ブリエンツ旅行記(ブログ) 一覧に戻る
2019年秋、成田からスイス航空でチューリッヒに直行し、主に山岳地帯を中心に鉄道利用の旅を30日間楽しみしました。シャモニーを含めフランスのストラスブールとイタリアのモンツァ/ベルガモに脱線訪問もしました。<br />旅程の概略です。<br />★ 9月19日 スイス航空でチューリヒへ。チューリッヒ空港泊。<br />★ 9月20~22日 アンデルマット泊。<br />★ 9月23~25日 バーゼル泊。<br />★ 9月26~28日 シャモニー泊。<br />★ 9月29~10月1日 ツェルマット泊。<br />★ 10月 2~ 5日 インタラーケン泊。<br />★ 10月 6~ 7日 チューリッヒ泊。<br />★ 10月 8~10日 サン.モリッツ泊。<br />★ 10月11~12日 モンツァ泊。<br />★ 10月13~15日 ルツェルン泊。<br />★ 10月16日 チューリッヒ空港から成田へ。<br />スイスは鉄道料金が高いという事で、スイス.トラベル.パス.フレックス15日とスイス.ハーフ.フェア.カードを用意しました。最初は、ハーフ.フェア.カードで充分かなと思いましたが、よくよく調べていくとトラベル.パスの方が割安だと分かり結局二つとも買う事になりました。これらのスイス.パスは、ポスト.バス、主要都市の交通機関、ロープウェー、ケーブルカー、博物館などが無料や割引になります。<br /><br />この16回目の旅行記は、インタラーケンオストからブリエンツへデイ.トリップした記録です。

シニアー夫婦のスイスゆっくり旅行30日  (16)ブリエンツへデイ.トリップです(10月4日)

8いいね!

2019/09/19 - 2019/10/16

46位(同エリア86件中)

旅行記グループ スイス30日間

0

114

さわ子さん

2019年秋、成田からスイス航空でチューリッヒに直行し、主に山岳地帯を中心に鉄道利用の旅を30日間楽しみしました。シャモニーを含めフランスのストラスブールとイタリアのモンツァ/ベルガモに脱線訪問もしました。
旅程の概略です。
★ 9月19日 スイス航空でチューリヒへ。チューリッヒ空港泊。
★ 9月20~22日 アンデルマット泊。
★ 9月23~25日 バーゼル泊。
★ 9月26~28日 シャモニー泊。
★ 9月29~10月1日 ツェルマット泊。
★ 10月 2~ 5日 インタラーケン泊。
★ 10月 6~ 7日 チューリッヒ泊。
★ 10月 8~10日 サン.モリッツ泊。
★ 10月11~12日 モンツァ泊。
★ 10月13~15日 ルツェルン泊。
★ 10月16日 チューリッヒ空港から成田へ。
スイスは鉄道料金が高いという事で、スイス.トラベル.パス.フレックス15日とスイス.ハーフ.フェア.カードを用意しました。最初は、ハーフ.フェア.カードで充分かなと思いましたが、よくよく調べていくとトラベル.パスの方が割安だと分かり結局二つとも買う事になりました。これらのスイス.パスは、ポスト.バス、主要都市の交通機関、ロープウェー、ケーブルカー、博物館などが無料や割引になります。

