山口市旅行記(ブログ) 一覧に戻る
旅の2日目は新山口駅から特急スーパーおき2号米子行きに乗って島根県の松江へ向かいます。<br />新山口~益田 間は山口線、益田~松江 間は山陰本線を通っておよそ3時間40分のローカル特急の旅です。<br /><br />写真の枚数が多いので山口線編と山陰本線編の2編にわけて記事にします。<br /><br />まずは新山口から山間部を通って山口・島根県境を超え、小京都と呼ばれる津和野を通り日本海側の益田に至ります。<br />

初秋の山陰めぐり(3)特急スーパーおき号の旅(前)山口線編(新山口~益田)

124いいね!

2019/09/18 - 2019/09/18

13位(同エリア394件中)

旅行記グループ 初秋の山陰めぐり

0

54

HAPPIN

HAPPINさん

旅の2日目は新山口駅から特急スーパーおき2号米子行きに乗って島根県の松江へ向かいます。
新山口~益田 間は山口線、益田~松江 間は山陰本線を通っておよそ3時間40分のローカル特急の旅です。

写真の枚数が多いので山口線編と山陰本線編の2編にわけて記事にします。

まずは新山口から山間部を通って山口・島根県境を超え、小京都と呼ばれる津和野を通り日本海側の益田に至ります。

旅行の満足度
5.0
観光
5.0
ホテル
5.0
グルメ
5.0
ショッピング
5.0
交通
5.0
同行者
一人旅
交通手段
JR特急
旅行の手配内容
個別手配
利用旅行会社
るるぶトラベル

PR

  • 9月18日。1泊したコンフォートホテル新山口。

    9月18日。1泊したコンフォートホテル新山口。

    コンフォートホテル新山口 宿・ホテル

    2名1室合計 6,300円~

    駅近、親切、きれい、コスパよし by HAPPINさん
  • 午前6時過ぎ。お部屋から眺める新山口駅。

    午前6時過ぎ。お部屋から眺める新山口駅。

  • ホテルの無料朝食を頂きます。<br />隣の人がピラフにスクランブルエッグを載せてケチャップをかけてオムライス風にしてるのを見てたらマネしたくなって。このあとやってみたらとっても美味~!

    ホテルの無料朝食を頂きます。
    隣の人がピラフにスクランブルエッグを載せてケチャップをかけてオムライス風にしてるのを見てたらマネしたくなって。このあとやってみたらとっても美味~!

  • 午前8時半、ホテルを出て新山口駅へ。

    午前8時半、ホテルを出て新山口駅へ。

    新山口駅

  • 在来線側には駅弁は売っていなかったので新幹線改札口前のお店へ。

    在来線側には駅弁は売っていなかったので新幹線改札口前のお店へ。

    おみやげ街道 新山口店 グルメ・レストラン

    新山口駅であなご飯の駅弁 by HAPPINさん
  • 小郡駅と名乗っていた時代から営業していた小郡駅弁当という会社が2015年に撤退してしまったそうですが、その後「広島駅弁当」があとを継いで販売を始めてくれたそうです。<br />時代の流れと言ってしまえばそれまでですが。<br />「買って残そう!駅弁」と一人キャンペーンをします。<br /><br />広島駅名物の「夫婦あなごめし」をGet。<br />

    小郡駅と名乗っていた時代から営業していた小郡駅弁当という会社が2015年に撤退してしまったそうですが、その後「広島駅弁当」があとを継いで販売を始めてくれたそうです。
    時代の流れと言ってしまえばそれまでですが。
    「買って残そう!駅弁」と一人キャンペーンをします。

