エフェス遺跡周辺旅行記(ブログ) 一覧に戻る
パムッカレ近くのカラハユットを早朝に出発すると幻想的な朝靄の中に飛び立つ気球が見えました。1回のトイレ休憩をはさんでまず立ち寄ったのは革製品の店でした。格安のツアーなのでお買い物の店に数か所立ち寄るのは仕方ないのですが、カッパドキアで立ち寄った絨毯の店と陶器の店が面白かったので少しは期待していました。まずはファッションショーがあって、ツアーのメンバーも数人モデルになり気分はあがります。その状態でショップに移動するのですが、並んでいる商品は50%と言いながら18万円からそれ以上の値段です。一気にテンションが下がります。小物のコーナーを覗いても札入れが3万円から上の値段です。カッパドキアで買ったレザーの帽子は600円でしたが、これで十分だと思いました。エフェソスの遺跡にはお昼前に着いて約1時間の見学が始まります。バスの降り場と乗り場が違うので一方通行の見学になるので、見逃したところには戻れないので注意して写真を撮りました。ここへ来るのは3回目でしたが、以前より修復が進んでいて驚くことも多かったです。また以前にはなかった詳しい案内看板のおかげで往時のイメージが湧きやすく、充実した見学ができました。今回も修復した邸宅の見学が出来ませんでしたが、大理石の通りを歩いているとクレオパトラ7世とアントニウスもここを歩いたのかと思うと感慨深いものがありました。遺跡の観光が終わると午後1時近く、お腹も減っていましたので名物のチョップ・シシも美味しくいただけました。エフェソスを出ると今晩泊まるアイワルクまで250キロの移動が待っています。

トラピックス「トルコ大周遊15日間」(25)3度目のエフェソス遺跡の変化に驚くもセルチュク名物のチョップ・シシに舌つづみ。

25いいね!

2019/11/03 - 2019/11/03

32位(同エリア358件中)

旅行記グループ 2019 トルコ周遊の旅

0

145

kojikoji

kojikojiさん

パムッカレ近くのカラハユットを早朝に出発すると幻想的な朝靄の中に飛び立つ気球が見えました。1回のトイレ休憩をはさんでまず立ち寄ったのは革製品の店でした。格安のツアーなのでお買い物の店に数か所立ち寄るのは仕方ないのですが、カッパドキアで立ち寄った絨毯の店と陶器の店が面白かったので少しは期待していました。まずはファッションショーがあって、ツアーのメンバーも数人モデルになり気分はあがります。その状態でショップに移動するのですが、並んでいる商品は50%と言いながら18万円からそれ以上の値段です。一気にテンションが下がります。小物のコーナーを覗いても札入れが3万円から上の値段です。カッパドキアで買ったレザーの帽子は600円でしたが、これで十分だと思いました。エフェソスの遺跡にはお昼前に着いて約1時間の見学が始まります。バスの降り場と乗り場が違うので一方通行の見学になるので、見逃したところには戻れないので注意して写真を撮りました。ここへ来るのは3回目でしたが、以前より修復が進んでいて驚くことも多かったです。また以前にはなかった詳しい案内看板のおかげで往時のイメージが湧きやすく、充実した見学ができました。今回も修復した邸宅の見学が出来ませんでしたが、大理石の通りを歩いているとクレオパトラ7世とアントニウスもここを歩いたのかと思うと感慨深いものがありました。遺跡の観光が終わると午後1時近く、お腹も減っていましたので名物のチョップ・シシも美味しくいただけました。エフェソスを出ると今晩泊まるアイワルクまで250キロの移動が待っています。

旅行の満足度
4.5
観光
5.0
ホテル
4.0
グルメ
4.5
交通
5.0
同行者
カップル・夫婦(シニア)
一人あたり費用
20万円 - 25万円
交通手段
鉄道 観光バス タクシー 徒歩
航空会社
エミレーツ航空
旅行の手配内容
ツアー(添乗員同行あり)
利用旅行会社
阪急交通社

PR

  • 幻想的な朝霧の中をエフェソスに向かってバスは走ります。

    幻想的な朝霧の中をエフェソスに向かってバスは走ります。

  • 日本では見る事の出来ない景色が延々と続きます。トルコは日本の国土面積の2倍くらいの国ですがもっと広大な感じを受けます。

    日本では見る事の出来ない景色が延々と続きます。トルコは日本の国土面積の2倍くらいの国ですがもっと広大な感じを受けます。

  • もうもうと水蒸気が上がっているのは地熱発電所のようです。パムッカレの西方約25キロのクズルデレ(赤い谷の意)の発電所でしょうか。

    もうもうと水蒸気が上がっているのは地熱発電所のようです。パムッカレの西方約25キロのクズルデレ(赤い谷の意)の発電所でしょうか。

  • この日1回目のトイレ休憩はガソリンスタンドでした。ガイドさんから事前に説明があり、「ここのイチジクにチョコレートをかけたお菓子はとても美味しいし、ここでしか売っていません。」とのことで楽しみにしていました。

    この日1回目のトイレ休憩はガソリンスタンドでした。ガイドさんから事前に説明があり、「ここのイチジクにチョコレートをかけたお菓子はとても美味しいし、ここでしか売っていません。」とのことで楽しみにしていました。

  • 試食品が並んでいて確かに美味しいけど、小さいイチジクの中にヘーゼルナッツが入ってチョコがかかっているので何のお菓子か分かりません。チョコなのかイチジクなのか…。

    試食品が並んでいて確かに美味しいけど、小さいイチジクの中にヘーゼルナッツが入ってチョコがかかっているので何のお菓子か分かりません。チョコなのかイチジクなのか…。

  • そして小さい1箱が70TLもするので買いませんでした。

    そして小さい1箱が70TLもするので買いませんでした。

  • ピスタチオのロクムも売っていましたがサフランボルで買ったものが美味しかったのでこれ以上は重たくなるので買えませんでした。

    ピスタチオのロクムも売っていましたがサフランボルで買ったものが美味しかったのでこれ以上は重たくなるので買えませんでした。

  • お菓子の購入は諦めて、ガソリンスタンドで水を買いました。買い物をすればお客なので、妻はスタンドの人に「紙コップが無いんだけど?」というと「下の抽斗に入っていますよ。」って何語で会話していたのか思い出せません。

    お菓子の購入は諦めて、ガソリンスタンドで水を買いました。買い物をすればお客なので、妻はスタンドの人に「紙コップが無いんだけど?」というと「下の抽斗に入っていますよ。」って何語で会話していたのか思い出せません。

  • もうガソリンスタンドの無料の紅茶についてはプロの域に達しています。

    もうガソリンスタンドの無料の紅茶についてはプロの域に達しています。

  • 手慣れたものです。紅茶をもって先ほどのお店に戻ります。

    手慣れたものです。紅茶をもって先ほどのお店に戻ります。

  • チョコと紅茶は合いますね。ドライバーさんがお店から買っていたイチジクがものすごい立派だったのですが、ツアーのお客には売れないものだったようです。いろいろ大人の事情があるようです。残念。

    チョコと紅茶は合いますね。ドライバーさんがお店から買っていたイチジクがものすごい立派だったのですが、ツアーのお客には売れないものだったようです。いろいろ大人の事情があるようです。残念。

  • 売店で売っていた人形を見て思い出したのですが、以前の旅でカッパドキアの地下都市に入る前に、おばあさんがこんな人形を作っていたのを見かけました。今回カッパドキアでは1個も見掛けることは無かったのですが、こんな所で売っていました。

    売店で売っていた人形を見て思い出したのですが、以前の旅でカッパドキアの地下都市に入る前に、おばあさんがこんな人形を作っていたのを見かけました。今回カッパドキアでは1個も見掛けることは無かったのですが、こんな所で売っていました。

  • 妻に「買いたい。」って言ったら「ダメ!」と言われました。

    妻に「買いたい。」って言ったら「ダメ!」と言われました。

  • ガソリンスタンドの裏は草原になっていて、裸馬が2頭遊んでいました。

    ガソリンスタンドの裏は草原になっていて、裸馬が2頭遊んでいました。

  • また緑が濃くなってくると辺りは一面の畑になりました。畑仕事をしている人はここまであまり見掛けなかったのですが、この辺りでは結構な人が出ていました。

    また緑が濃くなってくると辺りは一面の畑になりました。畑仕事をしている人はここまであまり見掛けなかったのですが、この辺りでは結構な人が出ていました。

  • ちょうど何かの野菜の収穫期のようでした。トルコの野菜の自給率は100%です。それ以上の収穫はヨーロッパに輸出されているようです。

    ちょうど何かの野菜の収穫期のようでした。トルコの野菜の自給率は100%です。それ以上の収穫はヨーロッパに輸出されているようです。

  • 看板にイズミールの文字が多くなってきましたが、まだまだ時間がかかりそうです。

    看板にイズミールの文字が多くなってきましたが、まだまだ時間がかかりそうです。

  • こんな風景も日本では見ることが出来ません。トルコが農業国であることを実感するひと時です。

    こんな風景も日本では見ることが出来ません。トルコが農業国であることを実感するひと時です。

  • 2回目のトイレ休憩というか、ツアーに組み込まれたお買い物ツアーで革製品の店に立ち寄りました。

    2回目のトイレ休憩というか、ツアーに組み込まれたお買い物ツアーで革製品の店に立ち寄りました。

  • まずはファッションショーが始まり、気に入った商品の番号をカードにチェックしておくように薦められます。マネージャーさんは流ちょうな日本語なのでこちらもペースに乗せられてしまいます。

