弘前旅行記(ブログ) 一覧に戻る
【交通手段】ANA&JAL<br />【宿泊先】ドーミーイン弘前<br /><br />【行程】<br />4月22日(木)伊丹空港→青森空港→青森駅→ドーミイン弘前<br />4月23日(金)ドーミイン弘前→青森空港→伊丹空港<br /><br />21日(水)の20時頃、キッチンで後片付けをしていると、OTTOが目の前を何度もウロウロ。<br />何か話したいことがあるんだろうなぁ~と思って、リビングへ戻ると、案の定、<br />「あのさぁ、ちょっと提案があるんだけど~。」<br />と切り出され、<br />「弘前の桜が満開なんだって。花筏もそろそろできるらしいんだよね。天気予報も見たら、明日から2日間は、天気らしいよ。で、明日から弘前に1泊2日ってどう?」<br />(・・・・???????)言葉が出ない私。<br />「飛行機もね、今ならマイルで予約できるし、ホテルも確認したら、空いててさ。という訳で、10分で決めて!」<br />「え~~~~~~~~っ(+_+)!!!!!」<br /><br />そんなこんなで、昨年さくらまつりが中止となった弘前に、急遽、旅することになりました(^^;)。

絶景の桜~満開、花吹雪、花筏、そして夜桜★弘前公園(2021)

56いいね!

2021/04/22 - 2021/04/23

84位(同エリア1111件中)

2

133

arc-en-ciel

arc-en-cielさん

この旅行記のスケジュール

2021/04/22

2021/04/23

この旅行記スケジュールを元に

【交通手段】ANA&JAL
【宿泊先】ドーミーイン弘前

【行程】
4月22日(木)伊丹空港→青森空港→青森駅→ドーミイン弘前
4月23日(金)ドーミイン弘前→青森空港→伊丹空港

21日(水)の20時頃、キッチンで後片付けをしていると、OTTOが目の前を何度もウロウロ。
何か話したいことがあるんだろうなぁ~と思って、リビングへ戻ると、案の定、
「あのさぁ、ちょっと提案があるんだけど~。」
と切り出され、
「弘前の桜が満開なんだって。花筏もそろそろできるらしいんだよね。天気予報も見たら、明日から2日間は、天気らしいよ。で、明日から弘前に1泊2日ってどう?」
(・・・・???????)言葉が出ない私。
「飛行機もね、今ならマイルで予約できるし、ホテルも確認したら、空いててさ。という訳で、10分で決めて!」
「え~~~~~~~~っ(+_+)!!!!!」

そんなこんなで、昨年さくらまつりが中止となった弘前に、急遽、旅することになりました(^^;)。

旅行の満足度
5.0
同行者
カップル・夫婦
交通手段
高速・路線バス タクシー JALグループ ANAグループ JRローカル 徒歩
旅行の手配内容
個別手配

PR

  • 【4月22日(木)1日目】<br />気持ちのよいお天気!<br />あまり見かけない、スターフライヤーの親子ツーショット(^^)。

    【4月22日(木)1日目】
    気持ちのよいお天気!
    あまり見かけない、スターフライヤーの親子ツーショット(^^)。

    大阪国際空港 (伊丹空港) 空港

    アクセスの良い空港 by arc-en-cielさん
  • 空からみた岩木山。<br />まだ冠雪していました。

    空からみた岩木山。
    まだ冠雪していました。

    岩木山(津軽富士) 自然・景勝地

  • 青森空港から、リムジンバス。<br />弘前行のバスは、そこそこ混雑していましたが、私たちは、空いている青森行のバスに乗車。

    青森空港から、リムジンバス。
    弘前行のバスは、そこそこ混雑していましたが、私たちは、空いている青森行のバスに乗車。

    青森空港 空港

  • 途中で下車し、善知鳥(うとう)神社を参拝。<br />棟方志功が少年時代、スケッチをした場所として、ゆかりの地とされています。

    途中で下車し、善知鳥(うとう)神社を参拝。
    棟方志功が少年時代、スケッチをした場所として、ゆかりの地とされています。

    善知鳥神社 寺・神社

  • 枝垂れ桜が満開!

    枝垂れ桜が満開!

