シャモニー旅行記(ブログ) 一覧に戻る
2019年秋、成田からスイス航空でチューリッヒに直行し、主に山岳地帯を中心に鉄道利用の旅を30日間楽しみしました。シャモニーを含めフランスのストラスブールとイタリアのモンツァ/ベルガモに脱線訪問もしました。<br />旅程の概略です。<br />★ 9月19日 スイス航空でチューリヒへ。チューリッヒ空港泊。<br />★ 9月20~22日 アンデルマット泊。<br />★ 9月23~25日 バーゼル泊。<br />★ 9月26~28日 シャモニー泊。<br />★ 9月29~10月1日 ツェルマット泊。<br />★ 10月 2~ 5日 インタラーケン泊。<br />★ 10月 6~ 7日 チューリッヒ泊。<br />★ 10月 8~10日 サン.モリッツ泊。<br />★ 10月11~12日 モンツァ泊。<br />★ 10月13~15日   ルツェルン泊。<br />★ 10月16日 チューリッヒ空港から成田へ。<br />スイスは鉄道料金が高いという事でスイス.トラベル.パス.フレックス15日とスイス.ハーフ.フェア.カードを用意しました。最初は、ハーフ.フェア.カードで充分かなと思いましたが、よくよく調べていくとトラベル.パスの方が割安だと分かり結局二つとも買う事になりました。これらのスイス.パスは、ポスト.バス、主要都市の交通機関、ロープウェー、ケーブルカー、博物館などが無料や割引になります。<br /><br />この9回目の旅行記は、シャモニへから登山電車でモンタンヴェールへ行き、メールドゥグラス氷河の観賞の旅の記録です。<br />                  

シニアー夫婦のスイスゆっくり旅行30日  (9)モンタンヴェールでメール.ドゥ.グラス氷河を見る(9月28日)

7いいね!

2019/09/19 - 2019/10/16

309位(同エリア346件中)

旅行記グループ スイス30日間

0

74

さわ子さん

2019年秋、成田からスイス航空でチューリッヒに直行し、主に山岳地帯を中心に鉄道利用の旅を30日間楽しみしました。シャモニーを含めフランスのストラスブールとイタリアのモンツァ/ベルガモに脱線訪問もしました。
旅程の概略です。
★ 9月19日 スイス航空でチューリヒへ。チューリッヒ空港泊。
★ 9月20~22日 アンデルマット泊。
★ 9月23~25日 バーゼル泊。
★ 9月26~28日 シャモニー泊。
★ 9月29~10月1日 ツェルマット泊。
★ 10月 2~ 5日 インタラーケン泊。
★ 10月 6~ 7日 チューリッヒ泊。
★ 10月 8~10日 サン.モリッツ泊。
★ 10月11~12日 モンツァ泊。
★ 10月13~15日   ルツェルン泊。
★ 10月16日 チューリッヒ空港から成田へ。
スイスは鉄道料金が高いという事でスイス.トラベル.パス.フレックス15日とスイス.ハーフ.フェア.カードを用意しました。最初は、ハーフ.フェア.カードで充分かなと思いましたが、よくよく調べていくとトラベル.パスの方が割安だと分かり結局二つとも買う事になりました。これらのスイス.パスは、ポスト.バス、主要都市の交通機関、ロープウェー、ケーブルカー、博物館などが無料や割引になります。

この9回目の旅行記は、シャモニへから登山電車でモンタンヴェールへ行き、メールドゥグラス氷河の観賞の旅の記録です。
                  

旅行の満足度
4.5
同行者
カップル・夫婦(シニア)
交通手段
鉄道
航空会社
スイスインターナショナルエアラインズ
旅行の手配内容
個別手配

PR

  • 午前8時、今朝のシャモニは昨日と打って変わって曇天です。エギーユ.デュ.ミディもモンブランも全く見えません。

    午前8時、今朝のシャモニは昨日と打って変わって曇天です。エギーユ.デュ.ミディもモンブランも全く見えません。

  • 歩いて10分、モンタンヴェール行きの登山電車が出発するシャモニ.モンブラン駅につきました。駅舎左側の壁に、「メール.ドゥ.グラス氷河」「モンタンヴェール鉄道」「1042m - 1913m」の表記があります。

    歩いて10分、モンタンヴェール行きの登山電車が出発するシャモニ.モンブラン駅につきました。駅舎左側の壁に、「メール.ドゥ.グラス氷河」「モンタンヴェール鉄道」「1042m - 1913m」の表記があります。

