コッツウォルズ地方旅行記(ブログ) 一覧に戻る
2017年9月2日(土) 早朝<br /><br />THE BULL HOTELのパブでほろ酔い加減になった後、ベッドに潜り込み、静かな夜の中、いい夢を見ていた深夜、突然けたたましい警報音が鳴りました。<br />もしかして、車の盗難か?<br /><br />あわててベッドから飛び起き、窓の隙間から駐車場を見ますが・・・人っ子ひとりいません。<br /><br />駐車場からホテル向かいの建物に目をやると・・・なんと男二人がコンビニのドアのガラスを割って、侵入しようとしているではありませんか!<br />しかし、ガラスは割れたもののなかなかドアが開かないようです。。<br />ドアが開かないのに腹を立てたこの男たち、今度はドアを蹴り飛ばしだしました。<br />それでもドアはびくともせず、結局、この男たち、コンビニ前に停めていた車に飛び乗り、教会方向に走って逃げていきました。<br /><br />無人になった深夜のホテル前の広場。警報音だけ、まだ鳴り響いています。<br /><br />そのうち近所の人たちが出てきて、コンビニ前をウロウロしますが、肝心のコンビニの店主はいないようで、みんな周りから店内をのぞき込むだけです。どうやら店主は別のところに住んでいるようです。<br /><br />周りをうろついていた人たち、そのうち携帯を取り出し、電話をかけ始めます。警察に電話をして、事情を話しているようです。<br /><br />警報音が鳴り響いている30分後、警官がやってきました。日本なら二人で来るのでしょうが、一人だけです。ドアに手を突っ込んだりしますが開かず、警報音はけたたましく鳴ったままです。<br /><br />そのうち店主らしき人もやってきて、結局警報音が止まったのは2時間後ぐらいだったでしょうか。<br /><br />もう、すっかり目が覚めてしまいました。<br /><br />私はどうしていたのかって?<br />こんな外国で犯罪に巻き込まれたくなかったので、ホテルの窓の隙間から、じっと様子をうかがっていました。決してホテルから出たりしません。<br /><br />一番びっくりしたのは、このけたたましい警報音の中、ひとりベッドの中で「グースカ」いびきを立てて寝ている&quot;ゆう&quot;。あのうるさい警報音で目を覚まさないとは、一体どんな神経をしとるねん。<br />これなら火事になって火災報知器が鳴っても目を覚まさないでしょう。<br /><br />翌朝あの警報音が聞こえなかったのか、と聞くと「何も聞こえなかった」とのこと。きっと死ぬときは火事に巻き込まれて死ぬのでしょう。<br /><br />そんな大騒ぎの後でしたが、早朝、ジョギングに出かけました。<br />NHK-BSでは「旅ラン」という番組をやっていますが、旅先でランニングをするのはなかなかいいものです。<br /><br />□ 8月26日(土) 福岡から香港<br />□ 8月27日(日) 香港からロンドン ロンドン観光<br />□ 8月28日(月) ロンドン観光 オペラ座の怪人<br />□ 8月29日(火) ロンドン観光 レ・ミゼラブル<br />□ 8月30日(水) レンタカーでルイス、ブライトンへ<br />□ 8月31日(木) セブンシスターズ、その後ソールズベリへ<br />□ 9月1日(金) ストーンヘンジ、その後コッツウォルズへ<br />■ 9月2日(土) バイブリー、ボートンオンザウォーター、カッスルクームへ<br />□9月3日(日) ヒースロー空港、レンタカー返却、香港へ<br />□9月4日(月) 香港から福岡へ

イギリス旅行記2017 Part23 フェアフォード旅ラン編

26いいね!

2017/09/02 - 2017/09/02

166位(同エリア975件中)

旅行記グループ イギリス旅行記2017

0

97

くわ

くわさん

2017年9月2日(土) 早朝

THE BULL HOTELのパブでほろ酔い加減になった後、ベッドに潜り込み、静かな夜の中、いい夢を見ていた深夜、突然けたたましい警報音が鳴りました。
もしかして、車の盗難か?

