旅行のクチコミと比較サイト フォートラベル

さんちゃんさんのトラベラーページ

さんちゃんさんへのコメント一覧全64件

さんちゃんさんの掲示板にコメントを書く

  • ジョージアの旅

    はじめまして

    ジョージアの旅行記たのしく拝見しましま。
    来年の夏に行けたら良いなと考えているので、とても参考になります。
    ウシュグリ村へ行くのはミニバスかな?と思いましたが、車をチャーターして途中の村を散策できるのも良いですね。
    物価はそれ程高くないのでしょうか?

    きなこ
    2023年12月21日10時47分返信する 関連旅行記

    Re: ジョージアの旅

    きなこ様 

    メッセージと「いいね」をありがとうございます。
    ジョージア、本当に「濃い旅」でした。ぜひぜひ行ってみてくださいね。
    首都トビリシだけでなく、地方都市が、それぞれ個性があってよいです。

    ウシュグリは欧州最後の秘境といわれるだけあって、絵本の中の世界のように感じました。

    円安の昨今ではありますが、宿泊費、交通費、外食費ジョージアはそう高くなかったと思いました。

    さんちゃん
    2023年12月21日23時44分 返信する
  • クロアチア

    さんちゃん 以前の旅行記に失礼します🙏
    わが家もさんちゃん夫妻の翌年、クロアチアを歩きました。クロアチアは観光地としても素晴らしいですが、街の普通のクロアチア人の優しさや人懐こさには感動しました。さんちゃんのご感想、全く同感です👍
    たまに、海外旅行でどこが一番良かった?と聞かれますが、高物価で構わないならスイス、物価を考慮するならクロアチアと答えています(笑)
    2023年10月13日14時34分返信する 関連旅行記

    心の温かさ

    ねもさん
    いつもたくさんの「いいね」をありがとうございます。
    そして、コメントもありがとうございます。

    訪れたのはもう10年近く前のことになりますが、親切なクロアチアの人たちのことをいろいろと思い出します。ユーゴ内戦の傷跡など、当時でも大観光地のドブロブニクでも目にした十年前、つらい思いもしたから人々が温かいのかなあなんて、想像しました。
    治安もよくて、物価もほどほど(ユーロになった今はどうでしょうか?)、確かにおすすめの国ですね。

    さんちゃん
    2023年10月13日22時03分 返信する
  • こんなひどい乗り継ぎもあるのですね。

    さんちゃんさん、はじめまして。

    Lugoの旅行記で、素晴らしい聖堂だなあっと思いながら読ませて頂いて、
    それから出発編に戻って来ました。何回も飛行便が変更、変更で大変
    でしたね。そもそもニューアーク空港ってどこなのかさえ知らない私で
    して、何故こんな行程なのか・・・っと思いましたが、どっちみち、
    ポルトガルには直行便がないから、大西洋からの方が近いのか・・・っと
    納得しました。それにしても、こんなに待たせるのなら、ホテルを提供
    してくれてたら、体をゆっくり休めることができたでしょうにね。
    存在しない便をあてがって終了した係員、ビックリですね。
    旅慣れておられるから、気持ちを前向きに持って旅を続けられたのですね。
    ポルトガル、スペインの街、楽しみに読ませて下さい。フォローさせて
    下さいませ。

    あまいみかん

    2023年09月30日11時19分返信する 関連旅行記

    すごい経験でした!

    あまいみかんさん

    メッセージありがとうございます。

    この旅行の往路はUAの特典航空券でした。確か、昨年の秋にスイス航空利用のチューリヒ経由リスボン行きのチケットが運よく2人分入手できました。
    ところが、年明けにスイス航空のスケジュール変更で乗り継ぎができないからと、代替え案がいくつかUAから提示され、ちょっと面白そうと飛びついたのがこのニューアーク経由のチケットです。

    後になって、米国はトランジットだけでもESTAの申請が必要なことがわかって慌ててとったりしました。でも、まさかもっと大変なことが待ち受けているとは・・。

    フライトキャンセルにあったのはこれが2回目。1回目のエールフランスの時も目的地は、なぜかリスボンでした。

    空港でひたすら待ったあの時は泣きそうでしたが、無事旅の全行程を終えた今では良い教訓をえられたかなと思います。旅の計画を立てるとき、飛行機が時間通りに飛ばないかも・・ということをいつも頭に入れるように・・。