  • シャモニ観光案内のサイト掲載の案内図です。我々は、標高1913mのモンタンヴェールから赤線で示された23番のコースで氷河まで歩いて下りました。復路は、少し歩いて上がり、途中からロープウェーに乗りモンタンヴェール駅に戻りました。

    シャモニ観光案内のサイト掲載の案内図です。我々は、標高1913mのモンタンヴェールから赤線で示された23番のコースで氷河まで歩いて下りました。復路は、少し歩いて上がり、途中からロープウェーに乗りモンタンヴェール駅に戻りました。

  • 10時10分発の電車に乗りました。2両編成の電車は結構混んでいますが、立っている人はいません。スイスの登山鉄道と同じように、乗客が多いと、後追いで同じような編成の電車を続けて発車させるようです。綺麗な赤の車体の電動車が客車を押して、ラックレールの線路で山を上がって行きます。結構な急坂です。

    10時10分発の電車に乗りました。2両編成の電車は結構混んでいますが、立っている人はいません。スイスの登山鉄道と同じように、乗客が多いと、後追いで同じような編成の電車を続けて発車させるようです。綺麗な赤の車体の電動車が客車を押して、ラックレールの線路で山を上がって行きます。結構な急坂です。

  • 車内の状況です。

    車内の状況です。

  • 車窓左側にシャモニの谷が眼下に見えて来ました。

    車窓左側にシャモニの谷が眼下に見えて来ました。

  • 所々に雪崩避けの屋根が掛けられています。何か、きゃしゃに見えますが。

    所々に雪崩避けの屋根が掛けられています。何か、きゃしゃに見えますが。

  • 発車して10分、だいぶ上がってきました。なにしろ全行程で878m上がらなければならないので、電車も頑張っています。

    発車して10分、だいぶ上がってきました。なにしろ全行程で878m上がらなければならないので、電車も頑張っています。

  • 周りは林になっていて、その隙間を狙って写真を撮っています。

    周りは林になっていて、その隙間を狙って写真を撮っています。

  • こちらはシャモニの北東の家並みです。<br />電車は全行程ラックレールを使います。途中にUターンして、直ぐにまたUターンし、方向を戻しますので、左側の席はずっと見晴らしが良い状況が続きます。

    こちらはシャモニの北東の家並みです。
    電車は全行程ラックレールを使います。途中にUターンして、直ぐにまたUターンし、方向を戻しますので、左側の席はずっと見晴らしが良い状況が続きます。

  • 20分ほどでモンタンヴェールに着きました。

    20分ほどでモンタンヴェールに着きました。

  • 眼下に氷河の洞窟があります。ロープウェーが途中まで運行しています。右側の方に、少し空色をした所が見えますが、その周りが氷河である事を示しています。

    眼下に氷河の洞窟があります。ロープウェーが途中まで運行しています。右側の方に、少し空色をした所が見えますが、その周りが氷河である事を示しています。

  • メール.ドゥ.グラス氷河の全体です。前方の山は、雲で見えません。<br />

    メール.ドゥ.グラス氷河の全体です。前方の山は、雲で見えません。

  • 遠くで左カーブしている部分を拡大していました。白く見えて氷河である事がわかりますが、手前の氷河は岩礫や砂礫で覆われていて、氷河で削られ土が見えているように見えます。

    遠くで左カーブしている部分を拡大していました。白く見えて氷河である事がわかりますが、手前の氷河は岩礫や砂礫で覆われていて、氷河で削られ土が見えているように見えます。

  • これから氷河に向かって下りて行きます。愛犬を連れて歩く人もいます。

    これから氷河に向かって下りて行きます。愛犬を連れて歩く人もいます。

  • 氷河まで、およそ200m位下降するのでしょうか。この辺りは、モルタールで道が覆われているので歩くのは楽です。

    氷河まで、およそ200m位下降するのでしょうか。この辺りは、モルタールで道が覆われているので歩くのは楽です。

  • 少しずつ、石を並べた道になっていきます。

    少しずつ、石を並べた道になっていきます。

  • 過去の氷河の標高を示す表示が出てきました。これから随所にこの表示が出てきます。ここは、およそ200年前の氷河の標高です。

    過去の氷河の標高を示す表示が出てきました。これから随所にこの表示が出てきます。ここは、およそ200年前の氷河の標高です。

  • 両側の山の壁面は、氷河に削られたためか滑らかな表面です。前方にロープウェーのゴンドラが見えます。

    両側の山の壁面は、氷河に削られたためか滑らかな表面です。前方にロープウェーのゴンドラが見えます。

  • 下のロープウェー乗り場です。ここから鉄製の階段と通路が造られています。

    下のロープウェー乗り場です。ここから鉄製の階段と通路が造られています。

  • 下方に遠く、氷河の洞窟の入り口が見えてきました。あそこまで下りていきます。

    下方に遠く、氷河の洞窟の入り口が見えてきました。あそこまで下りていきます。

  • 入り口を拡大して見ました。

    入り口を拡大して見ました。

  • 1900年の氷河の表面の位置だそうです。左の現在の氷河を見ると、莫大な量の氷河が無くなっているのが分かります。モンタンヴェール鉄道は9年後に開通したそうです。

