつもそうしている。

    塩茹でムール貝がドーン!!
    先ず貝殻を1枚外し、それを使って身を取り出すとラクと聞いて実行!
    ホントにその通り、食べやすかった。
    この時以降、ムール貝を食べる時はいつもそうしている。

  • デザートはりんごタルトのようなものだったかと…(なぜか写真撮り忘れ)<br />ドリンクはシードル(りんごの蒸留酒)。爽やかな発泡酒で美味しかった。<br />フランス北部はりんごの栽培が盛んなので、ワインではなくシードルが名産品となっているという。<br />日照量が少ないのでぶどうの栽培に適してないようです。<br />シードルは発泡酒のことだと思っていたが、そうとは限ってないんですね。<br /><br />石造りのいい雰囲気のレストランで楽しいランチタイムだった。<br />値段は忘れたが、オトクだったのは確か。

    デザートはりんごタルトのようなものだったかと…(なぜか写真撮り忘れ)
    ドリンクはシードル(りんごの蒸留酒)。爽やかな発泡酒で美味しかった。
    フランス北部はりんごの栽培が盛んなので、ワインではなくシードルが名産品となっているという。
    日照量が少ないのでぶどうの栽培に適してないようです。
    シードルは発泡酒のことだと思っていたが、そうとは限ってないんですね。

    石造りのいい雰囲気のレストランで楽しいランチタイムだった。
    値段は忘れたが、オトクだったのは確か。

  • ランチを終えてメインストリートを下りながら出口へ向かった。<br />途中、郵便局に寄って絵はがきを投函。<br /><br />そしてここは、1888年創業のふわふわオムレツの老舗『ラ・メール・プラール』<br />2011年に丸の内にも出店したようですね。<br />王の門と大通り門の間にあります。

    ランチを終えてメインストリートを下りながら出口へ向かった。
    途中、郵便局に寄って絵はがきを投函。

    そしてここは、1888年創業のふわふわオムレツの老舗『ラ・メール・プラール』
    2011年に丸の内にも出店したようですね。
    王の門と大通り門の間にあります。

  • 店内を覗くのは自由。<br />ひたすら卵を泡立て、ひたすらオムレツを焼いている様子を見ることができる。<br />賑やかで活気に溢れた店内。<br />その過程を見ていると、手際よくておもしろい。

    店内を覗くのは自由。
    ひたすら卵を泡立て、ひたすらオムレツを焼いている様子を見ることができる。
    賑やかで活気に溢れた店内。
    その過程を見ていると、手際よくておもしろい。

  • 銅製のフライパンがオブジェとして(?)ずらりとかけられ、<br />かわいい雰囲気の店だ。<br />この店を目指して遠方から来る人も多いそうです。<br />でもここのオムレツは、かなり!お高いそうで…<br />さっきのレストランでふわふわオムレツ食べといてよかった!

    銅製のフライパンがオブジェとして(?)ずらりとかけられ、
    かわいい雰囲気の店だ。
    この店を目指して遠方から来る人も多いそうです。
    でもここのオムレツは、かなり!お高いそうで…
    さっきのレストランでふわふわオムレツ食べといてよかった!

  • 鶏の銅像?はシンボル的な存在だそうです。<br /><br />オムレツが有名になった起源は、元々モンサンミッシェルにやっとの思いで到着した巡礼者達に振舞われていた、ということです。

    鶏の銅像?はシンボル的な存在だそうです。

    オムレツが有名になった起源は、元々モンサンミッシェルにやっとの思いで到着した巡礼者達に振舞われていた、ということです。

  • 大通り門の外側。

    大通り門の外側。

  • 大通り門を抜けて、アヴァンセ門を出た。<br />

    大通り門を抜けて、アヴァンセ門を出た。

  • アヴァンセ門のすぐ外側。

    アヴァンセ門のすぐ外側。

  • 海風が強いが、晴れてきたので気持ちがいい。

    海風が強いが、晴れてきたので気持ちがいい。

  • 満潮になるとこの砂地が海底になるんですね。

    満潮になるとこの砂地が海底になるんですね。

  • 西側と南側はよく晴れている。

    西側と南側はよく晴れている。

  • 青空に映えるモンサンミッシェル!<br />最後に見ることができた!<br /><br />風が強く、天候の変化が激しい、というモンサンミッシェル。<br />まさにそれをバッチリ体感できたわけです。

    青空に映えるモンサンミッシェル!
    最後に見ることができた!

