その他の観光地旅行記(ブログ) 一覧に戻る
≪2018年ドイツの春:フランケン地方・オーバープファルツ地方の旅≫<br />2018年5月10日(木)~5月24日(木)15日間<br /><br />目的地:バイエルン州フランケン地方・オーバープファルツ地方を中心に巡る。<br />(ニュルンベルクを中心としたFrankenフランケン地方、レーゲンスブルクを中心としたOstbayern東バイエルンのOberpfalzオーバープファルツ地方)<br /><br />①5月10日Spessartシュペッサート地方の選帝侯の古城ホテル ヴァイバーヘーフェに泊まる<br />②5月11日ウンターフランケン地方の要塞都市デッテルバッハ<br />③5月11日リーメンシュナイダーの傑作マリア巡礼教会にある“ぶどう園のマリア”とマイン川の蛇行<br />④5月12日フランケン・スイス地方の古城群:ドイツの英雄クラウス・シュタウフェンベルグ大佐ゆかりの城を訪ねる。<br />⑤5月13日フランケン・スイス地方の古城群:出くわした30年戦争時のツワモノども<br />番外編・フランケンの春、オースターアイ(復活祭の飾り卵)が見られる町や村を巡った。<br />⑥5月13日フランケン・スイス地方の古城群:人気の古城ホテル ラーベン(カラス)シュタイン城に2泊<br /><br />写真は古城ホテル ラーベンシュタイン城のパンフレットから<br />

2018年ドイツの春:⑥フランケン・スイス地方の古城群:人気の古城ホテル ラーベン(カラス)シュタイン城に2泊

31いいね!

2018/05/10 - 2018/05/24

28位(同エリア226件中)

≪2018年ドイツの春:フランケン地方・オーバープファルツ地方の旅≫
2018年5月10日(木)~5月24日(木)15日間

目的地:バイエルン州フランケン地方・オーバープファルツ地方を中心に巡る。
(ニュルンベルクを中心としたFrankenフランケン地方、レーゲンスブルクを中心としたOstbayern東バイエルンのOberpfalzオーバープファルツ地方)

①5月10日Spessartシュペッサート地方の選帝侯の古城ホテル ヴァイバーヘーフェに泊まる
②5月11日ウンターフランケン地方の要塞都市デッテルバッハ
③5月11日リーメンシュナイダーの傑作マリア巡礼教会にある“ぶどう園のマリア”とマイン川の蛇行
④5月12日フランケン・スイス地方の古城群:ドイツの英雄クラウス・シュタウフェンベルグ大佐ゆかりの城を訪ねる。
⑤5月13日フランケン・スイス地方の古城群:出くわした30年戦争時のツワモノども
番外編・フランケンの春、オースターアイ(復活祭の飾り卵)が見られる町や村を巡った。
⑥5月13日フランケン・スイス地方の古城群:人気の古城ホテル ラーベン(カラス)シュタイン城に2泊

写真は古城ホテル ラーベンシュタイン城のパンフレットから

旅行の満足度
4.5
同行者
カップル・夫婦(シニア)
一人あたり費用
30万円 - 50万円
交通手段
レンタカー
航空会社
JAL
旅行の手配内容
個別手配

PR

  • 銃士隊のショーに満足し、ツェシェルフェルトを15:30出発。今夜の宿は10km先の古城ホテル  Burg Rabensteinラーベンシュタイン城である。<br /><br />見覚えのある道を辿り、ホテルには15:50に到着した。時間があれば、Falkenshow鷹匠のショー見学や、鍾乳洞の見学も可能だったが、他の地域でその機会もあるので、今日の日程では無理をしなかった。<br /><br />写真はBurg-Rabenstein古城ホテル ラーベン(カラス)シュタイン城-Map

    銃士隊のショーに満足し、ツェシェルフェルトを15:30出発。今夜の宿は10km先の古城ホテル Burg Rabensteinラーベンシュタイン城である。

    見覚えのある道を辿り、ホテルには15:50に到着した。時間があれば、Falkenshow鷹匠のショー見学や、鍾乳洞の見学も可能だったが、他の地域でその機会もあるので、今日の日程では無理をしなかった。

    写真はBurg-Rabenstein古城ホテル ラーベン(カラス)シュタイン城-Map

  • また、2009年の旅で古城ホテルBurg Egloffsteinエグロフシュタイン城に泊まり、ラーベンシュタイン城の城内見学は済ませていたから、今回はその気はない。<br /><br />写真はBurg Rabensteinラーベン(カラス)シュタイン城:1829年当時の絵

    また、2009年の旅で古城ホテルBurg Egloffsteinエグロフシュタイン城に泊まり、ラーベンシュタイン城の城内見学は済ませていたから、今回はその気はない。

    写真はBurg Rabensteinラーベン(カラス)シュタイン城:1829年当時の絵

  • 写真はAhorntal・Burg Rabenstein古城ホテル ラーベン(カラス)シュタイン城の遠望・・・宿泊の部屋はこちら側

    写真はAhorntal・Burg Rabenstein古城ホテル ラーベン(カラス)シュタイン城の遠望・・・宿泊の部屋はこちら側

  • 写真は2009年4月古城ホテル ラーベン(カラス)シュタイン城の入口の看板

    写真は2009年4月古城ホテル ラーベン(カラス)シュタイン城の入口の看板

  • いったん荷物を降ろすため、石橋前のサークルまで車を入れ(後でGutsschenkeグートシェンケ傍の駐車場に車を動かした)、ラーベンシュタイン城の石橋を渡って城内に行き、レセプションで手続きを行った。<br /><br />写真は古城ホテル ラーベン(カラス)シュタイン城:サークル