    拙い旅行記に「いいね」をありがとうございました。わたしも甘いミカンさんをフォローさせてくださいね。これからもよろしくお願いいたします。

    さんちゃん






    > さんちゃんさん、はじめまして。
    >
    > Lugoの旅行記で、素晴らしい聖堂だなあっと思いながら読ませて頂いて、
    > それから出発編に戻って来ました。何回も飛行便が変更、変更で大変
    > でしたね。そもそもニューアーク空港ってどこなのかさえ知らない私で
    > して、何故こんな行程なのか・・・っと思いましたが、どっちみち、
    > ポルトガルには直行便がないから、大西洋からの方が近いのか・・・っと
    > 納得しました。それにしても、こんなに待たせるのなら、ホテルを提供
    > してくれてたら、体をゆっくり休めることができたでしょうにね。
    > 存在しない便をあてがって終了した係員、ビックリですね。
    > 旅慣れておられるから、気持ちを前向きに持って旅を続けられたのですね。
    > ポルトガル、スペインの街、楽しみに読ませて下さい。フォローさせて
    > 下さいませ。
    >
    > あまいみかん
    >
    >
    2023年09月30日22時29分 返信する
  • ホテル アリャドス

    万歩計様

    こんにちは、いつも「いいね」とコメントありがとうございます。

    はい、ポルトではアリャドスに宿泊しました。ロケーションよくどこに行くのにも便利で、重厚な建物のわりには、スタッフは気さくで快適な3泊でした。

    わたくしたちの旅では、ホテルの選定、予約は相方の担当です。次に行く国が決まり、訪ねる町が決まると、早いときは半年以上も前から、Booking.comなどで条件に適ったキャンセル無料のホテルを予約します。そして、旅程がほぼ固まった出発直前にディスカウント価格で同じホテルや似たような条件のホテルが出ていると、そちらに鞍替えします。

    ただ、昨年のマルタでも、今年のイベリア半島でも、むしろ直前のほうが値段が吊り上がり、結局最初に予約したところに泊まるのがほとんどでした。アリャドスも、ドウロ渓谷ツアーの日には集合が早めなので朝食なしのプランに変更しようとしましたら、そちらのほうがかえって高くなるので、そのまま朝食付きにした次第です。

    万歩計様のおっしゃるように、ポーランドとポルトガル、人だけでなくお財布にも優しい国というのには、私も感じました。特に庶民の食堂に行くと、こんな値段でおなか一杯というか食べきれないくらいのお料理が出てきてびっくりです。

    そうそう、コインブラの旅行記拝見しました。この夏は改修でおおわれていたコインブラ大学のジョアンニ図書館の姿を見ることができ、うれしく思いましたよ。

    また、旅行記見せていただきますね。

    さんちゃん
    2023年08月17日11時30分返信する 関連旅行記
  • ホテル・アリャドス

     さんちゃんさん、こんにちわ。

     ホテル・アリャドスに泊ったんですね。市庁舎前広場でも特に重厚な目立つクラシックホテルで泊まりたかったが満室でした。私たちの旅では直前の大幅ディスカウントを狙っていたので、ホテルの予約は原則前日に行っていました(笑)。そのかわりコインブラではランドマーク的なクラシックホテルのアストリアに泊ることが出来ました。しかも驚く程安い値段で。夕食のレストランもこれまたコスパ最高。ポルトガルとポーランドは国民性だけでなく財布にも優しい国でした。

     https://4travel.jp/travelogue/11399776

      万歩計
    2023年08月15日11時27分返信する 関連旅行記
  • 雨宿り

    ねもさん、「いいね」と書きこみありがとうございました。

    ポルトガル、いいですよ。近頃、Uberなんて便利なものができて、そちらに行きがちですが、(わたくしたちも、今回遅まきながらUberのお世話になりました。)周りの方に聞きまくりながらのバスの旅、現地の皆さんの親切が身に沁みました。

    雨宿り・・お国柄がいろいろ出ますよね。わたくしたち日本人は、大体いつでも小さな傘を持っていて、雨が降っていても、さっそうと歩いていく感じ。
    それが、数年前アイルランドの首都ダブリンでは、かさなどは使わず少々の雨なら皆さんフードなどかぶって歩いていき、雨の量が多くなるとちょっと雨宿り。