この16回目の旅行記は、インタラーケンオストからブリエンツへデイ.トリップした記録です。

旅行の満足度
4.0
同行者
カップル・夫婦(シニア)
航空会社
スイスインターナショナルエアラインズ
旅行の手配内容
個別手配

PR

  • 7時半です。不思議な朝焼けです。雲量が多いですが、隙間に青空も見えます。手前には低い雲が発生しています。

    7時半です。不思議な朝焼けです。雲量が多いですが、隙間に青空も見えます。手前には低い雲が発生しています。

  • 拡大してみます。綺麗な空です。

    拡大してみます。綺麗な空です。

  • 私達の部屋は、最上階の5階で左隅の角部屋です。小さなベランダがついています。

    私達の部屋は、最上階の5階で左隅の角部屋です。小さなベランダがついています。

  • こちら側は小さな窓だけです。

    こちら側は小さな窓だけです。

  • ホテル内に掲示してあった古写真です。昔は、道路との境に柵があったようです。

    ホテル内に掲示してあった古写真です。昔は、道路との境に柵があったようです。

  • ホテルの東側に隣接して日本庭園があります。<br />1978年に大津市と姉妹都市提携が締結された事を記念して作庭されたそうです。

    ホテルの東側に隣接して日本庭園があります。
    1978年に大津市と姉妹都市提携が締結された事を記念して作庭されたそうです。

  • この庭園の入り口です。右隣はホテル.インタラーケンです。

    この庭園の入り口です。右隣はホテル.インタラーケンです。

  • 日本庭園に必須の池です。

    日本庭園に必須の池です。

  • 当然、鯉が泳いでいます。

    当然、鯉が泳いでいます。

  • 日本が作ったものですから、いわゆるアジア風らしきものは一切ありません。

    日本が作ったものですから、いわゆるアジア風らしきものは一切ありません。

  • 道路隅にある水栓です。これは「飲める」の表示でしょうか。

    道路隅にある水栓です。これは「飲める」の表示でしょうか。

  • オスト駅前です。

    オスト駅前です。

  • 10時4分発の列車でブリエンツへ日帰りの旅です。今日の鉄道は、スイス国鉄唯一の狭軌登山鉄道線で、ラック.レールも設置されています。インタラーケン.オストとルツェルン間を走っているブリューニック線です。このテーブルに、路線案内がしてあります。以前は私鉄であったルツェルンとエンゲルベルク間の路線も示してあります。

    10時4分発の列車でブリエンツへ日帰りの旅です。今日の鉄道は、スイス国鉄唯一の狭軌登山鉄道線で、ラック.レールも設置されています。インタラーケン.オストとルツェルン間を走っているブリューニック線です。このテーブルに、路線案内がしてあります。以前は私鉄であったルツェルンとエンゲルベルク間の路線も示してあります。

  • ブリエンツ湖の案内図です。雨で見えなかった山々も表示してあります。

    ブリエンツ湖の案内図です。雨で見えなかった山々も表示してあります。

  • インタラーケン.オストを出ると直ぐ右側にブリエンツ湖が見えてきます。雨は振っていませんが、憂鬱な空です。しかし湖水の色は、氷河の融水が流れ込む影響で、少し緑がかって見えます。

    インタラーケン.オストを出ると直ぐ右側にブリエンツ湖が見えてきます。雨は振っていませんが、憂鬱な空です。しかし湖水の色は、氷河の融水が流れ込む影響で、少し緑がかって見えます。

  • 少し明るく撮ると、こんな色に写ります。

    少し明るく撮ると、こんな色に写ります。

  • 17分でブリエンツに着きました。駅前の道路を渡り、ブリエンツ.ロートホルン鉄道の駅に来ました。夏のシーズンは終わり、更に雨なので人気がありません。駅前は狭いので、左側に繁忙期の案内用で、並んで待つ人の列を示しています。

    17分でブリエンツに着きました。駅前の道路を渡り、ブリエンツ.ロートホルン鉄道の駅に来ました。夏のシーズンは終わり、更に雨なので人気がありません。駅前は狭いので、左側に繁忙期の案内用で、並んで待つ人の列を示しています。

  • 階段に表示してある並ぶ列の案内です。

    階段に表示してある並ぶ列の案内です。

  • 中央は、ウェブで切符を購入した人用です。切符を受け取る人の列でしょうか。

    中央は、ウェブで切符を購入した人用です。切符を受け取る人の列でしょうか。

  • 右側は「中央入り口」となっていますが、切符を持った個人客の列でしょうか。

    右側は「中央入り口」となっていますが、切符を持った個人客の列でしょうか。

  • 「団体客の入り口」でしょうか。

    「団体客の入り口」でしょうか。

  • 今日は天気が良くないので、乗車は諦めました。晴れていれば、ブリエンツ湖を眺めながら、頂上からハイキングができるのですが。<br />ボイラーが前のめりの斜めに載せられたいる蒸気機関車が、後ろから客車を押して山を上がって行きます。

    今日は天気が良くないので、乗車は諦めました。晴れていれば、ブリエンツ湖を眺めながら、頂上からハイキングができるのですが。
    ボイラーが前のめりの斜めに載せられたいる蒸気機関車が、後ろから客車を押して山を上がって行きます。

