旅行のクチコミと比較サイト フォートラベル

Cover_10065642

yumidongさんのトラベラーページ

yumidongさんへのコメント一覧全38件

yumidongさんの掲示板にコメントを書く

  • ご主人は今もそばにいらっしゃると思います。

    yumidong さん、ご主人との旅行の思い出、拝読しました。
     
     沢山の写真、それも幸せいっぱいの写真を載せてくださって、ご主人はもちろん喜んでいらっしゃるでしょうが、拝読している私まで心が暖かくなりました。

     実は私の妻も今年5月に癌で死亡いたしました。
     妻が私より先に死ぬなどということは夢にも思ったことがありませんでしたので、諦めのつく筈もなく、今も毎日妻のことだけしか考えることがなく、外出もする気になりません。
     
     「早く元気になって」 「気晴らしに旅行でもして」 「くよくよしていたって生き返るわけじゃないんだから、早く忘れて何か楽しいことをしたら?」等々、善意で言ってくれる周囲の言葉にいちいち腹をたて、「アンタたちはすぐ忘れるだろうけど、俺まで忘れたらアイツが可哀想だろ!」などと大人げない反論をしています。

     私は仏教のことはよく分かりませんが、人は死ぬと西のかなた十万億土にある浄土をめざして旅に出ると聞きました。
     でも私は毎日妻に話しかけています。
     「先に行っちゃダメだよ。俺もじきに行くから、それまで待ってるんだよ。旅に出るのはそれからだよ。一緒に行くんだよ」
     その繰り返しです。

     ご主人は、さっさと先に行ったりせず、今もyumidongさんのそばにいらっしゃって、yumidong さんの日常を見守っていてくださると思います。
     あんなに沢山の旅行を一緒になさったのですから、浄土への旅も是非一緒に行かれてください。そのときが来るまでは、ちょっとイジワルして、ご主人を待たせてください。待てば待つほど恋心が募るのは人の心の常ですから。

    ねんきん老人
    2017年09月06日08時49分返信する 関連旅行記

    RE: ご主人は今もそばにいらっしゃると思います。

    ねんきん老人さん、私と同じ思いをされたのですね。

    >諦めのつく筈もなく、今も毎日妻のことだけしか考えることがなく、外出もする気になりません。

    2年たった私も同じで、夫のことを考えない日はありません。ただ違うのは、私は外出も人付き合いも積極的にしています。

    夫のこと忘れるためではなく、夫のことを人に話したいからです。優しく楽しかった夫、死病にも負けずに前向きに生きた夫を自慢したいのです。
     
    >「アンタたちはすぐ忘れるだろうけど、俺まで忘れたらアイツが可哀想だろ!」などと大人げない反論をしています。

    そう、人はすぐに死んでいった者のことなど忘れてしまいます。だからこそ私だけは絶対に忘れない。私は毎日考える。未練じゃなく、夫が私の中で生き続けるために!

    >私は仏教のことはよく分かりませんが、人は死ぬと西のかなた十万億土にある浄土をめざして旅に出ると聞きました。

    私は全くの無信心で、神仏は信じていませんが、運命は信じています。

    …とは言え、どんなに強がっても、孫たちの成長を見た時など「夫が生きていたら…、」とか、旅の美しい景色を見て、感動を分かち合いたかった…などと思ってしまうのは、仕方ありませんよね?

    >ご主人を待たせてください。待てば待つほど恋心が募るのは人の心の常ですから。

    というねんきん老人さんのお言葉を信じて、夫の分まで楽しく旅を続けたいと思います。たくさんの旅の土産話を持って行けるように!