    風が強く、天候の変化が激しい、というモンサンミッシェル。
    まさにそれをバッチリ体感できたわけです。

  • 13:10 バスはオンフルールに向けて出発。<br />モンサンミッシェルはブルターニュ地方とノルマンディー地方の境目に位置するので、すぐにノルマンディー地方に入る。<br />

    13:10 バスはオンフルールに向けて出発。
    モンサンミッシェルはブルターニュ地方とノルマンディー地方の境目に位置するので、すぐにノルマンディー地方に入る。

  • しばらくこんな景色の中を進む。

    しばらくこんな景色の中を進む。

  • 高速に入った。

    高速に入った。

  • 牧歌的な風景が続く。<br /><br />ノルマンディーといえば、ノルマンディー大作戦…が頭に浮かぶが、<br />「男と女」など有名な洋画の舞台にもなっている場所が多いですね!<br />

    牧歌的な風景が続く。

    ノルマンディーといえば、ノルマンディー大作戦…が頭に浮かぶが、
    「男と女」など有名な洋画の舞台にもなっている場所が多いですね!

  • ノルマンディー橋が見えてきた。1995年に開通した2キロ以上ある巨大な橋。<br />セーヌ川の河口付近を挟んで位置するオンフルールとル・アーブルを結ぶ斜張橋で、建築的にもデザイン的にも優れているという。<br />そろそろオンフルールに到着だ。

    ノルマンディー橋が見えてきた。1995年に開通した2キロ以上ある巨大な橋。
    セーヌ川の河口付近を挟んで位置するオンフルールとル・アーブルを結ぶ斜張橋で、建築的にもデザイン的にも優れているという。
    そろそろオンフルールに到着だ。

    ノルマンディー橋 現代・近代建築

  • 15:45頃、オンフルール到着。 <br /><br />オンフルールは、イギリス湾に面していてセーヌ川の河口の三角州に位置する港町。<br />古くから海上貿易の要として栄えていたが、フランス革命のあと大陸封鎖下で街は廃墟となった。<br />その後北欧からの木材貿易で少しずつ復活したが、ル・アーブル港のほうが発展してしまった為、現在は主に観光地としての港町になっている。<br /><br />パリから車で約2時間で来れるのでパリからの日帰り観光地として人気とか。<br />また、セレブの別荘地としても知られている。

    15:45頃、オンフルール到着。 

    オンフルールは、イギリス湾に面していてセーヌ川の河口の三角州に位置する港町。
    古くから海上貿易の要として栄えていたが、フランス革命のあと大陸封鎖下で街は廃墟となった。
    その後北欧からの木材貿易で少しずつ復活したが、ル・アーブル港のほうが発展してしまった為、現在は主に観光地としての港町になっている。

    パリから車で約2時間で来れるのでパリからの日帰り観光地として人気とか。
    また、セレブの別荘地としても知られている。

  • 今ではのんびりとした平和な港町ですが、<br />中世期から長く軍事的要所として使われていたという。<br />イギリス湾を挟んでイギリスと近く、三角州に位置している、というのがその理由でしょうね。<br />

    今ではのんびりとした平和な港町ですが、
    中世期から長く軍事的要所として使われていたという。
    イギリス湾を挟んでイギリスと近く、三角州に位置している、というのがその理由でしょうね。

  • 長方形の旧港には真っ白なヨットや漁船がたくさん並んでいる。<br />周辺の建物の色合いはブルーグレーが多く、とにかく美しい。<br />何とも言えない風情のある素敵な港だ。<br />ここはかつてのドック跡とのこと。だから長方形なんですね。

    長方形の旧港には真っ白なヨットや漁船がたくさん並んでいる。
    周辺の建物の色合いはブルーグレーが多く、とにかく美しい。
    何とも言えない風情のある素敵な港だ。
    ここはかつてのドック跡とのこと。だから長方形なんですね。

  • フリータイムは1時間半ほどなので、時間の許す限り港周辺を歩くことにした。<br />旧港の周りには中世からの建物が多い。<br />

    フリータイムは1時間半ほどなので、時間の許す限り港周辺を歩くことにした。
    旧港の周りには中世からの建物が多い。

  • 商店街のようなメインストリート。

    商店街のようなメインストリート。

  • サント・カトリーヌ教会。<br />15世紀に建てられ、木造教会ではフランス最大。

    サント・カトリーヌ教会。
    15世紀に建てられ、木造教会ではフランス最大。

    サント カトリーヌ教会 寺院・教会

  • サント・カトリーヌ教会の鐘楼、街のシンボルとなっている。 <br />教会からほんの少し離れた所にある。<br /><br />オンフルールは画家たちに愛された街で、<br />モネはここで長く過ごし、この鐘楼も描いている。<br />