  • 標高差1732mを7.6Kmの距離で上がっていきます。

    標高差1732mを7.6Kmの距離で上がっていきます。

  • 路線案内です。ここで働く蒸気機関車は、保存鉄道のフルカ蒸気山岳鉄道とは違い、古い機関車だけではなく30年も満たない新しい機関車もあります。

    路線案内です。ここで働く蒸気機関車は、保存鉄道のフルカ蒸気山岳鉄道とは違い、古い機関車だけではなく30年も満たない新しい機関車もあります。

  • 赤の点線でハイキングコースが示してあります。

    赤の点線でハイキングコースが示してあります。

  • ブリエンツ.ロートホルン鉄道の切符売り場です。

    ブリエンツ.ロートホルン鉄道の切符売り場です。

  • 両駅が向かい合う間にある道路です。向こうがインタラーケンの方向です。スイス国鉄の駅の隣りにバス.ターミナルがあります。

    両駅が向かい合う間にある道路です。向こうがインタラーケンの方向です。スイス国鉄の駅の隣りにバス.ターミナルがあります。

  • ブリエンツ.ロートホルン鉄道の駅からスイス国鉄の駅を見ています。

    ブリエンツ.ロートホルン鉄道の駅からスイス国鉄の駅を見ています。

  • 駅の近くにある観光案内所の窓ガラスです。

    駅の近くにある観光案内所の窓ガラスです。

  • 観光案内所内に展示してあった木彫りの作品です。

    観光案内所内に展示してあった木彫りの作品です。

  • ブリエンツは木彫りの町として有名です。各所にこのような木彫りの作品が見られます。ロートホルン登山者に向けた案内表示でしょうか。それとも「ブリエンツ.ロートホルン鉄道の駅はこちら」でしょうか。

    ブリエンツは木彫りの町として有名です。各所にこのような木彫りの作品が見られます。ロートホルン登山者に向けた案内表示でしょうか。それとも「ブリエンツ.ロートホルン鉄道の駅はこちら」でしょうか。

  • 「船着場はこちら」です。

    「船着場はこちら」です。

  • 駅近くの湖岸から南東の方向を望みます。写真右側の平地へアーレ川がマイニンゲン方向から流れ込みます。

    駅近くの湖岸から南東の方向を望みます。写真右側の平地へアーレ川がマイニンゲン方向から流れ込みます。

  • カメラを右に振りました。ブリエンツ湖の対岸です。前方の雪山は、標高2700-2900m位のシュヴァルツェンベルク山系の一部でしょうか。この山系の向こうにグリンデルヴァルトがあります。

    カメラを右に振りました。ブリエンツ湖の対岸です。前方の雪山は、標高2700-2900m位のシュヴァルツェンベルク山系の一部でしょうか。この山系の向こうにグリンデルヴァルトがあります。

  • インタラーケンの方向です。雲も厚くなっています。

    インタラーケンの方向です。雲も厚くなっています。

  • 湖岸を離れ街並みを眺めながら西の方向に歩いて行きます。お店やさん、日本語が苦手でしょうか。でも日本人には理解できます。

    湖岸を離れ街並みを眺めながら西の方向に歩いて行きます。お店やさん、日本語が苦手でしょうか。でも日本人には理解できます。

  • 大きな木造家屋です。後方が、回廊付きの4階建てになっています。

    大きな木造家屋です。後方が、回廊付きの4階建てになっています。

  • 採乳に使う牛乳缶が、道路のオブジェになっています。

    採乳に使う牛乳缶が、道路のオブジェになっています。

  • 外壁が鱗形の小さな板で覆われています。この地方特有なのでしょうか。

    外壁が鱗形の小さな板で覆われています。この地方特有なのでしょうか。

  • 鱗壁の家の横に、波板屋根の木の構造物が建っています。この構造物が、ちぐはぐさを感じさせます。花の苗を売っているようです。<br />右隅の赤いものは消火栓でしょうか。木造の町並みを守るのに必須ですね。

    鱗壁の家の横に、波板屋根の木の構造物が建っています。この構造物が、ちぐはぐさを感じさせます。花の苗を売っているようです。
    右隅の赤いものは消火栓でしょうか。木造の町並みを守るのに必須ですね。