  • 青い空に、桜がなんと映えること(^^♪。

    青い空に、桜がなんと映えること(^^♪。

  • このお手水、柄杓を使わなくて、いいですね~。<br />こちらで手を清め、

    このお手水、柄杓を使わなくて、いいですね~。
    こちらで手を清め、

  • 本殿にお詣り。

    本殿にお詣り。

  • 本殿の横に、小径があり、奥には龍神様が祀られていて、池がありました。

    本殿の横に、小径があり、奥には龍神様が祀られていて、池がありました。

  • 大きな池に、満開の桜。

    大きな池に、満開の桜。

  • (上)水面に浮かぶ桜と遊ぶ鯉たち。<br />(下)鳥のついばんだ桜が、風に吹き寄せられたのか、鯉たちが集めたのか、こんなにもたくさん(^^)。

    (上)水面に浮かぶ桜と遊ぶ鯉たち。
    (下)鳥のついばんだ桜が、風に吹き寄せられたのか、鯉たちが集めたのか、こんなにもたくさん(^^)。

  • 実は、こちらのお店でランチをしたかったので、青森に立ち寄りました(^^♪。

    実は、こちらのお店でランチをしたかったので、青森に立ち寄りました(^^♪。

  • 12時前に来店できたので、待つこともなく、店内に入れました。<br />美味しいお寿司に、ご機嫌です(*^^)v。

    12時前に来店できたので、待つこともなく、店内に入れました。
    美味しいお寿司に、ご機嫌です(*^^)v。

  • 弘前行の電車の時間まで、駅前を少し散策。<br />前回、ゆっくり見られなかったA-Factoryへ。

    弘前行の電車の時間まで、駅前を少し散策。
    前回、ゆっくり見られなかったA-Factoryへ。

  • 2階は、ガレットのお店、1階奥には、カフェがありました。<br />店内は、青森の特産品がた~くさん。<br />いろいろお買い物したいけれど、今回はお花見が目的なので、、、諦めました。

    2階は、ガレットのお店、1階奥には、カフェがありました。
    店内は、青森の特産品がた~くさん。
    いろいろお買い物したいけれど、今回はお花見が目的なので、、、諦めました。

  • 快晴で、気持ちいい!<br />お散歩日和です♪<br />青森駅から、在来線に乗って、弘前へと向かいます。

    快晴で、気持ちいい!
    お散歩日和です♪
    青森駅から、在来線に乗って、弘前へと向かいます。

  • 弘前駅へ到着!<br />駅前から、周遊バスに乗って、まずはホテルへ。<br /><br />今年(2021年)のさくらまつりは、弘前観桜会が始まった大正7年(1918年)から数えて、101回目なんだそう。

    弘前駅へ到着!
    駅前から、周遊バスに乗って、まずはホテルへ。

    今年(2021年)のさくらまつりは、弘前観桜会が始まった大正7年(1918年)から数えて、101回目なんだそう。

    弘前駅

  • 今回は、弘前公園にアクセスのよいドーミーイン弘前で、お世話になります。<br />チェックイン時間より、少し早い到着だったのですが、お部屋にすぐ入ることができました(^^)。

    今回は、弘前公園にアクセスのよいドーミーイン弘前で、お世話になります。
    チェックイン時間より、少し早い到着だったのですが、お部屋にすぐ入ることができました(^^)。

    天然温泉 岩木桜の湯 ドーミーイン弘前 宿・ホテル

    2名1室合計 7,900円~

  • 初めてのホテルドーミーインでしたが、お部屋は思ったより広く、

    初めてのホテルドーミーインでしたが、お部屋は思ったより広く、

  • 機能的に作られているので、快適でした。<br />洗面台が、室内にあるのも、嬉しかったです。

    機能的に作られているので、快適でした。
    洗面台が、室内にあるのも、嬉しかったです。

  • が、バスタブがない!!<br />リサーチ不足でした( ;∀;)。<br />チェックイン時間前だし、今なら人が少ないかも!と、急いで大浴場で汗を流しました。

    が、バスタブがない!!
    リサーチ不足でした( ;∀;)。
    チェックイン時間前だし、今なら人が少ないかも!と、急いで大浴場で汗を流しました。

  • そして、夕食の前に、今回の目的地の弘前公園に向かいます。<br />風が強いので、散ってしまっているかなぁ~。

    そして、夕食の前に、今回の目的地の弘前公園に向かいます。
    風が強いので、散ってしまっているかなぁ~。

  • 早速、南角の花筏スポットをチェック。<br />うわぁ~、もう花筏ができかけですね~。<br />桜の花の重みで、水面につきそう♪

    早速、南角の花筏スポットをチェック。
    うわぁ~、もう花筏ができかけですね~。
    桜の花の重みで、水面につきそう♪

    弘前公園 公園・植物園

  • 東側の外濠。<br />こちらは、既に美しい花筏ができています。

    東側の外濠。
    こちらは、既に美しい花筏ができています。

  • あらっ、花筏の中を、カモが泳いでる(^^♪。

    あらっ、花筏の中を、カモが泳いでる(^^♪。

  • 桜の花びらを纏ったカモ。<br />ちょっと得意そうな顔に見えるのは、気のせい(^^)?

    イチオシ

    桜の花びらを纏ったカモ。
    ちょっと得意そうな顔に見えるのは、気のせい(^^)?

  • 花嵐で、水面が揺れます。<br />舞い散る桜の花びらで、前が見えないほど。<br />こんな花吹雪は、生まれて初めての経験でした。

    花嵐で、水面が揺れます。
    舞い散る桜の花びらで、前が見えないほど。
    こんな花吹雪は、生まれて初めての経験でした。

  • 「東門口」。

    「東門口」。

    弘前城 三の丸東門 名所・史跡

  • 通ってきた桜を振り返る。<br />水鏡がキレイ!

