その他の観光地旅行記(ブログ) 一覧に戻る
≪2018年ドイツの春:フランケン地方・オーバープファルツ地方の旅≫<br />2018年5月10日(木)~5月24日(木)15日間<br /><br />目的地:バイエルン州フランケン地方・オーバープファルツ地方を中心に巡る。<br />(ニュルンベルクを中心としたFrankenフランケン地方、レーゲンスブルクを中心としたOstbayern東バイエルンのOberpfalzオーバープファルツ地方)<br /><br />①5月10日Spessartシュペッサート地方の選帝侯の古城ホテル ヴァイバーヘーフェに泊まる<br />②5月11日ウンターフランケン地方の要塞都市デッテルバッハ<br />③5月11日リーメンシュナイダーの傑作マリア巡礼教会にある“ぶどう園のマリア”とマイン川の蛇行<br />④5月12日フランケン・スイス地方の古城群:ドイツの英雄クラウス・シュタウフェンベルグ大佐ゆかりの城を訪ねる。<br />⑤5月13日フランケン・スイス地方の古城群:出くわした30年戦争時のツワモノども<br />番外編・フランケンの春、オースターアイ(復活祭の飾り卵)が見られる町や村を巡った。<br />⑥5月13日フランケン・スイス地方の古城群:人気の古城ホテル ラーベン(カラス)シュタイン城に2泊<br />⑦5月14日フランケン・スイス地方の古城群:100mの高さの岩壁に立つ古城エグロフシュタイン城の姿は絵画的な美しさである。<br />⑧5月15日懐かしの古城ホテル ヴェルンベルク城とアザム兄弟の作品が見られるミッシェルフェルト修道院<br />番外編・伝説:アッシジの聖フランシスコがグッビオの町を狼から救った話<br />⑨5月15日この旅一番のグルメレストラン・白樺の館(カワセミ)にて<br />⑩5月16日レーゲンスブルクの名物焼きソーセージとダンプヌーデルン<br />番外編・三十年戦争の逸話:フォルヒハイムの“Mauerscheisser” (壁のような糞をする奴!)<br />⑪5月17日:ナポレオンが置き忘れた旅行カバンが見られるドナウ観光船に乗る。<br />⑫5月17日:ローゼンブルク城の上空を舞う鷹たちの飛翔がすごい<br />⑬5月17日:40代の頃、家族で一泊した懐かしの古城ホテル エッガースベルク城<br /><br />写真はSchloss Eggersbergエッガースベルク城のパンフレットから<br /><br />

2018年ドイツの春:⑬40代の頃、家族で一泊した懐かしの古城ホテル エッガースベルク城

35いいね!

2018/05/10 - 2018/05/24

20位(同エリア239件中)

jijidaruma

jijidarumaさん

≪2018年ドイツの春:フランケン地方・オーバープファルツ地方の旅≫
2018年5月10日(木)~5月24日(木)15日間

目的地:バイエルン州フランケン地方・オーバープファルツ地方を中心に巡る。
(ニュルンベルクを中心としたFrankenフランケン地方、レーゲンスブルクを中心としたOstbayern東バイエルンのOberpfalzオーバープファルツ地方)

①5月10日Spessartシュペッサート地方の選帝侯の古城ホテル ヴァイバーヘーフェに泊まる
②5月11日ウンターフランケン地方の要塞都市デッテルバッハ
③5月11日リーメンシュナイダーの傑作マリア巡礼教会にある“ぶどう園のマリア”とマイン川の蛇行
④5月12日フランケン・スイス地方の古城群:ドイツの英雄クラウス・シュタウフェンベルグ大佐ゆかりの城を訪ねる。
⑤5月13日フランケン・スイス地方の古城群:出くわした30年戦争時のツワモノども
番外編・フランケンの春、オースターアイ(復活祭の飾り卵)が見られる町や村を巡った。
⑥5月13日フランケン・スイス地方の古城群:人気の古城ホテル ラーベン(カラス)シュタイン城に2泊
⑦5月14日フランケン・スイス地方の古城群:100mの高さの岩壁に立つ古城エグロフシュタイン城の姿は絵画的な美しさである。
⑧5月15日懐かしの古城ホテル ヴェルンベルク城とアザム兄弟の作品が見られるミッシェルフェルト修道院
番外編・伝説:アッシジの聖フランシスコがグッビオの町を狼から救った話
⑨5月15日この旅一番のグルメレストラン・白樺の館(カワセミ)にて
⑩5月16日レーゲンスブルクの名物焼きソーセージとダンプヌーデルン
番外編・三十年戦争の逸話:フォルヒハイムの“Mauerscheisser” (壁のような糞をする奴!)
⑪5月17日:ナポレオンが置き忘れた旅行カバンが見られるドナウ観光船に乗る。
⑫5月17日:ローゼンブルク城の上空を舞う鷹たちの飛翔がすごい
⑬5月17日:40代の頃、家族で一泊した懐かしの古城ホテル エッガースベルク城

