その他の都市旅行記(ブログ) 一覧に戻る
※2年ぶりとなる次の2018年の海外旅行の出発が迫ってきたので、2016年の旅行記の残り4本については、写真コメントは書き終えていないので、作成中の形でアップしておくことにしました。<br /><br />―――――――――――<br />2016/07/11月 黄金の環の都市スズダリ観光2日目<br />・ホテルからタクシーでクレムリン前まで移動<br />◎クレムリン(10:40-12:40)<br />  ラジヂェストヴェンスキー聖堂<br />  木造教会(外観のみ)<br />  府主教棟の歴史展示<br />◎クレムリン裏手のカーメンカ川沿い散策<br />◎木造建築博物館(14:50-16:00)<br />  (雷雨で30分雨宿りを含む)<br />  蜂蜜酒メドヴーハで一休み<br />◎カーメンカ川沿いにクレムリンまで戻る<br />・イコン製作所(ニコリスカヤ教会)を覗く<br />・クレムリンスカヤ通りのおみやげ店めぐり<br />◎ウスペンスカヤ教会(ミサの最中)<br />◎トルゴヴァヤ広場と木彫刻<br />◎商業アーケード裏手のカーメンカ河畔の夕景<br />・レーニン通りのレストラン「ハルチェーヴニャ」で夕食(18:40-19:30)<br />◎商業アーケード裏手のカーメンカ河畔の夕景(晴れたので再び)<br />・近くのラザルス教会(外観)<br />・リザパラジェーンスキー修道院(外観)<br />・レーニン通りをホテルまで徒歩で戻る<br />【スズダリ泊:ニコラエフスキー・ポサド・ホテル】<br />―――――――――――<br /><br />3年前のスズダリ初訪問のときは、町の中心のトルゴヴァヤ広場に面したホテルに滞在1泊したので、到着して早速、観光したのは、トルゴヴァヤ広場周辺と、そのすぐ先にあるクレムリンでした。<br /><br />関連の旅行記<br />「2013年ロシア旅行~13年ぶりの再訪を3年前にあきらめた旅行計画で実現【第5日目:ズズダリ】(1)ズズダリに一目惚れ!~クレムリンまでの美しい風景&トルゴヴァヤ広場と教会や民芸品マーケット」<br />http://4travel.jp/travelogue/10841470<br />「2013年ロシア旅行~13年ぶりの再訪を3年前にあきらめた旅行計画で実現【第5日目:ズズダリ】(2)豪華な正教会内部が撮り放題! ズズダリのクレムリンの教会と博物館」<br />http://4travel.jp/travelogue/10841472<br /><br />なので3年前にすでにじっくり見学し、たくさん写真を撮ってきたクレムリンとその内部の博物館ですが、クレムリンはスズダリ屈指の観光ハイライトの1つなので、当然、今回も外しませんでした。<br /><br />ちなみに、今回の滞在ホテルは、スパソ・エフフィミエフ修道院の近くのニコラエフスキー・ポサド・ホテルだったので、クレムリンまでの2キロ、歩けないことはないけれど、体力と時間の節約のため、クレムリンの前までホテルからタクシーで行きました。<br />ホテルとクレムリン間の町並みも、可愛い家や教会が並んでいることは3年前の訪問で知っているので、そんな町並みも見どころの1つとして楽しみにしていましたが、それは、ミュージーアムなどの閉館時間が過ぎた後、夕方、ホテルに戻るときの片道で十分ですから。<br /><br />記憶と写真に残る3年前と変わらぬ美しさを見せてくれたクレムリン!<br /><br />同じ人間が撮る写真は同じような写真になるかもしれませんが、今回、持参したレンズは、3年前にはなかった10-22mmの超広角レンズと単焦点のシンデレラレンズが加わっているので、クレムリン内のメインのラジヂェストヴェンスキー聖堂内部では、その両方でチャレンジしました!<br />博物館の展示の方は、3年前からスズダリについて理解が深まったわけでもないので、私の見る目も、展示から得られる情報もたいして変わらなかったため、興味を引いた展示の写真のみをちょいちょいと撮り、3年前ほどは丁寧には撮りませんでした。<br />だいたい、今回は、展示の中で歴史的価値の高い「ヨルダンの天蓋」を見損ねてしまったくらいなのです~!<br />ちゃんとくまなく回ったつもりだったのに、もともと博物館として建てられた建物ではないので、ルートがちょっと分かりにくかったのです(苦笑)。