ウラジーミル旅行記(ブログ) 一覧に戻る
※2年ぶりとなる次の2018年の海外旅行の出発が迫ってきたので、2016年の旅行記の残り4本については、写真コメントは書き終えていないので、作成中の形でアップしておくことにしました。<br /><br />―――――――――――<br />2016/07/12火 黄金の環の都市ウラジーミル観光の後、モスクワへ戻る<br />・手配済みの送迎で9時スズダリ出発<br />・英語ガイドと合流<br />◎バガリューボヴァ修道院<br />◎ポクロヴァ・ナ・ネルリ教会見学<br />・ドライバーに黄金の門に寄ってもらった後、12時頃ウラジーミル駅に到着<br />・ウラジーミル駅に荷物を預けて市内に出る<br />◎ドミトリエフスキー教会(外観のみ)(世界遺産)<br />◎ウスペンスキー大聖堂(世界遺産)見学<br />◎聖堂広場とウラジーミル像のある展望台<br />・ウラジーミル駅15時47分発707号特急でモスクワ・クルスク駅17時30分到着<br />・アルバート街のみやげ屋で買い物(19:40-20:30)<br />・アルバート街のセルフサービス・レストラン「ムームー」で夕食(20:35-21:10)<br />・アルバート街のコーヒーショップで食後のコーヒー(21:10-21:30)<br />【モスクワ泊:パヴェレツカヤ・プローシャチ・ホテル】<br />―――――――――――<br /><br />スズダリからモスクワに戻るのに、ウラジーミルを経由します。<br />なので、黄金の環最後の都市として、ウラジーミル観光をしてから、モスクワに戻ることにしました。<br />3年前のスズダリ初訪問のときは、スーツケースをモスクワのホテルに預け、1泊分の荷物だけの軽装でしたので、スズダリからモスクワに戻る交通機関は特に予約せず、スズダリのバスターミナルから都市間のバスでウラジーミルに行き、ウラジーミルの駅で見つけたモスクワ行きの長距離バスで戻りました。<br />今回は、モスクワに戻る特急サプサン号を、旅行代理店を通じて予約しておいて、スズダリからウラジーミルまでは3年前と同じように都市間バスを利用し、ウラジーミルも一人歩きするつもりでした。<br />でも出発数日前に、どうせウラジーミルを観光するなら、行ったことがない郊外のポクロヴァ・ナ・ネルリ教会のエクスカーションを入れたいと思い、現地英語ガイドを手配しました。<br />すぐ近くのバガリューボヴァ修道院見学とセットです。<br />そのため、ガイドと車はスズダリのホテルまで迎えに来てもらうことになりましたが、3日前にプリョスで尾てい骨にひびが入るけがをしてしまったので、だいぶ助かりました。<br /><br />ガイドさんに案内してもらったバガリューボヴァ修道院とポクロヴァ・ナ・ネルリ教会。<br />楽しみにしていたのはポクロヴァ・ナ・ネルリ教会の方でしたが、結果的に見応えがあったのはバガリューボヴァ修道院の方でした。<br />バガリューボヴァ修道院に到着したとき、聖旗を掲げた行進が始まるところでした。まさにロシア絵画で見たことがあるようなあれです。<br />教会は2つ見学できましたが、ミュージーアム扱いの教会の方は、正教会らしい美しいフレスコが残っていて、撮影もOKでした。<br />ポクロヴァ・ナ・ネルリ教会は、ロシアのおとぎの童話のモチーフになっている教会ですが、残念ながら本日曇天だったので、湖畔にたたずむ教会の姿は、期待したほどではありませんでした。<br />たぶん、それまでのスズダリ2日間とその前のプリョスで美しい田園景色がたっぷり見られたので、それに比べたら……ってことでしょう。<br />ただ、ガイドさんのおかげで、貴重な話がたくさん聞けました。<br /><br />昼にはエクカーションが終わり、ウラジーミル市内では黄金の門で車を降りました。<br />3年前は、黄金の門まで行けなかったのですが、今回は黄金の門から観光を開始できました。<br />ウラジーミルの黄金の門は、ムソルグスキー作曲の「展覧会の絵」であこがれていました。<br />ただし、中は見学せず、ウラジーミル観光のハイライトは、世界遺産のウスペンスキー大聖堂再訪の方でした。<br />ウスベンスキー大聖堂は現役の教会なので内部撮影は不可でなので、3年前も写真は撮っていません。<br />今回も写真が撮れない分、記憶に長くとどめようとじっくりと見学したつもりですが……なんとなく、一番よく覚えているのは、ろうそくや聖書などのグッズを売っている売店の方だったりしました。なぜかと思ったら、そこで修道院で作ったハーブティーをおみやげを買いましたからね(笑)。<br />ちなみに、ウスペンスキー大聖堂では、私をプリョスからズズタリまで送ってくれたドライバーさんと再会しました。非常に快適な車で、ばびゅーんと飛ばして、公共交通機関ではありえない速さでズズタリに送ってくれたものです。<br />別の観光客をウラジーミルまで送ってきたためらしいです。<br />たぶん現地代理店経由の依頼でしょう。意外と狭い世界だなぁと思いました。<br /><br /><2016年ロシア黄金の環めぐりの旅の簡易旅程一覧><br />2016/06/30木 職場から成田前泊<br />【成田泊:成田ゲートウェイホテル】<br />2016/07/01金 出国&モスクワ到着&駅前散策<br />【モスクワ泊:ヒルトン・レニングラーツカヤ・ホテル】<br />2016/07/02土 黄金の環の都市ロストフへ移動&観光<br />【ロストフ泊:モスコスキー・トラクト・ホテル】<br />2016/07/03日 黄金の環の都市ヤロスラブリへ移動&観光1日目<br />【ヤロスラブリ泊:パークイン・ラディッソン・ヤロスラブリ・ホテル】<br />2016/07/04月 黄金の環の都市コストロマへ移動&観光<br />【コストロマ泊:スネグラーチカ・ホテル】<br />2016/07/05火 黄金の環の都市ヤロスラブリへ戻る&観光2日目<br />【ヤロスラブリ泊:パークイン・ラディッソン・ヤロスラブリ・ホテル】<br />2016/07/06水 黄金の環の都市ウグリチ日帰り旅行<br />【ヤロスラブリ泊:パークイン・ラディッソン・ヤロスラブリ・ホテル】<br />2016/07/07木 イヴァノヴォへ移動&パレフ・エクスカーション<br />【イヴァノヴォ泊:ソユーズ・ホテル】<br />2016/07/08金 プリョスへ移動&観光<br />【プリョス泊:ヴィラ・フォルテツィア】<br />2016/07/09土 プリョス観光2日目&イヴァノヴォに戻る<br />【イヴァノヴォ泊:ソユーズ・ホテル】<br />2016/07/10日 黄金の環の都市スズダリへ移動&観光<br />【スズダリ泊:ニコラエフスキー・ポサド・ホテル】<br />2016/07/11月 黄金の環の都市スズダリ観光2日目<br />【スズダリ泊:ニコラエフスキー・ポサド・ホテル】<br />2016/07/12火 黄金の環の都市ウラジミール観光の後、モスクワへ戻る★<br />【モスクワ泊:パヴェレツカヤ・プローシャチ・ホテル】<br />2016/07/13水 モスクワ動物園半日&出国<br />【機内泊】<br />2016/07/14木 帰国<br /><br />※この旅行記の対象の日に★印をつけました。<br /><br />詳細旅程はもう1つのブログ「まみ’s Travel Diarty」<br />(http://mami1.cocolog-nifty.com/)<br />の記事に、ハイライト写真と共に前後編に分けて掲載しました。<br />http://mami1.cocolog-nifty.com/travel_diary1/2016/07/2016-b6ed.html<br />http://mami1.cocolog-nifty.com/travel_diary1/2016/08/post-e363.html<br /><br />※3年前に訪れたときの関連の旅行記<br />2013年ロシア旅行~13年ぶりの再訪を3年前にあきらめた旅行計画で実現【第6日目:ウラジーミル】(1)見晴らしの良い高台の上にそびえる世界遺産の白亜の聖堂<br />http://4travel.jp/travelogue/10851941<br /><br />

