秋田市旅行記(ブログ) 一覧に戻る
リゾートしらかみ号は秋田駅から青森駅までを結ぶリゾート列車です。<br />日本海沿いを通る五能線を経由するので風光明媚な車窓を楽しむことができます。<br />車内には、イベントスペースや展望スペース、売店、セミコンパートメント席などもある楽しい列車です。<br /><br />今回の旅では、秋田からリゾートしらかみ1号に乗車して弘前で降り、次の日に同じくリゾートしらかみ1号に弘前から青森まで乗りました。<br />写真の枚数が多いので記事を分けて掲載させていただきます。<br /><br />(その1)では、秋田から能代までをレポートします。<br />偶然取れたのがセミコンパートメント席でしたのであわせて車内の様子もご紹介します。<br />能代駅では長めの停車時間に多くの乗客がホームに降りて弁当を買い求めたりバスケットゴールにシュートをして楽しんだり。

真夏の東北三県巡り(12)リゾートしらかみの旅(その1)秋田~能代

109いいね!

2019/08/09 - 2019/08/09

25位(同エリア645件中)

旅行記グループ 真夏の東北三県巡り

2

53

リゾートしらかみ号は秋田駅から青森駅までを結ぶリゾート列車です。
日本海沿いを通る五能線を経由するので風光明媚な車窓を楽しむことができます。
車内には、イベントスペースや展望スペース、売店、セミコンパートメント席などもある楽しい列車です。

今回の旅では、秋田からリゾートしらかみ1号に乗車して弘前で降り、次の日に同じくリゾートしらかみ1号に弘前から青森まで乗りました。
写真の枚数が多いので記事を分けて掲載させていただきます。

(その1)では、秋田から能代までをレポートします。
偶然取れたのがセミコンパートメント席でしたのであわせて車内の様子もご紹介します。
能代駅では長めの停車時間に多くの乗客がホームに降りて弁当を買い求めたりバスケットゴールにシュートをして楽しんだり。

旅行の満足度
5.0
観光
5.0
ショッピング
5.0
交通
5.0
同行者
一人旅
交通手段
JRローカル
旅行の手配内容
個別手配

PR

  • リゾートしらかみ1号の旅。<br />この記事では秋田駅から奥羽本線を走り、東能代駅から五能線に入って能代駅までをレポートします。

    リゾートしらかみ1号の旅。
    この記事では秋田駅から奥羽本線を走り、東能代駅から五能線に入って能代駅までをレポートします。

  • 8月9日午前8時前の秋田駅。<br />竿灯まつり風の提灯が飾られています。

    8月9日午前8時前の秋田駅。
    竿灯まつり風の提灯が飾られています。

    秋田駅

  • 活気のあった朝の秋田駅。

    活気のあった朝の秋田駅。

  • ”弁当難民”になりたくなかったので改札手前右側にあったNEWDAYSで駅弁を買っておきます。<br />秋田駅の老舗関根屋のお弁当もありました。

    ”弁当難民”になりたくなかったので改札手前右側にあったNEWDAYSで駅弁を買っておきます。
    秋田駅の老舗関根屋のお弁当もありました。

    ニューデイズ 秋田中央口 グルメ・レストラン

  • 改札口を通って、エスカレーターの前に「リゾートしらかみ」と書かれた2番線へ向かいます。

    改札口を通って、エスカレーターの前に「リゾートしらかみ」と書かれた2番線へ向かいます。

  • 五能線をイメージしたパネルのあるホーム。

    五能線をイメージしたパネルのあるホーム。

  • 午前8時頃。リゾートしらかみ1号が回送で入ってきました。

    午前8時頃。リゾートしらかみ1号が回送で入ってきました。

  • やって来たのは3編成あるリゾートしらかみの内、最新の橅(ぶな)編成。<br />緑色は世界遺産白神山地のブナ林をイメージ。

    やって来たのは3編成あるリゾートしらかみの内、最新の橅(ぶな)編成。
    緑色は世界遺産白神山地のブナ林をイメージ。

    リゾートしらかみ 乗り物

    秋田ー青森間を五能線経由で、日本海の景色やおもてなしが楽しい by HAPPINさん
  • 側面にもブナの木が描かれています。<br />車体の「HB-E300-5」のHBはハイブリッド車両を表し、ディーゼルエンジンと発電機、蓄電池を搭載した車両です。

