美ら海・本部・今帰仁旅行記(ブログ) 一覧に戻る
沖縄の名城巡りです。今帰仁城の見学の最後に今帰仁村歴史文化センターに立寄り、読谷村(よみたんそん)にある『むら咲むら』のレストランに昼食に向かいました。

2018春、沖縄の名城巡り(7/28):3月9日(6):今帰仁城(6):今帰仁村歴史文化センター、ブラシの木、アダン、むら咲むらへ

40いいね!

2018/03/08 - 2018/03/10

235位(同エリア1985件中)

旅行記グループ 2018春、沖縄の名城巡り

0

30

沖縄の名城巡りです。今帰仁城の見学の最後に今帰仁村歴史文化センターに立寄り、読谷村(よみたんそん)にある『むら咲むら』のレストランに昼食に向かいました。

交通手段
観光バス JALグループ

PR

  • 名前を知らずに撮影した、5~7弁の白い花の光景です。野草か草花か判別付かない地味な花でした。キク科の植物当たりでしょうか。ネット検索では、帰化植物の『アワユキセンダングサ (泡雪栴檀草) 』や、シロノセンダングサ(白の栴檀草)当たりが似ているようでした。

    名前を知らずに撮影した、5~7弁の白い花の光景です。野草か草花か判別付かない地味な花でした。キク科の植物当たりでしょうか。ネット検索では、帰化植物の『アワユキセンダングサ (泡雪栴檀草) 』や、シロノセンダングサ(白の栴檀草)当たりが似ているようでした。

  • 二艘並んだ小舟の光景です。手前の小舟には、波模様をアレンジしたような鮮やかな色の絵がありました。今帰仁村歴史文化センターの入口付近での撮影でした。

    二艘並んだ小舟の光景です。手前の小舟には、波模様をアレンジしたような鮮やかな色の絵がありました。今帰仁村歴史文化センターの入口付近での撮影でした。

  • 今帰仁村歴史文化センターの前から眺めたビジターセンターの光景です。忘れないうちに、日本百名城巡りのスタンプを押して来ました。

    今帰仁村歴史文化センターの前から眺めたビジターセンターの光景です。忘れないうちに、日本百名城巡りのスタンプを押して来ました。

  • 今帰仁村歴史文化センターの正面玄関光景です。内部の写真撮影はフラッシュを焚かなければ撮影OKのマークがありました。今帰仁城との共通券で入場できました。

    今帰仁村歴史文化センターの正面玄関光景です。内部の写真撮影はフラッシュを焚かなければ撮影OKのマークがありました。今帰仁城との共通券で入場できました。

  • 今帰仁村歴史文化センターの出入り口横に置かれていた、三層の城郭のような置物の光景です。唐破風を持った、大きな鯱が乗った姿です。琉球王国では造られることがなかった天守かも知れません。

    今帰仁村歴史文化センターの出入り口横に置かれていた、三層の城郭のような置物の光景です。唐破風を持った、大きな鯱が乗った姿です。琉球王国では造られることがなかった天守かも知れません。