<br />建物の外に出た後で、「ヨルダンの天蓋」を見損ねたことに気付きましたが、再入場不可でした。<br /><br />クレムリンの周辺の景色は、丁寧に写真を撮りました。<br />ほんのちょっとのアングルの違いで、本人にとってはがらっと違う景色に見えたので@<br />それに、ロシアの美しい田園風景を堪能するのは、スズダリだけでなく、今回の黄金の環めぐりの旅で楽しみにしていたトップですから。<br />ただ、あとで冷静な目で見ると、類似した写真も多かったので、それを全てこの旅行記にアップしたわけではありません。<br />ただし、風景写真の方は、町並みと風景写真でまとめたズズダリ2日目の本日の旅行記のシリーズ3本目にまとめました。<br /><br /><2016年ロシア黄金の環めぐりの旅の簡易旅程一覧><br />2016/06/30木 職場から成田前泊<br />【成田泊:成田ゲートウェイホテル】<br />2016/07/01金 出国&モスクワ到着&駅前散策<br />【モスクワ泊:ヒルトン・レニングラーツカヤ・ホテル】<br />2016/07/02土 黄金の環の都市ロストフへ移動&観光<br />【ロストフ泊:モスコスキー・トラクト・ホテル】<br />2016/07/03日 黄金の環の都市ヤロスラブリへ移動&観光1日目<br />【ヤロスラブリ泊:パークイン・ラディッソン・ヤロスラブリ・ホテル】<br />2016/07/04月 黄金の環の都市コストロマへ移動&観光<br />【コストロマ泊:スネグラーチカ・ホテル】<br />2016/07/05火 黄金の環の都市ヤロスラブリへ戻る&観光2日目<br />【ヤロスラブリ泊:パークイン・ラディッソン・ヤロスラブリ・ホテル】<br />2016/07/06水 黄金の環の都市ウグリチ日帰り旅行<br />【ヤロスラブリ泊:パークイン・ラディッソン・ヤロスラブリ・ホテル】<br />2016/07/07木 イヴァノヴォへ移動&パレフ・エクスカーション<br />【イヴァノヴォ泊:ソユーズ・ホテル】<br />2016/07/08金 プリョスへ移動&観光<br />【プリョス泊:ヴィラ・フォルテツィア】<br />2016/07/09土 プリョス観光2日目&イヴァノヴォに戻る<br />【イヴァノヴォ泊:ソユーズ・ホテル】<br />2016/07/10日 黄金の環の都市スズダリへ移動&観光<br />【スズダリ泊:ニコラエフスキー・ポサド・ホテル】<br />2016/07/11月 黄金の環の都市スズダリ観光2日目★<br />【スズダリ泊:ニコラエフスキー・ポサド・ホテル】<br />2016/07/12火 黄金の環の都市ウラジミール観光の後、モスクワへ戻る<br />【モスクワ泊:パヴェレツカヤ・プローシャチ・ホテル】<br />2016/07/13水 モスクワ動物園半日&出国<br />【機内泊】<br />2016/07/14木 帰国<br /><br />※この旅行記の対象の日に★印をつけました。<br /><br />詳細旅程はもう1つのブログ「まみ’s Travel Diarty」<br />(http://mami1.cocolog-nifty.com/)<br />の記事に、ハイライト写真と共に前後編に分けて掲載しました。<br />http://mami1.cocolog-nifty.com/travel_diary1/2016/07/2016-b6ed.html<br />http://mami1.cocolog-nifty.com/travel_diary1/2016/08/post-e363.html<br /><br />「ズーズダリ発祥の地クレムリン<br />(中略)府主教宮殿の最も古い部分は15世紀の建設となる。現在は博物館となっており、通常4つの展示が行われている。見どころは長いテーブルが置かれた宮殿の応接室と、ロシアに唯一残る17世紀の「ヨルダンの天蓋」の展示だろう。「ヨルダンの天蓋」は、ロシアの洗礼式(1月19日)に使われたもので、川や湖の氷上に開けた十字形の穴をこの天がで覆って、その周りで儀式を行った。ちなみに儀式のあと冷水浴をするのが習わしで、今もよくその様子がテレビなどでも放映されている。このほか町の歴史資料を集めた展示や、イコンの展示がある。(後略)」<br />(「地球の歩き方 ロシア 2014~15年版」より)<br />

