古城街道周辺旅行記(ブログ) 一覧に戻る
≪2018年ドイツの春:フランケン地方・オーバープファルツ地方の旅≫<br />2018年5月10日(木)~5月24日(木)15日間<br /><br />目的地:バイエルン州フランケン地方・オーバープファルツ地方を中心に巡る。<br />(ニュルンベルクを中心としたFrankenフランケン地方、レーゲンスブルクを中心としたOstbayern東バイエルンのOberpfalzオーバープファルツ地方)<br /><br />①5月10日Spessartシュペッサート地方の選帝侯の古城ホテル ヴァイバーヘーフェに泊まる<br />②5月11日ウンターフランケン地方の要塞都市デッテルバッハ<br />③5月11日リーメンシュナイダーの傑作マリア巡礼教会にある“ぶどう園のマリア”とマイン川の蛇行<br />④5月12日フランケン・スイス地方の古城群:ドイツの英雄クラウス・シュタウフェンベルグ大佐ゆかりの城を訪ねる。<br />⑤5月13日フランケン・スイス地方の古城群:出くわした30年戦争時のツワモノども<br />番外編・フランケンの春、オースターアイ(復活祭の飾り卵)が見られる町や村を巡った。<br />⑥5月13日フランケン・スイス地方の古城群:人気の古城ホテル ラーベン(カラス)シュタイン城に2泊<br />⑦5月14日フランケン・スイス地方の古城群:100mの高さの岩壁に立つ古城エグロフシュタイン城の姿は絵画的な美しさである。<br />⑧5月15日懐かしの古城ホテル ヴェルンベルク城とアザム兄弟の作品が見られるミッシェルフェルト修道院<br />番外編・伝説:アッシジの聖フランシスコがグッビオの町を狼から救った話<br />⑨5月15日この旅一番のグルメレストラン・白樺の館(カワセミ)にて<br />⑩5月16日レーゲンスブルクの名物焼きソーセージとダンプヌーデルン<br />番外編・三十年戦争の逸話:フォルヒハイムの“Mauerscheisser” (壁のような糞をする奴!)<br />⑪5月17日:ナポレオンが置き忘れた旅行カバンが見られるドナウ観光船に乗る。<br />⑫5月17日:ローゼンブルク城の上空を舞う鷹たちの飛翔がすごい<br />⑬5月17日:40代の頃、家族で一泊した懐かしの古城ホテル エッガースベルク城 <br />⑭5月18日:要塞都市ベルヒングと古城ホテル アルンスベルク城<br />⑮5月18日:要塞都市バイルングリースの旧市街、整然とした家並み、市城壁、塔を歩いてみるのは楽しい。<br />⑯5月19日:宗教都市アイヒシュテットと聖ウィリバルド・聖ウィニバルド・聖ヴァルブルガの3兄妹<br />⑰5月19日:英雄の城パッペンハイム城とローマ軍団の宝物が発掘された要塞都市ヴァイセンブルク<br />⑱5月20日:アンスバッハ辺境伯ゲオルクの建てたラティボー宮殿、ランガウの王冠と称されたアーベンベルク城<br /><br />写真はRoth:Schloss Ratiborラティボー宮殿のDer Prunksaal豪華な大広間(祝典の間)と部屋割り図のパンフレット

2018年ドイツの春:⑱アンスバッハ辺境伯ゲオルクの建てたラティボー宮殿、ランガウの王冠と称されたアーベンベルク城

28いいね!

2018/05/10 - 2018/05/24

18位(同エリア101件中)

jijidaruma

jijidarumaさん

≪2018年ドイツの春:フランケン地方・オーバープファルツ地方の旅≫
2018年5月10日(木)~5月24日(木)15日間

目的地:バイエルン州フランケン地方・オーバープファルツ地方を中心に巡る。
(ニュルンベルクを中心としたFrankenフランケン地方、レーゲンスブルクを中心としたOstbayern東バイエルンのOberpfalzオーバープファルツ地方)

①5月10日Spessartシュペッサート地方の選帝侯の古城ホテル ヴァイバーヘーフェに泊まる
②5月11日ウンターフランケン地方の要塞都市デッテルバッハ
③5月11日リーメンシュナイダーの傑作マリア巡礼教会にある“ぶどう園のマリア”とマイン川の蛇行
④5月12日フランケン・スイス地方の古城群:ドイツの英雄クラウス・シュタウフェンベルグ大佐ゆかりの城を訪ねる。
⑤5月13日フランケン・スイス地方の古城群:出くわした30年戦争時のツワモノども
番外編・フランケンの春、オースターアイ(復活祭の飾り卵)が見られる町や村を巡った。
⑥5月13日フランケン・スイス地方の古城群:人気の古城ホテル ラーベン(カラス)シュタイン城に2泊
⑦5月14日フランケン・スイス地方の古城群:100mの高さの岩壁に立つ古城エグロフシュタイン城の姿は絵画的な美しさである。
⑧5月15日懐かしの古城ホテル ヴェルンベルク城とアザム兄弟の作品が見られるミッシェルフェルト修道院
番外編・伝説:アッシジの聖フランシスコがグッビオの町を狼から救った話
⑨5月15日この旅一番のグルメレストラン・白樺の館(カワセミ)にて
⑩5月16日レーゲンスブルクの名物焼きソーセージとダンプヌーデルン
番外編・三十年戦争の逸話:フォルヒハイムの“Mauerscheisser” (壁のような糞をする奴!)
⑪5月17日:ナポレオンが置き忘れた旅行カバンが見られるドナウ観光船に乗る。
⑫5月17日:ローゼンブルク城の上空を舞う鷹たちの飛翔がすごい
⑬5月17日:40代の頃、家族で一泊した懐かしの古城ホテル エッガースベルク城 
⑭5月18日:要塞都市ベルヒングと古城ホテル アルンスベルク城
⑮5月18日:要塞都市バイルングリースの旧市街、整然とした家並み、市城壁、塔を歩いてみるのは楽しい。
⑯5月19日:宗教都市アイヒシュテットと聖ウィリバルド・聖ウィニバルド・聖ヴァルブルガの3兄妹
⑰5月19日:英雄の城パッペンハイム城とローマ軍団の宝物が発掘された要塞都市ヴァイセンブルク
⑱5月20日:アンスバッハ辺境伯ゲオルクの建てたラティボー宮殿、ランガウの王冠と称されたアーベンベルク城

