秋田市旅行記(ブログ) 一覧に戻る
山形県の鶴岡を後にして秋田へと向かう特急いなほ号グリーン車の旅です。<br />足元が広々で、前後の座席の間に間仕切りのあるプライベート感のある快適な座席でした。<br />特急いなほ号は羽越本線を日本海沿いに北上するので時折海が見えたり山が見えたり川が見えたりと風光明媚な車窓を楽しませてくれました。

真夏の東北三県巡り(8)特急いなほ号グリーン車の快適さがすごい!

80いいね!

2019/08/08 - 2019/08/08

34位(同エリア619件中)

旅行記グループ 真夏の東北三県巡り

0

52

山形県の鶴岡を後にして秋田へと向かう特急いなほ号グリーン車の旅です。
足元が広々で、前後の座席の間に間仕切りのあるプライベート感のある快適な座席でした。
特急いなほ号は羽越本線を日本海沿いに北上するので時折海が見えたり山が見えたり川が見えたりと風光明媚な車窓を楽しませてくれました。

旅行の満足度
5.0
観光
5.0
交通
5.0
同行者
一人旅
交通手段
JR特急
旅行の手配内容
個別手配

PR

  • 8月8日午前10時。<br />JR羽越本線の鶴岡駅(山形県)。

    8月8日午前10時。
    JR羽越本線の鶴岡駅(山形県)。

    鶴岡駅

  • 10時17分発の特急いなほ1号秋田行きに乗ります。

    10時17分発の特急いなほ1号秋田行きに乗ります。

  • 改札を入ってすぐの1番線にはちょうど上り普通列車村上行きが入ってきたところでした。<br />レトロな国鉄急行色に塗られたディーゼルカーに一瞬オッ?と思いましたが。

    改札を入ってすぐの1番線にはちょうど上り普通列車村上行きが入ってきたところでした。
    レトロな国鉄急行色に塗られたディーゼルカーに一瞬オッ?と思いましたが。

  • キハ47という国鉄時代に作られた普通列車用のディーゼルカーでオリジナルの色は朱色一色だったはずです。<br />一部の鉄道ファンからは「なんちゃって急行色」などと呼ばれているみたいです。<br />定刻より少し遅れて出発して行きました。

    キハ47という国鉄時代に作られた普通列車用のディーゼルカーでオリジナルの色は朱色一色だったはずです。
    一部の鉄道ファンからは「なんちゃって急行色」などと呼ばれているみたいです。
    定刻より少し遅れて出発して行きました。

  • あらためて鶴岡駅の駅名標を撮っておきます。<br />一番線(上り)ホームのものなので矢印の先の駅名が羽前大山になっています。

    あらためて鶴岡駅の駅名標を撮っておきます。
    一番線(上り)ホームのものなので矢印の先の駅名が羽前大山になっています。

  • 2面3線の鶴岡駅を跨線橋の上から

    2面3線の鶴岡駅を跨線橋の上から

  • 3番線に特急いなほ1号秋田行きが入ってきました。<br />この列車は新潟駅を8時22分に出発して2時間近く走ってここ鶴岡駅に10時16分着。<br />東京駅6時8分発の上越新幹線初列車に乗ってくれば新潟駅で乗り継ぐことができることになります。

    3番線に特急いなほ1号秋田行きが入ってきました。
    この列車は新潟駅を8時22分に出発して2時間近く走ってここ鶴岡駅に10時16分着。
    東京駅6時8分発の上越新幹線初列車に乗ってくれば新潟駅で乗り継ぐことができることになります。

    特急 いなほ 乗り物

  • E653系という車両です。最近の車両には疎くて。<br />色も何種類かあるみたいです。

    E653系という車両です。最近の車両には疎くて。
    色も何種類かあるみたいです。

  • 7両編成の先頭1号車がグリーン車です。

    7両編成の先頭1号車がグリーン車です。

  • 1号車グリーン車に乗り込みます。

    1号車グリーン車に乗り込みます。

  • 横3席のシートが6列。定員はたったの18人と他のグリーン車をはるかにしのぐゆったりさ。<br />前後のシート間隔も破格の1820mm。なんと普通車の2倍!<br />シート前後には木目調の仕切り板があってプライベート感があります。

