シンガポール旅行記(ブログ) 一覧に戻る
シンガポールの動物園&水族館を網羅すべく4泊7日のひとり旅をしてきました。<br /><br />    0日目:羽田空港(https://4travel.jp/travelogue/11547983)<br />    1日目:チャンギ空港→市街地(https://4travel.jp/travelogue/11573862)<br />       ≪River Safari≫<br />        アマゾンの浸水林(https://4travel.jp/travelogue/11576145)<br />        リスザルの森→Once Upon A River<br />                   (https://4travel.jp/travelogue/11580253)<br />        パンダの森→長江(https://4travel.jp/travelogue/11581860)<br />        メコン川→ミシシッピ川(https://4travel.jp/travelogue/11582479)<br />       夕食→ホテル(https://4travel.jp/travelogue/11583266)<br />    2日目:街歩き→セントーサ島(https://4travel.jp/travelogue/11586379)<br />       ≪S.E.A Aquarium≫<br />        難破船→南米(https://4travel.jp/travelogue/11587050)<br />        カリブ海→大水槽(https://4travel.jp/travelogue/11589782)<br />今ココ→    クラゲ→出口<br />       セントーサ島観光<br />    3日目:≪Singapore Zoo≫<br />        入園→キホオテナガザル<br />        ホワイトタイガー→Splash Safari<br />        オランウータン→Reptopia<br />       ≪Night Safari≫<br />    4日目:市内観光<br />    5日目:Jurong Bird Park→チャンギ空港<br />    6日目:羽田空港

動物ずくめのシンガポールひとり旅 11 シーアクアリウム サンゴの庭の部

18いいね!

2019/09/16 - 2019/09/22

4496位(同エリア13906件中)

しろん

しろんさん

シンガポールの動物園&水族館を網羅すべく4泊7日のひとり旅をしてきました。

    0日目:羽田空港(https://4travel.jp/travelogue/11547983
    1日目:チャンギ空港→市街地(https://4travel.jp/travelogue/11573862
       ≪River Safari≫
        アマゾンの浸水林(https://4travel.jp/travelogue/11576145
        リスザルの森→Once Upon A River
                   (https://4travel.jp/travelogue/11580253
        パンダの森→長江(https://4travel.jp/travelogue/11581860
        メコン川→ミシシッピ川(https://4travel.jp/travelogue/11582479
       夕食→ホテル(https://4travel.jp/travelogue/11583266
    2日目:街歩き→セントーサ島(https://4travel.jp/travelogue/11586379
       ≪S.E.A Aquarium≫
        難破船→南米(https://4travel.jp/travelogue/11587050
        カリブ海→大水槽(https://4travel.jp/travelogue/11589782
今ココ→    クラゲ→出口
       セントーサ島観光
    3日目:≪Singapore Zoo≫
        入園→キホオテナガザル
        ホワイトタイガー→Splash Safari
        オランウータン→Reptopia
       ≪Night Safari≫
    4日目:市内観光
    5日目:Jurong Bird Park→チャンギ空港
    6日目:羽田空港

同行者
一人旅
旅行の手配内容
個別手配

PR

  • 大水槽を抜けると、日本でも流行中のクラゲが登場しました。

    大水槽を抜けると、日本でも流行中のクラゲが登場しました。

    シーアクアリウム テーマパーク・動物園・水族館・植物園

    東南アジアを代表する水族館 by しろんさん
  • ミズクラゲ。

    ミズクラゲ。

  • カラフルなライトアップはシンガポールでも健在ですね。

    カラフルなライトアップはシンガポールでも健在ですね。

  • 深海魚コーナーです。<br /><br />世界最大のカニ、タカアシガニ。<br />日本の水族館ではレギュラーメンバーですが、日本近海にしか生息しておらず海外で飼育されている数は多くありません。

    深海魚コーナーです。

    世界最大のカニ、タカアシガニ。
    日本の水族館ではレギュラーメンバーですが、日本近海にしか生息しておらず海外で飼育されている数は多くありません。

  • サギフエとハナダイの仲間かな?