    まずはファッションショーが始まり、気に入った商品の番号をカードにチェックしておくように薦められます。マネージャーさんは流ちょうな日本語なのでこちらもペースに乗せられてしまいます。

  • モデルさんはロシア系のような顔立ちで、スタイルも良いので見とれてしまいますが、あくまで羽織っているレザー商品を見なければいけません。

    モデルさんはロシア系のような顔立ちで、スタイルも良いので見とれてしまいますが、あくまで羽織っているレザー商品を見なければいけません。

  • 次から次に衣装を変えて現れますが、モデルさんは10人もいなかったと思います。

    次から次に衣装を変えて現れますが、モデルさんは10人もいなかったと思います。

  • 男性用も柔らかくて軽そうなジャケットなどもありだんだん欲しくなってきます。

    男性用も柔らかくて軽そうなジャケットなどもありだんだん欲しくなってきます。

  • 15分ほどのショーが終わり、ツアーのメンバーから連れていかれた人もモデルになって現れました。

    15分ほどのショーが終わり、ツアーのメンバーから連れていかれた人もモデルになって現れました。

  • 妻もつれていかれた口ですが、赤いジャンバーを着せされそうになって断ったそうです。赤いちゃんちゃんこは気に入って着ていたのですが。この後はテンションが上がったまま買い物のコーナーに連れていかれますが、値段を聞いてテンションは一気に下がります。ほとんどが20万円くらいします。15日間のツアーが198,000円なのに…。4~5万円なら欲しいなと思ったのは間違いでした。

    妻もつれていかれた口ですが、赤いジャンバーを着せされそうになって断ったそうです。赤いちゃんちゃんこは気に入って着ていたのですが。この後はテンションが上がったまま買い物のコーナーに連れていかれますが、値段を聞いてテンションは一気に下がります。ほとんどが20万円くらいします。15日間のツアーが198,000円なのに…。4~5万円なら欲しいなと思ったのは間違いでした。

  • 中庭にあった像と共にお手上げ、ごめんなさいです。お1人だけ買い物された方がいらして、遅れて戻ってくるとバスの中で拍手が湧きます。

    中庭にあった像と共にお手上げ、ごめんなさいです。お1人だけ買い物された方がいらして、遅れて戻ってくるとバスの中で拍手が湧きます。

  • さあ気を取り直してエフェス遺跡の見学に移りましょう。ガイドさんは我々に「お店に立ち寄らないでください。」と言いながら自分だけ帽子を買っています。それは無いでしょう。

    さあ気を取り直してエフェス遺跡の見学に移りましょう。ガイドさんは我々に「お店に立ち寄らないでください。」と言いながら自分だけ帽子を買っています。それは無いでしょう。

  • エフェス遺跡はこれが3度目でした。1度目は20年ほど前にアテネ発着のエーゲ海クルーズのエクスカーションで、クシャダシの港から聖母マリアの家とエフェソスの遺跡を周りました。2回目は17年前のことで、イズミールからフェリーでイスタンブールに戻ろうとして港に行くと誰も人がいませんでした。近くでトランプしていたおじいさんたちに尋ねると「今年のフェリーは先週で終わったよ。」ということで1日やることが無くなってしまいました。仕方なくエフェソスに行ったのですが、博物館やヨハネ教会に行くことが出来ました。

    エフェス遺跡はこれが3度目でした。1度目は20年ほど前にアテネ発着のエーゲ海クルーズのエクスカーションで、クシャダシの港から聖母マリアの家とエフェソスの遺跡を周りました。2回目は17年前のことで、イズミールからフェリーでイスタンブールに戻ろうとして港に行くと誰も人がいませんでした。近くでトランプしていたおじいさんたちに尋ねると「今年のフェリーは先週で終わったよ。」ということで1日やることが無くなってしまいました。仕方なくエフェソスに行ったのですが、博物館やヨハネ教会に行くことが出来ました。

  • 最初は3度目だからと思っていたのですが、遺跡の見学が始まると以前に比べて修復が進んでいることが分かり、やはり来てよかったなと思えました。

    最初は3度目だからと思っていたのですが、遺跡の見学が始まると以前に比べて修復が進んでいることが分かり、やはり来てよかったなと思えました。

  • ツアーの場合は南側の入り口から入って、遺跡を一方通行で北の入り口から出るのが一般的です。この地図で水色になっている部分が外海から引き込まれた運河と港です。現在は土砂で埋まってしまっていますが、クレオパトラとアントニウスが船でエフェソスに入ったということがこの地図で良く分かりました。

    ツアーの場合は南側の入り口から入って、遺跡を一方通行で北の入り口から出るのが一般的です。この地図で水色になっている部分が外海から引き込まれた運河と港です。現在は土砂で埋まってしまっていますが、クレオパトラとアントニウスが船でエフェソスに入ったということがこの地図で良く分かりました。

  • 見学はステートアゴラから始まります。このアゴラは公共広場でさまざまな理由や機会で人々が集まるように設けられています。広さは160メートル×73メートルあります。イシスまたはアウグストゥスに捧げられた神殿もあったようです。

    見学はステートアゴラから始まります。このアゴラは公共広場でさまざまな理由や機会で人々が集まるように設けられています。広さは160メートル×73メートルあります。イシスまたはアウグストゥスに捧げられた神殿もあったようです。

  • ローマの入浴施設の習慣はヘレニズム時代から始まったようです。ヴァリウスの浴場の北側の入浴室は後方の山の岩盤を切り出した形になっています。西にあるカルダリウムと呼ばれるサウナルームには7つの壁龕(ニッチ)と入浴用のプールを備えていました。西と南には床のモザイクの装飾と列柱が並び、ここはレクリエーションルームとロビーホールとして機能しました。発掘されていない南側の領域にパラエストラ(運動エリア)が存在していたと思われます。

    ローマの入浴施設の習慣はヘレニズム時代から始まったようです。ヴァリウスの浴場の北側の入浴室は後方の山の岩盤を切り出した形になっています。西にあるカルダリウムと呼ばれるサウナルームには7つの壁龕(ニッチ)と入浴用のプールを備えていました。西と南には床のモザイクの装飾と列柱が並び、ここはレクリエーションルームとロビーホールとして機能しました。発掘されていない南側の領域にパラエストラ(運動エリア)が存在していたと思われます。

  • エフェソスの遺跡にも詳しい案内看板が設けられていますが、読み込んでいる時間はほとんどなく、ガイドさんの説明をイヤフォンガイドで聞きながら流すしかありません。

    エフェソスの遺跡にも詳しい案内看板が設けられていますが、読み込んでいる時間はほとんどなく、ガイドさんの説明をイヤフォンガイドで聞きながら流すしかありません。

  • 左手に見えるのがコレッソス(ビュルビュル)山で、ここの山腹にはゴルゴダの丘でイエス・キリストが処刑された数年後に聖母マリアが移住してきて残りの生涯を過ごしたとされる「聖母マリアの家」があります。

    左手に見えるのがコレッソス(ビュルビュル)山で、ここの山腹にはゴルゴダの丘でイエス・キリストが処刑された数年後に聖母マリアが移住してきて残りの生涯を過ごしたとされる「聖母マリアの家」があります。

  • アゴラの広いスペースは発掘された大理石などの仮置き場になっていました。多分10年もするとここは修復されているのではないかと思います。そんな場所がこの先にも出てきます。手前に積み上げられた素焼きの筒はローマ時代の水道管やスチームを送った配管です。白くなっている部分はセメントでつないだ跡ではないでしょうか。

    アゴラの広いスペースは発掘された大理石などの仮置き場になっていました。多分10年もするとここは修復されているのではないかと思います。そんな場所がこの先にも出てきます。手前に積み上げられた素焼きの筒はローマ時代の水道管やスチームを送った配管です。白くなっている部分はセメントでつないだ跡ではないでしょうか。

  • 遺跡を眺めながら自分の頭を使って想像を膨らましている余裕が無いのがちょっと残念です。広大な遺跡を1時間で周ろうとしているのですから仕方ありません。

    遺跡を眺めながら自分の頭を使って想像を膨らましている余裕が無いのがちょっと残念です。広大な遺跡を1時間で周ろうとしているのですから仕方ありません。

  • 大理石にはジョイント用のホゾ穴が開いていて、そこに溜まった水を猫が飲んでいます。

    大理石にはジョイント用のホゾ穴が開いていて、そこに溜まった水を猫が飲んでいます。

  • ギリシャやトルコの遺跡に猫は付きものになっています。

    ギリシャやトルコの遺跡に猫は付きものになっています。

  • 以前来たときはこんなに整備されていなかったと思うので、この先も修復が進んでいくのだと思います。

    以前来たときはこんなに整備されていなかったと思うので、この先も修復が進んでいくのだと思います。

  • オデオンの看板です。こうやって近くに見取り図があると破損された遺跡もイメージしやすいです。それに後になって何の写真だか判断するのにも役に立ちます。フィルム写真の時代では考えられない行為ですが、デジタルの時代の恩恵に授かります。