写真はSchloss Eggersbergエッガースベルク城のパンフレットから

旅行の満足度
4.0
同行者
カップル・夫婦(シニア)
一人あたり費用
30万円 - 50万円
交通手段
レンタカー
航空会社
JAL
旅行の手配内容
個別手配

PR

  • 5月17日(木): 午前中曇り時々小雨、午後より晴れ 、17℃、 85km<br /><br />Burg Rosenburg ローゼンブルク城(鷹ショー) ->L? 4km Schlosshotel Eggersberg古城ホテル エッガースベルク城 ->L? 35km Beilingries・Romntik Hotel Der Millippデア ミリップに17:10に到着。<br /><br />写真はNaturpark_Altmuehltalアルトミュールタール自然公園の看板

    5月17日(木): 午前中曇り時々小雨、午後より晴れ 、17℃、 85km

    Burg Rosenburg ローゼンブルク城(鷹ショー) ->L? 4km Schlosshotel Eggersberg古城ホテル エッガースベルク城 ->L? 35km Beilingries・Romntik Hotel Der Millippデア ミリップに17:10に到着。

    写真はNaturpark_Altmuehltalアルトミュールタール自然公園の看板

  • <Fraenkische Albフレンキッシェ・アルプ地方 ><br />ドイツ・バイエルン州フランケン地方の山地を言う。その意味は「フランケン地方のアルプス」ということになるが、ドナウ川とマイン川に挟まれた地方はせいぜい標高も600mにすぎない。<br />大部分はアルトミュールタール自然公園に指定されている。<br />シュヴァーベンジュラ山脈の東の続きFrankenjuraフランケンジュラ山脈であり、ともにジュラ山脈の一部をなす。二つの山脈はNoerdlinger Riesネルトリンガー・リース(直径約24 kmの円形の盆地)によって隔てられている。<br />フレンキッシェ・アルプの北はフレンキッシェ・シュヴァイツ(フランケンのスイス)である。<br /><br />・・・・・<br /><br />写真はFraenkische Albフレンキッシェ・アルプ地方の地図

    <Fraenkische Albフレンキッシェ・アルプ地方 >
    ドイツ・バイエルン州フランケン地方の山地を言う。その意味は「フランケン地方のアルプス」ということになるが、ドナウ川とマイン川に挟まれた地方はせいぜい標高も600mにすぎない。
    大部分はアルトミュールタール自然公園に指定されている。
    シュヴァーベンジュラ山脈の東の続きFrankenjuraフランケンジュラ山脈であり、ともにジュラ山脈の一部をなす。二つの山脈はNoerdlinger Riesネルトリンガー・リース(直径約24 kmの円形の盆地)によって隔てられている。
    フレンキッシェ・アルプの北はフレンキッシェ・シュヴァイツ(フランケンのスイス)である。

    ・・・・・

    写真はFraenkische Albフレンキッシェ・アルプ地方の地図

  • 懐かしのSchlosshotel Eggersberg古城ホテル エッガースベルク城は4kmと近い。<br />森の中の道を一気に登ると、広い駐車場につく。<br /><br />写真はエッガースベルク城:頂いたパンフレットから

    懐かしのSchlosshotel Eggersberg古城ホテル エッガースベルク城は4kmと近い。
    森の中の道を一気に登ると、広い駐車場につく。

    写真はエッガースベルク城:頂いたパンフレットから

  • 古城ホテルに入ってみると、何やらここも行事(多分結婚式の準備らしい)で忙しいようだ。<br />中年の女性(後で分かったがホテルオーナーの娘さん)に聞いてみると、ココアができるというのでお願いした。<br /><br />写真はエッガースベルク城:中庭・右手に博物館

