旅行のクチコミと比較サイト フォートラベル

ちびのぱぱさんのトラベラーページ

ちびのぱぱさんへのコメント一覧全125件

ちびのぱぱさんの掲示板にコメントを書く

  • おのおのがた・・・分かるかなあ?

     ちびのぱぱさん、初めまして。 忠臣蔵大好き世代のねんきん老人です。
     赤穂城に行かれたのですね。2014年のことだそうですから、もう7年が経っていますが、今年の話だと言われても違和感がない、ウキウキするような旅行記ですね。
     写真もきれいですが、なんといっても文章が洒落ていて、惹き込まれました。高層階のレストランでビールを飲みながらの企画会議なんて、私も入れて、と言いたくなります。
     ただ、二人が窓の方を向いている席の方が良かったとは、とんでもない思い違いですね。
     景色はいくらきれいでも話の泉にはなりません。「きれいだね」で、それ以上は話が続かないのです。 その点、目の前にいる「人」はたとえきれいでなくても無限の泉です。まして奥様のような美人だったら、会議がいくら長引いても夢の時間が過ごせることでしょう。(私は美人との会議をしたことがないので、あくまでも想像ですが)
     早籠での4日間が楽ちんなのか地獄の苦行なのかという会話の部分。よーく分かります。早水・菅野の両名が籠に乗っている間中、舌を噛まないように布を咥えていたという話を聞いたことがありますが・・・若い奥様には分かりにくいでしょうね。
     伯方の塩がメキシコ産で、赤穂の塩がオーストラリア産だというような話で現実に引き戻されながらも読み進むと、赤穂藩が立派な城をもつゆえにそれが財政圧迫のもとになっていたというような史実に話が展開され、それがまた岡山後楽園を見るかどうかで「冬だからねえ」というような超現実的なエピソードで締めくくられるといった流れ・・・。 私も是非真似してみたいと思う見事な構成でした。
     今は旅行がはばかられる状況ですが、これからもちびのぱぱさんの、さりげないユーモアを交えた旅行記を楽しみにしております。

    ねんきん老人
    2021年04月09日10時36分返信する 関連旅行記

    Re: おのおのがた・・・分かるかなあ?

    おのおのがた、ご油断めさるな。
    片岡千恵蔵だったでしょうか。
    吉良公は月形龍之介?
    子供の頃になります。

    ねんきん老人さんの旅行記も楽しませていただいております。
    よくお名前を拝見していましたので、初めてのような気がいたしません。
    ご指摘の通り、最近は特に妻との時間を大切にするように心を入れ替えておりますw

    久しぶりに自分の古い旅行記を読み返してみましたが、拙文をほめていただき、恐縮いたします。
    昨年からコロナですっかり封じ込められて、はやくこの嫌な疫病が収束してほしいと心の底から思います。
    また皆さんの旅行を覗いて、せめてもの旅行気分を味わいたいと思った次第です。

    ちびのぱぱ
    2021年04月09日21時47分 返信する
  • 金栗四三さん

    こんにちは! 私も大河ドラマのときに金栗さん巡りの旅をしたので、興味深く拝見しました。玉名の町は、行ってみたいと思いつつ、いつも草枕温泉に行くときの通過点になってしまいます。一度国道沿いの玉名ラーメンの店に行ったけど、麺がのびて美味しくなかった…という悲しい思い出があります。
    旧池部家は私も行きました。ボランティアの方が親切で、ほっこり見学できて楽しかったです。
    2020年10月01日15時13分返信する 関連旅行記

    Re: 金栗四三さん

    Decoさん、ありがとうございます。
    二年連続で九州を旅行しましたが、LCCのおかげです。
    コロナに負けないでほしいものです。

    玉名ラーメン、まずいんですね!
    まずい旅先の食べ物も、時間が経つと懐かしくなったりしますよね。
    食べ物の恨みは何とやら、といいますが、人間にとって一番記憶に残る分野なのかな、と思います。

    原尻の滝、いつか行ってみたと思っています。
    またお邪魔いたします。
    2020年10月01日21時31分 返信する

    Re: 金栗四三さん

    玉名ラーメン、全部がまずいというわけではなくて、多分私が行った店が残念なところだったのだと思います。車から見ていて、昼時は行列が出来てたんですが…。あとでいろんなところで口コミを見たら、私と同じ感想の人が多くて、評価は低かったです。それでも…行列ができるのはなぜ?…と思いました。
    2020年10月01日21時56分 返信する
  • 中山道