【作成中】2016年ロシア黄金の環めぐりの旅【第13日目:ウラジーミル】現地ガイドの案内で訪れたバガリューボヴァ修道院郊外のポクロヴァ・ナ・ネルリ教会&黄金の門から世界遺産のウスペンスキー大聖堂再訪の町歩き

10いいね!

2016/07/12 - 2016/07/12

13位(同エリア34件中)

まみ

まみさん

※2年ぶりとなる次の2018年の海外旅行の出発が迫ってきたので、2016年の旅行記の残り4本については、写真コメントは書き終えていないので、作成中の形でアップしておくことにしました。

―――――――――――
2016/07/12火 黄金の環の都市ウラジーミル観光の後、モスクワへ戻る
・手配済みの送迎で9時スズダリ出発
・英語ガイドと合流
◎バガリューボヴァ修道院
◎ポクロヴァ・ナ・ネルリ教会見学
・ドライバーに黄金の門に寄ってもらった後、12時頃ウラジーミル駅に到着
・ウラジーミル駅に荷物を預けて市内に出る
◎ドミトリエフスキー教会(外観のみ)(世界遺産)
◎ウスペンスキー大聖堂(世界遺産)見学
◎聖堂広場とウラジーミル像のある展望台
・ウラジーミル駅15時47分発707号特急でモスクワ・クルスク駅17時30分到着
・アルバート街のみやげ屋で買い物(19:40-20:30)
・アルバート街のセルフサービス・レストラン「ムームー」で夕食(20:35-21:10)
・アルバート街のコーヒーショップで食後のコーヒー(21:10-21:30)
【モスクワ泊:パヴェレツカヤ・プローシャチ・ホテル】
―――――――――――