あわててベッドから飛び起き、窓の隙間から駐車場を見ますが・・・人っ子ひとりいません。

駐車場からホテル向かいの建物に目をやると・・・なんと男二人がコンビニのドアのガラスを割って、侵入しようとしているではありませんか!
しかし、ガラスは割れたもののなかなかドアが開かないようです。。
ドアが開かないのに腹を立てたこの男たち、今度はドアを蹴り飛ばしだしました。
それでもドアはびくともせず、結局、この男たち、コンビニ前に停めていた車に飛び乗り、教会方向に走って逃げていきました。

無人になった深夜のホテル前の広場。警報音だけ、まだ鳴り響いています。

そのうち近所の人たちが出てきて、コンビニ前をウロウロしますが、肝心のコンビニの店主はいないようで、みんな周りから店内をのぞき込むだけです。どうやら店主は別のところに住んでいるようです。

周りをうろついていた人たち、そのうち携帯を取り出し、電話をかけ始めます。警察に電話をして、事情を話しているようです。

警報音が鳴り響いている30分後、警官がやってきました。日本なら二人で来るのでしょうが、一人だけです。ドアに手を突っ込んだりしますが開かず、警報音はけたたましく鳴ったままです。

そのうち店主らしき人もやってきて、結局警報音が止まったのは2時間後ぐらいだったでしょうか。

もう、すっかり目が覚めてしまいました。

私はどうしていたのかって?
こんな外国で犯罪に巻き込まれたくなかったので、ホテルの窓の隙間から、じっと様子をうかがっていました。決してホテルから出たりしません。

一番びっくりしたのは、このけたたましい警報音の中、ひとりベッドの中で「グースカ」いびきを立てて寝ている"ゆう"。あのうるさい警報音で目を覚まさないとは、一体どんな神経をしとるねん。
これなら火事になって火災報知器が鳴っても目を覚まさないでしょう。

翌朝あの警報音が聞こえなかったのか、と聞くと「何も聞こえなかった」とのこと。きっと死ぬときは火事に巻き込まれて死ぬのでしょう。

そんな大騒ぎの後でしたが、早朝、ジョギングに出かけました。
NHK-BSでは「旅ラン」という番組をやっていますが、旅先でランニングをするのはなかなかいいものです。

□ 8月26日(土) 福岡から香港
□ 8月27日(日) 香港からロンドン ロンドン観光
□ 8月28日(月) ロンドン観光 オペラ座の怪人
□ 8月29日(火) ロンドン観光 レ・ミゼラブル
□ 8月30日(水) レンタカーでルイス、ブライトンへ
□ 8月31日(木) セブンシスターズ、その後ソールズベリへ
□ 9月1日(金) ストーンヘンジ、その後コッツウォルズへ
■ 9月2日(土) バイブリー、ボートンオンザウォーター、カッスルクームへ
□9月3日(日) ヒースロー空港、レンタカー返却、香港へ
□9月4日(月) 香港から福岡へ

旅行の満足度
5.0
観光
5.0
ホテル
5.0
グルメ
5.0
同行者
カップル・夫婦(シニア)
交通手段
レンタカー 徒歩
旅行の手配内容
個別手配

PR

  • 朝6時起床。<br /><br />窓から外を見ると、昨夜、強盗騒ぎがあったコンビニの電気が点いています。検証をしているのでしょうか。くわばらくわばら。

    朝6時起床。

    窓から外を見ると、昨夜、強盗騒ぎがあったコンビニの電気が点いています。検証をしているのでしょうか。くわばらくわばら。

    The Bull Hotel ホテル

    静かな環境のホテル by くわさん
  • 知らん顔をして、ホテル前で準備運動とストレッチ。足を痛めないためには、ストレッチは欠かせません。

    知らん顔をして、ホテル前で準備運動とストレッチ。足を痛めないためには、ストレッチは欠かせません。

  • 念のため、車を確認しておきましょう。<br />異常なし!

    念のため、車を確認しておきましょう。
    異常なし!