    オデオンの看板です。こうやって近くに見取り図があると破損された遺跡もイメージしやすいです。それに後になって何の写真だか判断するのにも役に立ちます。フィルム写真の時代では考えられない行為ですが、デジタルの時代の恩恵に授かります。

  • オデオンはブリューテリオン(Bouleuterion)とも呼ばれ評議会の会議だけでなく、音楽のパフォーマンスやコンテストも開催されました。元々屋根が付いていた半円形の講堂はステージの壁に囲まれています。建物は西暦100年頃に建てられ、1500人を収容できました。西暦150年にプビリウス・ヴェディウス・アントニウスは皇帝の肖像画と皇帝アントニウス・ピウスの書簡のための新しい舞台を建築しました。

    オデオンはブリューテリオン(Bouleuterion)とも呼ばれ評議会の会議だけでなく、音楽のパフォーマンスやコンテストも開催されました。元々屋根が付いていた半円形の講堂はステージの壁に囲まれています。建物は西暦100年頃に建てられ、1500人を収容できました。西暦150年にプビリウス・ヴェディウス・アントニウスは皇帝の肖像画と皇帝アントニウス・ピウスの書簡のための新しい舞台を建築しました。

  • この後このお姉さま方からスマホをそれぞれ手渡されて足止めを食いました。

    この後このお姉さま方からスマホをそれぞれ手渡されて足止めを食いました。

  • ローマ帝国の宗教でもあったディア・ローマとディヴァス・ユリウスの神殿は人々の団結を図るためのものでした。劇場に隣接してプリタニオンと市庁舎の前にありました。

    ローマ帝国の宗教でもあったディア・ローマとディヴァス・ユリウスの神殿は人々の団結を図るためのものでした。劇場に隣接してプリタニオンと市庁舎の前にありました。

  • プリタニオンにはエフェソスの歴史書が保管され、集会所や食堂も併設されていました。このプリタニオンでの発掘調査中に有名なアルテミスの彫像を発見され、 セルチュクにあるエフェソス博物館の展示室でそれらを見ることができます。

    プリタニオンにはエフェソスの歴史書が保管され、集会所や食堂も併設されていました。このプリタニオンでの発掘調査中に有名なアルテミスの彫像を発見され、 セルチュクにあるエフェソス博物館の展示室でそれらを見ることができます。

  • 妻が見たがっていたアルテミス像です。以前撮った写真が残っていました。

    妻が見たがっていたアルテミス像です。以前撮った写真が残っていました。

  • この像がここで発掘されていたのは今回初めて知りました。

    この像がここで発掘されていたのは今回初めて知りました。

  • 当時はどのような建物だったのか想像するしかありませんが、列柱の頭頂部を見てもいろいろな時代の遍歴が感じられます。まるでギリシャ建築の見本市のようです。

    当時はどのような建物だったのか想像するしかありませんが、列柱の頭頂部を見てもいろいろな時代の遍歴が感じられます。まるでギリシャ建築の見本市のようです。

  • エフェソスを象徴する神聖な炎はプリタニオンで絶えず燃え続けていました。建物の建設はリシマコスの治世中に紀元前3世紀にさかのぼりますが、複雑な遺跡はアウグストの時代とされます。

    エフェソスを象徴する神聖な炎はプリタニオンで絶えず燃え続けていました。建物の建設はリシマコスの治世中に紀元前3世紀にさかのぼりますが、複雑な遺跡はアウグストの時代とされます。

  • メミウスの碑は1世紀に造られたとされる物で、ローマの独裁官スッラを称えたのが孫のメミウスであり、そこからメミウスの碑と名付けられたそうです。

    メミウスの碑は1世紀に造られたとされる物で、ローマの独裁官スッラを称えたのが孫のメミウスであり、そこからメミウスの碑と名付けられたそうです。

  • ドミティアヌス神殿は皇帝ドミティリアスに捧げられたと言われるエフェソスで最初の建造物です。 アーチ型の土台のあるテラスに建てられ、片側に8本の柱ともう一方に13本の柱があり100メートル×50メートルと巨大なものでした。 そのU字型の祭壇は、イズミールの博物館に移されています。

    ドミティアヌス神殿は皇帝ドミティリアスに捧げられたと言われるエフェソスで最初の建造物です。 アーチ型の土台のあるテラスに建てられ、片側に8本の柱ともう一方に13本の柱があり100メートル×50メートルと巨大なものでした。 そのU字型の祭壇は、イズミールの博物館に移されています。

  • 家臣によってドミティアヌス帝が暗殺されてしまうと神殿は破壊されたようです。皇帝だった兄ティトゥスが重病に伏すと、兄の生存中に帝位を掌握したためドミティアヌスが兄の死期を早めたとの噂がたったそうです。 最初は穏健に始まったその治世は次第に暴虐となり、そのために死後「記憶の抹消」(Damnatio Memoriae)に処せられます。ユダヤ人やキリスト教徒を迫害したことでも知られます。

    家臣によってドミティアヌス帝が暗殺されてしまうと神殿は破壊されたようです。皇帝だった兄ティトゥスが重病に伏すと、兄の生存中に帝位を掌握したためドミティアヌスが兄の死期を早めたとの噂がたったそうです。 最初は穏健に始まったその治世は次第に暴虐となり、そのために死後「記憶の抹消」(Damnatio Memoriae)に処せられます。ユダヤ人やキリスト教徒を迫害したことでも知られます。

  • 治世の末期は暴虐をもって伝えられ、元老院議員や騎士階級のものをたびたび告発しては死刑にしています。占星術によって自らの死を予告されていたドミティアヌスは心休まず、暗殺を警戒しましたが最後は自邸内で姪の執事や元老院議員らや元側近に暗殺されます。

    治世の末期は暴虐をもって伝えられ、元老院議員や騎士階級のものをたびたび告発しては死刑にしています。占星術によって自らの死を予告されていたドミティアヌスは心休まず、暗殺を警戒しましたが最後は自邸内で姪の執事や元老院議員らや元側近に暗殺されます。

  • 誰も歩かない石畳みの道に心惹かれました。左右の家は壊れてしまっていますが、石畳に当たる日差しは千数百年変わっていないのですから。この先は見学ルートになっていないので誰も歩いていないのも良いです。

    誰も歩かない石畳みの道に心惹かれました。左右の家は壊れてしまっていますが、石畳に当たる日差しは千数百年変わっていないのですから。この先は見学ルートになっていないので誰も歩いていないのも良いです。

  • ポリオの泉の案内板です。1958年頃から修復が始まっていたことと、右側の博物館の展示室の写真を見て、あの彫刻群がここにあったのだと初めて知りました。

    ポリオの泉の案内板です。1958年頃から修復が始まっていたことと、右側の博物館の展示室の写真を見て、あの彫刻群がここにあったのだと初めて知りました。

  • エフェソス市によって提供された土地に彼の息子の手によってガイウス・セクスティリウス・ポリオを記念して大聖堂と水道橋が建設されました。ポリオ記念碑の南には西暦92年にドミティアヌスの広場と噴水が建設されています。<br /><br />

    エフェソス市によって提供された土地に彼の息子の手によってガイウス・セクスティリウス・ポリオを記念して大聖堂と水道橋が建設されました。ポリオ記念碑の南には西暦92年にドミティアヌスの広場と噴水が建設されています。

  • 博物館に展示してあった「オデュッセイア」の中のポリフェムスとオデュッセウスの戦いを描いた群像が壁龕に立っていたそうです。博物館の展示室の壁が曲面だった意味が分かりました。オデュッセウスは持ち前の知恵を活かし、酒でポリフェムスを酔わせてその目を潰して難を逃れますが、この巨人は海神ポセイドンの子であったため怒りを被り、これより先に逃れがたい艱難の数々に遭遇することを運命付けられてしまいます。

    博物館に展示してあった「オデュッセイア」の中のポリフェムスとオデュッセウスの戦いを描いた群像が壁龕に立っていたそうです。博物館の展示室の壁が曲面だった意味が分かりました。オデュッセウスは持ち前の知恵を活かし、酒でポリフェムスを酔わせてその目を潰して難を逃れますが、この巨人は海神ポセイドンの子であったため怒りを被り、これより先に逃れがたい艱難の数々に遭遇することを運命付けられてしまいます。

  • ヴェネツィア発着のクルーズで、ケファロニア島に立ち寄った時にオデュッセウスの故郷のイタカ島はこの辺りだったなと思ったことがあります。地中海沿岸を旅するとどこで何が繋がっているか分からないので、いろいろなアンテナを張っていないと見逃すものが多いように思います。

    ヴェネツィア発着のクルーズで、ケファロニア島に立ち寄った時にオデュッセウスの故郷のイタカ島はこの辺りだったなと思ったことがあります。地中海沿岸を旅するとどこで何が繋がっているか分からないので、いろいろなアンテナを張っていないと見逃すものが多いように思います。