    広島駅名物の「夫婦あなごめし」をGet。

  • 在来線の改札口へ。<br />新山口駅ではICOCA,Suicaなどの交通系ICは使えません。

    在来線の改札口へ。
    新山口駅ではICOCA,Suicaなどの交通系ICは使えません。

  • ホームに降りてみると特急スーパーおき2号米子行きはすでに入線していました。

    ホームに降りてみると特急スーパーおき2号米子行きはすでに入線していました。

    特急 スーパーおき 乗り物

    山口線、山陰本線の特急。津和野、日本海、宍道湖の絶景も by HAPPINさん
  • 2001年に登場したキハ187系というディーゼルカー。<br />たったの2両編成。

    2001年に登場したキハ187系というディーゼルカー。
    たったの2両編成。

  • キハ187系には初乗車です(たぶん)。<br />ついこの前に登場したと思っていたら、もうデビューから18年も経っていたんですね。

    キハ187系には初乗車です(たぶん)。
    ついこの前に登場したと思っていたら、もうデビューから18年も経っていたんですね。

  • 先頭の1号車が自由席、2号車が指定席です。<br />2号車指定席へ。

    先頭の1号車が自由席、2号車が指定席です。
    2号車指定席へ。

  • 座席は標準的。<br />コンセントがないのが残念ですが、2001年デビューの車両では仕方ないかな。

    座席は標準的。
    コンセントがないのが残念ですが、2001年デビューの車両では仕方ないかな。

  • カーブの多い線区を走るのでカーブで速度を落とさなくて済むように振子式を採用。<br />カーブ区間では車体の傾きを体験できます。<br />(写真は停車中にそれっぽく撮ったもの)

    カーブの多い線区を走るのでカーブで速度を落とさなくて済むように振子式を採用。
    カーブ区間では車体の傾きを体験できます。
    (写真は停車中にそれっぽく撮ったもの)

  • 定刻8時52分に新山口駅を出発。<br />右側には山陽本線の黄色い115系電車が見えていました。

    定刻8時52分に新山口駅を出発。
    右側には山陽本線の黄色い115系電車が見えていました。

  • すぐに山陽本線と分かれて山口線を北上します。

    すぐに山陽本線と分かれて山口線を北上します。

    JR山口線 乗り物

  • 大歳駅では上り普通列車を待たせて通過。<br />山口線は全線単線非電化です。

    大歳駅では上り普通列車を待たせて通過。
    山口線は全線単線非電化です。

    大歳駅

  • 湯田温泉駅9時3分着。<br />1面1線の棒線駅(行き違いのできない単線駅)です。

    湯田温泉駅9時3分着。
    1面1線の棒線駅(行き違いのできない単線駅)です。

    湯田温泉駅

  • かつては2面2線の行き違い設備を有した駅だったことの名残を示すホーム跡と線路の撤去跡が右側に残っていました。<br />合理化、なんですね。

    かつては2面2線の行き違い設備を有した駅だったことの名残を示すホーム跡と線路の撤去跡が右側に残っていました。
    合理化、なんですね。

  • 山口駅9時8分着。<br />レノファ山口(サッカーJ2)のラッピングをした上り普通列車が右側に停車中でした。<br />山口県の県庁所在地駅です。<br />国鉄時代の末期に山口駅近くのホテルに泊まったかすかな記憶があるのですが、山口線に乗ったかどうか覚えてません。

    山口駅9時8分着。
    レノファ山口(サッカーJ2)のラッピングをした上り普通列車が右側に停車中でした。
    山口県の県庁所在地駅です。
    国鉄時代の末期に山口駅近くのホテルに泊まったかすかな記憶があるのですが、山口線に乗ったかどうか覚えてません。

  • いきなり南国感のあるヤシの木が現れました。

    いきなり南国感のあるヤシの木が現れました。

  • 宮野駅。通過。

    宮野駅。通過。

    宮野駅

  • レトロな待合室の風情。

    レトロな待合室の風情。

  • 緩やかな上り勾配ですが、うまく田畑が作られています。

    緩やかな上り勾配ですが、うまく田畑が作られています。

  • 古くから稲作がさかんな土地だそうです。

    古くから稲作がさかんな土地だそうです。

  • えきねっとで購入した指定券。A席が進行方向左側(日本海側)という情報をネットで見たのですが。<br />事前の確認不足だったのか右側でした。直射日光をもろに受けて暑い上に、窓への反射でボツにした写真も多数!