写真はRoth:Schloss Ratiborラティボー宮殿のDer Prunksaal豪華な大広間(祝典の間)と部屋割り図のパンフレット

旅行の満足度
4.5
同行者
カップル・夫婦(シニア)
一人あたり費用
30万円 - 50万円
交通手段
レンタカー
航空会社
JAL
旅行の手配内容
個別手配

PR

  • ハイデックから北に15km走ると、Rothロート・Schloss Ratiborラティボー宮殿があり、西に走ると順次、 Burg Abenberg アベンベルグ城、Festung Lichtenauリヒテナウ要塞、Ansbachアンスバッハ・Markgraefliche Residenz宮殿となる。<br /><br />写真はBurgenstrasse古城街道の図

    ハイデックから北に15km走ると、Rothロート・Schloss Ratiborラティボー宮殿があり、西に走ると順次、 Burg Abenberg アベンベルグ城、Festung Lichtenauリヒテナウ要塞、Ansbachアンスバッハ・Markgraefliche Residenz宮殿となる。

    写真はBurgenstrasse古城街道の図

  • 5月20日(日): 晴後曇り、 22℃、 83km<br />ホテル シュロス クロイト出発9:30 ->L?  15km  Rothロート・Schloss Ratiborラティボー宮殿->B4R・(Roth)L? 13km  Abenbergアベンベルグ・Hotel Burg Abenberg 古城ホテルアベンベルグ ->L?  27km Lichtenauリヒテナウ・Festung Lichtenauリヒテナウ要塞 ->L?  9km Ansbachアンスバッハ・Markgraefliche Residenz宮殿 ->B13 ・L?  19km  Colmbergコルムベルク・Burg Hotel Colmberg・古城ホテル コルムベルクには16:53到着。<br /><br />写真はホテル シュロス クロイト:朝食

    5月20日(日): 晴後曇り、 22℃、 83km
    ホテル シュロス クロイト出発9:30 ->L?  15km  Rothロート・Schloss Ratiborラティボー宮殿->B4R・(Roth)L? 13km Abenbergアベンベルグ・Hotel Burg Abenberg 古城ホテルアベンベルグ ->L?  27km Lichtenauリヒテナウ・Festung Lichtenauリヒテナウ要塞 ->L?  9km Ansbachアンスバッハ・Markgraefliche Residenz宮殿 ->B13 ・L? 19km Colmbergコルムベルク・Burg Hotel Colmberg・古城ホテル コルムベルクには16:53到着。

    写真はホテル シュロス クロイト:朝食

  • *起床6時半、朝食8:00~8:30。9時半にチェックアウトし、ホテル シュロス クロイトを出発。<br />予想以上に宿泊客がいたようだ。<br /><br />写真はホテル シュロス クロイト:宿泊棟

    *起床6時半、朝食8:00~8:30。9時半にチェックアウトし、ホテル シュロス クロイトを出発。
    予想以上に宿泊客がいたようだ。

    写真はホテル シュロス クロイト:宿泊棟

  • 写真はホテル シュロス クロイト:城門

    写真はホテル シュロス クロイト:城門

  • 写真はホテル シュロス クロイト:古城から見えるハイデック村はこうしてみると山間の小村である。

    写真はホテル シュロス クロイト:古城から見えるハイデック村はこうしてみると山間の小村である。

  • 写真はWappen_von_Rothロートの紋章

    写真はWappen_von_Rothロートの紋章

  • 15kmの Rothロートまで走る。<br />Schloss Ratiborラティボー宮殿近くの無料駐車場に車を停めて、宮殿まで歩く。<br /><br />尚、昨日の土曜日は「Rother Spargelfestシュパーゲル祭り」がマルクト広場で10時~17時に行われたようだ。今年は20周年という事で盛大だったようだが、一日ずれた。<br /><br />写真はRothロート・:Schloss_Ratiborラティボー宮殿:俯瞰

    15kmの Rothロートまで走る。
    Schloss Ratiborラティボー宮殿近くの無料駐車場に車を停めて、宮殿まで歩く。

    尚、昨日の土曜日は「Rother Spargelfestシュパーゲル祭り」がマルクト広場で10時~17時に行われたようだ。今年は20周年という事で盛大だったようだが、一日ずれた。

    写真はRothロート・:Schloss_Ratiborラティボー宮殿:俯瞰

  • <Roth:Schloss Ratiborラティボー宮殿><br />D-91154 Roth 、Hauptstr. 1<br />http://www.schloss-ratibor.de/index.php?id=370<br /><br />10:00~11:20  <br />入場券Euro6(804円)+絵葉書2枚Euro0.8(107円)<br /><br />開館時間:火~日・祭日、10時~17時。<br />丁度開館したところで、自由見学がOKでした。<br /><br />写真はRothロート・Schloss Ratiborラティボー宮殿

    <Roth:Schloss Ratiborラティボー宮殿>
    D-91154 Roth 、Hauptstr. 1
    http://www.schloss-ratibor.de/index.php?id=370

    10:00~11:20  
    入場券Euro6(804円)+絵葉書2枚Euro0.8(107円)

    開館時間:火~日・祭日、10時~17時。
    丁度開館したところで、自由見学がOKでした。

    写真はRothロート・Schloss Ratiborラティボー宮殿

  • 写真はロート・ラティボー宮殿:中庭と菩提樹

    写真はロート・ラティボー宮殿:中庭と菩提樹

  • 城内の中庭には狩猟の城館らしく、大きな菩提樹の下に泉が作られ、狩猟の姿の辺境伯(敬虔伯ゲオルク)と思われる像が犬を従えて立っていた。<br /><br />写真はロート・ラティボー宮殿:狩猟の館らしい、噴水。

    城内の中庭には狩猟の城館らしく、大きな菩提樹の下に泉が作られ、狩猟の姿の辺境伯(敬虔伯ゲオルク)と思われる像が犬を従えて立っていた。

    写真はロート・ラティボー宮殿:狩猟の館らしい、噴水。

  • 城館の壁には新しい城主を迎える騎士や民の姿の壁画が描かれていた。<br /><br />写真はロート・ラティボー宮殿:城主を迎える騎士や民の姿の壁画

    城館の壁には新しい城主を迎える騎士や民の姿の壁画が描かれていた。

    写真はロート・ラティボー宮殿:城主を迎える騎士や民の姿の壁画

  • 写真はロート・ラティボー宮殿:天守閣と城郭

    写真はロート・ラティボー宮殿:天守閣と城郭

  • さて、Markgraf von Brandenburg-Ansbachブランデンブルク・アンスバッハ辺境伯Georg der Fromme敬虔伯ゲオルク(信奉者(der Bekenner)とも呼ばれ、ルターの宗教改革を支持し、プロテスタントの布教に尽くした)が、1535~1537年にラティボー宮殿(狩猟の城館)を建設した。<br /><br />以降Alexanderアレクサンダーまで、ホーエンツォレルン家(南ドイツのシュヴァーベン地方に発祥したヨーロッパの名家、ドイツ皇帝やルーマニア国王も出した一族)の支配地であった。<br /><br />写真はGeorg_der_Fromme敬虔伯ゲオルク_1564年Cranachクラナハ作