  • 花壇用の道具でしょうか。

    花壇用の道具でしょうか。

  • これも鱗壁の建物です。どこも1階は木造ではなく、石造りに漆喰塗りでしょうか。

    これも鱗壁の建物です。どこも1階は木造ではなく、石造りに漆喰塗りでしょうか。

  • 鱗壁の拡大写真です。小さな鱗を綺麗に並べたこの外壁、大変な時間を掛けて造る必要がありそうです。

    鱗壁の拡大写真です。小さな鱗を綺麗に並べたこの外壁、大変な時間を掛けて造る必要がありそうです。

  • この大きな家を見ると、本当にこんな小さな鱗を一つ一つ張っていったのか疑問にも感じます。

    この大きな家を見ると、本当にこんな小さな鱗を一つ一つ張っていったのか疑問にも感じます。

  • こちらは、あっさりと板張りです。

    こちらは、あっさりと板張りです。

  • 2階3階に回廊を持つ建物です。

    2階3階に回廊を持つ建物です。

  • こちらも板張り外壁の家です。

    こちらも板張り外壁の家です。

  • 湖岸に出ました。対岸を右へ、カメラを振っていきます。天気は依然として良くありません。

    湖岸に出ました。対岸を右へ、カメラを振っていきます。天気は依然として良くありません。

  • インタラーケンの方向です。

    インタラーケンの方向です。

  • 前方遠くに教会が見えます。

    前方遠くに教会が見えます。

  • トイレのそばに、「僕は外で待っています」で愛犬をつなぐ金輪です。<br />

    トイレのそばに、「僕は外で待っています」で愛犬をつなぐ金輪です。

  • 手前の老人二人と、後方に女性像です。

    手前の老人二人と、後方に女性像です。

  • 通りを眺めながら駅の方に戻って行きます。<br />左側の建物は片屋根づつが独立の家屋のように見えます。右と左で床や窓の高さが異なっています。この家は、少し鱗が剥がれた箇所が見受けられます。

    通りを眺めながら駅の方に戻って行きます。
    左側の建物は片屋根づつが独立の家屋のように見えます。右と左で床や窓の高さが異なっています。この家は、少し鱗が剥がれた箇所が見受けられます。