    サギフエとハナダイの仲間かな?

  • 天井に張りついているミズダコ。

    天井に張りついているミズダコ。

  • ミナミハンドウイルカの水槽です。<br />観覧窓は小さなものが2ヶ所しかありませんが…。

    ミナミハンドウイルカの水槽です。
    観覧窓は小さなものが2ヶ所しかありませんが…。

  • 奥行きも水深もある広~い水槽!<br />3頭のイルカがいました。<br />別施設にふれあいプログラムがあるので、もっと飼育されているはずです。

    奥行きも水深もある広~い水槽!
    3頭のイルカがいました。
    別施設にふれあいプログラムがあるので、もっと飼育されているはずです。

  • 反対側には小さなお土産屋さんと売店がありました。<br />売店の品揃えは大水槽脇と同じくらいでしたが、周囲にはほとんど座る場所もなく…購入した人はどこで食べるのでしょうか?

    反対側には小さなお土産屋さんと売店がありました。
    売店の品揃えは大水槽脇と同じくらいでしたが、周囲にはほとんど座る場所もなく…購入した人はどこで食べるのでしょうか?

  • 『LIVING FOSSILS』。生きた化石といえばもちろん…<br />

    『LIVING FOSSILS』。生きた化石といえばもちろん…

  • シーアクアリウムにもいました。アリゲーターガー!<br />通常色とプラチナアリゲーターガーです。

    シーアクアリウムにもいました。アリゲーターガー!
    通常色とプラチナアリゲーターガーです。

  • リバーサファリにいた個体より何倍も小柄です。<br />このままでは最大サイズまで飼育できないので、大きくなったら別の水槽に移すのかな?<br />あ、水位を上げればいいのか( ゚д゚)

    リバーサファリにいた個体より何倍も小柄です。
    このままでは最大サイズまで飼育できないので、大きくなったら別の水槽に移すのかな?
    あ、水位を上げればいいのか( ゚д゚)

  • もう一種の生きた化石はヘラチョウザメ。<br />リバーサファリにいたチョウザメとは親戚ですが別の種類です。

    もう一種の生きた化石はヘラチョウザメ。
    リバーサファリにいたチョウザメとは親戚ですが別の種類です。

  • 大きな口を開けてプランクトンなどを食べます。<br />17時30分過ぎに通りかかると、ちょうど食餌タイムでした。ダイバーさんがヘラチョウザメの目の前にプランクトンを撒きますが…<br /><br />食べない!<br />残念!!

    大きな口を開けてプランクトンなどを食べます。
    17時30分過ぎに通りかかると、ちょうど食餌タイムでした。ダイバーさんがヘラチョウザメの目の前にプランクトンを撒きますが…

    食べない!
    残念!!

  • 最初のほうでチラッと登場した吹き抜けの円柱水槽『CORAL GARDEN』。<br />近くにタッチプールもありました。

    最初のほうでチラッと登場した吹き抜けの円柱水槽『CORAL GARDEN』。
    近くにタッチプールもありました。

  • インド洋周辺に生息する魚たちが飼育されています。<br />ちょうど水槽のお掃除中ですね。

    インド洋周辺に生息する魚たちが飼育されています。
    ちょうど水槽のお掃除中ですね。

  • サンゴの庭の名前どおり、たくさんのサンゴがレイアウトされています。

    サンゴの庭の名前どおり、たくさんのサンゴがレイアウトされています。

  • 手前で群れている黒ストライプの魚がハタタテダイかムレハタタテダイ。<br />サンゴの隙間でニョロニョロしてるのがニセゴイシウツボ。と、1匹だけドクウツボ。

    手前で群れている黒ストライプの魚がハタタテダイかムレハタタテダイ。
    サンゴの隙間でニョロニョロしてるのがニセゴイシウツボ。と、1匹だけドクウツボ。

  • クロハギ。

    クロハギ。

  • ソーハルサージョンフィッシュ(たぶん)。<br />紅海の固有種だそうです。

    ソーハルサージョンフィッシュ(たぶん)。
    紅海の固有種だそうです。

  • 黄色い魚はチョウハン。

    黄色い魚はチョウハン。

  • ヒフキアイゴっぽいけれど体色が全然違う…。<br />調べたところ、たぶんアンダマンフォックスフェイスです。ほとんど尾鰭がなくなっちゃってますけど。<br />アンダマン海(タイの西の海)の固有種だそうです。

