ブリュッセル旅行記(ブログ) 一覧に戻る
2019年12月3日(火)<br /><br />旅の2日目、早朝、まだ暗いうちにフランクフルトからブリュッセルへと向かいました。<br /><br />フランス国鉄のストに阻まれたこの旅行、ブリュッセルに行かなければ旅程にゆとりが出るのですが、グランプラスの光のショーは、この旅の大きな目的のひとつ。外せません!<br /><br />それに3度目の正直でムール貝食べたいし、ゲントにも行ってみたい。<br />当初の予定通り、一路ベルギーへ。<br /><br />ブリュッセルの宿は、グランプラスに面する「ル・キャンズ」。<br />前々から泊まってみたかったホテルです。<br />さ~て、部屋からの眺めはどんなかなぁ。<br /><br />* * * * * * * * * *<br /><br />12/2:羽田~フランクフルト(フランクフルト泊)<br />12/3:フランクフルト~ブリュッセル、ゲント(ブリュッセル泊)★<br />12/4:ブリュッセル~ケルン、カイザースヴェルト、デュッセルドルフ(ケルン泊)<br />12/5:ケルン~フライブルク(フライブルク泊)<br />12/6:フライブルク~リボーヴィレ、リクヴィル(リボーヴィレ2泊)<br />12/7:リボーヴィレ<br />12/8:リボーヴィレ~コルマール(コルマール泊)<br />12/9:コルマール~ストラスブール(ストラスブール2泊)<br />12/10:ストラスブール、ゲンゲンバッハ<br />12/11:ストラスブール~シュトゥットガルト(シュトゥットガルト2泊)<br />12/12:エスリンゲン、ルートヴィヒスブルク、シュトゥットガルト<br />12/13:シュトゥットガルト~マインツ(マインツ泊)<br />12/14-12/15:ヴィースバーデン、マインツ、フランクフルト~羽田

なんてこったのストだけど、目指せ15年ぶりのブリュッセル! クリスマス市巡りの旅2-1

42いいね!

2019/12/03 - 2019/12/03

190位(同エリア2715件中)

ぶどう畑

ぶどう畑さん

この旅行記スケジュールを元に

2019年12月3日(火)

旅の2日目、早朝、まだ暗いうちにフランクフルトからブリュッセルへと向かいました。

フランス国鉄のストに阻まれたこの旅行、ブリュッセルに行かなければ旅程にゆとりが出るのですが、グランプラスの光のショーは、この旅の大きな目的のひとつ。外せません!

それに3度目の正直でムール貝食べたいし、ゲントにも行ってみたい。
当初の予定通り、一路ベルギーへ。

ブリュッセルの宿は、グランプラスに面する「ル・キャンズ」。
前々から泊まってみたかったホテルです。
さ~て、部屋からの眺めはどんなかなぁ。

* * * * * * * * * *

12/2:羽田~フランクフルト(フランクフルト泊)
12/3:フランクフルト~ブリュッセル、ゲント(ブリュッセル泊)★
12/4:ブリュッセル~ケルン、カイザースヴェルト、デュッセルドルフ(ケルン泊)
12/5:ケルン~フライブルク(フライブルク泊)
12/6:フライブルク~リボーヴィレ、リクヴィル(リボーヴィレ2泊)
12/7:リボーヴィレ
12/8:リボーヴィレ~コルマール(コルマール泊)
12/9:コルマール~ストラスブール(ストラスブール2泊)
12/10:ストラスブール、ゲンゲンバッハ
12/11:ストラスブール~シュトゥットガルト(シュトゥットガルト2泊)
12/12:エスリンゲン、ルートヴィヒスブルク、シュトゥットガルト
12/13:シュトゥットガルト~マインツ(マインツ泊)
12/14-12/15:ヴィースバーデン、マインツ、フランクフルト~羽田

同行者
一人旅
交通手段
鉄道 徒歩
旅行の手配内容
個別手配

PR

  • 6時過ぎ、フランクフルトのホテルをチェックアウトして、中央駅に来ました。

    6時過ぎ、フランクフルトのホテルをチェックアウトして、中央駅に来ました。

  • 早朝で駅の売店が空いてなかったらと、夕べ、地下通路でドーナツを買いましたが、この時間でも、お店は空いてるんだね~。<br />時差ボケで朝早く目が覚めてしまい、ドーナツはホテルで食べちゃいました。