    側面にもブナの木が描かれています。
    車体の「HB-E300-5」のHBはハイブリッド車両を表し、ディーゼルエンジンと発電機、蓄電池を搭載した車両です。

  • 指定された2号車に乗車します。

    指定された2号車に乗車します。

  • 4両の内、2号車だけがボックス席と呼ばれるセミコンパートメント室。<br />4人用の区画が9室並びます。

    4両の内、2号車だけがボックス席と呼ばれるセミコンパートメント室。
    4人用の区画が9室並びます。

  • 海の見える窓側に座りたかったので、A席で予約したところ偶然この席が割り当てられました。<br />他の人と相席だと気まずいな、と思いましたが、下車する弘前までこの区画を独り占めという幸運に恵まれました。<br />ブナの木を利用したブナコ照明も備え付けられています。<br />

    海の見える窓側に座りたかったので、A席で予約したところ偶然この席が割り当てられました。
    他の人と相席だと気まずいな、と思いましたが、下車する弘前までこの区画を独り占めという幸運に恵まれました。
    ブナの木を利用したブナコ照明も備え付けられています。

  • 通路には停車する各駅名が描かれています。

    通路には停車する各駅名が描かれています。

  • セミコンパートメントの仕切りには小さな窓があって開放感があります。

    セミコンパートメントの仕切りには小さな窓があって開放感があります。

  • 車内には持ち帰ることができる「五能線の旅」のパンフレットがあって、沿線案内や車両案内、停車駅と時刻表、社内イベント案内などが記載されています。<br />これを見ながら列車旅をすれば楽しさが何倍にもなりました。結構すぐれもののパンフレットです。

    車内には持ち帰ることができる「五能線の旅」のパンフレットがあって、沿線案内や車両案内、停車駅と時刻表、社内イベント案内などが記載されています。
    これを見ながら列車旅をすれば楽しさが何倍にもなりました。結構すぐれもののパンフレットです。

  • パンフレットの沿線マップ。

    パンフレットの沿線マップ。

  • パンフレットの車両編成案内。<br />乗車した橅編成の他に、青池編成、くまげら編成があります。

    パンフレットの車両編成案内。
    乗車した橅編成の他に、青池編成、くまげら編成があります。

  • 快速列車なので乗車券の他に指定席券だけで乗ることができます。<br />今回は乗車券として五能線フリーパスを利用しました。<br />五能線フリーパスはリゾートしらかみ号が運行される区間を2日間乗り降り自由で大人3,810円です。<br />(販売箇所はフリーエリア内および秋田エリア内のみどりの窓口、びゅうプラザおよび主な旅行会社)<br />乗車の前日に秋田駅の指定席券売機で買っておきました。

    快速列車なので乗車券の他に指定席券だけで乗ることができます。
    今回は乗車券として五能線フリーパスを利用しました。
    五能線フリーパスはリゾートしらかみ号が運行される区間を2日間乗り降り自由で大人3,810円です。
    (販売箇所はフリーエリア内および秋田エリア内のみどりの窓口、びゅうプラザおよび主な旅行会社)
    乗車の前日に秋田駅の指定席券売機で買っておきました。

  • 秋田発車時点では最後尾だった1号車の様子。2人掛けシートが並びます(一部一人掛け)

    秋田発車時点では最後尾だった1号車の様子。2人掛けシートが並びます(一部一人掛け)

  • 「五能線の旅」パンフレットには停車する全駅の案内が載っています。<br />こちらは始発の秋田駅の紹介ページ。

    「五能線の旅」パンフレットには停車する全駅の案内が載っています。
    こちらは始発の秋田駅の紹介ページ。

  • 秋田駅を定刻8時20分に出発しました。<br />弘前までの4時間30分にもおよぶリゾート列車旅の始まりです。

    秋田駅を定刻8時20分に出発しました。
    弘前までの4時間30分にもおよぶリゾート列車旅の始まりです。

  • お隣の土崎駅を通過。<br />なんだかおもしろい車両が留置されていました。

    お隣の土崎駅を通過。
    なんだかおもしろい車両が留置されていました。

    JR奥羽本線 乗り物

  • 土崎駅には茶色い旧型客車がいました。<br />高崎で運行されているSLやレトロトレイン用のオハ472246でした。<br />国鉄時代の1950年代から製造が開始された懐かしい車両です。<br />土崎車両センターでの検修のために来ていたのでしょうか?