    その国の雨の降り方とか、国民性とか出るのかもしれません。
    また次回どこかの旅先で雨に遭遇したら、雨宿り考察してみましょう。

    さんちゃん
    2023年07月27日23時27分返信する 関連旅行記
  • お久しぶりです

    さんちゃん ご投票ありがとうございます。
    地元の方とも自然に触れあって路線バスに乗って、なんだか円熟の旅って感じですね。私もポルトガルに憧れているので、いつかは……と思っています。

    日本人って、雨宿りしないで濡れるの平気という人が普通じゃないですか?(さんちゃん同様、私はします) なんで!? 私の偏見かな(笑)
    2023年07月27日12時23分返信する 関連旅行記
  • 懐かしいポルトガル

     さんちゃんさん、こんにちは。

     私もポルトガルを8年前に旅行しました。同じようなコースを辿ったので懐かしく拝見してます。

     私は現在スコットランドを旅行中です。4年ぶりの海外でスコットランドを2週間かけて回ります。さんちゃんさんは確かダブリン大学の学生寮に泊まられていましたね。私はエジンバラ大学の学生寮に4泊します。夏季休暇の間に学生寮を一般旅行者に開放するとはいい試みですね。

      万歩計
    2023年07月20日01時17分返信する 関連旅行記

    Re: 懐かしいスコットランド

    万歩計様

    メッセージありがとうございます。
    スコットランド・・もう6年前になりますが、宿も、風景も、人も、そしてミリタリータトゥーと、強く印象に残る旅でした。

    ダブリンのトリニティカレッジの寮、とても快適でしたので、エジンバラ大学の寮、興味津々です。(わたくしは、エジンバラではユースホステルに宿泊しました。)旅行記、楽しみにしております。

    たしか、コロナ前に、万歩計様から、「ミリタリータトゥーのチケット入手」とメッセージをいただきましたが、その後のコロナ禍でどうされたのかと案じておりました。今回、リベンジを果たされるのでしょうか。

    日本は、毎日続く暑さにまいっておりますが、そちらは涼しくて快適でしょうね。どうぞ、思い出に残る旅となりますように。

    さんちゃん


    2023年07月20日08時16分 返信する

    Re: 懐かしいポルトガル

     スコットランドは2020年8月に行く予定でした。さんちゃんさんに教えてもらった通りミリタリータトゥーの前売り券発売当日(確か半年前の夜でした)パソコン前にスタンドバイトして、希望の席をゲットしました。しかしコロナ禍で旅を中止、前売り券はキャンセルしました。それから毎年前売り券のディスカウント案内がメールで送られて来ます(笑)。

     今回やっと4年振りに渡英実現。諸般の事情で7月にしました。グラスゴーを起点に時計回りにエジンバラまで。4つのローカルツアーを利用したり、グレンコーやスカイ島は自分の足で歩く等、ハイランドの荘厳な自然を楽しんできました。昨日はエジンバラ発の日帰りバスツアーでファイフ地方を回り、セントアンドリュースにも行きました。確かご主人がオールドコースの前で最敬礼されてましたね(笑)。

     流石に疲れて来たので今日は軽くエジンバラの街歩きをして、帰ったら寮の部屋で休養です。

      万歩計
    2023年07月22日16時52分 返信する

    Re: 懐かしいスコットランド

    万歩計様

    楽しい旅を続けていらっしゃるようですね。

    スコットランドの旅で一番苦労したのは、スーツケースの扱いです。
    アバディーンみたいに、大きな駅ですと荷物預かりがあるのですが、セントアンドリュースは、バスターミナルのロッカーも数が少なく、もし預けられなかった場合、どうするかといろいろ悩みました。(結局、宿泊したダンディのホテルにチェックアウト後も荷物を預かってもらい、往復しました。)

    その点、エジンバラに4泊して、日帰り旅を楽しむのはよいですね。最近、わたくしたちも、日程に余裕がある旅ができるようになったので、今回もコインブラやポルトは連泊して、日帰りで近くの町へ足を延ばしました。

    ところで、セントアンドリュースいかがでしたか?
    万歩計様も、うちの夫同様、聖地で深々と頭を下げられたのでしょうか?
    この時、球友にオールドコースの売店で買ったというお土産を差し上げたら皆さんとても喜んでくださったそうです。ゴルフをやる人にとっては聖地なんだなと改めて知った次第です。