    1900年の氷河の表面の位置だそうです。左の現在の氷河を見ると、莫大な量の氷河が無くなっているのが分かります。モンタンヴェール鉄道は9年後に開通したそうです。

  • まだまだ下って行く必要があります。

    まだまだ下って行く必要があります。

  • 2003年の位置に来ました。

    2003年の位置に来ました。

  • 結構下って来ました。氷河の形が変わって見えます。

    結構下って来ました。氷河の形が変わって見えます。

  • 氷河の表面より低くなりました。この氷河の壁は、自然に氷河が崩れてできたものか、人工的に削ったものかどちらでしょうか?

    氷河の表面より低くなりました。この氷河の壁は、自然に氷河が崩れてできたものか、人工的に削ったものかどちらでしょうか?

  • もうすぐ氷河の洞窟の入り口です。この辺りは人工的に掘り返した部分でしょうか。

    もうすぐ氷河の洞窟の入り口です。この辺りは人工的に掘り返した部分でしょうか。

  • 氷河の洞窟の入り口前から対岸を眺めます。

    氷河の洞窟の入り口前から対岸を眺めます。

  • 氷河の表面近くから源流の方向を見ています。ただの砂礫で覆われた谷のようです。

    氷河の表面近くから源流の方向を見ています。ただの砂礫で覆われた谷のようです。

  • これは岩ではなく氷である事がわかります。太陽に照らされた氷の表面です。

    これは岩ではなく氷である事がわかります。太陽に照らされた氷の表面です。

  • 氷河の洞窟の横に別の穴が掘られていました。綺麗な氷です。ここは標高が1700m位で、比較的気温が高い場所での氷河の洞窟ですので、洞窟は、場所を変えて掘り直しているのではないでしょうか。そういえばローヌ氷河の洞窟も同じように低位置にあるようです。マッターホルン.グレーシャー.パラダイス、ユングフラウヨッホやティトゥリスの同じようなトンネルは、標高が高い位置にあるので、このような配慮は必要がないでしょうが。

    氷河の洞窟の横に別の穴が掘られていました。綺麗な氷です。ここは標高が1700m位で、比較的気温が高い場所での氷河の洞窟ですので、洞窟は、場所を変えて掘り直しているのではないでしょうか。そういえばローヌ氷河の洞窟も同じように低位置にあるようです。マッターホルン.グレーシャー.パラダイス、ユングフラウヨッホやティトゥリスの同じようなトンネルは、標高が高い位置にあるので、このような配慮は必要がないでしょうが。

  • 綺麗な氷河の洞窟です。外気温で15度位だったので、天井から溶けた氷河の水が垂れ、床には水が流れていました。床にはビニールシートが敷かれ、両側には水路が設けてあります。

    綺麗な氷河の洞窟です。外気温で15度位だったので、天井から溶けた氷河の水が垂れ、床には水が流れていました。床にはビニールシートが敷かれ、両側には水路が設けてあります。

  • 洞窟内には、氷を削って広間が作られていました。手前は円形の手すりのようです。

    洞窟内には、氷を削って広間が作られていました。手前は円形の手すりのようです。

  • こちらは壁の窓でしょうか。

    こちらは壁の窓でしょうか。

  • 神秘的な景色です。トンネルを出ます。

    神秘的な景色です。トンネルを出ます。

  • 12時前10分前になりました。天候が回復しだしたようです。

    12時前10分前になりました。天候が回復しだしたようです。

  • 氷河の洞窟の入り口から対岸を見上げます。氷河を削った岩壁に階段と通路を貼り付けています。右側上方にロープウェーの乗り場が写っています。

    氷河の洞窟の入り口から対岸を見上げます。氷河を削った岩壁に階段と通路を貼り付けています。右側上方にロープウェーの乗り場が写っています。

  • 別の氷河の削られた(切り取られた?)表面です。パッと見ると、氷だと分かりません。

    別の氷河の削られた(切り取られた?)表面です。パッと見ると、氷だと分かりません。

  • 氷河から階段を登って上がってきました。ロープウェー乗り場はもうすぐです。

    氷河から階段を登って上がってきました。ロープウェー乗り場はもうすぐです。

  • この案内板によると、ロープウェーの下の乗り場から設置された階段を500段下りると、氷河のトンネルに行けるとの事です。ドローン禁止のマークでしょうか、初めて見ました。