    古城ホテルに入ってみると、何やらここも行事(多分結婚式の準備らしい)で忙しいようだ。
    中年の女性(後で分かったがホテルオーナーの娘さん)に聞いてみると、ココアができるというのでお願いした。

    写真はエッガースベルク城:中庭・右手に博物館

  • 出来るまで、少し城内庭園を散歩させてもらった。<br /><br />庭園のWeisser Garten白い庭園は昔あったのか記憶がないが、女神の彫像の並ぶ一角や、白い庭園の名にふさわしいヒメコブシと思われる白い花が満開となっている大木が見られた。<br /><br />写真はエッガースベルク城:城内庭園のヒメコブシと思われる白い花

    出来るまで、少し城内庭園を散歩させてもらった。

    庭園のWeisser Garten白い庭園は昔あったのか記憶がないが、女神の彫像の並ぶ一角や、白い庭園の名にふさわしいヒメコブシと思われる白い花が満開となっている大木が見られた。

    写真はエッガースベルク城:城内庭園のヒメコブシと思われる白い花

  • 写真はエッガースベルク城:城内庭園

    イチオシ

    写真はエッガースベルク城:城内庭園

  • 写真はエッガースベルク城:女神の彫像

    写真はエッガースベルク城:女神の彫像

  • 写真はエッガースベルク城:城内庭園

    写真はエッガースベルク城:城内庭園

  • 写真はエッガースベルク城:女神の彫像

    写真はエッガースベルク城:女神の彫像

  • 写真はエッガースベルク城:城内庭園のヒメコブシと思われる白い花

    イチオシ

    写真はエッガースベルク城:城内庭園のヒメコブシと思われる白い花

  • 写真はエッガースベルク城:古い絵

    写真はエッガースベルク城:古い絵

  • <Schlosshotel Eggersberg古城ホテル エッガースベルク城><br />D-93339 Riedenburg  、Obereggersberg 18 <br />http://www.schloss-eggersberg.com/index.php/de/<br /><br />3星・全16室。かつて駐在中にアルトミュールタールを走り、この古城ホテルに1泊した事がある。インゴルシュタットから35km、ケールハイムからは30kmの距離にあり、ドナウ川の支流である美しいアルトミュールタール渓谷の自然公園にある<br /><br />写真はエッガースベルク城:昔宿泊した部屋は3階の左、塔内(窓付き)とその右の部屋

    イチオシ

    <Schlosshotel Eggersberg古城ホテル エッガースベルク城>
    D-93339 Riedenburg  、Obereggersberg 18
    http://www.schloss-eggersberg.com/index.php/de/

    3星・全16室。かつて駐在中にアルトミュールタールを走り、この古城ホテルに1泊した事がある。インゴルシュタットから35km、ケールハイムからは30kmの距離にあり、ドナウ川の支流である美しいアルトミュールタール渓谷の自然公園にある

    写真はエッガースベルク城:昔宿泊した部屋は3階の左、塔内(窓付き)とその右の部屋

  • アルトミュール川を望む丘の上のエッガースベルク城は中世以来の城で、ルネサンス様式の切妻屋根が美しい。<br /><br />15世紀のLoewlerkriegレーヴラー戦争(1489~1493年・・・バイエルンの森に居城をもつ46人の騎士たちが同盟し、Herzog Albrecht IV. von Bayern-Muenchenアルブレヒト 4 世大公に反旗を翻した)の際に破壊されてしまい、Adam Jocher von Egersperg アダム・ヨッヒャー・エガースペルクが1604年に今日の姿の城を再建した。<br />1684年、法学者バッススが城の所有者になり、以来2世紀半をバッスス家が狩猟館として使用した。<br /><br />写真はエッガースベルク城:正面ファザード

    アルトミュール川を望む丘の上のエッガースベルク城は中世以来の城で、ルネサンス様式の切妻屋根が美しい。

    15世紀のLoewlerkriegレーヴラー戦争(1489~1493年・・・バイエルンの森に居城をもつ46人の騎士たちが同盟し、Herzog Albrecht IV. von Bayern-Muenchenアルブレヒト 4 世大公に反旗を翻した)の際に破壊されてしまい、Adam Jocher von Egersperg アダム・ヨッヒャー・エガースペルクが1604年に今日の姿の城を再建した。
    1684年、法学者バッススが城の所有者になり、以来2世紀半をバッスス家が狩猟館として使用した。