  • ブルホテル。まだ皆さんおやすみ中。

    ブルホテル。まだ皆さんおやすみ中。

  • 06:14、スタート。

    06:14、スタート。

  • 少し走ると小川が流れていました。昨日たどり着けなかった「リバーウォーク」はこの川沿いにあるのでしょう。

    少し走ると小川が流れていました。昨日たどり着けなかった「リバーウォーク」はこの川沿いにあるのでしょう。

  • すぐにもう一つの街並みが見えてきました。

    すぐにもう一つの街並みが見えてきました。

  • この道はA417。この先へ行くとサイレンセスターにたどり着きます。

    この道はA417。この先へ行くとサイレンセスターにたどり着きます。

  • 当初はこの道をずっと走る予定でしたが・・・

    当初はこの道をずっと走る予定でしたが・・・

  • 石造りの街並みのA417を走ります。

    石造りの街並みのA417を走ります。

  • ちょっと横を見ると奇麗な家が建ち並んでいます。

    ちょっと横を見ると奇麗な家が建ち並んでいます。

  • このあたりの家はまだまだ新しそうです。

    このあたりの家はまだまだ新しそうです。

  • あれ、この辺りも新興住宅地ではないですか。<br /><br />いいですね、こんな静かな街に住んでみたいものです。<br />残り二部屋と書いてあります。急げ急げ。

    あれ、この辺りも新興住宅地ではないですか。

    いいですね、こんな静かな街に住んでみたいものです。
    残り二部屋と書いてあります。急げ急げ。

  • こんな案内板も立っています。

    こんな案内板も立っています。

  • ちょっと横道にそれましたが、A417を進みましょう。

    ちょっと横道にそれましたが、A417を進みましょう。

  • 当初はA417を走る予定でしたが、街中は歩道もあり走りやすかったのですが、街から出ると車道のみ。イギリスの道は一般道でも時速100キロ以上で走るので怖くてジョギングどころではありません。<br />なので、街はずれから地元の狭い道を走ります。

    当初はA417を走る予定でしたが、街中は歩道もあり走りやすかったのですが、街から出ると車道のみ。イギリスの道は一般道でも時速100キロ以上で走るので怖くてジョギングどころではありません。
    なので、街はずれから地元の狭い道を走ります。

  • 日本の農道のような雰囲気で、両サイドには牧場、そして農家のお屋敷もあります。

    日本の農道のような雰囲気で、両サイドには牧場、そして農家のお屋敷もあります。

  • 道の左右には牧場が広がります。

    道の左右には牧場が広がります。

  • こちらは青々とした牧草地。<br />空がだいぶ明るくなってきました。

    こちらは青々とした牧草地。
    空がだいぶ明るくなってきました。

  • そんな農道の横にフットパスを発見。<br /><br />イギリス名物フットパス。イギリス全土に張めぐされた長距離遊歩道で、イギリスに来る前から走ってみたかった道です。

    そんな農道の横にフットパスを発見。

    イギリス名物フットパス。イギリス全土に張めぐされた長距離遊歩道で、イギリスに来る前から走ってみたかった道です。

  • ヨシ、ここを走ろうと少し行ってみますが・・・このように走るには狭すぎ足元が不整地で捻挫する可能性もあります。<br /><br />そもそも地図も持っていないし・・・で、フットパスはあきらめ、もしなんかあっても助けてもらえる、車が走っている農道を走ることにしました。

    ヨシ、ここを走ろうと少し行ってみますが・・・このように走るには狭すぎ足元が不整地で捻挫する可能性もあります。

    そもそも地図も持っていないし・・・で、フットパスはあきらめ、もしなんかあっても助けてもらえる、車が走っている農道を走ることにしました。

  • ところどころ大きな木も植わっています。

    ところどころ大きな木も植わっています。

  • 06:35、日の出です。<br />よく見ると朝霞が出ています。

    06:35、日の出です。
    よく見ると朝霞が出ています。

  • 樹木に朝日が当たり、鮮やかです。

    樹木に朝日が当たり、鮮やかです。

  • 走り出して2.5キロ。この交差点で折り返します。<br /><br />後から調べてみたら、昨日、この正面の道からやってきてここで写真右方向に曲がり、馬に出会ったのはその先です。<br />

    走り出して2.5キロ。この交差点で折り返します。

    後から調べてみたら、昨日、この正面の道からやってきてここで写真右方向に曲がり、馬に出会ったのはその先です。

  • フェアフォードへ戻る途中、朝霧が一層浮かび上がってきました。

    フェアフォードへ戻る途中、朝霧が一層浮かび上がってきました。

  • 牧場の先には農家が見えます。

    牧場の先には農家が見えます。

  • 明るくなってくると、野鳥の鳴き声がよく聞こえるようになります。<br /><br />日本と同じようにドバトが「ドテッポー」と啼いていますが、日本とはちょっと違う、英語訛りの鳴き声です。

    明るくなってくると、野鳥の鳴き声がよく聞こえるようになります。

    日本と同じようにドバトが「ドテッポー」と啼いていますが、日本とはちょっと違う、英語訛りの鳴き声です。

  • ちょっと変な鳴き方なので、走っていてもときどはずっこけてしまいます。<br />もうちょっと、巧いこと、鳴かんかい!

