立山黒部旅行記(ブログ) 一覧に戻る
季節の変わり目、富山・長野を旅してきました。<br />コロナが心配ですが、細心の注意を払って、楽しんできました。<br />画像は、ミドリガ池@室堂平にてです。<br /><br />1日目…ちょい旅~2020 千葉・成田市編~→富山旅行記~2020 黒部市編~その1→その2→その3→その4→その5→その6<br />2日目…富山旅行記~2020 黒部市編~その7→富山旅行記~2020 立山町編~その1→その2→室堂散策→室堂バス停→美女平バス停/ケーブル美女平駅→ケーブル立山駅→立山(泊)<br />3日目…ケーブル立山駅→ケーブル美女平駅/美女平バス停→室堂バス停→大観峰バス停/ロープウェイ大観峰駅→ロープウェイ黒部平駅/ケーブル黒部平駅→ケーブル黒部湖駅→黒部ダム散策→黒部ダムバス停→扇沢バス停→大町温泉郷バス停→大町温泉(泊)<br />4日目…大町温泉郷バス停→信濃大町駅前バス停/JR信濃大町駅→JR穂高駅→大王わさび農園→安曇野わさび田湧水群公園→穂高わさび園→JR穂高駅→JR松本駅→松本城→松本(泊)<br />5日目…松本空港→神戸空港

富山旅行記~2020 立山町編~その3“立山黒部アルペンルート”

79いいね!

2020/09/18 - 2020/09/22

43位(同エリア1426件中)

ろくお

ろくおさん

季節の変わり目、富山・長野を旅してきました。
コロナが心配ですが、細心の注意を払って、楽しんできました。
画像は、ミドリガ池@室堂平にてです。

1日目…ちょい旅~2020 千葉・成田市編~→富山旅行記~2020 黒部市編~その1→その2→その3→その4→その5→その6
2日目…富山旅行記~2020 黒部市編~その7→富山旅行記~2020 立山町編~その1→その2→室堂散策→室堂バス停→美女平バス停/ケーブル美女平駅→ケーブル立山駅→立山(泊)
3日目…ケーブル立山駅→ケーブル美女平駅/美女平バス停→室堂バス停→大観峰バス停/ロープウェイ大観峰駅→ロープウェイ黒部平駅/ケーブル黒部平駅→ケーブル黒部湖駅→黒部ダム散策→黒部ダムバス停→扇沢バス停→大町温泉郷バス停→大町温泉(泊)
4日目…大町温泉郷バス停→信濃大町駅前バス停/JR信濃大町駅→JR穂高駅→大王わさび農園→安曇野わさび田湧水群公園→穂高わさび園→JR穂高駅→JR松本駅→松本城→松本(泊)
5日目…松本空港→神戸空港

旅行の満足度
4.0
観光
4.5
グルメ
3.0
一人あたり費用
10万円 - 15万円
交通手段
徒歩
旅行の手配内容
個別手配

PR

  • ●立山高原バス 室堂ターミナル<br /><br />バスから下車して、室堂のバスターミナル。<br />ここは、山なんだな…と感じた瞬間。<br />「山岳情報」です。<br />情報の共有大事ですね。

    ●立山高原バス 室堂ターミナル

    バスから下車して、室堂のバスターミナル。
    ここは、山なんだな…と感じた瞬間。
    「山岳情報」です。
    情報の共有大事ですね。

    室堂駅

  • ●室堂平<br /><br />やっほ~い。<br />来たぜ、室堂!

    ●室堂平

    やっほ~い。
    来たぜ、室堂!

  • ●室堂平<br /><br />ここで、豆知識。<br />どの山が立山?<br />実は、「立山」という山はないそうです。<br />「雄山」「大汝山」「富士ノ折立」を総称して「立山」と呼ぶそうです。

    ●室堂平

    ここで、豆知識。
    どの山が立山?
    実は、「立山」という山はないそうです。
    「雄山」「大汝山」「富士ノ折立」を総称して「立山」と呼ぶそうです。

  • ●室堂平<br /><br />う~ん、最高な環境ですよ。

    ●室堂平

    う~ん、最高な環境ですよ。

  • ●室堂平<br /><br />連休の初日ですが、嫌になるような混雑は見られず…。<br />本日、室堂に来て、大正解!<br />相方の判断は間違ってはいなかった!