  • ドミティアヌス神殿の往時の姿は上の写真の案内板で知る事が出来ました。ここには7メートルの高さのドミティアヌス像が安置されていたようですが、セルチュクとイズミールの博物館に納められているそうです。

    ドミティアヌス神殿の往時の姿は上の写真の案内板で知る事が出来ました。ここには7メートルの高さのドミティアヌス像が安置されていたようですが、セルチュクとイズミールの博物館に納められているそうです。

  • 2本残されていた柱に彫られた彫刻を見ていてギュスターブ・モローの「求婚者たち」という作品を思い出しました。モローの未完成の作品にもこんな雰囲気の物があります。

    2本残されていた柱に彫られた彫刻を見ていてギュスターブ・モローの「求婚者たち」という作品を思い出しました。モローの未完成の作品にもこんな雰囲気の物があります。

  • 「求婚者たち」はホメロスの叙事詩「オデュッセイア」の一場面で、トロイア戦争後に数々の冒険の末に母国へ帰還した英雄オデュッセウスででしたが、留守中に彼の妻ペネロペへ求婚した幾多の者らが宮殿広間で傍若無人に酒宴を開催する姿を目の当たりに、弓で求婚者らを射殺したという話です。<br />モロー美術館 https://4travel.jp/travelogue/10624901

    「求婚者たち」はホメロスの叙事詩「オデュッセイア」の一場面で、トロイア戦争後に数々の冒険の末に母国へ帰還した英雄オデュッセウスででしたが、留守中に彼の妻ペネロペへ求婚した幾多の者らが宮殿広間で傍若無人に酒宴を開催する姿を目の当たりに、弓で求婚者らを射殺したという話です。
    モロー美術館 https://4travel.jp/travelogue/10624901

  • ようやく有名なレリーフにたどり着きました。一番後ろを歩いていたのですが上手く妻とも合流できたので写真を撮る事が出来ました。我が家の結婚生活を考えると妻の完全な勝利なので、女神が妻の頭に冠を被せようとしているように見えてしまいます。

    ようやく有名なレリーフにたどり着きました。一番後ろを歩いていたのですが上手く妻とも合流できたので写真を撮る事が出来ました。我が家の結婚生活を考えると妻の完全な勝利なので、女神が妻の頭に冠を被せようとしているように見えてしまいます。

  • アンタルヤの考古学博物館でもアフロディシアスの博物館でもニケの姿は見掛けましたが、このレリーフの完璧さにはかなわない気がします。何となく以前来た時と置かれている場所が違っているように感じました。

    アンタルヤの考古学博物館でもアフロディシアスの博物館でもニケの姿は見掛けましたが、このレリーフの完璧さにはかなわない気がします。何となく以前来た時と置かれている場所が違っているように感じました。

  • ドミティア広場の北側にある記念碑は、西暦1世紀のアウグストゥスの治世中に独裁者スッラの孫であるメミウスによって建設されました。残されたレリーフで彼の父と祖父の姿を見ることができます。 建物には4つのファサードがあり西暦4世紀には北西のファサードに正方形の噴水が建てられました。<br />

    ドミティア広場の北側にある記念碑は、西暦1世紀のアウグストゥスの治世中に独裁者スッラの孫であるメミウスによって建設されました。残されたレリーフで彼の父と祖父の姿を見ることができます。 建物には4つのファサードがあり西暦4世紀には北西のファサードに正方形の噴水が建てられました。

  • 独裁者スッラはエフェソスのローマ人の英雄でした。黒海沿岸のポンティク帝国のミトリダテスは80,000人のローマ人を殺しましたが、ローマ軍はスッラの指揮下でミトリダテスを打ち破り治安を回復させました。

    独裁者スッラはエフェソスのローマ人の英雄でした。黒海沿岸のポンティク帝国のミトリダテスは80,000人のローマ人を殺しましたが、ローマ軍はスッラの指揮下でミトリダテスを打ち破り治安を回復させました。

  • クレテス通りに差し掛かりました。エフェソスの3つの主要な通りの1つであり、ヘラクレスの門からケルスス図書館までの間にあり、この通りは後にキュレテスと呼ばれた司祭から名前を取りました。

    クレテス通りに差し掛かりました。エフェソスの3つの主要な通りの1つであり、ヘラクレスの門からケルスス図書館までの間にあり、この通りは後にキュレテスと呼ばれた司祭から名前を取りました。

  • 通りには2本の柱が立ち、ヘラクレスの門と呼ばれます。ヘラクレス門は通りの車両の通過を塞ぐように立ち、4世紀以降は通りは歩行者専用になったことがわかります。レリーフではヘラクレスはネメアのライオンの皮で持つ姿で描かれています。

    通りには2本の柱が立ち、ヘラクレスの門と呼ばれます。ヘラクレス門は通りの車両の通過を塞ぐように立ち、4世紀以降は通りは歩行者専用になったことがわかります。レリーフではヘラクレスはネメアのライオンの皮で持つ姿で描かれています。

  • 現在は2本の柱だけが残されていますが、先程のニケの像もこの門の一部だったと言われています。お姉さんたち写真を撮るならヘラクレスを入れた方が良いですよ。

    現在は2本の柱だけが残されていますが、先程のニケの像もこの門の一部だったと言われています。お姉さんたち写真を撮るならヘラクレスを入れた方が良いですよ。

  • 通りの両側には噴水や記念碑、彫像や商店がありました。南側の商店は2階建てでした。エフェソスでは多くの地震があり、クレテス通りを含む多くの建造物が損傷しています。特に柱の損傷は新しい柱によって修復されましたが、4世紀の地震の後は柱は市内の異なる建物から持ち込まれたため柱のデザインの違いを見る事が出来ます。

    通りの両側には噴水や記念碑、彫像や商店がありました。南側の商店は2階建てでした。エフェソスでは多くの地震があり、クレテス通りを含む多くの建造物が損傷しています。特に柱の損傷は新しい柱によって修復されましたが、4世紀の地震の後は柱は市内の異なる建物から持ち込まれたため柱のデザインの違いを見る事が出来ます。

  • 石畳には轍の跡が残っていないので歩行者専用だったという話も頷けます。現在はヒビが入ってしまってますが、当時はさぞきれいだったのでしょう。

    石畳には轍の跡が残っていないので歩行者専用だったという話も頷けます。現在はヒビが入ってしまってますが、当時はさぞきれいだったのでしょう。

  • トラヤヌスの泉は西暦104年頃に建てられたエフェソスで最も素晴らしいモニュメントの1つです。 ティペリウス・クラウディウス・アリスションと彼の妻によって西暦102年から114年にかけてエフェソスのアルテミスとトラヤヌス皇帝の名誉によって寄進されました。

    トラヤヌスの泉は西暦104年頃に建てられたエフェソスで最も素晴らしいモニュメントの1つです。 ティペリウス・クラウディウス・アリスションと彼の妻によって西暦102年から114年にかけてエフェソスのアルテミスとトラヤヌス皇帝の名誉によって寄進されました。

  • 2階建てのファサードが20メートルx10メートルの池の3方向を囲み、トラヤヌスの像は池の真ん中に立ち噴水も設けられていました。

    2階建てのファサードが20メートルx10メートルの池の3方向を囲み、トラヤヌスの像は池の真ん中に立ち噴水も設けられていました。

  • ここに納められた彫像はディオニュソスとサテュロス、アフロディーテと皇帝の家族でした。 これらはエフェソス博物館で展示されています。

    ここに納められた彫像はディオニュソスとサテュロス、アフロディーテと皇帝の家族でした。 これらはエフェソス博物館で展示されています。

  • エフェソスのテラスハウスはハドリアヌス神殿の向かいの丘の上にあります。 「金持ちの家」とも呼ばれ、その理由からローマ時代の上流家庭の生活についての情報を得る事が出来ます。

    エフェソスのテラスハウスはハドリアヌス神殿の向かいの丘の上にあります。 「金持ちの家」とも呼ばれ、その理由からローマ時代の上流家庭の生活についての情報を得る事が出来ます。

  • ブルブル山の斜面の下端にある3つの段丘に6つの住宅ユニットがあり、最も古い建物は紀元前1世紀に遡り、紀元7世紀まで住居として使用され続けました。エフェソスのテラスハウスはローマの住宅に似た屋根で覆われています。床のモザイクとフレスコ画が修復された2軒の住宅が博物館として一般公開されていますが中に入る時間はありません。

    ブルブル山の斜面の下端にある3つの段丘に6つの住宅ユニットがあり、最も古い建物は紀元前1世紀に遡り、紀元7世紀まで住居として使用され続けました。エフェソスのテラスハウスはローマの住宅に似た屋根で覆われています。床のモザイクとフレスコ画が修復された2軒の住宅が博物館として一般公開されていますが中に入る時間はありません。

  • 住宅の中央には天井が開いた中庭(ペリスタイル)がありました。それらはほとんど2階建てで、2階の部分は時代の経過と共に崩壊しています。 1階にはホールに通じるリビングルームとダイニングルームがあり、2階にはベッドルームとゲストルームがありました。

    住宅の中央には天井が開いた中庭(ペリスタイル)がありました。それらはほとんど2階建てで、2階の部分は時代の経過と共に崩壊しています。 1階にはホールに通じるリビングルームとダイニングルームがあり、2階にはベッドルームとゲストルームがありました。