    ヒフキアイゴっぽいけれど体色が全然違う…。
    調べたところ、たぶんアンダマンフォックスフェイスです。ほとんど尾鰭がなくなっちゃってますけど。
    アンダマン海(タイの西の海)の固有種だそうです。

  • んん? 何やら視線が…。

    んん? 何やら視線が…。

  • メガネモチノウオとドクウツボ(たぶん)が寄り添ってました。

    メガネモチノウオとドクウツボ(たぶん)が寄り添ってました。

  • いや、君たち仲良いね!?Σ(・ω・ノ)ノ

    いや、君たち仲良いね!?Σ(・ω・ノ)ノ

  • 『FOCUS LENS』。<br />アクリルが一部だけ凸になっていて小さな魚を拡大して観察できるようになっています。

    『FOCUS LENS』。
    アクリルが一部だけ凸になっていて小さな魚を拡大して観察できるようになっています。

  • タイガーテールシーホース。<br /><br />同じ水槽にロングスノートシーホース(カリビアンシーホース)もいるとのことですが、これは…2匹とも同じ種…ですよね…?

    タイガーテールシーホース。

    同じ水槽にロングスノートシーホース(カリビアンシーホース)もいるとのことですが、これは…2匹とも同じ種…ですよね…?

  • これは…なんの水槽だったかな(;&#39;&#39;∀&#39;&#39;)

    これは…なんの水槽だったかな(;''∀'')

  • オレンジ色が鮮やかなキンメモドキの群れ。<br />下にいるハリセンボンはストライプトバーフィッシュです。<br /><br />

    オレンジ色が鮮やかなキンメモドキの群れ。
    下にいるハリセンボンはストライプトバーフィッシュです。

  • たくさんの貝。<br />あれ?<br />…これオオシャコガイっぽいですね!?

    たくさんの貝。
    あれ?
    …これオオシャコガイっぽいですね!?

  • 足元にも水槽が!

    足元にも水槽が!

  • 左はシマネコザメ。<br />右はほぼシルエットになっていますが日本の水族館でもよく飼育されているネコザメだと思います。

    左はシマネコザメ。
    右はほぼシルエットになっていますが日本の水族館でもよく飼育されているネコザメだと思います。

  • 東南アジアの淡水水槽。<br />上のほうで、観賞魚としても人気のある透明な魚トランスルーセントグラスキャットフィッシュが群れています。

    東南アジアの淡水水槽。
    上のほうで、観賞魚としても人気のある透明な魚トランスルーセントグラスキャットフィッシュが群れています。

  • その先には再びお土産屋さんが登場。こちらの方が規模が大きかったです。

    その先には再びお土産屋さんが登場。こちらの方が規模が大きかったです。

  • シーアクアリウムの最後を飾るのは、最初に見た難破船水槽。<br />裏側がトンネルになっていました。

    シーアクアリウムの最後を飾るのは、最初に見た難破船水槽。
    裏側がトンネルになっていました。

  • 小さな魚たちが隠れています。<br /><br />途中外に出ながらも開館から閉館時間近くまで滞在しました。再入館用に手にスタンプを押してもらっていたのですが、入口ではチケットを要求され…(二回再入館して二回とも)。正解はどっちだったのでしょうね?(;&#39;∀&#39;)

    小さな魚たちが隠れています。

    途中外に出ながらも開館から閉館時間近くまで滞在しました。再入館用に手にスタンプを押してもらっていたのですが、入口ではチケットを要求され…(二回再入館して二回とも)。正解はどっちだったのでしょうね?(;'∀')

