信貴山旅行記(ブログ) 一覧に戻る
 在原業平が河内の女性に会うために奈良の天理から通った・・・と云う恋の道、道中は聖徳太子の道や奈良街道と重なる歴史の道でもあります。<br /> 大和と河内の間にそそり立つ生駒高峰は急峻、古人の恋への険しい道。十三峠と街道周辺の風景と歴史を辿ってみました。

生駒越え十三峠は業平道 歴史の道、恋の道を行く

14いいね!

2019/03/01 - 2019/03/01

42位(同エリア94件中)

旅行記グループ 大和を旅する

0

25

河内温泉大学名誉教授

河内温泉大学名誉教授さん

 在原業平が河内の女性に会うために奈良の天理から通った・・・と云う恋の道、道中は聖徳太子の道や奈良街道と重なる歴史の道でもあります。
 大和と河内の間にそそり立つ生駒高峰は急峻、古人の恋への険しい道。十三峠と街道周辺の風景と歴史を辿ってみました。

旅行の満足度
5.0
同行者
一人旅
交通手段
徒歩 バイク

PR

  •  河内の高安に住むと云われる件の女性の住まいへ通った業平の起点は、天理市櫟本町(西名阪道路天理IC真南)の在原神社兼在原寺と云われています。業平はここから河内高安の女性宅を訪問したというのが、業平道伝説です。大和川に沿って西進して、生駒山系を何処で越えるか諸説ありますが、本日は十三峠越という前提で道行きしましょう。<br /><br /> 在原神社兼在原寺

     河内の高安に住むと云われる件の女性の住まいへ通った業平の起点は、天理市櫟本町(西名阪道路天理IC真南)の在原神社兼在原寺と云われています。業平はここから河内高安の女性宅を訪問したというのが、業平道伝説です。大和川に沿って西進して、生駒山系を何処で越えるか諸説ありますが、本日は十三峠越という前提で道行きしましょう。

     在原神社兼在原寺

  •  恋の道ルート図。

     恋の道ルート図。

  •  業平の朝帰りならぬ逆打ちで河内を出立します。外環状線を越えて大阪経済法科大学横の急な坂道に差し掛かると、道路が張り出しテラスのように幾重にも重なって見えて来ます。急峻な十三峠が近づきます。

     業平の朝帰りならぬ逆打ちで河内を出立します。外環状線を越えて大阪経済法科大学横の急な坂道に差し掛かると、道路が張り出しテラスのように幾重にも重なって見えて来ます。急峻な十三峠が近づきます。

  •  途中の道脇に車止めがあります。ここは「水呑地蔵」と云われる湧き水の名所です。生駒山系でも湧き水は各所で湧きますが、湧く所から上に民家等があると飲用には不可と云われています。ここ水呑地蔵から上には民家が無く広く飲まれてきました。古人も、河内平野を望める場所に至って湧き水で一息ついたことでしょう。<br /><br /> 水呑地蔵からのパノラマ。

     途中の道脇に車止めがあります。ここは「水呑地蔵」と云われる湧き水の名所です。生駒山系でも湧き水は各所で湧きますが、湧く所から上に民家等があると飲用には不可と云われています。ここ水呑地蔵から上には民家が無く広く飲まれてきました。古人も、河内平野を望める場所に至って湧き水で一息ついたことでしょう。

     水呑地蔵からのパノラマ。

  •  立派な堂宇が建っています。

     立派な堂宇が建っています。

  •  鐘撞き堂も。

     鐘撞き堂も。

  •  地蔵様も沢山見守っています。

     地蔵様も沢山見守っています。

  •  ここから数百メートルも登ると十三峠です。峠の最高部は「信貴生駒スカイライン」となっている、そのトンネルを潜るとにわかに緩斜面となり道幅もやや広くなります<br /><br /> 奈良県側から見た、奥が信貴生駒スカイライン。

