シンガポール旅行記(ブログ) 一覧に戻る
シンガポールの動物園&水族館を網羅すべく4泊7日のひとり旅をしてきました。<br /><br />    0日目:羽田空港(https://4travel.jp/travelogue/11547983)<br />    1日目:チャンギ空港→市街地(https://4travel.jp/travelogue/11573862)<br />       ≪River Safari≫ https://4travel.jp/travelogue/11576145<br />               https://4travel.jp/travelogue/11580253<br />               https://4travel.jp/travelogue/11581860<br />               https://4travel.jp/travelogue/11582479<br />       夕食→ホテル(https://4travel.jp/travelogue/11583266)<br />    2日目:街歩き→セントーサ島(https://4travel.jp/travelogue/11586379)<br />       ≪S.E.A Aquarium≫<br />        難破船→南米(https://4travel.jp/travelogue/11587050)<br />        カリブ海→大水槽(https://4travel.jp/travelogue/11589782)<br />        クラゲ→出口(https://4travel.jp/travelogue/11591341)<br />       セントーサ島観光(https://4travel.jp/travelogue/11595026)<br />    3日目:≪Singapore Zoo≫<br />今ココ→    入園→キホオテナガザル<br />        ホワイトタイガー→Splash Safari<br />                   (https://4travel.jp/travelogue/11606334)<br />        オランウータン→RepTopia<br />                   (https://4travel.jp/travelogue/11611439)<br />        ワニ→Fragile Forest(https://4travel.jp/travelogue/11614263)<br />        Wild Africa→Frozen Tundra<br />                   (https://4travel.jp/travelogue/11616322)<br />        RAINFOREST Fights Back SHOW→elephant presentation<br />                   (https://4travel.jp/travelogue/11617019)<br />       夕食→Thumbuakar Performance<br />                   (https://4travel.jp/travelogue/11618407)<br />       ≪Night Safari≫<br />        トラム(https://4travel.jp/travelogue/11619105)<br />        Creatures of the Night Show<br />                   (https://4travel.jp/travelogue/11619557)<br />        徒歩コース(https://4travel.jp/travelogue/11620870)<br />    4日目:ブギス→オーチャード(https://4travel.jp/travelogue/11623177)<br />       マリーナベイサンズ周辺(https://4travel.jp/travelogue/11627725)<br />    5日目:≪Jurong Bird Park≫ https://4travel.jp/travelogue/11628914<br />                  https://4travel.jp/travelogue/11633369<br />                  https://4travel.jp/travelogue/11636923<br />                  https://4travel.jp/travelogue/11638783<br />                  https://4travel.jp/travelogue/11639549<br />                  https://4travel.jp/travelogue/11639824<br />                  https://4travel.jp/travelogue/11641187<br />    6日目:チャンギ空港→羽田空港(https://4travel.jp/travelogue/11641860)<br />    まとめ:お土産、費用(https://4travel.jp/travelogue/11644022/)

動物ずくめのシンガポールひとり旅 13 シンガポール動物園 入園!の部

26いいね!

2019/09/16 - 2019/09/22

2951位(同エリア14129件中)

