旅行のクチコミと比較サイト フォートラベル

yo haiさんのトラベラーページ

yo haiさんへのコメント一覧全321件

yo haiさんの掲示板にコメントを書く

  • 勉強になりました

    桜は沢山あるんですね、知りませんでした。来年から注意深く観察します。勉強になりました。ありがとうございます。
    2019年07月05日18時30分返信する 関連旅行記

    Re: 勉強になりました

    はっぴいえんどさん
    書き込みありがとうございます。
    10月から桜は咲きはじめほぼ毎月のように色々な種類が咲いてだいたい北海道までおいかければ5月までみれます。
    中でも12月に見れるヒマラヤ桜というのが最近注目されてます。
    まとまつて何本も木が有るとこはまだ確認できてないですが因島、倉敷辺りでもみれますので、よかつたら探してみてください。
    2019年07月05日21時21分 返信する
  • お久しぶりです。

    方々の有名桜を見て回っているようですね。

    淡墨桜と薄墨桜の違いとか、染井吉野は全国で咲いている木が全部接木で兄弟のため、枯れ始めたら一斉に枯れるとか、染井吉野の寿命論がうわさされて、次世代の染井吉野に代わる品種は、「神代曙」が候補に挙がっているだとか、色々と噂しているようですね。

    昨日、ポトマック桜の講演会が伊丹市の図書館であり、聞きに行きました。

    朝は、東野地区の苗圃へ行ったら、数人の方が桜の伐り出しをしており、ノコノコと苗圃の中に入って行き、聴けば・・・14時半から市の図書館で講演会があり、その公園席に飾る桜の伐り出しをしている所でした。
    品種名を聴くと「プリンセス雅(みやび)」という名が付いた桜だそうで、明日元号が決まり、1ヶ月先には皇后陛下になる雅子妃さんの名の付いた桜を演壇に飾るための伐り出し中でした。

    昔、外務省北米局北米2課へ所用で行ったとき、会う相手の席まで行ったが不在で、隣の席の美人の方に名刺を渡し、どちらに行ったのか聞きました。その時貰ったのが小和田雅子さんの名刺で、未だ皇太子妃の話が無い時でした。その時のことを苗圃の持ち主達に話したら、盛り上がってしまいぜひ講演会を聴いてくれと言われ、昼からノコノコと出掛けてしまいました。

    会場で朝名刺を頂いた苗圃の主を見かけて、挨拶したら・・・開会のあいさつの時に雅子妃の話を出すので、紹介してよいかと聞かれ、了解しました。
    開会のあいさつ時に、偶然が偶然を呼びこの会場にも来てくれた、朝の逸話の相手として、皆さんに紹介されてしまいました。

    思い出が残る一日となりました。

    hn11

    2019年03月31日01時57分返信する 関連旅行記

    Re: お久しぶりです。

    書き込みありがとうございます。
    楽しい時間を過ごされているようでなによりです。
    昨年から茨城で営業の仕事に就くことになり、毎日車で回ってます、
    そんな中ですから、当然のように桜の木の捜索もしてあったので、四月からは、それをできるだけいい感じ見たいと思ってます。
    神社と桜や電車と桜、水に映った桜など目標にしています。
    種類は日立市のかみね公園で日立の固有種が四種類あることがわかつたのですが、まだ一種類しか確認出来てないです。
    2019年03月31日09時51分 返信する
  • 流鉄流山線のお花見ラン

    初めまして。
    馬橋に住んでいます。
    地元の写真が嬉しくて投稿しました。
    馬橋→豊四季間の往復約20kmは、この時期最高のお花見ランポイント。
    当然お花見さんたちに配慮してのゆっくりランです。
    2018年03月26日20時34分返信する 関連旅行記
  • 流鉄流山線のお花見ラン

    初めまして。
    馬橋に住んでいます。
    地元の写真が嬉しくて投稿しました。
    馬橋→豊四季間の往復約20kmは、この時期最高のお花見ランポイント。
    当然お花見さんたちに配慮してのゆっくりランです。
    2018年03月26日20時34分返信する 関連旅行記
  • 河津桜は寒さには適していません

    yo haiさん

    河津桜は寒さには適しておらず、厳寒だったこの冬のせいでしょう。

    私のブログ(https://4travel.jp/travelogue/10665585)を参照してください。

    ドクターキムル
    2018年03月05日11時19分返信する 関連旅行記

    Re: 河津桜は寒さには適していません

    ドクターキムルさん

    気候も咲き方に影響するんですね 知りませんでした

    確かにヒマラヤ桜でも色が違うのもあります(これは産地が違うからかなと単純に思っています)