    早朝で駅の売店が空いてなかったらと、夕べ、地下通路でドーナツを買いましたが、この時間でも、お店は空いてるんだね~。
    時差ボケで朝早く目が覚めてしまい、ドーナツはホテルで食べちゃいました。

  • 6:26発のブリュッセル・ミディ行き、もう入線しています。<br />ブリュッセルは1泊だけなので、朝早い電車にしました。<br />この電車だと、ブリュッセル北駅に9:28に着けるのです。<br /><br />当初、フランス国鉄のストがなければ、ブリュッセルからパリへ行く予定でした。<br />その後、パリからTGVでアルザスへ。<br />ところが、予約したTGVの運行がキャンセルになり、泣く泣くパリ行きを見送ることに。<br /><br />では、どうやってアルザスに移動するか…。<br />ドイツ・フライブルクから、路線バスで移動するルートを思いつきました。<br /><br />ブリュッセルに行かなければ、ドイツ内を行ったり来たりにならず、ゆったりの旅程にできます。<br />でも、グランプラスの光のショーは諦めないぞー!<br />目指すはブリュッセル。

    6:26発のブリュッセル・ミディ行き、もう入線しています。
    ブリュッセルは1泊だけなので、朝早い電車にしました。
    この電車だと、ブリュッセル北駅に9:28に着けるのです。

    当初、フランス国鉄のストがなければ、ブリュッセルからパリへ行く予定でした。
    その後、パリからTGVでアルザスへ。
    ところが、予約したTGVの運行がキャンセルになり、泣く泣くパリ行きを見送ることに。

    では、どうやってアルザスに移動するか…。
    ドイツ・フライブルクから、路線バスで移動するルートを思いつきました。

    ブリュッセルに行かなければ、ドイツ内を行ったり来たりにならず、ゆったりの旅程にできます。
    でも、グランプラスの光のショーは諦めないぞー!
    目指すはブリュッセル。

  • 座席は一番前の21号車。 なぜか号車表示が手書き。(*。*)<br /><br />フランクフルトを出た時はガラガラでしたが、次の空港駅から、結構な人が乗り込んできます。<br /><br />ドイツの新幹線”ICE”は、真っ暗な中をひた走る。<br />まだ暗いケルン駅でドッと乗客が降り、また乗り込んできました。<br /><br />でも、ケルンから先は空席が目立ちました。<br />予約した席は進行方向と反対向きだったので、席を移ります。

    座席は一番前の21号車。 なぜか号車表示が手書き。(*。*)

    フランクフルトを出た時はガラガラでしたが、次の空港駅から、結構な人が乗り込んできます。

    ドイツの新幹線”ICE”は、真っ暗な中をひた走る。
    まだ暗いケルン駅でドッと乗客が降り、また乗り込んできました。

    でも、ケルンから先は空席が目立ちました。
    予約した席は進行方向と反対向きだったので、席を移ります。

  • 8時を過ぎると徐々に明るくなってきました。<br />が、外は冬曇りの天気。8時半でもこの明るさです。<br />どんよりの天気は覚悟していたものの、やはりそうだったか…。(--;

    8時を過ぎると徐々に明るくなってきました。
    が、外は冬曇りの天気。8時半でもこの明るさです。
    どんよりの天気は覚悟していたものの、やはりそうだったか…。(--;

  • 列車は少し遅れて、ベルギー・リエージュに停車。<br />近代的なデザインのホームの先、リエージュのペン先ビルが見えました。<br />グーグルマップによると、”La tour des finances”。ベルギーの税務機関らしい。

    列車は少し遅れて、ベルギー・リエージュに停車。
    近代的なデザインのホームの先、リエージュのペン先ビルが見えました。
    グーグルマップによると、”La tour des finances”。ベルギーの税務機関らしい。

  • 9時、青空が覗いているのに気づきます。

    9時、青空が覗いているのに気づきます。

  • 列車が進むにつれ、青空が広がっていく。わ~い!

    列車が進むにつれ、青空が広がっていく。わ~い!