    イチオシ

    いったん荷物を降ろすため、石橋前のサークルまで車を入れ(後でGutsschenkeグートシェンケ傍の駐車場に車を動かした)、ラーベンシュタイン城の石橋を渡って城内に行き、レセプションで手続きを行った。

    写真は古城ホテル ラーベン(カラス)シュタイン城:サークル

  • 写真は古城ホテル ラーベン(カラス)シュタイン城:石橋上で

    写真は古城ホテル ラーベン(カラス)シュタイン城:石橋上で

  • 写真は古城ホテル ラーベン(カラス)シュタイン城:石橋下に車が入る道があり、飲料や食品はここから搬入するようだ。

    写真は古城ホテル ラーベン(カラス)シュタイン城:石橋下に車が入る道があり、飲料や食品はここから搬入するようだ。

  • レセプションの女性陣は民族衣装を着て、対応が実にフレンドリーである。<br />2人がトランクを持ってくれて、複雑な城内の各部屋を通り、私共をKurfuerst選帝侯の名が付いた406号室に案内してくれた。(トランク運び2人にチップEuro10)<br /><br />写真は古城ホテル ラーベン(カラス)シュタイン城も入口

    イチオシ

    レセプションの女性陣は民族衣装を着て、対応が実にフレンドリーである。
    2人がトランクを持ってくれて、複雑な城内の各部屋を通り、私共をKurfuerst選帝侯の名が付いた406号室に案内してくれた。(トランク運び2人にチップEuro10)

    写真は古城ホテル ラーベン(カラス)シュタイン城も入口

  • 写真はAhorntal・Burg Rabensteinラーベンシュタイン城のWappen紋章・・・カラスがちゃんといる。

    写真はAhorntal・Burg Rabensteinラーベンシュタイン城のWappen紋章・・・カラスがちゃんといる。

  • 地上階のレセプション前の階段を上り、日本的には2階である長い通路を行くと、順次Kaminzimmer暖炉の間、Jagtzimmer狩猟の間、Markgrafensaal辺境伯広間、Renaissance-Saalルネサンス大広間(この日は17時からここで「母の日」に因んだ母と娘のピアノコンサートが催される為、二人のピアノ演奏の練習が行われていた)を通って、Waffensaal武器の間に至る。<br /><br /> 写真は古城ホテル ラーベン(カラス)シュタイン城内:Kaminzimmer暖炉の間

    地上階のレセプション前の階段を上り、日本的には2階である長い通路を行くと、順次Kaminzimmer暖炉の間、Jagtzimmer狩猟の間、Markgrafensaal辺境伯広間、Renaissance-Saalルネサンス大広間(この日は17時からここで「母の日」に因んだ母と娘のピアノコンサートが催される為、二人のピアノ演奏の練習が行われていた)を通って、Waffensaal武器の間に至る。

    写真は古城ホテル ラーベン(カラス)シュタイン城内:Kaminzimmer暖炉の間

  • 写真は古城ホテル ラーベン(カラス)シュタイン城内:城内礼拝堂は現代風カトリック教会。壁面にはキリストの一代の絵が十数枚架けられている。<br />ここで結婚式を挙げ、ルネサンス大広間で披露宴も出来る

    写真は古城ホテル ラーベン(カラス)シュタイン城内:城内礼拝堂は現代風カトリック教会。壁面にはキリストの一代の絵が十数枚架けられている。
    ここで結婚式を挙げ、ルネサンス大広間で披露宴も出来る

  • 写真は古城ホテル ラーベン(カラス)シュタイン城内:城内礼拝堂

    写真は古城ホテル ラーベン(カラス)シュタイン城内:城内礼拝堂

  • 写真は古城ホテル ラーベン(カラス)シュタイン城内:Renaissance-Saalルネサンス大広間・・・コンサートの練習中

    写真は古城ホテル ラーベン(カラス)シュタイン城内:Renaissance-Saalルネサンス大広間・・・コンサートの練習中

  • 写真は古城ホテル ラーベン(カラス)シュタイン城内:Renaissance-Saalルネッサンス大広間・・・この扉を開けると武器の間になる。

    写真は古城ホテル ラーベン(カラス)シュタイン城内:Renaissance-Saalルネッサンス大広間・・・この扉を開けると武器の間になる。

  • 写真は古城ホテル ラーベン(カラス)シュタイン城内:Renaissance-Saalルネッサンス大広間

    写真は古城ホテル ラーベン(カラス)シュタイン城内:Renaissance-Saalルネッサンス大広間

  • 写真は古城ホテル ラーベン(カラス)シュタイン城内:Waffensaal武器の間

    イチオシ

    写真は古城ホテル ラーベン(カラス)シュタイン城内:Waffensaal武器の間

  • 写真は古城ホテル ラーベン(カラス)シュタイン城内:Waffensaal武器の間に二手に分かれた“ウサギの合戦”を描いた絵が面白い。

    写真は古城ホテル ラーベン(カラス)シュタイン城内:Waffensaal武器の間に二手に分かれた“ウサギの合戦”を描いた絵が面白い。

  • 写真は古城ホテル ラーベン(カラス)シュタイン城内:Waffensaal武器の間のカラスの紋章・・・確かこの下に重々しい扉があって、そこの先にエレベーターがあった。