  • こちらも大きなシャレーの建物です。

    こちらも大きなシャレーの建物です。

  • シャレーの古民家が並ぶ通りです。

    シャレーの古民家が並ぶ通りです。

  • 通りの入り口に掲げてあった古写真です。屋根がだいぶ傷んでいるようです。

    通りの入り口に掲げてあった古写真です。屋根がだいぶ傷んでいるようです。

  • 綺麗に掃除された玄関先です。この箒を使ったのでしょうか。よく見ると玄関扉が引き戸のように見えますが、内開きの扉なのでしょうか。

    綺麗に掃除された玄関先です。この箒を使ったのでしょうか。よく見ると玄関扉が引き戸のように見えますが、内開きの扉なのでしょうか。

  • ちょっとした玄関の装飾になっています。

    ちょっとした玄関の装飾になっています。

  • 通りの奥に入って行きました。良く手入れされた木造家屋です。<br />とうとう雨になりました。

    通りの奥に入って行きました。良く手入れされた木造家屋です。
    とうとう雨になりました。

  • こちらは、また違った飾り物の玄関先です。

    こちらは、また違った飾り物の玄関先です。

  • 階段も石ではなく木製なのですね。

    階段も石ではなく木製なのですね。

  • これだけ木造家屋が並んでいると火災が心配になります。特に大型の3階建てにもなると。

    これだけ木造家屋が並んでいると火災が心配になります。特に大型の3階建てにもなると。

  • こちらの家は石造りの階段になっています。

    こちらの家は石造りの階段になっています。

  • 通りの入り口に向かって戻って行きます。

    通りの入り口に向かって戻って行きます。

  • 本通りに出ました。左の家は窓が少ないように感じます。

    本通りに出ました。左の家は窓が少ないように感じます。

  • こちらはちょっと手入れが必要な家屋です。

    こちらはちょっと手入れが必要な家屋です。

  • 湖岸に出ました。彫像を利用した水栓です。

    湖岸に出ました。彫像を利用した水栓です。

  • 晴れていれば綺麗な緑色の湖面だったのでしょう。

    晴れていれば綺麗な緑色の湖面だったのでしょう。

  • 雨の影響で景色もぐっと変わりました。

    雨の影響で景色もぐっと変わりました。

  • 夏の遊具、水上自転車、ハイドロバイクの案内板がありました。

    夏の遊具、水上自転車、ハイドロバイクの案内板がありました。

  • 日光浴用でしょうか、コンクリート造りの寝椅子です。

    日光浴用でしょうか、コンクリート造りの寝椅子です。

  • 近くのトイレです。公共の場所であれば、どこでも無料でかつ綺麗に維持されています。

    近くのトイレです。公共の場所であれば、どこでも無料でかつ綺麗に維持されています。

  • 最近は利用法まで表示してあります。

    最近は利用法まで表示してあります。

  • 可動式花壇でしょうか。

    可動式花壇でしょうか。

  • 結構古そうな木彫りの熊さんです。

    結構古そうな木彫りの熊さんです。

  • これは建物上に設置されていました。

    これは建物上に設置されていました。

  • 湖面を船が航行しています。少し明るくなりました。

    湖面を船が航行しています。少し明るくなりました。

  • またまた日本の都市との友好を示す小さな庭園です。

    またまた日本の都市との友好を示す小さな庭園です。

  • 本当に小さい!

    本当に小さい!

  • 隣にはブルガリアの友好都市の記念碑がありました。

    隣にはブルガリアの友好都市の記念碑がありました。

  • この記念碑、木彫りの鳥のようです。

    この記念碑、木彫りの鳥のようです。

  • 湖水の船は対岸の船着場に向かっています。

    湖水の船は対岸の船着場に向かっています。

  • 雨の中を楽しくハイキングする人でしょうか。

    雨の中を楽しくハイキングする人でしょうか。

  • こちらは木彫りではなさそうです。

    こちらは木彫りではなさそうです。

  • 湖と反対側の山です。2348mのロートホルンがある山並みです。

    湖と反対側の山です。2348mのロートホルンがある山並みです。

  • これはアイスクリーム販売用のトレーラーのようです。この天気と人出では商売になりませんね。

    これはアイスクリーム販売用のトレーラーのようです。この天気と人出では商売になりませんね。

  • 綺麗にハート形に刈り込んであります。

    綺麗にハート形に刈り込んであります。

  • これは、湖で魚を獲るために昔使っていた小船のようです。

    これは、湖で魚を獲るために昔使っていた小船のようです。

  • 広葉樹は黄色に紅葉し始めました。

    広葉樹は黄色に紅葉し始めました。

  • これは昔し船で広く使われている伝声管のように見えますが、陸上では、どこと連絡しているのでしょうか。

    これは昔し船で広く使われている伝声管のように見えますが、陸上では、どこと連絡しているのでしょうか。

  • 駅に戻ってきました。12時です。

    駅に戻ってきました。12時です。

  • 前方に駅舎、左にバス.ターミナルです。

    前方に駅舎、左にバス.ターミナルです。

  • ここにも木彫りの彫像が、しれっと。

    ここにも木彫りの彫像が、しれっと。

  • ここで、この先どうするか話し合いました。小雨が降り続いています。もうこの近くには興味をそそる場所はなさそうです。それで、バスに乗りバレンベルク野外博物館に行くかどうかです。この野外博物館は、横長で、とても広い公園のような所だそうです。結局諦めて、インターラーケンに戻る事にしました。たった1時間半の滞在でした。

    ここで、この先どうするか話し合いました。小雨が降り続いています。もうこの近くには興味をそそる場所はなさそうです。それで、バスに乗りバレンベルク野外博物館に行くかどうかです。この野外博物館は、横長で、とても広い公園のような所だそうです。結局諦めて、インターラーケンに戻る事にしました。たった1時間半の滞在でした。

  • 列車の切符販売窓口は昼の休憩時間、どこかに自動販売機がある筈と探して見つけました。言語で英語を選びましたが、画面のほとんどがドイツ語です。結局ドイツ語で切符の種類など理解できないと難しいです。なんとかかんとか推定を加え、スイスパス利用の半額料金切符を買う事が出来ました。

    列車の切符販売窓口は昼の休憩時間、どこかに自動販売機がある筈と探して見つけました。言語で英語を選びましたが、画面のほとんどがドイツ語です。結局ドイツ語で切符の種類など理解できないと難しいです。なんとかかんとか推定を加え、スイスパス利用の半額料金切符を買う事が出来ました。

