コッツウォルズ地方旅行記(ブログ) 一覧に戻る
2017年9月3日(日) 早朝<br /><br />イギリス最終日。早朝ジョギングでカッスル・クーム周辺を走ります。<br />ジョギングで周ると、歩きや車とはまた違った視点・景色でその地区が見えます。<br />また早朝からの行動は、コッツウォルズのコッツウォルズの美しい景色を独り占めできました。<br /><br />□ 8月26日(土) 福岡から香港<br />□ 8月27日(日) 香港からロンドン ロンドン観光<br />□ 8月28日(月) ロンドン観光 オペラ座の怪人<br />□ 8月29日(火) ロンドン観光 レ・ミゼラブル<br />□ 8月30日(水) レンタカーでルイス、ブライトンへ<br />□ 8月31日(木) セブンシスターズ、その後ソールズベリへ<br />□ 9月1日(金) ストーンヘンジ、その後コッツウォルズへ<br />□ 9月2日(土) バイブリー、ボートンオンザウォーター、カッスルクームへ<br />■ 9月3日(日) ヒースロー空港、レンタカー返却、香港へ<br />□ 9月4日(月) 香港から福岡へ

イギリス旅行記2017 Part27 カッスルクーム旅ラン編

37いいね!

2017/09/03 - 2017/09/03

110位(同エリア975件中)

旅行記グループ イギリス旅行記2017

2

94

くわ

くわさん

2017年9月3日(日) 早朝

イギリス最終日。早朝ジョギングでカッスル・クーム周辺を走ります。
ジョギングで周ると、歩きや車とはまた違った視点・景色でその地区が見えます。
また早朝からの行動は、コッツウォルズのコッツウォルズの美しい景色を独り占めできました。

□ 8月26日(土) 福岡から香港
□ 8月27日(日) 香港からロンドン ロンドン観光
□ 8月28日(月) ロンドン観光 オペラ座の怪人
□ 8月29日(火) ロンドン観光 レ・ミゼラブル
□ 8月30日(水) レンタカーでルイス、ブライトンへ
□ 8月31日(木) セブンシスターズ、その後ソールズベリへ
□ 9月1日(金) ストーンヘンジ、その後コッツウォルズへ
□ 9月2日(土) バイブリー、ボートンオンザウォーター、カッスルクームへ
■ 9月3日(日) ヒースロー空港、レンタカー返却、香港へ
□ 9月4日(月) 香港から福岡へ

旅行の満足度
5.0
観光
5.0
ホテル
5.0
グルメ
5.0
同行者
カップル・夫婦(シニア)
交通手段
レンタカー 徒歩
旅行の手配内容
個別手配

PR

  • 6時起床。ジョギングウェアに着替え、ザ・キャッスル・インから出ようとすると、あれま、ドアがロックされています。<br /><br />火事になったら逃げられへんやん、と不安な気持ちを抑えつつ、裏口を探し、ようやく脱出。<br /><br />準備運動の後スタートです。<br /><br />カッスル・クーム入り口の橋は、早朝なのでまだ誰もいません。<br />(ちなみに表紙の写真とは撮影時間が違います)

    6時起床。ジョギングウェアに着替え、ザ・キャッスル・インから出ようとすると、あれま、ドアがロックされています。

    火事になったら逃げられへんやん、と不安な気持ちを抑えつつ、裏口を探し、ようやく脱出。

    準備運動の後スタートです。

    カッスル・クーム入り口の橋は、早朝なのでまだ誰もいません。
    (ちなみに表紙の写真とは撮影時間が違います)

  • 橋の前の住居もまだ静か。

    橋の前の住居もまだ静か。

  • しばらく走ると、空が茜色に染まってきました。

    しばらく走ると、空が茜色に染まってきました。

  • 時々刻々と空が変化していくので、しばらく歩を止めてしまいました。

    時々刻々と空が変化していくので、しばらく歩を止めてしまいました。

  • このような道を走っていきます。

    このような道を走っていきます。

  • 空がかなり明るくなってきました。

    空がかなり明るくなってきました。

  • 森から草原に出てきました。

    森から草原に出てきました。

  • そんな草原の丘から日の出。時刻は06:30。

    そんな草原の丘から日の出。時刻は06:30。

  • 牧草地が広がります。

    牧草地が広がります。

  • A420に出てきました。<br />ここにはフォードという小さな集落があります。

    A420に出てきました。
    ここにはフォードという小さな集落があります。

  • ほんの数軒しか家がありません。カッスル・クームより少なそうです。

    ほんの数軒しか家がありません。カッスル・クームより少なそうです。

  • A420を走るのは危険なので横道にそれます。

    A420を走るのは危険なので横道にそれます。

  • さっきと同じくらいの狭い道を走ります。

    さっきと同じくらいの狭い道を走ります。

  • ここにホテルがあります。

    ここにホテルがあります。

  • その名も&quot;White Heart&quot;<br />カッスル・クームで昨晩、夕食を食べたパブと同じ名前です。<br /><br />実はホテルの予約時、カッスルクームのホテルで検索したらここがヒットし、当初ここを予約していたのですが、改めて調べてみるとカッスルクームからはこのようにジョギングで来ないと来れない距離の場所で、改めてザ・キャッスル・インを予約しなおしたのです。