    今まではいろんな種類を追いかけていましたがこれからはじっくり変わりだねを探してみようかと思っています

    柏尾川のオカメ桜は知りませんでした

    今年は無理かもしれないですが来年以降のチェックポイントに加えておきます

    書き込みありがとうございます
    2018年03月11日00時05分 返信する

    この辺りで見られる桜

    yo haiさん

    桜を追っかけているとのことですが、この辺りでは早咲きの東戸塚駅脇の桜(https://4travel.jp/travelogue/11109893)と玉縄桜(https://4travel.jp/travelogue/10988688)があります。
    また、横浜緋桜(https://4travel.jp/travelogue/10758982)があります。

    勿論、鎌倉・極楽寺の「八重一重咲き分け桜」(https://4travel.jp/travelogue/10395016)はもう見ていますよね。

    参考までに。


    ドクターキムル
    2018年03月11日11時24分 返信する

    RE: この辺りで見られる桜


    ドクターキムルさん

    こんにちは 東戸塚辺りはいつも素通りでした

    ご指摘いただいたところはすべてノーチェックのところです

    機会があれば出かけてみたいと思っています

    貴重な情報ありがとうございます

    玉縄桜は大船のフラワーセンターと麻生区役所で見ています

    横浜緋桜は椿山荘で見ていますが雅や陽光との区別が・・・・・

    色合いは同じで花びらの大きさがちょっと違うぐらいかなと思ってる

    表示がなければ全くわかりません

    お車返しはあちこちの公園で見ていますがあまり興味がわかないのか花びらの枚数を数えた記憶ないです

    時期的に遅咲きの桜が咲き始めるので花びら自体に、そんなに注意が行かないのかなと思っています

    現在メインで探しているのが、菊咲きや色が緑や黄色を追っかけのメインにしています

    種類としては御衣黄、黄桜、須磨浦普賢象、園里黄桜、仁科蔵王、園里緑龍(まだ見たことない)などです

    その前にと、染井吉野の前に咲く花では、春めき、陽光、伊豆多賀赤、伊豆吉野、おかめ辺りを狙っています

    一番は春めきで綾瀬市や羽村市で見れればと思っています

    よろしくお願いします




    2018年03月13日00時06分 返信する
  • 流し撮り

    微妙な天気で
    桜が満喫できませんね
    星空とコラボもしたかったけど
    満月に近くても月すら出てないかも!

    電車に合わせて
    流し撮りしたら
    また、雰囲気が変わりそうですね
    コンデジは流し撮りは苦手ですが・・・

    38うさぎ
    2017年04月10日10時13分返信する 関連旅行記

    RE: 流し撮り

    38うさぎさん

     こんにちは

    コンデジどうこうよりも腕の問題と意識の低さの問題かなと思ってます
     
    事前に行った京成電車では場所の関係もあって真横から撮るには近すぎて斜めからの写真ばかりになってしまいました

    その時はシャッタースピードとか流し撮りなど考えなくてもそこそこ撮れていたので何も考えてなかった
    (ピンボケはたくさんあったが・・・)

    流鉄の写真撮ってるときはまさか流れてるとは思ってもいなかった
    (17:00過ぎていたのでかなり薄暗くなっていたというのもあります)

    場所的に線路までの距離が約12〜13mでローカル線なので地べた走ってるしかも小川と桜も一緒に入れることができる

    ロケーションとしてはいい感じなので 流し撮りは桜の時期が終わってから何回か通って練習してみようと思ってます




      
    2017年04月11日00時21分 返信する
  • さくらの開幕

    yo haiさんこんにちは

    今年はちょっと寒くて
    梅も遅めですが
    桜の季節がやって来ましたね!
    現在松阪勤務なんで
    松阪城の桜が楽しみですが
    午後から休暇にして探索予定です

    こちら方面への遠征は
    計画されているのかな?