    さて、Markgraf von Brandenburg-Ansbachブランデンブルク・アンスバッハ辺境伯Georg der Fromme敬虔伯ゲオルク(信奉者(der Bekenner)とも呼ばれ、ルターの宗教改革を支持し、プロテスタントの布教に尽くした)が、1535~1537年にラティボー宮殿(狩猟の城館)を建設した。

    以降Alexanderアレクサンダーまで、ホーエンツォレルン家(南ドイツのシュヴァーベン地方に発祥したヨーロッパの名家、ドイツ皇帝やルーマニア国王も出した一族)の支配地であった。

    写真はGeorg_der_Fromme敬虔伯ゲオルク_1564年Cranachクラナハ作

  • 1985年から<ラティボー宮殿博物館>が開館した。<br /><br />城内の順路は砂岩でできた玄関入口から入り、直ぐにチケット売り場があって、その横の①Treppenhaus 階段ハウスを上がる。<br /><br />写真はロート・ラティボー宮殿:豪華な大広間(祝典の間)と部屋割り図のパンフレット

    イチオシ

    1985年から<ラティボー宮殿博物館>が開館した。

    城内の順路は砂岩でできた玄関入口から入り、直ぐにチケット売り場があって、その横の①Treppenhaus 階段ハウスを上がる。

    写真はロート・ラティボー宮殿:豪華な大広間(祝典の間)と部屋割り図のパンフレット

  • 城内見学は自由で、この階段を上る。<br /><br />写真はロート・ラティボー宮殿:①Treppenhaus階段ハウス

    城内見学は自由で、この階段を上る。

    写真はロート・ラティボー宮殿:①Treppenhaus階段ハウス

  • ここの踊り場には敬虔伯ゲオルク、伯妃、紋章を描いたガラス窓が見られ、<br />・・・更に2階に上がった。<br /><br />写真はロート・ラティボー宮殿:狩猟の城館らしい階段

    ここの踊り場には敬虔伯ゲオルク、伯妃、紋章を描いたガラス窓が見られ、
    ・・・更に2階に上がった。

    写真はロート・ラティボー宮殿:狩猟の城館らしい階段

  • 2階の右手に回ると、②Kaminzimmer暖炉の間があり、格間天井(Kassettendeckeごうまてんじょう:建築において天井を覆う正方形、長方形、八角形などの形状のくぼんだパネルを意味する)やルネサンス風の見事な家具が置かれていた。サロンに利用したのだろう。<br /><br />写真はロート・ラティボー宮殿:狩猟の城館内・②Kaminzimmer暖炉の間の格間天井

    2階の右手に回ると、②Kaminzimmer暖炉の間があり、格間天井(Kassettendeckeごうまてんじょう:建築において天井を覆う正方形、長方形、八角形などの形状のくぼんだパネルを意味する)やルネサンス風の見事な家具が置かれていた。サロンに利用したのだろう。

    写真はロート・ラティボー宮殿:狩猟の城館内・②Kaminzimmer暖炉の間の格間天井

  • 写真はロート・ラティボー宮殿:②Kaminzimmer暖炉の間・ルネサンス風の見事な家具

    写真はロート・ラティボー宮殿:②Kaminzimmer暖炉の間・ルネサンス風の見事な家具

  • ③Musikzimmer音楽室ではかつては紅茶を楽しんだそうだ。<br />ここには敬虔伯ゲオルクの経歴、創立碑などの説明が有る。<br /><br />写真はロート・ラティボー宮殿:③Musikzimmer音楽室

    ③Musikzimmer音楽室ではかつては紅茶を楽しんだそうだ。
    ここには敬虔伯ゲオルクの経歴、創立碑などの説明が有る。

    写真はロート・ラティボー宮殿:③Musikzimmer音楽室

  • ④Barockzimmerバロックの間には18世紀後期の壁絵のオリジナルが見られる。<br /><br />4写真はロート・ラティボー宮殿:Barockzimmerバロックの間

    ④Barockzimmerバロックの間には18世紀後期の壁絵のオリジナルが見られる。

    4写真はロート・ラティボー宮殿:Barockzimmerバロックの間

  • ⑤Seitz-Galerieザイツ・ギャラリーはロートの画家Anton Seitzアントン・ザイツ(1829~1900年)の作品や特別展の作品が展示されれている。<br /><br />写真はロート・ラティボー宮殿:⑤Seitz-Galerieザイツ・ギャラリー

    ⑤Seitz-Galerieザイツ・ギャラリーはロートの画家Anton Seitzアントン・ザイツ(1829~1900年)の作品や特別展の作品が展示されれている。

    写真はロート・ラティボー宮殿:⑤Seitz-Galerieザイツ・ギャラリー

  • 戻って左に行くと、⑥Wintergarten冬の園の間あり、<br />その先は⑦ニュルンベルク・ルネサンス様式が保持されたSpeisesaal食事の広間(1893年)になっていて、美しく飾られた広間に豪勢な革張りと思われる、長い食卓が中央に置かれていた。<br /><br />写真はロート・ラティボー宮殿:⑦Speisesaal食事の広間

    戻って左に行くと、⑥Wintergarten冬の園の間あり、
    その先は⑦ニュルンベルク・ルネサンス様式が保持されたSpeisesaal食事の広間(1893年)になっていて、美しく飾られた広間に豪勢な革張りと思われる、長い食卓が中央に置かれていた。

    写真はロート・ラティボー宮殿:⑦Speisesaal食事の広間

  • 写真はロート・ラティボー宮殿:⑦Speisesaal食事の広間

    写真はロート・ラティボー宮殿:⑦Speisesaal食事の広間

  • サイドボードの上に長さ5m、幅1.6mの大きな絵画、この部屋を象徴する「Gastmahl im Hause Stieberシュティーバーの家の宴会」が架かっている。木彫りを施した壁や天井、床もまた見事なものだ。<br /><br />1791年、シュティーバー家は最後の辺境伯よりラティボー宮殿を購入し、1942年に未亡人がロートの町に宮殿を寄贈するまで所有していた。<br /><br />写真はロート・ラティボー宮殿:⑦Speisesaal食事の広間・「Gastmahl im Hause Stieberシュティーバーの家の宴会」