    ●室堂平

    連休の初日ですが、嫌になるような混雑は見られず…。
    本日、室堂に来て、大正解!
    相方の判断は間違ってはいなかった!

  • ●室堂平<br /><br />「立山」の記念碑。<br />昔、僕の祖父が生きていたころに、アルペンルートに行ってきたよ…と写真集をもらったことがあります。<br />あれから約30年以上(笑)、ようやく僕も来ることが出来ました。

    ●室堂平

    「立山」の記念碑。
    昔、僕の祖父が生きていたころに、アルペンルートに行ってきたよ…と写真集をもらったことがあります。
    あれから約30年以上(笑)、ようやく僕も来ることが出来ました。

  • ●室堂平<br /><br />いくつか、ルートが組まれています。<br />ただし、地獄谷方面は、通行禁止のようです。

    ●室堂平

    いくつか、ルートが組まれています。
    ただし、地獄谷方面は、通行禁止のようです。

  • ●レストラン立山@ホテル立山<br /><br />散策を始める前に、ランチにしました。<br />バスターミナルに隣接している「ホテル立山」さんで、ランチにしました。<br />現在12:35。<br />多少の待ち時間はありましたが、ランチ時間としては、全くの許容範囲でした。<br />

    ●レストラン立山@ホテル立山

    散策を始める前に、ランチにしました。
    バスターミナルに隣接している「ホテル立山」さんで、ランチにしました。
    現在12:35。
    多少の待ち時間はありましたが、ランチ時間としては、全くの許容範囲でした。

  • ●レストラン立山@ホテル立山<br /><br />白海老かき揚げ氷見うどん膳(温)を頂きました。<br />ザ・富山!です。

    ●レストラン立山@ホテル立山

    白海老かき揚げ氷見うどん膳(温)を頂きました。
    ザ・富山!です。

    レストラン立山 グルメ・レストラン

  • ●レストラン立山@ホテル立山<br /><br />白海老のかき揚げは、揚げたてのサクサク。<br />

    イチオシ

    ●レストラン立山@ホテル立山

    白海老のかき揚げは、揚げたてのサクサク。

  • ●レストラン立山@ホテル立山<br /><br />富山と言えば、ホタルイカもはずせません。<br />ちゃっかりと頂きました(笑)。<br />氷見うどんは、細めで、つるつる入っていきます。<br />こんな標高の高い場所で、富山の地のもの、たくさん頂けて、満足です!<br />ごちそうさまでした。

    ●レストラン立山@ホテル立山

    富山と言えば、ホタルイカもはずせません。
    ちゃっかりと頂きました(笑)。
    氷見うどんは、細めで、つるつる入っていきます。
    こんな標高の高い場所で、富山の地のもの、たくさん頂けて、満足です!
    ごちそうさまでした。

  • ●ホテル立山@室堂平<br /><br />立山の色んな時間楽しむなら、このホテルですね。<br />早朝の立山、夕暮れの立山、夜の立山、雲海の立山。<br />山なのでお値段も一流ですが、泊まってみる価値、僕にはありだと思います。

    ●ホテル立山@室堂平

    立山の色んな時間楽しむなら、このホテルですね。
    早朝の立山、夕暮れの立山、夜の立山、雲海の立山。
    山なのでお値段も一流ですが、泊まってみる価値、僕にはありだと思います。

  • ●室堂平<br /><br />13:17。<br />お腹も満たされたし、散策開始にします。

    ●室堂平

    13:17。
    お腹も満たされたし、散策開始にします。

  • ●室堂平<br /><br />部分的にガスって来ました。<br />

    ●室堂平

    部分的にガスって来ました。

  • ●室堂平<br /><br />13:20。<br />ミクリガ池に到着です。

    ●室堂平

    13:20。
    ミクリガ池に到着です。

  • ●室堂平<br /><br />池の横には散策路。<br />室堂平は、散策路がとてもよく整備されています。<br />単にアルペンルートを乗り物を乗り継いで通過して行くだけなら、普段着でもいいと思いますが、場所場所で散策をするなら、それなりの格好をしていた方が、僕はいいと思います。最低限、足元はがっちりかためて。ちなみに僕は、登山する格好で挑みました。相方は違ってたけど…(汗)。

