秋田旅行記(ブログ) 一覧に戻る
 ご覧戴きましてありがとうございます。<br /> 2019年1月12日から2019年1月14日までの3日間、「三連休東日本&函館パス」を利用して冬の秋田の旅に行ってきました。<br /> 5部構成での公開を予定しており、そのうち前回のパート1では1日目の行程の全て、具体的には秋田新幹線「こまち」について、角館で頂いたランチの様子、ある路線バスを利用して田沢湖を散策した時の様子等を、パート2では2日目の行程のうち主に午前中の行程、具体的には五能線を経由して秋田と青森を結ぶ快速列車「リゾートしらかみ1号」に乗車した時の様子、秋田県北部に位置する八峰町というところにある岩館海岸を散策した時の様子を、パート3では2日目の行程のうち残りの行程、具体的には岩館から秋田まで「リゾートしらかみ2号」で移動した時の様子、秋田市内でのランチの様子等についてご覧戴きました。<br /> 今回のパート4では3日目の行程の一部、具体的には角館武家屋敷通りを散策した時の様子、秋田内陸縦貫鉄道を利用した時の様子、森吉山の樹氷を見るために利用した阿仁ゴンドラに乗車した時の様子等についてご覧戴きます。<br /><br />

「行くぜ、東北。SPECIAL 冬のごほうび」キャンペーン勝手に記念企画 首都圏発「こまち」で行く冬の秋田満喫の旅 2019・01(パート4)

39いいね!

2019/01/12 - 2019/01/14

681位(同エリア4641件中)

旅行記グループ 「こまち」で行く秋田の旅

2

33

フロンティアさん

 ご覧戴きましてありがとうございます。
 2019年1月12日から2019年1月14日までの3日間、「三連休東日本&函館パス」を利用して冬の秋田の旅に行ってきました。
 5部構成での公開を予定しており、そのうち前回のパート1では1日目の行程の全て、具体的には秋田新幹線「こまち」について、角館で頂いたランチの様子、ある路線バスを利用して田沢湖を散策した時の様子等を、パート2では2日目の行程のうち主に午前中の行程、具体的には五能線を経由して秋田と青森を結ぶ快速列車「リゾートしらかみ1号」に乗車した時の様子、秋田県北部に位置する八峰町というところにある岩館海岸を散策した時の様子を、パート3では2日目の行程のうち残りの行程、具体的には岩館から秋田まで「リゾートしらかみ2号」で移動した時の様子、秋田市内でのランチの様子等についてご覧戴きました。
 今回のパート4では3日目の行程の一部、具体的には角館武家屋敷通りを散策した時の様子、秋田内陸縦貫鉄道を利用した時の様子、森吉山の樹氷を見るために利用した阿仁ゴンドラに乗車した時の様子等についてご覧戴きます。

旅行の満足度
4.5
観光
4.5
グルメ
4.5
交通
4.0
同行者
一人旅
交通手段
タクシー 新幹線 私鉄 徒歩
旅行の手配内容
個別手配

PR

  •  おはようございます。<br /> 時刻は8時50分頃、只今、JR秋田駅西口付近に来ています。

     おはようございます。
     時刻は8時50分頃、只今、JR秋田駅西口付近に来ています。

  •  まずは秋田9時12分発こまち東京行きに乗り、途中の角館まで乗車します。

     まずは秋田9時12分発こまち東京行きに乗り、途中の角館まで乗車します。

  •  角館駅には10時00分頃に到着しました。

     角館駅には10時00分頃に到着しました。

  •  角館では1時間程度の時間を設け、武家屋敷通りというところまで向かいました。<br /> 武家屋敷通りですが、角館を代表する観光名所で、昔の建物が建ち並んでいるところです。

     角館では1時間程度の時間を設け、武家屋敷通りというところまで向かいました。
     武家屋敷通りですが、角館を代表する観光名所で、昔の建物が建ち並んでいるところです。