    イチオシ

    サイドボードの上に長さ5m、幅1.6mの大きな絵画、この部屋を象徴する「Gastmahl im Hause Stieberシュティーバーの家の宴会」が架かっている。木彫りを施した壁や天井、床もまた見事なものだ。

    1791年、シュティーバー家は最後の辺境伯よりラティボー宮殿を購入し、1942年に未亡人がロートの町に宮殿を寄贈するまで所有していた。

    写真はロート・ラティボー宮殿:⑦Speisesaal食事の広間・「Gastmahl im Hause Stieberシュティーバーの家の宴会」

  • 更にすごいと言うか、ラティボー宮殿で最も見映えのあるのは16世紀のイタリア後期ルネサンス様式の祝典の間である。<br /><br />写真はロート・ラティボー宮殿:⑧Prunksaal_祝典の大広間

    更にすごいと言うか、ラティボー宮殿で最も見映えのあるのは16世紀のイタリア後期ルネサンス様式の祝典の間である。

    写真はロート・ラティボー宮殿:⑧Prunksaal_祝典の大広間

  • 謁見や舞踏会にも利用されたであろう。<br />ここは⑧Prunksaal豪華な大広間と称したもので、大広間のシャンデリア、ホメーロスの叙事詩オデュッセイアに登場するギリシャの神々を描いた天井画がその広間の名にふさわしいものでした。<br /><br />写真はロート・ラティボー宮殿:⑧祝典の大広間

    謁見や舞踏会にも利用されたであろう。
    ここは⑧Prunksaal豪華な大広間と称したもので、大広間のシャンデリア、ホメーロスの叙事詩オデュッセイアに登場するギリシャの神々を描いた天井画がその広間の名にふさわしいものでした。

    写真はロート・ラティボー宮殿:⑧祝典の大広間

  • 写真はロート・ラティボー宮殿:⑧祝典の大広間

    写真はロート・ラティボー宮殿:⑧祝典の大広間

  • 写真はロート・ラティボー宮殿:⑧祝典の大広間

    イチオシ

    写真はロート・ラティボー宮殿:⑧祝典の大広間

  • 写真はロート・ラティボー宮殿:⑧祝典の大広間

    写真はロート・ラティボー宮殿:⑧祝典の大広間

  • Prunksaalプルンクザールには20ほどの絵が描かれていると云うが、中でも長さ8m、幅3.5 mという天井画は最も美しいもので、タイトルは「Triumph der Schoenheit美の勝利」です。<br /><br />Aphroditeアフロディーテ、愛と美と性をつかさどるギリシャの女神は半円の中心に描かれている。<br /><br />写真はロート・ラティボー宮殿:⑧Prunksaal祝典の大広間_Iphigenie<br />フェルディナント・ワグナー作Triumph der Schoenheit美の勝利<br /><br />因みに前者のアフロディーテを描いたものとしてはイタリアルネサンス期の巨匠サンドロ・ボッティチェッリ『ヴィーナスの誕生』(1483年頃作)が有名だ。

    Prunksaalプルンクザールには20ほどの絵が描かれていると云うが、中でも長さ8m、幅3.5 mという天井画は最も美しいもので、タイトルは「Triumph der Schoenheit美の勝利」です。

    Aphroditeアフロディーテ、愛と美と性をつかさどるギリシャの女神は半円の中心に描かれている。

    写真はロート・ラティボー宮殿:⑧Prunksaal祝典の大広間_Iphigenie
    フェルディナント・ワグナー作Triumph der Schoenheit美の勝利

    因みに前者のアフロディーテを描いたものとしてはイタリアルネサンス期の巨匠サンドロ・ボッティチェッリ『ヴィーナスの誕生』(1483年頃作)が有名だ。

  • その他にも「Dionysosディオニューソス(ギリシャ神話に登場する豊穣、ブドウ酒と酩酊の神=バッカス)と妻Ariadneアリアドネー(クレータ王ミーノースの娘)」もありました。<br /><br />これはFerdinand Wagnerフェルディナント・ワグナー(1847年~1927年)の作品として知られている。<br /><br />写真はロート・ラティボー宮殿: ⑧Prunksaal祝典の大広間_フェルディナント・ワグナー作Dionysosディオニューソス妻Ariadneアリアドネー<br /><br />また、後者ではヴェネチィア派を代表する画家として、イタリアルネサンスの芸術家だけではなく、次世代以降の西洋絵画にも大きな影響を与えたティツィアーノ・ヴェチェッリオが1520年から1523年にかけて描いた絵画『バッカスとアリアドネー』がある。<br />

    その他にも「Dionysosディオニューソス(ギリシャ神話に登場する豊穣、ブドウ酒と酩酊の神=バッカス)と妻Ariadneアリアドネー(クレータ王ミーノースの娘)」もありました。

    これはFerdinand Wagnerフェルディナント・ワグナー(1847年~1927年)の作品として知られている。

    写真はロート・ラティボー宮殿: ⑧Prunksaal祝典の大広間_フェルディナント・ワグナー作Dionysosディオニューソス妻Ariadneアリアドネー

    また、後者ではヴェネチィア派を代表する画家として、イタリアルネサンスの芸術家だけではなく、次世代以降の西洋絵画にも大きな影響を与えたティツィアーノ・ヴェチェッリオが1520年から1523年にかけて描いた絵画『バッカスとアリアドネー』がある。

  • 写真を撮るには照明が強く、丁度管理人の小父さんが見回りに来られていたので、照明を消して頂き、写真を撮った。<br /><br />結局難しい結果となったが、嬉しい心使いでした。<br /><br />写真はロート・ラティボー宮殿:⑧祝典の大広間

    イチオシ

    写真を撮るには照明が強く、丁度管理人の小父さんが見回りに来られていたので、照明を消して頂き、写真を撮った。

    結局難しい結果となったが、嬉しい心使いでした。

    写真はロート・ラティボー宮殿:⑧祝典の大広間

  • また、小父さん曰く、「3階の郷土博物館にも子供のマンモス像(ロシアで発掘された)の特別展があり、面白いから見て行きなさい」と。<br /><br />写真はロート・ラティボー宮殿:⑧祝典の大広間

    また、小父さん曰く、「3階の郷土博物館にも子供のマンモス像(ロシアで発掘された)の特別展があり、面白いから見て行きなさい」と。

    写真はロート・ラティボー宮殿:⑧祝典の大広間

  • <Museum der Stadt Rothロート郷土博物館><br />ここではロートの町の歴史の数々と、残された様々な芸術品を見ることができる。<br /><br />写真はロート・ラティボー宮殿:郷土博物館の展示