    イチオシ

    写真は古城ホテル ラーベン(カラス)シュタイン城内:Waffensaal武器の間のカラスの紋章・・・確かこの下に重々しい扉があって、そこの先にエレベーターがあった。

  • 写真は古城ホテル ラーベン(カラス)シュタイン城内:テラス

    写真は古城ホテル ラーベン(カラス)シュタイン城内:テラス

  • いずれも見覚えのある部屋で、変わりはない。未体験だった武器の間の重々しい扉を開けて、裏手のリフトに乗る。停まるときはガタンと急に止まるようなリフトは少々怖いものだが、この古城は規模が大きいだけにリフトは必須だろう。<br />避難経路の案内図に2.Obergeschossとある階で降りた。<br /><br />写真は古城ホテル ラーベン(カラス)シュタイン城内:縄張り図・・・緊急避難図だが、古城先端の赤印が私共の選帝侯の部屋(406号室)

    いずれも見覚えのある部屋で、変わりはない。未体験だった武器の間の重々しい扉を開けて、裏手のリフトに乗る。停まるときはガタンと急に止まるようなリフトは少々怖いものだが、この古城は規模が大きいだけにリフトは必須だろう。
    避難経路の案内図に2.Obergeschossとある階で降りた。

    写真は古城ホテル ラーベン(カラス)シュタイン城内:縄張り図・・・緊急避難図だが、古城先端の赤印が私共の選帝侯の部屋(406号室)

  • ドイツ的には通常3階という事だが、実質は4階と思われる。私共のKurfuerst選帝侯の部屋の右手はBurg Fraeulein城主の娘(王女?)、Koenig Ludwig(バイエルン)ルートビヴィヒ王の名が付く部屋が連なる。<br /><br />他の部屋も全て男爵、伯妃といった名前が付いている。<br /><br />写真はKurfuerst選帝侯の部屋(406号室)

    ドイツ的には通常3階という事だが、実質は4階と思われる。私共のKurfuerst選帝侯の部屋の右手はBurg Fraeulein城主の娘(王女?)、Koenig Ludwig(バイエルン)ルートビヴィヒ王の名が付く部屋が連なる。

    他の部屋も全て男爵、伯妃といった名前が付いている。

    写真はKurfuerst選帝侯の部屋(406号室)

  • <④⑤2018年5月13日(日)、5月14日(月)2泊 <br />Burg Rabenstein古城ホテル ラーベンシュタイン城><br />D-95491 Kirchahorn(Ahorntal)  、Rabenstein 33<br />TEL: 49(0)92 02 / 970 044 0 、FAX: -970 044 520<br />http://www.burg-rabenstein.de/<br />http://www.burg-rabenstein.de/ausflugsspass/burg-rabenstein/<br />http://www.burg-rabenstein.de/burghotel/hotel/<br /><br />4星・全22室。Kurfuerst選帝侯の名が付いた4階406号室、StandardDZ・Euro158X2=316(朝食込み:42,116円)。<br />古城らしい部屋の雰囲気も良く、十分に広い。<br />浴室も広い上にバス・シャワーが機能的であった。<br /><br />写真はKurfuerst選帝侯の部屋(406号室):窓方向

    <④⑤2018年5月13日(日)、5月14日(月)2泊 
    Burg Rabenstein古城ホテル ラーベンシュタイン城>
    D-95491 Kirchahorn(Ahorntal)  、Rabenstein 33
    TEL: 49(0)92 02 / 970 044 0 、FAX: -970 044 520
    http://www.burg-rabenstein.de/
    http://www.burg-rabenstein.de/ausflugsspass/burg-rabenstein/
    http://www.burg-rabenstein.de/burghotel/hotel/

    4星・全22室。Kurfuerst選帝侯の名が付いた4階406号室、StandardDZ・Euro158X2=316(朝食込み:42,116円)。
    古城らしい部屋の雰囲気も良く、十分に広い。
    浴室も広い上にバス・シャワーが機能的であった。

    写真はKurfuerst選帝侯の部屋(406号室):窓方向

  • 選帝侯の名が付いた406号室は古城の突端にあるようだ。窓の外を見るとはるか下にアイルス谷、先ほど走って来た道路も見えた。左手のKirchahornキルヒアホルンの方を見ると、明日の夕食をここでと検討した木組みのGasthof Pension Neumuehleガストホフ・ペンジオン・ノイミューレも見えて、気分は上々である。。<br /><br />写真はKurfuerst選帝侯の部屋(406号室):よくできた椅子でした。