    ちょっと変な鳴き方なので、走っていてもときどはずっこけてしまいます。
    もうちょっと、巧いこと、鳴かんかい!

  • 陽が高くなってきました。<br />朝は時事刻々と景色が変わっていきます。

    陽が高くなってきました。
    朝は時事刻々と景色が変わっていきます。

  • 往きに通った農家まで戻ってきました。<br />グーグルマップの航空写真で見るとここはほんの入り口で、この奥の方に広大な邸宅があるようです。マナーハウスなのでしょうか?

    往きに通った農家まで戻ってきました。
    グーグルマップの航空写真で見るとここはほんの入り口で、この奥の方に広大な邸宅があるようです。マナーハウスなのでしょうか?

  • 牧場に農家の影が伸びます。

    牧場に農家の影が伸びます。

  • この先が国道A417。時々車が高速で疾走していきます。

    この先が国道A417。時々車が高速で疾走していきます。

  • しかし、街の中に入るとこのように歩道があるので、安心して走れます。

    しかし、街の中に入るとこのように歩道があるので、安心して走れます。

  • ここにも朝霞が出ていて幻想的な光景です。

    ここにも朝霞が出ていて幻想的な光景です。

  • こんな看板が立っていました。<br /><br />街中は制限時速30マイル(48キロ)。日本よりちょっと早い。

    こんな看板が立っていました。

    街中は制限時速30マイル(48キロ)。日本よりちょっと早い。

  • この辺りがフェアフォードの中心地になるのでしょうか?

    この辺りがフェアフォードの中心地になるのでしょうか?

  • 正面に伸びる道はコロネーション・ストリート。この道を行くと、バイブリー方面です。

    正面に伸びる道はコロネーション・ストリート。この道を行くと、バイブリー方面です。

  • ここにもウサちゃんが立って空を見上げていました。

    ここにもウサちゃんが立って空を見上げていました。

  • コロネーション通りをバイブリー方向にちょっと行ってみましょう。

    コロネーション通りをバイブリー方向にちょっと行ってみましょう。

  • 一キロも走らないうちに石造りの倉庫らしきものが見えてきました。

    一キロも走らないうちに石造りの倉庫らしきものが見えてきました。

  • ここはゴミ集積所のようでした。

    ここはゴミ集積所のようでした。

  • 牧場の木から朝日がこぼれ落ちています。

    牧場の木から朝日がこぼれ落ちています。

  • そんな朝日に照らし出される家。

    そんな朝日に照らし出される家。

  • この家もまだ新しそうです。しかし、街の景観をそろえているので、違和感はありません。

    この家もまだ新しそうです。しかし、街の景観をそろえているので、違和感はありません。

  • 京都ももう少し建物の景観を揃えたら素晴らしい街になっていたのでしょうけど、残念です。

    京都ももう少し建物の景観を揃えたら素晴らしい街になっていたのでしょうけど、残念です。

  • さっきの交差点から1キロくらい来たでしょうか。この先には何もありそうにないので、折り返しましょう。<br /><br />これも後から分かったことですが、この先5キロ位でこのあと車で行くことになるバイブリーに到着します。そんなに近くなら、最初からバイブリーへ走ればよかったと後悔です。

    さっきの交差点から1キロくらい来たでしょうか。この先には何もありそうにないので、折り返しましょう。

    これも後から分かったことですが、この先5キロ位でこのあと車で行くことになるバイブリーに到着します。そんなに近くなら、最初からバイブリーへ走ればよかったと後悔です。