    ちびのぱぱさん
    初めまして!
    関ケ原、醒ヶ井宿を懐かしく読ませて頂きました。
    中山道を日本橋から歩いたので、この旅行記で昔を思い出しました。醒ヶ井宿の街道脇の水路の水が透明で、水草が漂い、歩き疲れた癒しになった記憶があります。又、楽しい旅行記をお待ちしています。
    2020年01月05日09時42分返信する 関連旅行記

    RE: 中山道

    オータムリーフさん
    こんにちわ

    旧中山道ウォーク、69次ですか、すごいですね。
    醒ヶ井は、そろそろゴールが見えてくる感じでしょうか。
    今月末から九州旅行をしたいと思い、オータムリーフさんの旅行記とても参考になりました。
    旅から帰ってきたら、ログ付けしたいと思います。
    2020年01月05日15時10分 返信する
  • 楽しく3部作拝見しました。

    今から67年前のことですが、東京から岩見沢まで24時間以上かけて親に連れられて行きました。もちろん青函連絡船。一部かもしれませんが、蒸気機関車でした。蒸気機関車の旅では原則窓を開けません。それを無視して開けていた私は目に煤煙が入り、痛くて痛くて何時間も泣き通しでした。泣いていると涙で少しは痛みが治まるのです。岩見沢に着いて真っ先に目医者。嘘のように痛みは収まりました。
    窓を閉めろというおばあさんは、私みたいな経験があるのかな。
    幼い日の北海道の旅を思い出しました。
    2019年06月07日08時24分返信する 関連旅行記

    Re: 楽しく3部作拝見しました。

    つまらない旅行記をいくつも読んでくださって有り難うございます。
    今では、廃線になって通れない区画がいくつかできてしまいました。
    シニアの旅人さんは、岩見沢にSLで行かれたんですね。
    煤煙はそんなに痛いんですか!
    でも、林芙美子みたいに、北海道で蒸気機関車がガンガン走っていた時代に旅をしたかったです。
    2019年06月07日10時00分 返信する

    当時の北海道SLの旅

    お勧めしません。庶民は3等車というものに乗ります。椅子は直角で固定、フェルト状の布が貼ってあるだけで、板に座布団1枚で座るようなものです。
    津軽海峡には戦争の名残で浮遊機雷なるものがチラホラ。函館に連絡船が着くと、席を求めて全員一斉に駆け出します。指定席などというものはないので、遅れれば、立つことになります。
    でも今なら、一種のサバイバルゲームとして、素晴らしい旅ブログになるでしょう。奥様がぶんむくれること間違いなしですが。

    ちびのぱぱさんのブログはとても面白いので、楽しませていただきます。
    2019年06月07日10時45分 返信する
  • 心に沁み入る旅行記です

    1982年。37年前ですか、コロッセオには現在ある舞台のようなものはなかったのですね。反対側かな。雑草が石にまとわりついていて、今よりはるかに遺跡っぽい。私はこういうコロッセオのほうが好きです。昨年行きましたが、ただの巨大な観光地でした。
    アイスクリーム売りの娘さん、五木寛之の小説みたい。彼女はもっと話したかったのですね。その後彼女が日本にやってくるとか、五木ならそういう展開になりそう。
    青春のローマの一コマ、いい思い出ですね。
    2019年06月07日05時05分返信する 関連旅行記

    Re: 心に沁み入る旅行記です

    古い旅行記をご覧下さり、有り難うございます。この時の飛行機はキャセイパシフィックで、その後、ソ連崩壊前後に二度ほど、アエロフロートにもお世話になりました。
    シニアの旅人さんの旅行記で久しぶりにアエロフロートの機内を拝見し、いろいろ思い出しました。
    生まれて初めてキャビアを口にしたり、醤油顔が珍しいらしく、新体操チームに囲まれ写真を撮られたりして赤面したことなど。妖精のように綺麗だけど素朴な女子高生という感じで、日本で買ったらしい安カメラで、互いを撮り合ったりしていました。日本で大会に出た帰りだったのかと思いますが、田舎のおじさんのような監督(?)に叱られていました。
    若いというのはいいなあと、最近つくづく思います。
    2019年06月07日07時54分 返信する
  • お邪魔いたします<(_ _)>