  • 徐々に高度を下げていく飛行機が見えます。<br />ブリュッセルが近づいていました。

    徐々に高度を下げていく飛行機が見えます。
    ブリュッセルが近づいていました。

  • ブリュッセル北駅にエレベーターがあってホッ。<br />中央駅へは、ミディ行きのICで移動。<br />車内の”B”のロゴに、ベルギーに来たことを実感します。

    ブリュッセル北駅にエレベーターがあってホッ。
    中央駅へは、ミディ行きのICで移動。
    車内の”B”のロゴに、ベルギーに来たことを実感します。

    ブリュッセル北駅

  • ブリュッセル中央駅に到着。<br />懐かしい!ちっとも変わっていません。<br /><br />ブリュッセルは15年ぶり。<br />2004年6月、プロヴァンスを旅行。ラベンダー畑が緑だったあの旅行です。<br />そのあとパリに2泊してひとり旅に目覚め、それからイトコのMちゃんを訪ねてブリュッセルへ。<br /><br />あれ…、15年前は中央駅には来ていないかも…?<br />そうだ、あの時は、パリからタリスで南駅に着いて、Mちゃんが車で迎えに来てくれたんだ。<br />ってことは、1997年7月の初めてのブリュッセル以来?<br />なんと、20年ぶりだぁ!

    ブリュッセル中央駅に到着。
    懐かしい!ちっとも変わっていません。

    ブリュッセルは15年ぶり。
    2004年6月、プロヴァンスを旅行。ラベンダー畑が緑だったあの旅行です。
    そのあとパリに2泊してひとり旅に目覚め、それからイトコのMちゃんを訪ねてブリュッセルへ。

    あれ…、15年前は中央駅には来ていないかも…?
    そうだ、あの時は、パリからタリスで南駅に着いて、Mちゃんが車で迎えに来てくれたんだ。
    ってことは、1997年7月の初めてのブリュッセル以来?
    なんと、20年ぶりだぁ!

    ブリュッセル中央駅

  • 駅前の景色、変わっていません。

    駅前の景色、変わっていません。

  • 駅前から脇の道路に出ます。この景色も変わらない。

    駅前から脇の道路に出ます。この景色も変わらない。

  • 見覚えあるのある教会。

    見覚えあるのある教会。

  • 20年前、教会近くの”ル・ディセティウム”に3泊しました。<br />ディセティウムとは、フランス語で”17世紀”という意味。<br />17世紀の館を改装したそうで、素敵なホテルでした。<br />懐かしくて、思わず写真を撮っちゃいました。

    20年前、教会近くの”ル・ディセティウム”に3泊しました。
    ディセティウムとは、フランス語で”17世紀”という意味。
    17世紀の館を改装したそうで、素敵なホテルでした。
    懐かしくて、思わず写真を撮っちゃいました。

    ホテル ル ディクセプティーム ホテル

  • ベルギーワッフルの店の前を通ります。食べたいな~!

    ベルギーワッフルの店の前を通ります。食べたいな~!

  • このレンガ造りの建物はノボテル。ここも良さげ。

    このレンガ造りの建物はノボテル。ここも良さげ。

  • 坂を下りきった先にギャルリー・サンチュベールの入口。<br />だんだん記憶がよみがえってきました。

    坂を下りきった先にギャルリー・サンチュベールの入口。
    だんだん記憶がよみがえってきました。

    ギャルリー サンチュベール 散歩・街歩き

    夜も優雅な雰囲気が楽しめるパッサージュ by ぶどう畑さん
  • 路地の奥にグランプラスが覗いています。ワクワク!

    路地の奥にグランプラスが覗いています。ワクワク!

  • グランプラスに来た~!<br />ヴィクトル・ユゴーが「世界で最も美しい広場」、ジャン・コクトーが「絢爛たる劇場」と称賛したという、歴史的建物に囲まれた広場は、何度来ても圧倒されます。<br /><br />ブリュッセルの手前では青空が広がっていたのに、中央駅に着いたら冬曇り…。<br />市庁舎の塔が霞んでいる。でも、この景色も悪くないね。(^^)

    グランプラスに来た~!
    ヴィクトル・ユゴーが「世界で最も美しい広場」、ジャン・コクトーが「絢爛たる劇場」と称賛したという、歴史的建物に囲まれた広場は、何度来ても圧倒されます。