    <Museum der Stadt Rothロート郷土博物館>
    ここではロートの町の歴史の数々と、残された様々な芸術品を見ることができる。

    写真はロート・ラティボー宮殿:郷土博物館の展示

  • 一番印象に残ったのは3階の①Museumsflur博物館廊下で、フェルディナント・ワグナーの絵などが架かり、長い廊下の左右にある部屋にさまざまな時代の展示が行われていた。<br /><br />写真はロート・ラティボー宮殿:①Museumsflur郷土博物館の廊下

    一番印象に残ったのは3階の①Museumsflur博物館廊下で、フェルディナント・ワグナーの絵などが架かり、長い廊下の左右にある部屋にさまざまな時代の展示が行われていた。

    写真はロート・ラティボー宮殿:①Museumsflur郷土博物館の廊下

  • 写真はロート・ラティボー宮殿:郷土博物館の展示

    写真はロート・ラティボー宮殿:郷土博物館の展示

  • 写真はロート・ラティボー宮殿:郷土博物館の展示・Allegorie_der_Kuenste_1600年

    写真はロート・ラティボー宮殿:郷土博物館の展示・Allegorie_der_Kuenste_1600年

  • 写真はロート・ラティボー宮殿:郷土博物館の展示

    写真はロート・ラティボー宮殿:郷土博物館の展示

  • ②Eisenhammer鉄のハンマーの歴史について。<br />③Rother Stadtgeschichteロートの町の歴史。<br />④Totenkrone死の王冠:死の王冠とは幼児や子供の葬儀でその若い死を悲しみ、慰めた飾りだと云う。この部屋にはロートの宗教改革の導入、19 世紀にカトリック教徒の再導入とユダヤ人のコミュニティの歴史などの展示がある。<br />⑤Gewerbe und Handwerk産業や工芸品。<br /><br />写真はロート・ラティボー宮殿:郷土博物館の展示

    ②Eisenhammer鉄のハンマーの歴史について。
    ③Rother Stadtgeschichteロートの町の歴史。
    ④Totenkrone死の王冠:死の王冠とは幼児や子供の葬儀でその若い死を悲しみ、慰めた飾りだと云う。この部屋にはロートの宗教改革の導入、19 世紀にカトリック教徒の再導入とユダヤ人のコミュニティの歴史などの展示がある。
    ⑤Gewerbe und Handwerk産業や工芸品。

    写真はロート・ラティボー宮殿:郷土博物館の展示

  • ⑥Stadtfahne mit Stadtwappen町旗、町の紋章。<br />⑦Turmzimmer塔内特別室には宮殿の創生の歴史(謂れや歴史)を描いたFerdinand Wagnerフェルディナント・ワグナー(1847年~1927年)の絵がある。<br />⑧Keramikgefaesse aus der Sammlung Erwin Oehl芸術家エルヴィン・エール(1907年~1988年)の私有コレクションから石器、土器、陶器、磁器、セラミックスガラス、スズ、銅作品などの展示。<br />⑨その他に人々の民族衣装や日常衣服、玩具・ミニチュアハウス、家具や食器、居住文化の歴史などなど。<br /><br />写真はロート・ラティボー宮殿:郷土博物館の展示

    ⑥Stadtfahne mit Stadtwappen町旗、町の紋章。
    ⑦Turmzimmer塔内特別室には宮殿の創生の歴史(謂れや歴史)を描いたFerdinand Wagnerフェルディナント・ワグナー(1847年~1927年)の絵がある。
    ⑧Keramikgefaesse aus der Sammlung Erwin Oehl芸術家エルヴィン・エール(1907年~1988年)の私有コレクションから石器、土器、陶器、磁器、セラミックスガラス、スズ、銅作品などの展示。
    ⑨その他に人々の民族衣装や日常衣服、玩具・ミニチュアハウス、家具や食器、居住文化の歴史などなど。

    写真はロート・ラティボー宮殿:郷土博物館の展示

  • 写真はロート・ラティボー宮殿:郷土博物館の展示

    写真はロート・ラティボー宮殿:郷土博物館の展示

  • 写真はロート・ラティボー宮殿:城内庭園

    写真はロート・ラティボー宮殿:城内庭園

  • 城内庭園の大きなシャクナゲも満開で美しい。<br /><br />ロートの町で、この旅2度目の給油をした。<br />シェル1025のガソリンスタンドは37.1L@1.289=Euro47.82(6,372円)でした。ここまで凡そ1,080kmを走っている。<br /><br />・・・・<br /><br />写真はロート・ラティボー宮殿:城内庭園

    城内庭園の大きなシャクナゲも満開で美しい。

    ロートの町で、この旅2度目の給油をした。
    シェル1025のガソリンスタンドは37.1L@1.289=Euro47.82(6,372円)でした。ここまで凡そ1,080kmを走っている。

    ・・・・

    写真はロート・ラティボー宮殿:城内庭園

  • 次の目的地は一度2泊(2009年4月25日(土)~27日(月))にしたことがある。道も分かりやすく13kmで Abenbergアベンベルグに至る。<br /><br />街道から見るBurg Abenberg古城ホテル アベンベルグ城は丘の上に旗をなびかせて、これぞドイツの典型的な城と思わせる。<br /><br />写真はHotel Burg Abenberg 古城ホテル アベンベルグ城:2009年4月25日

    次の目的地は一度2泊(2009年4月25日(土)~27日(月))にしたことがある。道も分かりやすく13kmで Abenbergアベンベルグに至る。

    街道から見るBurg Abenberg古城ホテル アベンベルグ城は丘の上に旗をなびかせて、これぞドイツの典型的な城と思わせる。

    写真はHotel Burg Abenberg 古城ホテル アベンベルグ城:2009年4月25日

  • アベンベルグ城が“Rangauランガウの王冠” (ランガウはニュルンベルクとフランケン高原の間の地域)と称せられているのも納得である。<br /><br />写真は古城ホテル アベンベルグ城:俯瞰

    アベンベルグ城が“Rangauランガウの王冠” (ランガウはニュルンベルクとフランケン高原の間の地域)と称せられているのも納得である。

    写真は古城ホテル アベンベルグ城:俯瞰

  • 11:55、アベンベルグ城に到着し、城外(昔は堀)の駐車場に停め、坂道を登って、城門前に着いた。<br /><br />写真は“Rangauランガウの王冠”古城ホテル アベンベルグ城

    イチオシ

    地図を見る

    11:55、アベンベルグ城に到着し、城外(昔は堀)の駐車場に停め、坂道を登って、城門前に着いた。

    写真は“Rangauランガウの王冠”古城ホテル アベンベルグ城

  • 門前に橋がかかり、少し行った左手に広い馬場があり、ここで“騎士の馬上試合”が行われたと云う。 <br /><br />写真は古城ホテル アベンベルグ城:城門前