    通ってきた桜を振り返る。
    水鏡がキレイ!

  • 桜の木を見上げると、青空がほぼなく、視界いっぱいに桜(*^^*)。

    桜の木を見上げると、青空がほぼなく、視界いっぱいに桜(*^^*)。

  • 風でさざ波が立ち、花びら達が、行列を作って、流れていきます。

    風でさざ波が立ち、花びら達が、行列を作って、流れていきます。

  • 3年前に父と来た時は、夕方はもう少し人通りが少なかったのにと、OTTOに話すと、<br />「えっ、これで多いの!?(*_*;。」

    3年前に父と来た時は、夕方はもう少し人通りが少なかったのにと、OTTOに話すと、
    「えっ、これで多いの!?(*_*;。」

  • 『桜の絨毯』としか思えないような見事な桜影。<br />ため息しか出ません。

    『桜の絨毯』としか思えないような見事な桜影。
    ため息しか出ません。

  • あら、ここでも、カモちゃんがお散歩。

    あら、ここでも、カモちゃんがお散歩。

  • 前回の時には、多くのカメラマンで、混雑していた撮影スポット。<br />今回は、貸切でした。<br />美しい岩木山を見ることができました。

    前回の時には、多くのカメラマンで、混雑していた撮影スポット。
    今回は、貸切でした。
    美しい岩木山を見ることができました。

  • 「北門口」の橋から、岩木山を背にして。

    「北門口」の橋から、岩木山を背にして。

    亀甲門 (北門) 名所・史跡

  • 外濠は、満開から散り始め。

    外濠は、満開から散り始め。

  • 花風で舞い散り、少しずつ水面に描かれていく様が、なんとも美しくて、立ち止まっていると、

    花風で舞い散り、少しずつ水面に描かれていく様が、なんとも美しくて、立ち止まっていると、

  • 優雅に、カモたちがお花見に(^^)。<br />この日は、20羽以上のカモを見かけました。<br />カモたちにとっても、お花見日和だったのでしょう。

    優雅に、カモたちがお花見に(^^)。
    この日は、20羽以上のカモを見かけました。
    カモたちにとっても、お花見日和だったのでしょう。

  • 「亀紺橋口」から、「春陽橋」を見たところ。<br />「春陽橋」には、また夕食後に行く予定です。

    「亀紺橋口」から、「春陽橋」を見たところ。
    「春陽橋」には、また夕食後に行く予定です。

  • 弘前公園内にある「護国神社」にお詣り。

    弘前公園内にある「護国神社」にお詣り。

    青森県護国神社 寺・神社

  • 境内には、立派な枝垂れ桜が満開でした。

    境内には、立派な枝垂れ桜が満開でした。

  • さくらまつりが開催中で、露店が並んでいます。<br />コロナ対策のため、食べ歩きはできず、「飲食コーナー(アクリル板が設置されたカウンターテーブル)」でのみ。<br />露店で、買っている人はほとんど見かけなかったので、露店のお商売も厳しかったのでは。。。

    さくらまつりが開催中で、露店が並んでいます。
    コロナ対策のため、食べ歩きはできず、「飲食コーナー(アクリル板が設置されたカウンターテーブル)」でのみ。
    露店で、買っている人はほとんど見かけなかったので、露店のお商売も厳しかったのでは。。。

  • 公園内は、どこを見ても、桜、

    公園内は、どこを見ても、桜、

  • さくら、サクラ~~~~~!

    さくら、サクラ~~~~~!

  • 人も少なくて、ゆっくり撮影ができました。<br />今回、特に気に入った撮影スポット。<br />翌日、もう一度訪れた時には、ほとんど散ってしまっていました。。。

    人も少なくて、ゆっくり撮影ができました。
    今回、特に気に入った撮影スポット。
    翌日、もう一度訪れた時には、ほとんど散ってしまっていました。。。

  • 公園内の立て看板を見て、二度見。<br />「え~~~~っ、ネズコだって!!」と興奮する私を横目に、全く無関心のOTTO。huluで『鬼滅の刃』を一緒に観たのに(^^;)。<br /><br />この「ねずこ」は、県の天然記念物に指定され、樹齢500年超なんだとか。

    公園内の立て看板を見て、二度見。
    「え~~~~っ、ネズコだって!!」と興奮する私を横目に、全く無関心のOTTO。huluで『鬼滅の刃』を一緒に観たのに(^^;)。

    この「ねずこ」は、県の天然記念物に指定され、樹齢500年超なんだとか。

  • 「ピクニック広場」の桜並木。<br />人が少なくて、私のお気に入りの桜の小径。<br />3年前は、ゆっくり歩くことができなかったので、今回は何度も通りました。