    ブリュッセルの手前では青空が広がっていたのに、中央駅に着いたら冬曇り…。
    市庁舎の塔が霞んでいる。でも、この景色も悪くないね。(^^)

    グランプラス 広場・公園

  • 広場に大きなツリー。

    イチオシ

    広場に大きなツリー。

  • この建物は”王の家”。実際に王様が住んだことはないのだそうです。<br />1895に再建された建物で、現在は市立博物館として使われています。

    この建物は”王の家”。実際に王様が住んだことはないのだそうです。
    1895に再建された建物で、現在は市立博物館として使われています。

    王の家(ブリュッセル市立博物館) 現代・近代建築

  • 西のグループの建物群。さまざまなギルドの建物が並んでいます。

    西のグループの建物群。さまざまなギルドの建物が並んでいます。

  • 15世紀に建てられた市庁舎、広場の目玉ですね。

    イチオシ

    地図を見る

    15世紀に建てられた市庁舎、広場の目玉ですね。

    ブリュッセル市庁舎 建造物

  • 市庁舎脇の建物群。<br />金色の馬の飾りのある家は、地下はビール博物館になっています。<br />ビール製造業者が建物のオーナーなんですって。

    市庁舎脇の建物群。
    金色の馬の飾りのある家は、地下はビール博物館になっています。
    ビール製造業者が建物のオーナーなんですって。

  • 広場のクリッペ、

    広場のクリッペ、

  • キリストが生まれた馬小屋よりも大きそう。

    キリストが生まれた馬小屋よりも大きそう。

  • では、ホテルに行きましょう。<br />ブリュッセルの宿”ル・キャンズ(Le Quinze)”は、この”ブラバン侯爵の館”に入っています。<br />Quinze とは、フランス語の15。15世紀の建物なのかな?<br /><br />初めてブリュッセルで、ここの宿泊を検討しました。<br />でも、建物が古いので設備はどうだろう?と見送ったのです。<br />1997年当時は、まだネット黎明期で、旅の情報といえばガイドブックくらいでしたから。

    では、ホテルに行きましょう。
    ブリュッセルの宿”ル・キャンズ(Le Quinze)”は、この”ブラバン侯爵の館”に入っています。
    Quinze とは、フランス語の15。15世紀の建物なのかな?

    初めてブリュッセルで、ここの宿泊を検討しました。
    でも、建物が古いので設備はどうだろう?と見送ったのです。
    1997年当時は、まだネット黎明期で、旅の情報といえばガイドブックくらいでしたから。

    ブラバン公爵の館 建造物

  • ル・キャンズの予約は、ブッキングコムから。<br />到着時間が早いため、念のためホテルにメールすると、入口の写真を送ってくれて助かりました。<br />ブラバン侯爵の館は大きいのに、ホテルの入口は目立たないのです。<br />赤と緑のビニールの庇が目印。<br /><br />入口でブザーを押すと、扉を開けてくれて、奥に進みます。<br />フロントも小さい。そのワケは後で判ります。<br /><br />ホテル入口まで数段の階段がありますが、中はエレベーター完備。<br />かなり古いタイプのエレベーターだけど。

    ル・キャンズの予約は、ブッキングコムから。
    到着時間が早いため、念のためホテルにメールすると、入口の写真を送ってくれて助かりました。
    ブラバン侯爵の館は大きいのに、ホテルの入口は目立たないのです。
    赤と緑のビニールの庇が目印。

    入口でブザーを押すと、扉を開けてくれて、奥に進みます。
    フロントも小さい。そのワケは後で判ります。

    ホテル入口まで数段の階段がありますが、中はエレベーター完備。
    かなり古いタイプのエレベーターだけど。

    ホテル レジデンス レ キャンズ ホテル

    一度はグランプラス・ビューの部屋に泊まってみたいホテル by ぶどう畑さん
  • 10時を過ぎたばかりでしたが、部屋に入れました。<br />2階の11号室、広い! なかなかモダンです。

    10時を過ぎたばかりでしたが、部屋に入れました。
    2階の11号室、広い! なかなかモダンです。

    ホテル レジデンス レ キャンズ ホテル

    一度はグランプラス・ビューの部屋に泊まってみたいホテル by ぶどう畑さん
  • デスクの上に湯沸かしセット。<br />左側に見えているのは、クローゼットの扉。

    デスクの上に湯沸かしセット。
    左側に見えているのは、クローゼットの扉。

  • バスルームは狭かったけれど、バスタブあり!

