沖縄の名城巡りです。首里城は、中国の城の影響を大きく受けています。門や各種の建築物は漆で朱塗りされ、屋根瓦には初期は高麗瓦、後に琉球瓦(赤瓦)が使われ、各部の装飾には国王の象徴である龍が多用されました。

2018春、沖縄の名城巡り(22/28):3月10日(7):首里城(3):淑順門、寄内の御嶽、ガマ遺構、リュウキュウバライチゴ

35いいね!

2018/03/08 - 2018/03/10

828位(同エリア5470件中)

旅行記グループ 2018春、沖縄の名城巡り

0

30

旅人のくまさん

旅人のくまさんさん

沖縄の名城巡りです。首里城は、中国の城の影響を大きく受けています。門や各種の建築物は漆で朱塗りされ、屋根瓦には初期は高麗瓦、後に琉球瓦(赤瓦)が使われ、各部の装飾には国王の象徴である龍が多用されました。

交通手段
観光バス JALグループ

PR

  • 『正殿」の内部の見学を終え、次の見学に向かう途中の光景です。中央奥に見える建物が、この後紹介する『淑順門(しゅくじゅんもん)』になるようです。その背後に那覇の市街光景がありました。

    『正殿」の内部の見学を終え、次の見学に向かう途中の光景です。中央奥に見える建物が、この後紹介する『淑順門(しゅくじゅんもん)』になるようです。その背後に那覇の市街光景がありました。

  • 曲線を持った首里城の城壁と、ベンガラ色に彩色された建物の光景です。本殿と北殿の入城見学を終え、次の見学場所に向かう途中の光景です。本殿より、一段低くなった、東北側方面に向かいました。

    曲線を持った首里城の城壁と、ベンガラ色に彩色された建物の光景です。本殿と北殿の入城見学を終え、次の見学場所に向かう途中の光景です。本殿より、一段低くなった、東北側方面に向かいました。

  • 逆光での写真になってしまいましたが、『淑順門(しゅくじゅんもん)』の光景です。扁額に記された、『淑順』の二文字の文字が読み取れました。門に向かって、登りの石段がありましたが、現在は通行禁止になっていました。

    逆光での写真になってしまいましたが、『淑順門(しゅくじゅんもん)』の光景です。扁額に記された、『淑順』の二文字の文字が読み取れました。門に向かって、登りの石段がありましたが、現在は通行禁止になっていました。

  • 『淑順門(しゅくじゅんもん)』のタイトルがあった説明パネルの光景です。創建年は不明ですが、国王やっその数句がクラス『御内原』飛ばれるエリアへの表門と紹介されていました。

    『淑順門(しゅくじゅんもん)』のタイトルがあった説明パネルの光景です。創建年は不明ですが、国王やっその数句がクラス『御内原』飛ばれるエリアへの表門と紹介されていました。

  • 正殿がある場所より一段低くなった、東側方面の光景です。近年に発掘調査と整備が行われたエリアのようでした。正殿よりも東北に位置する城壁に囲まれた一角です。縄張図を参照しますと、かつての『世誇殿(よほこりでん)』の北側に位置しているようでした。

    正殿がある場所より一段低くなった、東側方面の光景です。近年に発掘調査と整備が行われたエリアのようでした。正殿よりも東北に位置する城壁に囲まれた一角です。縄張図を参照しますと、かつての『世誇殿(よほこりでん)』の北側に位置しているようでした。

  • 前の写真で紹介した、正面に見えていた扉がなかった仕切塀を超えた東側の光景です。右側に高い城壁が連なっていました。この城壁内のアリアでは、『世誇殿(よほこりでん)』と『女官居室(にょかんきょしつ)』の建物復元工事が行われているようでした。

    前の写真で紹介した、正面に見えていた扉がなかった仕切塀を超えた東側の光景です。右側に高い城壁が連なっていました。この城壁内のアリアでは、『世誇殿(よほこりでん)』と『女官居室(にょかんきょしつ)』の建物復元工事が行われているようでした。

  • 『寄内の御嶽(ミヤガモリノ御イベ)、寄内の御嶽(カミジヤヤマジヤデラノ御イベ)』のタイトルがあった説明パネルの光景です。『寄内』には『よせうち』のフリガナがありました。近年再現された御嶽とされます。

    『寄内の御嶽(ミヤガモリノ御イベ)、寄内の御嶽(カミジヤヤマジヤデラノ御イベ)』のタイトルがあった説明パネルの光景です。『寄内』には『よせうち』のフリガナがありました。近年再現された御嶽とされます。