【作成中】2016年ロシア黄金の環めぐりの旅【第11日目:スズダリ2日目】(1)クレムリン再訪~2つのレンズで迫った豪奢なラジヂェストヴェンスキー聖堂内部と木像教会のある景色&府主教棟の歴史展示

8いいね!

2016/07/11 - 2016/07/11

148位(同エリア342件中)

まみ

まみさん

※2年ぶりとなる次の2018年の海外旅行の出発が迫ってきたので、2016年の旅行記の残り4本については、写真コメントは書き終えていないので、作成中の形でアップしておくことにしました。

―――――――――――
2016/07/11月 黄金の環の都市スズダリ観光2日目
・ホテルからタクシーでクレムリン前まで移動
◎クレムリン(10:40-12:40)
  ラジヂェストヴェンスキー聖堂
  木造教会(外観のみ)
  府主教棟の歴史展示
◎クレムリン裏手のカーメンカ川沿い散策
◎木造建築博物館(14:50-16:00)
  (雷雨で30分雨宿りを含む)
  蜂蜜酒メドヴーハで一休み
◎カーメンカ川沿いにクレムリンまで戻る
・イコン製作所(ニコリスカヤ教会)を覗く
・クレムリンスカヤ通りのおみやげ店めぐり
◎ウスペンスカヤ教会(ミサの最中)
◎トルゴヴァヤ広場と木彫刻
◎商業アーケード裏手のカーメンカ河畔の夕景
・レーニン通りのレストラン「ハルチェーヴニャ」で夕食(18:40-19:30)
◎商業アーケード裏手のカーメンカ河畔の夕景(晴れたので再び)
・近くのラザルス教会(外観)
・リザパラジェーンスキー修道院(外観)
・レーニン通りをホテルまで徒歩で戻る
【スズダリ泊:ニコラエフスキー・ポサド・ホテル】
―――――――――――

3年前のスズダリ初訪問のときは、町の中心のトルゴヴァヤ広場に面したホテルに滞在1泊したので、到着して早速、観光したのは、トルゴヴァヤ広場周辺と、そのすぐ先にあるクレムリンでした。

関連の旅行記
「2013年ロシア旅行~13年ぶりの再訪を3年前にあきらめた旅行計画で実現【第5日目:ズズダリ】(1)ズズダリに一目惚れ!~クレムリンまでの美しい風景&トルゴヴァヤ広場と教会や民芸品マーケット」
http://4travel.jp/travelogue/10841470
「2013年ロシア旅行~13年ぶりの再訪を3年前にあきらめた旅行計画で実現【第5日目:ズズダリ】(2)豪華な正教会内部が撮り放題! ズズダリのクレムリンの教会と博物館」
http://4travel.jp/travelogue/10841472

なので3年前にすでにじっくり見学し、たくさん写真を撮ってきたクレムリンとその内部の博物館ですが、クレムリンはスズダリ屈指の観光ハイライトの1つなので、当然、今回も外しませんでした。

ちなみに、今回の滞在ホテルは、スパソ・エフフィミエフ修道院の近くのニコラエフスキー・ポサド・ホテルだったので、クレムリンまでの2キロ、歩けないことはないけれど、体力と時間の節約のため、クレムリンの前までホテルからタクシーで行きました。
ホテルとクレムリン間の町並みも、可愛い家や教会が並んでいることは3年前の訪問で知っているので、そんな町並みも見どころの1つとして楽しみにしていましたが、それは、ミュージーアムなどの閉館時間が過ぎた後、夕方、ホテルに戻るときの片道で十分ですから。

記憶と写真に残る3年前と変わらぬ美しさを見せてくれたクレムリン!