  •  旅行期間中、秋田は青空が見える日が続いたこともあり、この日の場合、比較的雪は少な目でした。

     旅行期間中、秋田は青空が見える日が続いたこともあり、この日の場合、比較的雪は少な目でした。

  •  辛うじてこの辺りは雪景色を楽しむことが出来ました。

     辛うじてこの辺りは雪景色を楽しむことが出来ました。

  •  武家屋敷通りの散策を終え、角館駅まで戻りましたが、今度は秋田内陸縦貫鉄道の角館駅に来ました。

     武家屋敷通りの散策を終え、角館駅まで戻りましたが、今度は秋田内陸縦貫鉄道の角館駅に来ました。

  •  というわけでこれから先は森吉山の樹氷を視るべくまずは角館からは秋田内陸縦貫鉄道という鉄道に乗り、阿仁合という駅まで向かいます。<br /> 秋田内陸縦貫鉄道ですが、阿仁合を経由し、角館と奥羽本線の鷹巣を縦断する鉄道路線です。<br /> ちなみに利用したのは角館11時02分発急行もりよし2号鷹巣行きです。<br />

     というわけでこれから先は森吉山の樹氷を視るべくまずは角館からは秋田内陸縦貫鉄道という鉄道に乗り、阿仁合という駅まで向かいます。
     秋田内陸縦貫鉄道ですが、阿仁合を経由し、角館と奥羽本線の鷹巣を縦断する鉄道路線です。
     ちなみに利用したのは角館11時02分発急行もりよし2号鷹巣行きです。

  •  こちらの「急行もりよし」、乗車するには乗車券の他に急行券が必要です。<br /> ちなみに急行料金ですが、50㎞までの利用の場合は160円、50㎞以上の利用の場合は320円かかります。

     こちらの「急行もりよし」、乗車するには乗車券の他に急行券が必要です。
     ちなみに急行料金ですが、50㎞までの利用の場合は160円、50㎞以上の利用の場合は320円かかります。

  •  急行といえども専用の車両が使用されることはなく、普通列車にも使用される1両編成のディーゼルカーでの運転でした。

     急行といえども専用の車両が使用されることはなく、普通列車にも使用される1両編成のディーゼルカーでの運転でした。

  •  その為、急行料金がかかる割に座席は4人掛けのボックスシートと車内設備としてはイマイチな感じがしました。

     その為、急行料金がかかる割に座席は4人掛けのボックスシートと車内設備としてはイマイチな感じがしました。

  •  ただ車両の出入口上部にはこのように液晶ビジョンが設置され、秋田内陸縦貫鉄道に関する情報が紹介される他…

     ただ車両の出入口上部にはこのように液晶ビジョンが設置され、秋田内陸縦貫鉄道に関する情報が紹介される他…

  •  この車両に限っては「いぬっ子列車」と称し、天井部分に秋田犬の写真が展示されていました。

     この車両に限っては「いぬっ子列車」と称し、天井部分に秋田犬の写真が展示されていました。

  •  今回、秋田内陸縦貫鉄道を利用するにあたり、こちらの「森吉山観光パス」という割引切符を利用しました。<br /> この「森吉山観光パス」、秋田内陸縦貫鉄道の全線が1日利用し放題になる他、後程紹介しますが、森吉山へ向かうために利用する①森吉山周遊タクシー②阿仁ゴンドラが1往復利用可能になるという切符で、4800円で利用出来ます。<br /> 参考まで角館~阿仁合間の往復運賃が2560円、森吉山周遊タクシーの往復運賃が1名あたり2200円(1名利用の場合)、阿仁ゴンドラの往復料金が1名あたり1800円しますので、角館から森吉山方面へ往復利用するだけでも1700円程度安くなり、大変お得です。<br /> なお、秋田内陸縦貫鉄道の急行列車を利用する場合、乗車券としては有効ですが、別途急行券を購入する必要があります。<br />