  • 『シダレハナマキ(枝垂れ花巻)』の赤い花の光景です。フトモモ科ブラシノキ属の常緑高木です。オーストラリア東部が原産で、『ブラシの木』の呼び名もあります。

    『シダレハナマキ(枝垂れ花巻)』の赤い花の光景です。フトモモ科ブラシノキ属の常緑高木です。オーストラリア東部が原産で、『ブラシの木』の呼び名もあります。

  • 同じく、『シダレハナマキ(枝垂れ花巻)』の赤い花の光景です。樹高8~10メートルほどにも成長する種類のようです。<br />

    同じく、『シダレハナマキ(枝垂れ花巻)』の赤い花の光景です。樹高8~10メートルほどにも成長する種類のようです。

  • 『ブラシの樹』とも呼ばれる、『シダレハナマキ(枝垂れ花巻)』の赤い花のズームアップ光景です。真っ赤な『雄しべ』が無数に並びます。

    イチオシ

    『ブラシの樹』とも呼ばれる、『シダレハナマキ(枝垂れ花巻)』の赤い花のズームアップ光景です。真っ赤な『雄しべ』が無数に並びます。

  • 『シダレハナマキ』の名札の紹介です。枝葉が細く、全体的に弓なりに『枝垂れる』のも、この種の大きな特徴とされます。

    『シダレハナマキ』の名札の紹介です。枝葉が細く、全体的に弓なりに『枝垂れる』のも、この種の大きな特徴とされます。

  • 今帰仁村歴史文化センターの近くにあった『公園案内図』です。北は、ほぼ左向きで、少し下向きの方角の地図です。

    今帰仁村歴史文化センターの近くにあった『公園案内図』です。北は、ほぼ左向きで、少し下向きの方角の地図です。

  • 同じく、今帰仁村歴史文化センターの近くにあった『広域案内図』です。今帰仁城跡や、右上に古宇利島、左上に海洋博公園なども記されていました。上が北の方角です。

    同じく、今帰仁村歴史文化センターの近くにあった『広域案内図』です。今帰仁城跡や、右上に古宇利島、左上に海洋博公園なども記されていました。上が北の方角です。

  • 沢山の実を付けた、『アダン(阿檀)』の樹です。タコの木とも呼ばれます。亜熱帯から熱帯の海岸近くに生育する、タコノキ科タコノキ属の常緑小高木です。戦後28年間グアムのジャングルで生き延びた横井正一さんは、『食べ物はどんなものでしたか』の質問に、『ソテツの実、ヤシ、パンの実』と答えられています。アダンの実は食べ物にならなかったようです。ソテツの実は晒して食したようです。

    沢山の実を付けた、『アダン(阿檀)』の樹です。タコの木とも呼ばれます。亜熱帯から熱帯の海岸近くに生育する、タコノキ科タコノキ属の常緑小高木です。戦後28年間グアムのジャングルで生き延びた横井正一さんは、『食べ物はどんなものでしたか』の質問に、『ソテツの実、ヤシ、パンの実』と答えられています。アダンの実は食べ物にならなかったようです。ソテツの実は晒して食したようです。

  • オレンジ色に熟れた、『アダン(阿檀)』の実のズームアップ光景です。現地ガイドさんにお聞きしましたら、美味しくないので、沖縄では食べることはないとのご返事でした。ウィキぺディアにも、『パイナップルのような外観と甘い芳香のため、果実はいかにも美味に見えるが、ほとんどが繊維質で人間が食べるのには適さない』と紹介されていました。

    イチオシ

    オレンジ色に熟れた、『アダン(阿檀)』の実のズームアップ光景です。現地ガイドさんにお聞きしましたら、美味しくないので、沖縄では食べることはないとのご返事でした。ウィキぺディアにも、『パイナップルのような外観と甘い芳香のため、果実はいかにも美味に見えるが、ほとんどが繊維質で人間が食べるのには適さない』と紹介されていました。

  • 『むら咲むら』のタイトルがあった案内看板の光景です。中頭郡の読谷村(よみたんそん)にある施設で、元々は平成5年(1993年)放映のNHK大河ドラマ、『琉球の風』のオープン・スタジオでした。現在は、各種の実体験ができる『体験王国』に生まれ変わっています。

    『むら咲むら』のタイトルがあった案内看板の光景です。中頭郡の読谷村(よみたんそん)にある施設で、元々は平成5年(1993年)放映のNHK大河ドラマ、『琉球の風』のオープン・スタジオでした。現在は、各種の実体験ができる『体験王国』に生まれ変わっています。

  • 出入口の横に置かれていた、獅子像のズームアップ光景です。ふさふさとした毛並みの吽形の雌獅子です。まん丸の目玉と鼻の形などで、厳めしさより、ひょうきんさを感じる顔の造作です。