    その名も"White Heart"
    カッスル・クームで昨晩、夕食を食べたパブと同じ名前です。

    実はホテルの予約時、カッスルクームのホテルで検索したらここがヒットし、当初ここを予約していたのですが、改めて調べてみるとカッスルクームからはこのようにジョギングで来ないと来れない距離の場所で、改めてザ・キャッスル・インを予約しなおしたのです。

  • White Heart<br /><br />http://whitehart-ford.com/

    White Heart

    http://whitehart-ford.com/

  • ここは住居でしょうか。

    ここは住居でしょうか。

  • 更に先へ・・・

    更に先へ・・・

  • 草原が広がります。

    草原が広がります。

  • 大体30分くらい走ったでしょうか。ここで折り返します。

    大体30分くらい走ったでしょうか。ここで折り返します。

  • 木のトンネルを抜けると・・・

    木のトンネルを抜けると・・・

  • 再び朝日。

    再び朝日。

  • ここはさっき通過したところですが、建物が朝日で輝いています。

    ここはさっき通過したところですが、建物が朝日で輝いています。

  • これまた立派な門。その奥に豪邸らしきものが見えます。

    これまた立派な門。その奥に豪邸らしきものが見えます。

  • 坂を下っていきましょう。

    坂を下っていきましょう。

  • ここは長屋風ですが、日本の長屋と違って落ち着きがあります。

    ここは長屋風ですが、日本の長屋と違って落ち着きがあります。

  • ホテル・ホワイト・ハートに戻ってきました。

    ホテル・ホワイト・ハートに戻ってきました。

  • ここも落ち着いた感じで静かそうです。<br />お客さん、いるのでしょうか。

    ここも落ち着いた感じで静かそうです。
    お客さん、いるのでしょうか。

  • 下調べではこの先に教会があるようだったので、行ってみましょう。

    下調べではこの先に教会があるようだったので、行ってみましょう。

  • しかし、集落らしきものはなさそうなので、引き返します。

    しかし、集落らしきものはなさそうなので、引き返します。

  • またまた、ホワイトハートに戻ってきました。

    またまた、ホワイトハートに戻ってきました。

  • 結構奥行きがありそう。

    結構奥行きがありそう。

  • さて、そろそろカッスルクームへ進みましょう。

    さて、そろそろカッスルクームへ進みましょう。

  • フォードの街の教会。

    フォードの街の教会。

  • この門からして歴史がありそう。

    この門からして歴史がありそう。

  • A420沿いのお宅。

    A420沿いのお宅。

  • さて、A420からカッスル・クームへの道に入りますが、途中に分岐があります。<br />カッスルクームへは右の道を行きます。

    さて、A420からカッスル・クームへの道に入りますが、途中に分岐があります。
    カッスルクームへは右の道を行きます。

  • カッスル・クームの手前ですが、ここにも民家が2、3軒あります。

    カッスル・クームの手前ですが、ここにも民家が2、3軒あります。

  • ここを通り過ぎるとすぐに・・・

    ここを通り過ぎるとすぐに・・・

  • カッスル・クームです。

    カッスル・クームです。

  • こちらは住居エリア。<br />時刻は07:25ですが、日曜日のためなのか、まだ人気がありません。

    こちらは住居エリア。
    時刻は07:25ですが、日曜日のためなのか、まだ人気がありません。

  • カッスルクームの写真は、このように橋を入れて撮るのが一番見栄えがいいようです。ちなみにこの写真もスマホで撮影しています。

    イチオシ

    地図を見る

    カッスルクームの写真は、このように橋を入れて撮るのが一番見栄えがいいようです。ちなみにこの写真もスマホで撮影しています。

  • さあ、橋を渡りましょう。

    さあ、橋を渡りましょう。

  • 橋を渡ると住居エリア。侵入できないようにゲートがあります。

    橋を渡ると住居エリア。侵入できないようにゲートがあります。

  • ユニコーン・ロッジ。<br /><br />Wi-Fiの電波はこの辺りまで飛んできていました。<br />マナーハウスのIDだったので、この地区のWi-Fiはマナーハウスから発信されているのかもわかりません。