    「ピクニック広場」の桜並木。
    人が少なくて、私のお気に入りの桜の小径。
    3年前は、ゆっくり歩くことができなかったので、今回は何度も通りました。

  • 空を見上げると、お月さま。

    空を見上げると、お月さま。

  • 「東門口」から出て、外濠の桜を観ながら、晩ごはんのお店に向かいました。

    「東門口」から出て、外濠の桜を観ながら、晩ごはんのお店に向かいました。

    弘前公園 公園・植物園

  • 今回、歩いたルート。

    今回、歩いたルート。

  • 晩ごはんは、ホテルの近くにある「うな新」へ。

    晩ごはんは、ホテルの近くにある「うな新」へ。

    うな新 グルメ・レストラン

  • このお店も、3年前にランチに訪れ、未だに「あの鰻は美味しかったなぁ!」という父。<br />その話をずっと聞いていたOTTOが、今回絶対に行きたい!と熱望。<br />OTTOも、納得のお味だったようで、大喜び(^_-)-☆。<br /><br />テーブル2席とカウンター数席のこじんまりしたお店ですが、アクリル板やビニールシート等の感染対策もしっかりされていました。

    このお店も、3年前にランチに訪れ、未だに「あの鰻は美味しかったなぁ!」という父。
    その話をずっと聞いていたOTTOが、今回絶対に行きたい!と熱望。
    OTTOも、納得のお味だったようで、大喜び(^_-)-☆。

    テーブル2席とカウンター数席のこじんまりしたお店ですが、アクリル板やビニールシート等の感染対策もしっかりされていました。

  • 夕食後、一旦ホテルへ戻り、防寒対策をして、夜桜を見に出かけます~。

    夕食後、一旦ホテルへ戻り、防寒対策をして、夜桜を見に出かけます~。

    青森銀行記念館 美術館・博物館

  • 先ほど歩いた東側の外濠。<br />ライトアップされた桜は、また雰囲気が違って、楽しめます♪

    先ほど歩いた東側の外濠。
    ライトアップされた桜は、また雰囲気が違って、楽しめます♪

  • 南側の外濠。<br />日当たりがよいせいか、水面がほぼ桜で埋め尽くされています。

    南側の外濠。
    日当たりがよいせいか、水面がほぼ桜で埋め尽くされています。

  • 少し歩くと、積雪のような桜のカーペットができていました(*^^*)。

    少し歩くと、積雪のような桜のカーペットができていました(*^^*)。

  • 弘前の桜は、花自体も大きく、また花芽も通常3~4つのところを、5~7つもあるらしいので、存在感が増して見えます。

    弘前の桜は、花自体も大きく、また花芽も通常3~4つのところを、5~7つもあるらしいので、存在感が増して見えます。

  • 夜桜と月。<br />お酒が飲めないけど、なんだか花見酒の気分(^^♪。

    夜桜と月。
    お酒が飲めないけど、なんだか花見酒の気分(^^♪。

  • この提灯、風情があっていいなぁ。

    この提灯、風情があっていいなぁ。

  • 「追手門口」から、弘前城内に入ります。

    「追手門口」から、弘前城内に入ります。

  • 門をくぐると、一面の桜~~~~。<br />桜がまぶしい(*^^*)。

    門をくぐると、一面の桜~~~~。
    桜がまぶしい(*^^*)。

    追手門広場 公園・植物園

  • この「染井吉野」は、幹が折れてなくなっているのですが、幹の中心部から、枝が出て、桜並木の他の木と比べても遜色のない、一本の木になっていました。<br /><br />その姿に、OTTOとふたり、感銘を受け、「よく頑張ってるのね。美しい桜を見せてくれて、ありがとう。」と思わず声をかけました。

    この「染井吉野」は、幹が折れてなくなっているのですが、幹の中心部から、枝が出て、桜並木の他の木と比べても遜色のない、一本の木になっていました。

    その姿に、OTTOとふたり、感銘を受け、「よく頑張ってるのね。美しい桜を見せてくれて、ありがとう。」と思わず声をかけました。

  • 弘前で利用したタクシーの運転手さんに教えていただいた話です。<br /><br />『昨年は、コロナの影響で、さくらまつりも中止。<br />そして、弘前公園は、バリケードが設置され、公園内に立ち入ることもできなくてね~。<br />弘前公園でお花見ができる私たちは、桜に感謝ですが、2年ぶりに、満開の姿を皆に見てもらって、桜も喜んでいると思いますよ。』<br /><br />弘前の桜は、咲き始めてから平均5日で散ってしまうそうで、一番短い時は3日だったとか。<br />今年は、10日間も咲いてくれているのは、昨年の分も楽しませてくれているのでしょうか、ありがとう!