    写真はエッガースベルク城:正面ファザード

  • 1962 年、法学博士のRobert Weigandロベルト・ヴァイガントが手に入れ、ルネサンス風古城ホテルをオープンした。<br /><br />コンサート、会議、劇場用のLeonhard von Eckエック家のレオンハルトと称する大広間、レストランも用途に応じて、Reiterklause騎手の間、Bauernstubeお百姓の間、Weinkellerヴァインケラー、Sch.Kapelle城内礼拝堂、結婚式などのJagthalle狩猟の広間、Marstall厩舎の広間、そしてテラスレストランなどが用意されている。<br /><br />また、かつての城址傍には展望台、城内庭園にはWeisser Garten白い庭園が美しく、エッガースベルク城の歴史を語るHofmarkmuseum博物館もある。<br /><br />大都市からは離れていた事もあって、二度の大戦にも戦禍を免れて、ドイツの古城ホテルの中でも珍しく、かつての古城の雰囲気が残っている。<br /><br />・・・・・<br /><br />写真はエッガースベルク城:パンフレットから

    1962 年、法学博士のRobert Weigandロベルト・ヴァイガントが手に入れ、ルネサンス風古城ホテルをオープンした。

    コンサート、会議、劇場用のLeonhard von Eckエック家のレオンハルトと称する大広間、レストランも用途に応じて、Reiterklause騎手の間、Bauernstubeお百姓の間、Weinkellerヴァインケラー、Sch.Kapelle城内礼拝堂、結婚式などのJagthalle狩猟の広間、Marstall厩舎の広間、そしてテラスレストランなどが用意されている。

    また、かつての城址傍には展望台、城内庭園にはWeisser Garten白い庭園が美しく、エッガースベルク城の歴史を語るHofmarkmuseum博物館もある。

    大都市からは離れていた事もあって、二度の大戦にも戦禍を免れて、ドイツの古城ホテルの中でも珍しく、かつての古城の雰囲気が残っている。

    ・・・・・

    写真はエッガースベルク城:パンフレットから

  • 写真はエッガースベルク城:暖炉の間

    写真はエッガースベルク城:暖炉の間

  • 写真はエッガースベルク城:狩りの間

    写真はエッガースベルク城:狩りの間

  • 写真はエッガースベルク城:レストランReiterklause騎手の間

    写真はエッガースベルク城:レストランReiterklause騎手の間

  • <お茶:古城ホテル エッガースベルク城レストランReiterklause騎手(騎兵)の間で><br />15:50~16:35  <br /><br />騎手の間に戻ると、ココアがビスケットを添えて出てきました。<br />ホテルオーナーの娘さんに「手間と取らせて申し訳ない。実は40代の頃、ここに家族で一泊したことがあり、今年、この地域にまた旅行に来るにあたり、一泊の予約しようとしたが、部屋が無かったので断念したたのです。<br />これもあって懐かしくて立ち寄ったのですよ」と申し上げた。<br /><br />写真はエッガースベルク城:レストランReiterklause騎手の間

    <お茶:古城ホテル エッガースベルク城レストランReiterklause騎手(騎兵)の間で>
    15:50~16:35  

    騎手の間に戻ると、ココアがビスケットを添えて出てきました。
    ホテルオーナーの娘さんに「手間と取らせて申し訳ない。実は40代の頃、ここに家族で一泊したことがあり、今年、この地域にまた旅行に来るにあたり、一泊の予約しようとしたが、部屋が無かったので断念したたのです。
    これもあって懐かしくて立ち寄ったのですよ」と申し上げた。

    写真はエッガースベルク城:レストランReiterklause騎手の間

  • ココアが無料!<br /><br />別室に居た父上にその事を話したのだろう。帰り際に勘定をしようとすると、オーナーが「昔のお客様がわざわざ御出で頂いたのだから、今日は私のおごりですよ」と言われた。<br />大変恐縮しながらも、嬉しいものだった。<br />さて、次回にチャンスがあるものか?<br /><br />写真はエッガースベルク城:レストランReiterklause騎手の間

    ココアが無料!