    土崎駅には茶色い旧型客車がいました。
    高崎で運行されているSLやレトロトレイン用のオハ472246でした。
    国鉄時代の1950年代から製造が開始された懐かしい車両です。
    土崎車両センターでの検修のために来ていたのでしょうか?

    土崎駅

  • 最初の停車駅、追分。8時31分着。

    最初の停車駅、追分。8時31分着。

    追分駅

  • この駅から男鹿駅へ向かう男鹿線が分岐しています。<br />(「五能線の旅」パンフレット)

    この駅から男鹿駅へ向かう男鹿線が分岐しています。
    (「五能線の旅」パンフレット)

  • 「ようこそ」の表示

    「ようこそ」の表示

  • 3号車にある「ORAHO」カウンターの営業開始放送が入ったのでさっそく行ってみることにします。<br />「おらほ」は津軽弁で「私の方」、「私たちの方」などの意味を持つそうです。

    3号車にある「ORAHO」カウンターの営業開始放送が入ったのでさっそく行ってみることにします。
    「おらほ」は津軽弁で「私の方」、「私たちの方」などの意味を持つそうです。

  • 飲み物、駅弁、食べ物の他にお土産物もありました。

    飲み物、駅弁、食べ物の他にお土産物もありました。

  • Suicaなどの交通系ICは使えますがクレジットカードは使えませんでした。

    Suicaなどの交通系ICは使えますがクレジットカードは使えませんでした。

  • 「ORAHO」カウンターのある3号車の半室は座席が並びます。

    「ORAHO」カウンターのある3号車の半室は座席が並びます。

  • 「ORAHO」カウンターで買ってきたばかりの駅弁「ニコニコおにぎり弁当」を開きます。<br />秋田駅の関根屋の駅弁です。<br />残念ながらリゾートしらかみを銘打ったお弁当はありませんでした。

    「ORAHO」カウンターで買ってきたばかりの駅弁「ニコニコおにぎり弁当」を開きます。
    秋田駅の関根屋の駅弁です。
    残念ながらリゾートしらかみを銘打ったお弁当はありませんでした。

  • 八郎潟駅。8時45分着。<br />上り普通列車秋田行きと行き違い。奥羽本線は複線区間と単線区間が入り混じっています。

    八郎潟駅。8時45分着。
    上り普通列車秋田行きと行き違い。奥羽本線は複線区間と単線区間が入り混じっています。

    八郎潟駅

  • 琵琶湖についで日本で2番目に大きかった湖だった八郎潟。<br />(「五能線の旅」パンフレット)<br />干拓によって田んぼに生まれ変わりました。と、車内案内放送があったような気がします。

    琵琶湖についで日本で2番目に大きかった湖だった八郎潟。
    (「五能線の旅」パンフレット)
    干拓によって田んぼに生まれ変わりました。と、車内案内放送があったような気がします。

  • 「ORAHO」カウンターで買ってきた抹茶味のぶなの森アイスクリームと五能線キーホルダー。

    「ORAHO」カウンターで買ってきた抹茶味のぶなの森アイスクリームと五能線キーホルダー。

  • 鯉川駅通過。

    鯉川駅通過。

    鯉川駅

  • 米どころ秋田です。

    米どころ秋田です。

  • 森岳駅9時着。<br />貨物列車と行き違い。

    森岳駅9時着。
    貨物列車と行き違い。

    森岳駅

  • コンテナ列車でした。<br />日本海縦貫線として輸送の大名脈の一部を担っている奥羽本線です。

    コンテナ列車でした。
    日本海縦貫線として輸送の大名脈の一部を担っている奥羽本線です。

  • 森岳はじゅんさいの生産量日本一。<br />パンフレットを見て初めて知りました。

    森岳はじゅんさいの生産量日本一。
    パンフレットを見て初めて知りました。

  • 東能代駅9時12分着。

    東能代駅9時12分着。

    東能代駅

  • 五能線の起点駅です。(「五能線の旅」パンフレット)

    五能線の起点駅です。(「五能線の旅」パンフレット)