しろん

しろんさん

この旅行記スケジュールを元に

シンガポールの動物園&水族館を網羅すべく4泊7日のひとり旅をしてきました。

    0日目:羽田空港(https://4travel.jp/travelogue/11547983
    1日目:チャンギ空港→市街地(https://4travel.jp/travelogue/11573862
       ≪River Safari≫ https://4travel.jp/travelogue/11576145
               https://4travel.jp/travelogue/11580253
               https://4travel.jp/travelogue/11581860
               https://4travel.jp/travelogue/11582479
       夕食→ホテル(https://4travel.jp/travelogue/11583266
    2日目:街歩き→セントーサ島(https://4travel.jp/travelogue/11586379
       ≪S.E.A Aquarium≫
        難破船→南米(https://4travel.jp/travelogue/11587050
        カリブ海→大水槽(https://4travel.jp/travelogue/11589782
        クラゲ→出口(https://4travel.jp/travelogue/11591341
       セントーサ島観光(https://4travel.jp/travelogue/11595026
    3日目:≪Singapore Zoo≫
今ココ→    入園→キホオテナガザル
        ホワイトタイガー→Splash Safari
                   (https://4travel.jp/travelogue/11606334
        オランウータン→RepTopia
                   (https://4travel.jp/travelogue/11611439
        ワニ→Fragile Forest(https://4travel.jp/travelogue/11614263
        Wild Africa→Frozen Tundra
                   (https://4travel.jp/travelogue/11616322
        RAINFOREST Fights Back SHOW→elephant presentation
                   (https://4travel.jp/travelogue/11617019
       夕食→Thumbuakar Performance
                   (https://4travel.jp/travelogue/11618407
       ≪Night Safari≫
        トラム(https://4travel.jp/travelogue/11619105
        Creatures of the Night Show
                   (https://4travel.jp/travelogue/11619557
        徒歩コース(https://4travel.jp/travelogue/11620870
    4日目:ブギス→オーチャード(https://4travel.jp/travelogue/11623177
       マリーナベイサンズ周辺(https://4travel.jp/travelogue/11627725
    5日目:≪Jurong Bird Park≫ https://4travel.jp/travelogue/11628914
                  https://4travel.jp/travelogue/11633369
                  https://4travel.jp/travelogue/11636923
                  https://4travel.jp/travelogue/11638783
                  https://4travel.jp/travelogue/11639549
                  https://4travel.jp/travelogue/11639824
                  https://4travel.jp/travelogue/11641187
    6日目:チャンギ空港→羽田空港(https://4travel.jp/travelogue/11641860
    まとめ:お土産、費用(https://4travel.jp/travelogue/11644022/

同行者
一人旅
一人あたり費用
10万円 - 15万円
交通手段
鉄道 高速・路線バス
旅行の手配内容
個別手配

PR

  • 現地3日目。7時30分頃にホテルを出てシンガポール動物園を目指します。<br />今日はリバーサファリに行く時とルートを変えて、CC線の『Bras Basah』駅を利用してみました。<br />『Dhoby Ghaut』行きの電車に乗って、

    現地3日目。7時30分頃にホテルを出てシンガポール動物園を目指します。
    今日はリバーサファリに行く時とルートを変えて、CC線の『Bras Basah』駅を利用してみました。
    『Dhoby Ghaut』行きの電車に乗って、

    ブラス バサー駅

  • 1駅で終点のドビーゴート駅に到着。<br />NS線に乗り換えます。<br />漢字で書くと多美歌…讃美歌みたいで清らかな気持ちになりますね。発音するとハ●ーポッターの妖精の姿が出てくるのですけど(;^ω^)

    1駅で終点のドビーゴート駅に到着。
    NS線に乗り換えます。
    漢字で書くと多美歌…讃美歌みたいで清らかな気持ちになりますね。発音するとハ●ーポッターの妖精の姿が出てくるのですけど(;^ω^)

    ドービー ゴート駅

  • ホームにモニターがあって、あと何分で電車が来るか表示されていました。便利~ヽ(・∀・)ノ<br /><br />カティブ駅まではS$1.17。1駅遠いシティホール駅から乗るよりS$0.5安かったです。

    ホームにモニターがあって、あと何分で電車が来るか表示されていました。便利~ヽ(・∀・)ノ

    カティブ駅まではS$1.17。1駅遠いシティホール駅から乗るよりS$0.5安かったです。

  • シャトルバス(S$1)で動物園へ。

    シャトルバス(S$1)で動物園へ。

    マンダイカティブシャトル バス系

    動物園まで1ドルの高コスパ シャトルバス by しろんさん
  • 9時過ぎにシンガポール動物園に到着しました。(写真は夕方の退園時に撮ったもの)

    9時過ぎにシンガポール動物園に到着しました。(写真は夕方の退園時に撮ったもの)