  • 住宅の暖房システムは公共浴場のシステムと同じでした。床の下と壁の後ろに設置された陶器のパイプはスチームを家の中に運びました。家には冷水と温水の水道システムもありました。部屋には窓がなく、中庭のオープンホールからの光だけで照らされていたため、ほとんどの部屋は薄暗かったようです。

    住宅の暖房システムは公共浴場のシステムと同じでした。床の下と壁の後ろに設置された陶器のパイプはスチームを家の中に運びました。家には冷水と温水の水道システムもありました。部屋には窓がなく、中庭のオープンホールからの光だけで照らされていたため、ほとんどの部屋は薄暗かったようです。

  • 図書館の近くで15分ほどの自由時間がありましたが、屋根の掛かった邸宅の内部を見るほどの時間はありませんでした。今までもこの中は見ていないので、修復されたフレスコ画の壁やモザイクの床を見て見たかったです。

    図書館の近くで15分ほどの自由時間がありましたが、屋根の掛かった邸宅の内部を見るほどの時間はありませんでした。今までもこの中は見ていないので、修復されたフレスコ画の壁やモザイクの床を見て見たかったです。

  • クレテス通りと平行に続くモザイクの床はアリータコスのストアと呼ばれ、碑文によるとクレテス通り沿いの2つのテラスハウスの境界線だったそうです。栄誉ある帝国のモニュメントの上にあるホールは、東に向けた2.5メートルのレベル差を階段を利用しながら克服しています。幾何学模様や花柄などのデザインが多色のモザイクの床で覆われています。

    クレテス通りと平行に続くモザイクの床はアリータコスのストアと呼ばれ、碑文によるとクレテス通り沿いの2つのテラスハウスの境界線だったそうです。栄誉ある帝国のモニュメントの上にあるホールは、東に向けた2.5メートルのレベル差を階段を利用しながら克服しています。幾何学模様や花柄などのデザインが多色のモザイクの床で覆われています。

  • ハドリアヌス神殿はクレテス通りで最も保存状態が良く、最も美しい建造物の1つです。 P. クインティリウスによって西暦138年以前に建てられ、西暦128年にアテネから街を訪れたハドリアヌス帝に捧げられました。寺院の正面には勝利の女神の姿が見えます。

    ハドリアヌス神殿はクレテス通りで最も保存状態が良く、最も美しい建造物の1つです。 P. クインティリウスによって西暦138年以前に建てられ、西暦128年にアテネから街を訪れたハドリアヌス帝に捧げられました。寺院の正面には勝利の女神の姿が見えます。

  • 寺院の前の碑文が刻まれた台座には西暦293~305年の年号とディオクレティアヌス帝、マクシミアン帝、コンスタンティウス1世、ガレリウス帝の皇帝像の台座であったことが書かれてあります。彫像のオリジナルはまだ発見されていません。<br />ハドリアヌス神殿の中側の上部には人間の姿で表されたメデューサがアーカンサスの葉の飾りの中で立っています。

    寺院の前の碑文が刻まれた台座には西暦293~305年の年号とディオクレティアヌス帝、マクシミアン帝、コンスタンティウス1世、ガレリウス帝の皇帝像の台座であったことが書かれてあります。彫像のオリジナルはまだ発見されていません。
    ハドリアヌス神殿の中側の上部には人間の姿で表されたメデューサがアーカンサスの葉の飾りの中で立っています。

  • 梁の両側にはエフェソスの起源の物語を描いたフリーズがあります。アンドロクロスはイノシシを撃ち、ディオニュソスは儀式の行列の中に表されます。 4番目のフリーズには2人の男性像が描かれ、そのうちの1人はアポロンです。

    梁の両側にはエフェソスの起源の物語を描いたフリーズがあります。アンドロクロスはイノシシを撃ち、ディオニュソスは儀式の行列の中に表されます。 4番目のフリーズには2人の男性像が描かれ、そのうちの1人はアポロンです。

  • そして月の女神アテナ。ヘラクレスやテオドシウスの妻と息子と女神アテナの姿も見えます。残念ながらここに見られるフリーズはコピーであり、オリジナルはエフェソス博物館に展示されています。

    そして月の女神アテナ。ヘラクレスやテオドシウスの妻と息子と女神アテナの姿も見えます。残念ながらここに見られるフリーズはコピーであり、オリジナルはエフェソス博物館に展示されています。

  • ハドリアヌスの神殿にしてはかなり小さい印象を受けました。もっと奥まで続いているのかと思いましたが、平面図を見ると改めて実感できます。

    ハドリアヌスの神殿にしてはかなり小さい印象を受けました。もっと奥まで続いているのかと思いましたが、平面図を見ると改めて実感できます。

  • 碑文と猫は絵になります。ここに住んでいる猫の紀元もエジプト辺りにあるのだろうかなんて考えてしまいます。

    碑文と猫は絵になります。ここに住んでいる猫の紀元もエジプト辺りにあるのだろうかなんて考えてしまいます。

  • 1世紀に建てられたスコラスティカ浴場の名前は、4世紀に修復のための資金を提供したスコラスティカというキリスト教の女性から付けられました。

    1世紀に建てられたスコラスティカ浴場の名前は、4世紀に修復のための資金を提供したスコラスティカというキリスト教の女性から付けられました。

  • 東の入り口の左側に、頭のない彼女の像が見えます。浴場はラトリネスと民家も含まれる大きな複合施設の一部です。

    東の入り口の左側に、頭のない彼女の像が見えます。浴場はラトリネスと民家も含まれる大きな複合施設の一部です。

  • ラトリネスはスコラスティカ浴場の一部であり、紀元1世紀に建てられた都市の公衆トイレでした。これを使用するための入場料が必要だったそうです。中央には覆いのないプールがあり、トイレは壁に沿って並んでいます。 そしてプールを囲む柱は木製の天井を支えていて、便座の下には下水システムまでありました。

    ラトリネスはスコラスティカ浴場の一部であり、紀元1世紀に建てられた都市の公衆トイレでした。これを使用するための入場料が必要だったそうです。中央には覆いのないプールがあり、トイレは壁に沿って並んでいます。 そしてプールを囲む柱は木製の天井を支えていて、便座の下には下水システムまでありました。

  • 以前は腰かけて記念写真が撮れましたが、現在は座れないようになっていました。

    以前は腰かけて記念写真が撮れましたが、現在は座れないようになっていました。

  • 元の構造は3階建てであると考えられていましたが上の2つの階は崩壊しています。浴場には2つの入り口があり、1つはメインの入り口であるクレテス通りから、もう1つは脇道からです。

    元の構造は3階建てであると考えられていましたが上の2つの階は崩壊しています。浴場には2つの入り口があり、1つはメインの入り口であるクレテス通りから、もう1つは脇道からです。

  • 中に入ると10室の楽屋(アポディテリウム)やプールのある冷蔵室(フリギダリウム)、そしてリラックスするための温かい部屋(テピダリウム)、そして開発された暖房システムのある温かい部屋(カルダリウム)があります。

    中に入ると10室の楽屋(アポディテリウム)やプールのある冷蔵室(フリギダリウム)、そしてリラックスするための温かい部屋(テピダリウム)、そして開発された暖房システムのある温かい部屋(カルダリウム)があります。

  • 2階はマッサージとスクラブのセラピーとして使用されたようです。浴場は入浴だけでなくてその日の話題を社交して議論するためにも使用されました。風呂で議論することの重要性はローマ哲学ではよく知られた効果的な考え方です。ローマの浴場の習慣はビザンチン時代に続き、トルコ人の到来とともに全盛期を迎えます。

    2階はマッサージとスクラブのセラピーとして使用されたようです。浴場は入浴だけでなくてその日の話題を社交して議論するためにも使用されました。風呂で議論することの重要性はローマ哲学ではよく知られた効果的な考え方です。ローマの浴場の習慣はビザンチン時代に続き、トルコ人の到来とともに全盛期を迎えます。

  • ハドリアヌスの門はクレテス通りとマーブルロードの交差点にあります。 門は3層建てで構成されていました。最初の層には3つの入り口があり、中央の1つはより広く、アーチを構えており、側面の2つの入り口はアーキトレーブで覆われています。2番目の層は4つの柱で構成され、3番目の層は6つの柱で構成されています。

    ハドリアヌスの門はクレテス通りとマーブルロードの交差点にあります。 門は3層建てで構成されていました。最初の層には3つの入り口があり、中央の1つはより広く、アーチを構えており、側面の2つの入り口はアーキトレーブで覆われています。2番目の層は4つの柱で構成され、3番目の層は6つの柱で構成されています。

  • アンタルヤのカレイチのハドリアヌス門は1層だけが残されていましたが、重厚な美しさが感じられました。どちらも往時の完成形を想像するとどれだけ素晴らしいものだったのかと考えてしまいます。この門の左にはクレオパトラ7世の妹のアルシノワのものとされる八角形の墓があります。

    アンタルヤのカレイチのハドリアヌス門は1層だけが残されていましたが、重厚な美しさが感じられました。どちらも往時の完成形を想像するとどれだけ素晴らしいものだったのかと考えてしまいます。この門の左にはクレオパトラ7世の妹のアルシノワのものとされる八角形の墓があります。