    ユニコーン・ロッジ。

    Wi-Fiの電波はこの辺りまで飛んできていました。
    マナーハウスのIDだったので、この地区のWi-Fiはマナーハウスから発信されているのかもわかりません。

  • 07:30、ザ。キャッスル・インに到着。<br /><br />あっ、出発時は閉まっていたドアが開いています。

    07:30、ザ。キャッスル・インに到着。

    あっ、出発時は閉まっていたドアが開いています。

  • この門の中、気になります。この後行くことになります。

    この門の中、気になります。この後行くことになります。

  • こちらはマナーハウスの家並み。従業員の寮か何かでしょうか。

    こちらはマナーハウスの家並み。従業員の寮か何かでしょうか。

  • 今朝の走行距離、9.1km。<br />意外と走りました。<br />涼しいので爽快です。

    今朝の走行距離、9.1km。
    意外と走りました。
    涼しいので爽快です。

  • 部屋に戻り、シャワーを浴びましょう。<br /><br />これはイギリスの一般的なスイッチですが、このように上が飛び出した状態が&quot;ON&quot;です。<br />日本なら、ポチッと押された側が&quot;ON&quot;なので、ちょっと違和感というか、初めのうちは混乱してしまいます。<br /><br />こんなちょっとした発見があるから、旅行はやめられません。

    部屋に戻り、シャワーを浴びましょう。

    これはイギリスの一般的なスイッチですが、このように上が飛び出した状態が"ON"です。
    日本なら、ポチッと押された側が"ON"なので、ちょっと違和感というか、初めのうちは混乱してしまいます。

    こんなちょっとした発見があるから、旅行はやめられません。

  • 部屋にあったコーヒーセット。

    部屋にあったコーヒーセット。

  • 窓からは昨晩の夕食を食べたパブが見えます。<br /><br />なんか窓ガラスに水滴が。どうやら雨が降り出したようです。

    窓からは昨晩の夕食を食べたパブが見えます。

    なんか窓ガラスに水滴が。どうやら雨が降り出したようです。

  • 窓を開けて確認すると道が濡れています。<br /><br />やはり朝焼けは雨の印だったのですね。

    窓を開けて確認すると道が濡れています。

    やはり朝焼けは雨の印だったのですね。

  • 朝食は8時半から。<br />まだ時間があるので、雨のカッスルクームをもう一度散策しましょう。<br /><br />こちらはマナーハウスの車の出口。<br />マナーハウスは12時からオープンということでした。<br />時間的に中に入ることは無理でした。