    38うさぎ
    2017年02月15日10時07分返信する 関連旅行記

    RE: さくらの開幕

    38うさぎ こんにちは

    気にかけていただいてありがとうございます

    松坂は2度ほど泊まったことありますが泊りだけで町を散策したという感じないです


    関西方面はいまのところ考えてないんです

    今行ければいいなあと漠然と思ってるのは富山と北海道ぐらいです

    ただ富山は行きたいところが日にち限定なので時期が微妙なんです

    北海道は5月の連休中に松前城の遅咲きの桜とタイミングが合えば行くかなとまだ予定も未定といった感じです

    4月からの仕事が微妙なのでそれ次第というのもあるのですが桜の追いかけも以前ほど力が入らなくなっています

    これからの桜探しは緑や黄色系の 須磨浦普賢象や御衣黄、ウコンなどの種類があるところか荘川桜の子孫探しに行こうかなと思ってます

    2017年02月18日21時57分 返信する
  • 新撰組。

    yo haiさん、今晩は。
    新撰組は、幕末の京都での治安維持を担った組織です。
    当時の幕府は、治安維持活動を担う組織の創設と、朝廷とトラブルが発生した場合には、すぐに解雇が出来る様な組織として産まれました。
    現代風に言うと、パートタイマーの侍集団です。
    しかし、集まってきたのは、正式な武士になりたい者達ばかりでした。
    現代の、正社員採用希望者ばかり。
    その後、会津藩が京都守護職となると、会津藩配下となりました。
    現代の、契約社員です。
    鳥羽伏見の戦いで、幕府軍が崩壊敗走し、会津藩は会津に帰て、新政府軍と会津で戦争と為りました。
    この時に、新撰組は正式に会津藩士に認められました。
    現代の、正社員です。
    しかし、会津藩は新政府軍に敗れ解体されてしまいます。
    下北半島に小さな領地を与えられ、そこで生活するか、北海道へ渡るかの選択をせまらます。
    新撰組残党は北海道へ渡り、函館で新政府軍と戦い敗れ去り、新撰組としての戦いは終わりを告げました。

    京都時代の新撰組は、一時的に京都の治安活動に成果を上げていましたが、強引な手法だった為、敵を作りすぎていた事が、後々悲劇を生んでいきました。
    墨水。
    2016年01月17日00時58分返信する 関連旅行記

    RE: 新撰組。

    墨水さん こんにちは


    丁寧な書き込みありがとうございます

    しかし ますますわからなくなっています

    新選組は会津藩の人だけでなかったのかとか薩摩藩と長州藩とのかかわ
    なんで今も福島の人と九州の鹿児島の人はなかが悪い??
    とかいろんな疑問がたくさん出てきてます

    人物では土方歳三、近藤勇、沖田総司、坂本龍馬などとのかかわりあい

    池田屋事件はなんで起こったのか??

    う〜ん これは歴史の本を読まないと・・・・

    闇雲に桜探しのついでにいろいろなお寺や神社めぐりしてると幕末の時期に活躍した人だとか有名な人というお墓や菩提寺だよと言われることが多いのですが
    何のことか??

    TVで幕末のことを詳しく解説してくれる番組ができれば一番いいのですがそれは難しそうなので少しずつ図書館で借りていろんな本を読んでみようと思っています

    いろいろ教えていただきありがとうございます

    これで当分暇を持てあまさなくて済みそうです


    2016年01月17日23時06分 返信する

    RE: RE: 新撰組。

    yo haiさん、今晩は。

    > 新選組は会津藩の人だけでなかったのかとか薩摩藩と長州藩とのかかわ
    まず、新選組は、幕府が創設した組織です。
    当初、京都の所司代配下としていましたが、京都守護職を幕府が新設した為に、京都守護職配下とされました。

    長州は、国家のあり方を根本から変えようと動き出します。
    貴族である三条実美等も、国家のあり方を根本変えようと動きますが、孝明天皇の怒りを買い、罷免されてしまいます。
    三条実美を陰で支援していたのが、長州藩です。
    新選組は、言わば体制派(幕府方)ですが、藩ではないので、長州藩に対して警告を出す事が出来ません。(身分が違うから。)
    そこで、京都守護職の会津藩の力を借りなければならない。

    長州藩は、蛤御門の変(朝廷を味方にしようとクーデターを起こします。)
    この時、会津藩に味方したのが薩摩藩です。
    長州藩のクーデターは失敗して、京都を追われてしまいます。
    さらに、幕府より長州征伐の命令が西国諸藩に出されました。
    此のピンチを救ったのが、坂本龍馬です。
    長州藩と薩摩藩が同盟を結んだ。
    のちに坂本龍馬の出身藩の土佐藩も加わります。
    土佐藩は、幕府に対して「大政奉還」の建白書を提出し、幕府が戦うことなく穏やかに政権を朝廷に返還する方策を説き、説得に成功して幕府は大政奉還を実行しました。

    ここで問題になったのは、長州藩にとって宿敵だった幕府が無くなってしまった怒りが、坂本龍馬に向けられます。
    また、幕府が無くなった幕臣達の怒りも、坂本龍馬に向けられてしまいました。

