飛鳥旅行記(ブログ) 一覧に戻る
 タイトルが思い浮かびません。今週は自身の通院とかで凹んだりした週でもありましたが、後半それを挽回しようと近場の温泉へ行きました、返す刀で明日香へ行ったと云うと写真でも出てくる「蘇我入鹿」の様ですが、首を切られては元もありません。眼に残る印象を言葉で並べると表題になったという所です。<br /> さて、明日香で車を置くのは甘樫丘東駐車場です。ここから、トレンクルを引き出して輪行開始です。川原寺へのショートカットを選択すると、人もまばら。甘樫丘には名はあるのに、東向かいの丘陵には名が在りません(字名は川原でした)。ひょっとして、重要な文化財が埋蔵されていたりして、発見されると「東甘樫丘」とか、「飛鳥川丘陵」とか洒落た名が付くかも知れません。<br /> 川原寺跡から道を渡ると橘寺です。門前の田圃と彼岸花が印象に残ります。南に突き当たりを東西方向に流れる水路に従って、上へ向かい玉藻橋を渡ると石舞台に。仲秋の名月関連の行事の準備でしょうか、テントが立ち並んでいます。石舞台は木の葉が落ちきっていないので、隙間から見ることが出来ません。立木で覆って見えなくして、木戸銭を取るとはせちがない事ですなと、あの世の馬子も嘆いているかかも。<br /> 島庄地区の水路に沿った古道脇はお勧めの場所です。全く観光客は寄りつきません、前後に有名な観光資源があるためでしょう。一つは「犬養万葉記念館」です。著名な万葉学者であります犬養孝先生は、私の万葉・和歌の先生「偐家持」氏の先生です、でもって私は犬養先生の孫弟子、と勝手に名告っております。先へ進みましょう。<br /> 集落を過ぎ田圃の中心部にあるのが、飛鳥京跡(伝飛鳥板蓋宮跡)です。采女( うねめ)の 袖吹きかへす 明日香風 都を遠み いたづらに吹く <志貴皇子>の歌碑があります。更に北に進むと飛鳥寺です。ここは、裏門のみで蘇我入鹿の首塚へお参りです。先の飛鳥京から飛んできたと言いますから、頸椎の筋肉は相当なものだったのでしょう。更に北へ下ると大官大寺跡です、この辺りから走ってきた方向を眺めると大凡明日香村が、飛鳥川沿いに出来た扇状地に沿って成り立っていることが望めます。飛鳥川を始めとする大和川水系は古代国家の母なる川でありましょう。<br /> 以上で明日香村輪行は終わりですが、先の橿原市内の本薬師寺ホテイアオイも気になります。少し足を伸ばして見てきましたが、前回の蓮に代わって彼岸花とが競演していました。此も又絵になります。さて、ぼちぼちお腹も減ってきましたので道端の丼屋さんで昼食です。お腹が一杯になるともう走る気になりませんが、車まで戻らねば帰れません。車の自動運転に対しては反対派でしたが、斯様な時にスマートホンのボタン一つで車から来てくれるなら、節操無く賛成派に転向します。<br /><br />  飛鳥川<br />  いにしえの 都は明日香 川筋に 流れは続き 難波江へと <偐山頭火>

明日香路銀輪行 「いにしえの 都は明日香 川筋に 流れは続き 難波江へと」

15いいね!

2017/09/29 - 2017/09/29

284位(同エリア743件中)