     今回、秋田内陸縦貫鉄道を利用するにあたり、こちらの「森吉山観光パス」という割引切符を利用しました。
     この「森吉山観光パス」、秋田内陸縦貫鉄道の全線が1日利用し放題になる他、後程紹介しますが、森吉山へ向かうために利用する①森吉山周遊タクシー②阿仁ゴンドラが1往復利用可能になるという切符で、4800円で利用出来ます。
     参考まで角館~阿仁合間の往復運賃が2560円、森吉山周遊タクシーの往復運賃が1名あたり2200円(1名利用の場合)、阿仁ゴンドラの往復料金が1名あたり1800円しますので、角館から森吉山方面へ往復利用するだけでも1700円程度安くなり、大変お得です。
     なお、秋田内陸縦貫鉄道の急行列車を利用する場合、乗車券としては有効ですが、別途急行券を購入する必要があります。

  •  さらに秋田内陸縦貫鉄道では土日祝日に限り「しあわせ鉄道御膳」と「ほほ笑みこまち弁当」という2種類の特製駅弁を角館駅で販売しており、当日はそのうち1100円程度する「しあわせ鉄道御膳」という駅弁を購入しました。<br /> 

     さらに秋田内陸縦貫鉄道では土日祝日に限り「しあわせ鉄道御膳」と「ほほ笑みこまち弁当」という2種類の特製駅弁を角館駅で販売しており、当日はそのうち1100円程度する「しあわせ鉄道御膳」という駅弁を購入しました。
     

  •  中身はこのような感じで、ご飯の他、卵焼き、豚肉と人参等の煮物、椎茸の天ぷら、鶏の竜田揚げ等様々なおかずが入っていました。<br /> なおいずれの弁当も1日あたり限定5食の発売ですが、阿仁合駅の観光案内窓口あて事前に連絡すれば予約や取り置きに対応してくれる場合があるそうです。

     中身はこのような感じで、ご飯の他、卵焼き、豚肉と人参等の煮物、椎茸の天ぷら、鶏の竜田揚げ等様々なおかずが入っていました。
     なおいずれの弁当も1日あたり限定5食の発売ですが、阿仁合駅の観光案内窓口あて事前に連絡すれば予約や取り置きに対応してくれる場合があるそうです。

  •  またアテンダントの方が乗務していて、観光案内の他、車内販売を行っていました。<br /> その車内販売では弁当の取扱いはありませんでしたが、お菓子・おつまみ・飲料の他、記念グッズ等の販売があり、当日は秋田内陸縦貫鉄道オリジナルのどら焼きを購入しました。

     またアテンダントの方が乗務していて、観光案内の他、車内販売を行っていました。
     その車内販売では弁当の取扱いはありませんでしたが、お菓子・おつまみ・飲料の他、記念グッズ等の販売があり、当日は秋田内陸縦貫鉄道オリジナルのどら焼きを購入しました。

  •  車窓からはこのような雪景色を楽しめた他…

     車窓からはこのような雪景色を楽しめた他…

  •  アテンダントの方がお勧めするこのような景色も楽しむことが出来ました。

     アテンダントの方がお勧めするこのような景色も楽しむことが出来ました。

  •  そのアテンダントの方がお勧めする景色を別の方向からもご覧戴きます。

     そのアテンダントの方がお勧めする景色を別の方向からもご覧戴きます。

  •  阿仁合駅には12時12分頃に到着しました。

     阿仁合駅には12時12分頃に到着しました。

  •  阿仁合駅からは森吉山に向かうゴンドラの乗り場へ向かうべくこちらの「森吉山周遊タクシー」に乗ります。<br /> 阿仁タクシーという地元のタクシー会社が阿仁合駅と森吉山へ向かうゴンドラの乗り場のすぐ近くに位置する阿仁スキー場の間を直行運転する乗り合い制のタクシーで、阿仁スキー場行きの場合、1日あたり5便、阿仁合駅行きの場合、1日あたり4便あります。<br /> 参考までに最大8名利用できるそうです。<br /> ちなみに利用したのは阿仁合駅発12時30分発阿仁スキー場行きの便で、阿仁スキー場までは約25分かかります。<br /> また利用するには利用する便の発車時刻の30分前までに阿仁タクシーまで電話で予約する必要があります。<br />(予約は朝6時から受け付けてくれるそうですが、夜の受付は早く終わるようです。)