  • そしてその横にあるケルスス図書館はアレキサンドリア図書館とベルガモ図書館と並んで世界三大図書館と呼ばれました。クレテス通りの突き当りに建っているので、通りを下って来る間ずっと見えていました。

    そしてその横にあるケルスス図書館はアレキサンドリア図書館とベルガモ図書館と並んで世界三大図書館と呼ばれました。クレテス通りの突き当りに建っているので、通りを下って来る間ずっと見えていました。

  • 同じツアーの方がシャッターを押してくださいました。短いツアーでは添乗員さんにシャッターを押してもらうことが多いですが、同じツアーで10日以上一緒に旅をしているので、仲良くしていただく方も増えてきました。

    同じツアーの方がシャッターを押してくださいました。短いツアーでは添乗員さんにシャッターを押してもらうことが多いですが、同じツアーで10日以上一緒に旅をしているので、仲良くしていただく方も増えてきました。

  • 個人で旅行していた頃はアドレスの交換は当たり前のようにしていましたが、昨今の個人情報の保護とかが言われ始めてからツアーに参加するようになると一期一会でお別れするのが当たり前のようでした。今回のツアーは期間が長かったのと楽しい方々と仲良くさせていただいたので、帰国後にお会いする機会もありました。

    個人で旅行していた頃はアドレスの交換は当たり前のようにしていましたが、昨今の個人情報の保護とかが言われ始めてからツアーに参加するようになると一期一会でお別れするのが当たり前のようでした。今回のツアーは期間が長かったのと楽しい方々と仲良くさせていただいたので、帰国後にお会いする機会もありました。

  • ケルスス図書館は西暦117年に竣工しますが、アジア州の知事であるガイウス・ユリウス・ケルスス・ポレマアヌスを記念して息子のガリウス・ジュリアス・アクイラによって建てられました。ケルススの墓は地下にあり、入り口奥にはアテナの像が置かれてありました。アテナは知恵の女神だったので図書館には相応しかったのでしょう。

    ケルスス図書館は西暦117年に竣工しますが、アジア州の知事であるガイウス・ユリウス・ケルスス・ポレマアヌスを記念して息子のガリウス・ジュリアス・アクイラによって建てられました。ケルススの墓は地下にあり、入り口奥にはアテナの像が置かれてありました。アテナは知恵の女神だったので図書館には相応しかったのでしょう。

  • 巻物状の書物は壁に設けられた棚に保管されていました。極端な温度と湿度から書物を守るために本棚の後ろに2重の壁がありました。書物は12,000巻以上収蔵され、アレクサンドラ図書館とペルガモン図書館に次いで古代では3番目に豊かな図書館でした。

    巻物状の書物は壁に設けられた棚に保管されていました。極端な温度と湿度から書物を守るために本棚の後ろに2重の壁がありました。書物は12,000巻以上収蔵され、アレクサンドラ図書館とペルガモン図書館に次いで古代では3番目に豊かな図書館でした。

  • 図書館の正面には2階建てで1階にはコリント式の柱があり、建物には3つの入り口があります。上の階には3つの窓があります。正面の側面の柱が中央の柱よりも短く、建物が大きいという錯覚を与えるというパースペクティブなトリックを用いています。

    図書館の正面には2階建てで1階にはコリント式の柱があり、建物には3つの入り口があります。上の階には3つの窓があります。正面の側面の柱が中央の柱よりも短く、建物が大きいという錯覚を与えるというパースペクティブなトリックを用いています。

  • 柱の隙間に納められた彫像はオリジナルの精巧なコピーです。彫像は知恵(ソフィア)と知識(エピステーム)、知性(エンノイア)と勇気(アレテ)を象徴しています。これらはケルススの美徳とされます。図書館はオーストリア考古学研究所の助けを借りて修復され、1910年にウィーンのエフェソス博物館に像のオリジナルが収蔵されました。

    柱の隙間に納められた彫像はオリジナルの精巧なコピーです。彫像は知恵(ソフィア)と知識(エピステーム)、知性(エンノイア)と勇気(アレテ)を象徴しています。これらはケルススの美徳とされます。図書館はオーストリア考古学研究所の助けを借りて修復され、1910年にウィーンのエフェソス博物館に像のオリジナルが収蔵されました。

  • 向かって左から「知恵」の女神ソフィア像です。この像が一番状態が良いのでここで記念写真を1枚。

    向かって左から「知恵」の女神ソフィア像です。この像が一番状態が良いのでここで記念写真を1枚。

  • ソフィアは古代ヘレニズム世界では智慧を象徴する女神とも考えられ、グノーシス主義やユダヤ教などではアイオーンの名でこの世の起源に関して重要な役割を持ちます。人間の救済における元型象徴とも見なせます。 キリスト教におけるソピアーは神の知恵を表して、日本の文献では早くとも16世紀末から上智(じょうち)という訳語が用いられます。

    ソフィアは古代ヘレニズム世界では智慧を象徴する女神とも考えられ、グノーシス主義やユダヤ教などではアイオーンの名でこの世の起源に関して重要な役割を持ちます。人間の救済における元型象徴とも見なせます。 キリスト教におけるソピアーは神の知恵を表して、日本の文献では早くとも16世紀末から上智(じょうち)という訳語が用いられます。

  • 近い距離から見上げるとすごい迫力で写真が撮れました。

    近い距離から見上げるとすごい迫力で写真が撮れました。

  • 1人旅を始めた頃にスイスの山を撮ろうと思って広角の24ミリのレンズを買い求めました。ところがそのレンズが役立ったのはイタリアの街中にある教会の写真を撮ろうと思ったときでした。狭い通りでは建物から離れて引いたアングルが取れない場所で威力を発揮します。

    1人旅を始めた頃にスイスの山を撮ろうと思って広角の24ミリのレンズを買い求めました。ところがそのレンズが役立ったのはイタリアの街中にある教会の写真を撮ろうと思ったときでした。狭い通りでは建物から離れて引いたアングルが取れない場所で威力を発揮します。

  • ケルスス図書館の右側に3つの通路があるマゼウスの門は、西暦40年に奴隷のマゼウスとミスリダテスによって皇帝アウグストゥスが自由を与えたために建てられました。通路は3連のアーチ形になっており、ケルスス図書館に面したアーチ形の正面は黒い大理石でできていて反対側は白い大理石です。

    ケルスス図書館の右側に3つの通路があるマゼウスの門は、西暦40年に奴隷のマゼウスとミスリダテスによって皇帝アウグストゥスが自由を与えたために建てられました。通路は3連のアーチ形になっており、ケルスス図書館に面したアーチ形の正面は黒い大理石でできていて反対側は白い大理石です。

  • 青銅で造られたラテン語の象嵌文字の碑文は門の片側にまだ残されています。碑文の一部は次のように述べています。「神の息子である皇帝カエサル・アウグストゥス、12人の執政官とトリビューンを20回執政した神父の息子、そしてアウグスト・リヴィアの妻、ルーカスの息子、3回執政したマルク・アグリッパ、皇帝、 トリビューンを6回、そしてフリオシーザーアウグストゥスの娘、マゼウス、ミスリダテスを民に捧げました。」門の前の小さなエリアは講堂として使用されました。図書館の前の階段と丸い台座が座席として使用されました。

    青銅で造られたラテン語の象嵌文字の碑文は門の片側にまだ残されています。碑文の一部は次のように述べています。「神の息子である皇帝カエサル・アウグストゥス、12人の執政官とトリビューンを20回執政した神父の息子、そしてアウグスト・リヴィアの妻、ルーカスの息子、3回執政したマルク・アグリッパ、皇帝、 トリビューンを6回、そしてフリオシーザーアウグストゥスの娘、マゼウス、ミスリダテスを民に捧げました。」門の前の小さなエリアは講堂として使用されました。図書館の前の階段と丸い台座が座席として使用されました。

  • ここに12時15分に集合です。この辺りにいた猫も一緒に集合しています。

    ここに12時15分に集合です。この辺りにいた猫も一緒に集合しています。

  • 多分野良猫だと思うのですが、毛並みも良いし綺麗なのが不思議です。エルミタージュ美術館ではネズミ除けの猫が飼われていますし、イギリスの首相官邸には「首相官邸ネズミ捕獲長」という正式な肩書を持った猫がいますが、観光客の知らないルールがあるのかもしれません。

    多分野良猫だと思うのですが、毛並みも良いし綺麗なのが不思議です。エルミタージュ美術館ではネズミ除けの猫が飼われていますし、イギリスの首相官邸には「首相官邸ネズミ捕獲長」という正式な肩書を持った猫がいますが、観光客の知らないルールがあるのかもしれません。

  • そろそろ時間になったので出発です。後ろに見える囲いの中にある邸宅が見たかったです。それとこの辺りにはクレオパトラ7世の妹である「アルシノエ4世」の墓とされる場所があり、現在も発掘調査が続いています。紀元前46年にカエサルの意向により死刑を免れてエフェソスの邸宅に幽閉されていましたが、紀元前44年に姉のクレオパトラの意向により殺害されたという記録も残されています。