    バスルームは狭かったけれど、バスタブあり!

  • 肝心の部屋からの眺めは…? おぉ、いいじゃな~い!

    肝心の部屋からの眺めは…? おぉ、いいじゃな~い!

  • グランプラスに面するホテルはここだけ。<br />部屋から広場を眺められるって、夢みたい♪

    イチオシ

    グランプラスに面するホテルはここだけ。
    部屋から広場を眺められるって、夢みたい♪

  • 市庁舎もバッチリ!

    イチオシ

    市庁舎もバッチリ!

  • 部屋の見取り図。<br />ご覧の通り、1フロアに3部屋だけ。グランプラス・ビューは2部屋のみ。<br />ブラバン侯爵の館全体がホテルではなかった。

    部屋の見取り図。
    ご覧の通り、1フロアに3部屋だけ。グランプラス・ビューは2部屋のみ。
    ブラバン侯爵の館全体がホテルではなかった。

  • 10時半、市庁舎の塔を覆っていた霧が徐々に晴れてきました♪<br />では、”ゲント”に出かけましょう!

    10時半、市庁舎の塔を覆っていた霧が徐々に晴れてきました♪
    では、”ゲント”に出かけましょう!

42いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

この旅行記へのコメント (8)

開く

閉じる

  • Papanさん 2020/03/22 11:52:13
    同じ部屋♪
    ぶどう畑さん、こんにちは!
    とても懐かしく拝見しました。私もぶどう畑さんに10日ほど遅れてブリュッセルに泊まったんですよ。ストをやってなかったクリーンな電車の国、パリでスト地獄後に各駅停車で国境を越えてベルギーにはいりました。救われた気になりました。

    ルキャンズのお部屋、3年前の私と同じ部屋ではないですか!(´艸`*) うれしい~ ベッドに横になると下から食器やレンジの音が聞こえてくるんですよね。防音がなくうるさいし。眺めは格別ですが、確かに私も1泊で十分でした。

    パリはキャンセルして正解だったと思います。私は郊外のホテルで酷い目に遭いました。怪我しそうで大泣きしそうになりました。グッとこらえましたが・・・
    また次の旅行記、じっくり読ませていただきますね。


    papan

    ぶどう畑

    ぶどう畑さん からの返信 2020/03/22 15:57:57
    RE: 同じ部屋♪
    Papanさん

    ぶどう畑です。
    クリスマス・マーケットの旅行記にお越しいただき、ありがとうございます!

    同じ部屋でしたか!
    Papanさんの旅行記のおかげで、憧れていたホテルに泊まれてよかった。
    久しぶりにブリュッセルにも行けたし。
    あ、セルクラースの像のおかげか?(笑)

    パリはスト地獄…。
    パリに慣れているPapanさんでも、大変でしたか。

    フランス(アルザス)にいる間は、ストのニュースばかりで。
    シュトゥットガルトへの移動が気になっていたので不安でしたが、どうにか、電車を乗り継いでドイツに移動して、ホッとしました。

    クリスマス・マーケットの話ばかりで冗長ですが、良ければまたお越しください♪
  • frau.himmelさん 2020/01/16 22:59:01
    あのホテルですね(笑)
    ぶどう畑さん、こんばんは。

    ブリュッセルのホテルはあのホテルですね。私が天と地の落差を味わった・・・。
    そうそう、赤と緑の庇でしたね。
    私の時もそれが判っていれば・・・。

    早速ゲントに繰り出して、なんとかゾーイを召し上がったのですね。
    ぶどう畑さんの前の旅行記はまだ拝見途中ですが、こちらも目が離せません。

    himmel

    ぶどう畑

    ぶどう畑さん からの返信 2020/01/17 10:30:25
    RE: あのホテルですね(笑)
    himmelさん

    ぶどう畑です。

    そう、あのホテル!(笑)

    「ブラバン侯爵の館」が立派で大きいので、まさか1フロアに3部屋なんて、思ってもいなかった。
    ホテルにあらかじめメールしたおかげで、入口の写真を送ってもらえて助ったけど。

