旅行のクチコミと比較サイト フォートラベル

Cover_10063220

敏じぃさんのトラベラーページ

敏じぃさんの写真全18,145 »

写真をもっと見る

敏じぃさんのクチコミ全60 »

  • ホテル
  • ショッピング
  • グルメ・レストラン
  • 交通機関
  • 観光スポット
  • 基本情報

クチコミをもっと見る

敏じぃさんのQ&A

回答(117件)

  • チューリッヒ滞在中の列車乗車券について

    列車の乗車券に関する質問です。
    2つあります。

    1. 氷河急行乗車時の乗車券
    氷河急行の座席指定券をすでに予約済みです。
    乗車券はまだ購入していません。
    乗車券は日本にいるうちに手配した...もっと見る

    この回答は2人の人に役立ちました

    • 回答日:2018/03/11 20:55:44
    • 回答者: 敏じぃさん
    • 経験:あり

    氷河急行の乗車区間が不明なのでなんとも言えませんが、氷河急行にはかつて2回乗車しました、座席指定と割増料金はブリーグ・クール間で必須です。

    割増に関しては券売機では購入できないと思いますので、窓口で座席指定券を提示して購入してください。 クール・サンモリッツ、ツェルマット・ブリーグ間は普通列車として運行されます。 クールで後部に5,6両連結してサンモリッツに向かいます。

    【参考URL】https://ssl.4travel.jp/tcs/t/editalbum/edit/10981000/

  • 乾季から雨季の変わり目のアンコールワットの天気

    4月4週目か5月半ばにアンコールワットへの観光を予定しています。
    乾季から雨季への変わり目の季節らしいですが、どんな天気でしょうか。

    調べると雨に関してはまだ本格的な雨季ではない、降ってもスコ...もっと見る

    この回答は2人の人に役立ちました

    • 回答日:2018/02/15 12:58:07
    • 回答者: 敏じぃさん
    • 経験:あり

    そんなに心配なら旅行を止めた方がいいですよ。天気ばかり気にしていたら面白くないだろうし。 アンコール遺跡群ではなくアンコールワットに行くんですよね? アンコールワット

  • 成田線のカタール航空ビジネスクラスについて

    こんにちは。いつもお世話になっております。

    今度私はカタール航空を利用して欧州へ旅行に行きます。その際私は人生初のビジネスクラスを利用します。生まれて初めての体験なので今から悶々と悩みを抱えてい...もっと見る

    この回答は2人の人に役立ちました

    • 回答日:2017/05/30 11:09:48
    • 回答者: 敏じぃさん
    • 経験:あり

    こんにちは

    2013年年末にカタール航空のビジネスクラスに搭乗しました、777の2席X3という配置だったと思います、その後羽田からB787のビジネスにも乗りましたが、両端が1列なので個室感覚で良かったです、欧州のどこに行かれるかわかりませんが、ドーハからはB787 が就航している地域もあります。

    2013年には私はドーハからチューリッヒに行きましたが、機体がB787で一人席のビジネスクラスを堪能しました。 

    成田、羽田発共に旅行記を書いておりますのでお暇でしたらご笑覧ください。

    【参考URL】http://4travel.jp/travelogue/10849637

回答をもっと見る

質問(0件)

敏じぃさんにとって旅行とは

スイス旅行歴26回、ツェルマット滞在20数回、30年前のツアー以外は全て個人旅行でスイスに、行っています、スイス人の気質(勤勉、人見知り、個人主義等々)にも共感するところがあったのかもしれません。
結婚前からスイスに夢中になりました、スイス旅行のために働いていたと言っても過言で無いと思います、

私たち夫婦にとって交通機関やインフラ等がきっちりしているスイスは個人旅行でも安心して旅行が出来ます。
でもスイスって良く考えたら用意周到に計画された自然破壊なんではないだろうかと思い始めました。

スキー歴52年、夫婦で滑っています、その他のスポーツ・趣味は山登り(でも100名山も70から一向に増えません)

2010年10月には東南アジア最高峰マレーシアのキナバル山に登り,登頂後に岩壁周遊のヴィアフェラータを楽しんできました。
それまで爪先が痺れたりしていましたが、キナバル山から帰って脊柱管狭窄症を発症、翌年 入院、手術をしました。

他の趣味・スポーツはテニス、クラシック音楽、写真等です。

スイスは何回行ってもいいですね!
スキー場の設計が凄くうまく、何日滑っても楽しめる。
九州程度の国土面積に4000mの山が沢山ある凄い国です。

2014年はツェルマット20年訪問、(20回目ではありません,1年に何回行っても1回しかカウントされません)の記念バッジをもらおうとホームページから観光局に申請しましたが、毎週木曜日夕方に開催されるセレモニーに出席するのが授与の条件だと聞きました、当日は19時半頃 ツェルマットに着いたので残念ながらセレモニーに参加できなかったのです。

しかし2015年1月 滞在したホテルに観光局からインビテーションレターが届いていて セレモニーに参列 バッジをもらうことが出来ました。
一つの区切りがつきました、ツェルマットは卒業してスイスの他の魅力ある場所を探し続けたいと思っています。

自分を客観的にみた第一印象

凝り性 几帳面だけど結構抜けている?

大好きな場所

今はスイス東部 田舎の町や村  特に交通の要衝フィリズール駅ホーム外れにある ホテル・グリシューナをこよなく愛しています。

大好きな理由

フランスもそうですが、田舎は都会より人々が親切 そしてホテルも安く 空気が美味しい  これは日本も同じですね

行ってみたい場所

イタリア生れの画家セガンティーニが愛したグラウビュンデン州のサボニンは冬ではなく もう一度夏に行ってみたい  そして信じられない位 美しい街だったポントレジーナにも滞在してみたい。

現在13カ国に訪問しています

現在24都道府県に訪問しています