     ここから数百メートルも登ると十三峠です。峠の最高部は「信貴生駒スカイライン」となっている、そのトンネルを潜るとにわかに緩斜面となり道幅もやや広くなります

     奈良県側から見た、奥が信貴生駒スカイライン。

  •  緩やかな坂を下る途中に社が見えて来ました。杵築神社 (きづきじんじゃ)は福貴畑の氏神。祭神は素戔鳴命。木造深沙大将立像(室町時代前期)が特に良いのです・・・と、ボランティアガイドと見受けられる御同輩から説明したいと申し込まれる。結構なお話し、快くお請けするが失礼ながらあまり記憶には残らない。何でも、近々数十人を連れてくるが下見というか説明の練習代わりになったようです。脇に観音堂があるのは、神宮寺であろうと云うことだが詳しい資料は残っていない。役行者でもおられると、役者が揃うという所でしょう。

     緩やかな坂を下る途中に社が見えて来ました。杵築神社 (きづきじんじゃ)は福貴畑の氏神。祭神は素戔鳴命。木造深沙大将立像(室町時代前期)が特に良いのです・・・と、ボランティアガイドと見受けられる御同輩から説明したいと申し込まれる。結構なお話し、快くお請けするが失礼ながらあまり記憶には残らない。何でも、近々数十人を連れてくるが下見というか説明の練習代わりになったようです。脇に観音堂があるのは、神宮寺であろうと云うことだが詳しい資料は残っていない。役行者でもおられると、役者が揃うという所でしょう。

  •  左木造深沙大将立像、右観音像。

     左木造深沙大将立像、右観音像。

  •  社全景。

     社全景。

  •  平群へ向かって下る街道脇にあるのが「藤田家」。重要文化財指定の大和の古民家です。街道脇の関所のような威容を持った民家ですが、道端の地蔵様もよくお似合いです。現代の十三街道と云えるバイパスは、藤田家住宅から灰田川の谷を挟んで南にあり車の往来はこちらがお勧めです。

     平群へ向かって下る街道脇にあるのが「藤田家」。重要文化財指定の大和の古民家です。街道脇の関所のような威容を持った民家ですが、道端の地蔵様もよくお似合いです。現代の十三街道と云えるバイパスは、藤田家住宅から灰田川の谷を挟んで南にあり車の往来はこちらがお勧めです。

  •  塀越しに屋敷内を。

     塀越しに屋敷内を。

  •  屋敷の対則には地蔵様が。

     屋敷の対則には地蔵様が。

  •  更に坂を下ると平群駅に出ますが、ここで暫く十三街道から外れましょう。平群には古墳も沢山あります。そのうち特に有名なのが「長屋王」と「吉備内親王」でどちらも宮内庁が管理しています。<br /> 奈良時代初頭(729年)、藤原氏の陰謀に倒れた左大臣長屋王とその夫人です。当時権勢を振るっていた長屋王が謀反を計画しているとの告発を受け、兵が王邸を包囲し訊問の結果、王は自死。妻の吉備内親王(きびないしんのう)、子らも後を追い、夫妻は生駒山に葬られた。今では共に民家に囲まれて、装飾や植栽が無いと見過ごしてしまいそうなお墓です。

     更に坂を下ると平群駅に出ますが、ここで暫く十三街道から外れましょう。平群には古墳も沢山あります。そのうち特に有名なのが「長屋王」と「吉備内親王」でどちらも宮内庁が管理しています。
     奈良時代初頭(729年)、藤原氏の陰謀に倒れた左大臣長屋王とその夫人です。当時権勢を振るっていた長屋王が謀反を計画しているとの告発を受け、兵が王邸を包囲し訊問の結果、王は自死。妻の吉備内親王(きびないしんのう)、子らも後を追い、夫妻は生駒山に葬られた。今では共に民家に囲まれて、装飾や植栽が無いと見過ごしてしまいそうなお墓です。

  •  長屋王墓。

     長屋王墓。

  •  長屋王墓脇の説明板。<br /> 青いルートの下ルートが今回の旅のルート。

     長屋王墓脇の説明板。
     青いルートの下ルートが今回の旅のルート。

  •  吉備内親王墓。

     吉備内親王墓。

  •  同上。

     同上。

  •  竜田川と並行して矢田丘陵が南北に続きます。この山中を横断して斑鳩に至ルートもありますが、業平達は竜田川沿いに大和川付近まで下り明日香方面へ向かったものと思われます。それに従って進むことにしましょう。現在の道も竜田川大橋で国道25号と出会い、東西に奈良街道を形成しています。東に進むとやがて左に松並木とその奥に法隆寺が見えてきますが、本日はスルーして進みます。<br /><br /> 高安の氏神天満宮説明板。