    出入口の横に置かれていた、獅子像のズームアップ光景です。ふさふさとした毛並みの吽形の雌獅子です。まん丸の目玉と鼻の形などで、厳めしさより、ひょうきんさを感じる顔の造作です。

  • 同じく、出入口の横に置かれていた、獅子像のズームアップ光景です。大きく口を開けた、阿形の雄獅子です。こちらの像も、まん丸の目玉でした。

    イチオシ

    同じく、出入口の横に置かれていた、獅子像のズームアップ光景です。大きく口を開けた、阿形の雄獅子です。こちらの像も、まん丸の目玉でした。

  • 雌雄の狛犬が護っていた建物の正面光景です。『南海の風・琉球王国』や『むら咲むら』の表示のほか、『32工房、101の体験!』のキャッチフレーズも記してありました。

    雌雄の狛犬が護っていた建物の正面光景です。『南海の風・琉球王国』や『むら咲むら』の表示のほか、『32工房、101の体験!』のキャッチフレーズも記してありました。

  • 琉球美人のお出迎えです。残念ながら、等身大のお人形さんでした。華やかな着物に似た民族衣装と大きな帽子姿です。沖縄女性の伝統的な花嫁衣裳は、色鮮やかな紅型(ビンガタ)と呼ばれる衣装に、からじ結いという髪型とされます。その衣装と帯とは少し違うようです。

    琉球美人のお出迎えです。残念ながら、等身大のお人形さんでした。華やかな着物に似た民族衣装と大きな帽子姿です。沖縄女性の伝統的な花嫁衣裳は、色鮮やかな紅型(ビンガタ)と呼ばれる衣装に、からじ結いという髪型とされます。その衣装と帯とは少し違うようです。

  • 両脇に石垣が積まれた石畳の道の光景です。その頭上に、黄色と赤色のランタンが飾られていました。開催中だった、ランタン・フェスティバルの飾り付けかも知れません。

    両脇に石垣が積まれた石畳の道の光景です。その頭上に、黄色と赤色のランタンが飾られていました。開催中だった、ランタン・フェスティバルの飾り付けかも知れません。

  • 昼食のレストランに向かう途中の街路光景です。赤瓦で葺かれた建物は、民家ではなく、体験王国の『むら咲むら』のイベント用の建物のようでした。この場所には、津波対策用の『海抜25m』の表示がありました。

    昼食のレストランに向かう途中の街路光景です。赤瓦で葺かれた建物は、民家ではなく、体験王国の『むら咲むら』のイベント用の建物のようでした。この場所には、津波対策用の『海抜25m』の表示がありました。

  • 1メートルほどの高さの石垣の上に並べられていた置物の紹介です。この置物には、工房名らしい『ひで房』の表示がありました。雌雄の二体が揃った、ウェルカム獅子像です。

    1メートルほどの高さの石垣の上に並べられていた置物の紹介です。この置物には、工房名らしい『ひで房』の表示がありました。雌雄の二体が揃った、ウェルカム獅子像です。

  • 道に沿って展示された、ランタン・フェスティバルの応募作品の光景です。食事のあとに見学時間がありましたから、後ほど、その時に撮影した写真で紹介します。中々の力作揃いでした。

    道に沿って展示された、ランタン・フェスティバルの応募作品の光景です。食事のあとに見学時間がありましたから、後ほど、その時に撮影した写真で紹介します。中々の力作揃いでした。

  • 昼食のレストランの『謝名亭』の表札です。琉球王国時代の武家屋敷の造りとお聞きしました。この表札は。『ジャナテイ』と読むようです。琉球王国は、1429年から1879年の450年間、琉球諸島を中心に存在しました。中国大陸、日本の文化の影響を受けつつ、交易で流入する南方文化の影響も受けた独自の文化を築き上げました。