    サント・カトリーヌ教会の鐘楼、街のシンボルとなっている。 
    教会からほんの少し離れた所にある。

    オンフルールは画家たちに愛された街で、
    モネはここで長く過ごし、この鐘楼も描いている。

  • 鐘楼の内部。<br />ここにはかつて鐘つきが住んでいたと言われている。

    鐘楼の内部。
    ここにはかつて鐘つきが住んでいたと言われている。

  • 教会の前に、なぜかネコ達が・・・。<br />きれいで可愛いネコだが、<br />たくさんの人に触られているのでストレスになるのでは…と心配になった。<br />

    教会の前に、なぜかネコ達が・・・。
    きれいで可愛いネコだが、
    たくさんの人に触られているのでストレスになるのでは…と心配になった。

  • 教会の内部。

    教会の内部。

  • 木造教会ならではの素朴なあたたかみのある聖堂だ。<br />派手さはないが、とても落ち着きます。<br />モネなど、印象派の画家がこぞって描いたというのも理解できるような気がします。

    木造教会ならではの素朴なあたたかみのある聖堂だ。
    派手さはないが、とても落ち着きます。
    モネなど、印象派の画家がこぞって描いたというのも理解できるような気がします。

  • 百年戦争で破壊された教会の跡地にこの教会が建てられたということで<br />経済的な事情から、船大工たちによる木造建築にしたとか。 スゴイ!<br />その船大工の技術がこの船底天井に生かされているのかも? スバラシイ!<br />

    百年戦争で破壊された教会の跡地にこの教会が建てられたということで
    経済的な事情から、船大工たちによる木造建築にしたとか。 スゴイ!
    その船大工の技術がこの船底天井に生かされているのかも? スバラシイ!

  • 教会を出ると、さっきの猫たちの周りには誰もいなくて静か。<br />あ、犬もいたのか… このカゴはなに? なんかフクザツな気分。<br />元気に幸せに長生きしてほしい。<br /><br />

    教会を出ると、さっきの猫たちの周りには誰もいなくて静か。
    あ、犬もいたのか… このカゴはなに? なんかフクザツな気分。
    元気に幸せに長生きしてほしい。

  • サント・カトリーヌ教会外観。

    サント・カトリーヌ教会外観。

  • 木組みの建物が多い。

    木組みの建物が多い。

  • これらの建物は強風に強いつくりになっているそうです。

    これらの建物は強風に強いつくりになっているそうです。

  • 今日は風もほとんどなく、水面に映りこむ建物が本当に美しい。<br /><br />

    今日は風もほとんどなく、水面に映りこむ建物が本当に美しい。

  • 印象派の画家たちが描かずにはおれなかった風景だ。<br /><br />

    印象派の画家たちが描かずにはおれなかった風景だ。

  • 旧港の周りの通りを歩く。

    旧港の周りの通りを歩く。

  • こんなオブジェがあちこちにある。

    こんなオブジェがあちこちにある。

  • 旧港の周りの建物一階部分はほとんどがレストランか土産物屋。<br />赤いテントに統一してある。

    旧港の周りの建物一階部分はほとんどがレストランか土産物屋。
    赤いテントに統一してある。

  • 観光客で賑わってはいるが、静かなざわめき程度なので気持ちがいい。

    観光客で賑わってはいるが、静かなざわめき程度なので気持ちがいい。

  • 石造りの小さな教会。中世期の映画に出てきそうな雰囲気…<br />

    石造りの小さな教会。中世期の映画に出てきそうな雰囲気…

  • 教会の奥はまさに中世の時代のような趣の路地。

    教会の奥はまさに中世の時代のような趣の路地。

  • 風景画の店。<br />この店で旧港の風景の小さな水彩画を一枚だけ買った。

    風景画の店。
    この店で旧港の風景の小さな水彩画を一枚だけ買った。

  • くぐっていくと…

    くぐっていくと…

  • 中庭があった。

    中庭があった。

  • どんどん進むと静かな路地が続いている。<br />

    どんどん進むと静かな路地が続いている。

  • このあたりは旧市街ですね。

    このあたりは旧市街ですね。

  • オンフルールは作曲家エリック・サティの生誕地で<br />旧市街にサティの生家がある。<br />サティにはとても興味があるが、時間もないので生家見学は諦めた。

    オンフルールは作曲家エリック・サティの生誕地で
    旧市街にサティの生家がある。
    サティにはとても興味があるが、時間もないので生家見学は諦めた。

    サティーの家 博物館・美術館・ギャラリー

  • そろそろバスに戻らなくては。。。<br />セーヌ川沿いのカランテーヌ通りを進んでいくと、こんなクルーズ船がたくさん停泊している。

    そろそろバスに戻らなくては。。。
    セーヌ川沿いのカランテーヌ通りを進んでいくと、こんなクルーズ船がたくさん停泊している。

  • 実は、リバークルーズにはかなり興味がある。<br />いつか、きっと!

