扶余 旅行記(ブログ) 一覧に戻る

百済王国の滅亡の地、白馬江の崖の中腹に建つ皐蘭寺見学の続きです。百済滅亡の時の壁画などを見学しました。<br />

2008春、韓国紀行18(14):3月25日(7)扶余・皐蘭寺、壁画、地蔵尊

15いいね!

2008/03/23 - 2008/03/26

15位(同エリア87件中)

    30

    百済王国の滅亡の地、白馬江の崖の中腹に建つ皐蘭寺見学の続きです。百済滅亡の時の壁画などを見学しました。

    同行者
    一人旅
    交通手段
    観光バス

    PR

    • 高い梢に鳥の巣が懸けられた光景です。カササギの巣のようです。カササギは、高い木がお好きなようです。

      高い梢に鳥の巣が懸けられた光景です。カササギの巣のようです。カササギは、高い木がお好きなようです。

    • 落花岩の側面光景です。平面図でも確認できますが、皐蘭寺は落花岩のすぐ傍に建てられています。

      落花岩の側面光景です。平面図でも確認できますが、皐蘭寺は落花岩のすぐ傍に建てられています。

    • 説明板はありませんでしたが、百済時代の宮殿か寺院の遺物ではないでしょうか。蓮花の文様と、大きさ、古色等で推測されます。周りには、その他の遺物もあるようです。

      説明板はありませんでしたが、百済時代の宮殿か寺院の遺物ではないでしょうか。蓮花の文様と、大きさ、古色等で推測されます。周りには、その他の遺物もあるようです。

    • まじめに修行する小僧さんと尼さんの卵です。その後ろでは、修行をさぼって寝転ぶ小僧さんがいました。

      まじめに修行する小僧さんと尼さんの卵です。その後ろでは、修行をさぼって寝転ぶ小僧さんがいました。

    • 小僧さんや尼さんの卵の人形は、沢山ありました。サボっている小僧さんも一人ではありません。それを後ろで見られているお釈迦様です。

      小僧さんや尼さんの卵の人形は、沢山ありました。サボっている小僧さんも一人ではありません。それを後ろで見られているお釈迦様です。

    • 手を組んで瞑想して地蔵菩薩の石像です。日本では『子供の守り神』として祀られ、『お地蔵さん』と親しみを込めて呼ばれています。

      手を組んで瞑想して地蔵菩薩の石像です。日本では『子供の守り神』として祀られ、『お地蔵さん』と親しみを込めて呼ばれています。

    • 瞑想している地蔵菩薩の横顔です。仏教では、釈迦の入滅後、56億7000万年後に弥勒菩薩が出現するまでの間、現世に仏が不在となってしまうため、その間に衆生を救う菩薩様と考えられています。

      瞑想している地蔵菩薩の横顔です。仏教では、釈迦の入滅後、56億7000万年後に弥勒菩薩が出現するまでの間、現世に仏が不在となってしまうため、その間に衆生を救う菩薩様と考えられています。

    • 皐蘭寺の全景図です。広大に描かれた図ですから、落花岩の上の百花亭も描かれてます。後世に造られた百花亭ですが、百済の時代に別の建物があったかも知れません。

      皐蘭寺の全景図です。広大に描かれた図ですから、落花岩の上の百花亭も描かれてます。後世に造られた百花亭ですが、百済の時代に別の建物があったかも知れません。

    • 日本の奈良時代(?)、皐蘭寺に修行にやって来たとの伝承がある尼僧が描かれた壁画です。左上にはハングル文字の中に、580年の年号も記されています。百済が滅亡する80年ほど前のことです。一般に奈良時代は、710年から794年までとされますから、伝承の奈良時代とは少しずれがあります。

      日本の奈良時代(?)、皐蘭寺に修行にやって来たとの伝承がある尼僧が描かれた壁画です。左上にはハングル文字の中に、580年の年号も記されています。百済が滅亡する80年ほど前のことです。一般に奈良時代は、710年から794年までとされますから、伝承の奈良時代とは少しずれがあります。