    別室に居た父上にその事を話したのだろう。帰り際に勘定をしようとすると、オーナーが「昔のお客様がわざわざ御出で頂いたのだから、今日は私のおごりですよ」と言われた。
    大変恐縮しながらも、嬉しいものだった。
    さて、次回にチャンスがあるものか?

    写真はエッガースベルク城:レストランReiterklause騎手の間

  • 写真はBeilngriesバイルングリースの紋章

    写真はBeilngriesバイルングリースの紋章

  • 写真は歴史地区Beilngriesバイルングリースの看板

    写真は歴史地区Beilngriesバイルングリースの看板

  • 写真はBeilengriesバイルングリース_ 1843年

    写真はBeilengriesバイルングリース_ 1843年

  • 気分よく、エッガースベルク城から走り出し、35km先のBeilingriesバイルングリースの町に着いた。旧市街の中心にあり、目立つ木組みの家なので直ぐにホテルは分かった。Romntik Hotel Der Millippロマンチックホテル デア ミリップに17:10に到着した。<br /><br />写真はRomntik Hotel Der Millippロマンチックホテル デア ミリップの正面

    気分よく、エッガースベルク城から走り出し、35km先のBeilingriesバイルングリースの町に着いた。旧市街の中心にあり、目立つ木組みの家なので直ぐにホテルは分かった。Romntik Hotel Der Millippロマンチックホテル デア ミリップに17:10に到着した。

    写真はRomntik Hotel Der Millippロマンチックホテル デア ミリップの正面

  • 良いことが続いた旅の最後はとんでもない事が待っていた。<br /><br />このホテルの駐車場はホテルの裏手100mぐらい行った所にあり、狭い横丁を入って行くのだが、初めてのお客には分からない。<br />車をホテルの横丁に入れて、対向車が来ないか気になりつつ、ホテル内に入ってレセプションの女の子に駐車場の場所を聞く。<br /><br />彼女は「ホテルの裏手にある」とつっけんどんに言う。悪い予感がしたが、もう一度と聞いて一緒に来て教えてと頼むと、機嫌悪そうな顔をしてついてきて、横丁の先を指してこれを行くとあると言う。車に乗って先に行くと、確かにホテルの駐車場の看板があった。<br />重いトランクを出し、(ホテル前にトランクを降ろしておけば良かったと思いつ)デコボコした石畳の道を引っ張りながらホテルに戻った。<br /><br />写真はロマンチックホテル デア ミリップ:道路の反対側から

    良いことが続いた旅の最後はとんでもない事が待っていた。

    このホテルの駐車場はホテルの裏手100mぐらい行った所にあり、狭い横丁を入って行くのだが、初めてのお客には分からない。
    車をホテルの横丁に入れて、対向車が来ないか気になりつつ、ホテル内に入ってレセプションの女の子に駐車場の場所を聞く。

    彼女は「ホテルの裏手にある」とつっけんどんに言う。悪い予感がしたが、もう一度と聞いて一緒に来て教えてと頼むと、機嫌悪そうな顔をしてついてきて、横丁の先を指してこれを行くとあると言う。車に乗って先に行くと、確かにホテルの駐車場の看板があった。
    重いトランクを出し、(ホテル前にトランクを降ろしておけば良かったと思いつ)デコボコした石畳の道を引っ張りながらホテルに戻った。

    写真はロマンチックホテル デア ミリップ:道路の反対側から

  • 悪いことにあの娘がチェックインのカウンターに座っていた。<br />勿論ニコリともせずにPCに向かったまま、名前を聞いた。(陰の声:この娘、体調が悪いにしても、遠くから来たお客、しかも2泊もするお客だから、予約リストで分かっているだろうに、事前に予約客の事を知ろうとするはずだ・・・)<br /><br />こちらの名前を言うのだが、分からない顔してもう一度という。これにはカチンと来て、何だと声高に叱りつけると、ブスっとしたまま返事もせず。<br />あんたのボスを呼びなさいと言うといなくなあった。最初から東洋人に対する蔑視感が見え見えでこの態度は実に不快だった。<br /><br />ドイツは駐在時や、退職後の旅も十数回しているが、かかる対応は初めての事だった。<br />少しすると女主人がやって来て、娘に何を聞かされたのか、最初から戦闘態勢である。本来ならば、まず従業員の非礼を謝る立場だが、そんな気もなかった女性経営者も最悪だった。ひと悶着した後、ともあれチェックインした。<br /><br />写真はロマンチックホテル デア ミリップ:3階204号室