    実は、リバークルーズにはかなり興味がある。
    いつか、きっと!

  • 5時半頃にパリに向けて出発した。<br />高速道路をしばらく行くと、虹が見えた。

    5時半頃にパリに向けて出発した。
    高速道路をしばらく行くと、虹が見えた。

  • パリに近づいた頃、また虹!

    パリに近づいた頃、また虹!

  • パリに戻ってきたら、セーヌ川の向こうにまた虹。<br />ほぼセーヌ川沿いに走ってきたことになるんですね。<br /><br />7:45頃、集合場所だったパレロワイヤル広場の近くで下車。

    パリに戻ってきたら、セーヌ川の向こうにまた虹。
    ほぼセーヌ川沿いに走ってきたことになるんですね。

    7:45頃、集合場所だったパレロワイヤル広場の近くで下車。

  • バスをおりたら目の前に日本食レストラン『善』があるので入った。<br />ここは日本人経営の店だと知人から聞いていたので。<br /><br />先ず、熱い日本茶でホッと一息!<br /><br />

    バスをおりたら目の前に日本食レストラン『善』があるので入った。
    ここは日本人経営の店だと知人から聞いていたので。

    先ず、熱い日本茶でホッと一息!

    和食

  • 私は迷った末にうな重にした。<br />ほんとは焼き魚定食みたいなのが食べたかったがなかったので…<br />ウナギのかば焼きがドカンと乗っててちょっとびっくり!

    私は迷った末にうな重にした。
    ほんとは焼き魚定食みたいなのが食べたかったがなかったので…
    ウナギのかば焼きがドカンと乗っててちょっとびっくり!

  • 夫はかつ丼。これもボリュームたっぷり!<br />トンカツは柔らかくて美味しかった。<br /><br />お店は清潔で雰囲気もよく、様々な国の人が日本食を楽しんでいた。<br />ハィ、満足できたディナータイムでした!

    夫はかつ丼。これもボリュームたっぷり!
    トンカツは柔らかくて美味しかった。

    お店は清潔で雰囲気もよく、様々な国の人が日本食を楽しんでいた。
    ハィ、満足できたディナータイムでした!

  • 来るときは地下鉄に乗ったけど、ブラブラ歩いてホテルに戻ることにした。<br />

    来るときは地下鉄に乗ったけど、ブラブラ歩いてホテルに戻ることにした。

  • 9時頃ホテルに戻った。<br /><br />無事に2日間の『フランス三大世界遺産を巡る旅』バスツアーは終了した。<br />シャルトル大聖堂→ロワール地方→モンサンミッシェル→ノルマンディー地方<br />を効率よく巡ることができたと思う。<br />そして、短い滞在だったオンフルールが強く印象に残った。<br />フランスの田舎町の味わい深さや心地よさをほんの少し実感できたかな。<br /><br />明日は、午前中にヴェルサイユ、午後はオペラ地区を歩きます。

    9時頃ホテルに戻った。

    無事に2日間の『フランス三大世界遺産を巡る旅』バスツアーは終了した。
    シャルトル大聖堂→ロワール地方→モンサンミッシェル→ノルマンディー地方
    を効率よく巡ることができたと思う。
    そして、短い滞在だったオンフルールが強く印象に残った。
    フランスの田舎町の味わい深さや心地よさをほんの少し実感できたかな。

    明日は、午前中にヴェルサイユ、午後はオペラ地区を歩きます。

20いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

この旅行で行ったグルメ・レストラン

旅の計画・記録

マイルに交換できるフォートラベルポイントが貯まる
フォートラベルポイントって?

フランスで使うWi-Fiはレンタルしましたか?

フォートラベル GLOBAL WiFiなら
フランス最安 322円/日~

  • 空港で受取・返却可能
  • お得なポイントがたまる

フランスの料金プランを見る

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

この旅行記の地図

拡大する

PAGE TOP

ピックアップ特集