  • 『竹林の再現と正殿に飾られた「連理の竹」』のタイトルがあった説明パネルの光景です。『連理の竹』とは、同じ節から2本ずつの枝を出す種類の竹で、写真では、モウソウチク(孟宗竹)、マダケ(苦竹)トホテイチク(布袋竹)が紹介されていました。

    『竹林の再現と正殿に飾られた「連理の竹」』のタイトルがあった説明パネルの光景です。『連理の竹』とは、同じ節から2本ずつの枝を出す種類の竹で、写真では、モウソウチク(孟宗竹)、マダケ(苦竹)トホテイチク(布袋竹)が紹介されていました。

  • 麓方面に向かって、蛇行しながら伸びていく城壁の光景です。蛇行させるのは、城壁の外側の死角を出来るだけ少なくするための工夫のようです。長蛇のような城壁の光景でした。

    イチオシ

    麓方面に向かって、蛇行しながら伸びていく城壁の光景です。蛇行させるのは、城壁の外側の死角を出来るだけ少なくするための工夫のようです。長蛇のような城壁の光景でした。

  • 首里城の北側に巡らされた城壁越しに眺めた、城外の市街光景です。沖縄を象徴する赤瓦の屋根が並んでいました。沖縄県で産する赤色の釉薬瓦(粘土瓦)で、琉球赤瓦(りゅうきゅうあかがわら)とも呼ばれます。また、沖縄県で産する瓦を色にかかわらず総称する場合には、『琉球瓦(りゅうきゅうがわら)』や『島瓦(しまがわら)と呼ばれます。

    首里城の北側に巡らされた城壁越しに眺めた、城外の市街光景です。沖縄を象徴する赤瓦の屋根が並んでいました。沖縄県で産する赤色の釉薬瓦(粘土瓦)で、琉球赤瓦(りゅうきゅうあかがわら)とも呼ばれます。また、沖縄県で産する瓦を色にかかわらず総称する場合には、『琉球瓦(りゅうきゅうがわら)』や『島瓦(しまがわら)と呼ばれます。

  • 首里城の場内光景に戻りました。東方面の光景になります。右側に見える高石垣がなければ、公園と見間違えそうな光景です。

    首里城の場内光景に戻りました。東方面の光景になります。右側に見える高石垣がなければ、公園と見間違えそうな光景です。

  • 樹木が生い茂った場所の下部に、洞窟の入口が並んでいました。この後紹介する、『ガマ遺構』と呼ばれる洞窟遺跡です。『ガマ』とは、『自然洞窟』のことです。沖縄本島には約2000の石灰岩で形成された鍾乳洞があり、それらは沖縄方言で『ガマ』と呼ばれています。

    イチオシ

    樹木が生い茂った場所の下部に、洞窟の入口が並んでいました。この後紹介する、『ガマ遺構』と呼ばれる洞窟遺跡です。『ガマ』とは、『自然洞窟』のことです。沖縄本島には約2000の石灰岩で形成された鍾乳洞があり、それらは沖縄方言で『ガマ』と呼ばれています。

  • 『ガマ遺構』のタイトルがあった説明パネルの光景です。崖地の下部に見える石積の奥にある洞窟遺跡を、『ガマ遺構』と呼んでいることが紹介されていました。18世紀の古地図には記載されていますが、正史には記載がない施設とされます。

    『ガマ遺構』のタイトルがあった説明パネルの光景です。崖地の下部に見える石積の奥にある洞窟遺跡を、『ガマ遺構』と呼んでいることが紹介されていました。18世紀の古地図には記載されていますが、正史には記載がない施設とされます。

  • 『ガマ遺構』の入口付近の光景です。入口の両脇に石積が残されています。琉球王国の正史に記載がないことから、『ウシヌジガマ』と呼ばれた、女官たちの息抜きの場所とする説もあります。想像の域ですが、奥はかなり広そうでした。

    『ガマ遺構』の入口付近の光景です。入口の両脇に石積が残されています。琉球王国の正史に記載がないことから、『ウシヌジガマ』と呼ばれた、女官たちの息抜きの場所とする説もあります。想像の域ですが、奥はかなり広そうでした。

  • 『ガマ遺構』の入口は、複数ありました。同じように前面には石垣が積まれた人工の洞窟です。『ウシヌジガマ』は、発掘調査の結果、15世紀のグスク時代から、20世紀の近代まで使用されていたことが出土品から確認されています。