    悪いことにあの娘がチェックインのカウンターに座っていた。
    勿論ニコリともせずにPCに向かったまま、名前を聞いた。(陰の声:この娘、体調が悪いにしても、遠くから来たお客、しかも2泊もするお客だから、予約リストで分かっているだろうに、事前に予約客の事を知ろうとするはずだ・・・)

    こちらの名前を言うのだが、分からない顔してもう一度という。これにはカチンと来て、何だと声高に叱りつけると、ブスっとしたまま返事もせず。
    あんたのボスを呼びなさいと言うといなくなあった。最初から東洋人に対する蔑視感が見え見えでこの態度は実に不快だった。

    ドイツは駐在時や、退職後の旅も十数回しているが、かかる対応は初めての事だった。
    少しすると女主人がやって来て、娘に何を聞かされたのか、最初から戦闘態勢である。本来ならば、まず従業員の非礼を謝る立場だが、そんな気もなかった女性経営者も最悪だった。ひと悶着した後、ともあれチェックインした。

    写真はロマンチックホテル デア ミリップ:3階204号室

  • ⑧⑨2018年5月17日(木)、5月18日(金)~5月19日(土)2泊 <br /><Romntik Hotel Der Millippロマンチックホテル デア ミリップ><br />D-92339 Beilingries 、Hauptstrasse9<br />TEL: 49(0)8461 1203 、FAX: -7870<br />http://www.millipp.de/<br /><br />4星・全18室。3階204号室、DZ・Euro115X2泊=230(朝食込み:30,649円)。<br />ホテルの部屋は真下にテラスレストランが見えるから写真の左側の部屋になる。<br />木組みの家らしく、骨組や梁が目立つ作りだ。ロマンチックホテル加盟ホテルだが、その割に水、スリッパ、浴用ガウンのサービスは無かった。<br /><br />写真はロマンチックホテル デア ミリップ:3階204号室

    ⑧⑨2018年5月17日(木)、5月18日(金)~5月19日(土)2泊 
    <Romntik Hotel Der Millippロマンチックホテル デア ミリップ>
    D-92339 Beilingries 、Hauptstrasse9
    TEL: 49(0)8461 1203 、FAX: -7870
    http://www.millipp.de/

    4星・全18室。3階204号室、DZ・Euro115X2泊=230(朝食込み:30,649円)。
    ホテルの部屋は真下にテラスレストランが見えるから写真の左側の部屋になる。
    木組みの家らしく、骨組や梁が目立つ作りだ。ロマンチックホテル加盟ホテルだが、その割に水、スリッパ、浴用ガウンのサービスは無かった。

    写真はロマンチックホテル デア ミリップ:3階204号室

  • レストランはバイエルン料理を主としたもので、夕食は一泊一人あたりEuro19で食べられるがこのシステムは利用しなかった。<br /><br />この町の中心にあるロマチックホテル デア ミリップは、元々は創業1401年の肉屋であり、今も肉屋とホテルを兼営しているが、16代を数える家業の家は5階建ての美しい木組み建築(木骨造り)の姿が特徴的である。<br />チェックイン15時、チェックアウト11時。<br /><br />写真はロマンチックホテル デア ミリップのメインレストラン

    レストランはバイエルン料理を主としたもので、夕食は一泊一人あたりEuro19で食べられるがこのシステムは利用しなかった。

    この町の中心にあるロマチックホテル デア ミリップは、元々は創業1401年の肉屋であり、今も肉屋とホテルを兼営しているが、16代を数える家業の家は5階建ての美しい木組み建築(木骨造り)の姿が特徴的である。
    チェックイン15時、チェックアウト11時。

    写真はロマンチックホテル デア ミリップのメインレストラン

  • むかっ腹だったが、1時間ほど休憩し、今晩だけは予約を入れていた夕食をホテルで食べることにした。<br /><br /><夕食:ロマンチックホテル デア ミリップのメインレストランで><br />19;00~21:00  Euro56(7,462円)<br /><br />ベテランの男性が担当についた。てきぱきと愛想も良く、料理も満足のいくものだった。<br /><br />飲み物はフランケンのRiesling 0.25L@Euro4.7X2=9.4、水Still0.75L Euro4.5。<br />料理は3品(もっともスープ・デザートは2人でシェアーした)である。<br /><br />写真はロマンチックホテル デア ミリップのメインレストラン