    選帝侯の名が付いた406号室は古城の突端にあるようだ。窓の外を見るとはるか下にアイルス谷、先ほど走って来た道路も見えた。左手のKirchahornキルヒアホルンの方を見ると、明日の夕食をここでと検討した木組みのGasthof Pension Neumuehleガストホフ・ペンジオン・ノイミューレも見えて、気分は上々である。。

    写真はKurfuerst選帝侯の部屋(406号室):よくできた椅子でした。

  • 水0.5L2本が2日間ともサービスあって手厚いものだったが、困るわけではないがTV(私は使用しないが、近年流行りのWifiが代用するからとレセプションの女性が言う)、浴用ガウン、スリッパは無かった。<br /><br />枕上に羊のグミ(選帝侯の古城ホテル ヴァイバーヘーフェ、古城ホテル コルムベルク城でも同じグミを頂いた)が置かれていた。<br /><br />写真は選帝侯の部屋(406号室):ベッドの反対側に置かれた椅子、机

    水0.5L2本が2日間ともサービスあって手厚いものだったが、困るわけではないがTV(私は使用しないが、近年流行りのWifiが代用するからとレセプションの女性が言う)、浴用ガウン、スリッパは無かった。

    枕上に羊のグミ(選帝侯の古城ホテル ヴァイバーヘーフェ、古城ホテル コルムベルク城でも同じグミを頂いた)が置かれていた。

    写真は選帝侯の部屋(406号室):ベッドの反対側に置かれた椅子、机

  • 写真はKurfuerst選帝侯の部屋(406号室):この部屋にはなぜか?この紋章が架かっていた。よく見ると紋章に初代トリントン子爵ジョージ・ビングとの字が書かれていた。<br /><br /><Viscount Torringtonトリントン子爵><br />トリントン子爵はイギリスの子爵位。グレートブリテンの貴族。<br /><br />1721年に海軍元帥の初代準男爵George Byngジョージ・ビングが Lord 1st Viscount Torrington初代トリントン子爵に叙されたのに始まる。<br />海軍軍人ジョージ・ビング(1663~1733年)は1704年のマラガの海戦とジブラルタル占領、1708年と1715年のジャコバイト反乱の際の海戦、1718年のパッサロ岬の戦いなどで戦功をあげた人物であり、海軍軍人としての階級は最終的に元帥に昇っている。(Wiki)

    写真はKurfuerst選帝侯の部屋(406号室):この部屋にはなぜか?この紋章が架かっていた。よく見ると紋章に初代トリントン子爵ジョージ・ビングとの字が書かれていた。

    <Viscount Torringtonトリントン子爵>
    トリントン子爵はイギリスの子爵位。グレートブリテンの貴族。

    1721年に海軍元帥の初代準男爵George Byngジョージ・ビングが Lord 1st Viscount Torrington初代トリントン子爵に叙されたのに始まる。
    海軍軍人ジョージ・ビング(1663~1733年)は1704年のマラガの海戦とジブラルタル占領、1708年と1715年のジャコバイト反乱の際の海戦、1718年のパッサロ岬の戦いなどで戦功をあげた人物であり、海軍軍人としての階級は最終的に元帥に昇っている。(Wiki)

  • 写真は選帝侯の部屋(406号室)から眼下を見ると、先ほど走った道が見える。中央左に木組みのGasthof Pension Neumuehleガストホフ・ペンジオン・ノイミューレも見える。

    写真は選帝侯の部屋(406号室)から眼下を見ると、先ほど走った道が見える。中央左に木組みのGasthof Pension Neumuehleガストホフ・ペンジオン・ノイミューレも見える。

  • Fraenkische Schweizフランケン・スイス地方の64haの広大な自然のパラダイスの真中に古城ホテルが立っている。<br />アイルス谷にある岩壁上に高々と立つ姿は“Die Perle im Ailsbachtalアイルス谷の真珠”と讃えられる。<br /><br />写真は選帝侯の部屋(406号室)・・・ガストホフ・ペンジオン・ノイミューレから見上げた古城ホテル ラーベン(カラス)シュタイン城、406号室は城の屈折した角の右の部屋だ。

    Fraenkische Schweizフランケン・スイス地方の64haの広大な自然のパラダイスの真中に古城ホテルが立っている。
    アイルス谷にある岩壁上に高々と立つ姿は“Die Perle im Ailsbachtalアイルス谷の真珠”と讃えられる。

    写真は選帝侯の部屋(406号室)・・・ガストホフ・ペンジオン・ノイミューレから見上げた古城ホテル ラーベン(カラス)シュタイン城、406号室は城の屈折した角の右の部屋だ。

  • 16時チェックイン、11時チェックアウト。<br />又、城内見学、Sophienhoehleゾフィーエンヘーレ鍾乳洞やFalknerei鷹匠の実演(80羽を所有する)も見ることができる。<br /><br />Falkenshow鷹匠のショー見学:火~日15時のみ、<br />鍾乳洞見学:火~日10:30~17:00<br />城内見学:火~金11:00、14:00、16:30、土日・祭日11:00~17:00<br /><br />写真は選帝侯の部屋(406号室):広い洗面所・浴室

    16時チェックイン、11時チェックアウト。
    又、城内見学、Sophienhoehleゾフィーエンヘーレ鍾乳洞やFalknerei鷹匠の実演(80羽を所有する)も見ることができる。