    『ガマ遺構』の入口は、複数ありました。同じように前面には石垣が積まれた人工の洞窟です。『ウシヌジガマ』は、発掘調査の結果、15世紀のグスク時代から、20世紀の近代まで使用されていたことが出土品から確認されています。

  • 『ガマ遺構』の入口のズームアップ光景です。どの遺構も、厳重な立入り禁止の金属柵が設けてありました。施設の形態は、浦添市に残るグスク時代の両部の『浦添ようどれ』に似ているとの指摘もあります。

    『ガマ遺構』の入口のズームアップ光景です。どの遺構も、厳重な立入り禁止の金属柵が設けてありました。施設の形態は、浦添市に残るグスク時代の両部の『浦添ようどれ』に似ているとの指摘もあります。

  • 三つ目の『ガマ遺構』の入口のズームアップ光景です。かなりきちんとした石積が残されていました。この一帯には、2箇所の『御嶽(うたき)』があったとする指摘もあります。先に説明パネルを紹介した、『寄内の御嶽(ミヤガモリノ御イベ)』と『寄内の御嶽(カミジヤヤマジヤデラノ御イベ)』のことのようです。

    三つ目の『ガマ遺構』の入口のズームアップ光景です。かなりきちんとした石積が残されていました。この一帯には、2箇所の『御嶽(うたき)』があったとする指摘もあります。先に説明パネルを紹介した、『寄内の御嶽(ミヤガモリノ御イベ)』と『寄内の御嶽(カミジヤヤマジヤデラノ御イベ)』のことのようです。

  • 左手前が『ガマ遺跡』があった崖地、その先に見えるのが、正殿や『御庭(ウナー)』を護る高石垣の光景です。再建された石垣のようですが、優美な曲線を持った、切込み接ぎの素晴らしい石垣です。

    左手前が『ガマ遺跡』があった崖地、その先に見えるのが、正殿や『御庭(ウナー)』を護る高石垣の光景です。再建された石垣のようですが、優美な曲線を持った、切込み接ぎの素晴らしい石垣です。

  • 公園のような広場に整備された、首里城内の東北部分の光景です。左手の高石垣が、グスクの中心部を護る石垣、右手には急峻な崖と日田川の守りの城壁が連なっています。

    公園のような広場に整備された、首里城内の東北部分の光景です。左手の高石垣が、グスクの中心部を護る石垣、右手には急峻な崖と日田川の守りの城壁が連なっています。

  • 東北側から眺めた、ガマ遺跡があった方面と、正殿などが置かれたエリアを囲う高石垣の光景です。城壁の中に樹木や自然石、崖が残されているのは、『御嶽(ウタキ)』があった名残かも知れません。

    東北側から眺めた、ガマ遺跡があった方面と、正殿などが置かれたエリアを囲う高石垣の光景です。城壁の中に樹木や自然石、崖が残されているのは、『御嶽(ウタキ)』があった名残かも知れません。

  • 首里城跡の城壁の中で、一番北東に位置する場所に登ることができる、観光用の階段の光景です。途中で立入り制限がありましたから、階段途中から振り返って眺めた城内光景です。

    首里城跡の城壁の中で、一番北東に位置する場所に登ることができる、観光用の階段の光景です。途中で立入り制限がありましたから、階段途中から振り返って眺めた城内光景です。

  • 観光用の階段のの上から眺めた、首里城北東部の場内光景です。再建された建物はなく、公園のような整備がされていました。左手上部付近に、正殿の甍が見えているようです。その他に見えている赤瓦の屋根は、北殿と淑順門当たりのようです。

    イチオシ

    観光用の階段のの上から眺めた、首里城北東部の場内光景です。再建された建物はなく、公園のような整備がされていました。左手上部付近に、正殿の甍が見えているようです。その他に見えている赤瓦の屋根は、北殿と淑順門当たりのようです。

  • 『リュウキュウバライチゴ(琉球薔薇苺)』の光景です。白い花が咲き、赤い集合核果も生っていました。本州の房総半島から沖縄にかけて分布し、海岸に近い山地の道端や林の縁などに生えます。海外では、朝鮮半島の南部や台湾にも分布します。

    『リュウキュウバライチゴ(琉球薔薇苺)』の光景です。白い花が咲き、赤い集合核果も生っていました。本州の房総半島から沖縄にかけて分布し、海岸に近い山地の道端や林の縁などに生えます。海外では、朝鮮半島の南部や台湾にも分布します。