    まだまだ傷が深いねんきん老人さんに、逆に慰められました。本当にありがとうございました。


    2017年09月06日19時31分 返信する
  • 初めまして

    とても素敵な家族写真に涙が溢れてしまいました。
    辛い人は他にもいっぱいいますが、yumidongさんが辛いのは当然のことですし本人にしかわからない寂しさも絶対にあります。他にも大変な人はいるなんて思わず、無理に頑張り過ぎず、旦那様のことを想いながらお元気でいてくださったらと思います。
    私は去年祖父が急逝し、本当に毎日辛くお風呂でシャワーを浴びながら大泣きしていました。今もたまに抑えきれなくて家族がいない所で泣いています。
    でもそうやって祖父のことを考えているのは絶対に祖父に伝わって見守ってくれていると信じています。
    こんなに素敵な優しい笑顔の旦那様なので、絶対にyumidongさんやお子さん達のことを見守ってくださっているはずです。この旅行記も顔出ししたのをちゃんと約束守ってくれたんだと見ていると思います。これからも是非素敵な旅行記を投稿してください。有難うございました。
    2016年01月10日23時55分返信する 関連旅行記

    RE: 初めまして

    nagiさん、お優しいお言葉ありがとうございました<(_ _)>

    あなたは、私よりずっとずっとお若いのに、他人の痛みが解る素晴らしい人だと思います。

    私はこの年になるまで、人の悲しみが解らない傲慢な人間でしたから、本当に頭が下がります。

    nagiさんのお言葉通り、夫が見守っていてくれるのだと信じ、生前の夫を見習って、笑顔で元気に生きていきたいと思います!

    2016年01月11日09時01分 返信する
  • yumidongさん,早く元気に成って下さい。

    yumidongさん、こんにちわ。
    お正月は、ご子息とお嬢さんとお過ごしに成られましたか?

    ご主人の追悼記拝見しました。

    弟の親友も42歳で同じ病気で亡くなりました。

    私の友達も、東日本大震災で2人亡くなりました。

    私の前の夫だって、41才で亡くなって居ます。

    辛いでしょうが、辛いのはyumidongさんだけでは無いので、
    前を向いて歩いて下さい。

    ご主人さんは、何処かに旅に出てるのではなく、
    いつも貴方と共に居るのではと思いますよ。

    これだけ、沢山旅行に出られたのですから、
    想い出を胸にして、頑張って下さい。

                   夏子
    2016年01月09日14時00分返信する 関連旅行記

    RE: yumidongさん,早く元気に成って下さい。

    夏子さん、お久しぶりです。励ましのコメント、ありがとうございました。

    私は今まで幸運過ぎたので、突然の夫の死で、強いダメージを受けましたが、辛いのは私だけではないことは、たくさんの人の励ましの中で、よく解ったつもりです。

    子どもたちも常にエールを送ってくれ、楽しいお正月を過ごせました。

    そんな時、「夫がいれば…」と思いましたが、「夫はいる」のですね。

    2016年01月09日19時44分 返信する
  • 素敵な思い出のシェアありがとうございます

    私の親友も同じ病で亡くなりました。四十代後半でしたが遅く結婚したのでお子さんが幼なかったです。今まで一緒に行かれた旅行のひとつひとつがかけがえのない思い出ですね。シェアありがとうございます。
    2016年01月09日08時35分返信する 関連旅行記

    RE: 素敵な思い出のシェアありがとうございます

    十万人に3人くらいの割で発症すると聞きましたが、結構同じ病気の方がいらっしゃるようです。

    しかも、そのほとんどが…。

    夫は58歳でしたが、ぶどうの枝さんのお友達は40代とのこと、しかも小さなお子様を残して…なんて無念だったことでしょう。

    残された者は、その思い出とともに生きるしかないと思います。読んで下さり、ありがとうございました。
    2016年01月09日19時37分 返信する
  • ご無沙汰しております。

    yumidong様

    おはようございます。
    ご無沙汰しております。
    この度は、暖かな家族旅行のご投稿を拝見させて戴きまして
    有難うございました。お子様の大きくなる姿もとても嬉しく思いました。
    沢山の家族旅行を経験されて、ご立派になられましたね。

    ご主人様のご冥福申し上げます。
    急な事でお辛かった事とお察し致します。
    私も昨年の夏に父を亡くしました。末期癌でしたが親孝行も出来ないうちに
    他界してしまいまして残念です。