  • 方向を変えて五能線に入るため7分間の停車。<br />ホームに降りる人も多数。

    方向を変えて五能線に入るため7分間の停車。
    ホームに降りる人も多数。

  • 「RESORT HYBRID TRAIN」の表記が誇らしげに。

    「RESORT HYBRID TRAIN」の表記が誇らしげに。

  • 五能線に入って最初の停車駅、能代駅。9時24分着。<br />この駅では10分ほどの停車時間があります。

    五能線に入って最初の停車駅、能代駅。9時24分着。
    この駅では10分ほどの停車時間があります。

    能代駅

  • リゾートしらかみの「ふれあい販売」の中の一つなのか限定駅弁がありました。

    リゾートしらかみの「ふれあい販売」の中の一つなのか限定駅弁がありました。

  • 大館駅の老舗花善の名物駅弁「鶏めし弁当」です。<br />限定もの、ご当地ものに弱いので。。。買っちゃいました(-_-;)

    大館駅の老舗花善の名物駅弁「鶏めし弁当」です。
    限定もの、ご当地ものに弱いので。。。買っちゃいました(-_-;)

  • バスケで有名な能代。ホームにはゴールが置かれ、フリースローをトライ。<br />見事ゴールを決めると記念品がもらえます。

    バスケで有名な能代。ホームにはゴールが置かれ、フリースローをトライ。
    見事ゴールを決めると記念品がもらえます。

  • 「五能線の旅」パンフレット

    「五能線の旅」パンフレット

    五能線 乗り物

  • ホームにはバスケット展示コーナー

    ホームにはバスケット展示コーナー

  • ホームに降りた乗客でにぎわう能代駅。

    ホームに降りた乗客でにぎわう能代駅。

  • 落ち着いて列が短くなったころ、私もシュートしてみました。<br />記念品のリゾートしらかみポストカード。いい思い出になりました。

    落ち着いて列が短くなったころ、私もシュートしてみました。
    記念品のリゾートしらかみポストカード。いい思い出になりました。

  • 能代駅出発時にはホームで手を振って見送ってくれました。

    能代駅出発時にはホームで手を振って見送ってくれました。

  • 楽しい能代駅でした。<br />これよりリゾートしらかみ1号は海沿いの景色を楽しめる区間に入っていきます。<br /><br />(つづく)

    楽しい能代駅でした。
    これよりリゾートしらかみ1号は海沿いの景色を楽しめる区間に入っていきます。

    (つづく)

109いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

旅行記グループ

真夏の東北三県巡り

この旅行記へのコメント (2)

開く

閉じる

  • はくさんちどりさん 2019/08/27 17:37:11
    秋田の旅、いかがでしたか?
    HAPPINさんへ

     こんばんは!小生、生まれが秋田県北なので、興味を持って秋田の旅行記拝見させていただきました。何せ、もう十年以上も近くへ行ったことがないので、懐かしい風景でした。
     秋田駅の秋田犬、多分ロシアのザギトワにプレゼントされた「マサル」のぬいぐるみですね?!一躍有名になりましたから。
     森岳駅は生家への最寄り駅になります。三種町の森岳地区はジュンサイで有名で、温泉もあるのでもっと活用を考えればいいと思うのですが、今は寂れた温泉です。
     能代は高校時代を送った街で、今はバスケットが知られていますが、かつては母校能代高校出身の体操・小野喬が「小野に鉄棒!」といわれたくらいで、オリンピックでも金メダルに輝いています。
     HAPPINさんの旅行記を拝見したら、郷愁に駆られて帰りたくなりました。

         はくさんちどり

    HAPPIN

    HAPPINさん からの返信 2019/08/27 23:08:14
    RE: 秋田の旅、いかがでしたか?
    はくさんちどりさん、たくさんのいいね!とコメントをありがとうございます。

    秋田ご出身の方に私の拙い秋田旅行記を読んで頂いて、懐かしいと思って頂けて嬉しく思います。
    あくまでも旅人目線での旅行記なのですが。

    あの犬は「マサル」ちゃん。なるほどです。

    森岳駅。あの日のリゾートしらかみ1号には森岳駅でファミリーが乗って来ました。
    里帰りしていて出かけるのか、地元の方なのかわかりませんでしたが。

    能代駅は会社の知り合いの出身地で、なんとなく親近感を持っていました。

    秋田市内へは20年くらい前に仕事で何度か足を運んだのですが、まともに市内観光したのは今回が初めてでした。

    とても素敵な旅行になりました。

    Happin

HAPPINさんのトラベラーページ

この旅行で行ったスポット

この旅行で行ったグルメ・レストラン

マイルに交換できるフォートラベルポイントがたまります。
フォートラベルポイントって?

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

この旅行記の地図

拡大する

秋田市の人気ホテルランキング

PAGE TOP

ピックアップ特集