    シンガポール動物園 テーマパーク・動物園・水族館・植物園

    広い敷地に多くの動物がいる動物園 by しろんさん
  • ゲート付近は、「あれ?こっち動物園で合ってるよね?!」と挙動不審になっちゃうくらい『RAINFOREST LUMINA』一色。シンガポール動物園の名前すらありませんΣ(゚д゚;)<br />レインフォレストルミナは、シンガポール動物園の夜のアトラクション。園内の一部をイルミネーションやプロジェクションマッピングでライトアップしているそうです。動物たちは寝室で休んでいるので会えませんけどね。<br />チケットを購入した時に、これもセットになったプランにするか悩みました。<br />今回の旅行、飛行機は往復深夜便で毎日のように朝早くから歩き回り、夜のイベントはクレーンダンス(昨日)とナイトサファリ(今日)が確定済み。さすがに、これ以上ハードな日程にする勇気はなくて諦めました。

    ゲート付近は、「あれ?こっち動物園で合ってるよね?!」と挙動不審になっちゃうくらい『RAINFOREST LUMINA』一色。シンガポール動物園の名前すらありませんΣ(゚д゚;)
    レインフォレストルミナは、シンガポール動物園の夜のアトラクション。園内の一部をイルミネーションやプロジェクションマッピングでライトアップしているそうです。動物たちは寝室で休んでいるので会えませんけどね。
    チケットを購入した時に、これもセットになったプランにするか悩みました。
    今回の旅行、飛行機は往復深夜便で毎日のように朝早くから歩き回り、夜のイベントはクレーンダンス(昨日)とナイトサファリ(今日)が確定済み。さすがに、これ以上ハードな日程にする勇気はなくて諦めました。

  • パンフレットの表紙もレインフォレストルミナでした(゚Д゚;)

    パンフレットの表紙もレインフォレストルミナでした(゚Д゚;)

  • 園内の地図がコチラ。<br /><br />ドーン!!<br /><br />広い!!!<br /><br />見ただけでわかる圧倒的な広さ!(((((( ;゚Д゚)))))

    園内の地図がコチラ。

    ドーン!!

    広い!!!

    見ただけでわかる圧倒的な広さ!(((((( ;゚Д゚)))))

  • 色んな所で食餌タイムがありますが、全部追っていたら他の動物たちを見てまわる時間が無くなってしまいそうで…こちらは諦めます。<br /><br />シンガポール動物園といえばオランウータンを見ながらの朝食も有名ですね。オランウータンとのツーショットに興味はなかったのでパスしたのですが…。通常の展示場ではオランウータンの姿を満足に見られなかったんです。近くで姿を見る(撮る)だけが目的でも参加すればよかったのかな、と少し後悔しました。<br />ちなみに本日、起きるのが遅れて朝ごはんも食べずに入園しています(;・∀・)

    色んな所で食餌タイムがありますが、全部追っていたら他の動物たちを見てまわる時間が無くなってしまいそうで…こちらは諦めます。

    シンガポール動物園といえばオランウータンを見ながらの朝食も有名ですね。オランウータンとのツーショットに興味はなかったのでパスしたのですが…。通常の展示場ではオランウータンの姿を満足に見られなかったんです。近くで姿を見る(撮る)だけが目的でも参加すればよかったのかな、と少し後悔しました。
    ちなみに本日、起きるのが遅れて朝ごはんも食べずに入園しています(;・∀・)

  • シンガポール動物園編の1話目は、こんな感じで進んでいきます。矢印見辛いですね…(◎_◎;)<br /><br />入園して『TREE TOPS TRAIL』→コビトカバ→イボイノシシ→『AUSTRALASIA』→折り返してバビルサ→マレーバク→コツメカワウソ→テングザル→キホオテナガザル<br /><br />園内の4分の1にもならない…。シンガポール動物園編、一体何話まで続くのでしょうか(・_・;)

    シンガポール動物園編の1話目は、こんな感じで進んでいきます。矢印見辛いですね…(◎_◎;)

    入園して『TREE TOPS TRAIL』→コビトカバ→イボイノシシ→『AUSTRALASIA』→折り返してバビルサ→マレーバク→コツメカワウソ→テングザル→キホオテナガザル

    園内の4分の1にもならない…。シンガポール動物園編、一体何話まで続くのでしょうか(・_・;)

  • ゲートを通って中に入ると、さっそくワタボウシタマリンのお出迎え!<br />サルは放し飼いになっている種もいます。

    ゲートを通って中に入ると、さっそくワタボウシタマリンのお出迎え!
    サルは放し飼いになっている種もいます。

  • 案内看板の上にはシロガオサキ!<br /><br />シンガポール動物園にも当たり前のように日本語表記があるので安心します。

    案内看板の上にはシロガオサキ!