    門前に橋がかかり、少し行った左手に広い馬場があり、ここで“騎士の馬上試合”が行われたと云う。 

    写真は古城ホテル アベンベルグ城:城門前

  • 写真は古城ホテル アベンベルグ城:広い馬場

    写真は古城ホテル アベンベルグ城:広い馬場

  • 城門をくぐると、2009年に宿泊した30mの高さSchottenturmショッテン塔(吟遊詩人Anton Scottアントン・スコットの名を取った)が出て来る。<br /><br />その横にKloeppelmuseum手編みレース博物館が立っている。2009年はうまく時間が合わず、見学を見送ったから、今回は初めての訪問になる。<br /><br />写真は古城ホテル アベンベルグ城:天守閣と手編みレース博物館

    城門をくぐると、2009年に宿泊した30mの高さSchottenturmショッテン塔(吟遊詩人Anton Scottアントン・スコットの名を取った)が出て来る。

    その横にKloeppelmuseum手編みレース博物館が立っている。2009年はうまく時間が合わず、見学を見送ったから、今回は初めての訪問になる。

    写真は古城ホテル アベンベルグ城:天守閣と手編みレース博物館

  • 写真は古城ホテル アベンベルグ城:著名な作家であり、著名な吟遊詩人でもあったWolfram von Eschenbachヴォルフラム・フォン・エッシェンバッハの竪琴を弾く姿の座像

    写真は古城ホテル アベンベルグ城:著名な作家であり、著名な吟遊詩人でもあったWolfram von Eschenbachヴォルフラム・フォン・エッシェンバッハの竪琴を弾く姿の座像

  • <Hotel Burg Abenberg古城ホテル アーベンベルク城> <br />2泊(2009年4月25日(土)~27日(月))<br /><br />ニュルンベルク の南西25km 、古城街道上に1000年の歴史をもつ中世の城がある。<br />このアーベンベルク城は“Rangauランガウの王冠”とも称せられて、同じ名前のアーベンベルクの町(人口5800人)を従えるように、威風堂々、高々と君臨した姿を見せている。街道から見る古城は丘の上に旗をなびかせて、これぞドイツの典型的な城と思わせる。<br />前期ゴシックの二つの塔、天守閣、掘割、橋、厚い外壁など見るものも多く、中世を体現するロマンチックな城の姿を現在も見せている。<br /><br />写真は古城ホテル アベンベルグ城:2018年5月、ホテル棟と博物館棟

    <Hotel Burg Abenberg古城ホテル アーベンベルク城>
    2泊(2009年4月25日(土)~27日(月))

    ニュルンベルク の南西25km 、古城街道上に1000年の歴史をもつ中世の城がある。
    このアーベンベルク城は“Rangauランガウの王冠”とも称せられて、同じ名前のアーベンベルクの町(人口5800人)を従えるように、威風堂々、高々と君臨した姿を見せている。街道から見る古城は丘の上に旗をなびかせて、これぞドイツの典型的な城と思わせる。
    前期ゴシックの二つの塔、天守閣、掘割、橋、厚い外壁など見るものも多く、中世を体現するロマンチックな城の姿を現在も見せている。

    写真は古城ホテル アベンベルグ城:2018年5月、ホテル棟と博物館棟

  • 古城ホテルは4星・全22室の規模のものである。城外(昔は堀)の駐車場に停め、坂道を登って、城門前に着いた。門前に橋がかかり、少し行った左手に広い馬場があり、ここで“騎士の馬上試合”が行われたと云う。<br />2009年4月に2泊したSchottenturmショッテン塔(吟遊詩人Anton Scottアントン・スコットの名を取った)は50数段上がった、最上階の部屋でした。<br />この塔内に6部屋あり、結婚式のカップルの為の特別室もある。エレベーター無しなので、若いコックさんがトランク40kgを軽々と運んでくれた記憶が残っている。部屋の中はこうした場所だけにベッドが窓に沿って、別々に置かれていた。浴室はシャワーだけでしたが、機能的なモダンなものです。<br /><br />写真は古城ホテル アベンベルグ城:2009年4月25日、手編みレース博物館と30mの高さSchottenturmショッテン塔

    古城ホテルは4星・全22室の規模のものである。城外(昔は堀)の駐車場に停め、坂道を登って、城門前に着いた。門前に橋がかかり、少し行った左手に広い馬場があり、ここで“騎士の馬上試合”が行われたと云う。
    2009年4月に2泊したSchottenturmショッテン塔(吟遊詩人Anton Scottアントン・スコットの名を取った)は50数段上がった、最上階の部屋でした。
    この塔内に6部屋あり、結婚式のカップルの為の特別室もある。エレベーター無しなので、若いコックさんがトランク40kgを軽々と運んでくれた記憶が残っている。部屋の中はこうした場所だけにベッドが窓に沿って、別々に置かれていた。浴室はシャワーだけでしたが、機能的なモダンなものです。

    写真は古城ホテル アベンベルグ城:2009年4月25日、手編みレース博物館と30mの高さSchottenturmショッテン塔

  • 写真は古城ホテル アベンベルグ城:2018年5月、手編みレース博物館と30mの高さSchottenturmショッテン塔

    写真は古城ホテル アベンベルグ城:2018年5月、手編みレース博物館と30mの高さSchottenturmショッテン塔

  • 窓から見ると、その先にフランケンの風景が広がっている。<br /><br />城壁がぐるりと囲み、城門側に本館(ホテル、レストランやフランケン歴史博物館、セミナーなどの部屋がある)、ショッテン塔側に旗の立つ33mの天守閣、Kloeppelmuseum手編みレース博物館、城門をくぐって登って来た左手には、12世紀の中世・騎士道文化が花開いた頃、著名な作家であり、著名な吟遊詩人でもあったWolfram von Eschenbachヴォルフラム・フォン・エッシェンバッハの竪琴を弾く姿の座像がある。<br /><br />この城で催された“騎士の馬上試合”をその作品に描いたと伝えられる。今も馬上試合の再現が、城門傍の馬場で行われ、大変勇壮なものだそうだ。<br /><br />写真は古城ホテル アベンベルグ城:2009年4月25日、30mの高さSchottenturmショッテン塔の部屋から撮ったホテル棟と博物館棟