スズダリからモスクワに戻るのに、ウラジーミルを経由します。
なので、黄金の環最後の都市として、ウラジーミル観光をしてから、モスクワに戻ることにしました。
3年前のスズダリ初訪問のときは、スーツケースをモスクワのホテルに預け、1泊分の荷物だけの軽装でしたので、スズダリからモスクワに戻る交通機関は特に予約せず、スズダリのバスターミナルから都市間のバスでウラジーミルに行き、ウラジーミルの駅で見つけたモスクワ行きの長距離バスで戻りました。
今回は、モスクワに戻る特急サプサン号を、旅行代理店を通じて予約しておいて、スズダリからウラジーミルまでは3年前と同じように都市間バスを利用し、ウラジーミルも一人歩きするつもりでした。
でも出発数日前に、どうせウラジーミルを観光するなら、行ったことがない郊外のポクロヴァ・ナ・ネルリ教会のエクスカーションを入れたいと思い、現地英語ガイドを手配しました。
すぐ近くのバガリューボヴァ修道院見学とセットです。
そのため、ガイドと車はスズダリのホテルまで迎えに来てもらうことになりましたが、3日前にプリョスで尾てい骨にひびが入るけがをしてしまったので、だいぶ助かりました。

ガイドさんに案内してもらったバガリューボヴァ修道院とポクロヴァ・ナ・ネルリ教会。
楽しみにしていたのはポクロヴァ・ナ・ネルリ教会の方でしたが、結果的に見応えがあったのはバガリューボヴァ修道院の方でした。
バガリューボヴァ修道院に到着したとき、聖旗を掲げた行進が始まるところでした。まさにロシア絵画で見たことがあるようなあれです。
教会は2つ見学できましたが、ミュージーアム扱いの教会の方は、正教会らしい美しいフレスコが残っていて、撮影もOKでした。
ポクロヴァ・ナ・ネルリ教会は、ロシアのおとぎの童話のモチーフになっている教会ですが、残念ながら本日曇天だったので、湖畔にたたずむ教会の姿は、期待したほどではありませんでした。
たぶん、それまでのスズダリ2日間とその前のプリョスで美しい田園景色がたっぷり見られたので、それに比べたら……ってことでしょう。
ただ、ガイドさんのおかげで、貴重な話がたくさん聞けました。

昼にはエクカーションが終わり、ウラジーミル市内では黄金の門で車を降りました。
3年前は、黄金の門まで行けなかったのですが、今回は黄金の門から観光を開始できました。
ウラジーミルの黄金の門は、ムソルグスキー作曲の「展覧会の絵」であこがれていました。
ただし、中は見学せず、ウラジーミル観光のハイライトは、世界遺産のウスペンスキー大聖堂再訪の方でした。
ウスベンスキー大聖堂は現役の教会なので内部撮影は不可でなので、3年前も写真は撮っていません。
今回も写真が撮れない分、記憶に長くとどめようとじっくりと見学したつもりですが……なんとなく、一番よく覚えているのは、ろうそくや聖書などのグッズを売っている売店の方だったりしました。なぜかと思ったら、そこで修道院で作ったハーブティーをおみやげを買いましたからね(笑)。
ちなみに、ウスペンスキー大聖堂では、私をプリョスからズズタリまで送ってくれたドライバーさんと再会しました。非常に快適な車で、ばびゅーんと飛ばして、公共交通機関ではありえない速さでズズタリに送ってくれたものです。
別の観光客をウラジーミルまで送ってきたためらしいです。
たぶん現地代理店経由の依頼でしょう。意外と狭い世界だなぁと思いました。