    • 660年、新羅・唐連合軍に敗れ、落花岩から身を投げる、三千人とも言われる百済の女官達です。落花岩の謂れとなった光景です。

      660年、新羅・唐連合軍に敗れ、落花岩から身を投げる、三千人とも言われる百済の女官達です。落花岩の謂れとなった光景です。

    • 同じく、新羅・唐連合軍に敗れ、落花岩から身を投げる百済の女官達の光景です。右手には、火を放たれて燃え上がる宮殿の炎が描かれています。

      同じく、新羅・唐連合軍に敗れ、落花岩から身を投げる百済の女官達の光景です。右手には、火を放たれて燃え上がる宮殿の炎が描かれています。

    • 玉座に座られているのは、百済最後の王、義慈王(599-660年)のようです。在位は641年から660年の間でした。王に捧げられているのは、今も枯れない皐蘭水です。吹き出しで、その水が強調されています。<br />

      玉座に座られているのは、百済最後の王、義慈王(599-660年)のようです。在位は641年から660年の間でした。王に捧げられているのは、今も枯れない皐蘭水です。吹き出しで、その水が強調されています。

    • 同じ絵の後方部分です。皐蘭水に浮かべられているのは、シダ類の1種の皐蘭草(コランチョ)です。この場所から組まれたことを証明するために、皐蘭草の葉が浮かべられたとの言い伝えが残ります。左上のハングル文字には、1993年3月1日の日付があります。壁画が描かれた日のようです。

      同じ絵の後方部分です。皐蘭水に浮かべられているのは、シダ類の1種の皐蘭草(コランチョ)です。この場所から組まれたことを証明するために、皐蘭草の葉が浮かべられたとの言い伝えが残ります。左上のハングル文字には、1993年3月1日の日付があります。壁画が描かれた日のようです。

    • 百済を攻める新羅・唐連合軍を描いた図です。唐の太宗が百済を攻めるために選んだ武将は、蘇定方(592-667年)でした。投降した義慈王は、妻子とともに長安に送られ、そのまま中国で病死したとされます。死後、『金紫光 禄大夫・衛尉卿』の爵号が贈られました。

      百済を攻める新羅・唐連合軍を描いた図です。唐の太宗が百済を攻めるために選んだ武将は、蘇定方(592-667年)でした。投降した義慈王は、妻子とともに長安に送られ、そのまま中国で病死したとされます。死後、『金紫光 禄大夫・衛尉卿』の爵号が贈られました。

    • 壁画が描かれた皐蘭寺の裏側の壁面光景です。壁画が描かれてから20年ほどか経っていませんが、観光客への説明用には大いに役立っているようでした。

      壁画が描かれた皐蘭寺の裏側の壁面光景です。壁画が描かれてから20年ほどか経っていませんが、観光客への説明用には大いに役立っているようでした。

    • 日本の奈良時代、皐蘭寺に修行にやって来た尼僧が描かれた壁画の左上に記されていたハングル文字です。580年の文字が記されていました。

      日本の奈良時代、皐蘭寺に修行にやって来た尼僧が描かれた壁画の左上に記されていたハングル文字です。580年の文字が記されていました。

    • 皐蘭寺の境内の片隅の光景です。大きな岩の上に、小さなお坊さん人形が乗っていました。大きな泡の下部がセメントで固められているのは、落花防止かも知れません。その先は通行禁止のようでした。

      皐蘭寺の境内の片隅の光景です。大きな岩の上に、小さなお坊さん人形が乗っていました。大きな泡の下部がセメントで固められているのは、落花防止かも知れません。その先は通行禁止のようでした。

    • 同じく皐蘭寺の境内の片隅の光景です。自然石をそのまま利用して、その上に石塀が築かれていました。

      同じく皐蘭寺の境内の片隅の光景です。自然石をそのまま利用して、その上に石塀が築かれていました。

    • ヤクス(薬水)が湧き出している岩肌の光景です。百済時代には王様が飲まれていたようです。壁に記された白い文字は、薬水と同じ意味の『ヤクムル』でした。

      ヤクス(薬水)が湧き出している岩肌の光景です。百済時代には王様が飲まれていたようです。壁に記された白い文字は、薬水と同じ意味の『ヤクムル』でした。

    • これで、皐蘭寺の見学はお終いです。最初に撮り忘れた本殿の柱の揮毫を、帰りに撮影しておきました。『非空匪色見如来』の文字です。お経の一節のようです。

      これで、皐蘭寺の見学はお終いです。最初に撮り忘れた本殿の柱の揮毫を、帰りに撮影しておきました。『非空匪色見如来』の文字です。お経の一節のようです。

    1件目~20件目を表示(全30件中)

    この旅行記のタグ

      15いいね!

      利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

      この旅行記へのコメント

      ピックアップ特集

      扶余(韓国) で人気のタグ


      PAGE TOP

      ピックアップ特集