    窓から見ると、その先にフランケンの風景が広がっている。

    城壁がぐるりと囲み、城門側に本館(ホテル、レストランやフランケン歴史博物館、セミナーなどの部屋がある)、ショッテン塔側に旗の立つ33mの天守閣、Kloeppelmuseum手編みレース博物館、城門をくぐって登って来た左手には、12世紀の中世・騎士道文化が花開いた頃、著名な作家であり、著名な吟遊詩人でもあったWolfram von Eschenbachヴォルフラム・フォン・エッシェンバッハの竪琴を弾く姿の座像がある。

    この城で催された“騎士の馬上試合”をその作品に描いたと伝えられる。今も馬上試合の再現が、城門傍の馬場で行われ、大変勇壮なものだそうだ。

    写真は古城ホテル アベンベルグ城:2009年4月25日、30mの高さSchottenturmショッテン塔の部屋から撮ったホテル棟と博物館棟

  • また、毎年、4月30日(Walpurgisnachtヴァルプルギスの夜)にはこの城で“魔女のお祭り”も催されるとか、箒にのった魔女たちや踊る魔女たち、グリム童話の魔女たちも参集して、真夜中まで、ダンス、火祭り、魔女のスープなどがふるまわれて、にぎやかな宴が行われるらしい。<br /><br />写真は古城ホテル アベンベルグ城:2009年4月25日、30mの高さSchottenturmショッテン塔の部屋から撮った中庭

    また、毎年、4月30日(Walpurgisnachtヴァルプルギスの夜)にはこの城で“魔女のお祭り”も催されるとか、箒にのった魔女たちや踊る魔女たち、グリム童話の魔女たちも参集して、真夜中まで、ダンス、火祭り、魔女のスープなどがふるまわれて、にぎやかな宴が行われるらしい。

    写真は古城ホテル アベンベルグ城:2009年4月25日、30mの高さSchottenturmショッテン塔の部屋から撮った中庭

  • アーベンベルク城の歴史:<br /><br />11世紀にアーベンベルクの一族が台頭し、AdalbertⅡアダルベルトⅡ世によって、木造の城が初めて築城された。その後Rapotoラポット伯が石造りの城に造り変える。<br />1236年、婚姻によってHohenzollernホーエンツォレルン家(ドイツ皇帝となる名門)の所有となり、1296年にはEichstadtアイヒシュタットの侯爵司教に売却され、1806年に至るまで、その行政の本拠地になった。<br /><br />アーベンベルク城は1986年Rothロート地区と中部フランケン行政区が城を共同所有し、大改修を加えて古城ホテル・レストランの営業を始め、二つの博物館、つまり①フランケンの歴史博物館には中世時代からの歴史に加え、フランケンの城主たち、騎士、武器などの展示、そして②手編みレース博物館を設けた。<br /><br />・・・・・<br /><br />写真は古城ホテル アベンベルグ城:2009年4月25日、メインレストラン

    アーベンベルク城の歴史:

    11世紀にアーベンベルクの一族が台頭し、AdalbertⅡアダルベルトⅡ世によって、木造の城が初めて築城された。その後Rapotoラポット伯が石造りの城に造り変える。
    1236年、婚姻によってHohenzollernホーエンツォレルン家(ドイツ皇帝となる名門)の所有となり、1296年にはEichstadtアイヒシュタットの侯爵司教に売却され、1806年に至るまで、その行政の本拠地になった。

    アーベンベルク城は1986年Rothロート地区と中部フランケン行政区が城を共同所有し、大改修を加えて古城ホテル・レストランの営業を始め、二つの博物館、つまり①フランケンの歴史博物館には中世時代からの歴史に加え、フランケンの城主たち、騎士、武器などの展示、そして②手編みレース博物館を設けた。

    ・・・・・

    写真は古城ホテル アベンベルグ城:2009年4月25日、メインレストラン

  • <アーベンベルク城:手編みレース博物館><br />D-91183 Abenberg  、 Burgstrasse 16<br />http://www.burgabenberg.de/ <br />12:00~12:40  入場券Euro2X2=4(536円)<br />開館時間:火~日・祭日、11時~17時。自由見学はOKでした。<br /><br />写真は古城ホテル アベンベルグ城:手編みレース博物館

    <アーベンベルク城:手編みレース博物館>
    D-91183 Abenberg 、 Burgstrasse 16
    http://www.burgabenberg.de/ 
    12:00~12:40  入場券Euro2X2=4(536円)
    開館時間:火~日・祭日、11時~17時。自由見学はOKでした。

    写真は古城ホテル アベンベルグ城:手編みレース博物館

  • Kloeppelmuseum手編みレース博物館:<br /><br />16世紀にはヨーロッパの各地に広まり、いまでも家庭の手芸として親しまれている。Crocheted laceクロッシェレースはかぎ針で編むレース一般のことで、日本では最もポピュラーなレース手芸であり、ふつう&quot;レース編み&quot;と言えばこのクロッシェレースを指す。<br /><br />クロッシェレースでは「かぎ針編み」の技術を応用し様々な形に編み上げていく。毛糸編みとレース編みの違いは使用する針・糸の太さにある。<br /><br />写真は古城ホテル アベンベルグ城:手編みレース博物館・・・手編みレース博物館の見事な作品

    イチオシ

    Kloeppelmuseum手編みレース博物館:

    16世紀にはヨーロッパの各地に広まり、いまでも家庭の手芸として親しまれている。Crocheted laceクロッシェレースはかぎ針で編むレース一般のことで、日本では最もポピュラーなレース手芸であり、ふつう"レース編み"と言えばこのクロッシェレースを指す。

    クロッシェレースでは「かぎ針編み」の技術を応用し様々な形に編み上げていく。毛糸編みとレース編みの違いは使用する針・糸の太さにある。

    写真は古城ホテル アベンベルグ城:手編みレース博物館・・・手編みレース博物館の見事な作品

  • 編み方(抜粋)には以下のような名前と方法がある。<br /><br />パイナップル編み:<br />ネット編み・パプコーン編みを三角形に並べ、パイナップルや木の実に見立てる。<br /><br />方眼編み:<br />長編み等と鎖編みを組み合わせて方眼を作り、ドット絵の要領で図形を描画する。<br /><br />モチーフ編み:<br />小さなモチーフを複数編んでつなぐ<br /><br />ブリューゲルレース:<br />テープ状に編んだレース(ブレードと呼ぶ)を図柄通りに曲げ、空いた空間をかぎ針で編んだレースでつなぎ、模様を作っていくレース。ブレードの様子がスキーの跡に似ているためボーゲンレースとも呼ばれている。<br />18世紀半ば頃にドイツではじめられたとされる。<br /><br />写真は古城ホテル アベンベルグ城:手編みレース博物館