    えきねっとで購入した指定券。A席が進行方向左側(日本海側)という情報をネットで見たのですが。
    事前の確認不足だったのか右側でした。直射日光をもろに受けて暑い上に、窓への反射でボツにした写真も多数!

  • 仁保駅でも上り普通列車と行き違い。

    仁保駅でも上り普通列車と行き違い。

    仁保駅

  • 篠目駅に近づくと。突然給水塔が目に入りました。<br />100年近く前に作られたSLの給水設備です。今は使われていないようですが、今でもSLやまぐち号が走るこの駅にはお似合いです。

    篠目駅に近づくと。突然給水塔が目に入りました。
    100年近く前に作られたSLの給水設備です。今は使われていないようですが、今でもSLやまぐち号が走るこの駅にはお似合いです。

  • 篠目駅。通過。

    篠目駅。通過。

    篠目駅

  • 小さな川が増えて長門峡駅付近を通ります。

    小さな川が増えて長門峡駅付近を通ります。

  • 渡川駅付近。

    渡川駅付近。

  • 阿武川に沿って走ります。

    阿武川に沿って走ります。

  • 農地が広がります。

    農地が広がります。

  • 三谷駅9時34分着。<br />特急スーパーおき1号新山口駅と行き違い。

    三谷駅9時34分着。
    特急スーパーおき1号新山口駅と行き違い。

    三谷駅

  • 三谷駅。

    三谷駅。

  • 駅構内の踏切がローカル風情満点。

    駅構内の踏切がローカル風情満点。

  • 田畑の緑がまぶしい。

    田畑の緑がまぶしい。

  • 地福駅。通過。<br /><br />まぶし過ぎる日差しで窓への写り込みが激しくって、通過する列車から外の風景を撮るのが難しくって、これでもましな方です。

    地福駅。通過。

    まぶし過ぎる日差しで窓への写り込みが激しくって、通過する列車から外の風景を撮るのが難しくって、これでもましな方です。

  • 並行する国道9号線。<br /><br />★山口線の思い出★<br />むかしむかしその昔。修学旅行で津和野を訪れ、このあたりを観光バスで通った思い出があります。<br />どのあたりだったかは忘れましたが、途中で特急おき号と並走し、列車内にいたご婦人たちが微笑みながらこちらを見ていたことを思い出しました。<br />当時の車両はキハ80系だったかキハ181系だったか。今と違って非力のエンジンで喘ぐように峠越えをしていたので観光バスと抜きつ抜かれつでした。<br />あの頃の国鉄特急はまだまだ気楽に乗れるものではなく、ちょっと贅沢な乗り物という感じで憧れて見ていたものです。<br />そんなこともあってずっと乗りたいと思っていた特急おき号ですが、山口線に乗る機会はあってもおき号に乗る機会に恵まれず、スーパーおき号に変わって20年近くが経った今日になってやっと乗ることができたのには感慨がひとしおです。<br />

    並行する国道9号線。

    ★山口線の思い出★
    むかしむかしその昔。修学旅行で津和野を訪れ、このあたりを観光バスで通った思い出があります。
    どのあたりだったかは忘れましたが、途中で特急おき号と並走し、列車内にいたご婦人たちが微笑みながらこちらを見ていたことを思い出しました。
    当時の車両はキハ80系だったかキハ181系だったか。今と違って非力のエンジンで喘ぐように峠越えをしていたので観光バスと抜きつ抜かれつでした。
    あの頃の国鉄特急はまだまだ気楽に乗れるものではなく、ちょっと贅沢な乗り物という感じで憧れて見ていたものです。
    そんなこともあってずっと乗りたいと思っていた特急おき号ですが、山口線に乗る機会はあってもおき号に乗る機会に恵まれず、スーパーおき号に変わって20年近くが経った今日になってやっと乗ることができたのには感慨がひとしおです。