    弘前で利用したタクシーの運転手さんに教えていただいた話です。

    『昨年は、コロナの影響で、さくらまつりも中止。
    そして、弘前公園は、バリケードが設置され、公園内に立ち入ることもできなくてね~。
    弘前公園でお花見ができる私たちは、桜に感謝ですが、2年ぶりに、満開の姿を皆に見てもらって、桜も喜んでいると思いますよ。』

    弘前の桜は、咲き始めてから平均5日で散ってしまうそうで、一番短い時は3日だったとか。
    今年は、10日間も咲いてくれているのは、昨年の分も楽しませてくれているのでしょうか、ありがとう!

  • 「杉の大橋」。<br />赤い橋と満開の桜で、ひときわ華やかな場所。

    「杉の大橋」。
    赤い橋と満開の桜で、ひときわ華やかな場所。

    杉の大橋 名所・史跡

  • 橋の左手には、水面を歩いて行けそうな花筏。

    橋の左手には、水面を歩いて行けそうな花筏。

  • 右手には、水面に映る桜並木。

    右手には、水面に映る桜並木。

  • 「南内門」をくぐると、

    「南内門」をくぐると、

  • 満開の桜が出迎えてくれました。<br />はぁ~~~~、寒さも忘れる美しさ。

    満開の桜が出迎えてくれました。
    はぁ~~~~、寒さも忘れる美しさ。

  • どこを撮っても、満開の桜!

    どこを撮っても、満開の桜!

  • イチョウの古木。<br />3年前は、あまりに大きくて、どう撮影していいのかわからなかったけれど、夜の方が撮影しやすかった。今回は、人も立ってくれていたし(^^)。<br />左側に根が盛り上がっているので、「根上がりイチョウ」とも呼ばれているそう。<br />樹齢300年以上らしいですが、これからも健在でいてね♪

    イチョウの古木。
    3年前は、あまりに大きくて、どう撮影していいのかわからなかったけれど、夜の方が撮影しやすかった。今回は、人も立ってくれていたし(^^)。
    左側に根が盛り上がっているので、「根上がりイチョウ」とも呼ばれているそう。
    樹齢300年以上らしいですが、これからも健在でいてね♪

  • 「桜のトンネル口」を出たところ。<br />西濠のこの桜、美しすぎて、言葉を失います。。。

    「桜のトンネル口」を出たところ。
    西濠のこの桜、美しすぎて、言葉を失います。。。

  • 橋の左側に進むと、花筏が出来て、また違った雰囲気です。

    橋の左側に進むと、花筏が出来て、また違った雰囲気です。

  • 西濠の桜並木を歩いていると、花婿さんと花嫁さん。<br />満開の桜の下で、お写真なんて、素敵☆<br />なんと、このご夫婦には翌日も遭遇しました(^^)。

    西濠の桜並木を歩いていると、花婿さんと花嫁さん。
    満開の桜の下で、お写真なんて、素敵☆
    なんと、このご夫婦には翌日も遭遇しました(^^)。

  • 西濠沿いの桜も、大木。

    西濠沿いの桜も、大木。

  • ライトアップもされていますが、花あかりで、夜桜が楽しめます。

    ライトアップもされていますが、花あかりで、夜桜が楽しめます。

  • どこまでが地上の桜なのか、水面の桜なのか、もはやわからない(^^;)。

    どこまでが地上の桜なのか、水面の桜なのか、もはやわからない(^^;)。

  • 「春陽橋口」。<br />夜桜の人気スポット。

    「春陽橋口」。
    夜桜の人気スポット。

  • 春陽橋から、1枚目。

    春陽橋から、1枚目。

  • 春陽橋から、2枚目。

    春陽橋から、2枚目。

  • 春陽橋から、3枚目。

    春陽橋から、3枚目。

  • 「亀紺橋」から、「春陽橋」を見たところ。<br />まるで、天に浮かんでいるみたい。<br />極上の夜桜でした。

    イチオシ

    「亀紺橋」から、「春陽橋」を見たところ。
    まるで、天に浮かんでいるみたい。
    極上の夜桜でした。

  • 夜桜ルート。

    夜桜ルート。

  • 【4月23日(金)2日目】<br />今回は、素泊まりなので、ホテルのお部屋で、コンビニのパン&珈琲で朝食。<br />チェックアウト11時まで、体力温存のため(*^^*)、お部屋でのんびり&ホテル内の温泉を楽しむことにしました。

    【4月23日(金)2日目】
    今回は、素泊まりなので、ホテルのお部屋で、コンビニのパン&珈琲で朝食。
    チェックアウト11時まで、体力温存のため(*^^*)、お部屋でのんびり&ホテル内の温泉を楽しむことにしました。

  • 午前中は、思ったとおり、ホテル内の温泉は貸切状態。<br />そして、生まれて初めての「りんご湯」に入りました(^^)。<br />露天風呂で、50数個のリンゴの浮かぶお湯で、リンゴの香りに包まれて、なんとも贅沢。<br />内湯は、温泉。こちらも、いいお湯。<br />ホテル内に、温泉施設があるなんて、温泉好きの私たちにとっては、思いがけないサプライズでした♪