    どうぞ、お気をつけて、良い旅を。

    さんちゃん
    2023年07月23日23時48分 返信する

    Re: 懐かしいポルトガル

     セントアンドリュースはこじんまりした美しい街でした。人口はたった1.1万人なのにゴルフの聖地、スコットランド最古の大学、儚い大聖堂の廃墟を求めて人口の何倍もの観光客が訪れるのでしょう。3時間のフリータイムがあったので隅から隅まで歩きました。
     驚いたのはオールドコースのグリーンの中に歩道が設けられ、観光客が自由に歩けた事です。ティーショットをするゴルファーの後ろでパフォーマがバグパイプを演奏し、その後ろには観光客がカメラの列を並べる。よほど自信がないとここではプレー出来ません。
     言い遅れましたが私はゴルフをやりません。

      万歩計
    2023年07月24日04時49分 返信する
  • 懐かしいポルトガル

     さんちゃんさん、こんにちは。

     私もポルトガルを8年前に旅行しました。同じようなコースを辿ったので懐かしく拝見してます。

     私は現在スコットランドを旅行中です。4年ぶりの海外でスコットランドを2週間かけて回ります。さんちゃんさんは確かダブリン大学の学生寮に泊まられていましたね。私はエジンバラ大学の学生寮に4泊します。夏季休暇の間に学生寮を一般旅行者に開放するとはいい試みですね。

      万歩計
    2023年07月20日01時17分返信する 関連旅行記
  • とても懐かしく楽しく拝見させてもらいました。

    さんちゃんさんこんばんは。
    私もフォンニャ洞窟に行ったことがあります。
    中々ここまで行く人は少ないのでとても懐かしく
    コメントを書かせてもらいました。またハノイも
    今もおばちゃん達よく働いている姿に色々なことを
    思い出させてもらいました。
    トット
    2023年02月08日23時53分返信する 関連旅行記

    スケールの大きい洞窟

    トットさん

    「いいね!」とメッセージありがとうございます。
    フォンニャ洞窟、行くまでの道のりが長かったのですが、素晴らしいの一言に尽きました。

    ベトナム戦争が激しい時代に幼少期を過ごしたものですから、どうしても、ベトナムというと戦争のあった国というイメージでした。実際に行ってみて、豊かな農産物、この洞窟やハロン湾のような美しい自然、そして若い人の活気、これからどんどん伸びていくのだろうと実感しました。

    この後、順次、フエ、ホイアン、ホーチミンと旅行記をアップしていく予定です。また、ご覧いただければ幸いです。

    さんちゃん



    > さんちゃんさんこんばんは。
    > 私もフォンニャ洞窟に行ったことがあります。
    > 中々ここまで行く人は少ないのでとても懐かしく
    > コメントを書かせてもらいました。またハノイも
    > 今もおばちゃん達よく働いている姿に色々なことを
    > 思い出させてもらいました。
    > トット
    2023年02月09日23時48分 返信する

さんちゃんさん

さんちゃんさん 写真

28国・地域渡航

22都道府県訪問

さんちゃんさんにとって旅行とは

洋の東西、所変わっても同じ・・というのを味わいたく、暮らしている人々の生活が垣間見えるように街を歩くのが楽しみです。女ひとりでは歩けないような場所や時間でも、30年余の相棒(すなわち連れ合いですが)のおかげで、行動範囲が広がりありがたく街歩きしています。泊まるところも、食事をするところも、★★★★★の必要はなく、★★★であれば満足です。
旅をしている時はもちろんのこと、計画を立てながら想像を広げている時、帰ってきて、写真を見ながらあれこれ振り返る時と一つの旅で三回分楽しんでいます。

自分を客観的にみた第一印象

小さなことで幸せな気分になれます。だいたいいつもニコニコしたり、鼻歌を歌ったりして歩いています。

大好きな場所

欧州のあまり大きくない国の大きくない街ならどこでも。

大好きな理由

大きな都市は、どこも似たような感じであまり好みではありません。トラムなど公共交通機関を使って、自分の足で大地の感触を確かめながら歩ける規模の街が好きです。小さな植木鉢が飾ってあったり、地元の人が集うカフェがあるような小路に入るとわくわくします。

行ってみたい場所

サンティアゴ・デ・コンポステーラ..巡礼の道を歩いてみたいです。


現在28の国と地域に訪問しています

拡大ボタンを押すと地図が
動かせます。

現在22都道府県に訪問しています