     阿仁合駅からは森吉山に向かうゴンドラの乗り場へ向かうべくこちらの「森吉山周遊タクシー」に乗ります。
     阿仁タクシーという地元のタクシー会社が阿仁合駅と森吉山へ向かうゴンドラの乗り場のすぐ近くに位置する阿仁スキー場の間を直行運転する乗り合い制のタクシーで、阿仁スキー場行きの場合、1日あたり5便、阿仁合駅行きの場合、1日あたり4便あります。
     参考までに最大8名利用できるそうです。
     ちなみに利用したのは阿仁合駅発12時30分発阿仁スキー場行きの便で、阿仁スキー場までは約25分かかります。
     また利用するには利用する便の発車時刻の30分前までに阿仁タクシーまで電話で予約する必要があります。
    (予約は朝6時から受け付けてくれるそうですが、夜の受付は早く終わるようです。)

  •  車窓からはこのような雪景色を楽しむことが出来ました。

     車窓からはこのような雪景色を楽しむことが出来ました。

  •  阿仁合駅から約25分、阿仁スキー場を経由して森吉山へ向かうゴンドラの乗り場である森吉山山麓駅に到着しました。<br /> これから阿仁ゴンドラというゴンドラに乗ります。<br /> 阿仁ゴンドラですが、阿仁スキー場が運営しており、森吉山山麓駅と森吉山山頂駅を20分程度で結びます。<br />

     阿仁合駅から約25分、阿仁スキー場を経由して森吉山へ向かうゴンドラの乗り場である森吉山山麓駅に到着しました。
     これから阿仁ゴンドラというゴンドラに乗ります。
     阿仁ゴンドラですが、阿仁スキー場が運営しており、森吉山山麓駅と森吉山山頂駅を20分程度で結びます。

  •  所定の往復運賃は1800円しますが、今回は「森吉山観光パス」を事前に購入した為、追加での支払いは不要ですが、利用する際に係員の方に「森吉山観光パス」を呈示し、乗車券を頂く必要があります。

     所定の往復運賃は1800円しますが、今回は「森吉山観光パス」を事前に購入した為、追加での支払いは不要ですが、利用する際に係員の方に「森吉山観光パス」を呈示し、乗車券を頂く必要があります。

  •  そのゴンドラですが、このような感じです。<br /> というわけでこれより阿仁ゴンドラを利用して森吉山山頂駅まで向かいます。

     そのゴンドラですが、このような感じです。
     というわけでこれより阿仁ゴンドラを利用して森吉山山頂駅まで向かいます。

  •  見づらいですか、中はこのような感じで、向かい合わせに4人程度の座席があります。

     見づらいですか、中はこのような感じで、向かい合わせに4人程度の座席があります。

  •  それでは森吉山頂駅へ向けてゴンドラは動きます。

     それでは森吉山頂駅へ向けてゴンドラは動きます。

  •  車窓からはこのような景色を楽しむことが出来ました。

     車窓からはこのような景色を楽しむことが出来ました。

  •  他にも綺麗な景色を楽しめたので、ゴンドラからの景色を数枚ご覧戴きます。

     他にも綺麗な景色を楽しめたので、ゴンドラからの景色を数枚ご覧戴きます。

  •  あと2枚ご覧戴きます。

     あと2枚ご覧戴きます。

  •  これが最後です。

     これが最後です。

  •  森吉山麓駅から20分程度、森吉山頂駅に到着しました。<br /> この後いよいよ森吉山の樹氷を見るかたちになりますが、恐れ入ります。この先の様子は次回パート5で紹介させて頂きます。<br /> ここまでご覧戴きましてありがとうございました。