    横3席のシートが6列。定員はたったの18人と他のグリーン車をはるかにしのぐゆったりさ。
    前後のシート間隔も破格の1820mm。なんと普通車の2倍!
    シート前後には木目調の仕切り板があってプライベート感があります。

  • 2人がけ席

    2人がけ席

  • 木目調の間仕切り

    木目調の間仕切り

  • ひじ掛け下にはコンセント<br /><br />鶴岡出発時点ではグリーン車は定員18人に対して私も含めて4人だけの乗車。<br />ペットボトルが置きっぱなしの席もあったのでここまではもう少し乗っていた形跡はあるのですが。すいています。

    ひじ掛け下にはコンセント

    鶴岡出発時点ではグリーン車は定員18人に対して私も含めて4人だけの乗車。
    ペットボトルが置きっぱなしの席もあったのでここまではもう少し乗っていた形跡はあるのですが。すいています。

  • グリーン車内にはフリーの展望スペースがありました。<br />でもそもそもが快適な座席だからこれ、いるのかなぁ?

    グリーン車内にはフリーの展望スペースがありました。
    でもそもそもが快適な座席だからこれ、いるのかなぁ?

  • 鶴岡ー秋田 間の特急券+グリーン券は3,400円。<br />普通車指定席とグリーン車の差額1、340円(繁忙期の鶴岡ー秋田 間)の追加でこのグレードUPならグリーン車を選びたくなっちゃいます。

    鶴岡ー秋田 間の特急券+グリーン券は3,400円。
    普通車指定席とグリーン車の差額1、340円(繁忙期の鶴岡ー秋田 間)の追加でこのグレードUPならグリーン車を選びたくなっちゃいます。

  • 定刻10時17分に鶴岡駅を出発しました。<br />秋田まで2時間弱の優雅な電車の旅です。

    定刻10時17分に鶴岡駅を出発しました。
    秋田まで2時間弱の優雅な電車の旅です。

    JR羽越本線 乗り物

  • 鶴岡駅を出るとすぐに赤川の支流を渡り。

    鶴岡駅を出るとすぐに赤川の支流を渡り。

  • 続いて赤川を渡ります。

    続いて赤川を渡ります。

  • 米どころ、庄内平野を快走します。

    米どころ、庄内平野を快走します。

  • 余目駅10時27分着。

    余目駅10時27分着。

    余目駅

  • 映画「おくりびと」のロケ地になった駅であることを示す看板がありました。

    映画「おくりびと」のロケ地になった駅であることを示す看板がありました。

  • 日本三大急流に数えられる最上川。<br />米沢付近を源流として山形県内を流れ下って酒田市で海に注ぎます。

    日本三大急流に数えられる最上川。
    米沢付近を源流として山形県内を流れ下って酒田市で海に注ぎます。

  • 酒田駅手前で新井田川を渡ります。

    酒田駅手前で新井田川を渡ります。

  • 酒田駅構内には”新潟色”に塗られた気動車キハ47がいました。

    酒田駅構内には”新潟色”に塗られた気動車キハ47がいました。

  • 酒田駅。10時35分着。

    酒田駅。10時35分着。

    酒田駅

  • 右側にはキハ110<br />新旧様々な車両が見られます。

    右側にはキハ110
    新旧様々な車両が見られます。

  • 酒田駅を出ると酒田港に向かう貨物線が左側へ分岐して行きました。

    酒田駅を出ると酒田港に向かう貨物線が左側へ分岐して行きました。

  • なんだか北海道の美瑛の丘を思わせるような風景。

    なんだか北海道の美瑛の丘を思わせるような風景。

  • 遊佐駅。10時47分着。

    遊佐駅。10時47分着。

    遊佐駅

  • 月光川

    月光川

  • 山形・秋田県境にそびえる出羽富士ともよばれる鳥海山が見えてきました。

    山形・秋田県境にそびえる出羽富士ともよばれる鳥海山が見えてきました。

    鳥海山(出羽富士) 自然・景勝地

  • 吹浦付近で海が見えてきました。

    吹浦付近で海が見えてきました。

  • 日本海です。

    日本海です。

  • このあたり風力発電の風車が多い。<br />日本海からの風が強いということでしょうか?