    ●室堂平

    池の横には散策路。
    室堂平は、散策路がとてもよく整備されています。
    単にアルペンルートを乗り物を乗り継いで通過して行くだけなら、普段着でもいいと思いますが、場所場所で散策をするなら、それなりの格好をしていた方が、僕はいいと思います。最低限、足元はがっちりかためて。ちなみに僕は、登山する格好で挑みました。相方は違ってたけど…(汗)。

  • ●室堂平<br /><br />13:23。<br />ミクリガ池の周辺を歩きます。

    ●室堂平

    13:23。
    ミクリガ池の周辺を歩きます。

  • ●室堂平<br /><br />13:30。<br />ミクリガ池と逆の方向は、地獄谷が見えてきました。

    ●室堂平

    13:30。
    ミクリガ池と逆の方向は、地獄谷が見えてきました。

  • ●室堂平<br /><br />太陽も出てきて、ミクリガ池が輝きだしました。<br />先ほどと、見え方が全く違います。

    ●室堂平

    太陽も出てきて、ミクリガ池が輝きだしました。
    先ほどと、見え方が全く違います。

  • ●室堂平<br /><br />「地獄谷へは入らないでください!」の注意書き。<br />今は、通行止めです。

    ●室堂平

    「地獄谷へは入らないでください!」の注意書き。
    今は、通行止めです。

  • ●室堂平<br /><br />立山は生きているのですね。<br />箱根の大涌谷を思い出します。

    ●室堂平

    立山は生きているのですね。
    箱根の大涌谷を思い出します。

  • ●室堂平<br /><br />13:33。<br />これは、最高に美しい景色ですね。<br />ミクリガ池と雄山。<br />

    イチオシ

    ●室堂平

    13:33。
    これは、最高に美しい景色ですね。
    ミクリガ池と雄山。

  • ●室堂平<br /><br />北アルプスで最も美しい火山湖といわれているそうです。<br />水深、約15mあるそうです。

    ●室堂平

    北アルプスで最も美しい火山湖といわれているそうです。
    水深、約15mあるそうです。

    みくりが池 自然・景勝地

  • ●室堂平<br /><br />池の横には、温泉施設もありますね。<br />ホテル立山に宿泊して、ここで温泉っていうものいいなぁ…。

    ●室堂平

    池の横には、温泉施設もありますね。
    ホテル立山に宿泊して、ここで温泉っていうものいいなぁ…。

    みくりが池温泉 宿・ホテル

    2名1室合計 21,000円~

  • ●室堂平<br /><br />「火山ガス情報ステーション」<br />自然の中をおじゃまさせてもらっていると、改めて感じますね。

    ●室堂平

    「火山ガス情報ステーション」
    自然の中をおじゃまさせてもらっていると、改めて感じますね。

  • ●室堂平<br /><br />13:36。<br />いくら見ていても飽きない景色。<br />室堂平の景色は、想像を超えていました。

    イチオシ

    ●室堂平

    13:36。
    いくら見ていても飽きない景色。
    室堂平の景色は、想像を超えていました。

  • ●室堂平<br /><br />13:36。<br />山は、既に秋の気配。<br />徐々に色づき始めています。

    ●室堂平

    13:36。
    山は、既に秋の気配。
    徐々に色づき始めています。

  • ●室堂平<br /><br />13:39。<br />エンマ台から。<br />右側に、雷鳥荘が見えています。

    ●室堂平

    13:39。
    エンマ台から。
    右側に、雷鳥荘が見えています。

  • ●室堂平<br /><br />これもエンマ台から。<br />立山は火山ではありません。<br />でも、この辺り、弥陀ヶ原は活火山のようです。<br />噴気活動が活発化しているようです。

    ●室堂平

    これもエンマ台から。
    立山は火山ではありません。
    でも、この辺り、弥陀ヶ原は活火山のようです。
    噴気活動が活発化しているようです。

    エンマ台 自然・景勝地

  • ●室堂平<br /><br />地面では、イワイチョウの紅葉が始まっていました。<br />イワイチョウの紅葉が始まるということは、紅葉シーズンがスタートしたことになるそうです。