    旅行記には書きませんが、実は…。
    チェックアウトの時、現金で払うと予約した料金より安くなると言われ、現金で払いました。
    その後、ブッキングコムから届いたメールの宿泊料金が払った料金が異なって、ブッキングコムに問い合わせたり…。
    himmelさんの一件もあったし、ちょっと問題ありなのかなぁ。
    場所は言うことなしですが、凄〜く居心地がいいわけでもないので、今回で気が済んだ。次回は別のホテルでいいです。

    ゲント、思っていた以上に良かったです!洗練された雰囲気があった。
    ワーテルゾーイも美味しかったですよ。
    入ったレストランはロケーションもいいし、次回、行くことがあったら、別の料理を食べてみたいと思えるお店でした。
  • ユリアさん 2020/01/08 21:55:44
    広場の夜景が楽しみ~。
    クリスマスマーケットの旅行記、始まりましたね。
    広場沿いのホテル、夜景が楽しみ~。
    ゲントは行きたかったけど、見送った街なので、そちらも楽しみです。

    私は今週末、金~日でデュッセルドルフに行く予定です。
    日本人妻4人で、日本食を堪能しつつ、お買い物三昧の予定。
    そんな楽しみが無いと、ここでは暮らせない(笑)

    ユリア

    ぶどう畑

    ぶどう畑さん からの返信 2020/01/09 15:55:52
    Re: 広場の夜景が楽しみ~。
    ユリアさん

    ぶどう畑です。
    ユリアさんのお誘いのおかげで、あちこちのクリスマスを観ることができました。

    ゲントは天気に恵まれたせいもあるかもしれませんが、とても気に入りました。
    観光スポットが固まっているので、街歩きしやすかったです。
    またオランダに行く時にでも、お寄りください。

    デュッセルは、イトコが住んでいた郊外に行ってしまって、あまりよくわからなかったけれど、トイレに行こうと入ったショッピングセンターのフードコートに日本食が多くて驚きました。楽しんできてくださいね!
  • びびママさん 2020/01/08 21:12:42
    グランプラス!
    ぶどう畑さん。こんばんは。
    再びのヨーロッパ・・そしてクリスマスマーケット!
    もう素敵すぎます。
    先日「旅する鈴木」でクリスマスマーケット特集をやっていて
    冬のヨーロッパって良いなあ~憧れだな~って思いました。

    まずはブリュッセルからですね。
    中央駅からグランプラスまでの道は去年の旅行を思い出しました。
    グランプラスを望むホテル・・クラシカルな外観とモダンな室内で
    良い感じです。素敵なホテルですね。
    ストに翻弄されながらも充実した旅になりそう・・
    続き楽しみにしてます~。

    ぶどう畑

    ぶどう畑さん からの返信 2020/01/09 15:46:40
    Re: グランプラス!
    びびママさん

    ぶどう畑です。
    旅行記、スタートさせました

    「旅する鈴木」、私も観ました。
    アムステルダム、シュトゥットガルト、ウィーン、プラハでしたよね。

    私も今回、ブリュッセル、フランス・アルザスのクリスマス・マーケットに行きましたが、やはり王道はドイツ!の想いを強くしました。
    ほかの国は、綺麗な飾り付けや、イルミネーションを楽しむ感じですが、ドイツはそれよりも「食べる」「呑む」か…。(笑)
    なんというか、みんながとても楽しみにしていることが伝わってくるんですよね。その辺りは、ドイツ編で。

    まずは、ブリュッセルの音と光のショー。
    最近は、プロジェクションマッピングが楽しいですね!
    ゲントの次の旅行記になってしまいますが、またお越しくださ~い。

ぶどう畑さんのトラベラーページ

この旅行で行ったホテル

この旅行で行ったスポット

旅の計画・記録

マイルに交換できるフォートラベルポイントが貯まる
フォートラベルポイントって?

ベルギーで使うWi-Fiはレンタルしましたか?

フォートラベル GLOBAL WiFiなら
ベルギー最安 600円/日~

  • 空港で受取・返却可能
  • お得なポイントがたまる

ベルギーの料金プランを見る

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

この旅行記の地図

拡大する

PAGE TOP

ピックアップ特集