<2016年ロシア黄金の環めぐりの旅の簡易旅程一覧>
2016/06/30木 職場から成田前泊
【成田泊:成田ゲートウェイホテル】
2016/07/01金 出国&モスクワ到着&駅前散策
【モスクワ泊:ヒルトン・レニングラーツカヤ・ホテル】
2016/07/02土 黄金の環の都市ロストフへ移動&観光
【ロストフ泊:モスコスキー・トラクト・ホテル】
2016/07/03日 黄金の環の都市ヤロスラブリへ移動&観光1日目
【ヤロスラブリ泊:パークイン・ラディッソン・ヤロスラブリ・ホテル】
2016/07/04月 黄金の環の都市コストロマへ移動&観光
【コストロマ泊:スネグラーチカ・ホテル】
2016/07/05火 黄金の環の都市ヤロスラブリへ戻る&観光2日目
【ヤロスラブリ泊:パークイン・ラディッソン・ヤロスラブリ・ホテル】
2016/07/06水 黄金の環の都市ウグリチ日帰り旅行
【ヤロスラブリ泊:パークイン・ラディッソン・ヤロスラブリ・ホテル】
2016/07/07木 イヴァノヴォへ移動&パレフ・エクスカーション
【イヴァノヴォ泊:ソユーズ・ホテル】
2016/07/08金 プリョスへ移動&観光
【プリョス泊:ヴィラ・フォルテツィア】
2016/07/09土 プリョス観光2日目&イヴァノヴォに戻る
【イヴァノヴォ泊:ソユーズ・ホテル】
2016/07/10日 黄金の環の都市スズダリへ移動&観光
【スズダリ泊:ニコラエフスキー・ポサド・ホテル】
2016/07/11月 黄金の環の都市スズダリ観光2日目
【スズダリ泊:ニコラエフスキー・ポサド・ホテル】
2016/07/12火 黄金の環の都市ウラジミール観光の後、モスクワへ戻る★
【モスクワ泊:パヴェレツカヤ・プローシャチ・ホテル】
2016/07/13水 モスクワ動物園半日&出国
【機内泊】
2016/07/14木 帰国

※この旅行記の対象の日に★印をつけました。

詳細旅程はもう1つのブログ「まみ’s Travel Diarty」
http://mami1.cocolog-nifty.com/
の記事に、ハイライト写真と共に前後編に分けて掲載しました。
http://mami1.cocolog-nifty.com/travel_diary1/2016/07/2016-b6ed.html
http://mami1.cocolog-nifty.com/travel_diary1/2016/08/post-e363.html

※3年前に訪れたときの関連の旅行記
2013年ロシア旅行~13年ぶりの再訪を3年前にあきらめた旅行計画で実現【第6日目:ウラジーミル】(1)見晴らしの良い高台の上にそびえる世界遺産の白亜の聖堂
http://4travel.jp/travelogue/10851941

同行者
一人旅
旅行の手配内容
その他

PR

10いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

この旅行記へのコメント (3)

開く

閉じる

  • huberさん 2018/07/24 21:38:29
    猛暑お見舞い
    まみさん、イルクーツクからお戻り後、東京の劇的な高温気候下、いかがお過ごしですか。今回と、前回のロシア黄金の環巡りで撮られたお写真拝見しました。それそれにチャーミングな風景で、心和みますね。(私にもまみさんのような写真のセンスがあればなあ、、、。)まるで写真集をみているようでした。また、別のブログのイルクーツク旅行記も拝見しています。町の名前は聞いたことがありましたが、実際、どこにあるのか???どんな町なのか???興味津々で読んでいます。次回のお土産編の記事も楽しみです。最後に、涼しくしてお過ごしください。

    huberさん からの返信 2018/07/24 21:50:40
    訂正
    すみません、先ほど、町の名前を「イルクーツク」と書いてしまいましたが、「ヤクーツク」の間違いでした。訂正いたします。

    まみ

    まみさん からの返信 2018/07/28 19:12:16
    RE: 猛暑お見舞い
    huberさん、こんにちは。コメントありがとうございます! うれしいです。ブログや旅行記を作成する励みになります!
    ヤクーツクは涼しかったです。
    黄金の環のようなチャーミングさはないけれど、日本から行く人がなかなかいないレアさも面白かったです。
    実はhuberさんがイルクーツクとヤクーツクを混同されたのは、私のせいですよね。ブログの記事のタイトル、はじめイルクーツクって間違えて書いていましたもん。
    ヤクーツクについては、黄金の環のチャーミングさは期待しないで楽しみにしてくださいね〜。
    もう一つのブログのおみやげ記事はアップしました!
    huberさんの書き込みを読んで、さくさくっと進みましたよ。

    > まみさん、イルクーツクからお戻り後、東京の劇的な高温気候下、いかがお過ごしですか。今回と、前回のロシア黄金の環巡りで撮られたお写真拝見しました。それそれにチャーミングな風景で、心和みますね。(私にもまみさんのような写真のセンスがあればなあ、、、。)まるで写真集をみているようでした。また、別のブログのイルクーツク旅行記も拝見しています。町の名前は聞いたことがありましたが、実際、どこにあるのか???どんな町なのか???興味津々で読んでいます。次回のお土産編の記事も楽しみです。最後に、涼しくしてお過ごしください。

まみさんのトラベラーページ

マイルに交換できるフォートラベルポイントがたまります。
フォートラベルポイントって?

ロシアで使うWi-Fiはレンタルしましたか?

フォートラベル GLOBAL WiFiなら
ロシア最安 487円/日~

  • 空港で受取・返却可能
  • お得なポイントがたまる

ロシアの料金プランを見る

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

PAGE TOP

ピックアップ特集