    シンガポール動物園にも当たり前のように日本語表記があるので安心します。

  • 左がメス、右がオスですね。

    左がメス、右がオスですね。

  • ツリートップトレイルは名前のとおり空中回廊になっています。<br /><br />樹上にはフクロテナガザルやブラウンキツネザルがいるとのことですが、園内を自由に行き来しているため会えませんでした。

    ツリートップトレイルは名前のとおり空中回廊になっています。

    樹上にはフクロテナガザルやブラウンキツネザルがいるとのことですが、園内を自由に行き来しているため会えませんでした。

  • 下を覗くと、池の中に巨大なワニがいました。マレーガビアル(別名ガビアルモドキ)です。<br /><br />地上の木立の中にはオオマメジカもいると書かれていたものの、ほぼジャングルのような深い茂みで見つけられず…(;^ω^)

    下を覗くと、池の中に巨大なワニがいました。マレーガビアル(別名ガビアルモドキ)です。

    地上の木立の中にはオオマメジカもいると書かれていたものの、ほぼジャングルのような深い茂みで見つけられず…(;^ω^)

  • 一度アジアゾーンを出てコビトカバの展示場へ。<br />コビトカバに辿り着く前に水槽展示が並んでいました。<br /><br />ベトナムに生息するアンナンガメ。

    一度アジアゾーンを出てコビトカバの展示場へ。
    コビトカバに辿り着く前に水槽展示が並んでいました。

    ベトナムに生息するアンナンガメ。

  • アリゲーターガー。<br /><br />他にもワニガメやマコードナガクビガメ、アフリカンシクリッドなど、アジアに北米にアフリカに…色んな地域の水生生物がいました。

    アリゲーターガー。

    他にもワニガメやマコードナガクビガメ、アフリカンシクリッドなど、アジアに北米にアフリカに…色んな地域の水生生物がいました。

  • そして、いよいよコビトカバが登場!<br /><br />え?<br />3頭もいるんですけど??(コビトカバは通常単独行動です)<br />しかも左の個体、小さくないですか???

    そして、いよいよコビトカバが登場!

    え?
    3頭もいるんですけど??(コビトカバは通常単独行動です)
    しかも左の個体、小さくないですか???

  • ということは、この3頭は父と母と子供なのかな?<br /><br />観覧(人間)側には屋根とベンチがあり、雨宿りスポットです。ガラス面に囲まれて風通しは良くないので暑いかもしれませんけどね(;・∀・)

    ということは、この3頭は父と母と子供なのかな?

    観覧(人間)側には屋根とベンチがあり、雨宿りスポットです。ガラス面に囲まれて風通しは良くないので暑いかもしれませんけどね(;・∀・)

  • 実はシンガポール動物園はコビトカバでとっても有名で、20頭以上の繁殖個体を世界中の動物園に送り出しています。<br />一体、何頭・何ペア飼育しているのでしょうか?<br /><br />日本も例外でなく、<br />いしかわ動物園のヒカル(♂/2010年11月1日生まれ)<br />ニフレルのフルフル(♀/2012年12月17日生まれ)<br />の2頭はシンガポール動物園出身です。

    実はシンガポール動物園はコビトカバでとっても有名で、20頭以上の繁殖個体を世界中の動物園に送り出しています。
    一体、何頭・何ペア飼育しているのでしょうか?