    この度のご投稿に父との旅行を思い出しまして懐かしく思いました。
    今後共宜しくお願い申し上げます。
    それでは失礼致します。

    jmb_sr




    2016年01月09日07時51分返信する

    RE: ご無沙汰しております。

    jmb_srさん、大切な家族を亡くすって、本当につらいことですね。

    私の場合、無くして初めて夫の大切さに気づいた愚かな妻でした。

    せめて旅行記を作って、夫の生きた証を皆様に見ていただきたいと思い、投稿しました。

    jmb_srさんも、お父様との旅の思い出がたくさんおありになるのでしょうね。過去の旅行記、読ませていただきますね。
    2016年01月09日19時28分 返信する
  • 初めまして

    !Hola!yumidongさん、はじめまして。

    スペイン旅行記楽しく拝見しました、思ったほどスペインの治安は悪くなかったでしょう、皆さん身構えて行かれるのですが旅行から帰って安全と思われます、メトロの一人パセオ(散歩)マドリーは便利ですよね〜。

    コルドバで召し上がったビーフ&ポテトはラボ・デ・トロ・コン・パタタ、アンダルシアの郷土料理なんですよ、私も大好きでアンダルシアへ行くと必ず食べる一品です、yumidongさんの旅行記を読んでいてスペインに行きたくなりました。

                              churros
    2014年10月23日13時38分返信する 関連旅行記

    RE: 初めまして

    churrosさん、書き込み&投票ありがとうございました。

    確かに旅行前に聞いていたほど、スペインの治安は悪くなく…というよりも全く問題無し!至る所にお巡りさんがいらっしゃったからかもしれませんが…。

    おかげで、マドリッドでの街歩きは本当に楽しかったです。1日だけ地元っ子になったような気分でした。

    これで、言葉が解ればもっと楽しめることでしょう。

    churrosさんは、スペインにお詳しいのですね。ツアーでふらりと立ち寄っただけの私とは大違いです。

    また覗かせていただきますね。それでは、今後もよろしくお願い致します<(_ _)>。
    2014年10月23日16時23分 返信する
  • 参考になります。

    台風の日で外に出れなかったので、来年行くスペインのバルサの写真を見せてもらいました。
    参考になります。2年前に夫婦ではじめてスペインに行きました。その時は、マドリッドからアンダルシア、カディスとレンタカーで回りました。わざとバルサを次にとっておきました。

    予定では4月か5月でサッカーシーズンが終わる前にしたいと思います。これからもよろしくお願いします。
    2014年10月14日18時15分返信する

    RE: 参考になります。

    コメント、投票、フォロー、ありがとうございます<(_ _)>。

    私の方こそ、ぶどうの枝さんの旅行記が、とっても参考になります。

    英語ができない私たちとは違って、外国人とお友達になれるほど英語が堪能なぶどうの枝さんのご旅行は、自分たちで何もかも計画する形態だからです。

    ツアーと違って、トラブルもあるでしょうが、楽しいでしょうね。羨ましいです。

    それに何より、奥様とのツーショット写真、微笑ましく拝見させていただきました。

    ちなみに、私と夫はいつもケンカばかりです^_^;
    2014年10月15日18時50分 返信する
  • 有難うございます。

    yumidong様

    いつも、ご投稿拝見させて戴きまして有難うございます。
    なかなか旅行に行けませんので、ご投稿を拝見して楽しませて戴いております。
    今後のご投稿楽しみにしております。

    また、この度は私の拙い投稿をご覧下さり恐縮です。
    更にご投票賜り有難うございます。

    今後共宜しくお願い申し上げます。
    それでは失礼致します。

    jmb_sr
    2014年09月12日19時44分返信する

    RE: 有難うございます。

    jmb_srさん、ご伝言&ご投票、ありがとうございます。
     
    海外旅行には、20年前から行き始めました。当時は家族で出かけましたが、今では子供たちも独立し、夫婦で行くことが多いです。

    ご家族でお出かけされるjmb_srさんの旅行記を、懐かしく羨ましく、拝見させていただいています。

    また、旅行記ばかりでなく、日常の一節を切り取ったようなご投稿もあり、そんな書き方もあるのだな…と参考になりました。

    本当にありがとうございました。
    2014年09月12日22時31分 返信する
  • こんばんは〜

    私も3回目で14日に奈良へ行きます。

    そうですよね、大体同じような年齢の方が多いですよね(笑)