    長州藩は、朝廷を説き伏せて、東征軍(倒幕軍)を編成し、江戸(東京)へ向かって進軍していきます。
    此に引きずられたのが薩摩藩で、会津藩と戦いになりました。
    会津藩は、京都を放棄して会津へ帰り、新政府軍と為った長州藩に恭順の意を示しますが、会津藩が呑む事が出来ない様な条件を提示されて、結局会津戦争となりました。
    明治以降は、会津藩は完全な悪者と為ってしまいました。
    明治初期は政権運営が不安定で、各地で士族(武士)の反乱が頻発します。
    大きな反乱の一つが薩摩で起きました。
    此の反乱の鎮圧に、旧会津藩士が多く参加してます。

    そのため、会津と薩摩は仲が悪いですね。

    > 闇雲に桜探しのついでにいろいろなお寺や神社めぐりしてると幕末の時期に活躍した人だとか有名な人というお墓や菩提寺だよと言われることが多いのですが
    > 何のことか??

    菩提寺とは、御墓を管理している寺のことです。
    >
    > TVで幕末のことを詳しく解説してくれる番組ができれば一番いいのですがそれは難しそうなので少しずつ図書館で借りていろんな本を読んでみようと思っています

    大河ドラマが、それに当たります。
    大河ドラマを見る事が、日本の歴史を簡単に理解する近道になります。
    墨水。
    2016年01月22日00時42分 返信する

    RE: RE: RE: 新撰組。

    墨水さん こんにちは

    いろいろ教えていただきありがとうございます。

    いまだにわからないことが多いですが徐々に概要がわかりかけているかなと??
    いうかんじまでになってきてるかなという思いです

    ただ なんで京都で長州藩だの薩摩藩だの会津藩だのが関係しだしあのかというそもそもの問題が・・・・・

    TVのドラマは個人に中心が当てられるのでどうしても時代背景や全体像がつかみにくいのであまり見ないです

    神社やお寺の建物には興味があるのですが誰が祭られているからそこに行くというのはないんです

    誰が作ったや誰が祭られてるよりもなんでこんなに大きなものやりっはな作りのものを作ったのかという方が興味があるんです

    ただ行ったところがそうだったぐらいでどんな人だったんだろうぐらいの気持ちです

    これから行こうと思ってるのは天台宗(滋賀県)のお寺をメインに考えてます

    なんのためにこんなに大きなのを作る必要があったのかそちらに興味あります

    これからもわけのわからない質問になるかもしれませんがよろしくお願いします

    2016年01月31日01時25分 返信する

    RE: RE: RE: RE: 新撰組。

    yo haiさん、今晩は。

    > ただ なんで京都で長州藩だの薩摩藩だの会津藩だのが関係しだしあのかというそもそもの問題が・・・・・

    京都を支配している人が居無かったが、大きな原因です。
    京都には、帝が居ますが、帝と貴族達は幕府からの援助で生計を立てていました。
    京都には、京都所司代が居ましたが(幕府の役人)所司代の仕事は、帝と貴族達の意見と幕府の意見との調整役でしかなかった。
    日本の正式な支配者は帝ですが、将軍は帝に日本支配を一任されてるだけにすぎません。
    この微妙なバランスの上に有ったのが、京都という政治上の特殊性です。
    日本の正式な支配者は帝なんだから、直接帝に意見を言った方が手っ取り早いと、考えたのが長州藩です。
    結果的に幕末の京都は、血が流れる凄惨な場所と為りました。

    > 誰が作ったや誰が祭られてるよりもなんでこんなに大きなものやりっはな作りのものを作ったのかという方が興味があるんです

    なるほど。
    其れを知る為には「燕礼配置」を知らなければ理解できることはないでしょう。

    > これから行こうと思ってるのは天台宗(滋賀県)のお寺をメインに考えてます

    なるほど、延暦寺や三井寺は燕礼配置の「撰」(正式にはにんべん)に相当し、台所を意味します。
    その為、女性に縁が深いですね。(特に三井寺)
    初期の延暦寺は、中宮(帝の后)より寄進を受けてます。

    > なんのためにこんなに大きなのを作る必要があったのかそちらに興味あります
    平安時代は、帝が政治を行うのに多くのブレーンを必要としました。
    貴族達に政治権力を横取りされない為に、ブレーンを必要とした。
    ブレーンを何処から連れて来るか、その答えが「寺」でした。
    寺には「門跡」(帝の腹違いの兄弟達)が居たので、門跡を利用した。
    寺側は、門跡が居れば、寺を大きくしたい場合は、直接「帝」頼める利点が有りました。
    持ちつ持たれつの関係です。
    こうして寺は、大きくなっていきました。
    墨水。
    2016年01月31日22時59分 返信する

    RE: RE: RE: RE: RE: 新撰組。

    墨水さん こんばんは

    まだもやもやしてる部分が多いのですがだいぶ理解できてきました

    結局は権力闘争で長州藩や薩摩藩が自分がいい思いしたかった
    それをかなえるためにいろんなものをりようした

    そこにお寺も絡んでいたということなんですね

    まあ何であれ今の時代まで残るものを作ってそれが受け継がれてるというのは
    良し悪しはともかくそれなりに支持する人がいて大切にされてきた??