    日本も例外でなく、
    いしかわ動物園のヒカル(♂/2010年11月1日生まれ)
    ニフレルのフルフル(♀/2012年12月17日生まれ)
    の2頭はシンガポール動物園出身です。

  • コビトカバの展示場はメイン通路側にもうひとつありました。

    コビトカバの展示場はメイン通路側にもうひとつありました。

  • こちらは2頭。<br />体格はほぼ同じで、ひとり立ち直前の母仔なのか、ペアリング中のオスとメスなのかは不明です(^_^;)

    こちらは2頭。
    体格はほぼ同じで、ひとり立ち直前の母仔なのか、ペアリング中のオスとメスなのかは不明です(^_^;)

  • イボイノシシ。寝ている姿しか見られませんでした(;^ω^)<br />知名度は高い反面、日本での飼育数は少なく、富士サファリパークと旭山動物園の2ヶ所だけで飼育されています。

    イボイノシシ。寝ている姿しか見られませんでした(;^ω^)
    知名度は高い反面、日本での飼育数は少なく、富士サファリパークと旭山動物園の2ヶ所だけで飼育されています。

  • 園内のメイン通路はトラムが走っています。入園料とは別料金で、1日乗り放題でS$5。<br />公式サイトで購入できる4園チケットの二種類のうち、少しお高い『ParkHopper Plus』にはシンガポール動物園とジュロンバードパークのトラム、リバーサファリのアマゾンリバークエストの乗車券が付いています。私は安さ重視で『4-Park Admission』を購入しているので、残念ながら乗れません。

    園内のメイン通路はトラムが走っています。入園料とは別料金で、1日乗り放題でS$5。
    公式サイトで購入できる4園チケットの二種類のうち、少しお高い『ParkHopper Plus』にはシンガポール動物園とジュロンバードパークのトラム、リバーサファリのアマゾンリバークエストの乗車券が付いています。私は安さ重視で『4-Park Admission』を購入しているので、残念ながら乗れません。

  • オーストラレーシアゾーンへ。こちらはウォークスルー方式です。<br /><br />子供のカンガルーでしょうか? 敷地に入ったらすごい見られました(;^ω^)

    オーストラレーシアゾーンへ。こちらはウォークスルー方式です。

    子供のカンガルーでしょうか? 敷地に入ったらすごい見られました(;^ω^)

  • 室内にあるのはセスジキノボリカンガルーの展示場。エアコンが稼働しているので人間も快適です♪

    室内にあるのはセスジキノボリカンガルーの展示場。エアコンが稼働しているので人間も快適です♪

  • ただし、逆光で写真を撮るのはかな~り厳しいです(´;ω;`)

    ただし、逆光で写真を撮るのはかな~り厳しいです(´;ω;`)

  • 世界中の動物園でも50頭前後しか飼育されていないセスジキノボリカンガルー。<br />日本ではズーラシアで2頭飼育しています。そのうちの1頭モアラ(♂/2013年4月24日生まれ)はシンガポール動物園出身です。

    世界中の動物園でも50頭前後しか飼育されていないセスジキノボリカンガルー。
    日本ではズーラシアで2頭飼育しています。そのうちの1頭モアラ(♂/2013年4月24日生まれ)はシンガポール動物園出身です。

  • なにやらプチイベントもあるようですが、タイミングが合わず参加できませんでした…。

    なにやらプチイベントもあるようですが、タイミングが合わず参加できませんでした…。

  • ウォークスルーを出たところにもいました。こっちは屋外で光は十分ですが、茂みと距離が遠いのとで撮影が難しいです…。

    ウォークスルーを出たところにもいました。こっちは屋外で光は十分ですが、茂みと距離が遠いのとで撮影が難しいです…。

  • 個体情報が公開されていたのは2頭。<br />マカイア(♂/2014年9月26日/アデレード動物園生まれ)<br />ヌペラ(♀/2013年9月4日/タロンガ動物園生まれ)<br />マカイアは生後1ヶ月過ぎに母親が死亡。その後はワラビーに育てられたという経歴の持ち主です。<br /><br />この2頭はモアラと血縁関係はないのでしょうね。先代のペアは亡くなっちゃったのかな…。バックヤードにいればいいですけど。

    個体情報が公開されていたのは2頭。
    マカイア(♂/2014年9月26日/アデレード動物園生まれ)
    ヌペラ(♀/2013年9月4日/タロンガ動物園生まれ)
    マカイアは生後1ヶ月過ぎに母親が死亡。その後はワラビーに育てられたという経歴の持ち主です。