    ●室堂平

    地面では、イワイチョウの紅葉が始まっていました。
    イワイチョウの紅葉が始まるということは、紅葉シーズンがスタートしたことになるそうです。

  • ●室堂平<br /><br />13:41。<br />お気に入りな1枚。<br />

    イチオシ

    ●室堂平

    13:41。
    お気に入りな1枚。

  • ●室堂平<br /><br />13:42。<br />地獄谷の風の影響を受けそうな、雷鳥荘。<br />ちょっと心配。

    ●室堂平

    13:42。
    地獄谷の風の影響を受けそうな、雷鳥荘。
    ちょっと心配。

  • ●室堂平<br /><br />13:47。<br />大自然の中を歩く人たち。<br />コロナで我慢していた分、思い切り楽しみたいものです。<br />少なくとも僕は満喫中。

    ●室堂平

    13:47。
    大自然の中を歩く人たち。
    コロナで我慢していた分、思い切り楽しみたいものです。
    少なくとも僕は満喫中。

  • ●室堂平<br /><br />13:49。<br />初夏に来たなら、もっと水たまりの部分が大きいのかな?

    ●室堂平

    13:49。
    初夏に来たなら、もっと水たまりの部分が大きいのかな?

  • ●室堂平<br /><br />13:55。<br />散策しながら、相方と、今日は無理だけど、雄山に登ってみようか!案が出てきました。こんなに綺麗な姿を見せられたら、上からも見たくなる心理。登山の最中は、いつも「もう止めてやる~!」なのですがね(笑)。

    イチオシ

    ●室堂平

    13:55。
    散策しながら、相方と、今日は無理だけど、雄山に登ってみようか!案が出てきました。こんなに綺麗な姿を見せられたら、上からも見たくなる心理。登山の最中は、いつも「もう止めてやる~!」なのですがね(笑)。

  • ●室堂平<br /><br />13:57。<br />ミドリガ池。<br />雄山が映って美しい!

    ●室堂平

    13:57。
    ミドリガ池。
    雄山が映って美しい!

    みどりが池 自然・景勝地

  • ●室堂平<br /><br />ミクリガ池よりも小さなミドリガ池。<br />水深もミクリガ池より浅いようです。<br />

    ●室堂平

    ミクリガ池よりも小さなミドリガ池。
    水深もミクリガ池より浅いようです。

  • ●室堂平<br /><br />14:02。<br />風が吹いて、水面も揺れています。<br />太陽が隠れる頻度が多くなったなぁ…。

    ●室堂平

    14:02。
    風が吹いて、水面も揺れています。
    太陽が隠れる頻度が多くなったなぁ…。

  • ●室堂平<br /><br />14:06。<br />美しや、美しや~。<br />いいね!立山。

    ●室堂平

    14:06。
    美しや、美しや~。
    いいね!立山。

  • ●室堂平<br /><br />14:09。<br />逆方向は、ガスってきました。

    ●室堂平

    14:09。
    逆方向は、ガスってきました。

  • ●室堂平<br /><br />14:13。<br />現在残っている最古の山小屋。<br />「室」というのは宿泊所、「堂」というのは、宗教施設を表すもの。「室堂」というのは、両方を兼ね備えてたようです。現在の建物は、1726年に再建されたもの。それ以前にも建物は存在していたようです。<br />立山信仰の歴史そのものですね。

    ●室堂平

    14:13。
    現在残っている最古の山小屋。
    「室」というのは宿泊所、「堂」というのは、宗教施設を表すもの。「室堂」というのは、両方を兼ね備えてたようです。現在の建物は、1726年に再建されたもの。それ以前にも建物は存在していたようです。
    立山信仰の歴史そのものですね。

    立山室堂 名所・史跡

  • ●室堂平<br /><br />14:14。<br />最古の山小屋の横の岩で、少しだけ、ゴロゴロしていました。<br />寝転がって、空を仰ぐと気持ちいい。<br />でも、じっとしているには、長袖とウィンドブレーカーでは、寒くなってきました。<br />太陽が雲に隠れると、ぐっと体感温度が下がり、風が冷たく感じます。

    ●室堂平

    14:14。
    最古の山小屋の横の岩で、少しだけ、ゴロゴロしていました。
    寝転がって、空を仰ぐと気持ちいい。
    でも、じっとしているには、長袖とウィンドブレーカーでは、寒くなってきました。
    太陽が雲に隠れると、ぐっと体感温度が下がり、風が冷たく感じます。