    Falkenshow鷹匠のショー見学:火~日15時のみ、
    鍾乳洞見学:火~日10:30~17:00
    城内見学:火~金11:00、14:00、16:30、土日・祭日11:00~17:00

    写真は選帝侯の部屋(406号室):広い洗面所・浴室

  • 写真は選帝侯の部屋(406号室):トイレ

    写真は選帝侯の部屋(406号室):トイレ

  • 今夜の夕食は武器の間で、ここの丸テーブルを分けてレストラン用のテーブルとしていた。見事な甲冑が立つ。<br /><br />写真は2009年4月見学時・古城ホテル ラーベン(カラス)シュタイン城内:Waffensaal武器の間で、ガイドの説明を受けた。2018年もこの小父さんはガイド役をしていた。

    イチオシ

    今夜の夕食は武器の間で、ここの丸テーブルを分けてレストラン用のテーブルとしていた。見事な甲冑が立つ。

    写真は2009年4月見学時・古城ホテル ラーベン(カラス)シュタイン城内:Waffensaal武器の間で、ガイドの説明を受けた。2018年もこの小父さんはガイド役をしていた。

  • 写真は古城ホテル ラーベン(カラス)シュタイン城内:Waffensaal武器の間・テーブル傍の美しい窓

    写真は古城ホテル ラーベン(カラス)シュタイン城内:Waffensaal武器の間・テーブル傍の美しい窓

  • 写真は古城ホテル ラーベン(カラス)シュタイン城内:Waffensaal武器の間の美しい天井

    写真は古城ホテル ラーベン(カラス)シュタイン城内:Waffensaal武器の間の美しい天井

  • <夕食:Burg Rabensteinラーベンシュタイン城のWaffensaal武器の間で><br /><br />19:00~21:00  ホテルのメール通り、3品のメニューの夕食(Euro90=11,995円)、隣の大広間ではコンサートが終了らしく、聴衆の拍手が聞こえてくる。そのお客の一部であろう若いカップルや家族6人組などが座り、武器の間も12名のお客となった。<br /><br />写真は古城ホテル ラーベン(カラス)シュタイン城内:Waffensaal武器の間で夕食・・・3品のメニューは全員が同じようだ。

    <夕食:Burg Rabensteinラーベンシュタイン城のWaffensaal武器の間で>

    19:00~21:00  ホテルのメール通り、3品のメニューの夕食(Euro90=11,995円)、隣の大広間ではコンサートが終了らしく、聴衆の拍手が聞こえてくる。そのお客の一部であろう若いカップルや家族6人組などが座り、武器の間も12名のお客となった。

    写真は古城ホテル ラーベン(カラス)シュタイン城内:Waffensaal武器の間で夕食・・・3品のメニューは全員が同じようだ。

  • 写真は古城ホテル ラーベン(カラス)シュタイン城内:Waffensaal武器の間で夕食、<br /><br />食前酒:シェリー酒Tio Pepe(Euro5.9X2=11.8)、お水Still0.75L(Euro3.9)

    写真は古城ホテル ラーベン(カラス)シュタイン城内:Waffensaal武器の間で夕食、

    食前酒:シェリー酒Tio Pepe(Euro5.9X2=11.8)、お水Still0.75L(Euro3.9)

  • フランケンの銘醸CastelカステルのRieslingリースリング(Euro9.5 X2=19)、<br /><br />写真はWaffensaal武器の間で夕食:リースリング

    フランケンの銘醸CastelカステルのRieslingリースリング(Euro9.5 X2=19)、

    写真はWaffensaal武器の間で夕食:リースリング

  • そして今夜の夕食に用意されていた3品のメニュー(Euro26.9 X2=53.8):<br /><br />①定番ともいえるシュパーゲルのスープは実に美味い<br /><br />写真はWaffensaal武器の間で夕食:スープ

    そして今夜の夕食に用意されていた3品のメニュー(Euro26.9 X2=53.8):

    ①定番ともいえるシュパーゲルのスープは実に美味い

    写真はWaffensaal武器の間で夕食:スープ

  • ②メインは昼とは違った料理、SpargelragoutシュパーゲルのラグーにBandnudelnリボン状のパスタ(タリアテッレ)とKresseクレソン添え、<br />少々、塩気が欲しかったパスタ。<br /><br />写真はWaffensaal武器の間で夕食:メイン

    ②メインは昼とは違った料理、SpargelragoutシュパーゲルのラグーにBandnudelnリボン状のパスタ(タリアテッレ)とKresseクレソン添え、
    少々、塩気が欲しかったパスタ。

    写真はWaffensaal武器の間で夕食:メイン

  • ③デザートはPanna cottaパンナ・コッタでした。<br /><br />本日もこうして&quot;Volksgemuese(国民に最も人気がある野菜)&quot; と呼ばれるシュパーゲル料理を食べてしまった。<br /><br />写真はWaffensaal武器の間で夕食:デザート

    ③デザートはPanna cottaパンナ・コッタでした。

    本日もこうして"Volksgemuese(国民に最も人気がある野菜)" と呼ばれるシュパーゲル料理を食べてしまった。

    写真はWaffensaal武器の間で夕食:デザート

  • その日のお客の数や、催しなどを勘案していろいろな部屋をレストランとして利用しているようだ。この日は結婚式、母の日のコンサートが行われていた。<br /><br />写真は古城ホテル ラーベンシュタイン城のパンフレットから。