    そろそろ時間になったので出発です。後ろに見える囲いの中にある邸宅が見たかったです。それとこの辺りにはクレオパトラ7世の妹である「アルシノエ4世」の墓とされる場所があり、現在も発掘調査が続いています。紀元前46年にカエサルの意向により死刑を免れてエフェソスの邸宅に幽閉されていましたが、紀元前44年に姉のクレオパトラの意向により殺害されたという記録も残されています。

  • ケルスス図書館もこれが見納めです。

    ケルスス図書館もこれが見納めです。

  • ここから始まる大理石の道はパナイルダギを経てアルテミス神殿へと続く神聖な道の一部です。大理石の道路の建設は西暦1世紀に始まり、5世紀に再建されました。道路の西側はアゴラの壁で囲まれており、壁にはネロの治世中に建設された高台があります。

    ここから始まる大理石の道はパナイルダギを経てアルテミス神殿へと続く神聖な道の一部です。大理石の道路の建設は西暦1世紀に始まり、5世紀に再建されました。道路の西側はアゴラの壁で囲まれており、壁にはネロの治世中に建設された高台があります。

  • 大理石の道には売春宿の広告と思われる絵がいくつかあります。この広告は歴史上最初の広告として知られています。足跡の1本の指は図書館を示し、もう1本の指は売春宿を示しています。足跡はその先で曲がる必要があることを示しているといわれます。都市にとって重要な人々の胸像と彫像が道路に沿って建てられ、皇帝からの勅旨を人々に読めるように大理石のブロックに刻まれまれていました。

    大理石の道には売春宿の広告と思われる絵がいくつかあります。この広告は歴史上最初の広告として知られています。足跡の1本の指は図書館を示し、もう1本の指は売春宿を示しています。足跡はその先で曲がる必要があることを示しているといわれます。都市にとって重要な人々の胸像と彫像が道路に沿って建てられ、皇帝からの勅旨を人々に読めるように大理石のブロックに刻まれまれていました。

  • エフェソスの商業アゴラや市場では、海を越えて連れてこられた美しい少女など、さまざまな商品や奴隷を取り扱っていました。 広場の広さからも取引場所がいかに重要だったかを示しています。アゴラはヘレニズム時代にまでさかのぼり、柱廊に囲まれています。この場所は17年前は大理石の破片が積み上げられた倉庫のようになっていたので、その変わりようには驚きました。

    エフェソスの商業アゴラや市場では、海を越えて連れてこられた美しい少女など、さまざまな商品や奴隷を取り扱っていました。 広場の広さからも取引場所がいかに重要だったかを示しています。アゴラはヘレニズム時代にまでさかのぼり、柱廊に囲まれています。この場所は17年前は大理石の破片が積み上げられた倉庫のようになっていたので、その変わりようには驚きました。

  • 劇場はエフェソスの古代都市で最も壮大な建造物です。大劇場は港から真っすぐ伸びるアルカディック通りの突き当りにあるパナイルの丘の斜面にあります。紀元前3世紀のヘレニズム時代にリシマコの治世中に初めて建設されましたが、その後のローマ時代に拡大され、現在見られる現在のスタイルになりました。

    劇場はエフェソスの古代都市で最も壮大な建造物です。大劇場は港から真っすぐ伸びるアルカディック通りの突き当りにあるパナイルの丘の斜面にあります。紀元前3世紀のヘレニズム時代にリシマコの治世中に初めて建設されましたが、その後のローマ時代に拡大され、現在見られる現在のスタイルになりました。

  • アナトリアで最大の劇場であり25,000人の収容能力があります。66列の座席があり、2つのディアゾマ(座席間の通路)によって3つの水平のセクションに分割されています。最下段では大理石の破片と皇帝のボックス席が見つかりました。大理石でできた背もたれのある座席は、高貴な人々のために用意されていました。一般の聴衆は上部の通路から座席に座りました。

    アナトリアで最大の劇場であり25,000人の収容能力があります。66列の座席があり、2つのディアゾマ(座席間の通路)によって3つの水平のセクションに分割されています。最下段では大理石の破片と皇帝のボックス席が見つかりました。大理石でできた背もたれのある座席は、高貴な人々のために用意されていました。一般の聴衆は上部の通路から座席に座りました。

  • 麦藁帽子が剣闘士のヘルメットに見えました。

    麦藁帽子が剣闘士のヘルメットに見えました。

  • 舞台側の建物は3階建てで、高さは18メートルありました。観客に面したファサードはレリーフと列柱と窓と彫像で飾られていました。オーケストラエリアには5つのドアがあり、中央のドアは他のドアよりも広くなっています。これによりステージの外観が向上して大きく記念碑的な外観になりました。大劇場はコンサートや演劇だけでなく宗教や政治、哲学的な議論や剣闘士同士の戦いや猛獣との戦いにも使用されました。

    舞台側の建物は3階建てで、高さは18メートルありました。観客に面したファサードはレリーフと列柱と窓と彫像で飾られていました。オーケストラエリアには5つのドアがあり、中央のドアは他のドアよりも広くなっています。これによりステージの外観が向上して大きく記念碑的な外観になりました。大劇場はコンサートや演劇だけでなく宗教や政治、哲学的な議論や剣闘士同士の戦いや猛獣との戦いにも使用されました。

  • 途中で自由時間がありましたが、ガイドさんはほぼ1時間話し続けているので大変です。

    途中で自由時間がありましたが、ガイドさんはほぼ1時間話し続けているので大変です。

  • 大劇場の一部は修復工事中でカエナエ・フロンスと呼ばれる舞台側の建物はフェンスで囲われていました。

    大劇場の一部は修復工事中でカエナエ・フロンスと呼ばれる舞台側の建物はフェンスで囲われていました。

  • フェンスには大劇場の航空写真が飾られてありました。劇場から真っすぐ延びる通りがアルカディウス通りで、最初の地図によるとその先の草地辺りまで運河と港が海から続いていたことになります。

    フェンスには大劇場の航空写真が飾られてありました。劇場から真っすぐ延びる通りがアルカディウス通りで、最初の地図によるとその先の草地辺りまで運河と港が海から続いていたことになります。

  • アナトリア以外でもギリシャの衛星都市だったシチリアの劇場もいくつも見学しましたが、ここより大きな劇場は無いのではないでしょうか。

    アナトリア以外でもギリシャの衛星都市だったシチリアの劇場もいくつも見学しましたが、ここより大きな劇場は無いのではないでしょうか。

  • 劇場のカエナエ・フロンスの建物の断面図もあり、構造を知る事が出来ました。当時の土木建築工学のレベルの高さを感じます。

    劇場のカエナエ・フロンスの建物の断面図もあり、構造を知る事が出来ました。当時の土木建築工学のレベルの高さを感じます。

  • 劇場を出て北の出口に向かいます。北の出口は松林の方へ右折しますが、真っすぐ延びる道がアルカディウス通りです。港から入る商人と船員が最初にこの通りに到着します。そのため大理石の敷石と列柱で豪華に飾られています。ヘレニズム時代に建設されましたが、その後に現在の名前を冠する皇帝アルカディウスの治世中に修復されました。

    劇場を出て北の出口に向かいます。北の出口は松林の方へ右折しますが、真っすぐ延びる道がアルカディウス通りです。港から入る商人と船員が最初にこの通りに到着します。そのため大理石の敷石と列柱で豪華に飾られています。ヘレニズム時代に建設されましたが、その後に現在の名前を冠する皇帝アルカディウスの治世中に修復されました。

  • アルカディウス通りは長さ530メートルで幅11メートル、通りの両側には商店やギャラリーや記念碑的なアーチの形の門がありました。上部に4つのアポステルの像がある4つの高い柱があり、ローマとアンティオキアと共に当時の照明のついた道路の1つでした。50の街灯が柱廊と水面を照らし下水道が大理石の敷石の下を走っていました。

    アルカディウス通りは長さ530メートルで幅11メートル、通りの両側には商店やギャラリーや記念碑的なアーチの形の門がありました。上部に4つのアポステルの像がある4つの高い柱があり、ローマとアンティオキアと共に当時の照明のついた道路の1つでした。50の街灯が柱廊と水面を照らし下水道が大理石の敷石の下を走っていました。

  • プトレマイオス王朝最後のファラオであるクレオパトラ7世フィロパトルはマルクス・アントニウスと共にエフェソスに滞在しています。その時は港からこの大理石の道路を通ったと考えられるので、この場所に立つと感無量の気分になります。

    プトレマイオス王朝最後のファラオであるクレオパトラ7世フィロパトルはマルクス・アントニウスと共にエフェソスに滞在しています。その時は港からこの大理石の道路を通ったと考えられるので、この場所に立つと感無量の気分になります。

  • その後アレクサンドリアに戻ったアントニウスはローマではないこの地で大々的に凱旋式を挙行し、ローマを見捨てたかのように振舞うアントニウスにローマ市民は失望し、オクタウィアヌスを強く支持するようになります。最終的にオクタウィアヌスがアントニウスに宣戦布告した時、この戦いは私闘ではなく「ローマ対エジプト」という構図にされます。