同じ人間が撮る写真は同じような写真になるかもしれませんが、今回、持参したレンズは、3年前にはなかった10-22mmの超広角レンズと単焦点のシンデレラレンズが加わっているので、クレムリン内のメインのラジヂェストヴェンスキー聖堂内部では、その両方でチャレンジしました!
博物館の展示の方は、3年前からスズダリについて理解が深まったわけでもないので、私の見る目も、展示から得られる情報もたいして変わらなかったため、興味を引いた展示の写真のみをちょいちょいと撮り、3年前ほどは丁寧には撮りませんでした。
だいたい、今回は、展示の中で歴史的価値の高い「ヨルダンの天蓋」を見損ねてしまったくらいなのです~!
ちゃんとくまなく回ったつもりだったのに、もともと博物館として建てられた建物ではないので、ルートがちょっと分かりにくかったのです(苦笑)。
建物の外に出た後で、「ヨルダンの天蓋」を見損ねたことに気付きましたが、再入場不可でした。

クレムリンの周辺の景色は、丁寧に写真を撮りました。
ほんのちょっとのアングルの違いで、本人にとってはがらっと違う景色に見えたので@
それに、ロシアの美しい田園風景を堪能するのは、スズダリだけでなく、今回の黄金の環めぐりの旅で楽しみにしていたトップですから。
ただ、あとで冷静な目で見ると、類似した写真も多かったので、それを全てこの旅行記にアップしたわけではありません。
ただし、風景写真の方は、町並みと風景写真でまとめたズズダリ2日目の本日の旅行記のシリーズ3本目にまとめました。

<2016年ロシア黄金の環めぐりの旅の簡易旅程一覧>
2016/06/30木 職場から成田前泊
【成田泊:成田ゲートウェイホテル】
2016/07/01金 出国&モスクワ到着&駅前散策
【モスクワ泊:ヒルトン・レニングラーツカヤ・ホテル】
2016/07/02土 黄金の環の都市ロストフへ移動&観光
【ロストフ泊:モスコスキー・トラクト・ホテル】
2016/07/03日 黄金の環の都市ヤロスラブリへ移動&観光1日目
【ヤロスラブリ泊:パークイン・ラディッソン・ヤロスラブリ・ホテル】
2016/07/04月 黄金の環の都市コストロマへ移動&観光
【コストロマ泊:スネグラーチカ・ホテル】
2016/07/05火 黄金の環の都市ヤロスラブリへ戻る&観光2日目
【ヤロスラブリ泊:パークイン・ラディッソン・ヤロスラブリ・ホテル】
2016/07/06水 黄金の環の都市ウグリチ日帰り旅行
【ヤロスラブリ泊:パークイン・ラディッソン・ヤロスラブリ・ホテル】
2016/07/07木 イヴァノヴォへ移動&パレフ・エクスカーション
【イヴァノヴォ泊:ソユーズ・ホテル】
2016/07/08金 プリョスへ移動&観光
【プリョス泊:ヴィラ・フォルテツィア】
2016/07/09土 プリョス観光2日目&イヴァノヴォに戻る
【イヴァノヴォ泊:ソユーズ・ホテル】
2016/07/10日 黄金の環の都市スズダリへ移動&観光
【スズダリ泊:ニコラエフスキー・ポサド・ホテル】
2016/07/11月 黄金の環の都市スズダリ観光2日目★
【スズダリ泊:ニコラエフスキー・ポサド・ホテル】
2016/07/12火 黄金の環の都市ウラジミール観光の後、モスクワへ戻る
【モスクワ泊:パヴェレツカヤ・プローシャチ・ホテル】
2016/07/13水 モスクワ動物園半日&出国
【機内泊】
2016/07/14木 帰国