     竜田川と並行して矢田丘陵が南北に続きます。この山中を横断して斑鳩に至ルートもありますが、業平達は竜田川沿いに大和川付近まで下り明日香方面へ向かったものと思われます。それに従って進むことにしましょう。現在の道も竜田川大橋で国道25号と出会い、東西に奈良街道を形成しています。東に進むとやがて左に松並木とその奥に法隆寺が見えてきますが、本日はスルーして進みます。

     高安の氏神天満宮説明板。

  •  幸前町交差点で国道から逸れて右に曲がり、広隆寺グランドホテルの横を進み、富雄川を渡ると高安という町名が現れます。この地名は業平が通った河内の「高安」に因んだ名前と地元の氏神天満宮に説明板があります。八尾市高安の飛び地のような高安と云えば地元の方に叱られますかな。地元にとっては迷惑な話かも、高安と命名される前の地名は不明です。<br /> <br /> 高安の氏神天満宮。

     幸前町交差点で国道から逸れて右に曲がり、広隆寺グランドホテルの横を進み、富雄川を渡ると高安という町名が現れます。この地名は業平が通った河内の「高安」に因んだ名前と地元の氏神天満宮に説明板があります。八尾市高安の飛び地のような高安と云えば地元の方に叱られますかな。地元にとっては迷惑な話かも、高安と命名される前の地名は不明です。
     
     高安の氏神天満宮。

  •  高安の村外れから矢田丘陵方向を眺めると菜の花畑が、菜の花の時代性は分かりませんが、業平の時代にあったとすればこの様な眺めの中をルンルンと歩を進めていたのでしょうか。これから先天理までは、畑の中を行く単調な一本道ですので、ここでルートを法隆寺と飛鳥地方を結んだ太子道へ切り替え聖徳太子に挨拶をして行くことにします。<br /><br /> 矢田丘陵を望む菜の花畑。

     高安の村外れから矢田丘陵方向を眺めると菜の花畑が、菜の花の時代性は分かりませんが、業平の時代にあったとすればこの様な眺めの中をルンルンと歩を進めていたのでしょうか。これから先天理までは、畑の中を行く単調な一本道ですので、ここでルートを法隆寺と飛鳥地方を結んだ太子道へ切り替え聖徳太子に挨拶をして行くことにします。

     矢田丘陵を望む菜の花畑。

  •  太子道に。

     太子道に。

  •  聖徳太子と云えども、ここ安堵町の太子様は身の丈12メートルという天をつくようなご立派な体格です。安堵町は案山子で町おこしとやらで、至る所に案山子が生息しています。幼稚園の立ち番かと思えば案山子・・・であっと驚くこともありますが、この聖徳太子様は遙か彼方からでも存在がわかります。お顔の向きからは、法隆寺へ向けて出勤されている途中と分かりますが、背丈の割りには黒駒が貧弱なのは愛嬌でしょう。

     聖徳太子と云えども、ここ安堵町の太子様は身の丈12メートルという天をつくようなご立派な体格です。安堵町は案山子で町おこしとやらで、至る所に案山子が生息しています。幼稚園の立ち番かと思えば案山子・・・であっと驚くこともありますが、この聖徳太子様は遙か彼方からでも存在がわかります。お顔の向きからは、法隆寺へ向けて出勤されている途中と分かりますが、背丈の割りには黒駒が貧弱なのは愛嬌でしょう。

  •  太子の脇では、雪だるまに興じる童も。春爛漫になったらどの様な新案山子達がデビューするか楽しみですね。<br /><br /> 雪が解けそうな雪だるま。

     太子の脇では、雪だるまに興じる童も。春爛漫になったらどの様な新案山子達がデビューするか楽しみですね。

     雪が解けそうな雪だるま。

14いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

旅行記グループ

大和を旅する

この旅行で行ったスポット

旅の計画・記録

マイルに交換できるフォートラベルポイントが貯まる
フォートラベルポイントって?

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

この旅行記の地図

拡大する

信貴山の人気ホテルランキング

PAGE TOP

ピックアップ特集