    その後アレクサンドリアに戻ったアントニウスはローマではないこの地で大々的に凱旋式を挙行し、ローマを見捨てたかのように振舞うアントニウスにローマ市民は失望し、オクタウィアヌスを強く支持するようになります。最終的にオクタウィアヌスがアントニウスに宣戦布告した時、この戦いは私闘ではなく「ローマ対エジプト」という構図にされます。

  • 紀元前31年にアントニウス派とプトレマイオス朝の連合軍とオクタウィアヌスが率いるローマ軍がギリシャ西岸のアクティウムで激突します。この海戦の最中にクレオパトラ7世は戦場を離脱し、アントニウスも彼女の船を追って逃亡し共にアレクサンドリアへ戻り敗北を喫します。アントニウスは部下を置き去りにして女を追って戦場を後にしたと嘲笑されることになります。

    紀元前31年にアントニウス派とプトレマイオス朝の連合軍とオクタウィアヌスが率いるローマ軍がギリシャ西岸のアクティウムで激突します。この海戦の最中にクレオパトラ7世は戦場を離脱し、アントニウスも彼女の船を追って逃亡し共にアレクサンドリアへ戻り敗北を喫します。アントニウスは部下を置き去りにして女を追って戦場を後にしたと嘲笑されることになります。

  • アントニウスはクレオパトラ7世が自分を裏切ったと思い込んでいたところに届けられたクレオパトラ7世死去の報告(これは誤報)に接して自殺を図ります。それを知ったクレオパトラ7世は瀕死アントニウスを連れてこさせますが息を引き取ります。 オクタウィアヌスの捕虜となったクレオパトラ7世は贈答品のイチジクに忍ばせていたコブラに自らを噛ませて自殺したと伝えられています。オクタウィアヌスは彼女の「アントニウスと共に葬られたい」との遺言を聞き入れます。

    アントニウスはクレオパトラ7世が自分を裏切ったと思い込んでいたところに届けられたクレオパトラ7世死去の報告(これは誤報)に接して自殺を図ります。それを知ったクレオパトラ7世は瀕死アントニウスを連れてこさせますが息を引き取ります。 オクタウィアヌスの捕虜となったクレオパトラ7世は贈答品のイチジクに忍ばせていたコブラに自らを噛ませて自殺したと伝えられています。オクタウィアヌスは彼女の「アントニウスと共に葬られたい」との遺言を聞き入れます。

  • エフェソスには比較的早くキリスト教が入り、新約聖書にはエフェソスの教会にあてた書簡である「エフェソの信徒への手紙」の記載があります。また伝承では使徒ヨハネはパトモス島の流刑から解放された後、エフェソスの教会の主教を務める傍ら福音書を書いたと伝えられます。イエスの母マリアも使徒ヨハネと共にエフェソスで余生を送ったと伝えられ、この左側の山中にその家が聖地とされています。

    エフェソスには比較的早くキリスト教が入り、新約聖書にはエフェソスの教会にあてた書簡である「エフェソの信徒への手紙」の記載があります。また伝承では使徒ヨハネはパトモス島の流刑から解放された後、エフェソスの教会の主教を務める傍ら福音書を書いたと伝えられます。イエスの母マリアも使徒ヨハネと共にエフェソスで余生を送ったと伝えられ、この左側の山中にその家が聖地とされています。

  • この後セルチュク博物館のすぐ近くを通るのですが、このアルテミス像を見ることは出来ません。松林を抜けて待ってるバスに乗って昼食を食べに行きます。お土産物屋にもミュージアムショップにも立ち寄れずでしたが、絵葉書売りのおじさんが来てくれたので絵葉書を買うことは出来ました。

    この後セルチュク博物館のすぐ近くを通るのですが、このアルテミス像を見ることは出来ません。松林を抜けて待ってるバスに乗って昼食を食べに行きます。お土産物屋にもミュージアムショップにも立ち寄れずでしたが、絵葉書売りのおじさんが来てくれたので絵葉書を買うことは出来ました。

  • 英語ですがエフェソスの遺跡について詳しく知るにはこのサイトが非常に便利でした。https://www.ephesus.us/

    英語ですがエフェソスの遺跡について詳しく知るにはこのサイトが非常に便利でした。https://www.ephesus.us/

  • 古代の世界七不思議の1つと言われたアルテミス神殿の前もバスはスピードを落とすことなく通過していきます。ここに縦110メートル×横55メートルで高さ18メートルの石柱127本からなる巨大神殿が建っていたわけです。

    古代の世界七不思議の1つと言われたアルテミス神殿の前もバスはスピードを落とすことなく通過していきます。ここに縦110メートル×横55メートルで高さ18メートルの石柱127本からなる巨大神殿が建っていたわけです。

  • 聖ヨハネ聖堂については説明もありませんでした。高台のアヤスルク要塞はよく保存されたビザンチン様式の城で1500年の間この地に建っています。 城は重要な地点に位置していたためセルジュク朝およびオスマン朝時代に再建されたり拡張されました。 城の正面玄関は6世紀にローマ時代の建物の石で再建され、 城には15の塔があり1.5キロにも達する城壁に囲まれています。ビザンチン時代に建てられた教会や小さなモスクなどが城内に残されています。

    聖ヨハネ聖堂については説明もありませんでした。高台のアヤスルク要塞はよく保存されたビザンチン様式の城で1500年の間この地に建っています。 城は重要な地点に位置していたためセルジュク朝およびオスマン朝時代に再建されたり拡張されました。 城の正面玄関は6世紀にローマ時代の建物の石で再建され、 城には15の塔があり1.5キロにも達する城壁に囲まれています。ビザンチン時代に建てられた教会や小さなモスクなどが城内に残されています。

  • この日のお昼はセルチュクの町外れの「HITIT HOTEL」でした。団体ツアーを受け入れているホテルらしく、ツアーバスが何台も停車しています。

    この日のお昼はセルチュクの町外れの「HITIT HOTEL」でした。団体ツアーを受け入れているホテルらしく、ツアーバスが何台も停車しています。

  • もう午後1時を回ろうとしているのでお腹が空いています。

    もう午後1時を回ろうとしているのでお腹が空いています。

  • まずはご褒美のビールを注文します。1本25TL。

    まずはご褒美のビールを注文します。1本25TL。

  • ザクロジュースとヨーグルトを混ぜたものを注文された方がいらしたので写真に撮らせていただきました。味は大体想像できますね。

    ザクロジュースとヨーグルトを混ぜたものを注文された方がいらしたので写真に撮らせていただきました。味は大体想像できますね。

  • スープは定番のドマテス・チョルバスというトマトペーストのスープです。熱々なのが嬉しいです。

    スープは定番のドマテス・チョルバスというトマトペーストのスープです。熱々なのが嬉しいです。

  • うどんのような麺のグラタンも美味しかったです。

    うどんのような麺のグラタンも美味しかったです。

  • エフェソス周辺地域の料理で「チョップ・シシ」という串肉料理がメインです。こちらは通常のシシ・ケバブなどよりも小さな肉を串刺しにし、8本を一皿に盛ったものでした。羊の油身が挟まっているのでさらに甘みを感じます。

    エフェソス周辺地域の料理で「チョップ・シシ」という串肉料理がメインです。こちらは通常のシシ・ケバブなどよりも小さな肉を串刺しにし、8本を一皿に盛ったものでした。羊の油身が挟まっているのでさらに甘みを感じます。

  • 上に乗った薄いパンと一緒に食べると美味しいです。何となく西安の回教の方々の店で食べたのと同じもののように思えました。西安からだとトルコは陸続きでそう遠くないのかもしれません。

    上に乗った薄いパンと一緒に食べると美味しいです。何となく西安の回教の方々の店で食べたのと同じもののように思えました。西安からだとトルコは陸続きでそう遠くないのかもしれません。

  • デザートはこんな風にカットした冷凍ミカンでした。ここへ来る途中にミカン畑が見えたので、そこで出荷できないものをカットしてデザートに使っているように思えました。

    デザートはこんな風にカットした冷凍ミカンでした。ここへ来る途中にミカン畑が見えたので、そこで出荷できないものをカットしてデザートに使っているように思えました。

  • 表のテラス席も気持ち良さそうでしたが我々は店内の席でした。食後に少し時間があったので、ホテルの裏側まで出てみました。

    表のテラス席も気持ち良さそうでしたが我々は店内の席でした。食後に少し時間があったので、ホテルの裏側まで出てみました。

  • 周囲は一面のミカン畑で、その種類も温州ミカンのようでした。

    周囲は一面のミカン畑で、その種類も温州ミカンのようでした。

  • 日本人には馴染みのあるミカンでした。ここからアイワルクまで250キロの移動が残っています。

    日本人には馴染みのあるミカンでした。ここからアイワルクまで250キロの移動が残っています。

25いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

旅行記グループ

2019 トルコ周遊の旅

旅の計画・記録

マイルに交換できるフォートラベルポイントが貯まる
フォートラベルポイントって?

トルコで使うWi-Fiはレンタルしましたか?

フォートラベル GLOBAL WiFiなら
トルコ最安 740円/日~

  • 空港で受取・返却可能
  • お得なポイントがたまる

トルコの料金プランを見る

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

PAGE TOP

ピックアップ特集