    この2頭はモアラと血縁関係はないのでしょうね。先代のペアは亡くなっちゃったのかな…。バックヤードにいればいいですけど。

  • 入口のほうに戻っていきましょう。<br /><br />メイン通路沿いにあるバビルサの展示場。

    入口のほうに戻っていきましょう。

    メイン通路沿いにあるバビルサの展示場。

  • 特徴的なのは4本のキバですね。ツノではありませんよ。<br />下顎の犬歯が2本、上顎の犬歯が2本です。<br />下顎の犬歯は皮膚を貫通し、上顎の犬歯は上向きに生えちゃう。<br />…謎…。

    特徴的なのは4本のキバですね。ツノではありませんよ。
    下顎の犬歯が2本、上顎の犬歯が2本です。
    下顎の犬歯は皮膚を貫通し、上顎の犬歯は上向きに生えちゃう。
    …謎…。

  • いやぁ、不思議な生物です。<br />『キバが伸びて脳に刺さって死ぬことがある』というエピソードが話題になったバビルサ。実際のところは、羊のツノのように内巻きに伸びるので、それらしい死因が1例あるかないかの都市伝説みたいなお話です。<br /><br />今回会えた個体はキバの先端が不自然に丸くなっていたので、折れちゃったかカットしているのでしょう。

    いやぁ、不思議な生物です。
    『キバが伸びて脳に刺さって死ぬことがある』というエピソードが話題になったバビルサ。実際のところは、羊のツノのように内巻きに伸びるので、それらしい死因が1例あるかないかの都市伝説みたいなお話です。

    今回会えた個体はキバの先端が不自然に丸くなっていたので、折れちゃったかカットしているのでしょう。

  • 写真手前がオス、奥がメス。キバが長くなるのはオスだけです。<br /><br />そんなバビルサ、野生の生息数も動物園などの飼育数も少ない絶滅危惧種。今まで日本で飼育された記録はありません。

    写真手前がオス、奥がメス。キバが長くなるのはオスだけです。

    そんなバビルサ、野生の生息数も動物園などの飼育数も少ない絶滅危惧種。今まで日本で飼育された記録はありません。

  • 隣にいるのはマレーバク。<br />水場を挟んでいますが、人との距離がかなーり近いです。

    隣にいるのはマレーバク。
    水場を挟んでいますが、人との距離がかなーり近いです。

  • 日本では一番飼育数の多いバクで、バクと聞くと大多数が白黒カラーを連想するでしょうね~。<br /><br />5種類いるバクのうち、唯一アジアに生息しています。他のベアードバク、アメリカバク(別名ブラジルバク)、ヤマバク、2013年に発見されたカボマニバク(学名Tapirus kabomani)は中米から南米に生息しています。

    日本では一番飼育数の多いバクで、バクと聞くと大多数が白黒カラーを連想するでしょうね~。

    5種類いるバクのうち、唯一アジアに生息しています。他のベアードバク、アメリカバク(別名ブラジルバク)、ヤマバク、2013年に発見されたカボマニバク(学名Tapirus kabomani)は中米から南米に生息しています。

  • コツメカワウソ。<br />2頭で岩場あり水場ありの展示場を駆け回っていました。<br /><br />コツメカワウソはシンガポール動物園、ナイトサファリ、リバーサファリと3園全てで出会る、たぶん唯一の種。ナイトサファリとリバーサファリはショー出演のみですが。

    コツメカワウソ。
    2頭で岩場あり水場ありの展示場を駆け回っていました。

    コツメカワウソはシンガポール動物園、ナイトサファリ、リバーサファリと3園全てで出会る、たぶん唯一の種。ナイトサファリとリバーサファリはショー出演のみですが。

  • 案内看板。<br />動物にスポンサーがついている場合があるのですが、コツメカワウソはi.JOOZでした。そう、昨日セントーサ島で飲んだオレンジジュース自販機のメーカーです!もちろんこの時まで知らなかったので、偶然の再会に嬉しくなっちゃいました(゚∀゚)

    案内看板。
    動物にスポンサーがついている場合があるのですが、コツメカワウソはi.JOOZでした。そう、昨日セントーサ島で飲んだオレンジジュース自販機のメーカーです!もちろんこの時まで知らなかったので、偶然の再会に嬉しくなっちゃいました(゚∀゚)