    その日のお客の数や、催しなどを勘案していろいろな部屋をレストランとして利用しているようだ。この日は結婚式、母の日のコンサートが行われていた。

    写真は古城ホテル ラーベンシュタイン城のパンフレットから。

  • 写真は写真は古城ホテル ラーベン(カラス)シュタイン城_秋の景色・俯瞰

    写真は写真は古城ホテル ラーベン(カラス)シュタイン城_秋の景色・俯瞰

  • 2009年4月21日、烏の城の異名のある古城ホテルを訪ねた。以下旅行記を引用する。(12:00~14:50・・・Gutsschenkeグートシェンケでの昼食を含む)<br />高々とした岩壁上に素晴らしい姿を見せたラーベン(烏)シュタイン城を訪問した。<br />ラーベンシュタイン城はポッテンシュタインとヴァイシェンフェルトの中間にあって、アイルス谷にある岩壁上に高々と立っている。   <br /><br />写真はBurg-Rabenstein-Mapこれは徒歩道ですが、車は右上に向かって走ると、左折する道が出て来る。この道を上がるとラーベンシュタイン城に至る。

    2009年4月21日、烏の城の異名のある古城ホテルを訪ねた。以下旅行記を引用する。(12:00~14:50・・・Gutsschenkeグートシェンケでの昼食を含む)
    高々とした岩壁上に素晴らしい姿を見せたラーベン(烏)シュタイン城を訪問した。
    ラーベンシュタイン城はポッテンシュタインとヴァイシェンフェルトの中間にあって、アイルス谷にある岩壁上に高々と立っている。   

    写真はBurg-Rabenstein-Mapこれは徒歩道ですが、車は右上に向かって走ると、左折する道が出て来る。この道を上がるとラーベンシュタイン城に至る。

  •  “Die Perle im Ailsbachtalアイルス谷の真珠”と讃えられる、この城の最も古い部分は、12世紀のヴァイシェンフェルトの騎士が猟の際に待ち伏せ所を造ったのが、元々の始まりだと云われている。この当時にラーベンシュタインの騎士がこの城の築城を任されて、今に残るRabenカラスの紋章を使用したと文献にある。<br />(カラスが付いたラーベンシュタイン城の紋章は大変珍しい。Rabeラーベはカラスの意(悪人の転意もあり)です。Rabesteinラーベンシュタインには刑場・・・腐肉を食べにカラスが集まる場所と意味もあるそうですから、古城の名前も大変なもの)<br /><br />写真は2009年4月ラーベンシュタイン城:川沿いに走ると岩壁上の城が突然見える。

    “Die Perle im Ailsbachtalアイルス谷の真珠”と讃えられる、この城の最も古い部分は、12世紀のヴァイシェンフェルトの騎士が猟の際に待ち伏せ所を造ったのが、元々の始まりだと云われている。この当時にラーベンシュタインの騎士がこの城の築城を任されて、今に残るRabenカラスの紋章を使用したと文献にある。
    (カラスが付いたラーベンシュタイン城の紋章は大変珍しい。Rabeラーベはカラスの意(悪人の転意もあり)です。Rabesteinラーベンシュタインには刑場・・・腐肉を食べにカラスが集まる場所と意味もあるそうですから、古城の名前も大変なもの)

    写真は2009年4月ラーベンシュタイン城:川沿いに走ると岩壁上の城が突然見える。

  • 14世紀には城主がしばしば変わり、中にはSchluesselbergシュルッセルベルク家やNuernbergニュルンベルク伯、Konrad von Aufsessコンラート・アウフゼス男爵などがいた。 <br />1460年、城は破壊されるが、1489年にはKonz von Wirsbergコンス・ヴィルスベルクにより再建され、石造りのゴシック様式になった。(中世の城は土台は石造りでも床より上部が木造の城が多かった。)<br /><br />1557年にラーベンシュタイン家のものになり、その居城となった。1570年Daniel von Rabensteinダニエル・ラーベンシュタインがルネッサンス風翼を持った、フランケンのスイスで最も大きな城に改築した。30年戦争ではスウェーデン軍側に立った為、大部分の城郭は破壊される。最も初期の時代のVorburg(一の丸)が残り、これを居城とした。時と共に少しずつ、城は再建されていく。<br />1742年ラーベンシュタイン一族が死に絶えて、騎士領はSchoenborn-Wiesentheidシェーンボルン・ヴィーゼントハイト伯のものとなる。<br />1830年バロックの城館も所有。<br /><br />写真は2009年4月ラーベンシュタイン城:向こうから走って来て、ガストホフ・ペンジオン・ノイミューレで一時駐車し、岩壁上の城を見上げた。

    イチオシ

    14世紀には城主がしばしば変わり、中にはSchluesselbergシュルッセルベルク家やNuernbergニュルンベルク伯、Konrad von Aufsessコンラート・アウフゼス男爵などがいた。 
    1460年、城は破壊されるが、1489年にはKonz von Wirsbergコンス・ヴィルスベルクにより再建され、石造りのゴシック様式になった。(中世の城は土台は石造りでも床より上部が木造の城が多かった。)