※この旅行記の対象の日に★印をつけました。

詳細旅程はもう1つのブログ「まみ’s Travel Diarty」
http://mami1.cocolog-nifty.com/
の記事に、ハイライト写真と共に前後編に分けて掲載しました。
http://mami1.cocolog-nifty.com/travel_diary1/2016/07/2016-b6ed.html
http://mami1.cocolog-nifty.com/travel_diary1/2016/08/post-e363.html

「ズーズダリ発祥の地クレムリン
(中略)府主教宮殿の最も古い部分は15世紀の建設となる。現在は博物館となっており、通常4つの展示が行われている。見どころは長いテーブルが置かれた宮殿の応接室と、ロシアに唯一残る17世紀の「ヨルダンの天蓋」の展示だろう。「ヨルダンの天蓋」は、ロシアの洗礼式(1月19日)に使われたもので、川や湖の氷上に開けた十字形の穴をこの天がで覆って、その周りで儀式を行った。ちなみに儀式のあと冷水浴をするのが習わしで、今もよくその様子がテレビなどでも放映されている。このほか町の歴史資料を集めた展示や、イコンの展示がある。(後略)」
(「地球の歩き方 ロシア 2014~15年版」より)

同行者
一人旅
旅行の手配内容
その他
8いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

この旅行記へのコメント (4)

開く

閉じる

  • huberさん 2018/07/24 22:47:42
    唐辛子婆さん、同感です!
    ロシア正教会の壁面画に興味があるので、それがたくさん詰まっている今回の記事が(一連の制作途中記事の中で)一番良かったです。まみさんの解釈で、(ヤクーツクの旅行記が一段落したら.) こちらのコメントもぜひお願いします。

    まみ

    まみさん からの返信 2018/07/28 19:50:18
    RE: 唐辛子婆さん、同感です!
    huberさん、こちらもコメントありがとうございます。

    旅行記にしたい写真がたくさんあって、2016年の旅行記を完成させずに今年の海外旅行を迎えたのはちょっと残念でした。写真だけでもお楽しみいただけて嬉しいですが、コメントも待ち構えていただけるなんて、嬉しいです。励みになります。まあ、ゆっくりですが、少しずつ進めて行きたいと思います。
    ほんとは、記憶が新しいときの方が、勢いでどんどんコメント書けたと思うのですが、まあ、あとからゆっくりふりかえるのもいいかなー。

    > ロシア正教会の壁面画に興味があるので、それがたくさん詰まっている今回の記事が(一連の制作途中記事の中で)一番良かったです。まみさんの解釈で、(ヤクーツクの旅行記が一段落したら.) こちらのコメントもぜひお願いします。
  • 唐辛子婆さん 2018/07/09 01:12:36
    なんという見ごたえ!
    まみさん

    この旅行記が一番気に入りました!
    教会内部の豪華さ丁寧さシブさもさりながら、人民の生活がつぶさに記録された絵もすばらしくコメントが付くのを楽しみにしています♪

    唐辛子婆

    まみ

    まみさん からの返信 2018/07/15 03:50:23
    RE: なんという見ごたえ!
    唐辛子婆さま、引き続いてのコメントありがとうございます。
    民衆の生活は壁絵でしたが、見ごたえありました。とても面白くて、3年前もしっかり写真を撮ったおぼえがあったのですが、今回の方が丁寧に撮ったと思います。
    コメントは早く書けば書くほど記憶二残っていることが多いはずなのに。。。ううむ。自分の記録のためにも、さっさと旅行記を完成させておくべきだったなあ。

    > まみさん
    >
    > この旅行記が一番気に入りました!
    > 教会内部の豪華さ丁寧さシブさもさりながら、人民の生活がつぶさに記録された絵もすばらしくコメントが付くのを楽しみにしています♪
    >
    > 唐辛子婆
    >

まみさんのトラベラーページ

マイルに交換できるフォートラベルポイントがたまります。
フォートラベルポイントって?

ロシアで使うWi-Fiはレンタルしましたか?

フォートラベル GLOBAL WiFiなら
ロシア最安 190円/日~

  • 空港で受取・返却可能
  • お得なポイントがたまる

ロシアの料金プランを見る

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

PAGE TOP

ピックアップ特集