    昼食のレストランの『謝名亭』の表札です。琉球王国時代の武家屋敷の造りとお聞きしました。この表札は。『ジャナテイ』と読むようです。琉球王国は、1429年から1879年の450年間、琉球諸島を中心に存在しました。中国大陸、日本の文化の影響を受けつつ、交易で流入する南方文化の影響も受けた独自の文化を築き上げました。

  • 昼食のレストランの『謝名亭』の室内光景です。違い戸棚や床の間がありましたが、武家屋敷の厳めしさではなく、明るく開放的な部屋の造りと装飾でした。障子にも赤い幾何学模様がありました。

    昼食のレストランの『謝名亭』の室内光景です。違い戸棚や床の間がありましたが、武家屋敷の厳めしさではなく、明るく開放的な部屋の造りと装飾でした。障子にも赤い幾何学模様がありました。

  • 部屋は間仕切ることもできるようでしたが、すべて襖が開けられていました。畳敷きでしたから、腰掛ではなく、坐っての食事でしたから少し不便でした。

    部屋は間仕切ることもできるようでしたが、すべて襖が開けられていました。畳敷きでしたから、腰掛ではなく、坐っての食事でしたから少し不便でした。

  • 昼食のレストランの『謝名亭』の入口門の光景です。入場する時には時間の余裕がありませんでしたから、食事を終わった後での撮影です。建物や出入口門の屋根も、すべて赤瓦で葺かれていました。<br />

    昼食のレストランの『謝名亭』の入口門の光景です。入場する時には時間の余裕がありませんでしたから、食事を終わった後での撮影です。建物や出入口門の屋根も、すべて赤瓦で葺かれていました。

  • 昼食のレストランのの入口門の横にあった、『琉球武家屋敷・謝名亭』のタイトルがあった説明パネルの光景です。首里城下にあった、当時の大臣に当たる三司官の『謝名親方』の邸宅を再現したものと紹介されていました。

    昼食のレストランのの入口門の横にあった、『琉球武家屋敷・謝名亭』のタイトルがあった説明パネルの光景です。首里城下にあった、当時の大臣に当たる三司官の『謝名親方』の邸宅を再現したものと紹介されていました。

  • 人通りがない時に撮影した、石垣に挟まれた石畳の通り道の光景です。石垣の横に小さな置物が並んでいました。左側にはレストランの門を護るシーサーがいましたが、そのほかの置物は、電線で繋がっていましたから、夜間照明用のフットライトのようでした。

    人通りがない時に撮影した、石垣に挟まれた石畳の通り道の光景です。石垣の横に小さな置物が並んでいました。左側にはレストランの門を護るシーサーがいましたが、そのほかの置物は、電線で繋がっていましたから、夜間照明用のフットライトのようでした。

  • 同じ通りの反対側の光景です。こちらにも、夜間照明用のフットライトが並んでいました。フットライトらしい置物には、小さな穴がたくさん開けられていました。『穴』と『孔』の使い分けに明確な定義は存在しませんが、一般的には、くぼみやへこみの様に貫通していないものを『穴』、貫通したものを『孔』とすることが多いものの、昨今は、どちらにも『穴』の文字が使われます。

    同じ通りの反対側の光景です。こちらにも、夜間照明用のフットライトが並んでいました。フットライトらしい置物には、小さな穴がたくさん開けられていました。『穴』と『孔』の使い分けに明確な定義は存在しませんが、一般的には、くぼみやへこみの様に貫通していないものを『穴』、貫通したものを『孔』とすることが多いものの、昨今は、どちらにも『穴』の文字が使われます。

  • 同じ通りのランタン飾りがあった部分の光景です。別の時間帯で撮影したものを纏めて紹介しました。石壁は、風除けとしても機能しているようでした。

    同じ通りのランタン飾りがあった部分の光景です。別の時間帯で撮影したものを纏めて紹介しました。石壁は、風除けとしても機能しているようでした。

40いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

旅行記グループ

2018春、沖縄の名城巡り

マイルに交換できるフォートラベルポイントがたまります。
フォートラベルポイントって?

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

PAGE TOP

ピックアップ特集