    1557年にラーベンシュタイン家のものになり、その居城となった。1570年Daniel von Rabensteinダニエル・ラーベンシュタインがルネッサンス風翼を持った、フランケンのスイスで最も大きな城に改築した。30年戦争ではスウェーデン軍側に立った為、大部分の城郭は破壊される。最も初期の時代のVorburg(一の丸)が残り、これを居城とした。時と共に少しずつ、城は再建されていく。
    1742年ラーベンシュタイン一族が死に絶えて、騎士領はSchoenborn-Wiesentheidシェーンボルン・ヴィーゼントハイト伯のものとなる。
    1830年バロックの城館も所有。

    写真は2009年4月ラーベンシュタイン城:向こうから走って来て、ガストホフ・ペンジオン・ノイミューレで一時駐車し、岩壁上の城を見上げた。

  • 1829~30年にはバイエルン王ルートビヴィヒ1世が奥方と訪問したことで、城館はさらに美しく変わった。1970年大改修が行われ、古城は再び、生きかえることになる。1975年までの長い間、Schoenbornシェーンボルン伯爵家の居城として、維持されてきた。<br /><br />2004年にBurg Rabenstein Event GmbHラーベンシュタイン城イベント有限会社の所有となり、現在、城は素晴らしい22部屋を持った古城ホテルとして利用されている。また、様々な催し(騎士の食卓、コンサート、演劇、音楽ショー、講演など)、の為に使用されていて、大変面白そうである。<br /><br />観光シーズンの夏には駐車場近くに設けたケルト時代の村落“Keltendorfケルトの村”で、“中世の市”(中世の騎士などの扮装をして)が再現されて、大きな催しになっている。<br /><br />写真は2009年4月ラーベンシュタイン城:石橋前のサークル

    1829~30年にはバイエルン王ルートビヴィヒ1世が奥方と訪問したことで、城館はさらに美しく変わった。1970年大改修が行われ、古城は再び、生きかえることになる。1975年までの長い間、Schoenbornシェーンボルン伯爵家の居城として、維持されてきた。

    2004年にBurg Rabenstein Event GmbHラーベンシュタイン城イベント有限会社の所有となり、現在、城は素晴らしい22部屋を持った古城ホテルとして利用されている。また、様々な催し(騎士の食卓、コンサート、演劇、音楽ショー、講演など)、の為に使用されていて、大変面白そうである。

    観光シーズンの夏には駐車場近くに設けたケルト時代の村落“Keltendorfケルトの村”で、“中世の市”(中世の騎士などの扮装をして)が再現されて、大きな催しになっている。

    写真は2009年4月ラーベンシュタイン城:石橋前のサークル

  • *2009年の春の旅でも古城ホテル ラーベン(烏)シュタイン城は宿泊先の候補であったが、1泊のみならOKの回答であったので、残念ながら、断念した。<br /><br />機会あれば、是非このホテルに泊まりたいと思った。<br />9年後の2018年春、漸くその夢が叶えた次第だ。<br />レセプションは大変親切で立派なパンフレットを頂けた。<br /><br />写真は2009年4月ラーベンシュタイン城:石橋下に行く道で

    *2009年の春の旅でも古城ホテル ラーベン(烏)シュタイン城は宿泊先の候補であったが、1泊のみならOKの回答であったので、残念ながら、断念した。

    機会あれば、是非このホテルに泊まりたいと思った。
    9年後の2018年春、漸くその夢が叶えた次第だ。
    レセプションは大変親切で立派なパンフレットを頂けた。

    写真は2009年4月ラーベンシュタイン城:石橋下に行く道で

  • 城内博物館には石橋の先にある門扉をくぐって入る。<br /><br />見物した部屋は思っていた古色蒼然したものではなく、改装して綺麗になった様子である。武器ですら装飾的であった。<br /><br />写真は2009年4月ラーベンシュタイン城:城の入口

    城内博物館には石橋の先にある門扉をくぐって入る。

    見物した部屋は思っていた古色蒼然したものではなく、改装して綺麗になった様子である。武器ですら装飾的であった。

    写真は2009年4月ラーベンシュタイン城:城の入口

  • さて、最初に通された場所は音楽の鳴り響く広いラウンジ(暖炉の間)である。<br />①Kaminzimmer暖炉の間と称し、室内の紋章や見事な家具は豪華で圧倒された。ここはセミナーやコンサートの後にゆったりとおしゃべりを楽しむ場所の様である。<br />14時漸く、城内ガイドの開始となった。長い髭をたらした太った大男がガイドさんで、話す言葉がちょっと聞きにくいが、丁寧なガイドだ。<br /><br />写真は2009年4月ラーベンシュタイン城:Kaminzimmer暖炉の間

    さて、最初に通された場所は音楽の鳴り響く広いラウンジ(暖炉の間)である。
    ①Kaminzimmer暖炉の間と称し、室内の紋章や見事な家具は豪華で圧倒された。ここはセミナーやコンサートの後にゆったりとおしゃべりを楽しむ場所の様である。
    14時漸く、城内ガイドの開始となった。長い髭をたらした太った大男がガイドさんで、話す言葉がちょっと聞きにくいが、丁寧なガイドだ。

    写真は2009年4月ラーベンシュタイン城:Kaminzimmer暖炉の間

  • ②Jagtzimmer狩猟の間(70㎡)には様々な動物・鳥のはく製が飾られた部屋、紋章のイワレのカラスはさすがに無い!<br /><br />写真は2009年4月ラーベンシュタイン城:Jagtzimmer狩猟の間

    ②Jagtzimmer狩猟の間(70㎡)には様々な動物・鳥のはく製が飾られた部屋、紋章のイワレのカラスはさすがに無い!