    午前中は、思ったとおり、ホテル内の温泉は貸切状態。
    そして、生まれて初めての「りんご湯」に入りました(^^)。
    露天風呂で、50数個のリンゴの浮かぶお湯で、リンゴの香りに包まれて、なんとも贅沢。
    内湯は、温泉。こちらも、いいお湯。
    ホテル内に、温泉施設があるなんて、温泉好きの私たちにとっては、思いがけないサプライズでした♪

    天然温泉 岩木桜の湯 ドーミーイン弘前 宿・ホテル

    2名1室合計 7,900円~

  • チェックアウト後、早めのランチ。

    チェックアウト後、早めのランチ。

    創作郷土料理の店 菊富士 本店 グルメ・レストラン

  • このお店でも、3年前に美味しかったメニューを再びオーダー。<br />以前と変わらず、とても美味しかったです!<br />もちろん、OTTOはご満悦でした(^^;)。

    このお店でも、3年前に美味しかったメニューを再びオーダー。
    以前と変わらず、とても美味しかったです!
    もちろん、OTTOはご満悦でした(^^;)。

  • ランチ後は、藤田記念庭園へ。

    ランチ後は、藤田記念庭園へ。

  • 庭園の枝垂れ桜は、ほとんど散ってしまっていましたが、

    庭園の枝垂れ桜は、ほとんど散ってしまっていましたが、

    藤田記念庭園 公園・植物園

  • ここからの岩木山の眺めは最高!

    ここからの岩木山の眺めは最高!

  • 山の稜線がはっきり見えます。

    山の稜線がはっきり見えます。

  • 階段を降りる途中、昨夜の花婿さん&花嫁さんとすれ違い。<br />快晴の中、きっと素敵なお写真が撮影できたことでしょう♪<br />末永く、お幸せに☆

    階段を降りる途中、昨夜の花婿さん&花嫁さんとすれ違い。
    快晴の中、きっと素敵なお写真が撮影できたことでしょう♪
    末永く、お幸せに☆

  • 階段の下には、日本庭園が広がっています。

    階段の下には、日本庭園が広がっています。

  • 滝と赤い橋。<br />あの赤い橋って、渡れるかも!と小径を登ったら、

    滝と赤い橋。
    あの赤い橋って、渡れるかも!と小径を登ったら、

  • 橋の上に来れました(*^^)v。<br />滝が涼し気に感じます。

    橋の上に来れました(*^^)v。
    滝が涼し気に感じます。

  • そして、橋からの眺めは、さらに絶景(^^♪。

    そして、橋からの眺めは、さらに絶景(^^♪。

  • 山吹に、ミツバツツジ。<br />下段のお花は、ウグイスカグラ。<br />今回、初めて知りましたが、赤い実がなるんですね(^^)。<br />

    山吹に、ミツバツツジ。
    下段のお花は、ウグイスカグラ。
    今回、初めて知りましたが、赤い実がなるんですね(^^)。

  • お散歩の後は、大正浪漫喫茶室で休憩。

    お散歩の後は、大正浪漫喫茶室で休憩。

    大正浪漫喫茶室 グルメ・レストラン

  • 喫茶室の入口に、乙女椿が咲きこぼれていました。

    喫茶室の入口に、乙女椿が咲きこぼれていました。

  • まるでバラみたいで、優しげなお花。

    まるでバラみたいで、優しげなお花。

  • 店内。<br />テラス席は、待ち時間が長かったので、レジ前の座席に案内していただきました。

    店内。
    テラス席は、待ち時間が長かったので、レジ前の座席に案内していただきました。

  • 私は「ゆめりんごファーム」、OTTOは「オークレール」のアップルパイ♪<br />二人とも、自分好みの味をチョイスできて、大満足(^^♪。

    私は「ゆめりんごファーム」、OTTOは「オークレール」のアップルパイ♪
    二人とも、自分好みの味をチョイスできて、大満足(^^♪。

  • 最後に、弘前城の天守閣を見て帰ろう!ということになり、もう一度、弘前公園内へ。<br />花風で、ずいぶん花屑ができています。

    最後に、弘前城の天守閣を見て帰ろう!ということになり、もう一度、弘前公園内へ。
    花風で、ずいぶん花屑ができています。

  • 花筏も、ずいぶんと大きくなっています。

    花筏も、ずいぶんと大きくなっています。

    弘前公園 公園・植物園

  • 「市民広場」の枝垂れ桜。<br />3年前は、この芝生の上で、お花見されている方たちがいましたが、今回は道路から見るだけです。

    「市民広場」の枝垂れ桜。
    3年前は、この芝生の上で、お花見されている方たちがいましたが、今回は道路から見るだけです。

  • 風がそよぐと、桜の枝がしなって、一枚一枚と花びらが舞っていきます。

    風がそよぐと、桜の枝がしなって、一枚一枚と花びらが舞っていきます。

  • 昨夜、通った「杉の大橋」。

    昨夜、通った「杉の大橋」。

    杉の大橋 名所・史跡

  • 夜の雰囲気とは、また違って日中も美しい場所。

    夜の雰囲気とは、また違って日中も美しい場所。

  • 3年前は中濠観光舟があり、九州の柳川の船頭さんに、父と乗せてもらいました。<br />橋の上から見る桜も綺麗ですが、船から桜を見上げる眺めは、何とも風情がありました。<br />また、いつか乗りたいものです。