  • 日本では見られない魚がたくさん見られて、マニア的には大満足。<br />ですが、日本の水族館を基準にして「海外なんだからもっとスゴイものが見られるだろう」と期待していくと拍子抜けするかもしれません。<br /><br />なぜなら、日本の水族館密度は世界一。それぞれの施設がイベントや展示の仕方などを切磋琢磨してきた結果、独自の進化を遂げてきました。水族館=テーマパークと考えている人が多いですよね。

    日本では見られない魚がたくさん見られて、マニア的には大満足。
    ですが、日本の水族館を基準にして「海外なんだからもっとスゴイものが見られるだろう」と期待していくと拍子抜けするかもしれません。

    なぜなら、日本の水族館密度は世界一。それぞれの施設がイベントや展示の仕方などを切磋琢磨してきた結果、独自の進化を遂げてきました。水族館=テーマパークと考えている人が多いですよね。

  • 海外の水族館は基本的に博物館としての役割が強く、動物福祉が進んでいるので大型種や鯨類は飼育のハードルも高いです。<br /><br />シーアクアリウムもリゾート地にあるけれど、どちらかと問われればテーマパークではなく博物館。ショーがなければプロジェクションマッピングもありません。<br />隣接するアドベンチャーコーブウォーターパークにはイルカや魚と泳げるプログラムがありますけどね。

    海外の水族館は基本的に博物館としての役割が強く、動物福祉が進んでいるので大型種や鯨類は飼育のハードルも高いです。

    シーアクアリウムもリゾート地にあるけれど、どちらかと問われればテーマパークではなく博物館。ショーがなければプロジェクションマッピングもありません。
    隣接するアドベンチャーコーブウォーターパークにはイルカや魚と泳げるプログラムがありますけどね。

  • 気になることがひとつ。<br />水族館の外から中の様子が一切見られないんですよ。<br />水槽の中には自然光がたっぷり入っていたので地上からも見えると思ったのですが…。

    気になることがひとつ。
    水族館の外から中の様子が一切見られないんですよ。
    水槽の中には自然光がたっぷり入っていたので地上からも見えると思ったのですが…。

  • 気になりすぎてグーグル先生に聞いてみました。<br />シーアクアリウム内にストリートビューが入っていて、すぐに謎が解決!まだ海洋博物館と繋がっていた時代の館内が見られて感動しちゃいました(^ω^)<br /><br />右の建物が入口(水族館は入口があるだけで、赤い建物の中は海洋博物館だと思われます)。そこから一番奥の大水槽まで、写真を横断するように順路が通っていました。<br />水族館のほとんどが、アドベンチャーコーブウォーターパークの地下にあるってこと( ゚д゚)!?<br />ひ…広い…!!

    気になりすぎてグーグル先生に聞いてみました。
    シーアクアリウム内にストリートビューが入っていて、すぐに謎が解決!まだ海洋博物館と繋がっていた時代の館内が見られて感動しちゃいました(^ω^)

    右の建物が入口(水族館は入口があるだけで、赤い建物の中は海洋博物館だと思われます)。そこから一番奥の大水槽まで、写真を横断するように順路が通っていました。
    水族館のほとんどが、アドベンチャーコーブウォーターパークの地下にあるってこと( ゚д゚)!?
    ひ…広い…!!

  • シーアクアリウムを完全制覇するには、コチラにも入る必要があるのかもしれません…ね? いや~、ひとりで入るのは…さすがに勇気が…( ;∀;)

    シーアクアリウムを完全制覇するには、コチラにも入る必要があるのかもしれません…ね? いや~、ひとりで入るのは…さすがに勇気が…( ;∀;)

    アドベンチャー コーブ ウォーターパーク テーマパーク・動物園・水族館・植物園

18いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

この旅行で行ったスポット

マイルに交換できるフォートラベルポイントがたまります。
フォートラベルポイントって?

シンガポールで使うWi-Fiはレンタルしましたか?

フォートラベル GLOBAL WiFiなら
シンガポール最安 40円/日~

  • 空港で受取・返却可能
  • お得なポイントがたまる

シンガポールの料金プランを見る

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

この旅行記の地図

拡大する

PAGE TOP

ピックアップ特集