大和郡山・田原本旅行記(ブログ) 一覧に戻る
 司馬遼太郎の小説に「おお、大砲」という小作品があります。大和高取藩が徳川家康以来ブリキトースという大砲を持って、奈良にあって江戸を守るという役割を担っていた。ただし、近代化というものに目もくれずに関ヶ原以来の古式大砲をひたすら守り続けることが、徳川家への忠義であり家を守る術の全てであったというお話し。<br /> 最近お知り合いになった喫茶店の主催で、その高取藩のあった壺坂周辺をハイキングに行くという。それに同行するという友人の偐家持氏と同店で珈琲を戴きながら小説の話になったが、題名が出てこないという「認知症」状態になりました。私はハイキングには参加出来ませんが、大砲のことが少し心に残っていました。<br /> それは、奈良の御所にある笛吹神社、川合町の廣瀬大社そして大阪市の諏訪神社にも大砲があります。所詮は国威発揚の為の大道具であったのでしょうが、ある意味で「ブリキトース」に似た大砲であるのが滑稽にも思え、本日ご紹介しましょう。滑稽に見えても、当時の関係者にとっては真剣に取り組まれた事であることは肝に銘じつつ。<br /> 笛吹神社のそれは確かめていませんが、他の二砲は日露戦争の戦勝記念と云うことが、碑文や大砲の製造所の記載で解ります。その滑稽さというのが、砲筒に比して弾のサイズが大きすぎること。何としても敵を殲滅という気持ちは解るものの、これでは無理矢理込めても、撃った瞬間に筒の根元で炸裂するでしょう。小説では音の大きさで敵に耳鳴りを起こさせたと、少しは威力を発揮したブリキトースにも及ばず自陣が損壊する恐れがあります。<br /> こんな事ではいかん・・・と神社に巡航ミサイルやテポドンなどの兵器を並べるような時代が来ない事を願いつつ、昨日広瀬大社を久しぶりに訪れて来ました。好天に恵まれ天理軽便鉄道の痕跡巡りなども楽しみながら、沢山の太陽を浴びることが出来ました。残りの材料はまた後日の報告とします。

それは「おお、大砲」かな 司馬遼太郎短編高取藩の砲術とは

8いいね!

2018/02/17 - 2018/02/17

167位(同エリア248件中)

旅行記グループ 大和を旅する

2

27

河内温泉大学名誉教授

河内温泉大学名誉教授さん

 司馬遼太郎の小説に「おお、大砲」という小作品があります。大和高取藩が徳川家康以来ブリキトースという大砲を持って、奈良にあって江戸を守るという役割を担っていた。ただし、近代化というものに目もくれずに関ヶ原以来の古式大砲をひたすら守り続けることが、徳川家への忠義であり家を守る術の全てであったというお話し。
 最近お知り合いになった喫茶店の主催で、その高取藩のあった壺坂周辺をハイキングに行くという。それに同行するという友人の偐家持氏と同店で珈琲を戴きながら小説の話になったが、題名が出てこないという「認知症」状態になりました。私はハイキングには参加出来ませんが、大砲のことが少し心に残っていました。
 それは、奈良の御所にある笛吹神社、川合町の廣瀬大社そして大阪市の諏訪神社にも大砲があります。所詮は国威発揚の為の大道具であったのでしょうが、ある意味で「ブリキトース」に似た大砲であるのが滑稽にも思え、本日ご紹介しましょう。滑稽に見えても、当時の関係者にとっては真剣に取り組まれた事であることは肝に銘じつつ。
 笛吹神社のそれは確かめていませんが、他の二砲は日露戦争の戦勝記念と云うことが、碑文や大砲の製造所の記載で解ります。その滑稽さというのが、砲筒に比して弾のサイズが大きすぎること。何としても敵を殲滅という気持ちは解るものの、これでは無理矢理込めても、撃った瞬間に筒の根元で炸裂するでしょう。小説では音の大きさで敵に耳鳴りを起こさせたと、少しは威力を発揮したブリキトースにも及ばず自陣が損壊する恐れがあります。
 こんな事ではいかん・・・と神社に巡航ミサイルやテポドンなどの兵器を並べるような時代が来ない事を願いつつ、昨日広瀬大社を久しぶりに訪れて来ました。好天に恵まれ天理軽便鉄道の痕跡巡りなども楽しみながら、沢山の太陽を浴びることが出来ました。残りの材料はまた後日の報告とします。