    初めまして。

    旅行の参考にしたくてお邪魔しました。

    6月2・3・4日と三日間、札幌方面を野郎4人で旅行します。

    野郎4人ですので、ほとんど何も旅程を決めていません(^_^;)

    さて、どーなりますやら。

    勉強させていただきますね~<(_ _)>

             多良
    2019年05月31日14時41分返信する 関連旅行記

    Re: お邪魔いたします<(_ _)>

    札幌は快晴ですね。
    ちょっと暑いけど最高の天気。
    男四人だったらラーメンやジンギスカンの食べ歩きでしょうか。
    楽しそうですね。
    旅行記たのしみにしています。
    訪問ありがとうございました。

    ちびパパ
    2019年06月03日12時06分 返信する
  • 投票お礼

    ちびのばばさん
    「恐竜博物館旅行記」に投票ありがとうございます。なかなか見ごたえはありましたが、とにかく人が多く年寄りには大仕事でした。それにしても、子どもはよくもあんなに長い恐竜の名前を覚えられると感心しました。
    これから気候が良くなります。旅をお楽しみください。

    ふくろうの旅人 より
    2019年05月05日08時52分返信する
  • 乗り鉄そのものではありませんか!

     いやはや、これを乗り鉄と言わずして何と言うべきでしょうか?

     緻密なリサーチとプラニングで一人悦に入っている旦那様と、それをちょっと斜めに見て、それでも同行する奥様との掛け合いの妙がなんとも温かくて、失礼ながら「こういう夫婦っていいなあ」と羨望を覚えます。

     文章が小気味よいリズムで、所々ユーモラスなひねりがあって、なんとも楽しい旅行記ですが、それも底に鋭い観察があってのことだと思います。

     こういう旅、こういう文章をものにしたら、さぞかし楽しいだろうと思いながら拝読しました。
     このあとも色々読ませていただきます。よろしくお願いいたします。

    ねんきん老人
    2017年08月07日19時17分返信する 関連旅行記

    RE: 乗り鉄そのものではありませんか!

    ねんきん老人さま

     ご訪問、有り難うございます。
     最近なにかと忙しくしていて、ブログの更新もままならないのですが、過分のお褒めの言葉に励まされ、また書こうという気になってきました!
     ブログ仲間からの励ましは、いいですね。
     ねんきん老人さまのブログにもおじゃましたいと思います。

     ちびぱぱ
    2017年08月08日08時04分 返信する
  • 明けましておめでとう

    ちびのぱぱさん

    明けましておめでとうございます。年をとると1年はあっという間です。
    私の知らない台湾でした。 最後のリス、どちらかというとネズミに近いような?

     大将
    2017年01月09日10時58分返信する 関連旅行記
  • 彦根

    ちびのぱぱさん

    彦根は一度行ったことがあります。今、バルセロナにいる友人の実家が滋賀にあり。その彼女のお父さんのご出身が私と同じ姫路で。
    国宝のお城のある所に住むのが趣味なんかと?
    観光では行ったことがないので(滋賀大学を受けに行った訳でもないし)
    もう一度行ってみたいですね。

    ひこにゃんは忙しい時期ではなかったので。。。
    ネコの手、も借りずにすんだんでしょう。 まあ、勤務時間もあったのでしょうが。
     
     大将
    2016年10月17日07時50分返信する 関連旅行記

    RE: 彦根

    大将さん

     いつもありがとうございます。
     彦根は訪問済みでしたか。
     国宝のお城のある町に住む、ああなんという高尚な趣味!
     現存天守すべてをいつか制覇したいという夢は持っています。
     彦根は猫の手を借りてますね。
     私も、ひこにゃんなんか興味ないと言いつつ結構楽しみにしていましたから。 

    ちびぱぱ
    2016年10月20日10時50分 返信する

ちびのぱぱさん

ちびのぱぱさん 写真

12国・地域渡航

31都道府県訪問

写真 | QA掲示板 | 行ってきます | 掲示板 | コミュニティ | 行きたい

ちびのぱぱさんにとって旅行とは

 家にあれば旅を思い、旅にしあれば家を思う
 

自分を客観的にみた第一印象

狐が下駄を履いて馬に乗ったような

大好きな場所

 

大好きな理由

行ってみたい場所

現在12の国と地域に訪問しています

現在31都道府県に訪問しています

参加中のコミュニティ(全0件)