    この案内板によると、ロープウェーの下の乗り場から設置された階段を500段下りると、氷河のトンネルに行けるとの事です。ドローン禁止のマークでしょうか、初めて見ました。

  • いつの写真か分かりませんが、昔の様子のようです。この路線の電化は1954年ですから、それ以前の写真という事になります。<br />

    いつの写真か分かりませんが、昔の様子のようです。この路線の電化は1954年ですから、それ以前の写真という事になります。

  • こちらは1998年の写真だそうです。氷河が小さくなっているのが分かります。

    こちらは1998年の写真だそうです。氷河が小さくなっているのが分かります。

  • モンタンヴェール駅に戻って来ました。これが現在の氷河の状況です。

    モンタンヴェール駅に戻って来ました。これが現在の氷河の状況です。

  • 雲が晴れて、駅の東の方向に、有名なドリュウ針峰(Aiguille du Dru:3754m))がはっきりと見えるようになりました。

    雲が晴れて、駅の東の方向に、有名なドリュウ針峰(Aiguille du Dru:3754m))がはっきりと見えるようになりました。

  • 駅前には次発の電車を待つ人の行列です、

    駅前には次発の電車を待つ人の行列です、

  • 可愛い男の子と母親の微笑ましい景色です。一緒にハイキングに行くのでしょうか。

    可愛い男の子と母親の微笑ましい景色です。一緒にハイキングに行くのでしょうか。

  • ドリュ針峰の左(北)側の小さな氷河です。これも昔はこれより大きかったのでしょうか。

    ドリュ針峰の左(北)側の小さな氷河です。これも昔はこれより大きかったのでしょうか。

  • モンタンヴェールにさよならします。右の山は、ホテルからも見えたエギーユ.ドゥ.グレポン (Aiguille du Grepon:3483m)でしょうか。

    モンタンヴェールにさよならします。右の山は、ホテルからも見えたエギーユ.ドゥ.グレポン (Aiguille du Grepon:3483m)でしょうか。

  • 電車は急坂をラックレールの助けを借りて速度を制御しています。

    電車は急坂をラックレールの助けを借りて速度を制御しています。

  • すれ違い場所に来ました。

    すれ違い場所に来ました。

  • シャモニに戻って来ました。これは駅前に置いてあった折り畳み寝椅子です。大きすぎて1人では立ち上がれません。

    シャモニに戻って来ました。これは駅前に置いてあった折り畳み寝椅子です。大きすぎて1人では立ち上がれません。

  • モンタンヴェール鉄道のシャモニ駅から、フランス国鉄のシャモニ駅に移動するための陸橋です。これから街の中心に歩いて行きます。

    モンタンヴェール鉄道のシャモニ駅から、フランス国鉄のシャモニ駅に移動するための陸橋です。これから街の中心に歩いて行きます。

  • 駅前にある写真本を売るお店に入りました。この立体図に興味があったので、店主の許可を得て撮影しました。シャモニの街が中央にあり、その北側がブレヴァンがある北側の山塊で、南側がエギーユ.デュ.ミディ、エルブロンネルがある山塊です。赤線でシャモニとイタリアのクールメイユールを結ぶトンネルを示しています。昨日楽しんだロープウェーのコースが、その近くに細い黒線で表示してあります。これを見ると、ヴァレ.ブランシュ氷河が本当に広大である事が良く分かります。この氷河の出口が上方のモンタンヴェール方面だけのように見えます。

    駅前にある写真本を売るお店に入りました。この立体図に興味があったので、店主の許可を得て撮影しました。シャモニの街が中央にあり、その北側がブレヴァンがある北側の山塊で、南側がエギーユ.デュ.ミディ、エルブロンネルがある山塊です。赤線でシャモニとイタリアのクールメイユールを結ぶトンネルを示しています。昨日楽しんだロープウェーのコースが、その近くに細い黒線で表示してあります。これを見ると、ヴァレ.ブランシュ氷河が本当に広大である事が良く分かります。この氷河の出口が上方のモンタンヴェール方面だけのように見えます。