  • またまたフェアフォードの街に向かいます。

    またまたフェアフォードの街に向かいます。

  • イギリスではこのように何気なしに道路に車を停めていますが、一応ルールがあるようです。このルールを破ると・・・

    イギリスではこのように何気なしに道路に車を停めていますが、一応ルールがあるようです。このルールを破ると・・・

  • この先が街なのですが、

    この先が街なのですが、

  • ちょっと横道に入るとB&amp;Bがあります。

    ちょっと横道に入るとB&Bがあります。

  • このB&amp;B、農家と兼業のようで、この町に泊まるとき、ザ・ブルホテルがこのB&amp;Bどちらにしようかと迷ったところです。<br />ただ、こちらは街からちょっと離れていて、夕食を食べるのに不便そうだったので、ザ・ブルホテルに決定しました。

    このB&B、農家と兼業のようで、この町に泊まるとき、ザ・ブルホテルがこのB&Bどちらにしようかと迷ったところです。
    ただ、こちらは街からちょっと離れていて、夕食を食べるのに不便そうだったので、ザ・ブルホテルに決定しました。

  • 農機具がそのまま置いてあります。

    農機具がそのまま置いてあります。

  • 周りは農場に囲まれていて静かそうです。ここなら深夜、コンビニ強盗騒ぎにも遭わず、静かな夜を過ごせたのでしょう。

    周りは農場に囲まれていて静かそうです。ここなら深夜、コンビニ強盗騒ぎにも遭わず、静かな夜を過ごせたのでしょう。

  • この日は、お客さんが止まっている雰囲気はありませんでした。

    この日は、お客さんが止まっている雰囲気はありませんでした。

  • 庭にはこんな赤い実がなっています。

    庭にはこんな赤い実がなっています。

  • フェアフォードの街に戻りましょう。

    フェアフォードの街に戻りましょう。

  • 先ほどの交差点に戻ってきました。<br />左右の道がA417です。

    先ほどの交差点に戻ってきました。
    左右の道がA417です。

  • 空を見上げるウサちゃん。そういえばイギリスに来てから、まだ生ウサちゃんを見ていません。

    空を見上げるウサちゃん。そういえばイギリスに来てから、まだ生ウサちゃんを見ていません。

  • フェアフォードの宿はザ・ブルホテルか先ほどのB&amp;Bだけかと思っていましたが、グーグルマップを見ると他にも何件かあるようです。

    フェアフォードの宿はザ・ブルホテルか先ほどのB&Bだけかと思っていましたが、グーグルマップを見ると他にも何件かあるようです。

  • この付近にも宿があったようですが、営業している雰囲気はありませんでした。それ以前に、パッと見ただけではホテルとは分かりませんでした。

    この付近にも宿があったようですが、営業している雰囲気はありませんでした。それ以前に、パッと見ただけではホテルとは分かりませんでした。

  • 自分の影が長く伸びています。

    自分の影が長く伸びています。

  • なんか走っている時間より、写真を撮っている時間の方が長そうな・・・ここにはこんな・・・

    なんか走っている時間より、写真を撮っている時間の方が長そうな・・・ここにはこんな・・・

  • 教会がありました。<br />イギリスの教会は日本のお寺と同じ感じで、至る所にあるのでしょう。

    教会がありました。
    イギリスの教会は日本のお寺と同じ感じで、至る所にあるのでしょう。

  • A417をブルホテルに戻ります。

    A417をブルホテルに戻ります。

  • 途中にあった小川を渡れば・・・おや白鳥が泳いでいます。なんとコッツウォルズな。

    途中にあった小川を渡れば・・・おや白鳥が泳いでいます。なんとコッツウォルズな。

  • ブルホテルはすぐそこです。

    ブルホテルはすぐそこです。

  • 07:25、ザ・ブルホテルに戻ってきました。

    07:25、ザ・ブルホテルに戻ってきました。

  • 6.9キロ、43分となっていますが、写真を撮っている時間は含まれていないので、スタートしてからゴールまで1時間10分もかかっています。どんだけかかってるねん。