    むかっ腹だったが、1時間ほど休憩し、今晩だけは予約を入れていた夕食をホテルで食べることにした。

    <夕食:ロマンチックホテル デア ミリップのメインレストランで>
    19;00~21:00  Euro56(7,462円)

    ベテランの男性が担当についた。てきぱきと愛想も良く、料理も満足のいくものだった。

    飲み物はフランケンのRiesling 0.25L@Euro4.7X2=9.4、水Still0.75L Euro4.5。
    料理は3品(もっともスープ・デザートは2人でシェアーした)である。

    写真はロマンチックホテル デア ミリップのメインレストラン

  • スープ:Rinderkraftbruehe mit Gemuese自家製の野菜入りビーフ コンソメ(Euro3.9)、<br /><br />メイン:私は牛ステーキにZwiebelrostbratenオニオンロースト、炒めたジャガイモ、サラダ添え(Euro16.8)、家内は魚のZanderfiletザンダーのフィレ(大型淡水魚、パイクパーチともいう)のフライにリースリングのソースかけ、ジャガイモ、野菜添え(Euro15.9)、<br /><br />デザート:ミックスアイス(Euro3.3)でした。<br /><br />写真はロマンチックホテル デア ミリップのメインレストラン

    スープ:Rinderkraftbruehe mit Gemuese自家製の野菜入りビーフ コンソメ(Euro3.9)、

    メイン:私は牛ステーキにZwiebelrostbratenオニオンロースト、炒めたジャガイモ、サラダ添え(Euro16.8)、家内は魚のZanderfiletザンダーのフィレ(大型淡水魚、パイクパーチともいう)のフライにリースリングのソースかけ、ジャガイモ、野菜添え(Euro15.9)、

    デザート:ミックスアイス(Euro3.3)でした。

    写真はロマンチックホテル デア ミリップのメインレストラン

  • 飲み物:フランケンのリースリングとガス無し水<br /><br />写真はロマンチックホテル デア ミリップのメインレストラン

    飲み物:フランケンのリースリングとガス無し水

    写真はロマンチックホテル デア ミリップのメインレストラン

  • スープ:自家製の野菜入りビーフ コンソメ<br /><br />写真はロマンチックホテル デア ミリップのメインレストラン

    スープ:自家製の野菜入りビーフ コンソメ

    写真はロマンチックホテル デア ミリップのメインレストラン

  • メイン:牛ステーキにオニオンロースト<br /><br />写真はロマンチックホテル デア ミリップのメインレストラン

    メイン:牛ステーキにオニオンロースト

    写真はロマンチックホテル デア ミリップのメインレストラン

  • メイン:ザンダーのフィレのフライ<br /><br />写真はロマンチックホテル デア ミリップのメインレストラン

    メイン:ザンダーのフィレのフライ

    写真はロマンチックホテル デア ミリップのメインレストラン

  • デザート:ミックスアイス<br /><br />写真はロマンチックホテル デア ミリップのメインレストラン

    デザート:ミックスアイス

    写真はロマンチックホテル デア ミリップのメインレストラン

  • 人口7,000人のBeilingriesバイルングリースはIngolstadインゴルシュタットまで35km、アウトバーンA9まで15分、ニュルンベルクにも車で45分という便利な距離にある。<br />バイエルン州オーバーバイエルンのアイヒシュテット郡に属し、アルトミュールタール自然公園内にあって、アルトミュールタール(渓谷)観光の基地に適した町といえる。<br />また、アルトミュール川沿いに発展した町の北にマイン・ドナウ川を結ぶ運河が流れる。<br />市内に市民のカラフルな家並みが並ぶ旧市街、おもちゃ博物館、近郊にSchloss Hirschbergヒルシュベルク城、鍾乳洞がある。<br /><br />・・・・・<br /><br />写真は高台に立つSchloss Hirschbergヒルシュベルク城の夕がたの景色