    イチオシ

    3年前は中濠観光舟があり、九州の柳川の船頭さんに、父と乗せてもらいました。
    橋の上から見る桜も綺麗ですが、船から桜を見上げる眺めは、何とも風情がありました。
    また、いつか乗りたいものです。

  • OTTO念願の天守閣(^^♪。

    OTTO念願の天守閣(^^♪。

  • 快晴で、白壁と桜が美しいです。<br />天守閣は人が多そうなので、諦め、

    快晴で、白壁と桜が美しいです。
    天守閣は人が多そうなので、諦め、

  • 櫓跡に来てみました。

    櫓跡に来てみました。

  • うわぁ~、いい眺め!

    うわぁ~、いい眺め!

    岩木山(津軽富士) 自然・景勝地

  • ちょっと立ち位置を変えると、桜と松に囲まれた岩木山。

    ちょっと立ち位置を変えると、桜と松に囲まれた岩木山。

  • 真っ青の空に、桜。<br />心が洗われる景色です。

    真っ青の空に、桜。
    心が洗われる景色です。

  • 弘前の桜。<br />手に取ってみると、やっぱりお花が大きい(^_-)-☆。

    弘前の桜。
    手に取ってみると、やっぱりお花が大きい(^_-)-☆。

  • 天守閣前からの眺め。<br />桜と木々の手前に池があって、水面に映って、それはそれは美しいです。

    天守閣前からの眺め。
    桜と木々の手前に池があって、水面に映って、それはそれは美しいです。

    岩木山(津軽富士) 自然・景勝地

  • 名残はつきませんが、そろそろお城を出なければ。

    名残はつきませんが、そろそろお城を出なければ。

  • 桜に囲まれた天守閣にお別れを告げ、

    桜に囲まれた天守閣にお別れを告げ、

  • 見事な枝垂れ桜にも、

    見事な枝垂れ桜にも、

  • お別れと感謝を伝えて、

    お別れと感謝を伝えて、

  • 中堀を後にしました。

    中堀を後にしました。

  • 最後に、一か所寄りたい場所があり、そちらへ向かう途中、可愛らしい景色に出会いました。<br />こんなにたくさんのチューリップを見るのは、久しぶりで、嬉しい!

    最後に、一か所寄りたい場所があり、そちらへ向かう途中、可愛らしい景色に出会いました。
    こんなにたくさんのチューリップを見るのは、久しぶりで、嬉しい!

  • そして、桜陰にできた桜じゅうたん!

    そして、桜陰にできた桜じゅうたん!

  • 最後に見たかったのは、弘前公園の最古の染井吉野。<br />今年も、満開の桜を咲かせてくれて、本当に感謝の気持ちでいっぱいです。<br />また、再訪する日まで、元気でいてね♪

    最後に見たかったのは、弘前公園の最古の染井吉野。
    今年も、満開の桜を咲かせてくれて、本当に感謝の気持ちでいっぱいです。
    また、再訪する日まで、元気でいてね♪

  • 「植物園」前の道の濃いピンクの桜道と、

    「植物園」前の道の濃いピンクの桜道と、

  • 「ピクニック広場」の白っぽい桜道を楽しんで、

    「ピクニック広場」の白っぽい桜道を楽しんで、

  • 「東門口」の大きな花筏で見納め!<br />う~ん、綺麗!<br />

    「東門口」の大きな花筏で見納め!
    う~ん、綺麗!

    弘前城 三の丸東門 名所・史跡

  • たくさんの桜を見せてくれて、ありがと~~~☆

    たくさんの桜を見せてくれて、ありがと~~~☆

  • 2日目のルート。

    2日目のルート。

  • 弘前バスターミナルから、青森空港まで、バスで移動。<br />二日間、歩き疲れた二人は、車中ウトウト。

    弘前バスターミナルから、青森空港まで、バスで移動。
    二日間、歩き疲れた二人は、車中ウトウト。

  • そして、無事に青森空港から、伊丹へと戻ってきました。

    そして、無事に青森空港から、伊丹へと戻ってきました。

    青森空港 空港

  • ☆☆☆☆☆<br />急遽決まった一泊二日の弘前旅行でしたが、二日間とも快晴に恵まれ、そして満開の桜&花筏を思う存分、眼にすることができ、大満足でした。<br /><br />今年は、自宅の近くや、また旅先の九州でも、桜を観る機会がありましたが、弘前の桜はやはり格別です!<br />弘前の桜は、1700年代に、京都の嵐山から25本の苗木等を持ち帰ったのが始まりだと言われていますが、2021年の現在でも、これほど多くの桜を、美しく愛でることができるのは、先人たちの桜を慈しむ気持ちが、今に引き継がれているからだと感じます。<br /><br />このような環境下ではありますが、これからも、弘前の桜の歴史が永遠に続くことを願いつつ、また機会があれば、この美しい桜を観に訪れたいと思います。<br /><br />最後までお読みいただき、ありがとうございました!