  • テングザルのオブジェ。<br />入園した時はカワウソに視線を奪われて気付かなかったんですよね(;^ω^)<br /><br />小道を進んでいくと…

    テングザルのオブジェ。
    入園した時はカワウソに視線を奪われて気付かなかったんですよね(;^ω^)

    小道を進んでいくと…

  • アクリル張りの展示場が出現!<br />観覧側は小屋の中で雨風を凌げるようになっています。<br /><br />泳いでいるのはアジアアロワナ。

    アクリル張りの展示場が出現!
    観覧側は小屋の中で雨風を凌げるようになっています。

    泳いでいるのはアジアアロワナ。

  • 陸上部分にはシロクロコサイチョウ。

    陸上部分にはシロクロコサイチョウ。

  • そして奥のほうにテングザル!<br />ボルネオ島にしか生息していない固有種ですね。<br />テングザルは日本だとズーラシアにいます。インドネシアのスラバヤ動物園からやってきた5頭からはじまり、繁殖にも成功しています。冬季は非展示なので要注意です。

    そして奥のほうにテングザル!
    ボルネオ島にしか生息していない固有種ですね。
    テングザルは日本だとズーラシアにいます。インドネシアのスラバヤ動物園からやってきた5頭からはじまり、繁殖にも成功しています。冬季は非展示なので要注意です。

  • テングザルの小屋を出て奥へ進むと、池がありました。中央には島があって、サルが飼育されているようです。<br />サルの仲間は基本的に濡れるのが苦手なので、水で囲われていれば柵や檻がなくても脱走できない(はず)なんですね。日本でも同じ系統の展示はあるのですが、ここは展示場内の木の茂りっぷりがすごくて本物のジャングルのよう!<br /><br />島で飼育されているのはキホオテナガザル(別名ホオアカテナガザル)。<br />名前のとおり、黄色い頬が真っ黒の体に映えますね。しかし、これはオスだけ。

    テングザルの小屋を出て奥へ進むと、池がありました。中央には島があって、サルが飼育されているようです。
    サルの仲間は基本的に濡れるのが苦手なので、水で囲われていれば柵や檻がなくても脱走できない(はず)なんですね。日本でも同じ系統の展示はあるのですが、ここは展示場内の木の茂りっぷりがすごくて本物のジャングルのよう!

    島で飼育されているのはキホオテナガザル(別名ホオアカテナガザル)。
    名前のとおり、黄色い頬が真っ黒の体に映えますね。しかし、これはオスだけ。

  • メスは頬どころか、ほぼ全身が黄色いのです( ゚д゚)!

    メスは頬どころか、ほぼ全身が黄色いのです( ゚д゚)!

  • 長くて力強い腕を駆使して木の上を飛ぶように移動していきます。<br /><br />隣にはアカエリマキキツネザルがいるとの看板が出ていましたが、何度通っても姿は見えず…。この茂みの中、隠れられたら探しようがありません(;^ω^)<br />アカエリマキキツネザルは野毛山動物園と埼玉県こども動物自然公園の2ヶ所(たぶん)で飼育されていますが、キホオテナガザルは日本にはいません。会えてよかった( ´∀` )

    長くて力強い腕を駆使して木の上を飛ぶように移動していきます。

    隣にはアカエリマキキツネザルがいるとの看板が出ていましたが、何度通っても姿は見えず…。この茂みの中、隠れられたら探しようがありません(;^ω^)
    アカエリマキキツネザルは野毛山動物園と埼玉県こども動物自然公園の2ヶ所(たぶん)で飼育されていますが、キホオテナガザルは日本にはいません。会えてよかった( ´∀` )

26いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

この旅行で行ったスポット

旅の計画・記録

マイルに交換できるフォートラベルポイントが貯まる
フォートラベルポイントって?

シンガポールで使うWi-Fiはレンタルしましたか?

フォートラベル GLOBAL WiFiなら
シンガポール最安 470円/日~

  • 空港で受取・返却可能
  • お得なポイントがたまる

シンガポールの料金プランを見る

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

この旅行記の地図

拡大する

PAGE TOP

ピックアップ特集