    2回は1人で参加しましたが、定年退職している夫に聞くと行くというので今回は2名で参加します。

    ガソリンスタンドやクリーニング店からの応募でした。

    夫にはくれぐれもジュエルマスターでは話を聞かないように言ってます。
    2012年11月07日20時09分返信する 関連旅行記

    RE: こんばんは〜

    コメント&投票、ありがとうございました。

    当選旅行にご主人と参加されるなんて、ラブラブですね。うらやましいです。

    同伴者の旅行代金の設定がお高めなので、その分楽しんで来てくださいね。旅行記、楽しみにしています。

    讃岐さんのプロフィールを見せていただき、びっくりしました。1年に何度も海外へ行っていらっしゃるのですね。

    私も、少しでも若いうちに色々行きたいと思っているのですが、飛行機に弱いのと、長期休みが取りにくいのが、ネックになっています。

    2012年11月08日19時20分 返信する
  • はじめまして

    スイス在住のkawakoです(・∀・)

    私の知る限りですが、ドイツやスイスではライスはパラリとしてるほど喜ばれます。お国変われば〜ですね。
    それに日本米は世界のライスの中では独特な存在で、かなり粘り気があります。
    日本人の好みに合わせて進化したのでしょうね。

    パラっとした食感は、日本米を食べなれた口では違和感があると思いますが、ヨーロッパの食事にはよく合うような気がします。
    こういう違いを楽しむのも旅行じゃないでしょうか。

    体調も回復して楽しい旅行となったようですね、続きを楽しみにしています。
    2012年08月24日05時17分返信する 関連旅行記 関連写真

    RE: はじめまして

    kawakoさん、投票&コメントありがとうございました。

    スイスに住んでいらっしゃるなんて、素敵ですね。

    機内で体調を崩し、もう二度と海外へは行きたくないとまで思った旅の始まりでしたが、スイスでの素晴らしい風景に圧倒され、癒され、もう少しがんばってみよう・・・と思い直しました。

    しかし、ベストシーズンでのスイスしか知らないので、きっと真冬は厳しいものがあるのでしょうね?kawakoさんは、スキーなどを楽しんでいらっしゃるのでしょうか?

    日本の粘り気のあるご飯の方がマイノリティとは、知りませんでした。

    そう言えば、お隣の韓国や中国でさえ、ヨーロッパほどではありませんが、ぱさぱさしていますよね。

    kawakoさんの仰るとおり、食の違いを楽しむのもまた旅の一興。ヨーロッパでは、ライスを主食だと思わずに、おかずだと思って食べるようにしています。
    2012年08月24日09時42分 返信する

yumidongさん

yumidongさん 写真

海外28カ国渡航

国内16都道府県訪問

写真 | QA掲示板 | 行ってきます | 掲示板 | コミュニティ | 行きたい

yumidongさんにとって旅行とは

下の子が小学校に入学したのを機に、毎夏、家族で海外旅行へ行くようになりました。

しかし、子供たちの成長後は、仕方なく夫婦二人だけで行くことに…。共通の趣味が全く無いチグハグ夫婦でしたが、海外旅行だけは一緒に行ったのです。

その一番の理由は、夫がカメラマン、私が旅行記作成班と役割分担して、4トラに残すことが楽しかったからです。

皆様の旅行記を読みつつ、いつしか将来リタイアしたら、世界一周したいね…というのが二人の夢になっていた矢先、定年を2年残して夫がまさかの急逝。

身体が弱い私が残されてしまい、カメラマンもいなくなってしまいましたが、私一人でどこまで書けるか、細々とチャレンジ中です。

自分を客観的にみた第一印象

自分を客観的にみることはできません(^_^;)

大好きな場所

自分の家

大好きな理由

旅が楽しく、憧れる地もあるけれど、家に帰って来た時、心から落ち着くから。

行ってみたい場所

ナスカ(地上絵を見たい)

参加中のコミュニティ(全0件)