    朝食は8時半から。
    まだ時間があるので、雨のカッスルクームをもう一度散策しましょう。

    こちらはマナーハウスの車の出口。
    マナーハウスは12時からオープンということでした。
    時間的に中に入ることは無理でした。

  • さて、この門の奥が気になります。<br /><br />フットパスと書かれているので入ってみましょう。

    さて、この門の奥が気になります。

    フットパスと書かれているので入ってみましょう。

  • 奥には住居が連なっていました。

    奥には住居が連なっていました。

  • もう8時を過ぎているのですが、日曜日のためかまだ静かです。

    もう8時を過ぎているのですが、日曜日のためかまだ静かです。

  • ドア越しに教会の尖塔が見えています。

    ドア越しに教会の尖塔が見えています。

  • ちょっと坂道になってきました。

    ちょっと坂道になってきました。

  • フットパスは山の方へ続いていましたが、地図もないし雨も降ってきたので引き返しましょう。

    フットパスは山の方へ続いていましたが、地図もないし雨も降ってきたので引き返しましょう。

  • 石の塀に教会の尖塔。

    石の塀に教会の尖塔。

  • 日曜ミサとかあるのでしょうね。

    日曜ミサとかあるのでしょうね。

  • 雨に濡れるカッスル・クームの屋根。

    雨に濡れるカッスル・クームの屋根。

  • ここを曲がると・・・

    ここを曲がると・・・

  • ゲートです。

    ゲートです。

  • せっかくなので、またまた橋のところまで行ってみましょう。

    せっかくなので、またまた橋のところまで行ってみましょう。

  • 日中はたくさんの人でしたが、朝は誰もいません。泊まった者の特権ですね。

    日中はたくさんの人でしたが、朝は誰もいません。泊まった者の特権ですね。

  • 雨に濡れるカッスル・クームもいいものです。

    雨に濡れるカッスル・クームもいいものです。

  • 教会の尖塔はどこからでも見えます。高いというのではなく、街が小さいですから。

    教会の尖塔はどこからでも見えます。高いというのではなく、街が小さいですから。

  • 川の向こうにカッスル・クームの街並。<br /><br />朝のせいか、天気が悪いためか、人っ子一人いません。

    川の向こうにカッスル・クームの街並。

    朝のせいか、天気が悪いためか、人っ子一人いません。

  • あっ、マナーハウスの門が開いています。

    あっ、マナーハウスの門が開いています。

  • EⅡRの文字が見えます。<br />このポストは現役引退です。

    EⅡRの文字が見えます。
    このポストは現役引退です。

  • お昼ごろになれば、人も増えるのでしょう。

    お昼ごろになれば、人も増えるのでしょう。

  • マーケット・クロスとその奥に教会。<br />そろそろ、ホテルに戻りましょう。

    マーケット・クロスとその奥に教会。
    そろそろ、ホテルに戻りましょう。

  • 08:30、朝食です。<br /><br />ここの朝食時刻はちょっと遅いので、ここに泊まるときは、朝からスケジュールをあまり詰め込まない方がいいでしょう。

    08:30、朝食です。

    ここの朝食時刻はちょっと遅いので、ここに泊まるときは、朝からスケジュールをあまり詰め込まない方がいいでしょう。

    キャッスル イン バー

  • シリアルに懐かしのケロッグ・コーンフレークがありました。<br /><br />ジャムは各テーブルに小さな瓶に詰められています。

    シリアルに懐かしのケロッグ・コーンフレークがありました。

    ジャムは各テーブルに小さな瓶に詰められています。

  • メニューはイングリッシュ・ブレックファーストや他にもイロイロ。<br /><br />コーヒーか紅茶を選べます。

    メニューはイングリッシュ・ブレックファーストや他にもイロイロ。

    コーヒーか紅茶を選べます。

  • オーダーしたのはこんなマフィンに卵やチーズをのせたもの。なかなかおいしかったです。<br /><br />ここには屋外にもテーブルがあり、教会を眺めながら食事ができますが、雨なので残念。

    オーダーしたのはこんなマフィンに卵やチーズをのせたもの。なかなかおいしかったです。

    ここには屋外にもテーブルがあり、教会を眺めながら食事ができますが、雨なので残念。

  • 今日は17時の飛行機。14時までには空港についておきたいので、09:50、そろそろ出発しましょう。

    今日は17時の飛行機。14時までには空港についておきたいので、09:50、そろそろ出発しましょう。

  • 雨なので、先ず車を駐車場に取りに行きましょう。

    雨なので、先ず車を駐車場に取りに行きましょう。

  • 車道沿いにはフットパスがありますが・・・

    車道沿いにはフットパスがありますが・・・

  • どこへ行ってしまうかわからないので、車道をてくてくと・・・

    どこへ行ってしまうかわからないので、車道をてくてくと・・・

  • 駐車場へ。

    駐車場へ。

  • 茅葺きの家も雨に濡れています。<br /><br />その後、車をホテルに横付けし荷物を積み込み、ロンドンはヒースロー空港へ向かうのでした。<br /><br />続く<br />https://4travel.jp/travelogue/11305188<br /><br />続く・・・

    茅葺きの家も雨に濡れています。

    その後、車をホテルに横付けし荷物を積み込み、ロンドンはヒースロー空港へ向かうのでした。

    続く
    https://4travel.jp/travelogue/11305188

    続く・・・

37いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

旅行記グループ

イギリス旅行記2017

この旅行記へのコメント (2)

開く

閉じる

  • fuzzさん 2018/01/23 12:35:07
    カッスルクームに宿泊!
    くわさん、こんにちは。

    イギリス、カッスルクーム私も行きました。
    私が歩いたあの道をジョギングですか!
    最高ですね。
    朝で人っ子一人みかけないものイイ感じです。
    朝食のエッグスベネディクト、とても美味しそうですね。
    どこの国へ行っても思いますが帰国日は本当に名残惜しいですね。
    その気持ちがなんだか写真にも表れている、そんな気がしました。

    fuzz

    くわ

    くわさん からの返信 2018/01/23 20:41:22
    Re: カッスルクームに宿泊!
    fuzzさん、コメントありがとうございます。

    fuzzさんのカッスルクーム旅行記も拝見しました。

    コッツウォルズは駐車場が少なかったり分かりにくかったりで、ツアーで行くのが一番かと思いました。

    先日、発表された芥川賞、東北弁で書かれた作品が受賞したとかで・・・fuzzさんの旅行記も受賞まじかかと。これからも楽しい「作品」を楽しみにしています。

くわさんのトラベラーページ

この旅行で行ったグルメ・レストラン

旅の計画・記録

マイルに交換できるフォートラベルポイントが貯まる
フォートラベルポイントって?

イギリスで使うWi-Fiはレンタルしましたか?

フォートラベル GLOBAL WiFiなら
イギリス最安 322円/日~

  • 空港で受取・返却可能
  • お得なポイントがたまる

イギリスの料金プランを見る

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

この旅行記の地図

拡大する

PAGE TOP

ピックアップ特集