  • 『リュウキュウバライチゴ』のタイトルがあった説明パネルの光景です。琉球薔薇苺(リュウキュウバライチゴ)は、バラ科キイチゴ属の落葉低木です。別名が、『オオバライチゴ(大薔薇苺)』であることも紹介されていました。

    『リュウキュウバライチゴ』のタイトルがあった説明パネルの光景です。琉球薔薇苺(リュウキュウバライチゴ)は、バラ科キイチゴ属の落葉低木です。別名が、『オオバライチゴ(大薔薇苺)』であることも紹介されていました。

  • 赤く熟れた『集合核果』のズームアップ光景です。『キイチゴ状果』とも呼ばれ、赤く熟すると食用になるようです。小さい頃、家で育った木苺の実を食べたことがありますが、あまり美味しいものではなかった記憶があります。

    赤く熟れた『集合核果』のズームアップ光景です。『キイチゴ状果』とも呼ばれ、赤く熟すると食用になるようです。小さい頃、家で育った木苺の実を食べたことがありますが、あまり美味しいものではなかった記憶があります。

  • 同じく、赤く熟れた『集合核果』のズームアップ光景です。キイチゴ属は分化が激しく雑種も多いため、種の認定には諸説あります。大きく数十種にわけそれぞれに多数の亜種や変種を認める説や、細かく数百種にわけそれらをいくつかの亜属や節に分類する説などです。『リュウキュウイチゴ(琉球苺)』もキイチゴ属になります。

    同じく、赤く熟れた『集合核果』のズームアップ光景です。キイチゴ属は分化が激しく雑種も多いため、種の認定には諸説あります。大きく数十種にわけそれぞれに多数の亜種や変種を認める説や、細かく数百種にわけそれらをいくつかの亜属や節に分類する説などです。『リュウキュウイチゴ(琉球苺)』もキイチゴ属になります。

  • 赤く熟れた『集合核果』と白い花のズームアップ光景です。キイチゴ類は、日本では古代から室町時代ごろまでは栽培されていましたが、その系統は途絶えたようです。現在の日本では欧米のラズベリーやブラックベリーが小規模に栽培されているのみとされます。首里城内での展示は、それらのことを踏まえたものかも知れません。

    赤く熟れた『集合核果』と白い花のズームアップ光景です。キイチゴ類は、日本では古代から室町時代ごろまでは栽培されていましたが、その系統は途絶えたようです。現在の日本では欧米のラズベリーやブラックベリーが小規模に栽培されているのみとされます。首里城内での展示は、それらのことを踏まえたものかも知れません。

  • 『リュウキュウバライチゴ(琉球薔薇苺)』の白い花のズームアップ光景です。首里城内で展示栽培されているキイチゴ(木苺)は、『リュウキュウバライチゴ(琉球薔薇苺)』のほか、『ナワシロイチゴ(苗代苺)』、『リュウキュウイチゴ(琉球苺)』や『ホウロクイチゴ(焙烙苺)』などです。

    『リュウキュウバライチゴ(琉球薔薇苺)』の白い花のズームアップ光景です。首里城内で展示栽培されているキイチゴ(木苺)は、『リュウキュウバライチゴ(琉球薔薇苺)』のほか、『ナワシロイチゴ(苗代苺)』、『リュウキュウイチゴ(琉球苺)』や『ホウロクイチゴ(焙烙苺)』などです。

  • 地上すれすれに垂れ下がって来た赤い実の光景です。『リュウキュウバライチゴ(琉球薔薇苺)』を紹介しているつもりでしたが、別種のキイチゴの写真も交じってしまったかも知れません。

    地上すれすれに垂れ下がって来た赤い実の光景です。『リュウキュウバライチゴ(琉球薔薇苺)』を紹介しているつもりでしたが、別種のキイチゴの写真も交じってしまったかも知れません。

  • 少し草臥れた白い花と、咲き終えて、緑色の実が生り始めた枝先の光景です。キイチゴ族の果実は、食べられるものが多く、いわゆる野いちごは大部分がこの属のものとされます。

    少し草臥れた白い花と、咲き終えて、緑色の実が生り始めた枝先の光景です。キイチゴ族の果実は、食べられるものが多く、いわゆる野いちごは大部分がこの属のものとされます。

35いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

旅行記グループ

2018春、沖縄の名城巡り

マイルに交換できるフォートラベルポイントがたまります。
フォートラベルポイントって?

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

那覇の人気ホテルランキング

PAGE TOP

ピックアップ特集