  • 達筆な「さくと」のレトロな駅名標は徳佐駅。<br />SLやまぐち号の運行にあわせて整備されたものだ思いますが、津和野までの間でいくつか見られました。<br />途中駅は通過する駅が多いのでうまく写真が撮れたものは数少ないのですが。

    達筆な「さくと」のレトロな駅名標は徳佐駅。
    SLやまぐち号の運行にあわせて整備されたものだ思いますが、津和野までの間でいくつか見られました。
    途中駅は通過する駅が多いのでうまく写真が撮れたものは数少ないのですが。

  • 徳佐駅9時44分着。

    徳佐駅9時44分着。

    徳佐駅

  • このあと山間部に入って県境を超えます。

    このあと山間部に入って県境を超えます。

  • いくつかのトンネルや曲がりくねった線路で山口・島根県境を超えました。

    いくつかのトンネルや曲がりくねった線路で山口・島根県境を超えました。

  • 車窓左手には津和野城跡が見えてきました。

    車窓左手には津和野城跡が見えてきました。

    津和野城跡 名所・史跡

  • すぐに鮮やかな赤が目立つ太皷谷稲成神社も見えてきました。

    すぐに鮮やかな赤が目立つ太皷谷稲成神社も見えてきました。

    太皷谷稲成神社 寺・神社

  • 津和野川を渡ります。

    津和野川を渡ります。

  • 小京都と言われる津和野駅に9時57分着。。<br />修学旅行で訪れたことを思い出します。<br />あの頃は若くて、元気で、楽しかったなぁ。

    小京都と言われる津和野駅に9時57分着。。
    修学旅行で訪れたことを思い出します。
    あの頃は若くて、元気で、楽しかったなぁ。

  • ここ津和野駅はSLやまぐち号の終点です。<br />1979年の運行開始から今年の8月で40年。乗ろう乗ろうとずっと思ってきたのにいまだに実現していません。

    ここ津和野駅はSLやまぐち号の終点です。
    1979年の運行開始から今年の8月で40年。乗ろう乗ろうとずっと思ってきたのにいまだに実現していません。

    津和野駅

  • 稲藁干しの風景。

    稲藁干しの風景。

  • 山里。いい感じです。

    山里。いい感じです。

  • 日原(にちはら)駅10時7分着。

    日原(にちはら)駅10時7分着。

    日原駅

  • 寄り添ってきた津和野川と合流した高津川。

    寄り添ってきた津和野川と合流した高津川。

  • 相変わらず強い日差しが続いていました。

    相変わらず強い日差しが続いていました。

  • 山口線の終点、益田駅10時29分着。<br />ここからは山陰本線に入って東へ向かいます。<br />益田駅では降りる人が数名ありましたが、それ以上のお客が乗ってきました。

    山口線の終点、益田駅10時29分着。
    ここからは山陰本線に入って東へ向かいます。
    益田駅では降りる人が数名ありましたが、それ以上のお客が乗ってきました。

    益田駅

  • ホームには島根のゆるきゃら「しまねっこ」のパネルがありました。<br />特急スーパーおき2号の旅。目的地の松江駅まではまだ2時間以上かかります。<br /><br />(つづく)

    ホームには島根のゆるきゃら「しまねっこ」のパネルがありました。
    特急スーパーおき2号の旅。目的地の松江駅まではまだ2時間以上かかります。

    (つづく)

124いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

旅行記グループ

初秋の山陰めぐり

この旅行で行ったホテル

この旅行で行ったスポット

この旅行で行ったグルメ・レストラン

旅の計画・記録

「旅の計画」作成でもれなく300ポイント!

マイルに交換できるフォートラベルポイントが貯まる
フォートラベルポイントって?

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

この旅行記の地図

拡大する

山口市の人気ホテルランキング

PAGE TOP

ピックアップ特集