    このあたり風力発電の風車が多い。
    日本海からの風が強いということでしょうか?

  • しばらく海を見ながら走ります。

    しばらく海を見ながら走ります。

  • 山形県側最後の駅、女鹿(めが)という小さな駅を通過。<br />秋田県には男鹿という駅もありますね。<br />めでたく雌雄そってますね。w

    山形県側最後の駅、女鹿(めが)という小さな駅を通過。
    秋田県には男鹿という駅もありますね。
    めでたく雌雄そってますね。w

    女鹿駅

  • 再び海沿いへ

    再び海沿いへ

  • 山形・秋田県県境付近にある三崎公園沿いを行きます。

    山形・秋田県県境付近にある三崎公園沿いを行きます。

  • 三崎公園

    三崎公園

  • 象潟駅11時8分着。<br />すでに秋田県に入っています。

    象潟駅11時8分着。
    すでに秋田県に入っています。

    象潟駅

  • 象潟駅を出て少し走るとポッコリとした丘が散見されます。<br />「陸の松島」と呼ばれる九十九島の一部かな。

    象潟駅を出て少し走るとポッコリとした丘が散見されます。
    「陸の松島」と呼ばれる九十九島の一部かな。

    天然記念物象潟九十九島 自然・景勝地

  • 仁賀保駅。11時18分着。

    仁賀保駅。11時18分着。

    仁賀保駅

  • レンガの駅舎がちらりと見えました。

    レンガの駅舎がちらりと見えました。

  • この駅で上り特急いなほ8号と行き違い。<br />羽越本線は単線と複線が入り混じった路線なので駅での行き違い待ちもあります。

    この駅で上り特急いなほ8号と行き違い。
    羽越本線は単線と複線が入り混じった路線なので駅での行き違い待ちもあります。

  • また日本海が見えてきました。

    また日本海が見えてきました。

  • 工事中の羽後本荘駅。11時29分着。<br />ここからは矢島駅へ向かう第3セクター由利高原鉄道鳥海山ろく線が分岐しています。<br />いつだったか忘れましたが、ずっとむかーし、一所懸命に鉄ちゃんしてた頃に終点まで乗りに行ったかすかな記憶があります。

    工事中の羽後本荘駅。11時29分着。
    ここからは矢島駅へ向かう第3セクター由利高原鉄道鳥海山ろく線が分岐しています。
    いつだったか忘れましたが、ずっとむかーし、一所懸命に鉄ちゃんしてた頃に終点まで乗りに行ったかすかな記憶があります。

  • 子吉川(こよしがわ)を渡ります。<br />子吉川と聞いて思い出しました。<br />かつて秋田付近で「こよし」という愛称の快速が走っていたっけ。<br />いつの間にかなくなっちゃったのかな?

    子吉川(こよしがわ)を渡ります。
    子吉川と聞いて思い出しました。
    かつて秋田付近で「こよし」という愛称の快速が走っていたっけ。
    いつの間にかなくなっちゃったのかな?

  • 日本海にそそぐ小さな川を渡りながら快走!

    日本海にそそぐ小さな川を渡りながら快走!

  • 秋田市内を流れる雄物川。

    秋田市内を流れる雄物川。

  • 右側から奥羽本線の線路が合流して

    右側から奥羽本線の線路が合流して

  • 終点秋田。12時3分着。<br /><br />鶴岡ー秋田間132.3Kmを1時間46分。表定速度74.9Km/hは途中に単線区間もあることを考えるとまずまずの走りっぷりでした。<br />日本海縦貫線の健在ぶりを窺わせます。<br />その上、とても快適で車窓の楽しい電車の旅でした。<br /><br />(つづく)<br />

    終点秋田。12時3分着。

    鶴岡ー秋田間132.3Kmを1時間46分。表定速度74.9Km/hは途中に単線区間もあることを考えるとまずまずの走りっぷりでした。
    日本海縦貫線の健在ぶりを窺わせます。
    その上、とても快適で車窓の楽しい電車の旅でした。

    (つづく)

80いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

旅行記グループ

真夏の東北三県巡り

この旅行で行ったスポット

マイルに交換できるフォートラベルポイントがたまります。
フォートラベルポイントって?

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

この旅行記の地図

拡大する

PAGE TOP

ピックアップ特集