    編み方(抜粋)には以下のような名前と方法がある。

    パイナップル編み:
    ネット編み・パプコーン編みを三角形に並べ、パイナップルや木の実に見立てる。

    方眼編み:
    長編み等と鎖編みを組み合わせて方眼を作り、ドット絵の要領で図形を描画する。

    モチーフ編み:
    小さなモチーフを複数編んでつなぐ

    ブリューゲルレース:
    テープ状に編んだレース(ブレードと呼ぶ)を図柄通りに曲げ、空いた空間をかぎ針で編んだレースでつなぎ、模様を作っていくレース。ブレードの様子がスキーの跡に似ているためボーゲンレースとも呼ばれている。
    18世紀半ば頃にドイツではじめられたとされる。

    写真は古城ホテル アベンベルグ城:手編みレース博物館

  • 手編みレース博物館は2001年9月に開館した。<br /><br />アーベンベルクのレースは1770年頃が最初であると実証されている。元々、手編みレースはアーベンベルクにあるKloster Marienburgマリエンブルク僧院(1142年創立)で修道女たちが始めたことと云われ、現在のような芸術性の高い作品になるまで100年程かかったと云う。<br /><br />写真は古城ホテル アベンベルグ城:手編みレース博物館

    手編みレース博物館は2001年9月に開館した。

    アーベンベルクのレースは1770年頃が最初であると実証されている。元々、手編みレースはアーベンベルクにあるKloster Marienburgマリエンブルク僧院(1142年創立)で修道女たちが始めたことと云われ、現在のような芸術性の高い作品になるまで100年程かかったと云う。

    写真は古城ホテル アベンベルグ城:手編みレース博物館

  • 写真は古城ホテル アベンベルグ城:手編みレース博物館

    写真は古城ホテル アベンベルグ城:手編みレース博物館

  • アーベンベルク城の手編みレース博物館のコレクションにはさまざまなリネンのレース、ボビンレース織り(紡錘形から作られた)、アーベンベルクのレース学校の作品、衣装用ボンネット、パターン本、図案、古いレース織機、国際的なレースののコレクション、レースの写真集などがある。<br /><br />常設展示は、非常に細かいレースから造られた高価なオリジナル、手作りの手編みレース イブニングドレス、祭服、豪華な金属(金・銀)のボビンレースといったものが見られた。<br /><br />写真は古城ホテル アベンベルグ城:手編みレース博物館

    アーベンベルク城の手編みレース博物館のコレクションにはさまざまなリネンのレース、ボビンレース織り(紡錘形から作られた)、アーベンベルクのレース学校の作品、衣装用ボンネット、パターン本、図案、古いレース織機、国際的なレースののコレクション、レースの写真集などがある。

    常設展示は、非常に細かいレースから造られた高価なオリジナル、手作りの手編みレース イブニングドレス、祭服、豪華な金属(金・銀)のボビンレースといったものが見られた。

    写真は古城ホテル アベンベルグ城:手編みレース博物館

  • 写真は古城ホテル アベンベルグ城:手編みレース博物館

    写真は古城ホテル アベンベルグ城:手編みレース博物館

  • 写真は古城ホテル アベンベルグ城:手編みレース博物館

    写真は古城ホテル アベンベルグ城:手編みレース博物館

  • 写真は古城ホテル アベンベルグ城:手編みレース博物館・・・手編みレース博物館の見事な作品

    イチオシ

    写真は古城ホテル アベンベルグ城:手編みレース博物館・・・手編みレース博物館の見事な作品

  • 写真は古城ホテル アベンベルグ城:手編みレース博物館

    写真は古城ホテル アベンベルグ城:手編みレース博物館

  • 写真は古城ホテル アベンベルグ城:手編みレース博物館

    写真は古城ホテル アベンベルグ城:手編みレース博物館

  • 写真は古城ホテル アベンベルグ城:手編みレース博物館

    写真は古城ホテル アベンベルグ城:手編みレース博物館

  • 写真は古城ホテル アベンベルグ城:手編みレース博物館

    写真は古城ホテル アベンベルグ城:手編みレース博物館

  • 写真は古城ホテル アベンベルグ城:手編みレース博物館

    写真は古城ホテル アベンベルグ城:手編みレース博物館

28いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

この旅行記へのコメント (2)

開く

閉じる

  • Rolleiguyさん 2018/10/14 08:47:15
    シュロス・ラティボー
    jijidarumaさん
    これはすごいお城ですね。地方にこれだけのものがあることに驚きました。
    ドイツという名前になって支配力がある程度集中するまでの長い間の、地方の領主の財力がいかほどのものであったのか、これを見るだけで分かるような気がします。
    地方と言っても辺境伯ですから、それなりの支配力はあったでしょうが、それにしてもと言う気がします。財力の源は何だったのでしょうか。また、こうした領主のもとにいた庶民は、一体どんな暮らしだったのでしょうね。いろいろ想像を巡らせることのできるお城ですね。また、豪華さだけでなくて、中身もあるお城に見えます。
    是非自分の目で確認してみたいと思わせるものでした。
    Rolleiguy

    jijidaruma

    jijidarumaさん からの返信 2018/10/14 19:58:21
    Re: シュロス・ラティボー
    Rolleiguyさん、
    こんばんは。いつもありがとうございます。

    ラティボー宮殿は狩猟の城館として建てられたとされていますが、確かに豪華さで一般的な狩猟の館の範疇を越えているようです。
    建設者の敬虔伯ゲオルクはブランデンブルク・アンスバッハ辺境伯であり、中核であったアンスバッハ侯領は往時の農業にとって、地域の土壌は広範囲にわたって肥沃であり、豊かな収穫をもたらしたそうですから、安定した財力を持ったことでしょうね。
    ブランデンブルク・アンスバッハ辺境伯は時にアンスバッハ・クルムバッハ(バイロイト)辺境伯の時期もあり、その支配規模は大きなものであったと思います。

    “バロック都市の宝石”と謳われる町、アンスバッハには立派なレジデンスがありますが、素晴らしい祝典の間を始め、ロココ風の各部屋、陶磁器の展示が素晴らしいものです。
    次回はそのアンスバッハを訪れます。
    jijidaruma

jijidarumaさんのトラベラーページ

旅の計画・記録

マイルに交換できるフォートラベルポイントが貯まる
フォートラベルポイントって?

ドイツで使うWi-Fiはレンタルしましたか?

フォートラベル GLOBAL WiFiなら
ドイツ最安 450円/日~

  • 空港で受取・返却可能
  • お得なポイントがたまる

ドイツの料金プランを見る

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

この旅行記の地図

拡大する

PAGE TOP

ピックアップ特集