    イチオシ

    人口7,000人のBeilingriesバイルングリースはIngolstadインゴルシュタットまで35km、アウトバーンA9まで15分、ニュルンベルクにも車で45分という便利な距離にある。
    バイエルン州オーバーバイエルンのアイヒシュテット郡に属し、アルトミュールタール自然公園内にあって、アルトミュールタール(渓谷)観光の基地に適した町といえる。
    また、アルトミュール川沿いに発展した町の北にマイン・ドナウ川を結ぶ運河が流れる。
    市内に市民のカラフルな家並みが並ぶ旧市街、おもちゃ博物館、近郊にSchloss Hirschbergヒルシュベルク城、鍾乳洞がある。

    ・・・・・

    写真は高台に立つSchloss Hirschbergヒルシュベルク城の夕がたの景色

  • おまけの追加写真:<br /><br />Pfingstenフィングスティン(聖霊降臨祭)の休み(1984年6月9日~11日)を利用して、6月8日(金)の夜7時にデュッセルドルフを出発し、フランケン、アルトミュールタール方面に小旅行に出た。<br /><br />ニュルンベルク、アルトミュールタールのBurg Prunnプルン城、ケールハイム・ベフライウングスハレ解放記念堂、ドナウ観光船(往復)、ベルテンブルガー僧院、Burgruine Randeckランデック城址、Burg Rosenburg ローゼンブルク城、Schlosshotel Eggersberg古城ホテル エッガースベルク城(9日1泊)、レーゲンスブルク、バンベルク、Schlosshotel Saaleck古城ホテル ザーレック城(10日1泊)、そして最終日の11日はライン下りをしてデュッセルドルフに帰った。<br /><br />写真は1984年6月9日ドナウ観光船(往復):<br />右回りに①2018年の旅と同じ名のケールハイム号に乗船、<br />②解放記念堂を背に船上で娘と、<br />③ドナウ観光の「石になった乙女の岩>、<br />④ドナウ川が一番狭くなる辺りをバックに。<br /><br />

    おまけの追加写真:

    Pfingstenフィングスティン(聖霊降臨祭)の休み(1984年6月9日~11日)を利用して、6月8日(金)の夜7時にデュッセルドルフを出発し、フランケン、アルトミュールタール方面に小旅行に出た。

    ニュルンベルク、アルトミュールタールのBurg Prunnプルン城、ケールハイム・ベフライウングスハレ解放記念堂、ドナウ観光船(往復)、ベルテンブルガー僧院、Burgruine Randeckランデック城址、Burg Rosenburg ローゼンブルク城、Schlosshotel Eggersberg古城ホテル エッガースベルク城(9日1泊)、レーゲンスブルク、バンベルク、Schlosshotel Saaleck古城ホテル ザーレック城(10日1泊)、そして最終日の11日はライン下りをしてデュッセルドルフに帰った。

    写真は1984年6月9日ドナウ観光船(往復):
    右回りに①2018年の旅と同じ名のケールハイム号に乗船、
    ②解放記念堂を背に船上で娘と、
    ③ドナウ観光の「石になった乙女の岩>、
    ④ドナウ川が一番狭くなる辺りをバックに。

  • 写真は1984年6月9日Schlosshotel Eggersberg古城ホテル エッガースベルク城に1泊:<br /><br />当時の私共も若かったが、エッガースベルク城の様子も生き生きとしている。<br />写真を見ていたら、中央下にBurg Rosenburg ローゼンブルク城の写真があった。<br />鷹匠の実演ショーは1984年6月9日当日は見ていないが、この頃からタカ類の飼育もされていたようだ。<br /> <br /><br /> 

    写真は1984年6月9日Schlosshotel Eggersberg古城ホテル エッガースベルク城に1泊:

    当時の私共も若かったが、エッガースベルク城の様子も生き生きとしている。
    写真を見ていたら、中央下にBurg Rosenburg ローゼンブルク城の写真があった。
    鷹匠の実演ショーは1984年6月9日当日は見ていないが、この頃からタカ類の飼育もされていたようだ。


     

35いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

旅の計画・記録

マイルに交換できるフォートラベルポイントが貯まる
フォートラベルポイントって?

ドイツで使うWi-Fiはレンタルしましたか?

フォートラベル GLOBAL WiFiなら
ドイツ最安 450円/日~

  • 空港で受取・返却可能
  • お得なポイントがたまる

ドイツの料金プランを見る

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

この旅行記の地図

拡大する

PAGE TOP

ピックアップ特集