    写真は2009年4月ラーベンシュタイン城:Jagtzimmer狩猟の間

  • ③Markgrafensaal辺境伯広間(110㎡)も広く、長い食卓、背たけの高い肘掛椅子が並び、“イノシシ料理を食べる会”などが催されるのだそうだ。<br /><br />写真は2009年4月ラーベンシュタイン城:Markgrafensaal辺境伯広間

    ③Markgrafensaal辺境伯広間(110㎡)も広く、長い食卓、背たけの高い肘掛椅子が並び、“イノシシ料理を食べる会”などが催されるのだそうだ。

    写真は2009年4月ラーベンシュタイン城:Markgrafensaal辺境伯広間

  • ④礼拝堂は現代風カトリック教会。壁面にはキリストの一代の絵が十数枚架けられている。ここで結婚式を挙げ、ルネサンス大広間で披露宴も出来る<br /><br />写真は2009年4月ラーベンシュタイン城:礼拝堂

    ④礼拝堂は現代風カトリック教会。壁面にはキリストの一代の絵が十数枚架けられている。ここで結婚式を挙げ、ルネサンス大広間で披露宴も出来る

    写真は2009年4月ラーベンシュタイン城:礼拝堂

  • ⑤Waffensaal武器の間(85㎡)には堅固な樫の木のテーブルを中心に、この城が最も誇る、見事な甲冑がある。装飾的にはこれほど美しいものは見た事がない。もちろん実戦的ではないようだが・・・。その他にも矛槍、槍、剣、古式銃などが展示されていた。<br />面白い絵が一つ展示されていた。二手に分かれた“ウサギの合戦”を描いたもので、ウサギの格好は擬人化していて、興味深いもの。<br /><br />⑥Renaissance-Saalルネサンス大広間(200㎡)は城一番の広さを持つもので、紋章入りの暖炉の前で、多数を集めたダンス、コンサート、セミナーなどに利用されると言う。<br /><br />⑦Burgterasseテラス(100㎡)は上天気の日はここでも、パーティもできる。アイルス谷を望む眺望はすてがたいものだ。<br /><br />・・・・・<br /><br />写真は2009年4月ラーベンシュタイン城:Renaissance-Saalルネッサンス大広間

    ⑤Waffensaal武器の間(85㎡)には堅固な樫の木のテーブルを中心に、この城が最も誇る、見事な甲冑がある。装飾的にはこれほど美しいものは見た事がない。もちろん実戦的ではないようだが・・・。その他にも矛槍、槍、剣、古式銃などが展示されていた。
    面白い絵が一つ展示されていた。二手に分かれた“ウサギの合戦”を描いたもので、ウサギの格好は擬人化していて、興味深いもの。

    ⑥Renaissance-Saalルネサンス大広間(200㎡)は城一番の広さを持つもので、紋章入りの暖炉の前で、多数を集めたダンス、コンサート、セミナーなどに利用されると言う。

    ⑦Burgterasseテラス(100㎡)は上天気の日はここでも、パーティもできる。アイルス谷を望む眺望はすてがたいものだ。

    ・・・・・

    写真は2009年4月ラーベンシュタイン城:Renaissance-Saalルネッサンス大広間

  • 写真は2009年4月ラーベンシュタイン城:Sophienhoehleゾフィーエンヘーレ鍾乳洞見学

    写真は2009年4月ラーベンシュタイン城:Sophienhoehleゾフィーエンヘーレ鍾乳洞見学

  • 写真は2009年4月ラーベンシュタイン城:Sophienhoehleゾフィーエンヘーレ鍾乳洞見学

    写真は2009年4月ラーベンシュタイン城:Sophienhoehleゾフィーエンヘーレ鍾乳洞見学

  • 写真は2009年4月ラーベンシュタイン城:Sophienhoehleゾフィーエンヘーレ鍾乳洞見学

    写真は2009年4月ラーベンシュタイン城:Sophienhoehleゾフィーエンヘーレ鍾乳洞見学

  • 写真は2009年4月ラーベンシュタイン城: Falkenshow鷹匠のショー

    写真は2009年4月ラーベンシュタイン城: Falkenshow鷹匠のショー

31いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

マイルに交換できるフォートラベルポイントがたまります。
フォートラベルポイントって?

ドイツで使うWi-Fiはレンタルしましたか?

フォートラベル GLOBAL WiFiなら
ドイツ最安 50円/日~

  • 空港で受取・返却可能
  • お得なポイントがたまる

ドイツの料金プランを見る

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

この旅行記の地図

拡大する

PAGE TOP

ピックアップ特集