旅行の満足度
4.5

PR

  •  法隆寺インターチェンジから南東方向に約数キロで廣瀬大社ですが、何時も通り法輪寺脇の駐車場で寅号からトレンクルに乗り換えました。この鳥居から参道が長く続きます。

     法隆寺インターチェンジから南東方向に約数キロで廣瀬大社ですが、何時も通り法輪寺脇の駐車場で寅号からトレンクルに乗り換えました。この鳥居から参道が長く続きます。

  •  参道脇の摂社。

     参道脇の摂社。

  •  立派な太鼓橋もあります。

     立派な太鼓橋もあります。

  •  元は本殿近くにあったようですが、きっかけを作ってこちらに移設したとか。

     元は本殿近くにあったようですが、きっかけを作ってこちらに移設したとか。

  •  方位コンパスで狙っている方向を計測しましたが、特に方向は考慮していないようです。

     方位コンパスで狙っている方向を計測しましたが、特に方向は考慮していないようです。

  •  大砲に比して弾がデカすぎますな。意とするところは解るが、やり過ぎです!

     大砲に比して弾がデカすぎますな。意とするところは解るが、やり過ぎです!

  •  大砲の出所が記されています。

     大砲の出所が記されています。

  •  豊年祈願の「砂かけ神事」が行われる神前、弾より砂がお似合いだと思います。

     豊年祈願の「砂かけ神事」が行われる神前、弾より砂がお似合いだと思います。

  •  家内安全、健康で健やかにとお祈りいたしました。

     家内安全、健康で健やかにとお祈りいたしました。

  •  こちらは古事記の時代に東征を図る神武天皇と争ったとされる葛城族の笛吹神社です。

     こちらは古事記の時代に東征を図る神武天皇と争ったとされる葛城族の笛吹神社です。

  •  笛吹神社の大砲は拝殿下ですが、正面に。如何にも八咫烏に先導された東征軍を迎え撃っているようです。

     笛吹神社の大砲は拝殿下ですが、正面に。如何にも八咫烏に先導された東征軍を迎え撃っているようです。

  •  古事記の時代神々は戦に明け暮れていたようですね。

     古事記の時代神々は戦に明け暮れていたようですね。

  •  ご参考までに、これは大阪市城東区にある「諏訪神社」の大砲です。これも、日露戦争戦勝記念とされています。大和の廣瀬神社と同様に筒と弾のバランスが非常に悪いですな。

     ご参考までに、これは大阪市城東区にある「諏訪神社」の大砲です。これも、日露戦争戦勝記念とされています。大和の廣瀬神社と同様に筒と弾のバランスが非常に悪いですな。

  •  このまま帰っては惜しいと、大砲とは関係無いようですが「筒井順慶」のお墓があるというので、平端駅方向へとサイクリング。途中見付けた「島の山古墳」という標識を見付けて寄り道。

     このまま帰っては惜しいと、大砲とは関係無いようですが「筒井順慶」のお墓があるというので、平端駅方向へとサイクリング。途中見付けた「島の山古墳」という標識を見付けて寄り道。

  •  比売久波神社が古墳の脇に。

     比売久波神社が古墳の脇に。

  •  何やら説明書きが。

     何やら説明書きが。

  •  島の山古墳です。

     島の山古墳です。

  •  古墳を取りまく集落の社です。

     古墳を取りまく集落の社です。

  •  近鉄平端駅です。橿原線と天理線の分岐駅ですが、天理軽便鉄道が走っていた昔の面影はありません。平端~法隆寺間は廃線されています。

     近鉄平端駅です。橿原線と天理線の分岐駅ですが、天理軽便鉄道が走っていた昔の面影はありません。平端~法隆寺間は廃線されています。

  •  天理軽便鉄道の模型です。安堵町歴史資料館で展示しています。

     天理軽便鉄道の模型です。安堵町歴史資料館で展示しています。

  •  同資料館の路線図。

     同資料館の路線図。

  •  話が脇に逸れました、これが筒井順慶のお墓です。順慶の「洞ヶ峠」作戦、諸説ありますが基本は「兵力を消耗せず勝つ」というのは理にかなったことであります。砲弾やミサイルの数で勝っても知恵が無いと云うことでしょう。