    6.9キロ、43分となっていますが、写真を撮っている時間は含まれていないので、スタートしてからゴールまで1時間10分もかかっています。どんだけかかってるねん。

  • 強盗に遭ったコンビニに行ってみましょう・・・ドアのガラスにベニヤ板が貼ってあるではありませんか。まだ開店していないようです。

    強盗に遭ったコンビニに行ってみましょう・・・ドアのガラスにベニヤ板が貼ってあるではありませんか。まだ開店していないようです。

  • ホテルに戻りシャワーを浴びましょう。

    ホテルに戻りシャワーを浴びましょう。

  • 08:05、朝食です。

    08:05、朝食です。

  • 朝食は一階のレストランで。まだお客さんがいません。

    朝食は一階のレストランで。まだお客さんがいません。

  • ここもいままでと同じ要領で、サイドメニューはセルフサービス。

    ここもいままでと同じ要領で、サイドメニューはセルフサービス。

  • メインは店員さんに注文します。<br />昨日のスモークサーモンがおいしかったので、ここでもスモークサーモンを注文。<br /><br />小判型の物体はイギリスのおふくろの味、シーリアルです。こんな固形状のものもあるのですね。

    メインは店員さんに注文します。
    昨日のスモークサーモンがおいしかったので、ここでもスモークサーモンを注文。

    小判型の物体はイギリスのおふくろの味、シーリアルです。こんな固形状のものもあるのですね。

  • 注文時、コーヒーか紅茶かも聞かれます。

    注文時、コーヒーか紅茶かも聞かれます。

  • そのうち、他のお客さんも降りてきて、にぎやかになってきます。<br /><br />ジョギングをしていたであろう夫婦連れがホテルに入ってきました。ホテルの宿泊客ではなさそうですが、毎週末早朝、ジョギングから帰ってこのレストランで朝食を摂るのが習慣のようです。<br />シャワーも浴びず、すぐに朝食を食べていましたが、カゼをひかないようにね。

    そのうち、他のお客さんも降りてきて、にぎやかになってきます。

    ジョギングをしていたであろう夫婦連れがホテルに入ってきました。ホテルの宿泊客ではなさそうですが、毎週末早朝、ジョギングから帰ってこのレストランで朝食を摂るのが習慣のようです。
    シャワーも浴びず、すぐに朝食を食べていましたが、カゼをひかないようにね。

  • 朝食後、天気がいいのでお約束の記念撮影。

    朝食後、天気がいいのでお約束の記念撮影。

  • ホテルの周りをちょっと散歩。

    ホテルの周りをちょっと散歩。

  • 日当たりがいいのですが、朝は外で食べる人はいませんでした。

    日当たりがいいのですが、朝は外で食べる人はいませんでした。

  • ホテルの玄関。

    ホテルの玄関。

  • パラソルは閉じられています。

    パラソルは閉じられています。

  • あっ、郵便局のドアが開いています。

    あっ、郵便局のドアが開いています。

  • イギリスの郵便局は切手はがき以外に、いろんなものを売っています。

    イギリスの郵便局は切手はがき以外に、いろんなものを売っています。

  • ここはコーヒーも飲めるようです。

    ここはコーヒーも飲めるようです。

  • A417、サイレンセスター方面。朝走った道です。

    A417、サイレンセスター方面。朝走った道です。

  • ここもレストランのようですが、営業している雰囲気はありませんでした。

    ここもレストランのようですが、営業している雰囲気はありませんでした。

  • A417、東方向。夕方とは日の当たり方が違うので、別の街のようです。

    A417、東方向。夕方とは日の当たり方が違うので、別の街のようです。

  • だんだんグーグルストリートビュー状態になってきました。

    だんだんグーグルストリートビュー状態になってきました。

  • 郵便局の前の花も奇麗です。

    郵便局の前の花も奇麗です。

  • さて、そろそろ・・・

    さて、そろそろ・・・

  • ザ・ブルホテルを出発しましょう。

    ザ・ブルホテルを出発しましょう。

26いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

旅行記グループ

イギリス旅行記2017

この旅行で行ったホテル

旅の計画・記録

マイルに交換できるフォートラベルポイントが貯まる
フォートラベルポイントって?

イギリスで使うWi-Fiはレンタルしましたか?

フォートラベル GLOBAL WiFiなら
イギリス最安 322円/日~

  • 空港で受取・返却可能
  • お得なポイントがたまる

イギリスの料金プランを見る

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

この旅行記の地図

拡大する

PAGE TOP

ピックアップ特集