  • シャモニの街を流れるアルヴ川を渡ります。橋の上から北の方向を望みます。この橋は、シャモニ駅前から続くミッシェルクロ通りに続いています。

    シャモニの街を流れるアルヴ川を渡ります。橋の上から北の方向を望みます。この橋は、シャモニ駅前から続くミッシェルクロ通りに続いています。

  • エギーユ.ドュ.ミディを見上げます。今日は、エギーユ.ドュ.ミディへのロープウェーは、1段目は運行していましたが、2段目は休止中との事です。風が強いのでしょう。そういえばモンタンヴェールで会ったツアーの方が、「予定変更でこちらに来た」とおっしゃて、大急ぎで氷河まで降りて行かれましたが、時間がないとの事で途中で諦めて上がって来られました。

    エギーユ.ドュ.ミディを見上げます。今日は、エギーユ.ドュ.ミディへのロープウェーは、1段目は運行していましたが、2段目は休止中との事です。風が強いのでしょう。そういえばモンタンヴェールで会ったツアーの方が、「予定変更でこちらに来た」とおっしゃて、大急ぎで氷河まで降りて行かれましたが、時間がないとの事で途中で諦めて上がって来られました。

  • モンブランとボッソン氷河の状況です。

    モンブランとボッソン氷河の状況です。

  • 昨日も歩いて来たバルマ広場です。正面の洒落た建物はカジノだそうです。

    昨日も歩いて来たバルマ広場です。正面の洒落た建物はカジノだそうです。

  • カジノを右手にバルマ広場から川沿いを歩いて行きます。

    カジノを右手にバルマ広場から川沿いを歩いて行きます。

  • 美味しそうなパン屋を見つけ、パンと飲み物を買いました。天気が良いので、近くの広場でピクニック昼食しました。

    美味しそうなパン屋を見つけ、パンと飲み物を買いました。天気が良いので、近くの広場でピクニック昼食しました。

  • 空にはハングライダーが飛んでいます。

    空にはハングライダーが飛んでいます。

  • ホテル比べ、この場所はエギーユ.デュ.ミディのある山系がより離れているので、お山と氷河がより良く見えます。

    ホテル比べ、この場所はエギーユ.デュ.ミディのある山系がより離れているので、お山と氷河がより良く見えます。

  • 昨日と一昨日に昼食を食べた駅前のレストランです。今日も繁盛しているようです。

    昨日と一昨日に昼食を食べた駅前のレストランです。今日も繁盛しているようです。

  • 3時です。そろそろホテルに帰ります。シャモニの両鉄道駅を結ぶ陸橋です。

    3時です。そろそろホテルに帰ります。シャモニの両鉄道駅を結ぶ陸橋です。

  • ホテルに帰りました。我々の部屋は、2階で左端にあります。赤い服が写っている所です。左側に張り出した広いベランダが付属しています。

    ホテルに帰りました。我々の部屋は、2階で左端にあります。赤い服が写っている所です。左側に張り出した広いベランダが付属しています。

  • 庭には何軒かのサウナ小屋が配置されています。この池はサウナの後、暑くなった時に跳び込むのでしょうか。

    庭には何軒かのサウナ小屋が配置されています。この池はサウナの後、暑くなった時に跳び込むのでしょうか。

  • サウナの小屋の他に、この可愛い古い家屋がありました、

    サウナの小屋の他に、この可愛い古い家屋がありました、

  • 隣の部屋は寝室のようです。

    隣の部屋は寝室のようです。

  • ベランダからホテルの庭を見下ろします。

    ベランダからホテルの庭を見下ろします。

  • ベランダから部屋を見ます。

    ベランダから部屋を見ます。

  • 4時15分です。エギーユデュミディに掛かっていた雲がなくなりました。ハングライダーが飛んでいます。

    4時15分です。エギーユデュミディに掛かっていた雲がなくなりました。ハングライダーが飛んでいます。

  • 7時40分です。左から右にカメラを振ってみます。<br />エギーユ.デュ.グレポン、エギーユ.ド.ブレティエール、エギーユ.デュ.プランの針峯群です。

    7時40分です。左から右にカメラを振ってみます。
    エギーユ.デュ.グレポン、エギーユ.ド.ブレティエール、エギーユ.デュ.プランの針峯群です。

  • エギーユ.デュ.ミディです。

    エギーユ.デュ.ミディです。

  • モンブランとボッソン氷河です。<br />明日はツェルマットへ移動です。

    モンブランとボッソン氷河です。
    明日はツェルマットへ移動です。

7いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

旅行記グループ

スイス30日間

マイルに交換できるフォートラベルポイントがたまります。
フォートラベルポイントって?

フランスで使うWi-Fiはレンタルしましたか?

フォートラベル GLOBAL WiFiなら
フランス最安 247円/日~

  • 空港で受取・返却可能
  • お得なポイントがたまる

フランスの料金プランを見る

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

PAGE TOP

ピックアップ特集