     話が脇に逸れました、これが筒井順慶のお墓です。順慶の「洞ヶ峠」作戦、諸説ありますが基本は「兵力を消耗せず勝つ」というのは理にかなったことであります。砲弾やミサイルの数で勝っても知恵が無いと云うことでしょう。

  •  説明板。

     説明板。

  •  堂に囲まれてお墓は見られませんでした。

     堂に囲まれてお墓は見られませんでした。

  •  同。

     同。

  •  斑鳩への帰り道で見付けた善照寺。根上がりの松が見事でした。これもやがて、観光業者に見つかってバスが押し寄せるのかな。

     斑鳩への帰り道で見付けた善照寺。根上がりの松が見事でした。これもやがて、観光業者に見つかってバスが押し寄せるのかな。

  •  斑鳩に入りました。中宮寺近くの道端の地蔵様と道路標識。少し先の「やすむら農園」で苺を買いました。その後、トレンクルを寅号に収納して帰路につきました。

     斑鳩に入りました。中宮寺近くの道端の地蔵様と道路標識。少し先の「やすむら農園」で苺を買いました。その後、トレンクルを寅号に収納して帰路につきました。

8いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

旅行記グループ

大和を旅する

この旅行記へのコメント (2)

開く

閉じる

  • はなまま さん 2020/05/02 17:34:08
    はじめまして
    河内温泉大学名誉教授様

    はじめまして!
    量は少ないですが、司馬遼太郎作品ファンの一人です。
    高取山が好きでちょこちょこ登るのですが、先日土佐街道で高取藩の大砲を発見し、「おお、大砲」という作品があることが書かれていましたので、気になっていました。

    外出もままならないここ数日は薄暗くなる頃にぼちぼち本を読むのが楽しみで、「侍はこわい」という短編集を読んでいます。すると、偶然にも「庄兵衛稲荷」という作品に高取藩の大砲のことが出てきました。そのお話がまた気になる終わり方になっていてもうすぐにでも読みたくなり、「おお、大砲」を取り寄せようと調べてみましたが、もう絶版になっているんですね。
    ガーン、ショックです (T▽T)。

    名誉教授さんとは行動エリアが近そうですので、これから旅行記楽しく拝見させていただきます。

    はなまま(*^¬^*)

    河内温泉大学名誉教授

    河内温泉大学名誉教授さん からの返信 2020/05/02 21:04:15
    はじめまして
    はなままさん、こんにちは。

    司馬ファンとか、良い作品が多いですね。
    特にご近所という事で先生はご存じ無くても、よくお見かけしました。
    スピッツのような頭で、小阪商店街を歩いておられましたが、突然の訃報に当時は驚き悲しみました。「韃靼疾風録」の途中だったような脱稿した頃でしたか。


    仰せのように外出もままならないですが、勝手な理屈かも知れませんが「無接触」では輪行を楽しんでいます。
    その輪行地と貴兄の「旅先」とが重なるようですね。流石に高取山はMTBでは無理ですが、40年ほど前に崩れかけていた城壁の下まで壷坂寺を抜けて訪れた事があります。

    土佐街道の「ブリキトース」は知りませんでした。一度訪れて見たいものですが、よく残っていたのですね。その際にでもすれ違うかも知れませんが生憎ご挨拶は出来ませんがお許しください。

    まだ暫く斯様な状態が続きそうですが、くれぐれもご自愛のうえ堪え忍びましょう。
    本日のご訪問並びにコメント真にありがとうございました。

河内温泉大学名誉教授さんのトラベラーページ

この旅行で行ったスポット

旅の計画・記録

マイルに交換できるフォートラベルポイントが貯まる
フォートラベルポイントって?

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

この旅行記の地図

拡大する

大和郡山・田原本の人気ホテルランキング

PAGE TOP

ピックアップ特集