  • インターラーケンの方向です。

    インターラーケンの方向です。

  • 列車が着きました。私鉄の登山電車に比べ大きく見えますが、線路幅1000mmの狭軌は同じです。

    列車が着きました。私鉄の登山電車に比べ大きく見えますが、線路幅1000mmの狭軌は同じです。

  • かっこいい女性の車掌さん達です。

    かっこいい女性の車掌さん達です。

  • インタラーケン.オストに戻ってきて、更にヴェスト駅に行こうとバスに乗りました。ところがこの案内板にあるヴェスト駅の一つ前のユングフラウ通りで降りてしまいました。

    インタラーケン.オストに戻ってきて、更にヴェスト駅に行こうとバスに乗りました。ところがこの案内板にあるヴェスト駅の一つ前のユングフラウ通りで降りてしまいました。

  • この停留所近くにあったCOOPの店舗で買い物をしました。店内モニターに映ったシニアの二人です。

    この停留所近くにあったCOOPの店舗で買い物をしました。店内モニターに映ったシニアの二人です。

  • 使いませんでしたが、買い物の自動精算機のようです。

    使いませんでしたが、買い物の自動精算機のようです。

  • COOP店舗からヘーエ通りを歩いてオスト駅に帰ります。この近くにハングライダーの着地場所があるようです。

    COOP店舗からヘーエ通りを歩いてオスト駅に帰ります。この近くにハングライダーの着地場所があるようです。

  • このヘーエマッテと呼ばれる広場が着地場所になるようです。晴れていれば、中央遠くにユングフラウが見えるそうです。

    このヘーエマッテと呼ばれる広場が着地場所になるようです。晴れていれば、中央遠くにユングフラウが見えるそうです。

  • 着地し、ハングライダーを畳み、背負って歩いています。

    着地し、ハングライダーを畳み、背負って歩いています。

  • ヘーエマッテを過ぎてすぐにあった Aarmühle Restaurant &amp; Bar に入り昼食を摂りました。

    ヘーエマッテを過ぎてすぐにあった Aarmühle Restaurant & Bar に入り昼食を摂りました。

  • 可愛いテーブルの飾りです。

    可愛いテーブルの飾りです。

  • サラダです。

    サラダです。

  • メインはリゾットです。

    メインはリゾットです。

  • コーヒーで締めました。

    コーヒーで締めました。

  • 空にはハングライダーが舞っています。<br />今日は3時過ぎに町歩きもお終いにしてホテルに帰りました。少し昼寝します。

    空にはハングライダーが舞っています。
    今日は3時過ぎに町歩きもお終いにしてホテルに帰りました。少し昼寝します。

  • ところでインタラーケン.オスト駅前の変化を見てみました。<br />1975年の駅前です。右側の3棟の住宅らしい建物以外何もありません。

    ところでインタラーケン.オスト駅前の変化を見てみました。
    1975年の駅前です。右側の3棟の住宅らしい建物以外何もありません。

  • 1981年です。&quot;3棟の住宅らしい建物の手前に新しい建物&quot;が立っています。

    1981年です。"3棟の住宅らしい建物の手前に新しい建物"が立っています。

  • 2019年現在の状況です。駅前広場を残して大きなCOOPの建物が後方を塞ぎました。二つの山の頂上だけちょこんと出ています。&quot;3棟の住宅らしい建物&quot;が見えません。

    2019年現在の状況です。駅前広場を残して大きなCOOPの建物が後方を塞ぎました。二つの山の頂上だけちょこんと出ています。"3棟の住宅らしい建物"が見えません。

  • 右に動いて見通しが良いところから写真を撮ります。道路の右側に&quot;3棟の住宅らしい建物&quot;が見えています。

    右に動いて見通しが良いところから写真を撮ります。道路の右側に"3棟の住宅らしい建物"が見えています。

8いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

旅行記グループ

スイス30日間

旅の計画・記録

マイルに交換できるフォートラベルポイントが貯まる
フォートラベルポイントって?

スイスで使うWi-Fiはレンタルしましたか?

フォートラベル GLOBAL WiFiなら
スイス最安 600円/日~

  • 空港で受取・返却可能
  • お得なポイントがたまる

スイスの料金プランを見る

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

PAGE TOP

ピックアップ特集