日光湯元温泉旅行記(ブログ) 一覧に戻る
今年の春の花たちは例年より10日ほど開花が早いようだ。梅雨の合間を縫って急ぎ出かけてみる。 行く先はやはり奥日光になる。 いつものとおり、赤沼から湯川沿いの木道を北に登っていくと、さっそく右側に戦場ヶ原が拡がり、その後方にはドンと男体山。 ここがワタスゲの群生地だがもう満開のようだ。 といっても昨年の尾瀬沼近辺とは比べようもないが・・・<br />   ※尾瀬のワタスゲ2014 http://4travel.jp/travelogue/10909693<br /><br />この日の天気はずっと曇りの様子なので、クリンソウは明日にまわし、さっそく湯元の宿に向かう。 相変わらずの白濁した熱い湯に浸かり、明日の千手ケ浜に備える。<br /><br /> そういえば、来る途中、小滝の上流で猿の大群と遭遇、十数匹はいたろうか。 また釣りが解禁になったようで多くの釣り人が入っているが、成果はあまりないようだ。 やはり小滝の下流あたりに魚影が濃い。<br /><br /> 翌日はまさにいい天気。 1,500m/hともなると、下界とは空の青さも違うし、空気が違う。 木々の葉っぱの青々とした輝きが違うのだ。<br /> 千手が浜はクリンソウが満開をすぎようとしている。 クリンソウもニッコウキスゲのように下から咲いてくるものだが、今は最上部が咲きだしている。 ここは住人さんが苦労して世話しているせいか、相変わらずの咲きっぷりだ。<br />ただ観光客も花と同じくらい多いのが難点。 なかにはボートで背広・革靴で乗り込んでくる輩もいる。 <br /><br /> 何度もいうが、ここ奥日光は仏教の聖地である。 流行りの言葉でいえばパワースポットとなろうか。 地名でみても中禅寺、千手、クリン(九輪)、華厳、竜頭、輪王、金精、弥陀が池などすべて仏教由来の言葉だ。 時代でいえば空海や最澄の数百年以前の話である。 ここはそもそも観光気分で来るところではない、とあえて強調しておこう。 <br /><br /> ・彷徨えば昨夜夢見しクリンソウ   <一の坊> <br /><br /> ・いろは越え上の奥山来てみれば露玉キラリ梅雨の青空  <悠遊人>

☆今年のクリンソウ (奥日光,千手ケ浜)

25いいね!

2015/06/14 - 2015/06/15

108位(同エリア461件中)

旅行記グループ 奥日光・尾瀬

0

13

悠遊人(ゆうゆうじん)

悠遊人(ゆうゆうじん)さん

今年の春の花たちは例年より10日ほど開花が早いようだ。梅雨の合間を縫って急ぎ出かけてみる。 行く先はやはり奥日光になる。 いつものとおり、赤沼から湯川沿いの木道を北に登っていくと、さっそく右側に戦場ヶ原が拡がり、その後方にはドンと男体山。 ここがワタスゲの群生地だがもう満開のようだ。 といっても昨年の尾瀬沼近辺とは比べようもないが・・・
   ※尾瀬のワタスゲ2014 http://4travel.jp/travelogue/10909693

この日の天気はずっと曇りの様子なので、クリンソウは明日にまわし、さっそく湯元の宿に向かう。 相変わらずの白濁した熱い湯に浸かり、明日の千手ケ浜に備える。

 そういえば、来る途中、小滝の上流で猿の大群と遭遇、十数匹はいたろうか。 また釣りが解禁になったようで多くの釣り人が入っているが、成果はあまりないようだ。 やはり小滝の下流あたりに魚影が濃い。

 翌日はまさにいい天気。 1,500m/hともなると、下界とは空の青さも違うし、空気が違う。 木々の葉っぱの青々とした輝きが違うのだ。
 千手が浜はクリンソウが満開をすぎようとしている。 クリンソウもニッコウキスゲのように下から咲いてくるものだが、今は最上部が咲きだしている。 ここは住人さんが苦労して世話しているせいか、相変わらずの咲きっぷりだ。
ただ観光客も花と同じくらい多いのが難点。 なかにはボートで背広・革靴で乗り込んでくる輩もいる。 

 何度もいうが、ここ奥日光は仏教の聖地である。 流行りの言葉でいえばパワースポットとなろうか。 地名でみても中禅寺、千手、クリン(九輪)、華厳、竜頭、輪王、金精、弥陀が池などすべて仏教由来の言葉だ。 時代でいえば空海や最澄の数百年以前の話である。 ここはそもそも観光気分で来るところではない、とあえて強調しておこう。 

 ・彷徨えば昨夜夢見しクリンソウ   <一の坊> 

 ・いろは越え上の奥山来てみれば露玉キラリ梅雨の青空  <悠遊人>

同行者
一人旅
交通手段
私鉄

PR

  • 猿の群れと遭遇<br /><br /> ・迷い道猿の親子導かれ<br /><br /> ※ここで彼ら動物(鹿、猿、リス、鳥鳥、熊、マスなど)に会えないあなたはよほど嫌われているということになる。 対等にして共生の気持ちで溶け込めば彼らは寄ってくるものだ。 ただ熊だけは遠慮したい。 