    ☆☆☆☆☆
    急遽決まった一泊二日の弘前旅行でしたが、二日間とも快晴に恵まれ、そして満開の桜&花筏を思う存分、眼にすることができ、大満足でした。

    今年は、自宅の近くや、また旅先の九州でも、桜を観る機会がありましたが、弘前の桜はやはり格別です!
    弘前の桜は、1700年代に、京都の嵐山から25本の苗木等を持ち帰ったのが始まりだと言われていますが、2021年の現在でも、これほど多くの桜を、美しく愛でることができるのは、先人たちの桜を慈しむ気持ちが、今に引き継がれているからだと感じます。

    このような環境下ではありますが、これからも、弘前の桜の歴史が永遠に続くことを願いつつ、また機会があれば、この美しい桜を観に訪れたいと思います。

    最後までお読みいただき、ありがとうございました!

56いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

この旅行記へのコメント (2)

開く

閉じる

  • 暴れナメクジさん 2021/05/08 17:14:51
    す、すごい
    arc-en-cielさま、こんにちは。

    「暴れナメクジおめーゴールデンウイークどこ行くんだよ?」
    「静岡行って来ます。」
    「はぁ!?おめー静岡なんていつでも行けんだろ」
    「(先輩)はどこ行くんですか?」
    「おりゃおめー、弘前城だよ弘前城」
    「弘前城って有名なんですか?」
    「ばかおめー弘前城っつったら桜だろ!桜!」

    今まで家の近所でも見れる桜のためにわざわざ旅行なんて
    と思っていましたが、15年前に職場の先輩が行った理由が
    今分かりましたー!

    それにしても、良きタイミングで行かれましたねー
    たった5日間で散ってしまうなんて、それこそ毎日開花情報を
    チェックしながらピークになった瞬間腹をくくって
    「もしもし…、お腹が痛いので会社をお休みします。イテテテ」
    なんて猿芝居でもしない限り行けません。
    ということで、老後の楽しみにとっておきます!

    暴れナメクジ

    arc-en-ciel

    arc-en-cielさん からの返信 2021/05/08 18:23:47
    Re: す、すごい
    暴れナメクジさま♪

    メッセージありがとうございます。

    「弘前の桜」を観に行く理由が、少しでもわかっていただけて、よかったです(^^)。

    今まで「旅行」は、綿密に計画して行くものだと考えていました。
    どちらかというと慎重なOTTOは、5年先まで見通して、国内外の旅行のプランニングをするタイプなので、今回のような突発的な短期旅行は、初めてのこと!
    本当に、「驚き」の一言では表せない衝撃でした(*_*;。

    思えば、その週の前半、仕事や所用を、やけにハイペースでこなしているなぁとは感じていたのですが、まさか「弘前の桜」のためだったとは、、、。
    今から思うと、21日の夕食時にも、やけに弘前の桜や天気、気温のことをOTTOが話していたんですよね~。
    ま~さかの前振りだったなんて、全く気づきませんでした(^^;)。
    まぁ、そこまでしても、「弘前の桜」を一度観に行きたかった、、、ということなんでしょうね(*^^*)。
    事前にチェックしていただけのことがあり、お天気にも恵まれ、桜もまさに見ごろで、絶好のタイミングで行くことができました。

    恐らく、15年前であれば、「弘前の桜」の見ごろは、ゴールデンウィークだったかと。
    きっと暴れナメクジさまの先輩も、「弘前の桜」を十分に満喫されたことでしょう(^^)。
    近年は、温暖化の影響で、桜の開花時期も早まり、特に今年は「さくらまつり」が始まる前に、すでに満開(><)。
    年々、桜を取り巻く環境も、変わりつつありますが、ぜひ暴れナメクジさまも、いつの日か「弘前の桜」を観に行ってくださいませ☆

    arc-en-ciel

arc-en-cielさんのトラベラーページ

この旅行で行ったホテル

この旅行で行ったスポット

この旅行で行ったグルメ・レストラン

旅の計画・記録

マイルに交換できるフォートラベルポイントが貯まる
フォートラベルポイントって?

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

この旅行記の地図

拡大する

弘前の人気ホテルランキング

PAGE TOP

ピックアップ特集