    それを楽しみたいと思います
    (人によっては異論もあると思うが今現在の個人の気持ちです)

    そこから少しずつでも歴史について学べればこれもまたいいかなと思っています

    最近は新しいことを知るというのは楽しみになっています

    三井寺は今一番行ってみたいところです

    なんでそこかと言われてもまだ何とも言えない感じなのですがず〜と心のどこかに引っかかってる

    延暦寺はまだ行くには早いのかなという気持ちでいます

    春休みに2〜3日休み取れそうなのでいければと思っています

    いろいろ教えていただきありがとうございます



    2016年02月01日22時37分 返信する
  • ご近所。

    yo haiさん、今日は。
    「お引っ越し。」とか、ご近所なのに残念です。
    花と緑の学習園には、結構桜があるんですね〜っ、時々通るんですが気にもしてませんでした。(笑)

    最近、香取神社への道順を時々他人から良く聞かれるんですが、香取神社が二つ有ると説明すると、大方うろたえます。(笑)
    墨水。
    2015年04月19日12時16分返信する 関連旅行記

    RE: ご近所。

    墨水さん 

     こんにちは

    今のところ6年11ヶ月ほど住んでいたみたいです
    考えてみればほとんどが桜の綺麗なところの近くに住み替えていた感じです
    向島(2年半)、中野(2年)、駒込(9年8ヶ月)、府中(4年6ヶ月)、稲毛海岸(5年)途中池袋に1年8ヶ月というのもあった
     
    私も最初の頃江東区の香取神社しか知りませんでした
    最近は梅の頃なら墨田区の香梅園、それ以外の時期は江東区の香取神社(スポーツの神様)の案内でいいのかなと思っています

    これからの旅行記のメインは松戸近辺が多くなると思います

    楽しみなのは八柱霊園、21世紀の森、本土寺辺りかなと思ってます

    これからもよろしくお願いします



    2015年04月20日19時21分 返信する
  • 園里黄桜って

    これでしたか。

    ウコンに似ているようですね。

    花が古くなればピンクが入ってくるようですね。

    では、また。
                 hn11
    2015年04月19日04時03分返信する 関連旅行記

yo haiさん

yo haiさん 写真

14国・地域渡航

40都道府県訪問

yo haiさんにとって旅行とは

新しい発見と 驚き 

最近国内の旅行に目覚め何とか安くいけないか探すがさすがに難しいと頭をかかえる日々だが 最近は海外に出ていないなという思いも強くなって来てる

旅行記が完璧に桜探しの日記になってしまった
興味のない人にはまったく役に立たない感じで申し訳ないがここまできたらしばらくはこれで行こうと思っている桜探しのつもりであちこち出かけていたら 今度は電車にもどっぷり嵌ってしまった
コレでいよいよ時間もお金も掛かるように

さらに仕事クビになって時間をもてあますようになり
今度は島めぐりをして見ようなどととんでもないことに目覚めることに
そんなにお金を掛けられないがいろんなところに出かけてみたいと
バックパックを買い求めてちょろちょろ出かけるようになった

まあ 生きてるから出来るので 許す限り嵌ってみようかとあきらめの気持ちもある

2012年6月19日現在行った島
滋賀県 沖島
愛知県 日間賀島、篠島、佐久島、竹島
愛媛県 女木島
沖縄県 久高島、渡嘉敷島、渡名嘉島、粟国島、阿嘉島、座間味島、伊計島、浜比嘉島、ナガンヌ島


行ったお城
   松本城、弘前城、横手城、白石城、掛川城、名古屋城、浜松城、新発田城、熊本城、小倉城、福山城、大阪城、彦根城、       鶴ヶ城(会津)、首里城


自分を客観的にみた第一印象

大好きな場所

島(できれば人が生活してる)

大好きな理由

不便な感じだが流れてる時間がゆるい

行ってみたい場所

離島

現在14の国と地域に訪問しています

拡大ボタンを押すと地図が
動かせます。

現在40都道府県に訪問しています