     森吉山麓駅から20分程度、森吉山頂駅に到着しました。
     この後いよいよ森吉山の樹氷を見るかたちになりますが、恐れ入ります。この先の様子は次回パート5で紹介させて頂きます。
     ここまでご覧戴きましてありがとうございました。

39いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

旅行記グループ

「こまち」で行く秋田の旅

この旅行記へのコメント (2)

開く

閉じる

  • BTSさん 2019/01/31 08:27:06
    秋田内陸縦貫鉄道の冬景色
    フロンティアさまへ

    おはようございます。
    3日目は、角館と秋田内陸縦貫鉄道の旅ですね。
    フロンティアさんの普段の行いが良いので快晴ではありませんか?
    今年は雪が少ないようですね。

    オジサンも「急行もりよし号」に乗ったことがありますが、フロンティアさんと同じ1両でした。昔は専用の車両を使ってたのですが…残念です。

    快晴の中、車窓からの冬景色は最高ですね。この景色を眺めながら食べる駅弁はさぞ美味しいことでしょう。フロンティアさんが購入した「しあわせ鉄道御膳」は、彩りが良く美味しそうですね。あれ?いぶりがっこが入っていませんね。(笑)

    この旅で購入した「森吉山観光パス」、往復するだけでもかなりのお得感がありますね。鉄道・バス・ゴンドラを乗り継いで森吉山頂駅に着きましたね。天候は快晴のまま、これはメチャ綺麗な樹氷が見れることでしょう。続きを楽しみにしています。

    BTS

    フロンティアさん からの返信 2019/02/01 21:39:40
    Re: 秋田内陸縦貫鉄道の冬景色
     こんばんは。コメントありがとうございます。
     今回の旅の3日間、曇り空を想定していたので、2日目と3日目の晴天には驚きました。雪は少な目で秋田市内に至ってはほぼ雪が見当たらない状態でしたが、角館・大曲等内陸部ではいくらか雪がありました。
    とはいえ晴天の下の雪景色はなかなか見れないので、そういう意味では運が良かったのでしょうね…
     急行もりよしは昔は転換式クロスシートが装備された2両編成のディーゼルカーが使用されていましたが、1両編成のボックスシートの一般車両が使用されるようになりました。急行料金を取るので、せめて転換式クロスシートのほうがありがたいのですが…
     森吉山観光パスは角館~森吉山ゴンドラを往復利用するだけでもお得ですが、秋田内陸縦貫鉄道は乗り放題なのでついでにどこかに寄ればさらにお得です。角館の駅員の方に聞いたところ、森吉山へ向かう場合、結構売れている割引切符らしいです。
     この場を借りてBTSさんの旅行記でBTSさんから「川魚の泥臭さが気になるか?」という問いかけについての返事をさせて頂きます。
     なまずは食べたことはないのですが、多分気にならないと思います。
     というのも、昔、一時期、富山にいたのですが、石川県の金沢や富山県呉西地区(高岡市等県西部)では「どじょうの蒲焼き」を食べることがあり、時折その「どじょうの蒲焼き」を頂くことがあります。でも「そのどじょうの蒲焼き」を食べても泥臭さを感じなかったので多分大丈夫と思います。
     先週末は土曜日こそ浜松近辺にいましたが、日曜日は三重県の伊勢まで行ってしまいました(苦笑)、今週は静岡県内で過ごすつもりです。

    トラベラーネーム フロンティア

フロンティアさんのトラベラーページ

マイルに交換できるフォートラベルポイントがたまります。
フォートラベルポイントって?

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

秋田の人気ホテルランキング

PAGE TOP

ピックアップ特集