  • ●室堂平<br /><br />14:21。<br />室堂の親切なところ!<br />ちゃんと案内が出ています。<br />この先は「登山装備が必要です!」

    ●室堂平

    14:21。
    室堂の親切なところ!
    ちゃんと案内が出ています。
    この先は「登山装備が必要です!」

  • ●室堂平<br /><br />14:21。<br />この先の世界は、次回のお楽しみということで…。

    ●室堂平

    14:21。
    この先の世界は、次回のお楽しみということで…。

  • ●室堂平<br /><br />14:22。<br />白い花を咲かせるようですが、花びらはすでに落ちて無し。<br />近くで見ると、本当にイチョウに見えます。

    ●室堂平

    14:22。
    白い花を咲かせるようですが、花びらはすでに落ちて無し。
    近くで見ると、本当にイチョウに見えます。

  • ●室堂平<br /><br />14:28。<br />風がやたらと気になってきました。<br />ここはまっ平らな地形なので、吹き抜けていきます。

    ●室堂平

    14:28。
    風がやたらと気になってきました。
    ここはまっ平らな地形なので、吹き抜けていきます。

  • ●室堂平<br /><br />14:36。<br />案内図にもあったDコースの玉殿岩屋を目指しています。<br />…が、思った以上に足場が悪く、道もあっているのか、あっていないのかわからなく…。

    ●室堂平

    14:36。
    案内図にもあったDコースの玉殿岩屋を目指しています。
    …が、思った以上に足場が悪く、道もあっているのか、あっていないのかわからなく…。

  • ●室堂平<br /><br />14:36。<br />といってる矢先に到着しました。<br />資料によるとここは、<br />「立山開山伝説の聖地で、熊と白鷹を追って来た佐伯有頼に、熊が阿弥陀如来に、白鷹が不動明王となって現れ立山の開山を命じた場所とされている」<br />ここから、始まったわけですね。

    ●室堂平

    14:36。
    といってる矢先に到着しました。
    資料によるとここは、
    「立山開山伝説の聖地で、熊と白鷹を追って来た佐伯有頼に、熊が阿弥陀如来に、白鷹が不動明王となって現れ立山の開山を命じた場所とされている」
    ここから、始まったわけですね。

    玉殿岩屋・虚空蔵窟 自然・景勝地

  • ●室堂平<br /><br />14:37。<br />その玉殿岩屋からの風景。<br />山の斜面に雲が模様を作り、緑を濃くしているように見えます。

    ●室堂平

    14:37。
    その玉殿岩屋からの風景。
    山の斜面に雲が模様を作り、緑を濃くしているように見えます。

  • ●室堂平<br /><br />14:51。<br />本日一番の難所だった玉殿岩屋でした。<br />無事に戻ってこれて良かった(汗)。<br />行かれる方は、足元に十分注意してください。

    ●室堂平

    14:51。
    本日一番の難所だった玉殿岩屋でした。
    無事に戻ってこれて良かった(汗)。
    行かれる方は、足元に十分注意してください。

  • ●室堂平<br /><br />15:01。<br />なんとなく、人が少なくなってきた気配。<br />

    イチオシ

    ●室堂平

    15:01。
    なんとなく、人が少なくなってきた気配。

  • ●室堂平<br /><br />15:06。<br />そろそろ僕たちも引き上げることにしました。<br />今日、室堂平を満喫できたので、明日はスルーします。<br />約2時間ほど、ゆっくりゆっくり出来た室堂平でした。

    ●室堂平

    15:06。
    そろそろ僕たちも引き上げることにしました。
    今日、室堂平を満喫できたので、明日はスルーします。
    約2時間ほど、ゆっくりゆっくり出来た室堂平でした。

79いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

この旅行で行ったホテル

この旅行で行ったスポット

この旅行で行ったグルメ・レストラン

旅の計画・記録

「旅の計画」作成でもれなく300ポイント!

マイルに交換できるフォートラベルポイントが貯まる
フォートラベルポイントって?

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

この旅行記の地図

拡大する

立山黒部の人気ホテルランキング

PAGE TOP

ピックアップ特集