旅行記グループ 大和を旅する

0

32

河内温泉大学名誉教授

河内温泉大学名誉教授さん

 タイトルが思い浮かびません。今週は自身の通院とかで凹んだりした週でもありましたが、後半それを挽回しようと近場の温泉へ行きました、返す刀で明日香へ行ったと云うと写真でも出てくる「蘇我入鹿」の様ですが、首を切られては元もありません。眼に残る印象を言葉で並べると表題になったという所です。
 さて、明日香で車を置くのは甘樫丘東駐車場です。ここから、トレンクルを引き出して輪行開始です。川原寺へのショートカットを選択すると、人もまばら。甘樫丘には名はあるのに、東向かいの丘陵には名が在りません(字名は川原でした)。ひょっとして、重要な文化財が埋蔵されていたりして、発見されると「東甘樫丘」とか、「飛鳥川丘陵」とか洒落た名が付くかも知れません。
 川原寺跡から道を渡ると橘寺です。門前の田圃と彼岸花が印象に残ります。南に突き当たりを東西方向に流れる水路に従って、上へ向かい玉藻橋を渡ると石舞台に。仲秋の名月関連の行事の準備でしょうか、テントが立ち並んでいます。石舞台は木の葉が落ちきっていないので、隙間から見ることが出来ません。立木で覆って見えなくして、木戸銭を取るとはせちがない事ですなと、あの世の馬子も嘆いているかかも。
 島庄地区の水路に沿った古道脇はお勧めの場所です。全く観光客は寄りつきません、前後に有名な観光資源があるためでしょう。一つは「犬養万葉記念館」です。著名な万葉学者であります犬養孝先生は、私の万葉・和歌の先生「偐家持」氏の先生です、でもって私は犬養先生の孫弟子、と勝手に名告っております。先へ進みましょう。
 集落を過ぎ田圃の中心部にあるのが、飛鳥京跡(伝飛鳥板蓋宮跡)です。采女( うねめ)の 袖吹きかへす 明日香風 都を遠み いたづらに吹く <志貴皇子>の歌碑があります。更に北に進むと飛鳥寺です。ここは、裏門のみで蘇我入鹿の首塚へお参りです。先の飛鳥京から飛んできたと言いますから、頸椎の筋肉は相当なものだったのでしょう。更に北へ下ると大官大寺跡です、この辺りから走ってきた方向を眺めると大凡明日香村が、飛鳥川沿いに出来た扇状地に沿って成り立っていることが望めます。飛鳥川を始めとする大和川水系は古代国家の母なる川でありましょう。
 以上で明日香村輪行は終わりですが、先の橿原市内の本薬師寺ホテイアオイも気になります。少し足を伸ばして見てきましたが、前回の蓮に代わって彼岸花とが競演していました。此も又絵になります。さて、ぼちぼちお腹も減ってきましたので道端の丼屋さんで昼食です。お腹が一杯になるともう走る気になりませんが、車まで戻らねば帰れません。車の自動運転に対しては反対派でしたが、斯様な時にスマートホンのボタン一つで車から来てくれるなら、節操無く賛成派に転向します。

  飛鳥川
 いにしえの 都は明日香 川筋に 流れは続き 難波江へと <偐山頭火>

旅行の満足度
5.0
観光
5.0
同行者
一人旅
交通手段
バイク
旅行の手配内容
個別手配

PR

  • 車は駐車場へトレンクルを取り出して組み立てます

    車は駐車場へトレンクルを取り出して組み立てます

  • 甘樫丘東丘陵の道です

    甘樫丘東丘陵の道です

  • トレンクルとドングリ

    トレンクルとドングリ

  • 彼岸花、今回はこの花が主役になりそうです

    彼岸花、今回はこの花が主役になりそうです

  • 彼岸花の後を受け継ぐのか甘樫丘にはノゲイトウも

    彼岸花の後を受け継ぐのか甘樫丘にはノゲイトウも

  • 甘樫丘向かいの丘陵へ入り込みます

    甘樫丘向かいの丘陵へ入り込みます

  • 同丘陵で秋の花三種盛り

    同丘陵で秋の花三種盛り

  • 川原寺跡に出ました

    川原寺跡に出ました

  • 道を渡ると橘寺、聖徳太子縁の寺です

    道を渡ると橘寺、聖徳太子縁の寺です

  • 橘寺門前の田圃

    橘寺門前の田圃

  • 水路脇の社

    水路脇の社

  • 石舞台公園入口

    石舞台公園入口

  • 馬子のお墓?は見えません、木戸銭を惜しんで先へ

    馬子のお墓?は見えません、木戸銭を惜しんで先へ

  • 島庄地区への分かれ道の社脇にて

    島庄地区への分かれ道の社脇にて

  • 観光客も殆ど通り過ぎない島庄地区にて

    観光客も殆ど通り過ぎない島庄地区にて

  • 同地区のど根性彼岸花

    同地区のど根性彼岸花

  • 雰囲気のある喫茶店「ことだま」

    雰囲気のある喫茶店「ことだま」

  • 犬養記念資料館

    犬養記念資料館

  • 同資料館脇の郵便ポスト

    同資料館脇の郵便ポスト

  • 飛鳥京跡

    飛鳥京跡

  • 同説明板

    同説明板

  • 万葉歌碑(志貴皇子)

    万葉歌碑(志貴皇子)

  • 歌碑裏には秋の使者コオロギ(中心やや左)

    歌碑裏には秋の使者コオロギ(中心やや左)

  • 飛鳥寺裏口

    飛鳥寺裏口

  • 蘇我入鹿の首塚

    蘇我入鹿の首塚

  • 大官大寺跡にて明日香全体を遠望

    大官大寺跡にて明日香全体を遠望

  • 同説明板

    同説明板

  • 本薬師寺にてホテイアオイと彼岸花

    本薬師寺にてホテイアオイと彼岸花

  • 同所

    同所

  • 帰路、道端の社

    帰路、道端の社

  • 最後の登り、自動運転で車が勝手に来てくれてたらと思う

    最後の登り、自動運転で車が勝手に来てくれてたらと思う

  • 栗、トマト、薩摩芋の土産です

    栗、トマト、薩摩芋の土産です

15いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

旅行記グループ

大和を旅する

この旅行で行ったスポット

この旅行で行ったグルメ・レストラン

旅の計画・記録

マイルに交換できるフォートラベルポイントが貯まる
フォートラベルポイントって?

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

この旅行記の地図

拡大する

飛鳥の人気ホテルランキング

PAGE TOP

ピックアップ特集