    猿の群れと遭遇

     ・迷い道猿の親子導かれ

     ※ここで彼ら動物(鹿、猿、リス、鳥鳥、熊、マスなど)に会えないあなたはよほど嫌われているということになる。 対等にして共生の気持ちで溶け込めば彼らは寄ってくるものだ。 ただ熊だけは遠慮したい。 

  • きらきらとした葉っぱ<br />1,500m/hならではの輝き、澄んだ空気の匂い、空の青さ<br /><br /> ・いろは越え上の奥山来てみれば露玉キラリ梅雨の青空

    きらきらとした葉っぱ
    1,500m/hならではの輝き、澄んだ空気の匂い、空の青さ

     ・いろは越え上の奥山来てみれば露玉キラリ梅雨の青空

  • 湯元の源泉<br /><br /> すべてここから湯が送られる。 湯元温泉はもちろん、高徳牧場、中禅寺温泉まで。 湯は白濁の硫黄湯だ。 熱の供給源は奥白根山と思われ、男体山や太郎とは関係ないようだ。

    湯元の源泉

     すべてここから湯が送られる。 湯元温泉はもちろん、高徳牧場、中禅寺温泉まで。 湯は白濁の硫黄湯だ。 熱の供給源は奥白根山と思われ、男体山や太郎とは関係ないようだ。

  • 湯元には一軒だけイワツバメの住みつく老舗旅館がある。軒下にはズラリと巣が並び、イワツバメが舞っている。(見えますか?)<br /><br />  ・イワツバメ群れて舞い飛ぶ旅の宿   (再) <br />

    湯元には一軒だけイワツバメの住みつく老舗旅館がある。軒下にはズラリと巣が並び、イワツバメが舞っている。(見えますか?)

      ・イワツバメ群れて舞い飛ぶ旅の宿   (再) 

  • めずらしくシャクナゲが残っていました。<br />湯ノ湖西岸にはアズマシャクナゲの自生地があるのです。<br />今年よくぞ残っていてくれました。

    イチオシ

    めずらしくシャクナゲが残っていました。
    湯ノ湖西岸にはアズマシャクナゲの自生地があるのです。
    今年よくぞ残っていてくれました。

  • シャクナゲ2<br /><br /> ・シャクナゲよ君の清楚に恋したり

    シャクナゲ2

     ・シャクナゲよ君の清楚に恋したり

  • さて千手が浜、今年のクリンソウです。<br /><br /> さすが管理人の手厚い世話で、今年も見事、感謝です。

    さて千手が浜、今年のクリンソウです。

     さすが管理人の手厚い世話で、今年も見事、感謝です。

  • クリンソウ2<br /><br /> 水のきれいなことこのうえなし<br />もっともこの花は水がきれいな所<br />でないと育ちませんが・・・<br /><br /> 

    クリンソウ2

     水のきれいなことこのうえなし
    もっともこの花は水がきれいな所
    でないと育ちませんが・・・

     

  • クリンソウ3<br /><br />  ・ゆらゆらと川面に揺れる咲くや姫   <九輪>

    クリンソウ3

      ・ゆらゆらと川面に揺れる咲くや姫   <九輪>

  • クリンソウ4  「夢芝居」<br /><br />クリンとは九輪のこと、五重塔の上にあるやつ<br />何層にも重なる様が似てるでしょ?<br /><br /> ・クリンソウ千手の庭の姫姉妹   <富美男>

    クリンソウ4  「夢芝居」

    クリンとは九輪のこと、五重塔の上にあるやつ
    何層にも重なる様が似てるでしょ?

     ・クリンソウ千手の庭の姫姉妹   <富美男>

  • クリンソウ5<br /><br /> なんだか管理され過ぎて、苦しそうにも見えます。<br /><br />  ・クリンソウ期待が過ぎてクルシソウ   <雅 子>

    クリンソウ5

     なんだか管理され過ぎて、苦しそうにも見えます。

      ・クリンソウ期待が過ぎてクルシソウ   <雅 子>

  • あまり背広や革靴では来てほしくないのですが・・・

    あまり背広や革靴では来てほしくないのですが・・・

  • 少し離れて咲いていたクリンソウ<br />よく鹿に食べられないものです。<br />鹿が種を撒いたものかもしれません。<br /><br /> ◎2013クリンソウ http://4travel.jp/travelogue/10787247<br /><br />※次回はイスタンブールから、以前とどう変わったか楽しみです。

    少し離れて咲いていたクリンソウ
    よく鹿に食べられないものです。
    鹿が種を撒いたものかもしれません。

     ◎2013クリンソウ http://4travel.jp/travelogue/10787247

    ※次回はイスタンブールから、以前とどう変わったか楽しみです。

この旅行記のタグ

25いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

旅行記グループ

奥日光・尾瀬

マイルに交換できるフォートラベルポイントがたまります。
フォートラベルポイントって?

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

日光湯元温泉の人気ホテルランキング

PAGE TOP

ピックアップ特集